おすすめの高音質DAP人気比較ランキング!【バランス接続も】

いい音質で好きな曲を聴きたい。スマホにダウンロードしたいけど容量が足りない。デジタル環境で音楽を聴くときに、しばしば出会う悩みです。そんなときは、今回ランキング形式で紹介している高音質DAPがおすすめ。CDに変わって主流になったネットワーク利用の再生に向いており、容量が多いモデルも豊富です。選び方や種類、おすすめモデルを詳しく掘り下げますので、音楽プレーヤーを探している方は是非とも参考にして下さい。

高音質DAPとは?

保存したファイル音源を高音質再生できるプレーヤー

DAPはデジタルオーディオプレーヤーの略称です。色々なファイル形式のデジタル楽曲を内部ストレージに保存して、好きなタイミングで再生できます。誰もが持つスマホもストレージに空き容量があれば、音楽を保存できますよね。そのため、DAPの1つに部類できます。その中でも音楽を高音質のまま、もしくは高音質化して聴けるモデルが、高音質DAPの定義です。

MP3プレーヤーとの違い

MP3以外のファイル形式にも対応している

以前はCDを購入し、パソコンでMP3ファイルに変換。MP3専用のプレーヤーに入れて音楽を持ち運ぶのが主流でした。一方、スマホや配信サービスが拡大。ダウンロード楽曲が主流になっている今日、対応ファイル形式が1つだけというのは不便です。ファイル形式の多様性に伴い、MP3以外の音源にも対応した、現行のDAP達が主流になっています。

高音質DAPの仕組み

録音法に合わせて音源からデータを読み取る

デジタル音源はデータです。スピーカーで聴くためには、実質的な音に変える必要があります。初手は音源から信号を読み取る作業。レコードなら針の役割をする回路があります。読み取りは録音法に合わせた、PCMとDSD、2つのプランが存在。PCM音源はPCM対応の高音質DAPで読み取ります。ちなみに、PCMの録音法はベターでCDも採用。ほとんどのプレーヤーが対応しています。DSDは特殊なハイレゾを録音する方法なので、対応は高度なプレーヤーだけです。

DACがデータをアナログ変換してスピーカーに送る

次に読み取ったデジタルデータを、アナログ変換する作業に掛かります。担っているのがデジタルトゥーアナログコンバーター。略してDACという回路です。DACはスマホやパソコンの中にも存在。アナログ信号をスピーカーに送って音を鳴らします。読み取りから変換まで一連のシステムが優秀だと、ハイレゾなどの高音質な楽曲を正しく再生できますよ。

高音質DAPのメリット

新しいリスニングに対応している

以前は実店舗へCDを買いに行きましたが、近年はネットワーク経由で配信サービスへ行くのが主流です。楽曲を購入後にダウンロードして保存。もしくはインターネット上でストリーミング再生するのが一般的でしょう。高音質DAPは、ネットワークを利用した新しいリスニングに最適です。

高度な周辺機器や音楽ファイルを使いこなす

DAPにはヘッドホンやスピーカー、音を増幅するアンプなど、色々な周辺機器があります。高音質に対応した周辺機器を使いこなすには、高音質DAPのようなハイパフォーマンスの司令塔が必要です。また、超高音質と言われるファイル音源なども、高音質DAPの優れた性能がないと正確な再現になりません。

音楽だけにストレージを使える

意外とデータ量があるファイル音源。超高音質ともなると、どんどんスマホやパソコンのストレージを食います。そんなときは、音楽だけを保存できる高音質DAPが便利。広大な容量があり、数千、数万単位で好きな曲をダウンロードできます。ストレージが空くため、スマホの負担を軽くできるでしょう。

スマホの充電切れが気にならない

スマホは音楽を再生しているとき、多くの電力を消費しています。また、イヤホンやヘッドホンはスマホから給電することが多く、バッテリー消費の加速が心配です。ヘッドホンの音を増幅するアンプを繋げている場合、さらに消費が増えることもあるでしょう。高音質DAPであれば、スマホの充電切れが気になりません。

高音質DAPのデメリット

高価格帯から選ぶことが増える

高音質DAPと呼ばれるためには、ハイエンドクラスの周辺機器を使いこなしたり、高度な楽曲を再生したりする性能が必要です。優秀なパーツ類、回路、液晶画面を搭載して環境に対応しています。ノイズカットなどで音のクリアさにも注力。高価格帯も多いカテゴリーです。予算に合うモデルがない場合は、リーズナブルな中華製DAPも念頭に置くといいでしょう。

周辺機器が高度になる可能性も

主流ファイル音源の中には、CDを超えるデータ量のハイレゾ音源、さらに高度なDSD音源などがあります。通常の録音では聴けない音域が保存されていますよ。それらをリスニングする場合はDAPだけでなく、周辺機器も超高音質への対応が必須です。聴く楽曲によっては、新しくヘッドホンやアンプを用意する必要があるかもしれません。

再生時間に制限がある

高音質DAPは、スマホと同じでポータブル系のプレーヤーです。バッテリーがあり、連続再生時間が限られています。再生時間や充電時間はモデルによって様々。外出時間や音楽を聴いている時間から割り出して、使いやすいモデルを選んで下さい。ハイパフォーマンスだと消費電力が多く、8時間くらいからが一般的。20時間より上になると非常に優良です。

高音質DAPの種類

バランス接続対応モデル

高音質の指針になるので解りやすい

バランス接続はヘッドホンなどの接続に関する方式です。DAPだけでなく、周辺機器もバランス接続に対応する必要があります。アンバランス接続の構造上どうしても起こってしまう、ノイズや音混じりの問題をカットするのが狙いですよ。以前はミドルクラス以上のプレーヤーが持つ高級システムでした。しかし、近年はエントリークラスでも見ることができます。

バランス接続はオプション要素の機能で、悪く言えば音質に多大な影響はありません。一方、高音質化へ一歩踏み込み、さらなるクリアさを求めたモデルが揃っています。ミドルクラス以上が多いということも含め、間違いない性能に出会える傾向です。高音質プレーヤーの指針になるので、音響機材に明るくない場合も選びやすいでしょう。

バランス接続非対応モデル

比較的リーズナブルで普通のイヤホンジャックが使える

一般的なDAPや周辺機器はアンバランス接続対応です。バランス接続のヘッドホンやアンプと繋いでも、バランス接続にはなりません。逆にバランス接続対応のDAPは、アンバランス接続でも聴けます。また、性能を判断しやすいポイントが減り、特にリーズナブルなモデルは、別要素で高音質かどうかを見分ける必要があります。

一方、普通の家電に付いている3.5mmイヤホンジャックや、スマホ用のUSBヘッドホンを接続できるのはメリットです。比較的リーズナブルなモデルが多いのも嬉しい点でしょう。高音質の見分け方としては、ハイレゾやDSD対応を選ぶのが手っ取り早い方法です。少しマニアックですが、高速通信できるなど、高度なヘッドホンなどに対応しているかで見分ける手もあります。

高音質DAPの選び方

周辺機器との通信法で選ぶ

バランス接続なら2.5ミリか4.4ミリのジャックが必要

バランス接続は専用のジャックがあり、2.5mmか4.4mmジャックを採用しています。バランス接続できるDAPは、どちらかのジャックを搭載しているのが一般的です。一方、ない場合は3.5mmジャックに変換ケーブルを差し込み、中継する必要がありますよ。バランス接続を選ぶ場合はジャックが2.5mmか4.4mmかを必ずチェック。入手した高音質DAPに接続できる周辺機器を選んで下さいね。

ワイヤレスの周辺機器を使えるBluetooth接続

イヤホンやヘッドホンがワイヤレスなら、Bluetooth接続できる高音質DAPが必要です。Bluetoothを選ぶ場合は、コーデックという通信ルールをチェックするといいでしょう。一般的な楽曲に多いSBC、iPhoneが対応しているAACなども主流です。Bluetoothの遅延を抑えるために、高音質DAPと周辺機器のコーデックを合わせて下さい。

なお、Android携帯のメインコーデックであるaptXはハイレゾにおすすめです。さらに上のaptX HD、aptX LLもあり、他より高音質かつ低遅延を実現しています。

便利な機能で選ぶ

Wi-Fi機能でストリーミング再生が可能に

Wi-Fi接続できる高音質DAPは、スマホやパソコンと同じように配信サービスとストリーミング再生を利用できます。パソコンやスマホだけでもストリーミング再生を利用できますが、あまりハイレゾなどの超高音質には対応していません。対応が少ないのは、機器自体を音楽専用にする必要性がないからです。通話など、他の目的がメインですよね。

一方、DAPは音楽専用のプレーヤー。高音質モデルはハイレゾ対応などの、高度なDAC回路を搭載しています。スマホなどでは聴けない高音質サービスも利用可能です。DACの性能は、バランス接続非対応の音質を判断する材料にもなりますよ。

USB-DAC機能もストリーミング再生に便利

USB接続できるDACはUSB-DACと呼ばれています。高音質DAPにもUSB-DACとして使えるモデルが多くありますよ。USB-DAC対応などと記載されており、探すのは簡単です。USBでパソコン内の楽曲ファイルをストレージに移植。また、パソコンとヘッドホンをUSB-DAC対応の高音質DAPで中継し、普通なら正しく再生できない高度なストリーミング曲や配信曲をリスニングできます。

ラジオや万歩計など散歩などに使える機能も便利

DAPは歩きながら使うことも多くなります。散歩やランニング、交通機関などの移動に持ち込むこともあるでしょう。注目度の低い機能ですが、FMラジオが聴けると意外に便利です。入っている曲に飽きたときなどは、液晶画面から気軽に切り替えることができます。万歩計などの幅広い機能があり、自分の好みから選ぶのもおすすめです。

よく聴く楽曲で選ぶ

対応のファイル形式をサービスに合わせる

音楽ファイルには複数の形式があります。MP3も主要形式の1つで、配信サービスごとに対応は様々です。他にもALAC、AACなどが一般的。データ量が多い音源はWAVやFLACという形式が担当していて、その中にハイレゾも含まれています。すでにダウンロード済みの音源や利用している配信サービスを確認。ファイル形式に対応した高音質DAPを選んで下さい。

PCM96kHz/24bit以上がハイレゾの楽曲

PCMには数値があり、見ておくとデータ量でハイレゾ音質かCD音質かが解ります。多くの音域を録音しているハイレゾは、96kHz/24bit以上の楽曲です。CDは44.1kHz/16bit。ハイレゾのデータ量はCDより多いことが解ります。

高音質DAPにも対応数値の記載があり、確認しておくのがおすすめです。ハイレゾ対応の記載がないモデルも、96kHz/24bit以上対応なら、同数値までのハイレゾ音源を正しく再生できますよ。近年は192kHz/24bitが主流で、それ以上の数値がおすすめです。

DSD対応モデルはクラシックやアニソンに強い

DSDで読み取れる楽曲は、DSD音源と呼ばれます。多くのデータを保有しているので、kHzではなくMHz表記です。最低の2.8MHzでもPCMに換算すると約178khz。飛びぬけて超高音質の楽曲です。ライブ録音などの生音に近く、クラシックやアニソンなどのコアなジャンルにニーズがあります。DSDを正確に再生できる高音質DAPは、とてもハイスペックなことが解りますよね。

ストレージの容量で選ぶ

10GBを目安にすると備えがいい

スマホやパソコンと同じで、高音質DAPもストレージという記憶装置に音楽を保存します。ストレージ容量は、GB(ギガバイト)単位の数字で表すのが一般的です。どれくらいの大きさか解りづらいですが、通常の楽曲なら10GBで2,000曲ほど保存できますよ。主流は5GB以上ですが、備えあれば患いなし。ダウンロード量が解らないときは10GB以上を目安にするのがおすすめです。

SDカード対応はストレージを拡大できる

高音質DAPはデータ量の多い楽曲を扱います。比較的ストレージを食うため、SDカードで増設できるモデルが少なくありません。SDカードスロットを搭載しているか、チェックするといいでしょう。SDカード自体を同梱しているケースもあります。どの容量のSDカードが使えるかも、見逃さないようにして下さい。512GB以上の容量があるSDカードも多く、高音質DAPには非常に便利です。

目安の10GBだとデータ量が多いハイレゾを聴く場合、10曲から20曲が目安になります。そのため、内部ストレージが大容量のモデルか、大容量SDカードに対応したモデルがいいしょう。

OSの違いで選ぶ

AndroidのOSはおすすめ

AndroidはスマホなどのOSとして有名です。ググるでお馴染みのGoogle傘下で、実際に使っているケースも多いでしょう。Wi-Fi接続できるモデルは、通話できないスマホのようなイメージです。非常に使い勝手がよく、Googleストアのアプリ、配信サイトほか、色々なサービスと連携しています。

Android OSはDAPの主流になりつつあり、今後のサービス拡大という意味でも搭載モデルはおすすめでしょう。ちなみにAndroidスマホを使っている場合、中の音楽をパソコンの仲介なしで移植できるモデルもあります。

他のOSも音質は優秀

OSはあくまで高音質DAPのネットワーク通信や、アプリを動かすためのソフトです。他のOSも音質的にはAndroidと大差ありません。最高グレードの高音質DAPにも、自社開発などの他OSを搭載しているモデルがあります。型落ちなどでリーズナブルになったモデルを検討するときも、違うOSに出会うでしょう。そのため、OS主体ではなく、初めは聴きたい曲に合わせて性能を選ぶのが肝要。次点の候補としてOSを挙げて下さい。

高音質DAPのおすすめブランド・メーカー

SONY(ソニー)

ウォークマンシリーズは高音質DAPの王道

ソニーと言えば、ポータブルオーディオのウォークマンが圧倒的に有名です。発売当初から何十年も経ちますが、未だに世界トップクラスの人気があります。高音質DAPでもウォークマンは王道。全てのグレードでピュアな音を体感できますよ。

Fiio(フィーオ)

高音質かつリーズナブルなハイレゾ対応がある

以前は敬遠されていましたが、近年は中国製プレーヤーの完成度が注目されています。高音質の中でも特にエントリークラスにおいては、中華DAPが中核です。代表格はフィーオ。高音質かつリーズナブルなハイレゾ対応機は魅力です。

HiByMusic(ハイビーミュージック)

全体的にDAPの音質がいい

ハイビーの愛称で親しまれている中華DAPのメーカーです。中華DAPはアイバッソやケインなど、ベーシックなメーカーが他にもあります。一方、高音質DAPの注目度ではハイビーが優秀でしょう。全体的に音質がよく、高音質DAPに部類できるモデルが各グレードにあります。

Onkyo(オンキョー)

優れた音の再現性はファン以外も要チェック

安価なオーディオの需要が増えた日本。高級オーディオが衰退する時期もありました。多くの企業が撤退する中、踏ん張った貴重なメーカーもあります。その1つが国内王手のオンキョーです。おすすめする理由は優れた内部システム。スピーカー、アンプの技術に長けたメーカーで、DAP構築にノウハウを盛り込んでいます。高度な音の再現性は、ファン以外も間違いなく要チェックです。

おすすめ&人気の高音質DAPランキング

バランス接続用でおすすめの高音質DAP

ソニー-NW-ZX507 (70,840円)

ハイエンドクラスの実力は同価格でおすすめ

4.4mmのバランス接続ジャックを搭載したウォークマンです。NWシリーズにはソニー最上位のWM1Zなどがあります。そのため、ミドルクラスの立ち位置で紹介されることも多いモデルですよ。一方、性能は間違いなくハイエンドクラス。同価格帯のプレーヤーと比べても非常におすすめです。

PCM384kHz/32bitとDSD11.2MHzに対応しており、Androidを搭載しています。また、高速通信のためにソニーが開発した、LDACというコーデックが優秀です。ソニーの周辺機器はLDACを使えるので、ワイヤレスにするなら積極的に選ぶのがおすすめ。ソニー製は4.4mmプラグを持つヘッドホンが多いので、バランス接続もしやすいですよ。

ハイビーミュージック-R3Pro (23,580円)

バランス接続を楽しめるリーズナブルなモデル

コスパがいい高音質DAPとして人気があります。省電力を追求しているのも特徴で、バランス接続時は16時間、アンバランス接続時は20時間ほど使用可能です。最長ではありませんが、かなり長い時間リスニングできる高音質DAPですよ。

上位の高音質DAPと比べたとき、1TBクラスのSDカードが使えないなど、周辺機器やサービスの対応幅が狭くなります。一方、ファイル形式の対応幅など、肝心なところは負けていません。DSD11.2MHzと384kHz/32bitにも対応。搭載している回路など、システム面は高度です。リーズナブルなバランス接続として、おすすめと言えるしょう。

アステル&ケイン-AK-SR15-PB (49,980円)

ミドルクラスの入り口でエントリー用にもおすすめ

主流のハイレゾに対応した高音質DAPです。PCM384kHz/32bitとDSD11.2MHzの曲も聴けますが、ダウンコンバートされます。ダウンコンバート再生は、シンプルに言うとネイティブ再生の劣化版。正確に再現できないものの、性能ギリギリまで質を落として上位曲が聴けるということです。つまり、PCM192kHz/24bitとDSD2.8MHzが、実質の最高音質になります。

3.5mmと2.5mmのジャックがあり、変換ケーブルは必要ありません。初期は64GBのストレージですが、1TBクラスのSDカードに対応しています。ストリーミングサービスと連携するアプリもあり、拡張によるハイパフォーマンス化が可能です。ミドルクラスとしてはリーズナブルで、エントリー用にも向いたモデルしょう。

シャンリン-M6 (57,550円)

2.5mmと4.4mmのバランス接続ジャックを搭載

シャンリン製DAPでは初めてAndroidを採用しています。対応コーデックに少しクセがあり、ハイレゾを聴くときはLDACの高速通信がおすすめです。ワイヤレスヘッドホンなどを使うときは、ソニー製に多いLDAC対応のモデルがいいでしょう。

PCMは768kHz/32bitまで、DSDは5.6MHzまでを普通に再生できます。11.2MHzはダウンコンバート再生になり、5.6MHzの音質に変化しますよ。2.5mmと4.4mmのバランス接続ジャックを搭載。2つ持つケースはフィーオ製のハイエンドなど、ごく一部のモデルに限られます。プラグへの対応幅が広がるため、バランス接続用としておすすめでしょう。

DSD対応でおすすめの高音質DAP

ソニー-ウォークマン WM1Z 256GB (296,791円)

DSD11.2MHzに対応するモンスター級の性能

ウォークマンの中では最上位のモデルです。PCM384kHz/32bitとDSD11.2MHzの高解像度ファイルを再生できます。DSD11.2MHzはPCM換算で705.6kHz。美しい音を鳴らすために厳選したパーツ類を搭載しています。緻密な設計で組まれた、超モンスター級のモデルです。

SDカード対応で256GBのストレージがあるなど、初めからハイレゾをダウンロードする環境があります。正に超高音質再生に向けたモデルです。楽曲への適正はオールラウンドで、全く隙はありません。バランス接続を使用したとき、音質の美しさは息を呑むほどです。最高峰に位置する高音質DAPの1つでしょう。

フィーオ- FIO-M11PRO (84,190円)

2TBのSDカードが使える賢い高音質DAP

384kHz/32bitとDSD11.2MHzを正確に再生できます。高性能コーデックに対応しているので、Bluetoothでの通信環境も安心でしょう。また、高音質DAPの中で初めて、2.5mmと4.4mmのジャックを搭載したモデルです。もちろん、3.5mmジャックも搭載しているので、ヘッドホンなどを色々と選べます。

非常に大きな画面があり、スマホ並みに操作しやすいのもメリットでしょう。初期は64GBのストレージですが、SDカードにより2TBほど拡張できます。人間で言うところのIQが高く、とても賢い高音質DAPです。大容量になるハイレゾ楽曲のダウンロードも安心ですね。

カイン-N6ii DAP/T01 (112,360円)

どんな使い方にも強いオールラウンダー

Android8.1を使いこなす高音質DAPで、どんな使い方にも強いオールラウンダーとして知られています。ストレージからの再生はもとより、USB-DACとしてハイパフォーマンスを発揮するのは魅力です。また、ストリーミング環境に強く、画面が広いところも秀逸。優れた操作性を持っています。

主要な高速通信コーデックに対応しており、ワイヤレス環境でもハイレゾを楽しめます。また、LDAC対応で、高速通信ができる周辺機器を選びやすいのもメリットです。DSDは11.2MHzに対応。中高音に定評があり、特に女性ボーカル曲などを美しく聴かせます。

安さでおすすめの高音質DAP

ソニー-NW-A105 (28,980円)

ミドルクラス以上の実力があるエントリーモデル

NW-A105はウォークマンのA100シリーズです。有線接続で音を聴く場合、PCMなら最大で384kHz/32bit、DSDなら11.2MHzのハイレゾを再生できます。Androidを搭載したエントリー向け高音質DAPとして、一番ポピュラーなモデル。もちろん、Wi-Fiに対応しており、ダウンロードなどはパソコン抜きで行えます。

ストレージが16GBで、ハイレゾをダウンロードするには心もとない数字です。しかし、SDカードによる増設が可能。2,000GBに当たる2TB級も使えます。バランス接続のジャックがなく、初期ストレージ容量など、細かな部分も上位モデルに劣るでしょう。一方、高音質DAPとしての完成度は秀逸です。音質的にバランスがよく、確実にミドルクラス以上の力があります。

フィーオ-FIO-M5-T (13,430円)

コンパクトだが高度な機能を持つ

非常にコンパクトな高音質DAPで、ベルトがないデジタル腕時計のようなイメージです。PCMは最大384kHz/32bit、DSDは中間の5.6MHzに対応しています。旭化成の次世代チップを搭載。回路の高スペックと信頼度は魅力でしょう。

内部ストレージはありません。小型画面の操作性が低いところもネックです。一方、2TBクラスのSDカードを1枚セットできます。そのため、容量がデメリットになることはないでしょう。USB-DACになるので、パソコンと連携させやすいのがメリット。また、LDCAに対応しており、ソニーの周辺機器やワイヤレス環境と相性がいいのも魅力です。

オンキョー-DP-S1A (29,130円)

CD音質をハイレゾ級に格上げする機能を搭載

PCMが192kHz/24bit、DSDは5.6MHzまで正確に再現できます。ハイレゾ再生の性能だけ見れば、同価格帯にもっと上の性能がありそうですよね。しかし、音質的に際立つポイントを持っているのがDP-S1A最大のメリットです。

まず、ハイレゾ用として推奨できるメジャーメーカー製の回路など、厳選したパーツを使用しています。初期は16GBですが、最大512GBまでストレージの増設が可能です。また、ハイクラスのヘッドホンを優に使いこなし、CD音質をハイレゾ級に引き上げて再生する、アップコンバートの機能がありますよ。同価格帯トップの高音質モデルです。

まとめ

音源やサービスに合う高音質DAPがおすすめ

DAPが高音質でも、聴きたい曲に対応できないと楽しみがなくなります。利用しているサービスや、持っている楽曲のファイル形式を調べて、まずは好きな曲、聴きたい曲を再生できるモデルにして下さい。次にOSや機能など、使いやすい要素に注目するといいでしょう。欲しいモデルが高音質か迷うときは、バランス接続対応、ハイレゾ対応などの記載から判断できます。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

コメントを残す

*