おすすめのカップウォーマー人気比較ランキング!【おしゃれなデザインも】

冬の寒い日には温かい飲み物が体を温めてくれますが、すぐに飲まないと冷めてしまうのが難点ですよね。そこでおすすめしたいのがカップウォーマーです。カップウォーマーを使えば、温かいままの飲み物をゆっくりと味わうことができますよ。今回は、おすすめの人気カップウォーマーをランキング形式でご紹介します。カップウォーマーの種類や機能を比較し、選び方を解説していくので、ぜひぴったりのものを探してみてくださいね。

カップウォーマーの特徴

寒い季節でも飲み物を長時間温かくキープ

カップウォーマーは、電熱を利用して飲み物を保温します。電源を入れてコーヒーなどの飲み物をセットしておくと、長時間経っても温かく飲みごろの状態のまま飲むことができます。寒い季節を快適に過ごすための、心強い味方となってくれますね。

小型で持ち運びしやすくどこでも使える

カップウォーマーは小型で軽いものが多く、持ち運びがしやすいのが特徴です。バッグに入れて簡単に外へ持ち出せるサイズで、最小限のスペースがあれば置いておけます。いつでもどこでも手軽に使用できるのが、カップウォーマーの魅力といえますね。

カップウォーマーの種類

コースタータイプ

カップを乗せると底から温まる

カップウォーマーは、形状から大きく2種類に分けられます。コースタータイプは、コースターの上に温かい飲み物の入ったカップを乗せておくと、底の接する部分からカップを温め保温してくれます。ココアやスープなど、好きな飲み物を何でもマグカップに入れていただけるのがポイント。

コースタータイプのカップウォーマーの多くは薄くコンパクトで、ドリンクホルダータイプよりも携帯性に優れています。使わない時にしまっておいでも場所を取りません。自宅で使う機会の多い方や、自宅でも職場でも使いたい方には、コースタータイプがおすすめです。

ドリンクホルダータイプ

缶や紙コップなどを容器のまま入れられる

缶やペットボトル、紙コップなどに入った飲み物を、容器ごと入れて使えるタイプのカップウォーマーです。容器を包むような形状のため、うっかりこぼしてしまうことも防げます。紙コップなど、上げ底で熱が伝わりにくい素材のものは、コースタータイプでは温まりにくいとされます。コンビニで紙コップに入ったホットコーヒーを買うことの多い方には、紙コップに対応したドリンクホルダータイプがおすすめ。

また、ドリンクホルダータイプのカップウォーマーの中には、車の中で使えるものも多くあります。自動販売機などで温かい飲み物を買ったらそのままカップウォーマーに入れれば、温かい状態が長く保たれ、長距離のドライブにもおすすめ。車専用のものと、車と室内の両方で使用可能なものとがあります。

カップウォーマーの選び方

電源で選ぶ

デスクで使うならパソコンに接続するだけで使えるUSBタイプ

仕事中にデスクで温かい飲み物を飲みたい時は、パソコンのUSBポートにケーブルを差し込むだけで使えるカップウォーマーが便利。近くにコンセントの差し込み口がなくても問題ありません。集中して作業をしたい時も、デスクを離れることなくいつでも温かいコーヒーが飲めます。自宅の部屋でパソコン作業をする時、使えるコンセントが余っていなくても大丈夫です。

温かさをより長持ちさせるなら保温力の高いコンセントタイプ

コンセントタイプのカップウォーマーは、USBタイプよりもパワフルな出力で飲み物をしっかり保温してくれます。温かい飲み物の温度を下げずに保つだけでなく、ぬるくなった飲み物を適温まで温められるカップウォーマーも。自動販売機から出てきたばかりのような温度を長時間キープしたいなら、保温力に優れたコンセントタイプを選びましょう。

車の中で使うならシガーソケットタイプ

車のシガーソケットに接続して使えるカップウォーマーがあれば、真冬のドライブも快適に。仕事やプライベートで車を運転する機会が多い方は、1つ持っていると便利です。車のエンジンを切れば、基本的にはシガーソケットは通電しなくなります。車を停めて離れている間に、車内に置いておいた飲み物が冷めてしまったとしても、加熱して短時間で温かい状態に戻してくれるカップウォーマーもありますよ。

機能で選ぶ

一年中使うならアイスコーヒーや冷たいお茶も飲める保冷機能付き

保温機能だけでなく保冷機能も備えたカップウォーマーなら、季節を選ばず一年中活躍してくれます。保冷機能を使えば、冷蔵庫がなくてもいつでも冷たい飲み物で喉を潤せます。暑い日には特に嬉しいですよね。0℃以下に保冷できるカップウォーマーもあり、氷を入れた時のように薄まることもなく、キンキンに冷えた飲み物を楽しめます。

便利に使いこなすならスマホ充電機能付き

カップウォーマーの中には、なんとスマートフォンのワイヤレス充電ができるものも。カップの代わりにスマートフォンを乗せると、充電器として機能します。1台2役のカップウォーマーは、カップの温めに使用しない時も、デスクで毎日使えて役立ちます。カップウォーマーとワイヤレス充電器を別々に購入するよりもお得な場合があり、省スペースにもなりますね。

カップウォーマーのおすすめブランド・メーカー

HOTTOP(ホットトップ)

保証付きで安心して使える

シンプルなデザインで使いやすいHOTTOPのカップウォーマーは、嬉しい1年間の保証付き。安心して使い続けることができますね。保温力の高さも人気の理由で、贈り物として選ぶにも間違いのないブランドです。

サンコー

様々なタイプのカップウォーマーが揃う

サンコーのカップウォーマーは、温めたい容器の種類や用途に応じて、様々なタイプから選べます。保冷機能が付いたものや、車専用のもの、紙コップを温めるのに特化したものなどが揃います。自分に合ったカップウォーマーがきっと見つかりますよ。

グリーンハウス

カラフルなカップウォーマーは選ぶのも楽しい

グリーンハウスのインサートカップウォーマーは、グリーンやレッドなどカラーバリエーションが豊富。可愛らしい見た目は気分を上げてくれます。コースタータイプのカップウォーマーも、数色からお気に入りの色を選べます。

CIO(シーアイオー)

スマホの急速ワイヤレス充電も

CIOは、モバイルバッテリーや充電器などのスマートフォンアクセサリの製造、販売を行っている企業です。その強みが活かされたCIOのカップウォーマーは、スマートフォンの急速ワイヤレス充電機能付きなのがポイント。安全性にも優れています。

おすすめ&人気のカップウォーマーランキング

おしゃれでおすすめのカップウォーマー

CIO-マグウォーマー (4,048円)

シンプルなデザインの専用セラミックマグ付き

専用のセラミックマグに飲み物を注ぎ、コースター型のチャージャーに置いて使用します。シンプルで洗練されたデザインはどんな場所にもなじみ、おしゃれに使えます。カラーはブラックとホワイトの2色展開。

USBタイプで、飲み物を40度から55度ほどに最長8時間保ちます。さらに、Qi対応のスマートフォンをチャージャーに乗せれば、最大10Wの急速ワイヤレス充電が可能。チャージャーは高温になりにくい設計で安心です。

HOTTOP-カップウォーマー (4,980円)

コンパクトなのに保温力抜群

直径12cm、厚さ2.5cmのコースタータイプのカップウォーマー。コンパクトですが、大きめのマグカップやコーヒーサーバーなども置けるサイズです。白色でシンプルなデザインは、使う場所を選ばず、どんな方へもおすすめです。

オン、オフのスイッチを切り替えるだけと操作もシンプル。1時間使用した場合の電気代は約0.6円で、1日中つけっぱなしにしてもそれほど気になりません。省エネ設計なのにもかかわらず、保温力が高いのが魅力です。

IAN-ボトルウォーマー (5,760円)

上品なシームレスデザイン

シームレスデザインで見た目の美しい、コースタータイプのカップウォーマー。完全防水設計のため、うっかりカップを倒して飲み物がこぼれても、壊れる心配がありません。汚れてもさっと拭けばよく、お手入れが楽で長く愛用できます。

底面にも、しっかり防水加工がされています。4つの滑り止め付きで、手が触れてもずれにくいようになっています。IANのボトルウォーマーはUSBタイプのものもありますが、こちらはよりパワフルなコンセントタイプ。

BigFoxUSBホッとコースター (3,257円)

PU皮革がおしゃれでプレゼントにもぴったり

カップウォーマーとしては珍しく、素材にPU人工皮革が使用されています。可愛らしいコーヒーカップのイラストが描かれたカップウォーマーは、友人や同僚への贈り物にも喜ばれますよ。カップウォーマーによっては表面がかなり熱くなりますが、PU皮革素材ならば熱くなり過ぎず安全です。

底が浮いているカップは温まりにくいため、底が平らで熱伝導のよい素材のカップを使いましょう。55度ほどのちょうどよい温度に飲み物を保温してくれます。直径は10.5cm、厚さはわずか1.2cmで、持ち運びが楽々なのも嬉しいところ。

グリーンハウス-USBインサートカップウォーマー (3,078円)

インサートカップを入れてデスクワークに

オフィスで使用される、使い捨てのインサートカップ専用のカップウォーマー。パソコンに接続して使えるUSBタイプで、デスクでおしゃれにコーヒーやお茶が飲めます。カップ本体がマグネットでスタンドに固定されるので、倒してしまう心配もありません。

キャップをすることで、保温性が高まり、ほこりが入るのも防げます。インサートカップを使えば、毎日使ってもお手入れの手間がかかりません。シリコン素材のキャップは簡単に丸洗いでき、仕事が忙しい時もストレスなく使えて便利です。

保冷機能付きでおすすめのカップウォーマー

UENO-mono-スマホットレイ (5,980円)

専用マグカップ付きで加熱も冷却もできる

温かい飲み物の温度を下げずに保つだけでなく、加熱して温度を上げることが可能なカップウォーマーです。実験データでは、24度の水道水が30分後には57度に。逆に10度以下に冷却も可能です。底と内側がアルミ素材の専用マグカップは、熱伝導がよく軽くて手が疲れません。

カップを乗せる台の下には、スマートフォンをワイヤレス充電できるパッドが隠れています。カップを乗せて使用しながら、同時にスマートフォンの充電ができるという優れもの。充電器として使わないときは収納しておけるので、邪魔にもなりません。

PALTIER-保温保冷プレート (8,780円)

保温保冷と高速スマホ充電がこれ1台で

楕円形の本体の右側にスマートフォンを乗せて充電しながら、左側に乗せた飲み物を飲めるカップウォーマー。ワイヤレス充電の国際標準規格を策定するWPCの正規認証を取得しており、高速充電が可能です。ワイヤレス充電対応のスマートフォンを乗せると、自動で充電が始まります。

専用マグカップが付いていますが、飲み物の入った缶を乗せても使用可能。ボタン1つで保温と保冷のモード切り替えができ、保温モードなら55度ほどに、保冷モードなら最低マイナス6度で飲み物の温度を保ちます。自宅でも職場でも、一年中活躍してくれるカップウォーマーです。

モビクール-缶クーラー (7,007円)

缶やペットボトルを保温保冷

350ml、500mlの缶やペットボトルを入れて使えるカップウォーマー。付属のアルミマグカップを使えば、缶やペットボトル入りでない飲み物も保温と保冷が可能です。本体から飛び出る部分が少ない容器の方が、より保温保冷効果は高くなります。

室内でも車の中でも使用できるよう、2種類のケーブルが付属されているのも嬉しいポイント。自宅でリラックスして映画を観る時や、冷蔵庫のない部屋で仕事をする時、寒い日の車でのお出かけにも。様々なシーンで、どんな飲み物も味わえる、使い勝手のよいカップウォーマーです。

サンコー-温冷ドリンクカプセル (6,980円)

カプセルに入れた飲み物をお好みの温度で保温保冷

縦型の本体に、ペットボトルや缶などに入った飲み物を容器ごと入れて使用します。5度刻みで温度を設定できる機能は必見。冷房の効いた室内では、冷えすぎていない飲み物が飲みたい方もいるでしょう。最高55度から最低5度の間で調整できるこのカップウォーマーなら、自分の好みの温度で飲み物を楽しめます。

様々な飲み物の容器に対応しており、プラスチック製のカップも入れられます。夏場に、チョコレートなどのお菓子を溶けないように入れておくという使い方も。室内でも車の中でも使えておすすめのカップウォーマーです。

グリーンハウスUSBカップウォーマー&クーラー (4,880円)

USBタイプの保温保冷コースター

保冷機能のあるカップウォーマーは、コンセントタイプが多いですが、USBタイプを選ぶならこちら。オフィスのデスクで使えるコンセントの数は限られており、パソコンや周辺機器で既に埋まっていることも多いでしょう。コンセントがなくても、USBポートに接続して、保温と保冷の両機能を使えます。

保冷機能付きのカップウォーマーの中では、サイズも比較的小さめです。デスクで気軽に、温かいコーヒーや冷たいお茶まで味わいたい方におすすめ。スイッチ1つで、保温と保冷を切り替えられ、LEDランプの色から一目でどちらのモードかが分かります。

車載用でおすすめのカップウォーマー

サンワサプライ-保温保冷対応車載ドリンクホルダー (3,580円)

コンパクトで様々な車種に対応

車のシガーソケットに接続して使う、車載専用のカップウォーマー。車のドリンクホルダーの形状は車種により異なりますが、どんなドリンクホルダーにもフィットしやすいコンパクトサイズです。長さ約1mのケーブルが、ドリンクホルダーからシガーソケットまで届くか、念のため確認しておきましょう。

本体の重さは約350g、比較的軽量で小さめですが、保温と保冷の両機能を備え、ドライブのお供として活躍してくれます。内部のパネルは、保温モードなら最高60度まで温まり、保冷モードなら最低マイナス6度に冷えます。缶コーヒーなどキャップができない飲み物も、安定した状態でセットしておくことができますよ。

USAMS-温度表示ドリンクホルダー (5,380円)

温度表示が便利でマルチに使える

温度を表示してくれるのが特徴の、車載専用カップウォーマー。60度から0度に保温保冷が可能で、様々なタイプの容器に対応しています。飲み物だけでなく、ヨーグルトを冷やしても、ホットヨーグルトにしても楽しめます。

哺乳瓶に入れたミルクも温めておけるので、授乳期の赤ちゃんがいる方へおすすめ。温度表示機能があることで、安心して適温のミルクを飲ませられます。赤ちゃんを連れて、いつもより遠出もできるようになりますね。

SOAC-ドリンクホルダー (14,552円)

加熱と冷却もパワフルに

飲み物を短時間で加熱または冷却してくれるのが特徴。車内で冷たい飲み物をいつでも飲めるようにしたいと思ったら、車載用の冷蔵庫を置くという選択肢もあるでしょう。しかし、1人分の飲み物を冷やせればよいという方には、場所を取らないドリンクホルダーがおすすめです。

真夏の気温の高い環境下でもしっかりと機能し、冷蔵庫の代わりになってくれますよ。もちろん、寒い時期における保温効果もばっちりです。熱伝導のよい缶に入った飲み物なら、より早く加熱や冷却ができます。

KEYNICE-車載ドリンクホルダー (3,599円)

スタイリッシュなデザインで温度も表示

車のドリンクホルダーに設置して使うタイプのカップウォーマーは、ペットボトルなどが入るほどのある程度の大きさがあり、ごつく見えてしまう場合もあります。しかし、こちらはクールで洗練されたデザインで、車内のインテリアの邪魔をしません。温度が表示されるディスプレイ付きですが、約378gと比較的軽量でもあります。

エアコンを付けていても冷えやすい冬の車内で、温かくキープされた飲み物は体を温めてくれます。保冷モードなら、よく冷えた状態で飲みたいコーラなどの炭酸飲料も、美味しさが長く続きます。オールシーズンおしゃれに使えるおすすめのカップウォーマー。

NGEETO-カップクーラー (4,566円)

タッチパネルで保温と保冷を切り替え

タッチ式で保温と保冷を切り替えられるのが特徴。58度からマイナス9度まで温度が変化し、ディスプレイに表示されます。車載用のドリンクウォーマーは、使用時に排気口からの動作音が気になるという人もいますが、こちらは静音設計です。

夏に冷たい飲み物を買っても、そのまま車内に置いておくとすぐにぬるくなってしまいます。ぬるくなった飲み物は美味しくないので、まだ中身が残っていてもそのまま捨ててしまう方もいるでしょう。買ってすぐに保冷ができれば、最後まで美味しく飲み切れますね。

まとめ

保冷もできるカップウォーマーがおすすめ

カップウォーマーをせっかく購入するなら、保冷機能付きのものがおすすめです。保温機能のみものと比べると少し値段が高いですが、夏に冷たい飲み物が飲めるのは嬉しいですよ。それぞれ機能に違いのあるカップウォーマーの中から、一番気に入ったものを選んで、毎日をもっと快適に過ごしましょう。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

コメントを残す

*