おすすめのPS4イヤホン人気比較ランキング!【片耳用も】

美しいグラフィックのゲームを堪能できるPS4。ムービーに合わせて音の環境をアップグレードしたり、フレンドと会話しながらプレイしたりするのは楽しいですよね。そこで、今回はPS4対応イヤホンのおすすめを、ランキング形式で紹介します。PS4はゲーム機を代表する人気ハードで、多数のブランドが周辺機器に参入。PS4イヤホンのラインナップは本当に盛りだくさんです。ユーザーにとって豊富な選択肢はメリットと言えます。しかし、数の多さが的を絞りにくくするのも事実でしょう。特徴や種類、選び方を詳しく掘り下げて解説するので、PS4対応イヤホンを決めるときの参考にして下さい。

PS4イヤホンの特徴

音量を気にせずゲームプレイできる

PS4で遊ぶときにイヤホンやヘッドホンを使うと、音量を上げてもモニターのスピーカーから音が出ません。周囲に気を遣う必要がなく、耳を塞ぐのでゲームに集中しやすくなります。隣の部屋が気になる集合住宅などで、音量を上げてプレイするときも安心です。

オンラインで会話できる

マイクが付いたイヤホン、もしくはヘッドホンをヘッドセットと呼びます。ヘッドセットのPS4イヤホンは、ハード側に搭載されているパーティーチャット機能や、ゲーム内のシステムで仲間と通話できるのが特徴です。コミュニティでフレンドとの協力プレイや、対戦が楽しくなりますよ。

簡単接続でマイクが使える

PS4に対応していないヘッドセットは、マイクとイヤホンのケーブルを分けていることがあります。この手のモデルを使うときは、変換アダプターなどを使った特殊な接続が必要です。一方、PS4に対応したイヤホンは簡単で、コントローラーの3.5㎜ジャックに繋げばマイクを使えます。

ゲーミングヘッドセットより置き場所を取らない

基本的にヘッドホンはイヤホンより大型ですよね。PS4などで使うゲーミングアイテムにも、同じことが言えます。ゲーミングヘッドセットは特に大型な傾向。使っていないときに置き場所を取るのがネックです。一方、大半が小型のPS4イヤホンなら、コンパクトに管理できます。

同価格帯なら表現力はヘッドホンが有利

イヤホンはヘッドホンより小型の機器です。スペースが少ないため、音を作るパーツが小型化したり省かれたりします。内部スペースに制限があり、表現力は同価格帯のヘッドホンが有利。コンパクトな機器が欲しい場合は、PS4に対応したゲーミングイヤホンがおすすめです。

PS4イヤホンの種類

密閉タイプ

音がダイレクトで没入感を得やすい

PS4対応を含むイヤホン類は、耳に入る部分が太くなっていますよね。プラスチックなどで覆われていますが、スピーカーやマイクなど、音作りするためのパーツ類が入っています。ハウジングと呼ばれている場所で、密閉タイプは隙間を作らずにバーツを閉じ込めた構造です。

ハウジングは小さな個室に似ています。密閉タイプは部屋を閉め切っているため、音が壁に跳ね返って外に逃げません。また、周りの音が耳に届きにくくする、防音壁の役割もあります。音質がダイレクトになるイメージ。音漏れせずに反響するため立体的や迫力があり、没入感を得やすい構造です。

セミオープンタイプ

適度な抜けが音のリアルさを高める

セミオープンタイプは密閉タイプの逆です。ハウジングに少しだけ隙間を設けて、外向きに開放した小部屋を設計しています。ハウジングの一部にメッシュ構造などを取り入れているのが特徴。隙間から音が出入りするので、密閉タイプよりダイレクト感が控えめです。大音量にすると音漏れして、近くに聴こえる可能性がります。

一方、適度に音が抜けていくため、爽やかでライトな音になります。また、重低音の振動が少なくなり、耳疲れを起こしにくいのもメリットでしょう。ちょっとした雑音は生活感を感じやすく、密閉タイプと違う音を味わえます。キャラクターの人生を疑似的に体験するのがゲーム。生活感は意外とリアルな要素ですよ。

PS4イヤホンの選び方

着け方の違いで選ぶ

カナル型はゲームに没頭できる空間を作る

カナル型はイヤホンの主流で、実際に使っている方も多いでしょう。シリコンなどでできた耳栓状のイヤーピースを、耳の穴に差し込むタイプです。耳の穴を塞いでしまうため、汗をかくと蒸れてしまうのがネック。耳の健康を守るに、定期的なイヤーピースの洗浄や交換が必要です。一方、音漏れがなく、雑音を寄せ付けないのはメリットでしょう。ゲームに没頭できる空間を、イヤーピースで作り出すことができます。

耳が疲れにくいインナーイヤー型

インナーイヤーは、耳たぶに引っ掛けるタイプのPS4イヤホンです。イヤーピースがなく、耳の穴はカナル型よりフリーになります。外から音の侵入を許してしまうため、没入感は少し控えめと言えるでしょう。一方、耳の穴に痛みを感じず、長いあいだ装着することができます。イヤーピースのサイズが合わない方も安心。耳の穴が蒸れないことも含め、カナル型よりも快適に使えます。

自ら没入感を失くせる片耳型も便利

片耳に着けるPS4イヤホンは、左右どちらかの耳が完全フリーの状態です。音が聴こえるのは片方だけ。反対側からは雑音が入るので、音質や没入感は他が圧倒的に優位です。一方、あえて没入感を失くしたいときは、もっとも便利な形でしょう。例えば、配偶者や子どもなどの同居者に話しかけられる方は、ゲームに没頭し過ぎるのも考えものです。片耳のPS4イヤホンを使うことで、周囲に応対しやすくなりますよ。

接続方法の違いで選ぶ

通信のムラがない有線

有線のPS4イヤホンは、プラグをコントローラーの3.5㎜ジャックに差し込んで接続します。通信の遅延など、無線規格で起こりやすいムラッ気を排除できるのがメリットです。例えば接近した敵を足音で察知する、攻撃された方向の目安を立てるなど、音が情報源になる場面はたくさんあります。遅延がない有線接続なら、予測を立てやすかったり素早い対応ができたりしますよ。

ワイヤレスはケーブルのストレスがない

Bluetooth用の変換アダプターを別途で用意し、PS4本体のUSBに差してペアリングします。ワイヤレスイヤホンだけを用意しても、接続できないので注意して下さい。ワイヤレスは遅延が起こりやすいという、ゲームに不向きな一面があります。一方、着けっぱなしでトイレに行ける、断線で故障しないなど、ケーブルにありがちなストレスを排除できますよ。また、外した後でケーブルが絡まるなど、面倒くさいことも起こりません。

なお、PS4に接続するとマイクを使えないアダプターが沢山あります。ヘッドセットを使うときは、PS4に対応したゲーム用アダプターを選ぶと安心です。また、出力音声というPS4の設定項目を、必ず「すべての音声」にして下さい。人の声とゲーム音の全てが聴けるようになります。

コーデックに注目するとワイヤレスの遅延を少なくできる

音声の遅延はゲームにとって大敵です。対戦しないにしても、キャラの声や効果音がムービーから遅れると不自然ですよね。遅延がないワイヤレスを探すときは、コーデックという項目にスペックに注目して下さい。

コーデックは通信ルールのようなもので、遅延が少ない法則もあります。PS4などのゲームにはaptX や、それ以上に速いaptX Low Latency(aptX LL)が必須ですよ。PS4イヤホンと変換アダプターの両方が、同じコーデックに対応しているかも確認して下さい。

ライセンスの有無で選ぶ

ライセンス品かライセンスメーカーはトラブルが少ない

PS4にはライセンスがあり、有無はOfficial Licensed Productと書かれているOLPマークで確認できます。OLPマークがあるモデルはPS4の周辺機器です。簡単に接続できるかなど、ハード側との相性を心配する必要がありません。また、発売元のソニーが定めた基準をクリアしているので、PS4環境に適した音を、しっかり出せることも解ります。ライセンス認証のヘッドホンを出しているメーカーも、性能や互換性が安定している傾向です。

サードパーティーは多用性がある

ゲーミングイヤホンの中には、PS4に対応しているモデルが沢山あります。ライセンス品よりも、むしろサードパーティーが主流です。ゲーミングブランドとして高名なメーカーや、音響技術に優れたメーカーが参入。ハイスペックなモデルも多くエントリーしています。PS4以外のハードで共用できるイヤホンもあり、多用性に優れているのがメリットです。

PS4イヤホンのおすすめブランド・メーカー

SONY(ソニー)

PS4との互換性はナンバーワン

ソニーはPS4の付属品である純正イヤホンを用意しています。また、音楽用や通話用のイヤホンにも、ゲーミング用途に人気のモデルが豊富です。PS4の発売元であり、互換性はナンバーワン。コンパクトな機材が得意なメーカーで、音質はトップクラスです。

Razer (レイザー)

高度なシステムをPS4イヤホンに搭載

レイザーはゲーミングブランドとして非常に有名で、大会を催しているスポンサー企業でもあります。プロゲーマーが選んでいることもあり、ラインナップの信頼性は非凡です。PS4イヤホンにも高度なシステムを搭載。高音質に期待できます。

嵐家電屋

人間工学に基づいたPS4イヤホンを展開

嵐家電屋は人間工学に基づいた、格安のゲーミングイヤホンを販売しているメーカーです。しっかりした生産体制を整えているので、価格重視の方は要チェック。比較的着けやすいPS4対応のイヤホンがあり、他のハードにも流用できます。

HORI(ホリ)

ライセンス認証のイヤホンが選べる

ホリはOLPマーク付きのイヤホンを扱っているメーカーです。PS4のライセンス品を数多く揃えており、周辺機器メーカーとして安心できるのは大きな魅力でしょう。比較的に価格が安く、初めてヘッドセットを購入する方にもおすすめですよ。

おすすめ&人気のPS4イヤホンランキング

マイク付きおすすめのPS4イヤホン

ホリ-ホリゲーミングヘッドセット (5,492円)

ライセンス認証を得ているゲーミングヘッドセット

ホリはイヤホンでだけでなく、ヘッドホンもオフィシャルライセンスを取得しています。PS4用の音響機器を選ぶときは、安心できるメーカーの1つです。マイクの使用感も安定していることから、エントリー用のヘッドセットとして人気がありますよ。

正統派のPS4イヤホンであり、間違いなく互換性があります。コントローラーの3.5㎜ジャックに差せば、ヘッドセットとして機能することは確実です。マイクが使えない、音が聴こえないなど、サードパーティーで起こりがちなトラブルがありません。

ソニー-PS4イヤホン (1,956円)

ヘッドセットが壊れたときの予備におすすめ

PS4の純正イヤホンです。新品のPS4に付属しているので、見たことがある方、使ったことがある方も多いでしょう。見た目はシンプルですが、歴としたヘッドセットです。パーティーチャットに対応しており、マイクは確実に機能します。

非常にシンプルな内容で、ボリューム調整などはありません。細かな設定はPS4本体の周辺機器から行います。付属クリップにケーブルを巻き付けることができ、コンパクトに保管できるのがメリット。PS4イヤホンとして低価格で、ヘッドセットが壊れてしまったときの予備にもおすすめです。

嵐家電屋-MG-1 (デュアルマイクイヤホン)  (3,580円)

テレワークや聴き専にもおすすめ

アルゴノミクスデザインとも呼ばれますが、人間工学に基づいて設計されたゲーム用のヘッドセットです。人間工学を謳っているモデルは耳のラインを意識しているため、フィットしやすい傾向にあります。プレイ中に落下しにくいのもメリットでしょう。

人気のゲーム機やスマホと互換性があり、PS4以外でもバリバリ働くモデルです。マイクとスピーカーの接続を分けているパソコンも対象で、変換アダプターを利用すればテレワークができます。マイクは脱着可能。立体的な音に迫力があり、聴き専の方にもおすすめですよ。

キングストン-HyperX Cloud Earbuds ゲーミングイヤホン (4,990円)

ライセンスブランド製で選びやすいモデルの1つ

PS4とNintendo Switch、パソコンに対応しているゲーミングイヤホンです。マイクがケーブル上に付いており、コントローラーに接続すればパーティーチャットを利用できます。付属の変換ケーブルでスマホとの接続が可能。Appleの認証品であり、特にiPhoneを使っている方は便利でしょう。

HyperXはキングストンというメーカーのブランドです。ヘッドホンなどがオフィシャルライセンスを取得し、PS4の周辺機器として扱われています。間違いない互換性があり、サードパーティー製としては選びやすいモデルの1つでしょう。

Micolindun-ゲーミングイヤホン MG-2 (3,580円)

音に触感があり付属品も充実している

Xbox One、Nintendo Switchなどにも対応している PS4イヤホンです。付属品が充実しており、脱着式のゲーム用マイクを付けて、ヘッドセットに移行できます。マイクはノイズキャンセリングを搭載。生活音を抑えてくれる機能で、会話する相手が声を聞き取りやすくなります。

スマホなどで会話するときは、ケーブル上のマイクも利用できます。また、無料で変換アダプターが付くのも嬉しい点。マイクとスピーカーのケーブルを分けているパソコンも、接続の対象にしています。振動が強いPS4イヤホンで、耳疲れしやすい方は避けるのがマスト。叫び声や爆発など、効果音の触感を楽しみたい方におすすめです。

高音質でおすすめのPS4イヤホン

ソニー-MDR-XB55AP B (3,069円)

よくPS4イヤホンに流用されているモデル

音楽鑑賞やハンズフリー通話に人気のモデルですが、PS4イヤホンとしても活用されています。もともと通話を意識していたユーザーが、パーティーチャットに使えることから流用する傾向です。ソニー製ということもあり、互換性は安心でしょう。

イヤホンは音を出す音響機材なので、スピーカーの部分がありますよね。駆動させているパーツをドライバーと呼び、オーソドックスなモデルは10㎜を使っています。一方、本機は12㎜のタイプを搭載。重低音が強くて迫力が増すイメージです。音質がゲームに適していることも、PS4イヤホンとして評価される理由でしょう。

レイザー-Hammerhead Duo Console (8,800円)

音楽鑑賞用としても通用する性能

代表的なゲーミングイヤホンの1つで、PS4用としても人気があります。音楽鑑賞の機材としても十分に通用する技術、デュアルドライバーを投入しているのが特徴です。高音質を前面に押し出したモデルで、オフライン、オンライン共にゲームの音を楽しめるでしょう。

通常のベーシックなイヤホンは、1種のドライバーで全ての音域を作っています。一方のデュアルドライバーは、別種を組み合わせて音作りする仕組みです。低音、中音、高音を各ドライバーが担当しますよ。非常に良質なサウンドを獲得できるため、映画鑑賞などにもおすすめです。

エックスラウンド-AERO XRD-XA01 (12,016円)

ハイレゾ対応の高性能ゲーミングイヤホン

セミオープンを採用しているPS4対応のイヤホンです。耳の穴を塞ぐカナル型で没入感は十分。一方でセミオープンのハウジングが軽快な音を出し、あまり耳疲れがありません。音のバランスが素晴らしく、高音や大きな音を耳障りに感じないのも秀逸です。

ハイレゾという音楽ファイルを、配信サイトなどで目にする方は多いでしょう。ハイレゾはCDなどの一般的な音楽ファイルより、はるかに多い音域を保有しています。正しく再生するためには、超高音質に対応したハイスペックなイヤホンが必要です。エアロはハイレゾに対応しており、通常のPS4イヤホンよりワンランク上なのは明らか。リスニングのみに使うのも便利です。

ワイヤレスでおすすめのPS4イヤホン

レイザー-Hammerhead BT Bluetooth (12,800円)

良質な音でスマホとの連携も取りやすい

Bluetooth通信できるゲーミングイヤホンの、定番になっているモデルです。Android、iOSに対応したリモコンとマイクを搭載。スマホと連携させやすいのは大きなメリットでしょう。ゲーム音のボリュームを下げるなど、基本的な操作も行えます。

Hammerheadシリーズは伝統的に、迫力ある低音を出してくれるのが長所と言えます。さらにBTは上手く中音をピックアップして、高音もしっかり出せているところが秀逸です。aptX対応で8時間ほど連続使用できるため、ゲームを長時間プレイする方も安心して選べるでしょう。

レイザー-Hammerhead True Wireless Earbuds (10,980円)

iPhoneなどのゲームと併用したい方におすすめ

低遅延コーデックであるaptX、aptX Low LatencyはPS4イヤホンに必須です。しかし、本機は一線を画していることで話題になりました。ゲーミングブランドとして著名なレイザーらしく、ゲーム用のモードを搭載。遅いコーデックを利用しても、高速通信できる優れモノです。

AndroidスマホはaptX、aptX Low Latencyに対応しているので、ゲーム向けのイヤホンを使いやすい傾向です。遅延トラブルも少ないでしょう。一方、遅いコーデックをメインにしているのがiPhone。イヤホン自身が高速通信してくれると、ゲームするときに便利です。PS4とiPhoneで共用したい方などは、非常に重宝するイヤホンでしょう。

シュア-SE215SPE-B+BT2-A (14,080円)

スタジオクラスの実力があるPS4イヤホン

シュアはスタジオ用のプロ機材を販売している世界的なメーカーです。SE215はシュア製ワイヤレスのエントリーモデルで、aptXとaptX Low Latencyの高速通信に対応しています。連続再生は最大で10時間。長時間のプレイを難なくこなし、PS4用として非常に優秀です。

シュア製のイヤホンはエントリークラスからスタジオ投入できる実力があり、音質に関しては間違いがありません。SE215も例に漏れず、全ての音域で輪郭がはっきりした、非常に良い音を鳴らします。また、重低音に優れたドライバーを搭載しており、ゲームサウンドの迫力も十分引き出せるでしょう。

ラディウス-HP-NX20BTR (10,890円)

PS4以外にも使いどころが多い

アメリカ発祥のラディウスですが、現在は銀座に拠点を構えています。メーカーとしては老舗で、ハイレゾ対応などの超高音イヤホンがラインナップの中心です。テクノロジーの実績があり、どのモデルもPS4イヤホンとしては申し分ない性能。ワイヤレスの性能もおすすめです。

aptXとaptX Low Latencyの両方に対応しており、遅延のリスクを抑えることができます。また、低音に強いシステムを使っていることから、音の迫力もゲームに必要なところまで引き出せるでしょう。コーデックはスマホ全般と相性がよく、PS4以外にも多くの使いどころがあります。

まとめ

自分のプレイスタイルに合うPS4イヤホンがおすすめ

PS4イヤホンの決め方は、まず、マイクを使うかどうかが大きな分かれ目になります。現状で使っている方、今後で使う可能性がある方は、マイク付きのヘッドセットがおすすめ。マイクを持っている場合はマイクなしにすると、性能が有利な傾向にあります。また、必要な没入感でモデルを選ぶのも有効でしょう。1人で深く楽しむには密閉タイプのカナル型、家族などの周りに合わせるなら片耳という具合に、自分のプレイスタイルも考慮して下さい。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

コメントを残す

*