おすすめのアームバインダー人気比較ランキング!【秘密の恋人も】

SMプレイの定番といえば手枷ですが、腕そのものは動かせるため拘束感や支配感は小さめ。もし、物足りなさを感じているのであれば、腕全体の動きを制限できるアームバインダーがおすすめです。そこで、今回はおすすめのアームバインダーをランキング形式でご紹介します。種類や選び方についても解説するので、はじめて使うアームバインダーを探している方は参考にしてみてくださいね。

アームバインダーの特徴

後ろ手で厳重に縛り強い拘束感を与えられる

手枷と異なり、アームバインダーは2本の腕をひとまとめにした状態で拘束します。腕は背中に回したまま固定するため、肩をふくめて腕全体の動きを限りなくゼロに近づけることが可能。上半身の動きを封じ、自由を奪うことで身体的にも精神的にも支配することができるのですよ。

被虐感の強い見た目が演出できる

レザーの質感に加えて、コルセット風の編み上げやベルトなどの装飾も相まってSMの雰囲気が強く出ます。また、自由を奪う側と奪われる側が目に見えてわかるのも特徴。視覚からプレイを盛り上げてくれるのがアームバインダーなのですよ。

アームバインダーの種類

袋タイプ

主流のアームバインダーで腕全体を覆う

背中側に回した両腕を2本まとめて、1つの袋に入れるタイプです。袋の先端はミトンのようになっているため、指先の自由も抑えられます。指を恋人つなぎの状態で固定したり、指錠を装着したりしてからアームバインダーで覆うと拘束具合が高くなりますよ。

本革と合皮のどちらも伸縮性はあまりありません。購入の際には腕2本が無理なく入るのか、必ずサイズを確認しましょう。また、後ろ手で腕をまとめるため、肩の関節がやわらかくないと痛みを伴います。アームバインダーの装着前には、上半身全体をほぐしておくと心置きなくプレイを楽しめますよ。

ベルトタイプ

部分的に拘束するので初心者にもおすすめ

袋タイプに比べて、締め付けの力加減を調節しやすい特徴があります。アームバインダーそのものが初めてなら、ベルトタイプで手首から肘にかけて拘束するものがおすすめ。縛る際は、多少のゆとりを持たせておくといいですよ。プレイの途中で拘束を強めると、一気に興奮度が高まります。

固定の際は、ギチギチに締めすぎないことがポイントです。あまり強く固定すると血流を完全に止めてしまうため、プレイにも支障が起きます。とくに、慣れないうちはパートナーの様子をこまめにチェックしつつ、苦痛を与え過ぎないのが拘束プレイを楽しむ秘訣ですよ。

アームバインダーの選び方

素材で選ぶ

初心者は比較的安価な合皮がおすすめ

フェイクレザー製のアームバインダーは、SMプレイに興味が湧いたばかりのビギナーにおすすめ。値段も手頃なので取り入れやすくて使用後の手入れも簡単と、あらゆる点で扱いやすいです。劣化は早いものの、水濡れには強いため汗などが付着してもシミになりにくいですよ。プレイのあとは乾拭きをして風を通すと痛みにくくなり、長く使えます。

本格派にはより丈夫な本革もおすすめ

合皮にはない深みがあるのが本革の魅力で、使えば使うほど手になじみ、使いやすくなります。革のアームバインダーはパートナーと同じで、手をかけるといい仕上がりになり、年単位で愛用可能なものに育ちますよ。合皮と異なり、経年劣化には強いものの水濡れには弱いです。使用後は水分を拭き取り、風に当てるなど手入れを施しましょう。

形で選ぶ

拘束の強さを調整できるベルト式

締め付け具合を部分ごとに細かくコントロールできるのがベルト式の魅力です。例えば、プレイの途中で腕がしびれた場合でも、ベルト穴を1つ調節すれば済むため、拘束を解かずにプレイを続けられますよ。反対に、ゆるい状態からはじめて極限まで腕を締め上げることもできます。時間をかけて、じわじわと拘束プレイを楽しみたい方におすすめです。

簡単に拘束できるジッパー式

ジッパー式は、ベルト式と比べると全体的にカジュアルな雰囲気です。SM特有の攻撃的な威圧感もさほど感じません。アームバインダーなど拘束具を使ったプレイに慣れていない場合でも、装着の際に恐怖感を感じにくくスムーズに着脱できますよ。また、拘束もジッパーを動かすだけで済むため、相手の反応をチェックしながらプレイを進められます。

セット内容で選ぶ

足枷もセットだと全身を拘束できる

体すべての動きを奪えるのが、アームバインダーと足枷のセットです。足を開かせるタイプなら、恥ずかしい格好のまま放置したり視姦で刺激を与えたりすることも可能。拘束されたあとは体を使った抵抗が一切できなくなるため、調教や奴隷プレイなどハードな苦痛が好みの方にぴったりですよ。足を閉じた状態で固定するタイプはビギナー向き。マイルドな締め付けで、拘束感から生まれる快感を得るのに向いています。

アイマスクや全頭マスク付きなら視覚まで遮断できる

拘束プレイに慣れてきた中級者にはアイマスク、上級者には前頭マスク付きのセットがぴったり。抵抗できなくしつつ、感度を高めることができます。先に視覚を塞いだ状態でアームバインダーを付けると、見えない分、触覚や聴覚が研ぎ澄まされるため、いつもより反応が敏感に。なお、全頭マスクを使用する際はあらかじめ装着時間を決めておくなど、事前の準備が大切ですよ。

アームバインダーのおすすめブランド・メーカー

秘密の恋人

お手頃価格で本格的なSMに挑戦できる

アームバインダーをはじめ、デザインはボンデージ風のものが多く見られます。ベルトタイプは装飾が多いため値が張りそうなイメージですが、素材に合皮を使用することでビギナーでも手を出しやすい価格を実現。拘束プレイに興味のある方が気軽に手を出せるブランドですよ。

Tamatoys(タマトイズ)

パッケージの可愛さにもこだわりたい人に

アニメなどのサブカルチャー好きの方におすすめのブランドです。パッケージが2次元キャラのイラストなので、いきなり現物を手に取るよりも敷居が下がります。アームバインダーを使ったSMプレイも、コスプレ感覚で楽しめますよ。

Semaxy(セマキシー)

グッズのラインナップ数とデザインの豊富さが売り

SMに特化したアダルトグッズを数多く取り揃えています。アームバインダーのラインナップも多く、カラーバリエーションも充実。定番のブラックから異質な雰囲気が漂うホワイト、鮮やかなレッドもありますよ。服と同じように、センスのいいアームバインダーを探している方におすすめです。

ifukens(イフケンズ)

袋タイプで拘束感きつめのものが好みの人向け

手と腕を覆う、袋タイプのアームバインダーが豊富です。とくに、着衣プレイが好みの方にはジャケットタイプがおすすめ。指から腕を拘束するのはもちろん、デコルテまでをカバーするため、広範囲をがっちりとロックできますよ。

おすすめ&人気のアームバインダーランキング

袋タイプでおすすめのアームバインダー

Semaxy-ジッパー式アームバインダー(2,019円)

シンプルな見た目を裏切る強い拘束感が魅力

手の先から二の腕までをすっぽりと覆う、ロングタイプのアームバインダーです。ジッパー式なので、初心者でも着脱と拘束が簡単。ホワイトカラーはブラックに比べて威圧感が少ないため、ソフトSMからステップアップしたばかりの方にも勧めやすいですよ。

肩紐の使い方によって拘束の強さを変えられます。肩紐を腕と平行にすると、比較的マイルドな縛り具合に。左右にクロスさせると肩甲骨が内側に寄るため、締め付け感がアップします。同時にフェティッシュな雰囲気も出せますよ。

ifukens-SMボンデージ両腕拘束衣(2,399円)

ミニ丈のボレロに見えて首から腕を縛るハードな一着

ジャケットと一体型になったアームバインダーです。拘束すると、背後からは着衣しているように見えるものの、正面から見ると胸が丸出しの状態になるため責め放題にできます。裸での装着が定番ですが、薄手の衣服の上から装着しても背徳感があっておすすめです。

首から腕までを覆うので拘束感は比較的強め。付属している3本のベルトで締め上げれば、動きをかなり制限できます。ジャケット本体のベルト通しはビス打ちで固定されているため、多少よがっただけでは簡単に破れることもありませんよ。

Semaxy-両腕拘束 背中手枷 (1,619円)

後手縛りを誰でも簡単にできるアームバインダー

緊縛でもポピュラーな後手縛りを再現できます。両腕ともに曲げた状態で固定するため、身をよじると胸を突き出すような態勢に。拘束したあと、後ろから責めると盛り上がりますよ。また、衣服の上から装着させて胸元のみを露出させるのもおすすめです。

拘束方法はとても簡単。背中側で組んだ両腕をバッグ型の袋に入れるだけなので、初心者にも使いやすいです。腕を袋でカバーするだけでも十分ですが、より拘束感を強めたいなら、袋の真ん中にあるベルトを締めて手首も固定するといいですよ。

秘密の恋人-アームバインダーSM拘束具 (2,100円)

SM感抜群の王道拘束具

指から二の腕までの広範囲をカバーする、ボンデージ風のアームバインダーです。見た目に違わず、しっかりと固定できるので拘束具合は強め。編み上げの紐をきつく絞ってからベルトで固定するので、自力で解くことはできませんよ。

指の先端にはリングがついており、上に引っ張り上げることで相手に苦痛を与えられます。膝立ちや四つん這いの状態でリングを使うと、腰を高く上げる格好になるため恥辱的に。王道ながら過激なプレイにも使えるアームバインダーですよ。

Tamatoys-シャイニングエナメルアームバインダー(3,388円)

特殊素材による光沢がSMの雰囲気にぴったり

オーソドックスな袋タイプのアームバインダーです。袋部分は編み上げ式で、腕にぴったり密着させるとセクシーな雰囲気が出ます。ベルトで固定しないため、がちがちに拘束することに不安のある人でも抵抗感少なく使えますよ。

男女兼用のフリーサイズで、ストラップ紐は長めです。また、ストラップを全面でクロスさせてアンダーバストの位置に調節すると、ストラップに胸が乗っていやらしい見た目になります。見た目と装着感から、時間が経つほどに体の反応が敏感になっていきますよ。

ベルトタイプでおすすめのアームバインダー

ifukens-首輪拘束ハーネスベルト(1,999円)

4本のベルトが肌に食い込むほどに快感を引き出す

ベルトのみで腕を固定するアームバインダーです。袋タイプに比べて拘束するまでの手間はかかりますが、締め付けの強さを細かく調節できますよ。ベルトを絞めている時間を含めて、相手の様子を見ながらじっくり責めたい人におすすめです。

腕の拘束を解いても首の南京錠を外さない限り、解放されません。拘束された側はアームバインダーを外した直後は腕がしびれているため、錠を自分で外せず、責めていた側が開錠する必要があります。プレイ後も主従関係の余韻を味わえる拘束具ですよ。

ifukens-スチール棒付き両腕拘束ベルト (1,899円)

過激な見た目とは裏腹に簡単拘束で初心者にもおすすめ

見た目からはハードな印象を受けますが紐で縛り上げないため、SMグッズビギナーでも使いやすいです。腕枷と首枷をつなげるパイプの長さは肩幅ほどあるため、長時間の拘束でも負担がかかりません。見た目は過激だとしても、拘束感はやさしいものを探している方にぴったりですよ。

プレイを楽しむポイントは、パイプの質感を活かすことです。おすすめは、背中が大きく開いたコスチュームを着ての着衣プレイ。スチールパイプの冷たさが無防備な背中を刺激してくれるため、拘束している間に背中の感度開発も進みますよ。

秘密の恋人-アームバインダーSM拘束具  (3,315円)

袋とベルトのハイブリットで初心者から上級者にも

アームカバーは片手ずつ分かれているものの、先端がミトンタイプなので手の動きは制限できます。最初はアームカバーのみを装着させ、カバー先端のリングを引っ張ったりして様子を見るといいですよ。相手の気分が高まってきた段階でしっかり拘束すれば、被虐心を煽ることができます。

リングはアームカバーそれぞれに付いているため、腕を1つにまとめ上げる以外にも使えますよ。例えば、手持ちの足枷と紐やチェーンでつなぐと全身の自由を奪えます。アレンジ次第でプレイの幅が広がるアームバインダーです。

Tolacos-肘下拘束アームバインダー(1,619円)

手首から肘下までのゆるやかな拘束はビギナー向き

拘束する範囲が狭いため、はじめてアームバインダーを使用するカップル向きです。初心者向けであるものの、紐とベルトの2段構えなのでSMの雰囲気たっぷり。SMプレイに興味があるけれど、本格的なものは引かれそうという場合でも抵抗感なく受け入れてもらえますよ。

基本は、手首から肘下の緊縛に使用します。慣れてきたら手持ちの手枷などと組み合わせるとプレイにバリエショーンが増えますよ。例えば、手首を手持ちのハンドカフスで縛り、肘のあたりをアームバインダーで覆うようにすると、腕全体の可動範囲を狭くすることができます。

GTブランド-ボンテージ クロス コスチューム (1,900円)

全身をベルトのみで拘束する上級者向け

拘束具のすべてが細めのベルトで仕立てられた、ボンデージ風のアームバインダーです。腕を背中に密着させた状態でベルトと固定するため、拘束感は見た目以上にハード。腕のみの緊縛に慣れてしまった方や過激なプレイに挑戦したい方におすすめですよ。

装着すると股にもベルトが通るため、貞操帯の役目も果たします。裸のまま使用するのが定番ですが、衣服の上から縛ると非日常感が味わえ、時間をかけたプレイが楽しめますよ。あえて腕の拘束にゆとりを持たせておくと、体をゆすり動かした際にベルトが肌に食い込むので、より羞恥心を与えられます。

セットでおすすめのアームバインダー

Semaxy-SMボンデージ 両腕と人魚拘束衣セット(4,119円)

人魚拘束衣とのセットで体を完全に支配する

アームバインダーとレッグバインダーはどちらも袋状になっているため、締め付け具合のレベルは高め。また、それぞれの袋の先端にはリングがあり、腕も脚も吊り上げると、肉体へ強い苦痛を与えられます。ハードSMや拷問プレイが好みの方にぴったりですよ。

素材は、フェイクレザーの中でも高品質なPUレザーを使用しています。見た目も手ざわりも、限りなく本革に近い質感です。とくに、女性に装着させると、レザーの硬い質感とやわらかい肌のコントラストが生まれ、なまめかしい雰囲気になりますよ。

ifukens-ボンデージ コスチューム 3点セット (3,549円)

四肢に加えて呼吸もコントロールしたい絶対者向け

体の動きと一部の感覚を制限できる、拘束具のセットです。脚の下部を覆うフットバインダーと比較して、アームバインダーは手から二の腕までをカバーするので拘束感は強め。袋タイプなので、腕の動きをがっちりと抑え込むことができますよ。

アームバインダー先端のリングは、調教やお仕置きにも使えて便利です。まさに、被虐嗜好の方や拷問プレイをはじめ、ハードなプレイに快感を覚える方にぴったり。また、SMの雰囲気やボンデージフェチの方にもおすすめですよ。

ifukens-アームバインダー 手枷 口枷ボール付き (2,649円)

ロールプレイでの使用が似合う白いアームバインダー

余計な装飾のないシンプルなつくりが背中のジップラインと固定ベルトを際立たせ、コスチューム感を強めています。SMチックなボンデージタイプよりも、ラバースーツやSF風の衣装が好みの方におすすめ。また、拘束衣タイプは腕と胴を密着させるため、体の動きを強く制限できますよ。

プレイの際はアームバインダーと口枷の両方を使うと、プレイも激しさを増します。抵抗できず声も出せないので興奮することは確実です。アームバインダーはデコルテを覆うものの、バストは丸見えなので一方的な責めが可能。グローブ先端のリングを引っ張ると胸を突き出す格好になるので、バストの感度開発などにも使えますよ。

秘密の恋人-SMボンテージ (3,599円)

全身拘束ビギナーにおすすめの四肢拘束セット

脚部を覆うカバーは拘束範囲が狭いため、拘束される側に不必要な威圧感を与えません。脚の方から拘束すると抵抗感少なく受け入れてもらえますよ。代わりに、アームバインダーはタイトなロングタイプ。受け手に強い不安感を与えず、全身拘束をしたい方におすすめです。

締め付け具合は、編み上げの紐とベルトで調節します。拘束される側が拘束プレイに不慣れなら、最初のうちは紐はゆるめに、ベルトも外しておくといいでしょう。興奮してきたところでベルトを締めると、感度と気分を高める材料になりますよ。

秘密の恋人-SMボンデージ 拘束衣M字開脚 (2,564円)

腕の動きが脚に連動する恥辱感たっぷりの拘束具

ジャケットタイプのアームバインダーです。袋タイプになっており、両腕を後ろに曲げた状態で拘束します。腕と上半身をベルトでぐるりと縛るため、拘束感はきつめ。また、素肌の上から直接身につけるとベルトが食い込み、縛られている実感が強くなるため感度が倍増しますよ。

ジャケットにはハーネスベルトが付属しており、太ももに巻きつけることで強制的にM字開脚させることも可能です。恥ずかしい部分をさらけ出すため自然ともだえるものの、ハーネスベルトのおかげで腕を動かすほど下半身が強調されます。見られて興奮するM気質の強い方に打ってつけですよ。

まとめ

自分のレベルにあったアームバインダーがおすすめ

アームバインダーは手首から肘までを覆うものや腕全体を覆うものまであります。パートナーとのプレイを心地よく楽しむためにも、まずは初心者向けの拘束範囲が狭いアームバインダーから取り入れていくといいですよ。ベルトタイプなら部分ごとに調節できるので、パートナーも安心してくれます。今回は、おすすめのアームバインダーをランキング形式でご紹介しました。アームバインダーを使ったプレイは、相手に身をゆだねることになるため、パートナーとの仲をさらに深いものにできますよ。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

コメントを残す

*