おすすめのわたあめメーカー人気比較ランキング!【家庭用も】

大勢で楽しくお菓子作りをするのは、なかなか難しいですよね。そのようなシーンにおすすめなのは、わたあめメーカーです。今回は手早くインパクトがあるお菓子を作れるわたあめメーカーを、ランキング形式でご紹介します。おすすめポイントに分けて紹介していますので、わたあめ作りに興味がある人はぜひチェックしてみてくださいね。

わたあめメーカーとは?

わたあめが自宅で作れる家庭用調理器

わたあめメーカーは、お祭りで手に入るようなわたあめを作る調理器具です。自宅でもリビングのテーブルなど広い場所を用意すれば、シンプルな手順で簡単にわたあめ作りができます。小さな子供でも楽しめるので、ファミリー層に人気の調理器具ですよ。

わたあめメーカーの仕組み

ヒーターが回転しながら材料を溶かし遠心力で糸状に噴出

わたあめの原材料は、ザラメが一般的です。わたあめメーカーはザラメを高温で熱し、溶かします。窯を回転させることで、遠心力で細い糸状のザラメを噴出します。細いザラメを棒で巻き取れば、ふわふわの雲のような綿菓子が出来上がる仕組みになっていますよ。

わたあめメーカーのメリット

材料が簡単に手に入るので自宅で好きな時に作れる

わたあめメーカーが自宅にあれば、簡単に甘いお菓子作りが楽しめます。わたあめは不器用な人でも楽しく作れるお菓子なので、誰でも気分が盛り上がりやすいメリットがあります。楽しいことが好きな人には、ぴったりな調理器具と言えますよ。

わたあめメーカーのデメリット

飛び散った砂糖の掃除や本体を分解して洗う手間がかかる

わたあめメーカーは簡単にわたあめが作れる一方で、お手入れに手間がかかります。飛び散ったザラメの処理に加え、わたあめメーカー本体をパーツ毎に分解して洗う必要があります。掃除が苦手な人や、わたあめを作り終えた後処理を面倒に感じる人には、向いていない調理器具と言えますね。

わたあめメーカーの選び方

お手入れや掃除が簡単なものを選ぶ

パーツが簡単に分解できるものは洗いやすい

わたあめメーカーのデメリットと言えるパーツ分解は、できるだけシンプルな構造のモデルを選ぶと解決します。簡単に分解と組み立てができれば、後処理も面倒に感じにくいです。組み立てが簡単なわたあめメーカーなら、わたあめづくりのハードルがかなり低くなると言えますよ。毎回掃除が必要なわたあめメーカーは、短時間でお手入れが完了するモデルを選ぶことが大切です。

ドームが付いていて周りに飛び散らない工夫がされているものを

わたあめを作る時には必ずザラメが飛び散ってしまうので、購入に迷ってしまう人も多いのではないでしょうか。そのような心配があるのなら、ドーム付きのわたあめメーカーを選びましょう。テーブルや床にザラメが飛び散らず、わたあめを作った後はドームやわたあめメーカー本体のお手入れをのみになります。掃除する場所が少なくなるので、わたあめを作る手間がかなり楽になります。

出力で選ぶ

素早くつくりたいなら500Wの高出力タイプ

素早くわたあめを作るのなら、高出力モデルがおすすめです。出力が高いほど予熱時間が短く、飴が内部で固まるトラブルも起きにくいです。500W以上のわたあめメーカーを選ぶと、短時間で一気にふんわりとしたわたあめを作ることができますよ。スムーズなわたあめ作りの進行には、高出力モデルのわたあめメーカーがぴったりです。

やけどが心配なら400W以下の低出力タイプ

子供と一緒にわたあめを作りたいけれど、やけどが心配な人も多いですよね。低出力のわたあめメーカーを使えば、やけどの心配を減らすことができます。出力が低い分、噴出するザラメの温度も低くなりますよ。予熱に時間がかかるので、温める時間を計算するとスムーズです。安心安全にわたあめを作りたい人は、低出力タイプを選びましょう。

安全に長く使用できるものを選ぶ

小さい子どもと使うならSTマーク付き

小さい子供と一緒にわたあめ作りを楽しむ場合は、おもちゃのわたあめメーカーがおすすめです。おもちゃかどうかを確認するには、STマークが判断基準になります。STマークは日本玩具協会が定めたマークなので、安心して子供と使うことができますよ。様々な数値を確認しなくても手軽におもちゃだと判断できるので、安全性重視でわたあめメーカーを絞り込むのにおすすめです。

長く使うならステンレス製がおすすめ

長くわたあめメーカーを使うのなら、丈夫な素材を選びましょう。その中でもステンレス製のわたあめメーカーは、長期間で使いやすいです。耐久性が高いため、わたあめメーカー特有の高熱にも耐えられます。錆びにくい利点もあるので、まめに洗う必要がある調理器具との相性が良い素材と言えますよ。長く使えるわたあめメーカーを探している人は、ステンレス素材がおすすめです。

わたあめメーカーのおすすめブランド・メーカー

ピーナッツ・クラブ

飴玉もザラメも使用可能で大きめボウルと手入れのしやすさでギフトにも最適

様々な調理器具をリリースしているメーカーです。わたあめメーカーは飴玉とザラメが材料として使えるので、バリエーションに富んだわたあめを作ることができます。手入れもシンプルなので、プレゼントとして送るにも喜ばれますよ。

ケーズウェーブ

業務用も取り扱っているメーカーならではの機能が充実

ケーズウェーブは、本格的なわたあめメーカーが欲しい人におすすめのメーカーです。業務用のわたあめメーカーもリリースしているため、高品質です。丈夫な素材で作られているので、耐久性に優れたモデルが欲しい時にチェックしたいですね。

アズマ

シンプルな仕様と抑えめな価格で手軽に楽しみたい人向き

アズマのわたあめメーカーは、シンプルな作りが魅力的です。構造がシンプルなため、楽にお手入れが可能です。価格もリーズナブルなので、初めてわたあめメーカーを購入する人にもおすすめしたいメーカーと言えますよ。

アガツマ

子どもに優しい安心設計で家族みんなで楽しめる

子供と一緒に楽しくわたあめを作るのなら、アガツマがおすすめです。安全性を考えられた調理器具をリリースしているため、家族で使うことを前提に購入できます。わたあめメーカーの事故が気になる人には、特におすすめしたいメーカーです。

おすすめ&人気のわたあめメーカーランキング

後片付けが簡単なおすすめのわたあめメーカー

ピーナッツクラブ-D-STYLIST わたあめ屋さん(4,980円)

外せるパーツが大きく洗いやすい

シンプルな構造が使いやすい、可愛いわたあめメーカーです。ポップな色使いで見た目も楽しく、なおかつ安全にわたあめを楽しめます。透明なドームが付いているため、気になるザラメの飛び散りが最小限になりますよ。

砂糖と飴玉の両方でわたあめ作りを楽しめるため、様々なわたあめに挑戦できます。赤や青などの色付きザラメを使えば、色とりどりのわたあめが作れますよ。美味しさだけでなく見た目のポップさを重視したい人には、特に楽しめるわたあめメーカーです。

ケーズウェーブ-コットンキャンディメーカーわたがし名人プラチナム(8,555円)

ステンレス製で洗いやすく錆びにくい

スタイリッシュな見た目が特徴的なわたあめメーカーです。ステンレス素材を採用しているため、丈夫でお手入れがしやすいです。高出力で一気に大きなわたあめを作れるので、家庭用でも本格的なわたあめメーカーが欲しい人にぴったりですよ。

見た目のスタイリッシュさに加え、内部構造はプロフェッショナルが本気で開発しています。わたあめの仕上がりを本格的にするために、器具のサイズ感や温度など様々な工夫が施されています。お祭りのわたあめに仕上がりを近づけたい人には、特におすすめですよ。

アズマ-わたあめメーカー(2,530円)

シンプルな見た目と取り外して洗えるパーツあり

リーズナブルな価格が嬉しい、シンプルなわたあめメーカーです。見た目がコンパクトかつシンプルで、キッチンに置いても邪魔に感じにくいです。パーツは取り外して洗えるため、面倒なお手入れも簡単にできますよ。

飴玉が対応していないわたあめメーカーなので、砂糖を使います。ザラメは特に溶けやすいため、初心者でも美味しいわたあめを作りやすいですよ。できるだけ構造がシンプルで、リーズナブルなわたあめメーカーが欲しい人におすすめです。

 福農産業-わたがしファクトリー(5,100円)

ガードがついていて飛び散りにくい設計

丸いフォルムが印象的なわたあめメーカーです。ドーム状のカバーは見た目が可愛いだけでなく、砂糖の飛び散りを防いでくれます。後片付けが楽になる工夫がされているため、わたあめ作りに対して面倒なイメージがある人にもおすすめできるモデルですよ。

低出力なので、やけどが心配な人でも使いモデルになっています。なおかつ予熱が1分と短時間で完了するなど、わたあめの調理が手早くできる工夫がされていますよ。安全かつ簡単にわたあめ作りを行いたい人には、特におすすめできるわたあめメーカーと言えます。

安全性が高いおすすめのわたあめメーカー

ハピネット-ふんわりおいしいNewあめdeわたあめ (11,800円)

玩具安全基準(ST)クリアで8歳から使える

子供でも使いやすく、安全なわたあめメーカーです。市販の飴玉を使って、いつもの飴玉とは違うふわふわ食感を楽しめます。8歳から使用できるので、子供の自分でやりたい意欲を上手に満たすことができますよ。

予熱に3分必要なので、のんびりとわたあめ作りをしたい時に最適です。飴玉や色を変えることで、バリエーション豊富なわたあめ作りを楽しめますよ。子供とゆっくりお菓子作りを楽しみたい人に、おすすめできるわたあめメーカーと言えます。

アガツマ-アンパンマン あめも! グラニュー糖も! よくばりたべっこわたあめ(7,760円)

安全設計が施されていて熱くなる部分は触れない仕組み

子供と一緒にわたあめ作りをするのに最適なわたあめメーカーです。熱い箇所には触れられないような安全設計になっているため、安心してわたあめ作りに集中できます。中央の高速回転する部分に触らなければ、小さな子供でも安全に使えますよ。

砂糖と飴玉を使えるモデルなので、味や仕上がりの好みに合わせてわたあめ作りができます。屋台のわたあめと比較すると、少し小さめの仕上がりになります。そのため、小さな子供でも食べやすいわたあめを作れますよ。

阪和- プリズメイト コットンブロック(4,950円)

砂糖を入れるキャップ部分が回転しないので安全に使える

鮮やかなボディの色がおしゃれなわたあめメーカーです。低出力で熱くなりすぎないため、安全にわたあめを作れます。棒とわたあめスタンドがセットになっているので、エコに手早くわたあめ作りが楽しめますよ。

散らかりがちなコード類は、わたあめメーカーの内部に入れて収納可能です。収納しやすさと安全性の高さから、ファミリー向けにおすすめのわたあめメーカーだと言えます。材料がザラメやグラニュー糖のみで良い点も、シンプルで使いやすいです。

ライソン-D-STYLIST スイートクラウド(3,980円)

350Wと抑えめな出力ながらもふわふわのわたあめが完成

ザラメや飴玉で作る、シンプル設計のわたあめメーカーです。必要電力は350Wと低出力なため、安全にわたあめを作れます。白と赤の色使いとつるんとした丸いフォルムは、キッチンのアクセントにもなりますよ。

直径約30cmとコンパクトサイズなので、収納しやすい点も魅力です。収納場所に悩んでいる人でも、手に入れやすいわたあめメーカーですよ。お試しでわたあめメーカーを使ってみたい人には、最適なモデルだと言えます。

高性能でおすすめのわたあめメーカー

SIS-わたがしメーカー (5,782円)

高出力500Wなので2~3分で余熱が完了

手早く本格的なわたあめを作りたい人におすすめのモデルです。500Wと高出力なため、予熱が短時間で終わります。器具を用意してから1~2分でわたあめを作れるので、手早く作りたい人にぴったりですよ。

本格的な仕上がりが期待できるわたあめメーカーであり、なおかつ構造がシンプルな点も魅力的です。パーツの取り外しが可能なので、分解してお手入れ可能です。カラフルなわたあめ作りとお手入れのシンプルさを両立させたい人には、特におすすめなわたあめメーカーですよ。

HAC-あめから作れるわたあめメーカー(4,150円)

色々な飴玉を使ってカラフルなわたあめが作れる

飴玉をそのまま入れてわたあめを作れるモデルです。連続稼働時間は30分と、家庭用の中でも長時間です。家族や友人とわたあめを楽しむのにも、ぴったりですよ。ピンク色の台座が女性らしく、気分を盛り上げます。

飴玉は3個同時に入れられるので、少ない手間でわたあめ作りができます。ザラメでも作れるため、家にある材料で手早くわたあめを楽しみたい人におすすめです。本体の底にコード等を収納できる点も、収納場所に悩む人に嬉しいですね。

tanggo-わたあめ機 (4,680円)

見た目はかわいいのに450Wのハイパワー

おとぎ話に出てくるような見た目が可愛らしい、ピンク色のわたあめメーカーです。見た目はおもちゃのようですが、450Wと高出力の本格派です。加熱スピードが早いため、用意してから5分で1つわたあめを作れますよ。

ザラメやグラニュー糖だけではなく、好きな飴玉でわたあめを作れる仕様です。メルヘンなわたあめメーカーでオリジナルのわたあめを作ることができるので、楽しい時間を過ごせますよ。高機能なのはもちろん、見た目も可愛いわたあめメーカーが欲しい人におすすめです。

ケーズウェーブ-わたがしアメイジング(6,555円)

付属の名人スティックを使うと簡単に大きなわたあめが作れる

おもちゃのような見た目ですが、本格志向のわたあめメーカーです。お祭りの屋台のような大きなわたあめを作れるので、老若男女が楽しめます。洗って使えるわたあめ棒が付属しているため、経済的にわたあめ作りを楽しめますよ。

一度に投入できる砂糖の量が多く、大きく綺麗にわたあめを作れます。出力が420Wと高いこともあり、初めて挑戦する人でもわたあめを簡単に作りやすいです。屋台の仕上がりに近づけたい人には、ぜひ導入して欲しいわたあめメーカーと言えます。

ライソン-D-STYLISTジャンボわたあめ屋さん(6,980円)

従来品より6cm大きいボウルで巨大わたあめが完成

家庭用わたあめメーカーの中でも、全体的なサイズが大きいわたあめメーカーです。できるだけ業務用に近いわたあめメーカーを求めている人には、特におすすめのモデルです。大きなドームを使って作るわたあめは、お祭りで販売されるわたあめに引けを取りませんよ。

大きなわたあめが作れるように、専用スティックも用意されています。分解してコンパクトに収納できるので、大きなボディでも簡単に収納できますよ。大きなわたあめで写真映えを狙いたい人におすすめのわたあめメーカーです。

わたあめメーカーの作り方

砂糖で作る

ザラメやグラニュー糖を使用してお祭りの味を再現

砂糖でわたあめを作れば、お祭りの味を完全再現できます。シンプルで懐かしいプレーンなわたあめを作るには、ザラメやグラニュー糖がおすすめです。比較的家に揃いやすい材料ということもあり、手軽にわたあめを作れますよ。

色付きのザラメを使うことで、カラフルなわたあめも作れます。量も細かく調整できるため、自分好みのわたあめを作りやすいです。シンプルな味わいのわたあめが好きな人には、砂糖で作ることをおすすめします。

飴玉で作る

色々な味や見た目を楽しみたいのなら飴玉で作れるものを

色や見た目で遊ぶのなら、飴玉でわたあめを作ることをおすすめします。飴玉をわたあめに変化させることで、新しい触感を楽しめます。わたあめにすることで味わいも変化するので、オリジナルのわたあめを作りたい人におすすめですよ。

飴玉でわたあめを作るのなら、砕かずにそのまま入れるタイプが便利です。飴を用意するだけで、手間をかけず手軽にわたあめを作れます。味や見た目で楽しむだけではなく、砂糖の計量が面倒に感じる人にもおすすめですよ。

わたあめメーカーのお手入れの方法

使用後はお湯で洗うと砂糖のベトベトが簡単に取れる

わたあめメーカーを使用した後は、お湯を使って綺麗に洗いましょう。温度が低い水だとベトベトが取れにくいので、暖かいお湯を使うことがポイントです。次に使用する時に清潔なわたあめが作れるように、毎回しっかりと洗浄しましょうね。

金属製のパーツは水分をしっかり拭き取って

わたあめメーカーには、金属で出来ている部分も多いです。お手入れをする時は、しっかりと水気を拭き取ることがポイントです。水気が残っていると錆びやすいため、わたあめメーカーの寿命が縮みます。長くわたあめメーカーを使うのなら、隅々まで拭き取ることをおすすめしますよ。

まとめ

理想のわたあめ作りに合ったわたあめメーカーがおすすめ

様々なわたあめメーカーを紹介しましたが、理想のわたあめ作りをイメージすると選びやすいです。手早く高温で大きなわたあめを作るのか、ゆっくり小さくても安全第一でわたあめ作りを楽しむのかでも、おすすめのモデルは異なります。ぜひ自分だけの1台を手に入れて、わたあめ作りを楽しんでみてはいかがでしょうか。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

コメントを残す

*