おすすめのH4LEDバルブ人気比較ランキング!【ファンレスも】

最近ヘッドライトの暗さが気になる。新しい電球に交換しなければいけない。車やバイクに乗っていると、いつかは遭遇する問題です。そこで、今回はヘッドライトを交換する際におすすめの、H4LEDバルブをランキング形式で紹介します。LEDを使っている種類で、取り付けできる車種に多くの恩恵をもたらすのが特徴。解りにくい種類に加え、選び方も掘り下げていますので、H4LEDバルブに興味がある方は是非、参考にして下さい。

H4LEDバルブとは?

車やバイクのヘッドライトに取り付けるLED球

H4LEDバルブはLEDのヘッドライト球です。車やバイクのヘッドライトに取り付けます。H4はジョイント規格の名称。台座に使われている金具の規格で、他にも多数の規格が存在します。適合するヘッドライトバルブは車種と年式によって様々。同じH4バルブを使っている車種であれば、加工なしで取り付けることができます。ちなみに適合車種は、ヘッドライトバルブを発売しているメーカーの、適合表から確認できますよ。

H4LEDバルブの特徴

現行車の主流になっている

ハロゲンバルブのH規格は4と違う種類もあります。マイナーチェンジなどで世代落ちした車種に使われている1と3、少し古い構造の車種に使われている7が例です。街で見かける現行車に広く使われているのが4と11。H4LEDバルブは近年の車種ほか、新車にマッチしやすいのもメリットです。

ハロゲンやHIDよりコスパがいい

通常、車やバイクの純正ハロゲンバルブは寿命が3年ほどです。HIDというバルブも限界は長くて5年くらいですが、LEDであれば15年は使えます。これだけ時間が経つと、同じ車に乗っている確率は低くなりますよね。愛車に対して1セットか2セット買えばいいので、コスパが非常に優秀です。

応答が速く夜間が美しく見える

ハロゲンヘッドライトのネックは、明るさが最大値になるまで少し時間を要することです。一方、LEDヘッドライトは応答が速く、スイッチを入れると瞬時に点灯します。また、ガスで色を調整しているハロゲンに比べて、白色がクリアに見えるのもメリット。正しく取り付ければ走行中の視界が良くなります。

他のヘッドライトバルブに比べて消費電力が少ない

純正ヘッドライトバルブは、ハロゲンとHID、LEDの3種類があります。もっとも省エネなのがLEDバルブ。ハロゲンとは50パーセント以上、HIDと比較しても7パーセントくらい控えめです。省エネだとバッテリーの負担が減り、長持ちする可能性がアップします。

取り付け簡単で工賃も安い

俗にポン付けと言いますが、H4バルブは特殊な加工なしで取り付けできるヘッドライトです。単純な工程なので、もちろんDIY初心者もチャレンジできます。メンテナンス知識があれば15分ほどで終わり、プロに任せても工賃は掛かりません。非常に低価格で交換できますよ。

HIDバルブとは交換しないのが定石

純正バルブの中で明るさナンバーワンはHIDです。また、ハロゲンとの交換にH4バルブが通用しやすく、HIDには通用しません。明るいライトを暗いライトに無理やり交換する、ということになります。メリットが少ないので、HIDバルブとの交換は控えるのが定石ですよ。

ハロゲンバルブとの交換がおすすめ

純正LEDに変えてH4LEDバルブを取り付ける場合は、社外品と交換することになります。ユニットの総取り換えが必要で、工賃は非常に高くなるでしょう。また、同質のライトと交換してもメリットが少なく、パーツの親和性や車検は純正が間違いありません。交換しないのが定石です。よって、H4LEDバルブは、ハロゲンバルブとの交換でメリットを発揮します。

雪には向かない傾向が

キラキラ光る雪は反射率が高く、白色で明るいLED光を当ててしまうと、視認性を落とす可能性があります。また、LEDはハロゲンより低温で省エネのバルブです。ライト上の雪が溶けにくくなるため、本来はメリットの部分がデメリットになる可能性もありますよ。雪にはハロゲンバルブの熱や、少し控えめな明るさが有利です。豪雪地域に住むドライバーは本当にLEDでいいのか、よく検討してから交換して下さいね。

H4LEDバルブの種類

ファン付き

放熱性が高く明るいLEDを使える

LEDは低温の光源として知られていますが、ヘッドライトとなると話は別です。非常に明るいため、高熱を溜め込むようになります。しっかりした排熱能力がないと、熱ダレと呼ばれる熱による劣化を起こしてしまうことも。構造、素材ごとに排熱能力が違い、甘い設計はライト周りの樹脂が溶けてしまうこともあります。

ファン付きのH4LEDバルブはパソコンと同じで、冷却にファンを使います。強制的に排熱を促せるので、明るいLEDを長寿にできるのがメリットです。H4LEDバルブの駆動を司る中枢部、ドライバーユニットが一体化しているのも便利な特徴でしょう。本体より後ろにドライバーユニットがあると、耐熱テープなどでライト周りのどこかに固定しないといけません。一体化であれば取り付け作業を1つカットできます。

ファンレス

ライト周りのスペースがなくても取り付けしやすい

ファンレスはファンがないH4LEDバルブです。LEDの直下にあるヒートシンクと呼ばれる金属塊の、熱伝導率を利用して排熱します。ヒートシンクはファンに比べて、排熱できる限界値が低いパーツ。しっかり設計したモデルは、意図的に少し暗いLEDを使っています。また、少しでも熱を避けるため、発熱するドライバーユニットを本体とバラバラに配置しているのが基本です。

ファンレスは一部の例外を除いて、ファン付きよりコンパクトな傾向です。本体後方が短いため、ヘッドライトの裏側が狭くても比較的スムーズに取り付けできます。軽などの小型車種は手狭なことも多く、ファン付きだと取り付けに苦労するかもしれません。作業的に楽なファンレスにするのも賢い選び方です。

H4LEDバルブの選び方

排熱を高める素材で選ぶ

ハイグレードのアルミや銅は排熱性が高い

ファンやヒートシンクだけが排熱しているとは限りません。LEDの周りにある素材も排熱を司ります。例えば、航空機に使うハイグレードなアルミは、一般的なアルミより熱伝導率が高い素材です。また、アルミより熱伝導率がいい銅も、より多くの熱を外へ逃がすことができますよ。排熱はH4LEDバルブの耐久性を高める重要な要素。高度な素材が使われているモデルがおすすめですよ。

押し出し加工は排熱性に優れている

ヒートシンクやLED周りの金属が、圧力による押し出し加工で造られている場合、金型鋳造のダイカストより高い排熱性を持ちます。また、特殊な方法ではないため、コストが安くなるのもメリットです。細かなデザインには不向きで、形がシンプルになるのはネック。しかし、バルブは目立たない部分なので、大きなデメリットにはなりません。一方、排熱がいいというのは大きなメリットです。

車検に通る構造で選ぶ

車検対応が必須

車検はヘッドライトがロービーム状態で、しっかり機能しているかを調べます。ライトの周りを覆うリフレクターと呼ばれる反射板が、正しく光りを反射しているか。そして、ライトを覆っている透明カバー越しから、地面を適正値以上の明るさで照らしているか、の審査です。つまり、ヘッドライトユニット全体が正確に機能していないといけません。H4LEDバルブはユニットの一部。検査をパスするためには車検対応が必須です。

カットオフラインを確認する

H4LEDバルブの車検対応は、あくまでバルブ部分に関しての要素です。ヘッドライトユニット全体が車検をパスできるかは解りません。車検のときに大切なのが、カットオフラインを正しく作り出せるかどうか。ライトの周りには鏡のようなリフレクターがあり、少し内側に向けて光りを反射します。地面にできる光の筋をカットオフラインと呼び、しっかり影と光が分かれていれば、上手く配光できている証拠です。

ハロゲンバルブの特徴を再現しているモデルが有利

純正ハロゲンバルブの配光はお手本です。劣化、カバーの汚れなどで暗くなっていない限り、ほとんど車検に落ちる心配はありません。H4LEDバルブはハロゲンバルブと構造が違うため、光の反射にも違いがあります。ハロゲンの反射を意識して設計したモデルは、車検に有利なカットオフラインを描けますよ。重要な要素なので、スペックに「発光点が同じ」などの説明があります。良質なH4LEDバルブを選ぶときの、大まかな参考になるでしょう。

実績があるモデルで選ぶ

メジャーメーカー製は実績面で非常に選びやすい

H4LEDバルブの明るさやカットラインの美しさは、素人目に判断しにくい要素です。もっとシンプルに判断したい方は、メーカーを一定の目安にできます。メジャーメーカー製のH4LEDバルブは、車検にパスした実績が豊富。ハロゲンバルブの反射を上手にトレースしています。また、排熱を競い合っているのもメリットでしょう。高品質で少し高額になりますが、長く使える恩恵を得られます。

ユーザーレビューも実績の1つ

車検ではヘッドライトの明るさを査定するため、専用の機器で計測しています。はっきりした数字を出せますが、一般人からすると縁遠い道具です。また、取り付けてみるまでは、本当にH4LEDバルブが正しく光るかどうか解りません。そのため、実際に使っているユーザーのレビューは、実績の1つとして良い参考になります。カットラインが美しいか。取り付けたときに明るいかなどを確認するといいでしょう。メジャーメーカー製は特にレビューが豊富です。

付属している機能で選ぶ

防水機能はグレードが高いほど有利

ヘッドライトは周りのパーツが経年劣化すると、内側に結露が付きやすくなります。すでに体験しているドライバーも多いでしょう。ライトが暗くなってしまう場合は、パーツ交換で対処できます。自動車メーカーは結露することを想定してライト部分を設計しており、突然ショートする心配はありません。

一方、後付けしたバルブの防水性が悪いと、ヘッドライトは結露でも壊れます。防水できるIP規格準拠かを必ずチェックして下さい。全方向から来る水を一定のあいだ防げる、55以上がおすすめです。等級が高いほど水に強く、8になると水面下でも使えます。

フォグランプに便利な色切替の機能

色切替はランプの色を、特殊フィルムで黄や青に変える機能です。フォグランプの交換に役立ちます。フォグランプはヘッドライトの下にある補助ライトのこと。悪天候で視界が悪いとき、対向車に自分の存在を知らせるのが主な役割です。黄や青の光は、白い光より水を貫通して遠くまで届きます。また、反射が控えめなので、路面が濡れているときの視認性も良くなりますよ。

H4LEDバルブのおすすめブランド・メーカー

日本ライティング

自動車メーカーやディーラー採用する超高品質は魅力

近年、非常に高度な技術力がある中小企業は、色々なところで注目されていますよね。そのうちの1つが兵庫県の日本ライティングです。熱伝導率が高い特殊なアルミを繊細なテクニックで加工。取り付けやすくて見やすいH4LEDバルブは、車検のプロである自動車メーカーやディーラーが採用しています。

PIAA(ピア)

繊細な構造が美しいカットオフラインを描く

ピアは美しいカットオフラインを描くことで有名。H4LEDバルブを検索すると、1番に登場するような超優良メーカーです。H4LEDバルブは構造が非常に繊細で、ハロゲンライトの配光と何ら変わりありません。使用実績が多く、しっかり車検に対応しています。

SPIHERE LIGHT(スフィアライト)

低価格から安心でユーザーの評価が高い

スフィアライトのヘッドライトバルブは、生産ラインが確立した国内の工場で組み上げられます。徹底した品質管理を行うため、低価格のモデルも安心できるのがメリットです。ライジングアルファなど、屈指の人気があるH4LEDバルブをラインナップ。国産でユーザー評価が高く、選びやすいメーカーの1つです。

PHILIPS(フィリップス)

優れた明るさがあり車検の実績も十分

世界的な家電メーカーであるフィリップスは、車のヘッドライトにおいても超メジャーです。配光はハロゲンと酷似していて、排熱テクノロジーも非常に優れています。しっかり明るさが検討されているので、視認性がいいのもメリットでしょう。車検に関しての実績も申し分ありません。

おすすめ&人気のH4LEDバルブランキング

明るさでおすすめのH4LEDバルブ

日本ライティング-LEDヘッドライト H4 ハイスペックモデル (20,372円)

ハロゲンの3倍に達する明るい光が特徴

日本ライティングのハイグレードモデルで、排熱に優れた押し出し加工のアルミ合金を使っています。建材としても使われており、車のパーツに申し分ない腐食耐性を備えているのが特徴でしょう。水気に強いモデルです。

車検時はヘッドライトが照らす地面の明るさを、特殊な測定器で測ります。基準値に達していれば項目をパスできますが、数値がハロゲンの3倍以上に達しているので問題ありません。正確に取りつければ問題なく車検を突破できるH4LEDバルブです。

ピア-H4 PREMIUM (29,370円)

明るさだけでなく寿命にも魅力がある

ピアは色々なLEDバルブを扱っていますが、今までの中で最高の明るさを持っているモデルです。純正ハロゲンが描くカットオフラインを上手にトレースしているので、車検時にチェックされる配光の項目は問題なくパスできます。

車検時に必要な光量があり、明るさは申し分ありません。純正ハロゲンライトの150%が見込めるので、正しい角度で取り付ければ問題なく車検をパスできます。ピアのプレミアムシリーズはファン付きで、寿命が長いのも魅力の1つ。防水性能も備わっているので耐久面は超一流です。

スフィアライト-ライジング2 SRH4A045 (24,123円)

ホワイトとサンライトの2色を用意している

国産にこだわるスフィアライトだけあり、職人技が効いたヒートシンクは優秀です。非凡な排熱性とコンパクトなボディを同時に実現。また、配光を追求したLEDの配置が、純正の美しいカットラインを再現。明るさの信頼性を高める要素になっています。

LEDライトの基本色であるホワイト以外に、サンライトカラーが用意してあります。純正HIDに近しい、少し黄色を帯びた光です。古い車にもマッチしやすい配色。車に合わせて選べるバリエーションがあるのは魅力です。

フィリップス-X-tremeUltinon 12902LPX2 (25,769円)

優秀な配光で明るさの信頼を確立したモデル

フィリップスのヘッドライトを代表するシリーズ、X-tremeUltinon の一角を担うH4LEDバルブです。X-tremeUltinon はモデルごとに重視しているポイントが違います。共通しているのはカットラインが美しいこと。LEDの寿命にも定評があります。

シリーズの看板である本機は、特に配光設計を重視しているのが特徴。球だけの光量があってもヘッドライトは明るくなりません。しっかりした配光があってこそ地面を明るく感じます。本機は優秀な配光で、ドライバーから信頼を勝ち得たモデルです。

安さでおすすめのH4LEDバルブ

スフィアライト-バイク用 LEDヘッドライト RIZINGアルファ (5,478円)

バイクカスタムの手始めになるスタンダードなモデル

ライジングアルファは、バイク用LEDヘッドライトの王道と言っても過言ではありません。バイクの強い振動に耐える性能があり、明るさと寿命は純正ハロゲンバルブを大きく上回っています。取り付け後に満足するライダーは多く、視認性を高める手助けになるでしょう。

コンパクトな設計が取り付けやすさを高めているのも、ライジングアルファの大きな魅力になっています。非常に初歩的な交換作業で、カスタムの第一歩として申し分ありません。カスタムパーツのスタンダードとしても、存在感をアピールしています。

ライミー-G7 (3,480円)

他規格との互換性がある長寿命LEDバルブ

ファン式のH4LEDバルブです。純正ハロゲンの位置を上手く模倣しており、しっかりしたカットオフラインを再現しています。かなり良心的な値段ですが、IP65準拠で防御面も抜かりなし。H4LEDバルブの中でも長寿命と言え、コスパは優秀です。

H4の規格を持つLEDバルブですが、H4Uのジョイントも用意しています。Uはユニバーサルの頭文字で、互換性があるという意味。H4Uのメリットは、H4LEDバルブであると同時に、D4のジョイント規格にも取り付けできるということです。少し古い車のヘッドライトに多い形で、D4のハロゲンバルブを使っている方にも価値があります。

ライミー-H4 led ヘッドライト (6,980円)

お得なモデルの1つで汎用的な性格

ライミーは東京を拠点にしているLEDカスタムのパーツショップです。バルブは安価だと性能や車検に不安を感じますが、評価を得ている日本のショップなので安心感があります。保証も3年と手厚いため、出所を心配する必要はありません。

明かりを発するライト部分はハロゲンやHIDに酷似しています。また、H4LEDバルブの軸を微調整できることから、リフレクターに合わせた配光が可能です。非常に汎用的な性格で、色々な車種のカットオフラインを確保できるのがメリット。IP65準拠で耐久もあり、お得なモデルの1つです。

色切替でおすすめのH4LEDバルブ

フューチャーカーズライト-LEDヘッドライト H4  (13,940円)

実績面からも選べる色切替タイプ

fcl.(フューチャーカーズライト)はLEDとHIDの専門店です。車のルームランプやバイクのヘッドライトも扱っています。カスタム関係の情報メディアが取り上げるメジャーブランドの1つ。H4LEDバルブは多くのユーザーから評価を得ているのが特徴です。

ハロゲン色のイエローと、LEDの基本カラーであるホワイトを選ぶことができます。ハロゲンの角度を上手く模倣していることから、配光の問題もないでしょう。明るさは十分なレベルで、レビューと取り付け実績が多いことも選びやすさに繋がっています。

ソラ-LED ヘッドライト ロービーム/ハイビーム H4 (9,780円)

ヘッドライト用としても十分な性能

小型車などに用いやすいファンレスタイプのH4LEDバルブです。付属品にイエローとブルーの特殊フィルムがあり、貼り付けることで色が変わります。本格的にフォグランプを利用する方は、悪天候に強いイエローがおすすめ。カスタム目的ならドレスアップ効果があるブルーにするといいでしょう。

フィリップスが扱うLEDチップを搭載。HIDに近い明るさがあるので、ヘッドライト用としても十分に働きます。純正ヘッドライトの位置をキッチリ再現しており、配光の問題もありません。IP67準拠で防塵と防水も優秀です。

グラシアス-カメレオン LEDフォグバルブ(19,635円)

現行車にも旧車にもマッチする色を用意

専用のフィルムに4つのカラーバリエーションがあり、白を含めた計5色からユーザーが選択できます。高級感があるブルーに加えて、旧車などのドレスアップに嬉しいハロゲン色を用意。現行の車にも旧車にもマッチする便利なH4LEDバルブです。

フィリップス製のLEDチップを採用しており、明るさはHIDに近いところまで達しています。非常にコンパクトな設計であり、ライト裏のスペースが少ない車にも取り付けることができるでしょう。IP67準拠で、防塵と防水のグレードが高いところも魅力です。

車検に通る設計のH4LEDバルブがおすすめ

H4LEDバルブを決める際の第1条件は、取り付け後にヘッドライトが正しく機能するかどうかです。つまり、車検をパスできるかどうかがボーダーラインになります。メジャーメーカー製は排熱がよく、純正バルブの配光をしっかりトレースしている傾向。車検に通りやすいモデルが多く、おすすめですよ。また、フォグランプと交換する方は、視認性を高める色切替も検討して下さい。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

コメントを残す

*