おすすめのコースター人気比較ランキング!【珪藻土も】

カップに付いた水滴で机が濡れるのを防いだり、机をカップの熱から守ったりするために活用したいのが、コースター。そんなコースターですが、手入れの方法やカップの形に合わせて選ぶと、さらに快適に活用することができます。コースターの種類や選び方、おすすめコースターのランキングを紹介しますので、参考にしてみてくださいね。

コースターの特徴

机が水滴で濡れるのを防ぐ

冷たい飲み物をカップに注いだまま、机に置いておくと、机が水滴で濡れてしまいます。それを防ぐことができるのが、コースター。水滴で机が濡れることを防げるので、電子機器が濡れて故障することや、大事な書類を濡らしてしまうことも防げますよ。

テーブルが熱くなるのを防ぐ

温かい飲み物を注いだカップをそのまま机に置いておくと、机まで熱くなってしまいます。机が熱くなってしまうと、最悪の場合、机の変形やひび割れの原因となってしまいます。それらを防ぐためにも、コースターを活用するといいですよ。

コースターの種類

毛糸製コースター

丈夫で洗濯できる

毛糸製のコースターは編み上げられているので、繊細な模様ながら、丈夫です。毛玉のケアさえすれば、長く愛用することができますよ。熱で変形の心配もないので、冷たいものでも、温かいものでも、どちらでも使用することが可能です。

毛糸製のコースターは、自宅で手軽に洗濯をすることも可能です。飲み物や食べ物で汚れても、自宅ですぐに洗濯できるので、きれいに保つことができますよ。また、こまめに洗濯をし、天日干しすることで、衛生的に使用することもできます。

紙製コースター

使い捨てできるので来客用にぴったり

紙製のコースターは、基本的に使い捨てになっています。来客の際には清潔なコースターでもてなしたいので、使い捨てできる紙製のものがおすすめですよ。使い捨てなので、衛生的で、手入れの手間がないのもおすすめポイントです。

収納力に優れているのも、紙製のコースターです。薄くてかさばらないので、来客用に大量にストックしておくことも可能です。形やデザインの異なるものでも、重ねることができるので、コンパクトに収納できるのが、メリットです。

コルク製コースター

吸水性に優れ温かみがある

コルク製のコースターは吸水性に優れているので、冷たい飲み物を入れたグラスやカップにおすすめ。水滴をしっかり吸収し、机が濡れるのを防ぎます。吸水性だけでなく、含んだ水分の蒸発も早いので、手入れは風通しの良い場所に干すのみです。

コルクは素材の柔らかさや、色合いから温かみを感じることもできます。カントリー調の食器はもちろん、ガラスのグラスやマグカップなど、どんな食器との相性も良いですよ。素材そのものの温かみが、おしゃれと言えます。

珪藻土製コースター

吸水性に優れていてお手入れが楽

珪藻土は藻類の一種である、珪藻の殻の化石よりなる堆積物で、バスマットやコースターに使用されている素材です。吸水性に優れ、瞬時に水分を吸収するのが特徴です。そのため、カビや細菌を防ぐことができ、衛生的に使用することができますよ。

珪藻土は、手入れが簡単なのも大きな特徴。他の素材と異なり、洗ったり拭いたりする必要はなく、陰干しのみのケアで十分です。吸水力が劣ってきたら、紙やすりで削るだけで吸水力が復活するので、長く使うことができますよ。

コースターの選び方

サイズで選ぶ

ミニグラスや細めのビールグラスの場合8cm前後のコースターを

小さめのグラスや細めのビールグラスに使用する際には、直径が8cm前後の小さめなコースターを選びましょう。小さめなコースターなら狭い収納場所でもたくさん収納できますね。たくさん収納できるので、柄や素材など、種類を多く持つことができます。カップやグラスに合わせて好みのデザインを使用し、テーブルコーディネートを楽しむことができますよ。

マグカップや底が広いカップには10cm前後のコースターを

マグカップや底の広いカップには、直径10cm前後の大きめなコースターを使用しましょう。カップより一回り大きめなコースターを使用することで、底の広いマグカップでも、しっかり水滴をキャッチすることができます。また、大きめのコースターは小さいカップやグラスにも幅広く使用できるので、使い勝手のいいコースターと言えますよ。

形で選ぶ

丸形は温かみがあり可愛らしい印象

丸形は、最もポピュラーなコースターの形と言えます。丸形は材質やデザインに関わらず、温かみがあり、可愛らしい印象を与える形となっていますよ。また、最も基本的な形なので、色や柄のバリエーションが多いです。自分の好みの材質やデザインを探しやすいと言えるでしょう。まず1つ目のコースターにおすすめの形と言えます。

角型はスタイリッシュでかっこいい印象

角形コースターも人気があり、色やデザインのバリエーションが豊富です。角があるので、丸形に比べ、スタイリッシュでかっこいい印象を与え、男性に人気の形となっていますよ。角がある分、カップを乗せる面積が広くなり、筒型以外のカップやグラスにも対応できます。オフィスや来客など、おしゃれに見せたい時におすすめなコースターの形ですよ。

厚みで選ぶ

薄型なら軽量で汎用性が高い

薄型のコースターは、軽くて収納力に優れているので、来客用や家族用など、用途に合わせ、数多く持つことができ、使いやすいです。また、薄型のものは、厚型のものに比べると、吸収力に劣りますが、比較的安価で手に入ることが多いです。そのため、どんな場面でも気軽に使用することができるので、汎用性が高いと言えるでしょう。

吸水性に優れているのは厚みのあるもの

厚みのあるコースターは、吸収力に優れている上に、カップの熱からしっかりと机を守ることもできます。コースターの厚みに比例して、値段が高価になる傾向にあります。しかし、厚型のコースターは耐久性に優れ、適切に手入れをすることで、長く愛用することができますよ。厚みのあるコースターは、気に入ったデザインのものを長く愛用したい方におすすめです。

コースターのおすすめブランド・メーカー

ソイル

吸水性の高い珪藻土コースター

ソイルのコースターは、珪藻土という吸水性に優れている素材を使っています。瞬時に多くの水分を吸収するので、冷たい飲み物に向いたコースターですよ。珪藻土は手入れも簡単で、紙やすりで削ることで、長く使えるので、コースターをよく使う方におすすめのブランドです。

チルウィッチ

ホテルで起用されるほど高品質

チルウィッチのコースターは、有名ホテルでも使用されるほど高品質のコースターです。繊細なデザインがおしゃれで、個性的なコースターとなっていますよ。上品なデザインのものが多いので、ティータイムや来客用におすすめです。

リサラーソン

個性的なアートがおしゃれ

リサラーソンと言えば、特徴的でかわいい動物のアート。個性的なアートが、若い女性を中心に人気を集めている、注目ブランドです。明るい色遣いと、個性的なイラストで、お家カフェを楽しみたい方におすすめのコースターです。

ミュゼオ

温かみのある木製コースター

ミュゼオは、日本製の木製品ブランドです。木製ならではの温かみのあるコースターは、どんな食器とも相性が良く、使い勝手のいいコースターと言えますよ。ナチュラルな製品や、日本製にこだわった製品が好みの方におすすめです。

おすすめ&人気のコースターランキング

丸型でおすすめのコースター

チルウィッチ-コースター ブルーム (550円)

華やかなフラワーモチーフ

チルウィッチならではの繊細な模様がきれいで、おしゃれなコースター。チルウィッチで人気な型抜きタイプとなっています。カラーはゴールド、ガンメタル、シャンパンの3色展開となっており、好みのカラーを選ぶことができます。

素材は塩化ビニールとポリエステルです。耐久性に優れ、薄手で柔らかいので、汚れてもさっと拭くことで、きれいにすることができますよ。アイロンがけや陰干しの必要もないので、簡単な手入れで、衛生的に使用することができます。

アジア工房-アタで編まれた丸形アジアンコースター(460円)

天然素材ならではの質感

主にインドネシアに自生するシダ科の植物である、アタを使用して作られたコースター。アタは丈夫で長持ちな上に、害虫にも強く、虫よけ効果もある天然素材です。さらに、天然素材ならではの温かみも、おしゃれで使いやすいコースターです。

このコースターは、バリ島のトゥガナン島で、職人さんによる手作りで作られています。職人さんの手作業で作られた細かい網目のコースターは、グラスからマグカップまでどんな食器にも相性がいいですよ。冷たい飲み物から温かい飲み物まで、幅広く使用していただけます。

リサラーソン-木製コースター (550円)

人気キャラクターモチーフ

リサ・ラーソンの人気キャラクターと花が切り抜かれた、木製のコースターです。木製にすることで可愛さの中にも、温かみのある、おしゃれなコースターになっています。来客にもおすすめの上質なコースターですよ。

数種類のキャラクターバリエーションがあるので、コレクションや家族で使うのにもぴったり。天然木を使用しているので、ひとつひとつ風合いが異なるのも、ポイントです。一点ものとしてアイテムの魅力を感じられるコースターです。

ミュゼオ-木製コースター(小) (880円)

和食器にも洋食器にも合う

ミュゼオのコースターは全て天然木からできています。日本の職人さんが一つひとつ丁寧に手作業で作っており、ナノクリアス塗装がされています。この塗装によって、丈夫で長持ち、通気性の維持、人に安全など、使いやすいコースターになっていますよ。

ウォールナット、メープル、ブナ、オーク、チェリーなど、使う木材によって色味が異なるので、自分の好みのものを選ぶことができます。コンパクトに収納できるよう、スタッキングすることも可能です。積み上げた姿が美しいので、見せる収納がおすすめですよ。

tower-立体コースター (418円)

立体構造だから水滴をしっかりキャッチ

towerのコースターの特徴は、なんといっても立体構造。シンプルなデザインながら、立体構造になっていることで、水滴をしっかりキャッチすることができます。また。スタッキングすることができるので、すっきり収納できますよ。

さらに、シンプルでおしゃれなデザインが若者に人気。ホワイトとブラックのシンプルな色、無駄な装飾のないデザインが、どんな家具や食器とも相性がいいですよ。使う人を選ばないデザインなので、プレゼントにもおすすめです。

角型でおすすめのコースター

BY MAY-シリコーンコースター 5色 (1,980円)

上に置いたものが倒れにくい

ユニークなインテリア雑貨を生み出してきた、スウェーデンのデザインブランドBY MAYのコースター。ユニークな形と洗練されたカラーがおしゃれなコースターです。使わない時は、立てかけたり机に置いておいたりするだけで、おしゃれなアクセントになりますよ。

パズルのようにぴったりと並べることができるので、自分の好みの大きさにして使用することが可能です。シリコン製なので、上に置いたものが倒れにくく、安全に使用することができます。水滴が垂れた場合も、染み込まず、軽くふくだけでケアできるので、手入れが簡単ですよ。

チルウィッチ-フェルトバックコースター (880円)

お手入れが簡単

フェルトバックコースターは水分が浸透しないコースター。裏面に施されたBioFeltoと防湿層が、水分の浸透と湿気によるカビを、しっかりと予防してくれます。そのため、手入れは表面の水拭きだけなので、とても簡単です。

カラーはどんな食器やランチョンマットとも馴染みやすいブラッシュ、抹茶、ミントの3色。落ち着いた色味が上品で、使いやすくなっています。角の丸まったスクエア型なので、温かみのあるコースターに仕上がっていますよ。

山崎実業-パステルカラーコースター (418円)

カラフルでおしゃれ

山崎実業のコースターは、カラフルで可愛いです。カラーが豊富なので、グラスマーカーの代わりとして、自分のカラーを決めて使うこともできます。立体構造のコースターなので水滴もしっかりキャッチしてくれますよ。

丈夫なシリコン製なので、温冷どちらの飲み物にも使用することができます。柔らかい素材なので、机への傷もしっかりと防ぐことができます。また、シリコンは水で丸洗いできるので、食器と一緒に手軽にケアできますよ。

四国加工-ヒノキコースター (638円)

コースターとカップがくっつかない

防腐剤や防カビ剤を使用していない、無添加の1枚板を使って作られたコースター。手に取りやすいように、四方が斜めにカットされているおしゃれなコースターです。コースター表面に施されたラインのおかげで、水滴によってコースターがグラスにくっつきにくく、使いやすいコースターになっています。

シンプルで素材を生かしたコースターは、和食器や洋食器など、そんな食器とも相性のいいコースターになっています。天然の木を使用しているので、一つずつ色や風合いが異なります。木材の経年変化によって、木目や色合いが深まっていくのも楽しみの1つです。

珪藻土でおすすめのコースター

ソイル-コースターラージ2枚セット (1,980円)

テーブルを傷つけにくいラージサイズ

ソイルのコースターは、吸収性に優れた珪藻土を使用しています。そのおかげで、グラスやカップの水滴をカラッと瞬時に吸収します。吸収性が良いことで、机を水滴から守るだけでなく、グラスやカップとコースターがくっつくことも防げますよ。

こちらのコースターはビアグラスなどにも対応したラージサイズ。広い面で水分を吸収するので、水たまりもできにくく、衛生的です。さらにコースターの底面はシリコンが施されており、机が傷つくことも防げます。

Cran-珪藻土コースター 北欧柄 4枚組 (2,180円)

裏面がコルクなので滑りにくい

北欧柄が、おしゃれで使いやすいコースター。水滴をあっという間に吸い取るので、机に1敵の水分もつきません。天日乾燥をすることで、吸湿性が復活し、繰り返し使うことができるので、長く愛用することができます。

珪藻土のデメリットと言えば、固い素材で机に傷がつきやすいこと。しかしこのコースターは、裏面がコルクになっているので、机を傷つけにくくなっています。さらにコルクは滑りにくいので、安全性も高まっていますよ。

&NE-陶器珪藻土コースター (1,078円)

カビやダニを抑えるので清潔に使える

日本古来の伝統柄とカラーを組み合わせたデザインで、デザイン性の高いコースター。水滴がついても、速乾なので、カビやダニの発生を防ぐことができ、衛生的です。からっと乾くので、お手入れも簡単ですよ。

裏面全体に、コルク加工が施されています。コルク加工になっていることで、ガラス等、繊細な素材のテーブルでも傷つけにくく、快適に使えます。コルクは滑りにくい特徴もあるので、カップやグラスの転倒も防ぎますよ。

KEYUKA-珪藻土スクエアコースター (471円)

個性的なおしゃれデザイン

個性的な彫模様のコースター。珪藻土で、表面に柄のあるコースターは多いですが、このように彫り込んだ模様のものは珍しく、おしゃれですよ。彫模様なので、表面は凸凹していますが、グラスやカップの安定性は保たれています。

自然が生んだ、天然素材の珪藻土を使用しています。無数の微細な孔が水分を瞬時に吸収します。また、吸収水分量が一定に達すると、自立呼吸によって放出するので、表面はいつもサラサラな状態を維持することができますよ。

まとめ

お手入れが簡単な「コースター」がおすすめ

ここまで、様々なコースターやコースターの選び方を紹介してきました。コースターは日常的に使う物なので、手入れが簡単なものを選ぶことによって、楽に長く愛用することができますよ。ぜひこの記事を参考に、お気に入りのコースターを見つけてくださいね。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

コメントを残す

*