おすすめのサンドイッチケース人気比較ランキング!【折りたたみも】

手軽で便利なサンドイッチケースは、毎日お弁当を必要とする人の強い味方。今やデザインや性能も進化を遂げ、様々な場面や用途に合わせたサンドイッチケースが存在します。本記事では、使いやすいおすすめのサンドイッチケースをランキング形式でご紹介。選び方や、それぞれのサンドイッチケースの特徴も詳しく解説しているので、是非ご購入時の参考にしてみてください。

サンドイッチケースの特徴

サンドイッチをフレッシュに保つ

サンドイッチケースの最大の特徴は、自宅でつめたサンドイッチをランチタイムまで新鮮に保てることでしょう。パンや具材を、痛ませること無く持ち運べるので、毎日使うランチボックスとして人気がありますよ。また、サンドイッチケースは普通のランチボックスと違い、パンをつめるのに配慮したデザインなので、パンを美味しいまま自宅で保存することもできます。

おしゃれなデザインは食事の彩りになる

様々な種類が販売されているサンドイッチケースは、そのデザイン性の高さも魅力的。コンパクトでおしゃれな普段使い用のデザインから、ピクニックやイベント向けの余裕たっぷりのデザインまで、多岐にわたります。カラーや柄も、シックなものからポップなものまであるので、用途に合わせて選ぶのも楽しみの一つですね。お気に入りのデザインのサンドイッチケースは、職場や出先のランチタイムを彩ってくれますよ。

サンドイッチケースの種類

シートタイプ

頻繁に使う場合は手入れが簡単なシートタイプがおすすめ

使用後のケースを、一枚板の様に広げることができるシートタイプは、洗浄が簡単。広げることで角が無くなるので、細かい調味料やパン屑の汚れをしっかり落とすことができます。洗うストレスがほとんど無いので、いつでも気軽に使えますよ。また、衛生的に保つことが簡単な形状のサンドイッチケースなので、毎日使う様な方にはもってこいでしょう。

また、一枚構造なので汁漏れしにくいのも利点。ソースたっぷりのサンドイッチや、水分を含んだ野菜たっぷりのサンドイッチも、安心して入れることができます。加えて、自宅で使わない時には、薄い広げた状態で保管することができるので、保管場所にも困りません。種類によっては、冷凍保存に対応しているものもあるので、自宅用として使用するのにも最適ですね。

セパレートタイプ

サンドイッチの型崩れをしっかり防ぐ安定した形

丈夫な構造で、蓋が付いている形状のセパレートタイプ。鞄の中に入れたサンドイッチを、しっかりと守ってくれるので、型崩れが起きにくいのが最大の特徴です。非常に安定したタイプなので、膝の上などの少々不安定な場所に乗せても、安心して使うことができます。その抜群の安定感は、普段使い以外にも、ピクニックやキャンプなどのアウトドアでも大活躍しますよ。

取り外した蓋は、お皿代わりにして使うことも可能。サンドイッチに、おかずを添えた時などに食べやすいですね。また、蓋は鞄の中で外れてしまうこともあるので、セパレートタイプを選ぶならゴムバンド付きのものが安心です。持ち運ぶ際の汁漏れをしっかり防ぐことができるでしょう。最近では、ゴムバンドのデザインも豊富なので、選ぶのがまた一つの楽しみになりますよ。

サンドイッチケースの選び方

素材で選ぶ

プラスチック製は低価格でデザインも豊富

最も一般的なプラスチック製のケースは、大半の価格がリーズナブル。需要が高いので、デザインも豊富という利点を持っています。自分好みのサンドイッチケースが、見つけやすいですね。またプラスチック製なら、洗浄も簡単で扱いやすく、どんな方にとっても使いやすいと言えるでしょう。プラスチックはサンドイッケースの基本の素材なので、素材で迷われている方は、まずはプラスチックから選んでみるのも良いかもしれません。

竹製は衛生的で長く使える

竹製のサンドイッチケースの最大魅力は、なんと言って衛生的であること。竹は抗菌作用、消臭作用に優れており、非常に衛生的な素材と言えるでしょう。竹製のケースなら、サンドイッチの臭いが移りにくく、菌の増殖も抑えてくれますよ。加えて、竹は頑丈ば素材なので、手入れをして使えば、長期間愛用することもできます。

シリコン製は汚れてもさっと洗うことができる

汚れの付きにくさを求める方には、シリコン製のサンドイッチケースがおすすめ。撥水性が高く水分に強いので、ソースや野菜の水分なども簡単に洗い流せますよ。手入れをすれば、いつまでも清潔感のある見かけを保つことができるでしょう。また、シリコン素材は柔らかく、落としたり衝撃を受けても傷が付きにくいので、持ち運ぶ際にも安心です。

形で選ぶ

ボックス式は大容量でピクニックに最適

ボックスタイプのサンドイッチケースなら、余裕たっぷり。ピクニックや運動会など、野外イベントでたくさんサンドイッチが必要な際に最適です。お重の様なボックスになっているタイプから、幅の広いボックスまで、大容量タイプでもデザインは豊富ですよ。行楽シーズンには大活躍するサンドイッチケースなので、普段使い用とは別に持っておくと便利かもしれません。

三角形なら市販のサンドイッチもそのまま入れられる

三角形のサンドイッチケースは、市販のサンドイッチを持ち運びたい方に最適。コンビニなどで買ったサンドイッチを、袋のまま入れておくだけで、鞄の中での型崩れを防いでくれますよ。手作りにこだわりたい方には、パンを斜めに切って具材と一緒にケースに挟むだけで、三角のサンドイッチができる便利なタイプがあるのでおすすめです。

機能性で選ぶ

折り畳み式は食べ終わったらかさばらずに持ち運べる

折り畳み式のサンドイッケースなら、食べ終わった後に、畳んでスマートに鞄へ収納可能。職場や学校に持って行くのに、便利なケースと言えるでしょう。自宅で収納する際にも、折り畳めるのでスペースいらず。コンパクトで、利便性の高いサンドイッチケースをお探しの方に最適ですね。また、大きめサイズのサンドイッチケースの中にも折り畳み式があるので、野外で使う際にはおすすめですよ。

持ち運ぶだけでなくサンドイッチを作れる便利なケースも

進化したサンドイッチケースの中には、ケースに具とパンを挟むだけで、サンドイッチが作れるものも。忙しい朝には、サッと作ってそのまま持ち運べるので、重宝するケースですよ。パンを切ったり、具材を挟んでプレスしたり、様々な手間が省けるのが利点と言えるでしょう。中には、普通に作るよりもたくさんの具が挟めるケースもあるので、一味違うサンドイッチを楽しみたい方にはおすすめです。

サンドイッチの新鮮さを保つには通気性重視のケースが最適

トーストしたパンのサクサク感や、さらっとしたパンの質感にこだわる方には、通気性の良いサンドイッチケースがおすすめ。メッシュのデザインを取り入れているケースなら風通しが良く、サンドイッチの新鮮さを保ってくれますよ。他にも竹製や木製などの、通気性に優れ、かつ食品を衛生的に保つ素材で作られたケースもおすすめです。

サンドイッチケースのおすすめブランド・メーカー

パール金属

幅広い商品を扱う信頼の大手メーカー

パール金属は1967年に設立し、キッチン用品とリビング用品をメインに、製作、販売してきました。そんな歴史あるパール金属のデザインは、華やかで洗練されており、様々な生活シーンに彩りを添えてくれますよ。また、豊富に取り扱っているハウスウェアに関する理念は、新しい生活文化の提案。その言葉通りに、日常生活に新しい風を吹かせる、画期的な日用品を開発し続けています。デザイン製と機能性に優れた、信頼のメーカーと言えるでしょう。

アーネスト

日常に寄り添う便利なアイデアグッズが豊富

1981年の創業当時から、日常生活に役立つアイデアグッツを開発してきた、アーネスト。取り扱っているのは、キッチン用品から日用品まで、幅広い生活雑貨達です。そしてアーネストの生活雑貨の最大の特徴は、独創的でオリジナリティあふれるデザイン。便利なのに遊び心のある雑貨達は、多くの客層から支持されています。日常にあったらいいな、を叶えてくれる優秀なメーカーですよ。

竹中

伝統の技術を活かした近代的なデザインが特徴

竹中は、1925年創業の伝統あるフードウェアカンパニー。受け継がれてきた漆器づくりの他にも、合成樹脂にウレタン塗装を施した、近代的な合成漆器を作っています。一般的な樹脂製品とは違う、上品で美しいキッチン雑貨達は大変な人気です。格式高い佇まいに、洗練された技術が融合したフードウェアなので、贈答品にも好まれるメーカーですよ。

ホーショー

カジュアルで痒いところに手が届く新世代のデザイン

暮らしに寄り添った便利さを作り出すホーショーは、1963年に設立されました。スタイリッシュなデザイン性もさることながら、細かいニーズに応えてくれる性能の高さもホーショーのキッチン雑貨の特徴。使いやすさに優れたキッチン雑貨達は、主婦層をはじめとした客層から圧倒的な支持を集めていますよ。電子レンジや冷凍保存に対応した雑貨も多いので、痒いところに手が届きます。

おすすめ&人気のサンドイッチケースランキング

シートタイプでおすすめのサンドイッチケース

ホーショー-パーネパッコ (1,140円)

広げて隅々まで洗えるデザインが衛生的

まるで牛乳パックの様に、平たく広げられるホーショーのパーネパッコ。サンドイッチを食べ終わったら、コンパクトに折り畳むことができますよ。重さも50gと軽量なので、持ち運ぶのも簡単。また、トースターやオーブンには使えませんが、電子レンジや冷蔵保存には対応しているので、利便性にも優れていると言えるでしょう。

加えて洗浄の際には、平たく広げられるデザインが役に立ちます。隅々まできれいに洗うことができるので、衛生的に繰り返し使うことができますよ。素材に使われているポリプロピレンも丈夫な素材なので、思い切り洗っても劣化の心配はありません。また、食洗機での洗浄も可能なので、お手入れを簡単に済ませることもできます。

DCダルグリーシュ-フラットサンドイッチケース (1,760円)

スコットランドの上品で洗練されたデザイン

レトロでシックなデザインが目を引く、DCダルグリーシュのサンドイッチケース。スコットランドのメーカーらしいスタイリッシュなデザインは、男女関係なく使えるため、高い人気を誇ります。また、シンプルで機能的な一枚構造を採用しているので、液漏れの心配が無いのも利点。持ち運びの際にも、安心して使うことができますね。

また、使い終わったら折り畳むことも可能なので、持ち帰る際にもコンパクトで楽々。折り曲げや、衝撃に強いポリプロピレン製のため、長期間使うこともできます。加えて、ゴムバンドが付属しているので、鞄の中で開いたり溢れたりすることも防げますよ。英国デザインが好きな方にはもってこいの、高性能サンドイッチケースですね。

メディウム-折るサンド (748円)

コンパクトを極めたスマートなサンドイッチケース

折るサンドの特徴は、食パン一枚で簡単にサンドイッチを作ることができる点です。作り方は非常に簡単で、ケースをシート状に広げて食パンを乗せ、お好きな具材を乗せるだけ。特にラップなども必要ありません。あとは、折り目通りに二つ折りにし、丸穴の開いた端にもう一方の端を差し込んで、左右を畳むだけ。誰にでもできる、シンプルなサンドイッチ作りですね。

作ったサンドイッチは、そのまま持ち運ぶことができるので大変便利。サイズは幅14cm、高さは6cmと、ペンケースほどのコンパクトなサイズなので、かさばらないのも利点と言えます。食べる際にも、ケースの横から引き出せば、手を汚さずに済みますよ。加えてシート状に広げられるケースは、洗浄も簡単で、お手入れのストレスもありません。

スケーター-折りたたみ式三角サンドイッチケース (777円)

三角形のケースは市販のサンドイッチにもぴったりサイズ

三角形のデザインが特徴的な、スケーターのサンドイッチケース。コンビニなどが販売している、三角形のサンドイッチが丁度良く入るサイズとなっています。便利な使い方としては、時間の無い朝にスケーターのケースだけを持ち、購入したサンドイッチを袋のまま入れておくだけ。ケースに入れるだけで、市販のサンドイッチの型崩れをしっかり防いでくれます。

もちろん、手作りサンドイッチを入れることもできますが、やや小さめのケースなので、パンによってはつめることができない場合もあります。お子様や少食の方に、最適な容量と言えるでしょう。また、折り畳み式で一枚構造になっているので、持ち帰りもお手入れも簡単。ポップで可愛く、性能も優れたデザインから、贈答用としても人気ですよ。

セパレートタイプでおすすめのサンドイッチケース

イエロースタジオ-サンバス サンドイッチケース (2,120円)

メッシュ構造が湿気を撃退

レトロで可愛い佇まいが特徴的なサンドイッチケース、サンバス。そのクラシカルなデザインは、アフリカの休日をイメージして作られました。年齢層問わず使っていただける、控えめで艶のある上品な配色もとても魅力的です。幅は197mm、奥行き98mm、高さは72mmと、余裕たっぷりのサイズなので、ピクニックなどのレジャーシーンでも役立ちますよ。

また、容器のデザインにはメッシュを採用しているので、通気性に優れているという利点も兼ね備えています。湿気を逃し、サンドイッチを新鮮に保ってくれるので、出先でも美味しいサンドイッチが食べられますよ。風通しの良い構造は、サンドイッチ以外の食材の美味しさも保ちます。加えて、食後は折り畳むこともできるので、持ち帰るのも楽々。

パール金属-レノン 折りたたみ ランチボックス (509円)

仕切りが付属していて使い勝手抜群

パール金属のレノン ランチボックスは、シンプルで飽きのこないデザインが特徴的。どこか懐かしい、ノスタルジックな色合いやロゴが大人気です。幅175mm、奥行き105mm、高さ75mmの大き過ぎず小さ過ぎず、丁度良いサイズ感も非常に使いやすいですよ。ポリプロピレン製のメッシュの容器も、湿気を溜めない、機能性に優れたものとなっています。

また、付属している仕切り板を使えば、サンドイッチと一緒に付け合わせをつめることもできます。好きな位置に、仕切り板を設置できるのも利点でしょう。ラップやキッチンシートを敷けば、お弁当箱としても使うことができるので便利ですね。食後はコンパクトに畳んで、鞄にしまうことができるので、職場や学校に持って行くにも最適ですよ。

プライムナカムラ-北欧クイジーン サンドイッチお重 (2,980円)

ピクニックなどのアウトドアで活躍するたっぷりサイズ

シンプルで清潔感のあるデザインの中に、暖かい北欧らしさのあるサンドイッチお重。切り株の様な木目調の蓋は、優しいデザインをより一層際立たせています。また、155mmの正方形のケースが、高さ122mmの二段構造になっているので、容量はたっぷり。上段にサンドイッチ、下段におかずやデザートなどをつめることができますよ。

また、大型サイズながら折り畳むことが可能なので、持ち運びも簡単。レジャーシーンでも大活躍です。二段のお重をしっかりと留める、ゴムバンドも付属しているので、溢れる心配も無用。加えて上段と下段、それぞれセパレートで使うこともできるので、幅広いシーンで重宝しますよ。ナチュラルなデザインで、大容量のケースをお探しの方には、もってこいのデザインですね。

アーネスト-わんぱくサンドMogu×2 (1,080円 )

ボリューム満点のサンドが簡単に作れる便利なケース

持ち運ぶだけでなく、サンドイッチを簡単に作ることもできる点が、わんぱくサンドの最大の魅力。更にわんぱくサンドを使えば、普通に作る時よりも、たくさんの具を入れたボリューミーなサンドイッチを作ることができます。また、容器は2つに別れる構造になっているので、作ったサンドイッチをカットする際のガイドとして使用することもできますよ。

カットした後には、ガイドとして使った容器を一つに戻せば、簡単にサンドイッケースに早変わり。幅125mm、奥行150mm、高さ25mmと、大きめでたっぷりサイズなので、食べ盛りの子供や男性にもぴったりなケースですね。また、折り畳み式のデザインでもあるので、食後や自宅での収納時にも、コンパクトでスペースを取りません。

マーナ-ぴたっとランチケース  (1,518円)

食パンと具材を挟むだけで簡単にサンドイッチができる
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 71BdRhkt46L._AC_SL1500_.jpg

ぴたっとランチケースの魅力は、そのミニマムなデザインもさることながら、ケース上でサンドイッチを作れることでしょう。ケースを開いて、プラスチック製の容器部分にパンを敷き、具材を乗せてゆきます。そしてそこへ、もう一枚のパンを重ね、シリコン製の蓋を閉じます。このシンプルで簡単な手順で、あっという間にサンドイッチが完成するのです。

シリコン製の蓋は伸縮性に優れているので、サンドイッチの形状にぴったりとフィット。サンドイッチを崩すことなく、安心して持ち運ぶことができますよ。縦165mm、横162mm、高さ22mmのコンパクトサイズなので、本の様に違和感無く、鞄にしまうことが可能なのも嬉しいポイント。ラップも不要で、洗って何度も使うことができるので、とても経済的ですね。

竹中-お弁当箱 アジロ (1,100円)

美しいアジロ編み模様がレトロモダンな雰囲気を演出

深みのある色合いの蓋に表現されているのは、美しいアジロ編み模様のレリーフ。その高級感のある佇まいには、ついつい目を引かれてしまいます。日本伝統のアジロ模様を取り入れた、レトロモダンな雰囲気の容器には、洋風のサンドイッチを入れても絵になりますよ。出先での食事が楽しくなる様なデザインは、年齢層問わず多くの方から愛されています。

また、容器の側面はメッシュになっており、通気性も抜群。折り畳むこともできるので、食後はコンパクトに持ち帰れますよ。サイズは縦193mm、奥行き97mm、高さ75、と一人分に丁度良いので、会社や学校に持って行くサンドイッケースとしても最適。デザイン性と、性能に優れたケースをお探しの方にぴったりですね。

竹製でおすすめのサンドイッチケース

 漆器かりん本舗-すす竹アジロ編み弁当箱 (4,620円)

竹をしっかり編みこんだレトロな佇まいのケース

丈夫な竹で作られた、すす竹アジロ編み弁当箱は、温もりのある編み込みデザインが特徴的。昔懐かしい風合いを活かしたそのデザインは、サンドイッチだけでなく、様々食材を健康的に演出してくれますよ。まるで昔話に出てくる様な味わいのある雰囲気は、いつものランチタイムを、楽しく新鮮なものに変えてくれるでしょう。

また、竹編みで作られた容器は非常に通気性が良く、サンドイッチの鮮度を保ったまま持ち運ぶことが可能。更に縁と底の四隅は補強して作られているので、耐久性にも長けています。軽くて丈夫なので、持ち歩く時のストレスが少ないことも魅力的ですね。ユニークなデザインのサンドイッケースをお探しの方には、すす竹アジロ編み弁当箱は、機能性も高いのでおすすめですよ。

ナチュラリスト-バンブーボックス (1,320円)

竹のもつ温かさを活かしたデザインがサンドイッチを彩る

細かな手作業が光る、伝統のアジロ編み弁当。隙間のない繊細な編み模様は、どんなデザインとも比べられない高級感があります。サンドイッチを温かく、独特の優しさで包んでくれるので、ランチタイムがちょっと待ち遠しくなりますよ。また、竹は抗菌性、吸湿性ともに優れているので、食材を衛生的に保つことができます。

また使用後は、汚れが目立たない場合には乾拭きするのが理想的。汚れてしまった場合は、台所洗剤で軽く洗って濯ぎましょう。そして、しっかりと陰干しで乾かしてから保管すると、きれいに保つことができますよ。少々手間はかかりますが、丁寧に扱えば一生ものと言われているほど、良質なケースです。味わい深い経年変化を楽しみたい方には、もってこいでしょう。

竹伊-竹製 ござ目編み弁当箱  (7,800円)

竹製の取手が控えめな存在感で上品なケース

自然素材ならではの、優しい佇まいが人気のござ目編み弁当箱。きめ細かな網目が独特な美しさを醸し出し、サンドイッチを含む様々な食品を、さっぱりと演出してくれますよ。また、熟練の職人が一つ一つ丁寧に仕上げている弁当箱なので、その丈夫さは抜群。味わい深い佇まいだけでなく、高い性能もとても魅力と言えるでしょう。

加えて魅力的なのは、蓋についた竹製のシンプルな取手。開けやすさもさることながら、控えめで上品なその佇まいは、弁当箱の高級感を際立たせています。また持ち運ぶ際には、ゴムバンドでしっかりと蓋を留めておくと、中身が溢れる心配がありませんね。手入れも、洗剤で洗ってしっかりと濯ぎ、しっかりと乾かせば完了。長く愛用することができますよ。

share with Kurihara harumi-ランチボックス (4,950円)

昔ながらの弁当箱を連想させる古き良き竹編デザイン

懐かしくて、暖かい気持ちになるデザインが特徴的な、料理研究家の栗原はるみが手掛けたランチボックス。サンドイッチに限らずおむすびなども、通気性抜群の竹素材で、美味しく持ち運ぶことができますよ。竹は非常に軽量ながらも丈夫なので、使い勝手も抜群。レトロなデザイン好きには、たまらないランチボックスでしょう。

手入れに関しても、使用後に布巾で乾拭きすれば大丈夫です。汚れが目立つ場合も、洗剤で軽く洗い流し、しっかりと乾かすだけ。また使用するごとに、ラップやキッチンペーパーを敷くと、劣化しづらくなるのでおすすめですよ。丁寧に使えば使うほど、味わい深い変化を楽しむことができるのも、竹素材ならではの魅力と言えますね。

まとめ

使用頻度や用途に合ったサンドイッチケースを選ぶのがおすすめ

様々な用途や場面に適応したサンドイッチケースが存在するので、自分の生活スタイル合ったもの選ぶことが大切なです。本記事でご紹介した、選び方や特徴、おすすめのランキングを、是非購入時の参考にしてみてください。使用頻度や、通勤手段などと照らし合わせれば、きっと自分のスタイルに最適なサンドイッチケースを選ぶことができますよ。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

コメントを残す

*