おすすめのコーヒーキャニスター人気比較ランキング!【スタバやハリオも】

焙煎後のコーヒー豆の豊かな香りと味わい。その賞味期限が、意外に短いことをご存知でしょうか。焙煎から2、3日後が風味のピークであり、それ以降は徐々に品質が劣化します。できることなら、コーヒーの美味しさを長く楽しみたいですよね。そこで、今回はコーヒー豆の鮮度を保つための保存容器、コーヒーキャニスターをランキング形式でご紹介します。保存に適した機能的な容器を活用すれば、焙煎後の風味を長持ちさせることができますよ。コーヒーキャニスターの種類や選び方についても詳しくご紹介するので、お気に入りの一品を探したいという方は参考にしてくださいね。

コーヒーキャニスターとは?

焙煎したコーヒー豆の鮮度を保つための保存容器

コーヒーキャニスターとは、焙煎したコーヒー豆の鮮度を保つための保存容器のこと。焙煎後のコーヒー豆は、たくさんの小さな穴が開いた多孔質と呼ばれる状態です。この穴に空気中の酸素や水分が吸着すると、コーヒー豆の劣化を引き起こします。コーヒーキャニスターは、これらの原因を防ぐために密封性の高い構造になっているのが特徴です。また、太陽光や蛍光灯に含まれる紫外線もコーヒー豆の劣化を促進する要素のひとつ。遮光性の高い素材や、UVブロック加工が利用されたものも多く見られます。コーヒーキャニスターは、さまざまな劣化原因からコーヒー豆の品質を守る、機能的な保存容器と言えるでしょう。

コーヒーキャニスターの特徴

豊富な素材とデザインでインテリアとしても人気

コーヒーキャニスターには、ガラスや陶器、金属やプラスチックなど、いろいろな素材が利用されています。シンプルなものや個性的なもの、素朴なものからスタイリッシュなものまで、デザインもさまざま。キッチンに置いておくだけで見栄えする、おしゃれな小物としても人気を集めています。コーヒー豆の保存容器としてだけでなく、インテリアのアクセントとしてお気に入りのコーヒーキャニスターを選ぶのもおすすめですよ。

コーヒーキャニスターの種類

ガラス製

中身が確認しやすく密封性が高い

ガラス製のコーヒーキャニスターのメリットは、何といっても残量や中身の確認がしやすいこと。うっかりコーヒー豆を切らしてしまった、などの事態も避けられますね。デザインもシンプルでおしゃれなものが揃っています。ただし、遮光性に欠けるため紫外線による影響を受けやすいのがデメリット。ガラス製のコーヒーキャニスターを選ぶ場合は、暗い場所に保管できるようあらかじめ収納スペースを考えておくと良いでしょう。

ガラス製のコーヒーキャニスターは、密封性に優れているのが大きな魅力です。パッキンやロックの留め具が付いているなど、蓋に工夫が凝らされているタイプが多いのも特徴。インテリア性に加え、しっかりと蓋が閉まる機能的なコーヒーキャニスターを探している方におすすめです。

陶器製

お手入れがしやすく遮光性と密封性に優れる

陶器製のコーヒーキャニスターは、吸水性が低いのでシミや汚れが付きにくく、お手入れしやすいのがメリットです。耐久性のある素材なので、ひとつのものを長く愛用したいという方におすすめ。温かみがあり、上品なデザインが多いのも魅力です。

陶器は光の透過率が低く、その優れた遮光性でコーヒー豆を紫外線から守ってくれます。密封性も高いため、コーヒーキャニスターの定番素材として人気です。ただし、焼き物なので重量があるのがデメリット。落として割ってしまった、ということがないよう丁寧に持ち運びしましょう。

ホーロー製

丈夫で遮光性が高く臭い移りも少ない

ホーローとは、金属の表面にガラスを焼き付けてコーティングした素材のこと。金属の丈夫さとガラスの美しいツヤを併せ持ち、耐久性に優れています。表面に傷が付きにくいので雑菌が繁殖しにくく、衛生的に使用できるのが魅力です。

遮光性に優れ、コーヒー豆への臭い移りも少ないホーロー製のコーヒーキャニスター。金属とガラス、両方の素材のメリットが活かされています。デザイン性が高いものが多く、機能的でおしゃれなコーヒーキャニスターを長く使用したいという方におすすめ。表面に傷は付きにくいですが、ガラス質なので強い衝撃は避けるように取り扱いましょう。

金属製

軽量で扱いやすく遮光性と密封性に優れる

金属製のコーヒーキャニスターは、軽量で扱いやすいのがメリットです。スタイリッシュでシンプルなデザインが多いので、すっきり収納したいという方におすすめ。金属の種類によっては錆びが生じることがあるため、錆びに強いステンレス製のものを選ぶ、水気のある置き場所を避けるなどの工夫をして使ってくださいね。

遮光性に優れた素材である金属は、加工する大きさや形状に制限がないので、コーヒーキャニスターの構造しだいで密封性も期待できます。コーヒー豆を紫外線や空気から守ってくれる機能的な素材ですが、金属特有の臭いがコーヒー豆に移りやすいのがデメリット。臭い移りが気になるという方は、コーヒー豆を保存袋に入れたうえでコーヒーキャニスターに保存すると良いでしょう。

木製

ぬくもりを感じる見た目と湿度の調節機能が魅力

木製のコーヒーキャニスターは、ぬくもりを感じる見た目が大きな魅力。ナチュラルな雰囲気が好きな方におすすめです。美しい木目を活かしたコーヒーキャニスターには、ほかの素材にはない温かみを感じることができます。軽くて扱いやすく、手に馴染むのもうれしいポイント。比較的高価なものが多いですが、お気に入りの一品を見つければ、キッチンの上質なインテリアとして存在感を発揮してくれますよ。

木製のコーヒーキャニスターは、湿度を調節する機能も魅力のひとつ。コーヒーキャニスター本体がコーヒー豆の湿気を吸い取り、外に吐き出すことで湿度を一定に保つ効果が期待できます。加えて遮光性も高く、コーヒー豆への臭い移りも少ないので、インテリアとして活躍しながらコーヒー豆を劣化原因から守ってくれます。

プラスチック製

軽量で持ち運びしやすく価格もリーズナブル

プラスチック製のコーヒーキャニスターの魅力は、何といっても軽くて扱いやすいこと。落としても割れないので、気軽に持ち運ぶことができます。自宅はもちろん、アウトドアでも本格的なコーヒーを楽しみたいという方におすすめ。強化プラスチック製やボトル型のものなど、携帯するのに心強いタイプが揃っています。

プラスチック製のコーヒーキャニスターはリーズナブルな価格のものが多く、手に取りやすいのが特徴です。密封性の高いものが揃っていますが、透明で無加工のものは遮光性が低いのが欠点。プラスチック製のコーヒーキャニスターを選ぶ場合は、UVブロック加工されたものがおすすめです。また、熱によって劣化しやすい素材なので、高温になる場所は避けるなど置き場所を工夫しましょう。

コーヒーキャニスターの選び方

容量で選ぶ

飲む量が一日あたり一杯なら300g前後のサイズ

コーヒーを一日あたり一杯飲む場合、多めに計って約15gのコーヒー豆を毎日消費します。焙煎したコーヒー豆の賞味期限は2、3週間なので、まずは210gから315gの容量を目安にすると良いでしょう。コーヒー豆の量に対して容器のサイズが大きすぎると、空気に触れることで酸化が進んでしまいます。コーヒー豆の消費ペースがもっと遅いという場合は、100g程度の小さなコーヒーキャニスターがおすすめですよ。

飲む量が一日あたり複数杯なら500g以上のサイズ

コーヒーを一日あたり複数杯飲むという方は、500g以上のサイズがおすすめです。例えば、一日あたり二杯飲む場合は、多めに計って約30gのコーヒー豆を毎日消費します。焙煎したコーヒー豆の賞味期限である2、3週間分の保存量を目安にすると、420gから630g保存できるコーヒーキャニスターが必要。コーヒーを一日に何杯も飲む方や、大人数で飲む場合は、さらに大容量のコーヒーキャニスターでも無駄なく活用できるでしょう。

密封性で選ぶ

パッキン付きやロック式の蓋は高い密封性が期待できる

コーヒーキャニスターを選ぶうえで、外せない要素が密封性です。外気をしっかりとシャットアウトすることで、酸素や湿気によるコーヒー豆の劣化を防いでくれます。チェックするポイントは、コーヒーキャニスターの蓋の仕組み。パッキンが付いているだけでも気密性が高まります。加えてロックの仕組みがあるコーヒーキャニスターなら、より高い密封性が期待できますよ。留め具で蓋を固定するものが一般的ですが、ワンタッチレバーなどで簡単に蓋をロックできるタイプもあります。頻繁に蓋を開け閉めするという方は、ロック方法の手軽さをポイントにコーヒーキャニスターを選ぶのもおすすめです。

容器内をほぼ真空に近い状態にできるタイプも

密封性をとことん追求したいという方は、容器内をほぼ真空にできるコーヒーキャニスターはいかがでしょうか。容器内の空気を排出する仕組みを持ち、酸素や湿気によるコーヒー豆の劣化を抑えて鮮度を保ってくれます。充電式や乾電池式、あるいは電気を使用しないダイヤル式などがありますが、いずれも簡単な操作で真空に近い状態を作り出せるのが魅力です。比較的高価なものが多いですが、自宅で手軽に高い密封性を実現できるのがうれしいですね。

コーヒーキャニスターのおすすめブランド・メーカー

HARIO(ハリオ)

耐熱ガラス加工の技術が活かされた高品質なコーヒーキャニスター

ハリオは、国内で唯一耐熱ガラス工場を保有している日本の耐熱ガラスメーカーです。創業時から培われたガラス加工の技術を活かした、高品質な耐熱ガラス製のコーヒーキャニスターが豊富に揃っています。シンプルで飽きの来ないデザインも魅力です。

ニトリ

手に取りやすく扱いやすい普段使いにぴったりのラインナップ

家具からキッチングッズまで、幅広い生活用品を販売するニトリ。素材やサイズ展開が豊富で、毎日の生活シーンにおける扱いやすさを追求したコーヒーキャニスターが揃っています。価格もリーズナブルなので、初めてコーヒーキャニスターを選ぶという方にもおすすめです。

スターバックスコーヒージャパン

海外発のセンスが光るおしゃれなデザインが魅力

世界規模で展開されるコーヒーのチェーン店であるスターバックス。そのコーヒーキャニスターは、洗練されたおしゃれな見た目が魅力です。スターバックスのロゴを活かしたスタイリッシュなデザインは、お気に入りのインテリアとしても活躍してくれるでしょう。

ZERO JAPAN(ゼロジャパン)

世界中で愛される日本製のクオリティとデザイン

陶器製のコーヒーキャニスターの定番メーカーであるZERO JAPAN。日本製の高いクオリティとシンプルなデザインが評価され、今や世界各国のキッチンで使用されています。サイズ展開やカラーバリエーションが豊富なので、カスタマイズするような感覚で選ぶのも楽しいですよ。

おすすめ&人気のコーヒーキャニスターランキング

ガラス製でおすすめのコーヒーキャニスター

HARIO(ハリオ)-珈琲キャニスター M(880円)

密封性の高いガラス製コーヒーキャニスターの定番品

密封性が高く、シンプルなデザインのコーヒーキャニスターです。レバーの操作で簡単に蓋をロックできるという、使い勝手の良さもポイント。高い密封性と扱いやすさを兼ね備えつつ、手頃な価格で手に取りやすい点も魅力です。

耐熱ガラスメーカーのコーヒーキャニスターなので熱に強く、食洗機使用や熱湯洗いも可能。広く丸い容器の口は、コーヒー豆を出し入れしやすいだけでなく、楽に洗えるというメリットも。簡単なお手入れで、衛生的にコーヒー豆を保存できます。

KINTO(キントー)-BOTTLIT ボトリット キャニスター 300ml(1,540円)

異素材の組み合わせが新鮮なボトル型コーヒーキャニスター

耐熱ガラスの本体に天然素材のコルクを組み合わせた、珍しい見た目のコーヒーキャニスターです。個性的でおしゃれなボトル型のデザインは、キッチンのインテリアとしても優秀。本体は耐熱ガラス製なので、食洗機使用や熱湯洗いもOKです。

ボトル型のコーヒーキャニスターは、片手で扱えるのが大きな利点。コルクの蓋は、力を入れずに指先だけで開閉できます。スプーンを使わなくても、容器を傾ければ中身を取り出せるので、スマートな動作で取り扱うことができますよ。

陶器製でおすすめのコーヒーキャニスター

ZEROJAPAN(ゼロジャパン)-コーヒーキャニスター 200(2,860円)

陶器の美しいツヤ感とバランスの良い機能性が魅力

まず目を引くのは、陶器特有のツヤツヤとした美しい質感。洗練されたデザインと相まって、上品なインテリアとしても存在感を発揮してくれます。豊富なカラーバリエーションも魅力のひとつ。ほかでは出会えない、絶妙な色合いのコーヒーキャニスターがラインナップされています。

蓋にはパッキンとロック用の留め具が付いているので、高い密封性が期待できます。陶器素材は遮光性も高いので、バランスの良い機能性を備えたコーヒーキャニスターと言えるでしょう。容器の口が広く丸いので、コーヒー豆の出し入れやお手入れも簡単です。

スターバックス-Reserve シリーズ ロゴキャニスター(9,980円)

スターバックスのロゴが活きるシックなデザインのコーヒーキャニスター

シックで落ち着いた色合いがおしゃれな、スターバックスのコーヒーキャニスター。ブラックカラーの本体に木目調の蓋を合わせた、独特の雰囲気を持つ海外限定版です。さりげなく印字されたロゴがアクセント。重厚感がありながら丸みのあるフォルムは、高級なインテリアとしても活躍してくれますよ。

指に馴染む木製の蓋は、パッキン付きなので高い密封性が期待できます。容器の低い重心と、どっしりした形状のおかげで、安定した動作でコーヒー豆の出し入れが可能。直径が13cmある寸胴型なので、手洗いでもしっかりとお手入れができます。

ホーロー製でおすすめのコーヒーキャニスター

HARIO(ハリオ)-ボナ・琺瑯ティー&コーヒーキャニスター 200(3,300円)

シンプルながらも素材の良さが光る高級感のあるコーヒーキャニスター

真っ白なホーローのツヤ感とオリーブウッドの蓋がマッチした、ナチュラルな雰囲気のコーヒーキャニスターです。極限まで無駄を省いたデザインだからこそ、素材の美しさや扱いやすさが際立つ一品。主張を抑えた色とデザインなので、キッチンの雰囲気を壊すことなく高級感のある空間を演出してくれます。

優れた遮光性を持ち、コーヒー豆への臭い移りも抑えた、優秀なホーロー製のコーヒーキャニスターです。木製の蓋は、指がかかりやすい形状で開け閉めも簡単。パッキン付きなので密封性も期待できます。シンプルな寸胴型の形状で、コーヒー豆の出し入れやお手入れがしやすいのもポイントです。

カリタ-キャニスター ホーロー製(9,581円)

ポップでおしゃれなデザインでカフェにいるような雰囲気に

ポップなロゴと本体を縁取る青いラインが目を引く、カリタのおしゃれなコーヒーキャニスターです。どこかレトロなホーローの質感と、ナチュラルな雰囲気の木製の蓋がベストマッチ。並べれば、まるでカフェのような空間を演出して、インテリアとしても大活躍してくれますね。

ホーロー素材で高い遮光性を実現しながら、シンプルで扱いやすい構造も魅力のひとつ。天然木の蓋はしっかりと厚みがあるものの、軽い力で簡単に蓋が閉められます。パッキンが付いているため、高い密封性にも期待。つるんとした表面の寸胴型なので、お手入れしやすく衛生的に使用できますよ。

金属製でおすすめのコーヒーキャニスター

珈琲考具-キャニスター(3,850円)

茶筒がモデルの女性らしいステンレス製コーヒーキャニスター

丸みのある可愛らしいフォルムが印象的な、珈琲考具のコーヒーキャニスター。クールになりがちなオールステンレスでありながら、表面のツヤ消し加工とコロンとした形状で柔らかい雰囲気に仕上がっています。ステンレス製なので錆びに強く、高い遮光性も期待できますよ。

蓋にパッキンなどの仕組みはありませんが、丸みのある外蓋を取り除くと、茶筒のように内蓋が付いています。湿気や空気が入り込むのを防ぐとともに、中身が外蓋内部にあふれるのを防止してくれます。容量は100gとやや小ぶり。コーヒー豆を少量ずつ購入する方におすすめです。

HAOCOO-コーヒーキャニスター 1200ml(5,265円)

コーヒー豆の管理機能が満載の大容量コーヒーキャニスター

重厚感のあるブラックカラーが印象的な、コーヒー豆を約500g保管できる大容量のコーヒーキャニスターです。ステンレス製の本体に、留め具でロック可能なパッキン付きの蓋がついて、遮光性と密封性の両方が期待できますよ。コーヒー豆を大量に購入し、しっかりと管理したいという方におすすめです。

大きな特徴は、二酸化炭素放出バルブ機能が搭載されているところ。時間の経過でコーヒー豆から排出される二酸化炭素を追い出し、鮮度を保つという機能です。蓋に付いているダイヤル式のカレンダーを利用して、コーヒー豆の賞味期限を管理することもできますよ。

木製でおすすめのコーヒーキャニスター

関根桐材店-桐CUBE コーヒーキャニスターセット(9,130円)

日本の伝統工芸が形を変えた美しい和風のコーヒーキャニスター

埼玉県の桐材店である関根桐材店と、芝浦工業大学とのコラボレーションで生まれた、美しい桐製のコーヒーキャニスターです。和風でありながら、現代のインテリアにもマッチするおしゃれなデザインが魅力的。桐の木目を活かした高級感のある美しさは、ギフトとしても人気を集めています。

桐は、抗酸化作用や防虫防湿の効果が高い優秀な素材。さらに、日本の伝統工芸である桐たんすに用いる技法が使われており、高い気密性でコーヒー豆を酸化から守ってくれます。湿度を調節する機能を備えた素材なので、湿気によるコーヒー豆の劣化を防ぐ効果も期待できます。

朝倉家具-桐のコーヒーキャニスター(11,000円)

伝統メーカーが生み出すユニークな印籠式のコーヒーキャニスター

歴史ある桐たんすメーカーの朝倉家具がプロデュースする、ユニークな形状のコーヒーキャニスターです。印籠式の二重構造が採用されており、内側の枠に蓋が組み合わさることで、より高い気密性が生まれるという仕組み。蓋を開け閉めする際の、すうっとした心地良い感覚は桐で作られたコーヒーキャニスターならではです。

汚れやすい蓋周りにはステンレスが採用されているので、シミなどが付きにくく、お手入れも簡単です。異素材の金属の輝きが加わることで、より洗練されたデザインに格上げされています。本体のカラーは、ナチュラルな木地とシックな焙煎の二種類。いずれも桐の木目が活かされた、高級感のある仕上がりです。

プラスチック製でおすすめのコーヒーキャニスター

ANKOMN(アンコムン)-真空保存容器ターンシール 0.6L(5,498円)

電気いらずのお手軽なダイヤル式真空コーヒーキャニスター

電気も電池もいらない、簡単な操作で真空保存ができる便利なコーヒーキャニスターです。蓋のダイヤルを回すと脱気され、インジケータがへこむことで真空状態が確認できます。使用する場所を選ばず、手軽に強力密封できるのがうれしいですね。パッキンに付着物があると真空を保ちにくくなるので、コーヒー豆は保存袋に入れたうえで容器に保存するのがおすすめですよ。

カラーバリエーションは、二種類のクリスタルにホワイトとブラックの全四種類。中でも透明なグレーのUVカットクリスタルは、紫外線を100パーセントブロックしつつ、中身も確認できるという優れもの。プラスチック製なので軽くて扱いやすく、スタッキングできるのもうれしいポイントです。

ニトリ-ワンプッシュキャニスター(500mL)(407円)

片手で蓋の開閉ができるらくらく操作のコーヒーキャニスター

ニトリのワンプッシュキャニスターは、その名の通り、ワンプッシュで簡単に蓋を開け閉めできるのが最大の特徴。蓋下のスイッチを押すと蓋が浮き上がって開き、閉めるときはカチッと音がするまで蓋を指で押し込むだけ。片手でらくらく操作できるので、こまめにコーヒー豆を出し入れするという方におすすめです。

数あるコーヒーキャニスターの中で、際立ってリーズナブルなのも大きな魅力。プラスチック製なので紫外線や高温を避ける工夫は必要ですが、手に取りやすい価格やサイズ展開の豊富さは、まさにお値段以上。普段使いにぴったりのコーヒーキャニスターです。

まとめ

ライフスタイルに合わせた機能的なコーヒーキャニスターがおすすめ

コーヒーキャニスターを探すなら、自分のライフスタイルに合ったものを選ぶのがポイントです。コーヒー豆を消費するペースやキッチンのインテリアによって、マッチするサイズや素材、デザインなどが変わってきます。また、コーヒー豆の品質を守るための機能面も大切です。密封性や遮光性に注目してコーヒーキャニスターを選べば、より長くコーヒーの美味しさを楽しむことができますよ。さて、今回のコーヒーキャニスターのランキング形式のご紹介は、いかがでしたでしょうか。ぜひ自分にぴったりのコーヒーキャニスターを探して、ご自宅でのコーヒーライフを楽しんでくださいね。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

コメントを残す

*