おすすめの印鑑ケース人気比較ランキング!【複数本用も】

印鑑を持っているなら絶対に欠かせないのが印鑑ケース。印鑑ケースには、大切な印鑑を長く使えるように保護するという重要な役割があります。買ったときについてきたものを特に気にせずそのまま使用している方も多いのではないでしょうか。印鑑に様々な形があるように、印鑑ケースにも様々な種類があります。印鑑を傷つけないためには、収納する印鑑に合った印鑑ケースを選ぶことがポイント。そのためには少々コツが必要です。今回はおすすめの人気印鑑ケースをランキング形式でご紹介します。種類や選び方についても詳しく解説するので、自分の印鑑に合ったケース探しの参考にしてみてくださいね。

印鑑ケースの特徴

はんこを外部の衝撃や湿気などから守ってくれる

印鑑ケースの最も重要な役目は、大切な印鑑を保護すること。まず、印鑑を印鑑ケースに入れて保管することによって、印鑑を衝撃による破損から守ることができます。そして、印鑑の素材によっては、湿度や温度からも保護する必要があります。最悪の場合、書類に接する一番大切な部分である印面が変形して使えなくなってしまうことも。印鑑ケースを活用することで、湿度や温度からも保護することができます。

朱肉による汚れが防げて持ち運びにも便利

印鑑ケースに入れて保存することによって、印鑑が周りのものを汚してしまうことを防ぐことも出来ます。印面はどうしても朱肉で汚れやすく、そのまま持ち歩くことは現実的ではありません。またケースの色やデザインにこだわれば、鞄の中や家で紛失しにくいというメリットもありますよ。

印鑑ケースの種類

一本収納タイプ

もっとも一般的であり簡易朱肉が付いたものが多い

印鑑ケースで主流なのは、印鑑が一本収納できるタイプです。個人が日常生活で使用する機会がある印鑑は主に実印、銀行印、認印の三種類ではないでしょうか。紛失、盗難のリスクを考えるとこれらはすべて別々に用意するのが望ましくはありますが、一本で兼用することも出来ます。管理の手間から一本で済ませている方が一番多く、個人使用であれば一本収納タイプで問題ないでしょう。

一本収納タイプの印鑑ケースには簡易朱肉が付いていることが多く、専用の朱肉を持ち歩くことなく印鑑を押すことができ便利です。また一本収納タイプのケースには、単に印鑑を入れることができる小物入れのようなケースと、印鑑を入れる部分にくぼみのある印鑑専用のケースとがあります。印鑑を傷つけないという目的から考えると、印鑑専用のケースがおすすめです。

複数本収納タイプ

実印や銀行印と認印とを分けて用意している方は複数収納できる印鑑ケースを

印鑑ケースには、複数本が収納できるタイプもあります。また、複数本収納タイプの中でもさらに大きく二つに分類することができます。一つは複数本の印鑑を裸でそのまましまうのに適したケース、もう一つは一本収納タイプの印鑑ケースごと複数本収納できるケースです。

印鑑を裸で複数収納するタイプは、印鑑を使う機会の多い法人や士業の方向けの印鑑ケースが多く、大きめサイズの印鑑をしまうことを想定して作られているものが多いです。そのため、一本収納タイプに比べ、小さな簡易朱肉が付いているものは少ない傾向にあります。法人印鑑や士業印鑑をお持ちの方や、専用朱肉をお持ちの方におすすめです。

印鑑ケースの選び方

収納する印鑑の形で選ぶ

個人使用の円柱型の印鑑を収納するなら丸寸胴用の印鑑ケースを

印鑑ケースを選ぶコツは、中にしまう印鑑の形に合わせることです。ケースが大きすぎると、持ち運びの際にケースの中で印鑑が動いてしまい、かえって傷つけてしまうことになりかねません。一般的な個人使用の印鑑は、長さ60mm、直径10mmから20mmの円柱型が主流です。このサイズの印鑑を収納するなら丸寸胴用と書かれた印鑑ケースを選びましょう。

法人用に多い持ち手にくびれのある印鑑を収納するなら天丸用の印鑑ケースを

印鑑は、持ち手部分の形状により大きく二種類に分けられます。持ち手部分がひょうたんのようにくびれているのが天丸型です。天丸型は主に法人や個人事業主の代表者印、社印、そして法人銀行印として使用されることが多いのが特徴です。天丸型の印鑑は価格も高いことが多く、また印面を守る鞘が付いているため、湿度や温度から守ることがとても重要です。天丸型の印鑑を収納するなら必ず天丸型専用の印鑑ケースを選びましょう。

印鑑ケースの開き方で選ぶ

鮮やかなデザインやかわいらしい印象を求めるならがま口式

小さなお財布のような可愛らしさがあるのはがま口式の印鑑ケースです。がま口の金具部分が可愛いだけでなく、がま口式の印鑑ケースは本体の色や柄も鮮やかにデザインされていることが多いです。印鑑ケースは、基本的には渋いデザインや色が多いもの。見ているだけで楽しくなるような印鑑ケースを探している方は、がま口式がおすすめです。

どんなシーンにも馴染むシンプルさを追求するなら横開き式

仕事中に印鑑を使う場面が多いなど、きっちりとした印象の印鑑ケースを探している方には、横開き式の印鑑ケースがおすすめです。横開き式は印鑑ケースの中で最も一般的であり、金具部分がシンプルで目立ちません。価格帯の高い、重厚感あるデザインの印鑑ケースは横開き式であることが多いです。どんな場面でも間違いのない基本の印鑑ケースが欲しい時は、横開き式の中から選ぶといいでしょう。

印鑑ケースの素材で選ぶ

ビジネスでの使用が多いならきちんと感の出る牛革やチタン製

印鑑ケース本体の素材によって、与える印象がかなり変わってきます。ビジネスシーンで最もよく目にするのは、牛もみ革の印鑑ケースではないでしょうか。牛もみ革とは、文字通り牛革を揉んで細かなしわが付くように加工したもので、高級感が演出できます。また艶を抑えたチタン製の印鑑ケースもスタイリッシュな印象を与えます。印鑑がチタン製の場合は、ケースもチタン製だと相性が良いでしょう。このように、きちんとした仕事のできる印象を与えたいなら、牛革やチタン製の印鑑ケースがおすすめです。

個性を表現したいなら色鮮やかで柄の種類も豊富な布製

素材の特性上、布製の印鑑ケースは色や柄が豊富です。花柄やチェック柄、幾何学模様からキャラクターものまで、他の素材では再現できないデザインを選べるのが、布製の印鑑ケースの特徴です。一目で自分のものとわかる印鑑ケースを探している方や、軽やかなデザインの印鑑ケースが好きな方は、布製を選ぶのがおすすめです。

付属するもので選ぶ

朱肉が付いていると朱肉が用意されていないシーンでもすぐに使える

一本収納タイプの印鑑ケースには、簡易朱肉が付いていることが多いです。簡易朱肉が付いていれば、朱肉の用意がない場面でもはんこを押すことができます。しかし、簡易朱肉とはその名の通りあくまでも簡易的なもの。印影の持ちや鮮やかさを考えると専用朱肉を使うのが理想的とされていますが、個人が日常生活で印鑑を使う場面では、ケースに付属している簡易朱肉を使用して問題ないでしょう。個人で印鑑ケースを探している方は、簡易朱肉つきのケースが便利でおすすめです。

印面ブラシが付いていると使用後簡単に手入れができる

印面ブラシ付きの印鑑ケースを使用すれば、はんこを押す前後にスマートに印面を掃除することができ便利です。印面とは、朱肉をつけ、紙に押し付ける部分のことを指します。印面にごみやほこりが付いていると綺麗に印影が出ないことから、押す前には軽くブラシで掃除するとよいでしょう。また、印面は朱肉をつけるのでどうしても汚れてしまいます。使い終わった後のお手入れにも、印面ブラシ付きの印鑑ケースがおすすめです。

印鑑ケースのおすすめブランド・メーカー

ハンコヤストア

国内最大級の印鑑作成数を誇り印鑑ケースの価格帯も種類もとにかく豊富

ハンコヤストアは国内最大手ともいえる印鑑メーカーであり、オリジナルの印鑑ケースも多数取り扱っています。オンライン通販を専門としており、発送が早く保証期間は10年間と長い、評判のお店です。定番の印鑑ケースは一通りそろっているので、印鑑ケースを探しているならまずチェックしたいオンラインストアです。

便利工房なかやま

品質はしっかり確保しつつ低価格帯の印鑑や印鑑ケースが沢山

創業16年、夫婦二人で運営されているアットホームな印鑑メーカーです。オンラインで365日24時間購入可能で、定番の牛革はもちろん、温かみのあるデザインの印鑑ケースが多く揃っています。品質も良く、価格は手が届きやすいです。ホスピタリティあふれるサービスで、プレゼントとしての購入にもおすすめのメーカーです。

Shachihata(シャチハタ)

印鑑ケースの内側にまでこだわったデザイン性の高さが特徴

縦に開くがま口式の印鑑ケースであったり、内装までおしゃれな印鑑ケースであったりと、品がありながらも個性的なデザインが特徴的です。大手メーカーでありながら印鑑ケースはひとつひとつ手作りしており、世界に一つしかない風合いが楽しめます。オンラインショップはもちろん、商品取扱実店舗も全国にあり、実物を見て選ぶことも可能です。

ハンコズ

定番の黒からパステルカラーまで他では見られないカラーバリエーションの豊富さ

定番の黒は勿論、パステルピンクやレモンイエローなど、類を見ないほどのカラーバリエーションが一番の特徴。印鑑ケースを複数所有している方が、ケースで中身の見分けがつくようにとハンコズで購入する場合も多いです。またオンライン販売に特化することにより、低価格を実現しています。

おすすめ&人気の印鑑ケースランキング

寸胴型でおすすめの印鑑ケース

ハンコヤストア-高級もみ革印鑑ケース(780円)

黒の牛もみ革と和柄の朱色が美しい定番中の定番ともいえる印鑑ケース

印鑑ケースと聞いて最も多くの方が想像するのがこのケースではないでしょうか。外側は黒一色の牛もみ革、内側は印鑑をしまう側は赤、蓋側には朱色と金色で竹の刺繍が施されています。簡易朱肉もついており、個人使用の寸胴型をしまうには間違いのない印鑑ケースです。

蝶つがいが太めに設計されており、ズレや隙間が生まれないのが特徴。大切な印鑑を、外部の衝撃からはもちろん、湿度や温度からもしっかり保護することができます。この品質の印鑑ケースが1,000円以下で手に入るのは、国内最大手のなせる業です。

印鑑の一筋-リンネル調印鑑ケース(1,000円)

一見印鑑ケースとは分からない温かみのある落ち着いたデザイン

こちらは少し珍しい、リンネル調合成革を使用した印鑑ケース。絶妙なカラーバリエーションで、どれを選んでも男女兼用できます。好印象を与えつつ個性を演出することができる、バランスの良い印鑑ケースです。

傷がつきにくく汚れが目立ちにくいのが特徴。リンネル調であることから手触りが良く、見た目も印鑑が入っているとは思わないほどのナチュラルなかわいらしさです。簡易朱肉つきで、贈り物にも適しています。

便利工房なかやま-本革クロコダイルケース(6,824円)

高級感たっぷりで贈り物にも最適な大人の印鑑ケース

本物志向の方におすすめの高級印鑑ケースです。外側は艶のあるワニ革を使用しており、天然素材であるため一つ一つ柄の出方が違うのが特徴。値段も高めであることから、大切な人への贈り物にも適しています。

一般的に印鑑ケースは高級感を重視したものが多く売られていますが、こちらの印鑑ケースはその中でも目を引く高級感と重厚感です。内装も、かなり暗めの深紅が採用されており、一目で質の高さが伝わります。金具部分も暗めの色で、正に大人の印鑑ケースです。

はんこやドットコム-印鑑ケースお財布タイプ 縦入れ用(880円)

個性的かつ実用的な可愛らしい縦入れ型印鑑ケース

個性的な形でとてもかわいい、がま口式印鑑ケースです。がま口式印鑑ケースのほとんどは横開きですが、こちらはなんと印鑑を縦に入れる仕様になっています。横開きの印鑑ケースよりさらに可愛らしい印象を与えます。

内側はナイロン素材が使用されていて、朱肉が染み込みにくいのも嬉しいポイント。外側はおしゃれな和柄が印刷されています。一つ一つ手作業で作られているため、同じ柄を選んでも少しずつ柄の見え方が異なり、自分だけの印鑑ケースを手に入れることができます。

ハンコチョイス-木目調印鑑ケース(1,300円)

重厚感のあるつやが美しく珍しい木目調の印鑑ケース

外側は合成革ですが、リアルな木目調の加工が施されているのが特徴。カラーバリエーションは黒、赤、茶、薄茶の4色で、どれも上品な印象を与えます。また、金具部分が銀でなくブロンズなのも、デザインを格上げしてくれています。

内装は上下ともに深紅が採用されていることで、印面についてしまった朱肉による汚れが目立ちにくくなっています。サイズはS、M、Lの3種類あり、直径10.5mmから18mmまで対応と、個人使用の寸胴型印鑑であれば大抵のものが収納可能。また簡易朱肉付きで、どこでも印鑑を押すことができます。

Shachihata-シュティック(1,200円)

近未来的な朱肉キャップ付き印鑑ケース

一般的な印鑑ケースとはやや異なり、とてもコンパクトに印鑑を収納できる印鑑ケースです。スリムで持ち運びに便利であり、明るめの色を選べば小さくても目立つので簡単に鞄から見つけて取り出すことができます。また、スリムですがキャップには朱肉が内蔵されています。

水や光に強い朱肉であり、300回ほど印鑑を押すことができます。機能性とデザイン性が両立された印鑑ケースで、男女問わずおすすめ。また名入れサービスも実施しており、イベント時の記念品としての購入も可能です。

天丸型でおすすめの印鑑ケース

印鑑本舗-ネオクローム丸天丸用印鑑ケース(1,480円)

内張りから簡易朱肉ポットまでシックな色遣いで統一された印鑑ケース

法人や士業の方の契約といった堅めのビジネスシーンで登場する機会の多い天丸型の印鑑。したがって、印鑑ケースも、そういった場面になじむ高級感ある落ち着いたものが好まれます。こちらの印鑑ケースは、外側は勿論、内装や簡易朱肉ポットまで黒で統一された、ビジネスシーンにぴったりの印鑑ケースです。

本体表面は本牛もみ革を採用し、三色から選ぶことができます。また金具部分には高品質のクローム加工が施されており見た目だけでなく耐久性も抜群です。留め具部分の一部にゴールドを採用することによって、一層高級感あふれる仕上がりになっています。細かな気遣いがおすすめできる一品です。

はんこのカクヤス-天丸用高級牛もみ革印鑑ケース(1,518円)

基本を全て押さえた定番の天丸型印鑑ケース

天丸型専用の定番ともいえる印鑑ケースはこちらです。本体表面は黒の牛もみ革を使用しています。もみ革のしわが細かめであるため、傷がつきにくく、また傷がついても目立ちにくいのが嬉しいポイントです。

内装は、朱色をメインに金色の糸で竹の模様が刺繍が。定番の和柄で各式高い華やかさを添えながら、朱肉による汚れが目立ちにくいという実用性もしっかり兼ね備えています。基本を大切にした、間違いのない印鑑ケースをお探しの方におすすめです。

吉印堂-高級法人用印鑑ケース[天丸用](1,780円)

無駄を一切省いた実用的な法人向け天丸印鑑ケース

金具がないため、開閉に関しての故障の心配がほとんどありません。本体表面はかなりしわの細かいシンプルな黒の牛もみ革が採用されています。全体的に凹凸が少ないデザインで、とてもシンプルですっきりした印象を与えます。

一般的な印鑑ケースと比較して、ややケース自体が大きめの作りで頑丈。簡易朱肉の付属はなく、とにかく大切な印鑑を保護するという印鑑ケースとしての機能に特化した印鑑ケースといえます。また発送までが非常に早く、事業開始に間に合わせたいなど、すぐに手に入れたい方におすすめです。

はんこのすえよし-STシャーロット印鑑ケース(3,500円)

天丸用印鑑ケースでは珍しいほどのデザイン性の高さ

堅めのシーンでの使用が想定されていることから、デザインもシンプルでお堅めのものが多い天丸型の印鑑ケース。しかしこちらはそんな期待を嬉しい意味で裏切った、非常にデザイン性の高く美しい印鑑ケースです。シャーロットと呼ばれる洗練された植物の装飾が前面に施されています。

カラーバリエーションも、天丸型の印鑑ケースとしては非常に珍しく定番のブラックはもちろん、シルバー、ゴールド、ピンクと豊富。内装は上品な黒別珍を使用しています。重厚感あふれる作りで満足との声も多く、高級感とデザイン性の高さを両立しています。

複数本収納でおすすめの印鑑ケース

宝印社-法人3本セット用印鑑ケース[天丸・角印通用](1,980円)

シンプルで美しい三本収納できるお買い得な印鑑ケース

長さ60mmの印鑑を3本まで収納することができます。仕切りによってそれぞれの印鑑を収納する場所が仕切られているスタイルを採用。印鑑ごとに、はめるためのくぼみがあるわけではないので、お手持ちの印鑑の持ち手の形に関わらず使用することができます。

収納できる印鑑の印面の直径は16.5mmから24mmまでと幅広いのも嬉しいポイント。表面は上質な黒の合成革を、内装は印鑑が触れる面は朱色、蓋側は光沢のある白の布を使用しています。シンプルな複数本収納タイプの印鑑ケースをお探しの方におすすめです。

ハンコヤストア-別珍化粧ケース(3本入)(1,500円)

珍しいグレーは特別感があり贈り物の化粧箱に最適

優しい色で高級感のあるグレーの印鑑ケースです。チタン製の印鑑を収納すると特によく似合います。個人使用は勿論のこと、華やかさがあるため、贈り物の印鑑を収納する化粧箱としても高い評価の声が寄せられています。

また蝶つがい部分が外側からは全く見えないように工夫されています。軽い力で開閉が可能。淡くややブルーがかったグレーは非常に珍しく、お手持ちの印鑑やプレゼント用の印鑑をグレードアップさせたい方におすすめです。

印鑑の一筋-印鑑箱[個人印鑑ケース3個収納タイプ](1,930円)

寸胴型の印鑑ケースごと収納できる大きめタイプ

定番の黒もみ革の印鑑ケースを、ケースごと複数本収納したいなら、こちらの印鑑ケースがおすすめです。印鑑ケースごと収納できるサイズで、最も多く流通している黒革の印鑑ケースによく合うデザインになっています。しっかり90度まで開くので、取り出しやすいのもおすすめできるポイント。

本体表面は黒のもみ革で、しわは細かめ。内装は、朱色と白の布で高級感が漂います。複数の印鑑を既に一本収納タイプの印鑑ケースに入れて保管しているが、紛失防止のためにまとめて管理したいという方におすすめです。また贈答用の化粧箱としても適しています。

e-はんこ-印鑑高級化粧ケース(2,610円)

手持ちのカラフルな印鑑ケースも違和感なく収納できる鮮やかな色遣い

複数本収納タイプの印鑑ケースは、中に収納する印鑑の色に合わせて選びたいもの。最近は華やかな一本収納タイプの印鑑やケースも多く、そのような印鑑にはやはり華やかなケースがよく似合います。このメタリック印鑑ケースは、カラフルな印鑑やケースを収納するのに最適です。

本体表面は5色から選ぶことが可能。また内装まで外装の色に合わせ明るい色で仕上げられている印鑑ケースはなかなか他にありません。プレゼントにはもちろん、外装が目立つ色であるため紛失しにくく、自宅保管にも向いています。

まとめ

お手持ちの印鑑のサイズに合った印鑑ケースがおすすめ

印鑑ケースを選ぶなら、中に収納する印鑑に合った形を選ぶことが大切です。印鑑には様々な形状があり、個人使用のものは寸胴型、法人で使用する印鑑は天丸型が多くなっています。ケースの中で印鑑が動いてしまわないよう、これらの印鑑がぴったり収まるケースがいいですね。機能面での条件を満たしたら、収納する印鑑と相性のいいデザインか、という観点からも探してみましょう。今回は収納本数や形ごとにおすすめの印鑑ケースをご紹介しました。長く使うものですから、用途に合わせて最高の一本を見つけてみてくださいね。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

コメントを残す

*