おすすめのロールピアノ人気比較ランキング【子供にも】

場所を選ばず、手軽に演奏ができることから人気の高いロールピアノ。一般的なピアノや電子ピアノよりもリーズナブルなため、練習補助としてはもちろん、お子さんの知育玩具としても人気を得ています。また、パタパタと折りたたんで、気軽に持ち運べるのもロールピアノの魅力。今回はそんなロールピアノの人気おすすめを徹底比較。また、ロールピアノの種類や選び方も紹介しますので、ぜひ参考にして下さいね。

ロールピアノの特徴

携帯性の高い手軽な楽器

ロールピアノとは、シリコン素材のマット上に、ピアノの鍵盤がプリントされた楽器です。パタパタと折りたたむことができ、従来の鍵盤楽器よりも携帯性に優れています。そのため、自分の好きな場所で演奏を楽しむことが可能。ピアノ練習の補助としてはもちろん、お子さんの玩具としても楽しめる画期的な楽器として注目されています。

リーズナブルな価格帯も魅力

ピアノをはじめとする鍵盤楽器は、価格が高価なもの。しかし、ロールピアノは、1万円前後で購入が可能です。そのため、他の鍵盤楽器よりも、リーズナブルに演奏を楽しめます。また、鍵盤数や機能性も自分でセレクトできるため、より価格を抑えて購入することも可能。ニーズに合わせて購入ができるのも、ロールピアノの魅力です。

ピアノの代用品としては注意が必要

手軽でリーズナブルなロールピアノですが、ピアノ代用品として使用するには注意が必要です。特に、鍵盤のタッチは、平面なロールピアノには十分に再現することは困難。また、和音を奏でることも難しいモデルも多く、両手用の練習としてはあまり適しません。そのため、あくまでも片手用の練習や、譜読み用として活用するのがおすすめ。本格的なピアノの練習には向かないということを、しっかりと把握しておきましょう。

ロールピアノの種類

49鍵タイプ

鍵盤楽器入門者におすすめの軽量タイプ

49鍵タイプのロールピアノは、とにかくリーズナブルなのが特徴。4000円以下で購入が可能なタイプもラインナップされています。また、カラフルにデザインされたタイプも多く、お子様の玩具としてもおすすめ。鍵盤の間隔が狭めに設定されているタイプも多く、小さな手のお子様でも手が届きやすいのも魅力ですよ。

一般的なピアノの半分程度の鍵盤数である49鍵タイプは、幅広い音階を使用した演奏には不向き。また、機能性もシンプルなモデルが多いため、楽器初心者の練習用や子どもの玩具としての使用をおすすめします。とはいえ、コンパクトだからこそ、携帯性は抜群。限られたスペースでも、手軽に演奏が可能ですよ。

61鍵タイプ

携帯性と汎用性の高さが魅力

61鍵タイプのロールピアノは、とにかく汎用性の高さが最大の特徴。5オクターブ程度の音域があるため、難易度の高いクラシックやジャズ以外は演奏が可能です。さらに機能性が充実しているタイプも多く、練習用としてはもちろん作曲補助としても重宝するタイプですよ。

持ち運びが安易なのも、61鍵タイプのロールピアノの魅力。重さが1キロ以下のモデルも多いため、旅行先にも手軽に携帯できます。また、ヘッドフォンに対応しているモデルであれば、時間を気にせず演奏が可能。どこでも気軽に演奏や作曲を行いたい方に、とてもおすすめのモデルですよ。

88鍵タイプ

本格的な演奏も楽しめる音域の高さが特徴

88鍵タイプのロールピアノは、幅広い音階を活かした演奏が可能。本物のピアノと同じ鍵盤数なため、より本格的な演奏を望む方におすすめです。また、音色の種類が豊富なモデルも多くラインナップしているのも魅力。ドラムやパーカッションなどさまざまな音色があるモデルもあり、本格的な作曲活動にも活用できますよ。

自分にマッチした機能を選びやすいのも、88鍵タイプのロールピアノの特徴です。各々の機能に特化しているモデルが多いため、携帯性や演奏機能など自分の目的にマッチしたものを選ぶことができます。さらに、和音に対応しているモデルも多いため、本格的な演奏の補助として活用することも可能。そのため、ピアノ中級者以上であれば、88鍵盤タイプのロールピアノがおすすめですよ。

ロールピアノの選び方

目的で選ぶ

子どもの知育おもちゃとしてなら49鍵タイプ

お子さんのおもちゃとしては、49鍵タイプのロールピアノがおすすめです。シリコン製のロールピアノは、指の力が弱い子どもで簡単に演奏が可能。また、鍵盤の幅が小さいモデルが多いのも特徴です。そのため、ピアノに触れたことがないお子さんにもおすすめ。キュートでカラフルなモデルが多いのも、お子さんにおすすめのポイントですよ。

ピアノ練習の補助として活用するなら88鍵タイプ

ピアノ練習の補助として使用する方には、88鍵タイプのロールピアノがおすすめ。88鍵タイプのロールピアノは、ピアノと同じ鍵盤数なため幅広い曲の練習に対応しています。特にクラシックピアノの楽曲は、幅広い音階を使う曲が多いもの。そのため、クラシックピアノの練習補助として活用する場合には、迷わず88鍵タイプのロールピアノを選ぶようにしましょう。

携帯性を重視するなら61鍵タイプもおすすめ

携帯性を重視する方には、61鍵タイプのロールピアノがおすすめです。重量が1キロ程度の61鍵タイプは、重さを気にすることなく持ち運びが可能。他の鍵盤楽器と違い、折りたたむことができるロールピアノの特性を、より活かすことができるモデルです。さらに5オクターブの音階があるため、クラシックやジャズ以外の演奏は可能。場所も取らないため、作曲活動の補助的な楽器としてもおすすめですよ。

機能性で選ぶ

録音の編集、再生機能は作曲補助におすすめ

ロールピアノには、録音機能が内蔵されたモデルも多く販売されています。録音の編集や再生ができるロールピアノは、作曲の補助機能にとても便利。場所を選ばず使用できるロールピアノは、フッとメロディーが浮かんだ際にもすぐ活用が可能です。また、転調機能やテンポ調整機能があるロールピアノであれば、より簡単に幅広いアレンジを試すこともできますよ。

ピアノ練習補助にはメトロノーム機能も欠かせない

ピアノの練習補助として使用する場合には、メトロノーム機能の有無もチェックしましょう。一定のテンポを正しく刻むメトロノーム機能は、ピアノ練習において必須のツールです。もちろん、ロールピアノのメトロノーム機能は、イヤフォンでの演奏時にもしっかりと対応が可能。そのため、深夜や集合住宅でも時間を気にせず、練習が行えますよ。

イヤフォンを外して使用したいならスピーカーが必要

イヤフォンを外して演奏を楽しみたい方には、スピーカー内蔵のロールピアノがおすすめ。スピーカー内蔵のロールピアノであれば、より手軽に自分の演奏を周囲の人に聴いてもらえます。一方、スピーカー内蔵のロールピアノは、どうしても他のモデルより重量が増えてしまうもの。そのため、携帯性を重視する方は、外付けスピーカーを併用し、シーンによって使い分けるのもおすすめですよ。

フットペダルの有無で選ぶ

表現の幅を広げたいならフットペダルは必須

演奏用としてロールピアノを活用する方には、フットペダル付属のロールピアノがおすすめです。フットペダルは、ピアノのペダルのような音の長さをコントロールできるツール。バラードやクラシックを演奏する場合には、必須のツールといっても過言ではないでしょう。一般的に中級者以上の曲を演奏する目的で購入する場合には、フットペダル付属のロールピアノがおすすめです。

練習補助の場合はペダルが不要なケースも

ピアノの練習補助としてロールピアノを活用する場合には、フットペダルが不要なケースもあります。例えば、片手の練習時や譜読み用としてロールピアノを活用するケースです。特にハノンのような練習曲の演奏時には、ペダルはほぼ使用しません。また、フットペダル付属のロールピアノは、比較的高価です。そのため、フットペダルは自身の用途によって、必要かどうかを確認するよう心がけましょう。

電源のタイプで選ぶ

コストパフォーマンスに優れた充電式

電池を購入するコストや手間がかからないのが、充電式タイプのロールピアノです。また、充電切れを気にする必要もないため、より長時間演奏を楽しみたい方に最適。主に自宅での使用を目的としている方は、充電式のモデルがコストパフォーマンスの面からもおすすめでしょう。USBやACアダプターなど、さまざまな電源方式があるため、自身にマッチした充電方式を選べますよ。

乾電池式なら出先でもサッと使用が可能

乾電池式のロールピアノは、好きな場所でサッと演奏したい方におすすめです。電池さえ入れればすぐに使用できる手軽さが、電池式の最大のメリット。特に、携帯性を重視する方におすすめの電源方式でしょう。またロールピアノに使用する電池は、単3電池や単4電池がほとんど。専用の電池を購入する必要もないため、お子さんのおもちゃとして使用する場合にもおすすめですよ。

ロールピアノのおすすめブランド・メーカー

SMALY

細部までこだわりを感じる演奏感が魅力

最新のテクノロジーを活用した、幅広い生活家電を開発しているSMALY。中でもロールピアノは、SMALYで初めて開発した大ヒット家庭楽器です。SMALYのロールピアノは、こだわりの美しい音色が特徴。お子さんのおもちゃとしてはもちろん、大人も満足できる本格的な音質が魅力です。

One Tone

スピーカー内蔵で歌のレッスンにも使用が可能

楽器初心者でも楽しめることをコンセプトに、さまざまな電子楽器を手掛けるOne Tone。One Toneのロールピアノは、全てのモデルにスピーカーをしっかりと内蔵しています。そのため、さまざまなシーンで活用することが可能。さらに、パネル表記に日本語を採用しているため、お子さんでも操作がしやすいのも魅力です。

sheny

ポップなカラーリングの鍵盤が特徴

コンパクトでリーズナブルな楽器を、幅広くラインナップしているSHENY。SHENYのロールピアノは、とにかくリーズナブルな価格が魅力です。とはいえ、機能性が充実しているため、大人から子どもまで幅広く活用が可能。中でもカラフルなレインボーカラーのロールピアノは、お子さまの玩具として高い評価を集めていますよ。

kosin

PCとも連携可能で幅広く活用できる

多機能なロールピアノを販売しているKosin。PCとの連携やMIDI出力にも対応が可能で、他のロールピアノより幅広い活用が期待できます。さらに、デモ演奏機能や音色の種類も豊富。練習や演奏としての活用はもちろん、作曲の補助としても重宝する充実した機能性が魅力です。

nikomaku

防水機能も搭載した機能性に注目

ドライブレコーダーや電子ピアノを販売している、海外メーカーniko maku。niko makuのロールピアノは、他のロールピアノにはない防水設計が魅力。生活防水レベルの耐久性を持つシリコンは、滑りにくく安定の弾きやすさを実現。また出力端子も豊富なため、マイクやMP3プレイヤーなどとの併用も可能です。

おすすめ&人気のロールピアノランキング

持ち運びにおすすめのロールピアノ

Sheny -ハンドロールピアノ (8,980円)

88鍵ありながら軽量で携帯性バツグン

本物のピアノと同じ鍵盤数ながら、携帯性も抜群のロールピアノです。軽量なシリコンを採用しているため、重量はわずか1.3キロ程度。くるくると折りたためば、カバンにサッと収納できます。また、2way電源に対応しているため、充電式としても電池式としても活用できるのも魅力です。

録音、編集機能を搭載しているため、作曲や編曲の補助としても活用が可能。また、ギターやサックスの音色など、129種類の音色にも対応しています。さらに、フットペダルが付属なのも魅力。ペダルを活かした延音機能は、幅広い楽曲の演奏を叶えてくれます。練習用としても作曲用としても活用できる、汎用性の高いロールピアノです。

KONIX-ミニ ロールアップピアノ (3,450円

PCとの連携性の高さとリーズナブルな価格が魅力

和音にも対応した、61鍵タイプのロールピアノです。5000円以下というリーズナブルさながら、128種類の音色に対応。PC等の機器との連携機能も充実しているのも、大きな特徴です。また、2way充電にも対応しているため、自分のシチュエーションに合わせて好きな充電方式をセレクトが可能ですよ。

高品質スピーカーが内蔵しているため、アウトドアシーンでの活用も可能。デモ演奏曲も30曲収録されており、さまざまなデモ曲も楽しめます。音階シールが付属のため、ピアノ初心者も安心。スペースや重さ、価格のバランスも良いことから鍵盤楽器の入門機としてもおすすめですよ。

SMALY-ロールアップピアノ (9,809円)

リアルな打鍵感が出先での練習に最適

最大8時間の連続使用に対応した、充電タイプのロールピアノです。49鍵、61鍵、88鍵のラインナップがあるため、自分の用途や予算に合わせて好きなモデルをセレクトが可能。88鍵タイプにはフットペダルも付属しています。充電方式にUSB充電を採用しているのも、携帯用としておすすめのポイントです。

薄型で軽量ながら、リアルな打鍵感を実現。黒鍵と白鍵の間に高低差を採用するなど、細部までしっかりとこだわりを感じる作りが人気です。また、スピーカーを内蔵しているため、イヤフォンなしでも演奏を楽しむことが可能。ピアノの練習補助としても活用できる、携帯性の優れたロールピアノです。

Lujex-ロールピアノ (4,980円)

幅広い電源方式に対応し好きな場所で演奏が可能

幅広い機能性を搭載した、汎用性の高いロールピアノです。厚さがわずか0.5ミリのため、携帯性も抜群。内蔵スピーカー搭載ながら、61キロ程度の重さを実現しています。一方、外部スピーカーにも対応しているため、より大音量での演奏も可能。PCとの接続も可能なため、作曲の補助にも活用できますよ。

USB給電にも乾電池にも対応しているため、幅広いシチュエーションで演奏が可能。さらに100種類以上のリズム音や40曲以上のデモ曲が、初心者の練習もサポートしてくれます。MIDIにも対応し、音楽の編集が行えるのも大きなメリット。リーズナブルながらバランスの良い機能性を搭載した、さまざまな用途で活用できるロールピアノです。

機能性でおすすめのロールピアノ

NikoMaku-ロールピアノ (8,990円)

生活防水に対応しているため幅広いシーンで活用できる

生活防水レベルの高級シリコンを採用した、大人気ロールピアノです。黒鍵と白鍵に高低差を用いて、実際のピアノの立体感を再現。滑りにくいシリコンは、引きやすさも抜群です。また、マイクにも対応しているため、歌唱しながらの演奏が可能なのも魅力ですよ。

大容量バッテリーを搭載し、長時間ワイヤレスで使用が可能。縦横が18センチ20センチ程度のサイズにまで畳めるため、収納も場所をとりません。さらに、スマートながら高品質スピーカーを2つも搭載。電子ピアノと遜色ない音量が楽しめるパワフルさも、しっかりと兼ね備えたロールピアノですよ。

Boskily-ロールピアノ (8,299円)

子どもも大人も楽しめる機能の豊富さが魅力

リアルなタッチと豊富な機能性を両立した、88鍵タイプのロールピアノです。メトロノーム機能も搭載し、練習の補助としても活用が可能。さらに、128種類の音色や100種類のリズムが、演奏の幅を広げています。また、デモ曲が80種類以上もあるため、初心者の演奏もしっかりとサポートしてくれますよ。

Bluetooth機能を搭載しているため、スマホとのペアリングも可能。幅広い機器と併用できるため、作曲や編曲にも活用できます。さらに、マイクを接続すれば、歌唱しながらの演奏を楽しむことも可能。フットペダルも付属しているため、幅広い演奏表現にもしっかりと対応していますよ。

YOYO-シリコン製 電子ピアノ (9,980円)

MIDIやマイク出力にも対応した防水設計のロールピアノ

豊富な機能性と大容量バッテリーを搭載した、高性能ロールピアノです。ロールピアノ本体に搭載したノイズキャンセリング機能が、外部の音を低減。そのため、あらゆる場所でしっかり練習に集中できます。さらに88鍵タイプであることから、本格的なピアノ練習の補助としてもおすすめです。

さまざまな機器と互換性が高いのも魅力。ウォークマンやスマホをライン入力すると、自分の好きな曲に合わせて演奏することも可能です。さらに、128種類の音色や付属のフットペダルが、より豊かな演奏表現をサポート。大容量バッテリー搭載のため、長時間のワイヤレス演奏も実現していますよ。

bulorrow-ロールピアノ (6,999円)

こだわりの多数機能でクオリティの高い演奏を実現

Bluetooth機能を搭載した、多機能なロールピアノです。Bluetooth機能を活用することで、さまざまな音楽ソフトとの併用が可能。録音機能や延音機能、マイク機能などの豊富な拡張機能が、幅広い演奏をしっかりとサポートしてくれます。また、80種類のデモ曲を搭載し、初心者の練習もしっかりと補助してくれますよ。

他のロールピアノにはない、レッスン機能も魅力。楽器初心者のモチベーションも、しっかりとサポートしてくれます。また、パネル部分が日本語表記なため、お子さんからお年寄りまで直感的に操作が可能。乾電池式としても充電式としても使用できる汎用性の高さは、自宅でも外出先でもハイクオリティーな演奏を叶えてくれますよ。

知育玩具におすすめのロールピアノ

Sheny-持ち運びロールピアノ (3,480円)

キュートな虹色のキーボードで楽器演奏を楽しく演出

ポップでキュートなデザインを採用した、子ども向けのロールピアノです。7色の虹色キーボードが、楽器初心者のお子さんをサポート。白鍵の音階ごとに色を分けているため、よりスムーズに音階を覚えることができます。さらに、14曲のデモ曲や128種類の音色が、楽器演奏の楽しさをサポートしてくれますよ。

子ども向けとはいえ、豊富な機能性も魅力。スピーカーを内蔵しているため、イヤフォンなしでも演奏をしっかりと楽しめます。また、マイクにも対応し、歌いながらの演奏も可能。さらに49鍵の鍵盤は、本物のピアノと同じ感覚で設計されているのも特徴です。お子さんのファースト楽器として、とてもおすすめのキュートなロールピアノですよ。

ONE TONE-ロールピアノ (3,336円)

楽器入門におすすめの軽量かつリーズナブルなロールピアノ

軽量性に優れた、充電式のロールピアノです。スピーカー内蔵ながら、重量はわずか500グラム以下。コンパクトでとても軽量なため、外出先にも気軽に携帯が可能です。また、49鍵モデルでは珍しい、和音対応機能も魅力。お子さんの玩具としてはもちろん、大人の練習補助にも活用できるロールピアノです。

他のロールピアノより指の力が必要なため、幼児のお子さんの玩具としては注意が必要です。しかし、ピアノを習っているお子さんの練習補助や、発表会前のウォーミングアップにはとてもおすすめ。機能性はとてもシンプルですが、リアルな打鍵感が魅力のロールピアノです。

まとめ

用途にマッチした機能を搭載したロールピアノがおすすめ

リーズナブルでコンパクトなロールピアノは、場所を選ばずに演奏を楽しみたい方におすすめの演奏ツールです。一方、購入する際には、自身の用途にマッチするロールピアノをしっかりと厳選するよう心がけましょう。特に、ピアノの練習補助として使用する場合には、注意が必要です。あくまでも、ロールピアノは本物のピアノとは別物であるということを、しっかりと認識して購入しましょう。とはいえ、自分の好きな場所で好きな音色が楽しめるロールピアノは、音楽好きにとてもおすすめの演奏ツールです。自分の用途や演奏したいシチュエーションを考慮しながら、好きな場所で音楽を楽しんでくださいね。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

コメントを残す

*