おすすめのDVIケーブル人気比較ランキング!【DVI-Iも】

仕事や趣味で、パソコンとディスプレイを接続したいと思ったことはありませんか。そんな時におすすめするのがDVIケーブルです。DVIケーブルであれば、パソコンの映像をディスプレイに映して視聴することが可能ですよ。今回はおすすめのDVIケーブルをランキング形式で紹介していきます。DVIケーブルには、長さや端子タイプなど多く種類がありますよ。特徴やおすすめの場面についても解説していきますので、どんなDVIケーブルを買えばよいか悩んでいる人は、是非参考にして下さい。

DVIケーブルの特徴

パソコンとディスプレイを接続出来る

DVIケーブルは、パソコンに映っている映像をそのままディスプレイに映すことが出来ます。仕事や趣味で、映画や映像を大勢で画面が見たい場面がありますよね。DVIケーブルであれば、簡単に接続から投影まで可能ですよ。

デジタル通信が出来る

DVIケーブルでは、パソコンとディスプレイをデジタルで通信することが出来るのも特徴です。アナログと比べて、より鮮明な映像を映せますよ。通信速度も速く、音声と映像のズレがほとんどありません。

HDMIとの違い

解像度やリフレッシュレートが異なる

DVIケーブルとHDMIはよく似ていますが、実際は違いがあります。解像度やリフレッシュシートに違いがあり、DVIケーブルはディスプレイへの投影に相性が良く、HDMIは家庭用テレビへの相性が良いです。大きなスクリーンやディスプレイへの投影ならDVIケーブルがおすすめですよ。

DVIケーブルの種類

DVI-I端子タイプ

アナログにもデジタルにも変換出来る

DVI-I端子タイプはアナログとデジタルのどちらにも対応していることが特徴になっていますよ。アナログの使用しか出来ない旧型のスクリーンでも使用可能です。不特定多数のスクリーンを使用する人におすすめですよ。

古いタイプのディスプレイだと、アナログ通信とデジタル通信のどちらかしか対応していない場合があります。双方しか対応していないDVIケーブルであれば、2つ持ち歩かなければいけません。旧型ディスプレイでも対応出来るDVI-I端子タイプは、使い勝手が良いですよ。

DVI-D端子タイプ

デジタル変換に特化している

DVI-D端子タイプは、デジタル変換のみを行うことが出来ます。デジタル変換に特化している分だけ、綺麗な画質や音ズレなしでの投影が可能です。デジタル通信が出来る特定のディスプレイに接続する人におすすめですよ。

DVI-D端子タイプは映像が綺麗で音声のズレも生じませんよ。このようなタイプであれば、デジタル接続でも画質に荒さがあったり音が乱れたりすることはありません。特定のスクリーンに使い、高画質な投影をしたい時におすすめですよ。

DVIケーブルの選び方

長さで選ぶ

広いスペースで使うなら7m以上のタイプ

DVIケーブルを広い部屋で使用するなら、長さ7m以上のタイプがおすすめです。8畳の部屋なら、壁に沿って半周分の長さとほぼ等しく、端から端まで伸ばすことが出来ますよ。広いスペースでも7m以上のタイプであれば、余裕を持って使用することが可能ですね。長さがある分だけ、パソコンやディスプレイも移動させることが出来ます。

映像をしっかり映したいなら4m以下のタイプ

しっかりとした映像を映したい時は4m以下のタイプがおすすめです。長さが短くなるほど、通信の制度が高くなりますよ。7m以上のタイプであればデジタルでも画質が落ち、4m以上のタイプであれば音ズレが起きてしまいます。4m以下であれば最高画質、音ズレも少なく投影出来ますよ。また、長さが短い分だけ収納も便利で、持ち運びも簡単です。

重量で選ぶ

持ち運ぶなら出来るだけ軽いタイプが便利

DVIケーブルを持ち歩く時に気になるのが重量ですよね。重量が出来るだけ軽いタイプであれば持ち運びが便利ですよ。鞄に入れていても気にならない重量になっています。重量が増えると、持ち歩いている時に違和感や重さを感じます。DVIケーブルとディスプレイの接続を頻繁に外したり色々な所で使用したりする人におすすめですよ。

接続したままにするなら出来るだけ重いタイプが便利

DVIケーブルとディスプレイを接続したままにする時には、出来るだけ重いタイプが便利ですよ。重量が重くなるほど、接続の安定感が良くなります。接続したままなら、重量が重くても問題ありません。また、接続し続けていると起きるトラブルが、躓いてしまうことですよね。重量が増えるほど、躓いても接続部分が外れにくいですよ。

DVIケーブルのおすすめブランド・メーカー

Postta

雑音が抑制出来る設計

雑音が抑制出来る設計になっているDVIケーブルを展開するPostta。独自の設計により、パソコン自体やディスプレイ、周辺機器からの高周波ノイズを吸収しまう。他メーカーのDVIケーブルよりも30パーセント以上の雑音を防ぐことが可能です。

Amazonベーシック

信号損失を防ぐフェライト構造を導入

信号の損失を防止する効果のあるフェライト構造を取り入れているAmazonベーシック。信号損失を起こすと、DVIケーブル伝達部分の劣化やデータの消失の可能性があります。しかし、フェライト構造であれば、その心配はありませんよ。

Snowkids

強力な干渉防止力を誇る

強い干渉防止力を誇るDVIケーブルを展開しているSnowkids。24カラットフルメタルのコネクターや無酸素銅を導入することによって、強力な干渉防止が実現されています。安定した接続をすることが可能ですよ。

エレコム

200g以下のDVIケーブルが豊富

重量が200g以下のDVIケーブルを多く展開しているエレコム。重量300g以下であれば、持ち運ぶのに不便を感じない重さかと思いますが、更に100g低い200gの軽量化を実現しています。2重シールドを導入しているので、重量が軽い上に耐久性が高いことも特徴ですよ。

おすすめ&人気のDVIケーブルランキング

5m前後でおすすめのDVIケーブル

ICZI-DVIケーブル (1,299円)

4Kに対応している

出力出来る最大画質が4Kまで対応していることが特徴です。大きなスクリーンやディスプレイでも、くっきりとした映像を映し出すことが出来ますよ。映画を見たりゲームをしたりする時にも大迫力の映像が楽しめます。

買い替え頻度が低く、長期間DVIケーブルを利用する人におすすめです。金製メッキピンを使用しているので、錆に強く長期間利用することも出来ますよ。利用毎に収納するなど、保管方法に気を付けなくても良いことも嬉しいですね。

SnowKids-HDMI-DVI変換ケーブル (1,399円)

HDMIとの双方向伝送出来る

DVIだけでなく、HDMIとの双方向伝送出来るタイプです。画質はHD高解像度で、800×600から1600×1200まで対応していますよ。このDVIケーブル1つでHDMIにも対応出来るので、複数持ち歩く必要がありません。

音のズレや映像の荒れを少なくしたい人におすすめです。長さは3mと短めなので、接続も良くズレや乱れが発生する可能性も低くなっていますよ。また、短い長さだと鞄にも収納しやすいので、持ち運びにも適しています。

Postta-デュアルリンクケーブル (1,199円)

3mの短さで高速安定伝送が可能

長さ3mと短く、高速安定伝達が出来るDVIケーブルです。無酸素銅導体を99.9パーセント使用し、シールドケーブルを導入することにより、高速安定伝達が出来ます。その為、干渉や雑音を防止出来ることが特徴ですよ。

出来るだけ長い期間使い続けたい人におすすめです。コネクタは金メッキを使っているので、錆や腐食を防ぐことが可能になっていますよ。また、指締めネジが取り入れられているので、セルフメンテナンスも出来ます。

Amazonベーシック-ディスプレイケーブル (1,198円)

重量259gと軽量

長さ3mの短さに重量259gの軽さが特徴のDVIケーブルです。持ち運びが簡単で、鞄に入れるだけでなく手持ちも出来ますよ。軽量な分だけ、取り付けたり取り外したりする際にも腕への負担もかかりません。

綺麗な画質やズレのない音で利用したい人におすすめです。フェライト構造が採用されており、スムーズにデータの伝達が行われますよ。また、信号損失の防止効果もあることで、よりズレや乱れのない映像を映し出すことが可能です。

エレコム-ディスプレイケーブル (1,218円)

重量358gと安定感がある

358gの重量があり、接続に安定感があるのが特徴です。映像や音声にブレがなく利用することが出来ますよ。また、躓いたとしても大きな問題にはならない重量ですが、超高重量ではないので持ち運びも比較的楽に行えます。

広めの部屋で使用する人におすすめですよ。全長5mと長めになっており、8畳の部屋であれば、壁から壁までの距離で繋いでも余りが出ます。その為、ケーブルが張って躓く可能性も低いので安全に使用出来ますよ。

Cable Matters-デュアルリンクケーブル (1,299円)

2Kの高画質対応

最大解像度2560×1600の2Kに対応していることが特徴のDVIケーブルです。より滑らかで、細かい映像を楽しむことが出来ますよ。映画や動画の視聴であれば、細かい部分まで鮮明に映し出されます。

シングルリンクのDVIコードが導入されているので、仕事でのプレゼンや会議で使用する人におすすめです。会議室やオフィスのスクリーンにもフューチャープルーフディスプレイの配置も可能になっていますよ。高画質で資料やパワープレートを映し出すことが出来ます。

Rankie-DVI変換ケーブル (999円)

高画質で双方向に対応している

このDVI用だけでなく、HDMI用としても使用することが出来るのが特徴です。一般的なタイプであれば、別途でHDMI用も必要になりますよね。このケーブルだけで済むので、持ち運びをする時にも便利ですよ。

綺麗な画質で映像鑑賞をしたい人におすすめです。最大解像度は1920×1200で1080pの高画質にも対応しています。映像だけでなくゲームをする時も、鮮明で滑らかな動きを楽しむことが出来るのは嬉しいですね。

10m前後でおすすめのDVIケーブル

Star Cable-DVIシングルリンクケーブル (3,030円)

3重シールド構造でノイズ対策が出来ている

シールドが3重に構造されているので、雑音が入ることを防ぐ仕様になっています。映像鑑賞中にノイズや騒音が入ると気になりますよね。10mと長さがありますが、雑音防止力は3m以下のタイプと変わらないですよ。

頻繁に持ち歩いたり、鞄に収納したりする人におすすめです。重量600gと重めですが、柔軟性のある素材で作られているので、コンパクトに括ることが可能です。力を入れる必要もなく簡単に括れるので、女性にも嬉しいですね。

Club 3D-DVI-D Dual Link Cable (3,680円)

850gと重量感がある

どんなOSにも対応していることが特徴になっています。DVIケーブルを購入したものの、自分が持っているOSや、会議室やオフィスのOSが非対応だと困りますよね。どのOSでも使用出来るので、接続出来ないトラブルが起きる心配もありません。

子供がいる部屋で、一定のパソコンとディスプレイを接続し続ける人におすすめです。部屋にケーブルを這わせていると、子供が躓いて接続が外れてしまう可能性も高いですよね。重量が850gもあるので安定し、躓いても接続部分が外れる可能性も低く、データが破損する心配もないでしょう。

3Aカンパニー-DVIケーブル (3,300円)

フェライトコア装着タイプ

ケーブルの両端に、高周波の雑音を吸収出来るフェライトコアが装着されていることが特徴です。低周波の雑音は吸収出来ませんが、高周波ノイズであれば、ほぼカット出来ますよ。映像を投影している時の雑音を軽減することが出来るのは嬉しいですね。

複数の機器に接続する人におすすめです。DVI-IとDVI-Dのどちらにも対応しているので、接続機器によってケーブルを使い分ける必要がありません。2種類とも持ち歩く必要がなく、このケーブルだけで済むのは便利ですね。

サンワサプライ-DVIシングルリンクケーブル (11,800円)

外径9.8mの太径タイプ

ケーブルの外径が9.8mと太いタイプなのが特徴です。長さ10mと長尺ですが、長距離の伝送でも信号損失が少なくなっていますよ。樹脂モードとモールドコネクタにより、干渉や雑音を防止する効果もあります。

1つのケーブルを長期間に渡って使用し続ける人におすすめですよ。コンタクト部分は金メッキ処理がされているので、錆びにくくなっています。また、経年劣化への耐久性もあるので、買い替える頻度も低くなりますよ。

スターテック-デュアルリンクスケーブル (7,583円)

重量が1kg近くある

重量は920gと1kg近くあることが特徴です。簡単に移動させたり持ち運んだりは大変ですが、接続したままであればかなりの安定感がありますよ。重量があり、ケーブルに引っかかっても問題が起きにくいのは嬉しいですよね。

高速デジタル通信が出来るので、ストレスなく投影したい人におすすめです。最大で毎秒9.9Gbitの高速デジタル通信なので、映像と音のズレも起きにくいですよ。映像途中でズレが気になることも少ないです。

DVI-IでおすすめのDVIケーブル

UGREEN GROUP LIMITED-デュアルリンクデジタルビデオケーブル (898円)

最大1080pの解像度を誇る

解像度が最大で1080pと高画質で接続出来ることが特徴です。トリプルシールドによって、エラーや音のズレが起きません。また、大スクリーンへの投影でも画質が荒れたり、乱れが起きたりすることもありませんよ。

頻繁に取り外しをする人におすすめです。ネジ付きのスリムDVIとVGAコネクタにより、抜き差しが簡単に出来るようになっていますよ。成人男性だけでなく、力のない女性や子供も使用しやすくなっています。

バッファロー-DVI-I アナログ変換ディスプレイケーブル (715円)

フェライトコアが装着されている

フェライトコアが付いており、騒音雑音を排除する効果があります。MVやコンサート映像を投影する際は良質な音で鑑賞したいですよね。特に高周波ノイズを防止することが可能で、綺麗な音質で投影が可能です。

暗室で映画鑑賞をする人におすすめです。ケーブルの差込口も左右で白と黒に分かれているので、暗い部屋でも簡単に挿入することが出来ますよ。また、色が違うことで、急いで投影したい時にもすぐに差し込み口を判断出来ます。

スターテック-DVI-I デュアルリンク (1,614円)

9.9Gbitの高速通信可能

最大で9.9Gbitとかなり高速の通信が出来るのが特徴です。長さも1.8mと短いことが、音ズレが少ない高速通信の実現と高画質での投影を可能にしていますよ。映画やゲームの臨場感のある投影が可能です。

長い時間接続し続けたい人におすすめですよ。長時間の使用でもエラーが出にくい応力緩和力のあるモールドコネクタが導入されています。接続したままにしておけるので、使用するごとに取り外して収納する必要もありません。

まとめ

長さ4m以下のDVI-I端子タイプがおすすめ

DVIケーブルの購入を検討しているのであれば、長さ4m以下のDVI-I端子タイプがおすすめです。狭い部屋であれば十分使い勝手の良い長さですよ。4m以下は接続も良く、高画質低遅延で音のズレもなく利用出来ます。映画鑑賞やゲームをする際にピッタリでしょう。DVI-I端子タイプで、アナログとデジタルの両方に変換出来るので、柔軟性も高いですよ。広い部屋で使用するなら7m以上のタイプ、頻繁に持ち運ぶなら重量が軽めのものを選ぶと良いでしょう。パソコンとディスプレイを接続したままにするなら、重い方が安定するのでおすすめですよ。今回はおすすめDVIケーブルをランキング形式で紹介しました。自分のスタイルにあるDVIケーブルを見つけて、便利で楽しい日々を過ごして下さいね。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

コメントを残す

*