おすすめの猫用キャリーバッグ人気比較ランキング!【リュックも】

猫は普段屋内で飼っていますが、病院に連れて行くときなど外に出す機会があります。そんな時に必要になるのが猫用キャリーバッグです。猫用キャリーバッグには様々な形や素材がありますが、使う目的に合ったものを選びたいですね。そこで今回はおすすめの猫用キャリーバッグをランキング形式でご紹介します。猫用キャリーバッグを買う時に知っておきたい、選び方のポイントも詳しく解説しますので、自分に合ったものをお探しの方は参考にしてみて下さい。

猫用キャリーバッグの特徴

猫を安全に運べるバッグ

猫用キャリーバッグは普段外出することがない猫を連れて、安全に移動するために使うバッグです。猫をそのまま人混みに連れて行けば、怖がって暴れたり逃げだしたりして危険ですね。外出時は猫を猫用キャリーバッグに入れることにより、猫も飼い主も安心して移動できます。

猫用キャリーバッグの種類

リュックタイプ

両手が空くのでストレスフリー

リュックタイプは背中に背負うタイプの猫用キャリーバッグです。両手が空くので、運んでいるストレスを感じることなく使えるのが特徴。街歩きにもかさばらず、段差があるところも安心。最近流行の宇宙船型など、ユニークなデザインのものもあります。

リュックタイプは猫が自分から入りにくい形なので、猫を捕まえて入れなくてはいけません。警戒心が強い猫は嫌がって逃げたりするので、慣れるまでは大変です。普段から素直に抱っこさせてくれるおとなしい猫に適しています。

手提げタイプ

出し入れが簡単で使いやすい

手提げタイプは手に持ったり肩にかけて運ぶ、猫用キャリーバッグです。固い材質のクレートタイプや、柔らかい材質のトートバッグタイプなどいろいろなタイプから選べます。入口が広いため猫を入れやすく、猫を運び慣れていない方でも安心。

手提げタイプは片手または両手がふさがるので、移動時間が長いと疲れてしまうのが要注意。車のシートに固定したりキャリーに固定したり、実際手に持つ時間が短い使用に適しています。肩にかけられるショルダーストラップがついているものだと、負担が軽減します。

猫用キャリーバッグの選び方

移動手段で選ぶ

自転車や徒歩で移動するなら布製のソフトタイプ

移動手段が自転車や徒歩などの短距離の移動なら、布製などソフトタイプが適しています。軽い物が多く楽に運ぶことができて、折りたたんで収納もすることも可能。布を通して猫の様子もわかりやすく、猫も飼い主の存在を確かめられるので怖がりの猫も安心です。メッシュ製の窓がついている物は通気性もよく、夏場でも温度が上がりすぎる心配がありません。

車や電車で移動するならプラスチックなどのハードタイプ

移動手段が車や電車など長時間の移動になる場合は、プラスチック製などのハードタイプを使いましょう。衝撃に強く形が変わらないので、人混みでぶつかったりされても安心です。おしっこシートや給水ボトルなどをセットして、使いやすくカスタマイズできるものも。飛行機で移動する際は強度があり鍵がかけられる、専用のエアキャリーが必要です。

使用する用途で選ぶ

ドライブや旅行に連れていくならシートやスーツケースに固定できる物を

猫を連れたドライブなら、車のシートに固定できる機能がついたものを選びましょう。万一急ブレーキを踏んだ場合にキャリーが動いたら危険です。旅行に連れて行く場合は、キャリーケースに固定できるタイプがおすすめです。荷物を増やさず移動できるので、楽に移動できますよ。公共交通機関では載せられるサイズが決まっているので、予め範囲内か確認して使いましょう。

病院や散歩に連れていくなら軽さや持ちやすさを重視

通院や近所への散歩に使う場合は、軽くて持ちやすい形のものを選びましょう。リュックタイプなら両手が空きますし、ショルダータイプなら重さの負担が軽減されます。手提げタイプでもショルダーストラップがつけられるもの、キャリーがついたタイプが便利です。重量は猫を入れた状態で自分が持てるかを基準に考えましょう。1.5キロ以下なら猫の重量を加えても女性がもてる重さでしょう。

使う目的で選ぶ

普段はケージやベッドとして使用するならクレートタイプ

猫用キャリーバッグを移動する時だけではなく、普段はケージやベッドとして使用する場合はクレートタイプがいいでしょう。普段から猫の居場所にして慣らしておけば、移動する際に嫌がらずに入ってくれます。猫が載ったり暴れたりしても形が崩れない、頑丈なものを選びましょう。災害時にも使えるように強度のある素材ならさらに安心です。

キャリー専用で使用するならシンプルなキャリーバッグ

移動する時だけ使うなら、簡単に使えるシンプルなキャリーバッグがおすすめです。開け閉めや組み立てに工夫がいる凝ったデザインや、収納に場所を取るものは避けましょう。気分が上がるようなデザインを選ぶと、お出かけが楽しみになります。汚れたら水洗いできる物や、取り外して洗濯できるものだと清潔に長く使うことができます。

機能で選ぶ

上開きできると怖がりでも安心

猫の出し入れは横から入れるタイプと上から入れるタイプがあります。普段からケージやベッドとして使っている場合は、どちらでも入れるのに問題ありません。しかし移動時だけ使う場合は、上が開くタイプの方が入れやすいでしょう。上にメッシュの扉があると移動中に顔を見ながら声がかけられるので、猫がパニックになりません。開口部が多いと通気性が良く夏場でも快適です。

折りたたみできるタイプなら使わないときは収納しておける

折りたたみできるタイプは、使わない時にコンパクトに収納できて場所をとりません。布製はもちろんですが、プラスチック製でも未使用時はたたんで収納できる物もあります。いざという時組み立て方がわからなくなって困らないように、購入したら実際に組み立てて練習しておきましょう。専用のケースがついたものだと、外出先で使う時にスマートに持っていけます。

猫用キャリーバッグのおすすめブランド・メーカー

アイリスオーヤマ

信頼のブランドで種類が豊富

アイリスオーヤマの猫用キャリーは種類が豊富です。手提げタイプ、折りたたみタイプ、ショルダータイプと各種展開されており、どれも信頼できる品質のものばかり。ドライブ用やエアキャリーなど専門用途に応じた物も見つかります。

リッチェル

丈夫な作りで災害時にも安心

リッチェルのキャンピングキャリーは家ではハウス、ドライブ時には丈夫なケージとして使えるので猫のストレスがありません。耐久性があるので災害時にも安心です。コロルのおでかけベッドは普段は猫用ベッド、外出時はそのままキャリーになる便利な商品。

nekosekai

小柄な飼い主さんでも使える

猫のセレクトショップnekosekaiのリュックサックキャリーは、猫にも飼い主にもストレスなく使えるリュックサック。おむすび型の形で中が広く猫のストレスを軽減します。背負った時に背中に当たるゆるやかなカーブとバックルで、小柄な女性にも使いやすい形状が人気。両手が空くので災害時の使用も安心です。

ドギーマン

可愛くて運びやすい

ドギーマンの猫くるりんバッグは耳としっぽがついた、猫好きにはたまらないキャリーバッグ。筒型の形状は猫が入りたくなる習性を活かしたデザインで、手提げでもショルダーにしても使えて便利です。通院時に便利なネット付きで診察もスムーズに受けられます。

おすすめ&人気の猫用キャリーバッグランキング

リュックタイプでおすすめの猫用キャリーバッグ

ベスト・アンサーの宝ショップ – ペットキャリーリュック(2,380円)

注目を集める宇宙船型

ベスト・アンサーの宝ショップのペットキャリーリュックは、宇宙船型の個性的なデザイン。猫もキャリーも可愛いと誰もが振り返るでしょう。ヒョウ柄やメタリックなカラーなど10色から選べて、重さは1.2キロと軽量です。

耐重量が5キロ程度なので、子猫や小柄な猫をお散歩に連れて行きたい飼い主さんにおすすめです。両手が空くので自転車に乗る時に使ったり、雨の日に傘をさしても大丈夫。窓から外が覗けるので好奇心旺盛な猫にぴったりです。

necosekai(ネコセカイ) – リュックサックキャリー(9,980円)

おむすび型で猫が快適

nekosekaiのリュックサックキャリーは累計5,000個突破の人気商品。丸いころんとした形状で、中が広いので猫がゆったりと過ごせます。ファスナーは中から開けられない安全構造で、飛び出し防止のリードをつけることもできます。

背中に当たる部分の曲線や胸元のバックルがついて、女性一人での通院にも安心。調節可能な肩紐でスーツケースや車のシートの固定できるので、旅行やドライブ用としても使用可能です。耐重量5~6キロのSサイズと7~8キロのMサイズがあり、猫の大きさによって選ぶことができます。

difang – 猫キャリーリュック (4,980円)

わずか1キロの軽量リュック

difanの猫キャリーリュックは1キロの軽量で、前バックルがついた背負いやすいリュックです。着脱可能なショルダーベルトをつけるとショルダーバッグとして使用できます。リュックの紐は使わない時は収納できるので、邪魔になりません。

メインの蓋は大きく開き出し入れが便利。小さいメッシュの蓋は前抱っこすると、上から猫の様子を見たり声をかけながら移動できて怖がりな猫も安心。飛び出し防止フックがついているので、窓を開けたままでも使用できます。

ソープフラワー ガラスサンアール – メッシュ窓ペットリュック  (4,990円)

通気性抜群のメッシュ窓つき

サンアールのメッシュ窓ペットリュックは前面に開閉可能なメッシュ窓がついていて、通気性が良く夏場も快適です。中から開けられないロックファスナーや多機能ポケットなど細部にこだわりがあます。未使用時は折りたたんでコンパクトに収納が可能。

車のシートベルトやキャリーバッグに固定できるので、旅行やドライブに連れて行く時も使用できる多機能タイプ。重量5キロまでのMサイズと7.5キロまでのLサイズがあり、猫の大きさによって選べます。

キャットランド – 4WAYペットキャリー(4,980円)

リュックにもキャリーにもなる

キャットランドの4WAYペットキャリーはリュック、キャリー、手提げ、ショルダーと4通りの使い方ができる多機能キャリー。専用の収納バッグつきで、未使用時は折りたたんでコンパクトに収納が可能です。

側面はフルオープンするので、大きめの猫でも入れやすく上から入れることもできます。EVA樹脂製で本体重量は1.64キロですが、耐重量は30キロまでと頑丈です。洗濯はできないので、お手入れは汚れたらふきとりましょう。

プラスチック製でおすすめの猫用キャリーバッグ

アイリスオーヤマ – 2WAYハウス&キャリー (3,480円)

普段はハウスでお出かけ時はキャリー

アイリスオーヤマの2WAYハウス&キャリーはお出かけ時はキャリー、家ではハウスとして使うことができます。普段使っているハウスなので、キャリーにしても嫌がらずに入ってくれますよ。車のシートに固定できる機能や滑り止めもついていて、ドライブキャリーとしても安全に使うことができます。

キャリーの時は下している前扉は、ハウスとして使う際は天面にたたみこむことができるのですっきりした印象。また別売りの給水器が取り付けられて水やりも安心。耐重量は8キロで、大きめの猫でも大丈夫です。

キャットランド – メッシュペットキャリー (2,180円)

お手頃価格でカラーも豊富

キャットランドのメッシュキャットキャリーは、6色の可愛いカラーが揃っているので多頭飼いの方におすすめです。お手頃な価格ですので色違いで揃えたくなりますね。通気性の良いメッシュボディで、汚れたら洗えるのでお手入れも簡単です。

出し入れはフルオープンする半透明の蓋で、中の様子が確かめられる小窓もついています。肩掛けベルトや小物入れもついて、お出かけに便利。1.3キロと軽量なので、初めてのキャリーや女性が使うキャリーとして最適です。

リッチェル – コロル おでかけネコベッド (5,383円)

コロンとした可愛らしいフォルム

リッチェルのコロルおでかけねこベッドは、お家では丸洗いできるふわふわクッション付きのねこ用ベッドです。スイングアップ式のフードを上げるとキャリーに早変わりして、二通りの使い方が可能。普段はベッドにしているので、外出時に猫が嫌がることなく使えます。

パステルカラーとラウンド型のフォルムはお部屋に置いても、キャリーとしても上品な印象。シートベルトに固定できるので、ドライブ用キャリーとしても使用可能です。290x340x340mmのSサイズ、350x420x420mmのMサイズから選べます。

アイリスオーヤマ – ペットハウス&キャリー(3,980円)

ミッキーとプーのディズニーデザイン

アイリスオーヤマの2WAYハウス&キャリーにディズニーデザインができました。赤と黒を基調にしたミッキー&ミニータイプと、黄色と茶色を基調としたプータイプの可愛いデザイン。2WAYハウス&キャリー同様、普段はハウスでお出かけ時はキャリーとして使用することができます。

おうちでハウスとして使う際は、前扉をたたんで天面にしまえるのですっきり。アイリスオーヤマのディズニーシリーズケージとコーディネイトできるので、ディズニー好きには嬉しいですね。抗菌作用のある銀イオンを配合、汚れたら丸洗いできるので衛生的です。

アイリスオーヤマ – エアトラベルキャリー  (3,980円)

左右どちらからも開ける

アイリスオーヤマのエアトラベルキャリーは、つまみが両側についているので左右どちらからも開けられます。市販の南京錠をつけると飛行機の移動時に預けるペットキャリーとしても使用可能。持ち手の幅は15.8センチあり、両手でしっかりと持つことができます。

扉は取り外しができるので、普段はハウスとして使うことも可能。付属の水トレーは機内では使えませんが、普段のおでかけ時やハウスとして使う時に便利です。耐重量5キロのSSサイズ、耐重量12キロのSサイズがあるので大きな猫でも大丈夫です。

布製でおすすめの猫用キャリーバッグ

キャットランド – 2WAYアウトドアペットキャリー(4,980円)

両側が広がりケージとしてもひろびろ

2WAYアウトドアペットキャリーは様々な形にできるキャリー。未使用時はたたんでコンパクトに収納、広げると手提げでもショルダーでも使えるキャリーバッグになります。ファスナーを左右に開くとケージになり、片側ずつ開いて好きな形で使うことも可能。普段はもちろん旅行先やお出かけ先でのケージにも使えて重宝しますよ。

未使用時は折りたたむと横幅9.5センチ、キャリーバッグにすると横幅29センチ、両側を開いてケージにすると横幅81.5センチになります。上からのぞけるメッシュ窓、飛び出し防止リードもついて、使いやすいキャリーです。

アイリスオーヤマ – 折りたたみソフトキャリー(3,880円)

パっと開いてすぐに使える

アイリスオーヤマの折りたたみソフトキャリーは丈夫なポリエステル製で、未使用時はたたんでコンパクトに収納できます。パっと開くとすぐ使えるシンプルな構造でペットキャリー初心者にも安心。左右からと上からの三か所に出入り口があり、猫の出し入れも楽にできますよ。

上部の扉と両サイドの扉はメッシュ製で、バッグの左右にもメッシュの窓がついているので、通気性が良く中の様子もよく見えます。汚れたら洗えるふわふわのマットと飛び出し防止リードつきで、ショルダーストラップをつけて肩かけでも使えて便利です。

free stich – スクエアトート (13,200円)

ペットキャリーに見えないバッグ

free stichオリジナルのスクエアトートはコットン100%のキャンバス地で、シックなカラー。ペット用キャリーらしくない個性的なデザインで、ハードキャリーを使うのは大げさだなと思う方もさりげなく使えます。シンプルで丈夫なキャリーをお探しの方におすすめです。

メッシュの扉は取り外しができますので、底板の下に収納して普通のトートバッグとして使用することも可能。大きく開くので猫の出し入れが簡単です。メッシュ切り替え部は猫の顔が出やすいように広くなっています。

レディースブランド La cerise – たためるペットキャリー (3,280円)

肉球のデザインが特徴590グラムの軽さ

La ceriseのたためるペットキャリーはパソコンケースなどに使われるEVA素材で非常に軽いキャリーです。未使用時は圧さ7センチとコンパクトに折りたたむことができるので場所をとりません。使用時はファスナーで簡単に組み立てることができます。

肉球のデザインと四色のパステルカラーが可愛いので、おしゃれな女性におすすめです。付属のショルダーベルトをつけると肩がけでも使える2ウェイタイプ。両サイドの通気口からは中の様子をのぞくこともできます。

ドギーマン – 猫くるりんバッグ (4,277円)

耳としっぽがついたユニークなデザイン

ドギーマンの猫くるりんバッグは、丸い形で猫が入りたくなる形です。耳としっぽがついていて、くろにゃんこタイプととらにゃんこタイプの二つから選べます。注射や爪切りに便利な付属の通院ネット付きで、使わない時にネットをしまうポケットもついています。

手提げとショルダーで使える2WAYタイプで、飛び出し防止リードや洗えるマットなど、おでかけに便利な工夫がされています。大きく開く扉には二カ所のメッシュ窓があり、上からのぞいたり声をかけたりしながら運べます。5キロ以下の小柄な猫用です。

まとめ

猫も飼い主も快適な猫用キャリーバッグがおすすめ

猫用キャリーバッグは猫がストレスを感じたり、危険がないようにしっかりした物を選んであげましょう。そして飼い主も使いやすい形状や重さ、機能がついた物を使って下さい。この記事を参考にして、猫も飼い主もお出かけが楽しくなる猫用キャリーバッグをぜひ見つけて下さいね。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

コメントを残す

*