おすすめの年賀状プリンター人気比較ランキング!【エプソンも】

年始の挨拶である年賀状。きれいに作りたいけれど、手書きで1枚ずつ書くのは少し面倒ですよね。そんな時におすすめしたいのが年賀状プリンターです。年賀状プリンターであれば宛名も、文面の家族写真も簡単に仕上げることができますよ。今回はおすすめの年賀状プリンターをランキング形式でご紹介します。年賀状プリンターはメーカーやシリーズによってさまざまな機能があります。ここでは、年賀状プリンターの種類や選び方についても詳しく解説するので、今年購入を検討されている方は参考にしてみてくださいね。

年賀状プリンターの特徴

スマホと連携することで簡単に年賀状が作れる

年賀状用プリンターとスマホを連携させることで、パソコンを使わずに写真を印刷できます。各プリンター専用のアプリが存在しており、アプリを通してプリンターに写真を送信するという形が一般的ですね。スマホで撮影した写真やアプリで加工した後の写真を年賀状に使いたい方におすすめの機能です。

両面印刷で一気に宛名まで印刷できる

年賀状プリンターは、自動両面プリント機能がついているものが多いです。自動両面プリント機能とは、用紙を差し替えることなく、おもて側の宛名とうら側の文面を一度に印刷できる機能です。一度に何十枚も送る年賀状において、この機能は欠かせません。

年賀状プリンターの種類

年賀状専用プリンター

年賀状の作成から印刷までが1台で完結

プリンターにキーボードがついている年賀状専用のプリンターです。この1台で年賀状のテキスト入力や写真のアレンジなど、年賀状をつくる上で必要な作業をすべて行うことができます。音声で作業手順を指示してくれるタイプもあるので、パソコンが苦手な方でも簡単に年賀状をつくれますよ。

一般的なプリンターと違い縦型に液晶がついているのが特徴。年賀状を原寸大で確認しながらつくれるので、イメージ通りの年賀状をつくることができます。ちなみに、パソコンで年賀状をつくるのであれば、筆まめなどの年賀状作成ソフトが必要になります。しかし、年賀状専用プリンターであれば最初からテンプレートやイラストは登録済み。どんな年賀状ソフトを購入すればいいのだろう、と迷ってしまう方にもおすすめです。

多機能プリンター

コピーやスキャンなど日常のさまざまな印刷物に対応

年賀状だけでなく、日常的な印刷や書類のスキャンなど複数の機能をもつプリンター。一般的に家庭用プリンターとして親しまれているのがこのタイプですね。パソコンの操作が得意な方であれば、自由度が高いこの多機能プリンターがおすすめです。

多機能プリンターの購入を検討されている方は、ぜひスマホと連携できるタイプを選んでください。中でも、QRコードを読み取るだけで接続ができるプリンターがおすすめ。一度接続してしまえば、きれいに撮れた写真やSNSで見つけたレシピなど、スマホから簡単に印刷することができます。

年賀状プリンターの選び方

インクの種類で選ぶ

文章をメインに印刷するなら顔料インク

宛名や文章をくっきり滲ませずに印刷したい方は、顔料インクの年賀状プリンターを選びましょう。顔料インクは粒子の粒が大きいため、紙に染み込まず表面にのみ着色します。速乾性にすぐれ、印刷後に文字がかすれにくいのが、顔料インクの魅力。また、顔料インクは用紙表面にしっかりインクが定着するので、使用できる紙の種類が多いという特徴もあります。

写真をきれいに印刷するなら染料インク

複雑な写真の色合いをきれいに発色したい方は、染料インクの年賀状プリンターを選びましょう。染料インクは粒子が細かいため、紙の繊維にまで染み込み、染めるように着色します。水彩画をイメージしていただくとわかりやすいです。インクが混ざりあい、美しいグラデーションを鮮明に印刷することができますよ。また、染料インクは紙に染み込むので、印刷表面が滑らかになる、という特徴があります。用紙のもつ光沢感を活かしたい方にもおすすめです。

インクのコストを抑えたいならトナーインク

トナーインクとは、レーザープリンターで使われる粉状のインクのことです。粉状であるがゆえにインクカートリッジの容量が大きく、1枚あたりのコストを抑えることができます。顔料インクや染料インクと違い、紙に粉状のインクを圧着させることで印刷するので、乾くのを待つ必要がありません。大量の年賀状をすばやく印刷したいという方におすすめです。

印刷方式で選ぶ

微妙な色の違いを出したいなら高解像度なインクジェット式

液体のインクを用紙に吹き付けることで印刷する方法です。プリンターのカラーといえば、マゼンタやイエローを含む4色が基本ですが、インクジェット式はライトシアンとライトマゼンタを加えた6色が主流。カラーが多い分、色彩の再現度が高く、細かな描写を正確に印刷することができます。低価格なモデルが多く、家庭用としても人気が高いですね。

大量に印刷するならスピードが速いレーザー式

粉状のインクを用紙に圧着させることで印刷する方法です。簡単にいってしまえば、瓦版のような原理ですね。速いスピードで大量に印刷できるのが、レーザー式のメリットです。毎年たくさんの方に年賀状をだされる方にはおすすめです。普段から自宅でよく印刷をするという方であれば、インクジェット式よりランニングコストを抑えられる場合があるので、ぜひ検討してみてください。

使用状況で選ぶ

使用頻度が低いなら収納場所に合わせたコンパクトタイプ

普段あまりプリンターを使わないという方は、収納しやすいコンパクトなタイプを選びましょう。年賀状プリンターは横幅が40cm程度、高さ15cm程度のものが一般的です。コピーする際に上のスキャン部分をあけることも考えると、しまう場所が限られてきてしまいますよね。コンパクトタイプであれば、幅25cm程度で高さ10㎝以下のプリンターも存在しますので、収納スペースにあわせて検討してみてください。

場所を選ばずに作業したいなら持ち運びできるバッテリータイプ

作業をしたい場所がコンセントから遠い。そんな方には、バッテリータイプの年賀状プリンターがおすすめです。あまり知られていないのですが、プリンターにはAC電源から電力を供給するタイプとバッテリーから充電するタイプの2種類が存在します。バッテリータイプは、AC電源タイプに比べてとても小型なプリンターが多く、女性でも扱いやすいのが特徴。場所を選ばず作業できるのが魅力的ですね。

年賀状プリンターのおすすめブランド・メーカー

Canon(キャノン)

全機種こだわりの顔料黒インクで文章がくっきり

Canonのプリンターは特徴的で、カラーインクはすべて染料インクで、黒は必ず顔料インクが搭載されています。そのおかげで色合いは美しく、文章はくっきり印刷されるのです。また、プリンター本体のカラーバリエーションが多いのもCanonならでは。

EPSON(エプソン)

いつまでも色あせない年賀状を送りたいならEPSON

EPSONは圧倒的な保存年数の長さが強み。印刷物の保存年数は100年というのが一般的ですが、EPSONでは300年という驚きの数字をだしています。インクは、6色以上を搭載しているプリンターが多いため、きれいで長くもつ年賀状を送りたい方におすすめです。

brother(ブラザー)

コストパフォーマンスを重視するならbrother

実用的でコストパフォーマンスに優れたプリンターが多いbrother。基本性能はもちろん、FAX機能や連続スキャン機能が搭載されているプリンターは他にはありません。年賀状だけでなく日常生活で、より豊富な機能をもつプリンターがほしい方におすすめです。

HP(ヒューレットパッカード)

世界で最も売れているプリンターメーカー

世界中で愛されるパソコンとプリンターのメーカー。会社員の方であれば、HPのロゴが入ったパソコンを見たことがあるのではないでしょうか。ビジネスから家庭用まで幅広いプリンターを扱うHP。機種にはよりますが、1分間になんと約20枚の高速印刷が可能です。文章をすばやく、きれいに印刷したい方におすすめ。

おすすめ&人気の年賀状プリンターランキング

年賀状専用機でおすすめの年賀状プリンター

EPSON(エプソン)-ハガキプリンターPF-81-2020年賀状宛名達人2020年度版 (56,900円)

1,300種類の年賀状デザインを搭載

本体に9.0型の大型モニターとキーボードがついている年賀状専用プリンターです。宛名や文章の入力、写真のアレンジなど年賀状にまつわる全てがこのプリンター1台で可能。スマホやパソコンは要りません。

搭載されている年賀デザイン集2020には、お馴染みの干支デザインからディズニーキャラクターまであわせて1,300種類のテンプレートが搭載されています。書体もなんと15種類。お子様からお年寄りまでみんなが満足できるオリジナルの年賀状が作成できますよ。

インクジェット式でおすすめの年賀状プリンター

Canon(キャノン)-PIXUS TS8330 (22,500円)

6色のハイブリッドインクでプロ顔負けの写真を

文字の印刷につよい顔料インクの黒だけでなく、染料インクにも黒とグレーを搭載した機種。文字はくっきりシャープに仕上がり、写真はより鮮明に印刷できます。6色のインクそれぞれが独立しており、減ったインクだけを交換できるので経済的です。

このプリンターはさまざまな印刷に対応しています。例えば、年賀状に便利な両面印刷機能。Creative Parkアプリと連携すれば、パーティーグッズやペーパークラフト、子どもの知育おもちゃなども印刷できます。お正月だけでなく、年中家族でつかえるプリンターが欲しい方におすすめです。

EPSON(エプソン)-EW-M770T (58,800円)

大容量インクタンクで桁違いの低印刷コストを実現

A4用紙1枚あたりの印刷コストは13円以上、というのが一般的。そんな中、このプリンターはなんとカラー1枚あたり1.3円で印刷することができるのです。また、大容量のインクタンクに1度補充すれば約5,000枚のカラー印刷が可能。毎日のように印刷をする家庭でなければ、インク交換は1年に1度でよさそうですね。

他のプリンターに比べ、本体価格が少し高く感じるかもしれません。しかし、低印刷コストに加え、約5万ページも印刷できるという高耐久性と消費電力の低さなど、他の製品に比べてランニングコストの安さは圧倒的です。1台のプリンターを長く使いたいという方におすすめ。

EPSON(エプソン)-EP-882AW (22,880円)

考え抜かれた機能的なデザインが使いやすい

かゆい所に手が届く、使いやすいが込められたプリンターです。天面や液晶パネルまわりにシボ加工がしてあるので、傷やほこり、そして指紋が目立たない仕上がりになっています。給紙も前面2段、背面3段にそれぞれセットできるので、使用スタイルによって使い分けが可能。

写真自動補正のオートフォトファインEXを搭載。逆光で暗くなってしまった顔や白熱灯でオレンジっぽくなってしまった顔も、自動で自然な色に補正してくれます。年賀状で家族写真を載せたい方におすすめのプリンターです。

EPSON(エプソン)-PX-S06B (30,180円)

かばんにも楽々いれられるコンパクトデザイン

A4用紙程度の大きさでかばんにすっぽり入ります。年末は帰省するから年賀状はいつも手書き、という方にぜひ使っていただきたいプリンター。1度設定してしまえば、自動でWi-fiに接続してくれます。移動先で都度設定しなおさなくていいので便利です。

バッテリータイプのプリンターなので、電源ケーブルは要りません。万が一バッテリーが切れてしまった時もPCからUSB充電が可能です。他のプリンターに比べると印刷スピードが若干遅いですが、オプションの外付けバッテリーをとりつけることで大幅に改善することができます。気になる方はぜひプリンター本体と合わせて購入してください。

EPSON(エプソン)-Colorio me PF-71 (19,580円)

縦置き可能で置き場所自由なプリンター

今までのプリンターでは珍しい縦置き収納が可能なプリンター。幅24.9cmに高さ8.5㎝と通常の半分ちょっとの大きさなので、使わないときは本棚などのすき間にそっと収納できます。プリンターの収納場所にお困りの方におすすめです。

無線LAN対応機種なのでスマホにパソコン、タブレットなどお手持ちの端末から簡単に印刷することができます。プリンター本体の電源を入れに行かなくても、端末で印刷スタートするだけで自動的に起動するので便利ですね。年賀状だけでなく書類や写真を気軽に印刷したいという方にもおすすめ。

brother(ブラザー)-DCP-J582N (25,500円)

前面でできるからインク交換が簡単

インク交換といえば、上部をあけてプリンターの中を触らなければならなくて、なんだか難しそう。そう思われる方もいるのではないでしょうか。このプリンターは前面の小さな扉からワンタッチで簡単に、インクの交換をすることができます。

文書につよい顔料黒インクに写真につよいカラーインク、これらのできる4色インクで写真をキレイに仕上げます。また、インク節約モードを搭載。輪郭を強調し、輪郭以外の色を淡く印刷することで、インクを40%節約してもみやすく印刷できます。インクのコストを抑えたい方におすすめです。

HP(ヒューレットパッカード)-OfficeJet250Mobile CZ992A#ABJ (30,780円)

コンパクトなのに高性能な年賀状プリンター

スキャンやコピーなどの基本性能はほしいけど、あまり大きなプリンターはちょっと、という方におすすめのプリンター。幅は38cm、奥行が19.8cmの高さ9.1cmと他のプリンターよりひと回り小さいつくりになっています。重さは2.96kgと軽量なので女性でも軽々持ち運びできますよ。

バッテリータイプかつ凹凸のないすっきりとしたデザイン。電源のないところでも最大415枚印刷することができます。415枚もあれば年賀状の印刷には十分。スマホアプリからプリントだけでなく、インクの残量確認やスキャン画像のメール添付ができるのはHPならではです。

レーザー式でおすすめの年賀状プリンター

Canon(キャノン)-Satera LBP621C (21,990円)

1分間に18枚の高速印刷が可能

レーザー式の特徴である高速印刷が得意なプリンター。カラーもモノクロも1分間に連続で18枚まで印刷できます。もちろん自動両面プリント機能搭載なので、宛名と文面を一気に印刷可能。大量の年賀状をさくさく印刷したい方におすすめです。

起動の立ち上がりが速いのもこのプリンターの特徴です。プリンターに画像を送付してから、最初の印刷がおわるまで、なんと10.5秒しかかかりません。最初の待ち時間が少ないだけでもプリンターを使用するハードルはだいぶ軽減されます。

brother(ブラザー)-JUSTIO HL-L3230CDW (25,269円)

フロントオペレーションでプリンターの操作がしやすい

フロントオペレーションとは、プリンターの前面で紙の給紙や排紙、カートリッジの交換を行うことができるシステムです。棚にしまってあるご家庭では、排紙やカートリッジ交換のためにプリンターの前後を動かすのは大変。前面でプリンターに関わるすべての操作が行えるのは大変便利です。

AirPrintを使えばiPhoneやiPadの写真やwebページを簡単にプリントできます。他にもBrotherの専用アプリや、Googleクラウドプリント、Wi-fiDirectと連携することが可能。ご自身の使用スタイルにあわせて快適に使用することができますよ。

低価格でおすすめの年賀状プリンター

Canon(キャノン)-TS3330 (6,600円)

インクタンクを使用頻度にあわせて選べる

プリンターを使う頻度によって、標準容量タイプと大容量タイプのカートリッジを選ぶことができます。普段からご自宅で写真や書類を印刷する方は、大容量タイプの方がお得です。L判のフチなし写真で換算した場合、1枚あたり約7円お得に印刷できますよ。

他のCanonプリンターと同じく、黒は文字につよい顔料インク、カラーは鮮やかに発色する染料インクが搭載。滲まないシャープな文字が印刷できます。年賀状で使われる筆文字などのはね部分もくっきり印刷されるので、筆の書体を使う方におすすめです。

EPSON(エプソン)-EW-052A (7,480円)

シンプルながらも必要な機能がぎゅっとつまった1台

お手頃価格でシンプルなプリンター。低価格ながら、コピーやスキャン、それに無線LANとの連携だってできます。Wi-fiDirect機能もついているので、友人と集まったときにわざわざパスワードを教えなくても、友人のスマホから直接印刷することが可能です。

専用アプリであるEpson Smart Panelを使用すれば、お手持ちのスマホで直感的にプリンターを操作できますよ。他にもEpson Photoプラスのアプリを使えば、スマホで簡単に年賀状やコラージュ、アルバムだって作れます。パソコンが苦手という方におすすめです。

HP(ヒューレットパッカード)-ENVY6020 (14,894円)

白基調のスタイリッシュなデザイン

コンパクトでスタイリッシュなデザインのプリンターが欲しい方におすすめ。操作ボタンはなく、起動時に操作アイコンがパネルに浮かび上がります。電源アダプタは内蔵されているので、つなぐのは電源コードのみ。配線がすっきりまとめやすいプリンターでもあります。

プリンターは印刷頻度が低いと目詰まりをおこし、故障する可能性があります。しかし、このプリンターであれば大丈夫。カートリッジがプリントヘッドと一体型になっているため、インク交換のたびに目詰まりの原因となるヘッド部分をリフレッシュすることができます。いつまでも新品同様に印刷したい方におすすめです。

まとめ

普段使いできる多機能な年賀状プリンターがおすすめ

年賀状プリンターを使い倒すためにも、普段使いできる多機能なプリンターがおすすめです。自宅で免許証の写真を印刷したり、旅行の写真を印刷したり、以外と日常にはプリンターを使う機会があふれています。スマホと連携することで想像より簡単に写真を印刷することができますよ。今回はおすすめの年賀状プリンターをランキング形式でご紹介しました。ぜひご家庭にあった年賀状プリンターを手に入れて、楽しく年賀状をつくって下さいね。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

コメントを残す

*