Beats(ビーツ)のイヤホンおすすめ人気比較ランキング!【有線・ワイヤレスも】

音楽を聴くための必需品であるイヤホンは、毎日使うものだからこそ音質やデザインにこだわりたいですよね。Beatsのイヤホンなら、高音質かつ見た目もスタイリッシュに決まります。そこで今回は、人気のBeatsのイヤホンをランキング形式でご紹介します。どのイヤホンにもBeatsならではの工夫が施されているので、ぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。

Beatsのイヤホンの特徴

スタイリッシュでファッション性が高い

Beatsのイヤホンが人気である理由の一つが、ファッション性です。スタイリッシュな見た目で、特にモードな服装やヒップホップ系のファッションには合わせやすいです。アクセサリー感覚で身につけられるイヤホンなので、おしゃれが好きな人におすすめですよ。

高音質で低音がよく聴こえる

Beatsのイヤホンは、低音域が非常に鳴りやすいです。Beats独自の技術を採用し、イヤホンでもヘッドホン級の重厚な低音を楽しめます。ベースが力強いロックや、ヒップホップ等のリズムが効いた音楽に向いていますよ。

Beatsのイヤホンのメリット

Apple製品との相性が良い

Beatsのイヤホンは、iPhoneなどのAppleの製品との相性が良いです。ワイヤレスイヤホンでもスピーディーに接続が可能で、常に安定した状態で音を聴けます。また、Beatsは有線イヤホンもApple製品のLightningケーブルに対応しているので、別売りでアダプターを購入する必要がありません。

Appleの正規店で修理の受付が可能

Beatsイヤホンは、故障時はAppleの正規店での修理・交換が可能です。AppleIDを取得した状態なら、ネットから近くの正規修理店で対応してもらえます。修理だけでなく相談も可能なため、機械が苦手な人でも安心して使うことができるメーカーと言えますよ。

Beatsのイヤホンのデメリット

価格がイヤホンの相場と比較すると高い

Beatsのイヤホンは、低価格のモデルでも8,000円台からとなっています。そのため、数あるイヤホンメーカーの中では、相場よりも高価格と言えます。イヤホンは安いメーカーなら1,000円台からの購入が可能なので、その点Beatsは中高生等の若い人にとっては手が届きにくい憧れのイヤホンですね。

中高音が全体的に弱い

Beatsは低音域が強調された音質ですが、メリットであると同時にデメリットでもあります。低音域がよく聴こえる一方で、中低音がかき消される印象があるためです。音楽のジャンルによっても差はありますが、音源そのものを忠実に聴きたいという人にはBeatsのイヤホンは不向きと言えるでしょう。

Beatsのイヤホンの選び方

接続方式で選ぶ

有線ならバッテリー切れの心配がない

ワイヤレスイヤホンはバッテリーを消耗すると、音楽や通話が途切れてしまいます。バッテリー切れを不安に思いたくない人は、有線タイプのイヤホンを選ぶと良いですよ。Beatsの有線イヤホンは、耳に装着した時もフィットするような構造になっています。そのため、ワイヤレスにも負けない付け心地で音楽を楽しめますよ。また、マグネットを利用して持ち運びがしやすい点もBeatsの有線イヤホンの長所です。

ワイヤレスタイプなら様々な端末に接続できる

Androidスマートフォンやタブレットなど、様々な端末に接続する場合はワイヤレスタイプがおすすめです。端子に関係なくペアリングできるので、すぐに手持ちの機種で再生ができますよ。仕事等で複数端末を使い分けている人にも、使いやすいタイプのイヤホンと言えます。ランプで充電の残りを確認できるため、充電切れを起こす前に対応が可能です。

耳へのフィット感で選ぶ

耳穴を完全に塞ぐのならカナル型

耳の穴に隙間なくフィットする感覚が好きな人には、カナルタイプのイヤホンがおすすめです。耳栓のような構造になっており、耳の奥までイヤホンが入り込みます。音漏れがしにくく、より音楽に没頭しやすい環境を作ることができますよ。Beatsは複数のイヤーチップが同梱しているため、自分の耳に合ったサイズを選ぶことができます。

耳全体にフィットさせるならイヤーフック付き

耳とイヤホンのズレが気になる人は、イヤーフックが付いているタイプがおすすめです。耳にイヤーウイングを引っ掛ける構造になっているので、大きく動いてもイヤホンが外れにくいという利点があります。激しく動いてもズレにくいので、スポーツを行う人にも人気の形ですよ。電車通勤など、人混みの中で音楽を聴くのにも向いています。

Beatsのイヤホンの口コミ・評判

認識も充電も速い

Beats X
認識チョッ速
充電激早
ミックス確認も一部これでしてた^_^

ヘッドホンとイヤホンを揃えて購入

beatsのヘッドホンを買って以来
2こ目のbeats製品。

早く試したい!

リピート購入しました

beatsのイヤホン、音もいいし可愛いし大好きで、先代beats酷使しすぎて流石に調子悪くなってきたので2代目をお迎えした!

おすすめ&人気のBeatsのイヤホンランキング

スポーツ向けでおすすめのBeatsのイヤホン

Beats-Beats by.dre Powerbeats (16,980円)

耳にしっかりフィットする定番モデル

ネックタイプのワイヤレスイヤホンです。インナーイヤー型でフックが付いており、安定した付け心地が特徴です。そのため、スポーツを行う人には最適なイヤホンと言えますよ。コードの煩わしさが無いため、有線イヤホンより自由に動くことができます。

イヤホンの横にはリモコンが搭載されており、曲順のスキップや再生停止など、スマートフォンを操作せずに楽にできます。外出時に音楽を聴きたい人には、おすすめのイヤホンですよ。ハンズフリー通話がスマートに出来る点も、大きなメリット。

Apple端末との使用でおすすめのBeatsのイヤホン

Beats-Beats by.dre Powerbeats Pro (20,379円)

AppleH1チップ搭載でiPhoneとの接続が安定

左右のイヤホンが分離している、完全ワイヤレスタイプのイヤホンです。完全ワイヤレス型イヤホンには珍しいインナーイヤー型で、イヤーフックが付いています、そのため、常に安定した装着感で心地よいですよ。充電ケースを使用することで、24時間以上の連続再生が楽しめます。

AppleH1チップを搭載している点が、大きな魅力です。Apple製品との接続がさらにスムーズになり、従来のイヤホンよりも広範囲の距離で接続ができます。iPhoneを愛用している人には、特におすすめのイヤホンと言えますよ。

Beats-Beats by dr.dre urBeats3 Lightning (8,408円)

Lightningケーブルでスマートに接続できる

有線タイプのベーシックなイヤホンです。カナル型なので音漏れがしにくく、心地よい音響で音楽を聴くことができます。Lightning端子に対応しているため、追加でLightningケーブルを購入することなく接続できますよ。

マイクやコントロール用のリモコンが付いているため、ハンズフリー通話が楽しめます。有線なのでバッテリー残量を気にすることなく音楽を聴くことができるので、仕事でイヤホンを利用したい人でも安心して使えますよ。コンパクトに収納しやすい点も魅力的です。

Android端末との使用でおすすめのBeatsのイヤホン

Beats-Beats by dr.dre BeatsX Bluetooth (11,420円)

急速充電が使いやすいワイヤレスタイプ

カナル型のワイヤレスイヤホンです。ネックタイプなので、安定した付け心地で音楽を楽しめます。万が一イヤホンが外れた時も、首元にコードがあるため拾う手間が省けます。ワイヤレス接続がスムーズにできるので、どのような端末でもすぐに音楽を聴くことができますよ。

RemoteTalkという機能が搭載されており、活用することでハンズフリー通話や音楽の再生停止がより便利になります。クリアな高音と重厚な低音域が音源へ深みを与えるので、音質にこだわる人にもおすすめのイヤホンと言えます。急速充電ができる点も嬉しいですね。

Beatsのイヤホンの点滅について

ランプが赤に点滅したら充電が必要

ランプが赤に点滅する時は、充電が必要な時です。通常バッテリーが充分に残っている時は、白いランプが付いています。充電の残り時間が少なくなると、ランプが赤に変化します。突然音が途切れることが無いように、赤いランプの時点で充電をしておくことをおすすめしますよ。

ランプが赤と白で交互に点滅したら故障の可能性あり

Beatsのイヤホンで多くの人が不安に感じるのが、ランプの点滅です。Beatsのイヤホンはランプが赤と白で交互に点滅することがあり、故障を意味する合図とされています。ペアリング設定のやり直しで改善される場合もありますが、それでも治らない場合はBeatsの正規修理店に相談しましょう。

まとめ

Beatsのイヤホンは生活スタイルで選ぶのがおすすめ

今回はBeatsのイヤホンをランキング形式で紹介しました。様々なラインナップがリリースされているブランドですが、自分生活スタイルや好みの音楽に合ったイヤホンを選ぶことで、音楽がより楽しく聴けますよ。自分にぴったりのイヤホンを見つけ、日々の音楽を楽しんでみてはいかがでしょうか。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

コメントを残す

*