おすすめの有線イヤホン人気比較ランキング!【マイク付きも】

スマホや携帯音楽プレーヤーで音楽を聴く時は、高音質なサウンドを快適に楽しみたいですよね。そんな時におすすめなのが有線イヤホンです。有線イヤホンならバッテリー切れを気にせずきれいな音が聴けますよ。そこで今回は、おすすめの有線イヤホンをランキング形式でご紹介します。また、豊富なラインナップからぴったりの有線イヤホンを見つけるには、選び方を理解する必要があります。有線イヤホンの種類や選び方についても解説しますので、音楽ライフを快適に楽しみたい方は是非お読みくださいね。

有線イヤホンの特徴

音の遅延がなく高音質なサウンドを楽しめる

有線イヤホンはワイヤレスイヤホンよりも音質が良い場合が多く、音が遅れることがないのが特徴。無線接続を利用するワイヤレスイヤホンは、音の圧縮や他の電波との干渉などが原因で音質の劣化や遅延が起きることがあります。有線イヤホンはコードで繋ぐため、高音質のサウンドが維持されますよ。

バッテリー切れの心配をしなくてよい

ワイヤレスイヤホンの場合、バッテリーが空になると音楽の再生はできなくなります。バッテリー切れで音楽が強制的に中断されるとストレスを感じてしまいますよね。有線イヤホンはイヤホン自体の充電が不要なので、充電の手間がかからずバッテリー残量に気を遣う必要もありません。もちろん、音楽を再生する機器の充電は忘れずに行いましょう。

有線イヤホンの種類

インナーイヤー型

耳が疲れにくく臨場感のある音を楽しめる

耳の外側の突起に引っかけて使います。着脱しやすく耳が疲れにくいので、長時間の使用も負担になりにくいのが特徴。耳と密着することによる違和感を覚えることもありません。耳の中に入れ込むタイプのイヤホンの閉塞感が苦手な方におすすめです。

他の種類よりもリーズナブルなモデルが多く揃っています。音漏れしやすく公共の場での使用には注意が必要ですが、外部の音を聞き取りやすいので屋外でも安全に使えますよ。音が籠もりにくく、開放的で臨場感のあるサウンドが楽しめることも魅力です。

カナル型

遮音性が高く音漏れしにくい

イヤーピースを耳の中に入れて装着します。音漏れが少ないので交通機関で音楽を聴きたい方におすすめです。耳の穴にフィットすることにより周囲の雑音が入りにくく、音楽の細かな描写も感じ取れますよ。低音の表現力に優れたモデルが多いのも特徴です。

最もラインナップが豊富なタイプでもあります。価格や機能の充実度も幅広く、低予算の方からハイスペックなイヤホンを探している方まで、幅広いニーズに対応していますよ。ノイズキャンセリングなどの機能があるイヤホンを探している方は、カナル型のモデルを探すと見つかりやすいでしょう。

耳掛け型

安定感があるのでスポーツにおすすめ

耳全体に引っかけるためのフックが付いています。最も耳から抜け落ちにくく安定感が抜群のイヤホンですよ。装着したまま跳んだり跳ねたりできるので、ランニングなどのスポーツ時に好きな音楽を聴きたい方におすすめです。

もともとスポーツ用として開発されたモデルが多く、他の種類よりも振動に強いという特徴があります。そのため、有線イヤホンの中でも特に音が安定しているタイプと言えますね。普段使いの場合も耳にしっかり固定されるので安心感があります。

有線イヤホンの選び方

使うシーンで選ぶ

街の中や交通機関で使うならノイズキャンセリングイヤホン

ノイズキャンセリングは周囲の音と逆の波動の音を発生させ、雑音を打ち消す機能です。人の話し声や車の音などに邪魔されず、音楽に集中できるようになりますよ。そのため、外出時に音楽を聴くのであればぜひ持っておきたい機能と言えるでしょう。ノイズキャンセリング機能は電力を必要とし、充電や電池がなくなると機能が停止します。

スポーツ中に使うなら防水仕様のイヤホン

激しい運動を行う場合は、汗で濡れても問題ないように防水機能が搭載されたものを選ぶのがおすすめです。防水性能はIPX0~8の9段階で表され、数字が大きいほど水に強いことを意味します。運動時の汗対策としては、水の飛沫に十分耐えられるIPX4以上がおすすめ。入浴中にイヤホンを使用する方は、短時間の水没に耐えられるIPX7以上のモデルを選びましょう。

機能で選ぶ

マイク付きのものならハンズフリーで通話できる

有線イヤホンにはマイクが搭載されているものがあり、ハンズフリーで通話ができます。リモコンが付いているモデルであれば、スマホを取り出すことなく着信への応答や音量の変更が可能です。通話中に両手で別の作業もできるので、仕事にも役立つ機能ですよ。通話することが多い方は、マイクが付いているものを優先的に選ぶことをおすすめします。

ハイレゾ対応のものなら原音に近い音が聴ける

ハイレゾはCDの約6.5倍の情報量を持つ音源データであり、CDよりもきめ細かく美しいサウンドが楽しめます。有線イヤホンがハイレゾに対応していれば、原音に近いクリアな音楽が聴けますよ。ただし、ハイレゾサウンドを再生するには、音楽プレーヤーもハイレゾ対応でなければなりません。イヤホンを挿すデバイスのスペックも確認してから選ぶとよいでしょう。

リケーブル対応イヤホンなら自由にカスタマイズが楽しめる

リケーブル対応イヤホンはケーブルの着脱が可能です。そのため、ケーブルの付け替えによって音質の変化が楽しめます。対応している規格のケーブルに自由に交換できるため、それぞれの音楽に最適な音質で聴けますよ。同じ音楽を別のケーブルで聴き比べるのも楽しいでしょう。ケーブルの標準規格であるMMCX対応のイヤホンなら、幅広いラインナップからケーブルを選べます。

イヤホンジャックがないiPhoneにはLightningイヤホンを

AppleはiPhone7からイヤホンジャックを廃止したため、通常の有線イヤホンが使えなくなりました。ワイヤレスイヤホンは問題なく使えますが、どうしても有線イヤホンを使いたいという方もいらっしゃることでしょう。新しいiPhoneには、独自のLightningコネクタに対応したLightningイヤホンが使えますよ。マイク付きやハイレゾ対応など機能は様々なので、求める機能があるかどうか確認してから選びましょう。

ドライバーユニットで選ぶ

迫力ある低音が聴きたいならダイナミック型

ヘッドホンやイヤホンのスピーカー構造として、最もよく使われています。低音の再生能力に優れていることが最大の特徴です。ロック音楽に使用すれば、ベースやドラムがよく利いた迫力あるサウンドが楽しめますよ。シンプルな構造で製造コストが低いため、低価格のモデルが多くコスパが良いことも魅力です。低価格でも高音質なモデルがたくさんあります。

高音域の音質を重視するならBA型

カナル型イヤホンに使われることが多く、小型化しやすいスピーカー構造です。中音域から高音域で高い表現力を発揮するため、クラシックやジャズの鑑賞におすすめ。構造が複雑でコストがかかるため価格はやや高くなります。1つのイヤホンに2つ以上のドライバーが搭載されていることもあり、原音に近い繊細なサウンドを表現できますよ。

低音から高音までクリアな音を求めるならハイブリッド型

ダイナミック型とBA型の両方を組み込んだドライバーユニットです。2つのタイプのメリットを兼ね備えており、低音域から高音域までハイクオリティなサウンドが聴けますよ。しかし、ラインナップは少なく価格が高くなりがちなのが現状です。予算に余裕がある方は、美しい音を表現できるハイブリッド型のイヤホンを検討してみてください。

有線イヤホンのおすすめブランド・メーカー

ソニー

低価格なものからハイエンドモデルまで選べる

1,000円台のリーズナブルなモデルから音質の高さにこだわった高価なものまで、幅広いラインナップが用意されています。ビギナーからオーディオファンまで幅広いニーズに応えてくれますよ。低価格ながら迫力ある重低音が楽しめる有線イヤホンもあります。

パナソニック

高品質なハイレゾサウンドが楽しめる

ハイレゾ対応のモデルが多く揃っており、独自のドライバー構造を採用しています。ハイレゾ音源が忠実に表現され、迫力があり鮮明な音楽を楽しめることが魅力。そのため、音質の良さを追求する方におすすめです。マイク付きのものを選べばクリアな音質で通話でき、リモコンで簡単に操作できます。

BOSE(ボーズ)

重低音と高性能なノイズキャンセリング機能が持ち味

どの音域も高音質ですが、特に低音の表現力が高いことが特徴です。ノイズキャンセリング機能の性能も高く、周囲に騒音があっても好きな音楽に集中できますよ。価格は高めなので、予算に余裕があり高機能を求める方におすすめです。

radius(ラディウス)

マイク付きやリケーブル対応など機能が充実

ハイレゾやリケーブルに対応した有線イヤホンが多いことが特徴です。そのため、有線イヤホンに強いこだわりを持っている方におすすめです。Lightningイヤホンも幅広く揃っているので、イヤホンを有線接続したいiPhoneユーザーのニーズにも応えてくれますよ。

おすすめ&人気の有線イヤホンランキング

安価でおすすめの有線イヤホン

エレコム-EHP-C3520(1,026円)

扱いやすい初心者向け有線イヤホン

フラットなケーブルを採用しているため、絡まりにくく扱いやすいことが特徴です。また、プラグ部分がL字型のため接続部分がコンパクトにまとまります。有線イヤホンを初めて使う方でも、ストレスなく好きな音楽を楽しめますよ。

音質も優れており、低音域から高音域までバランスの取れたサウンドを表現可能です。価格が安いので気軽に購入でき、コスパの良い有線イヤホンと言えますね。予算があまりない方や有線イヤホンのビギナーの方におすすめです。

hoco-インナーイヤー型イヤホン(1,080円)

リモコンマイク付きで丈夫なインナーイヤー型

シンプルでおしゃれなデザインの有線イヤホンです。マイクの搭載によりハンズフリー通話が可能なだけでなく、リモコンで着信に応答できるので便利ですよ。音量はリモコンに付いているスライド式のレバーで調節します。

丈夫で断線しにくいケーブルを採用しており、フラットな形状で絡まることが少ないのが特徴です。インナーイヤー型のため装着や取り外しがしやすく、耳が疲れにくいことも魅力。カナル型イヤホンでは耳がすぐに疲れてしまうという方におすすめです。

ソニー-MDR-AS210(1,275円)

フィット感が抜群のスポーツ向きイヤホン

スポーツ時の音楽鑑賞に最適な耳掛け型の有線イヤホンです。長さ約1.2mのケーブルの表面に細かな溝をつけることにより、絡まりを防止します。そのため、バッグなどに入れて持ち運んだ時もストレスなく取り出せることが魅力。

フックの部分は耳にぴったりフィットしやすい形状になっており、防滴仕様なので汗の心配をする必要がありません。ケーブルを服に留められるクリップも付いているので快適に身体を動かせますよ。運動中に使える有線イヤホンを安く手に入れたい方におすすめです。

パナソニック-RP-HJE360(1,410円)

耳の奥にしっかりフィットして音漏れを防止

あらゆる音域でバランスよく良質なサウンドを再生できます。ケーブルは約1.2mの長さがあり、たるんでしまうことがあるかもしれません。付属のコードホルダーを使用すれば、好みの長さに調節できるので便利ですよ。

ハウジングが丸みを帯びた形状になっており、優しい装着感が得られます。カナル型ながら長時間使っても疲れにくいことが特徴です。イヤーピースは耳の奥でフィットするため、音漏れが起こりにくいことも魅力。そのため、電車の中で安心して音楽に没頭したい方におすすめです。

マイク付きでおすすめの有線イヤホン

オーディオテクニカ-ATH-CKR30IS(2,673円)

小さな耳にもしっかりフィット

リモコンが搭載されており、ハンズフリー通話が可能です。わずか1つのコントロールボタンで音楽の再生や通話ができます。中音域から高音域の再生に強いドライバーを採用し、クリアな音質で音楽鑑賞や通話が楽しめますよ。

ハウジングがわずかに小さめであり、4種類のイヤーピースが付属しています。そのため、耳の小さな女性でも快適なフィット感が得られることが特徴。自分の耳に合うサイズのカナル型有線イヤホンが見つからず、困っている女性におすすめです。

radius-HP-NEL11(3,190円)

iPhoneにおすすめのリモコン付きイヤホン

マイク付きリモコンの機能が幅広く、曲送りや曲戻しもできます。マイクには周囲のノイズをカットする機能が搭載されており、自分の声をはっきりと相手に伝えられますよ。会話がスムーズに進み、会議などビジネスにも役立つ機能です。

iPhoneに使えるLightningコネクタを採用しています。Appleが定める性能基準をクリアしていることが認められたモデルなので、安心して使えますね。イヤホンジャックがないiPhoneで、安定感があり高音質なサウンドを聴きたい方におすすめです。

TaoTronics-TT-EP002(7,371円)

周囲の必要な音を聞きながら騒音をカット

ノイズキャンセリングの効果で周囲の騒音を25dBまで低減可能です。耳を澄ませばわずかに聞こえるレベルの30dBを下回り、再生中の曲に没頭できます。ノイズキャンセリング機能は満充電の状態で最大15時間使えるので、長時間の再生も安心ですね。

ワンタッチでノイズキャンセリング機能を解除できるため、必要な音はしっかり聞けます。マイクにもノイズキャンセリング機能があり、雑音を入れずに自分の声を届けられますよ。騒がしい環境でイヤホンを使うことが多い方におすすめです。

BOSE-QuietComfort20 SM(26,858円)

場所を選ばず高音質サウンドに没頭できる

周囲の雑音を消すだけでなく、ノイズキャンセリングの効果を弱めるAwareモードも搭載されています。交通機関のアナウンスを聞きたい時に便利な機能です。2時間で充電が完了し、ノイズキャンセリング機能が最大16時間も連続で使用できますよ。

BOSE独自のイヤーチップは柔らかく、耳にぴったりフィットしやすい材質です。高い遮音効果が得られるだけでなく、装着に伴う不快感も少ないのが魅力。高機能かつ着け心地の良い有線イヤホンを探している方におすすめです。

ハイレゾ対応でおすすめの有線イヤホン

茶楽音人-Co-Donguri Balance 4.4(4,815円)

共振を防いで常にクリアな音質を表現

ハウジングに金属素材を用いたモデルです。カナル型イヤホンでは共振現象が稀に起こることがあり、音質に悪影響を与えます。そこで、共振を防ぎ鮮明な音質を維持するため金属を採用。特に、低音域で引き締まったサウンドが楽しめます。

他のカナル型イヤホンとは違い、耳に入れ込むだけでなく耳掛け型イヤホンのように耳全体に引っかけることもできます。耳に引っかけて装着した場合、身体を動かしながら使えるので便利ですよ。ハイレゾ音源を運動中に聴きたい方におすすめです。

radius-HP-NX30(8,770円)

パワフルな低音と繊細な高音が楽しめる

口径11.0mmという大きめのドライバーを採用しています。そのため、低音域から高音域まで濁りのないハイクオリティなサウンドの表現が可能です。特に、ハイレゾ音源なら好きな曲を限りなく原音に近く、美しい音質で堪能できますよ。

デザインにもこだわっており、人間の耳に装着した時に快適に良い音を聴けるように設計されています。イヤーピースは2段階で装着する位置を変更でき、快適な着け心地が得られますよ。自然な装着感と高音質を求める方におすすめです。

ソニー-IER-NW510N(10,687円)

周囲の騒音を遮断してハイレゾ音源に集中できる

ハウジング部分の形状が工夫されたカナル型イヤホンです。小さなドライバーユニットを採用し、耳の奥側に重心が来るように部品が配置されています。そのため、耳から抜け落ちにくく快適な装着感と安心感が得られますよ。

ノイズキャンセリング機能に対応しているため、騒音に煩わされることなく音楽が聴けます。外音取り込み機能も搭載されており、周囲の音を聴き取りやすくすることも可能ですよ。雑音が多い環境でも周囲を気にせずハイレゾ音源に没頭したい方におすすめです。

パナソニック-RP-HDE10(19,800円)

ハイレゾ音源の魅力を存分に味わえる多機能モデル

ハウジングにアルミ素材を採用し、共振現象を最小限に抑えます。イヤーピースを出口に向かうにつれて口径が広くなる形状とすることで、クリアな高音の再生が可能です。ハイレゾでなくてもクオリティの高いサウンドが聴けますよ。

リケーブルにも対応しており、クリアな音質のハイグレードコードと、リモコンマイク付きのコードの2本が付属しています。その他のケーブルにも自由に付け替えながら様々な音質が体感できますよ。イヤホンを自分好みの音にカスタマイズしたい方におすすめです。

まとめ

ノイズキャンセリング対応の有線イヤホンがおすすめ

有線イヤホンで快適に音楽を聴きたいなら、ノイズキャンセリング機能搭載のモデルがおすすめです。周囲の騒音を低減できれば再生中の音楽以外の音が耳に入らず、音楽ライフを満喫できるでしょう。もちろん、ハンズフリー通話を行うにはマイク付きが必須になるなど、ニーズは人それぞれですね。今回は有線イヤホンの選び方やおすすめのモデルなどをご紹介しました。ぜひニーズに合った有線イヤホンを見つけて、好きな音楽を存分に楽しんでください。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

コメントを残す

*