コスパ最強ワイヤレスイヤホンのおすすめ人気比較ランキング!【完全ワイヤレスも】

運動中や通勤中に使用したいイヤホンですが、スマホを買い換えた時にイヤホンジャックが付いていなくて困ったことはありませんか。そんな時におすすめなのがコスパ最強ワイヤレスイヤホンです。コスパ最強ワイヤレスイヤホンなら運動中でもコードが邪魔になることも無く、快適に音楽などを楽しむことができますよ。また、最近は手頃な値段でも機能性の高い、コスパ最強なワイヤレスイヤホンが沢山発売されています。そこで今回はおすすめの人気コスパ最強ワイヤレスイヤホンをランキング形式でご紹介。また、あまり知られていないワイヤレスイヤホンの種類についても選び方と合わせて詳しく解説します。ぜひ自分に合ったコスパ最強ワイヤレスイヤホンを見つけてみてくださいね。

コスパ最強ワイヤレスイヤホンの特徴

ケーブルが邪魔にならないから音楽をより快適に聴ける

イヤホンとスマホを無線でつなぐことで、ケーブルが無くても快適に音楽を聴くことが出来るのがワイヤレスイヤホンの特徴。イヤホンを使用したい運動中や通勤中などでも、ケーブルが邪魔をしてイヤホンが耳から外れてしまうのを防ぎます。また、スマホをバッグの中にしまったままでも使用することが出来るのも便利ですね。

無線通信で接続するので絡まることがなく持ち運びに便利

イヤホンを外した後は、ついケーブルをそのままグルグルっとまとめてポケットなどに入れてしまいますよね。後でまたイヤホンを使おうと思っても、ケーブルが絡まってスムーズにイヤホンを使えないことが多いです。このような事が無いのが、ワイヤレスイヤホンのメリット。また、持ち運ぶ際にケーブルの部分が邪魔にならず、コンパクトに仕舞えるのも便利ですよ。

コスパ最強ワイヤレスイヤホンの種類

左右一体型

イヤホンの片方をなくす心配がないので初めての方におすすめ 

イヤホン同士がケーブルでつながっているのが、左右一体型のイヤホン。首の後ろにケーブルを回して使用します。ケーブルがあることで、引っかけることによる断線の可能性やケーブルを触った時に起きるタッチノイズの発生が、デメリットとなります。しかし、左右がつながっていることで、片方のイヤホンを無くしてしまうことを防ぐことが出来るというメリットがありますよ。

また、ケーブルで左右がつながっていると、通信安定性が高いのもメリット。他の種類のワイヤレスイヤホンよりも手ごろな値段で手に入れることが出来ます。初めてワイヤレスイヤホンを探している方や、コスパがいいものを探している方におすすめの種類となりますよ。

完全ワイヤレス型

ケーブルフリーで本体が小さく軽いので場所や服装を選ばないのが魅力的

イヤホンの左右をつなぐケーブルもついておらず、完全なコードレスになっているのが、完全ワイヤレス型。耳に差し込むイヤホンのみとなっているので、本体が非常にコンパクトなのが特徴です。また、ケーブルが付いていない為、断線のリスクも無く安心して使用できるのもいいですね。

デメリットは本体が小さすぎて無くしてしまいやすいことです。また、ケーブルが無いことで接続に不安のある方も。しかし、ここ最近の完全ワイヤレス型は通信安定性が改善されており、実用性の高いイヤホンが増えてきています。持ち運ぶ際の利便性やイヤホンを付けた時に目立たないタイプを探している方にはおすすめですよ。

コスパ最強ワイヤレスイヤホンの選び方

装着方法で選ぶ

低音を重視するなら密閉性の高いカナル型イヤホン

カナル型イヤホンは、耳栓のような形をしたイヤホンを耳の中に差し込むようにして使用します。その為、耳への密着性が高く、音漏れがしにくいことや低音や音の細かい表現までをしっかりと聴くことに向いています。電車やバスに乗った際の音漏れや、周りの騒音が気になるシーンでの使用に最適。他にも密着性が高くて外れにくいので、ランニングなどのスポーツ時に使いたい方にもおすすめですよ。

インナーイヤー型は外音を取り込みやすく耳が痛くなりにくい

インナーイヤー型は、耳の入り口の耳介というでっぱりにイヤホンの丸い部分を引っかけて使用するタイプのことを言います。インナーイヤー型は空間表現の再現度が高く、録音場所の雰囲気などまでが音で感じられるのが特徴。イヤホンからの音漏れがしやすいのがデメリットです。しかし、耳の穴をふさぎ切らないので外音を取り込みやすく、耳が痛くならないのが嬉しいですね。

コーデックで選ぶ

iPhoneユーザーならAACを

Bluetoothを使用したイヤホンでは、音質を左右するコーデックという要素が重要となります。受信側となるイヤホンと送信側となるスマホなどのコーデックがそれぞれ同じものを使用しなければならないので、しっかりと確認することが大切です。iPhoneを使用しているならコーデックはAACに対応しているものを選びましょう。

Androidを使っているならaptXか確認

AndroidのスマホならコーデックはaptXを使用しているので、イヤホンも同様にaptXを使用している種類のものかどうか確認が必要です。また、イヤホンがaptXの場合、iPhoneでは使用することが出来ません。最も良く音楽を聴く機種がどのコーデックに対応しているかを知ることが重要であると言えますね。

機能で選ぶ

周囲のノイズが気になるならノイズキャンセリング機能

ノイズキャンセリング機能とは周囲の雑音を軽減させて、音楽をよりクリアに聴こえるように処理する機能のことを言います。周囲の状況に左右されることなく、音楽に集中できる環境を作ることが出来るのがメリットです。特に電車の中などの持続的に雑音が発生するような状況で効果を発揮。電車やバスなどに乗って移動する時間に使用したい方にはノイズキャンセリング機能付きがおすすめですよ。

スポーツで使うなら汗や雨に強い防水や防滴機能を備えたイヤホンを

イヤホンには防水機能を備えたタイプのものも発売されています。特にランニングなどのスポーツをしながらイヤホンを使用したい場合は、このような防水機能を備えた種類を選ぶのがおすすめですよ。防水機能にはJIS規格により、IPX1からIPX8の防水等級が定められています。ランニングなどのスポーツで使用したい場合は、IPX4以上の等級なら安心して使用することが出来ますよ。

通話をよくするならマイク付きのイヤホンを

スマホで音楽を聴くだけでなく、通話をよくする方ならマイク付きのイヤホンがおすすめです。ハンズフリーで使用することが出来るので、通話しながら他の作業をこなすことが可能。また、相手先の話し声が外に漏れる心配もありません。また、イヤホンについているリモコンによって音楽の再生だけでなく、通話に切り替えられる種類もあり、より便利に使用することが出来ますよ。

通勤や通学に使うなら連続使用時間は4時間から5時間で十分

ワイヤレスイヤホンの場合、連続再生時間はそれぞれのモデルによって大きく異なります。左右一体型のワイヤレスイヤホンなら、10時間以上再生できるモデルもあります。しかし、その分価格が高くなってしまいがちです。通勤や通学で使用する場合なら、4時間から5時間くらいの連続使用時間のものが使い勝手良くおすすめですよ。

充電する際の時間が気になるなら高速充電が可能なものを

イヤホンを多用している場合、気が付くと充電が切れてしまっていることも。その時は、外出先のちょっとした時間でより多くの充電が出来る高速充電機能が付いたものがおすすめです。電源付きのカフェなどで30分お茶をしている間に充電しておけば、ほぼフル充電できるようなモデルもあります。外出時にイヤホンを多用したい方は高速充電機能付きを選ぶと便利ですよ。

コスパ最強ワイヤレスイヤホンのおすすめブランド・メーカー

happy plugs

北欧生まれのおしゃれなデザインで見た目にもこだわりたい方に

日々のファッションにマッチするデザイン性の高さと、機能性の高さで人気のhappy plugs。通勤、通学などのデイリーユースに映えるオシャレなカラーリングが特徴です。また、見た目の良さだけでなく、ワンタッチで音楽と通話を切り替えられる機能や、約15分の急速充電などの多機能さも充実。毎日使う時の気分を盛り上げたい方におすすめのメーカーです。

final

完全ワイヤレスイヤホンデビューにピッタリの性能を備えた1台

解像度が高くクリアな音質にこだわった機能性と聴き疲れをしないバランスのいいサウンドを実現するfinalのワイヤレスイヤホン。イヤホンデビューにもピッタリの使い心地が楽しめますよ。また、エヴァンゲリオン各機をモチーフにしたデザインで他のメーカーのワイヤレスイヤホンと一線を画す存在感があります。初めてのワイヤレスイヤホンを探している方やアニメ好きな方におすすめのメーカーですよ。

JVC

徹底した音質へのこだわりがあり低価格なのに高品質

JVCはオーディオやビデオカメラなどで定評のある日本ビクター株式会社の英語名。オーディオ機器の性能の高さをワイヤレスイヤホンでも実現した高品質なモデルが揃っています。また、手頃な価格帯も魅力の一つ。音質へのこだわりとコスパの良いモデルを探している方におすすめのメーカーですよ。

JBL

付け心地の良さや手軽に音楽を楽しみたい方に

JBLはアメリカの大手スピーカー関連メーカー。迫力のあるサウンドの再現度に定評があります。また、使い勝手の良い機能性と付け心地の良いモデルが揃っているのが特徴です。また、アメリカのメーカーならではのオシャレなデザインも使うたびに気分が盛り上がりますよ。値段も手頃な価格帯となっており、気軽に音楽を楽しみたい方におすすめのメーカーですね。

おすすめ&人気のコスパ最強ワイヤレスイヤホンランキング

左右一体タイプでおすすめのコスパ最強ワイヤレスイヤホン

TaoTronics-TT-BH07 MK2(3,070円)

約20時間の再生のロングバッテリー、防水性能も高いハイスペックな製品

最新クラスのチップを搭載しており、省電力化と高音質のAACに対応した高機能モデル。同社の従来のモデルより大幅にスペックアップしており、Bluetooth5.0採用により通信安定性も向上しています。また、防水機能もIPX5に対応しており、急な雨や水しぶき、スポーツ時の発汗でも故障の心配がありません。

他にも、システムの最適化によって、最大20時間の長時間再生が可能。頻繁に充電をしなければならない手間を大幅に減らすことを実現しました。これにより、日常生活からスポーツ時までの長い時間を快適に過ごすことができます。高い性能と長時間再生を求める方におすすめのモデルですよ。

KONG-X-Ray(3,580円)

耳への負担が軽く、聴き疲れしたくない方におすすめ

カナル型のイヤホンで、着脱式のシリコンフックを採用した耳への負担を軽減したモデル。長時間のリスニングやランニングなどのスポーツ時でも安定した装着感と付け心地が特徴です。コーデックはBluetooth5.0での高音質な音声データを通信できるaptXに対応しており、Androidのスマホユーザーに最適のイヤホンです。

また、コンパクトなサイズ感ながら連続5時間再生が可能。さらに操作部分とバッテリー部分を左右にバランスよく配置しており、重量配分にも配慮された使い心地の良いイヤホンです。長時間の使用にも耐える使い心地の良さを求める方におすすめですよ。

Skullcandy-JIB+Wireless(4,378円)

無駄を一切省いた設計で超軽量化と操作の快適性を実現 

ハンズフリーで通話が可能なマイク内蔵の本体ながらも、超軽量化を実現。ボタン一つで通話切り替えや選曲操作が可能なリモコンも内蔵しています。搭載している充電式バッテリーは連続再生6時間のものを使用。通学、通勤などの移動時間でもストレスなく音楽を楽しめますよ。

カナル型のイヤホンとなっており、様々なサイズのイヤージェルが付属。それにより、イヤホンを付けた瞬間から高い密閉性を得られます。周囲の騒音を気にすることなく、音楽に集中することができますよ。特に電車やバスなどの周囲の音が気になる場所で使用したい方におすすめのイヤホンです。

JBL-T110BT(2,679円)

世界的なオーディオメーカーのサウンドを手軽に楽しめる

世界的な大手オーディオメーカーのサウンドをワイヤレスで気軽に楽しめるエントリークラスのモデル。オーディオメーカーならではのパワフルで深みのある低音が持ち味のイヤホンです。また、音の臨場感をアップさせるよう耳へのフィット感にもこだわり、3種類のイヤーチップを付属。これにより迫力のあるサウンドを手軽に楽しめるのが特徴です。

また、リーズナブルながらも機能性も充実。音量調整、曲の選曲、通話切り替えが出来るマイク内蔵リモコン付きで、使い勝手のいいモデルです。ワイヤレスイヤホンでは、左右を繋げているケーブルに小さくなりがちなバッテリーを内蔵することで、容量をアップ。それにより、最大6時間の音楽再生が可能です。外出時にイヤホンを多用したい方におすすめのモデルですよ。

YAMAHA-EP-E30A(4,090円)

環境によって音を最適化し、耳への負担を抑えた独自の機能を搭載

耳に優しくいい音をもっとクリアに聴けるように配慮されたYAMAHA独自のリスニングケア機能を搭載したモデル。音量に合わせて音のバランスが最適になるように補正し、自然で聞きやすい音を再現できるのが特徴。また、同時に過度な音量アップによる耳への負担を軽減します。

スマホ専用のアプリをダウンロードすれば、リスニングケアの切り替えやバッテリー残量の確認などをスマホの画面で確認しながらスマートに行えます。他にも、スマホに搭載されているボイスアシスタント機能を起動させることも可能。音楽を聴く際の基本的な操作や選曲も声を使って気軽に行えるのがいいですね。耳へのやさしさとスマートな操作性を求めるならおすすめのイヤホンですよ。

完全ワイヤレス型でおすすめのコスパ最強ワイヤレスイヤホン

ANKER-Soundcore Liberty Neo(5,499円)

完全ワイヤレスイヤホンとは思えない臨場感のある再現性を実現

ANKER独自の高度な技術を詰め込んだ高機能なモデル。従来のドライバーよりも35パーセントの軽量化を可能にしたグラフェン採用ドライバーを搭載し、驚くほどの軽さとなっています。また、高品質バッテリーを内蔵しており、イヤホンのみでは5時間、付属の充電ケースを利用すると約20時間の音楽再生が可能。長時間の外出時でも充電切れの心配なく使用することが出来ますよ。

Bluetooth5.0に対応し、さらにイヤホン内部のアンテナを向上させており、音飛びを極限までで抑えた高い通信安定性を実現。音楽再生中の気になる音飛びがほとんど感じられないので、高い没入感を得ることが出来ますよ。長時間の外出が多く、音飛びをしにくいモデルを探している方におすすめのイヤホンです。

SOUNDPEATS-TrueFree+(3,980円)

再生中の操作がボタン1つで出来るので音楽に集中できる

スムーズな操作性が特徴のワイヤレスイヤホン。充電ケースからイヤホンを取り出すだけで、自動的に電源がオンとなり、同時にペアリングがスタートします。また、再生中の操作もリモコンのボタン1つで可能。ボタンはタッチセンサーではない為、誤作動を防ぎます。

最新のBluetooth5.0を搭載し、通信速度や通信範囲において高い性能を発揮。街中での騒音なども気にならずに音楽を楽しむことが出来ますよ。他にも左右それぞれのイヤホンで使用できる片耳モードも搭載。語学学習やポッドキャストなどを聞くときに便利な機能となります。イヤホン本体のみでは約4時間、充電ケースと合わせると最大約35時間という長時間再生が可能なのもメリットの一つ。長時間外出する方や、語学学習などにも使用したい方におすすめですよ。

ag-TWS03R(5,980円)

独自のイヤーピースでこれまで装着感とは違い安定した音楽を聴くことが可能

コロンとした可愛いデザインとカラフルな色合いがオシャレな印象。全体的に小さめのサイズとなり、女性など小さな耳の方でも適度なフィット感が得られます。また、耳垢汚れが気にならない透明ピースを使用したり、指紋が付きにくいフロスト塗装を施したケースにしたりと衛生面にも配慮。特に女性ユーザーにおすすめのモデルですよ。

日本のオーディオブランドのfinalが全面監修した高音質のワイヤレスイヤホン。低音から高音までがバランスよく自然に聞こえるように再現するのが特徴です。Bluetooth採用のイヤホンにありがちな、音疲れが軽減しますよ。いつまでも聞いていたくなるような心地よい音を求める方にも最適のモデルです。

JPRiDE-TWS-520(4,980円)

ハイブランドに負けないパフォーマンスだけを追求

リーズナブルな値段ながら有名音響メーカーの商品と同等のクオリティーが魅力のワイヤレスイヤホン。一流の品質を製造できる工場のみで作られており、ワイヤレス通信、信号処理などにおいてハイスペックな技術を凝縮しています。さらに、専属の音響エンジニアによる高度なチューニングによって、音楽に最適な音質を実現。通信安定性と音響の良さが特徴となっています。

本体は非常にコンパクトで、充電ケースも合わせて49gという軽量化に成功。ポケットに入れておいても気にならない重量で、気兼ねなく持ち運べるのがいいですね。また、本体のみでは6.5時間、充電ケースを使用すると約20時間の再生が可能。持ち運ぶ際に邪魔にならないコンパクトなタイプでハイスペックなモデルを探している方におすすめのイヤホンですよ。

TaoTronics-SoundLiberty92(7,280円)

アジア人の耳を研究しつくした軽く長時間使用しても耳への負担が少ない装着感

人間工学に基づいてアジア人の耳の形状や性質を徹底的に研究してデザインされた、抜群のフィット感が得られるインナーイヤー型イヤホン。耳への閉塞感が無く、一日中使用していても耳が痛くなりにくいのが特徴です。ワイヤレスながらもライブの臨場感や音の重さを生音で聞いているかのように再現するダイナミックドライバーを使用。上質なサウンドを楽しむことが出来ますよ。

新開発のAiroha社によるMCSync技術を採用し、音飛びや遅延を軽減した通信安定性の高いモデル。また、左右のイヤホンそれぞれが同時に受信する為、データ送信の安定性が増しています。片耳での使用も可能となっているので、リスニングなどの勉強にも最適。カナル型のイヤホンでは耳が痛くなる方にはおすすめのイヤホンですよ。

高音質でおすすめのコスパ最強ワイヤレスイヤホン

happy plugs-AIR1GO NUDE(5,570円)

最新のBluetooth接続による素早いペアリングが可能となった快適な通信性が特徴

同メーカーのシリーズ中最軽量かつ最小のサイズとなるワイヤレスイヤホン。最新のBluetooth5.0を採用し、素早いペアリングと安定した接続が可能です。また、14種類のタッチコントロールを備えており、簡単に操作が出来る仕様になっているのも特徴になります。

耳へのフィット感を高める為に、3種類のサイズのシリコンスリーブが付属。それに伴い、オーディオエスペリエンスも向上する効果があります。見た目もオシャレなデザインとなり、機能性と見た目の良さを求めるならおすすめのイヤホンですよ。

JVC-HA XC10BT(7,480円)

衝撃からイヤホンを守るラバープロテクターと防水防塵を兼ね備えたタフなモデル

衝撃からイヤホンを守るラバープロテクターと、汗や水に強く、砂ぼこりに強い防塵規格のIP55に対応したワイヤレスイヤホン。防水、防塵、耐衝撃に対応したタフな本体が特徴です。激しいスポーツやアウトドアなどの屋外での使用に最適なモデルとなりますよ。

また、機能面でも充実しているのが魅力。リモコンとマイク内蔵で、音声アシスタントによる起動も可能。両手が使えない状況でも音楽再生をスタートさせることができますよ。さらに高速充電機能も搭載しており、たったの10分の充電で1.5時間の音楽再生が可能となります。屋外でのハードな使用に耐えられる多機能モデルを探している方におすすめのイヤホンですよ。

final- EVA2020 2号機モデル(26,745円)

アニメ好きの心をくすぐる遊び心たっぷりのデザイン性と機能性の高さが特徴のモデル 

エヴァンゲリオン各機をモチーフにした完全オリジナルデザインのワイヤレスイヤホン。他メーカーでは見かけない、独創的な外観はアニメ好きならつい手に取ってしまいたくなるモデルです。また、見た目以上に機能面も充実。高い音響技術により、クリアなボーカルと低音とのバランスのいいサウンドが実現し、耳疲れを軽減してくれますよ。

 finalの新設計イヤーピースは耳の入り口付近にソフトに装着する設計となっており、耳奥での圧迫感を無くしました。また、サイズピースを5種類付属。耳の穴のサイズによって細かくフィットするサイズを選ぶことが出来ます。少し値段は張りますが、使うたびにテンションの上がる外見と音質の良さを求めるならおすすめのイヤホンですよ。

まとめ

シーンに合ったワイヤレスイヤホンがおすすめ

電車やバスでの通学、通勤で使用したいなら耳へのフィット感が高まるカナル型のイヤホンがおすすめです。周囲の雑音が大きい場所でも音楽に集中することができますよ。より騒音を気にしたくない方はノイズキャンセリング機能がついたイヤホンを選ぶのもいいでしょう。また、片耳で使用できるタイプもあり、そのようなイヤホンならリスニングなどの勉強にも役立てることが出来ますよ。今回はおすすめのコスパ最強ワイヤレスイヤホンをランキング形式で紹介しました。ぜひ、自分にとって使いやすいワイヤレスイヤホンを手に入れて、より音楽を楽しんで下さいね。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

コメントを残す

*