おすすめのカクテルシェーカー人気比較ランキング!【セットも】

自分で自由に好きなカクテルが作れるカクテルシェーカー。しかし、カクテルシェーカーを使ったことのない方にとっては、いったいどのようなものを選べばよいか迷うかもしれませんね。今回の記事では、おすすめのカクテルシェーカーとともに、種類や選び方についても紹介しています。上級者の方におすすめのカクテルシェーカーも紹介していますので、ぜひ最後までご覧ください。

カクテルシェーカーの特徴

自宅でオリジナルカクテルが気軽に作れる

カクテルシェーカーは、複数のドリンクを組み合わせてシェイクするカクテル作りのための道具です。持っていると、自宅で自由にカクテルを作れるのが魅力です。自作のオリジナルカクテルで余暇を過ごす、といった優雅な使い方もできますね。

来客時には自作のカクテルでおもてなしも

家族や友達が来たときに、自作のカクテルを出しておもてなしをするとスマートです。カクテル作りができると、話のネタにもなり一目置かれそうですね。また、いろいろなドリンクを持ち寄ってのカクテルパーティーなどを開催するのも楽しいですよ。

カクテルシェーカーの種類

3ピースシェーカー

初心者におすすめの一般的なカクテルシェーカー

はじめてカクテルシェーカーを使うという方は、まず3ピースシェーカーを使うのがおすすめ。その名のとおり3つのパーツからなっており、最も一般的なカクテルシェーカーです。幅広くいろいろなカクテル作りが楽しめます。

手になじみやすく持ちやすいフォルムが特徴で、扱うための難易度が低く初心者向きといえるでしょう。スタンダードなカクテルシェーカーであるため、素材やデザインなどさまざまなカクテルシェーカーが販売されているのもポイントです。ご自身の好みに合ったカクテルシェーカーを探してみましょう。

ボストンシェーカー

空気を含ませて香りのよいカクテルが作れる

ボストンシェーカーは、縦に長くサイズが大きめなのが特徴です。ティンとパイントグラスという2つの部品で構成されているため、2ピースシェーカーと呼ばれることもあります。ストレーナーが付属していないため、作るカクテルの種類によっては別途準備が必要です。

サイズが大きいため扱いにくいという難点もありますので、カクテル作りに慣れている方におすすめ。ボストンシェーカーはその容積を使ってドリンクに空気を多く含ませることができるため、アルコールの角が取れたまろやかな味わいのカクテルを作ることができます。そのため、ミルクやフルーツを使ったカクテルなど、口当たりのやわらかいカクテルを作るのにおすすめです。

バロンシェーカー

シェイク音も楽しめるプロ仕様

カクテル作りの音も楽しめるのがバロンシェーカーです。シェイキング中に氷の衝突音がシェーカー内で鳴り響くことで、独特のシェイク音を楽しめます。プロのバーテンダーもバロンシェーカーを使用することが多く、まるで本当のバーテンダーになったような気分でカクテル作りを楽しめます。

しかし、直線的なフォルムのため氷などをシェイキングしにくいというデメリットもあります。そのため、バロンシェーカーを生かすにはある程度の技術も必要です。カクテル作りに慣れている上級者の方におすすめのカクテルシェーカーです。

カクテルシェーカーの選び方

素材で選ぶ

プラスチック製は軽くてリーズナブル

プラスチック製のものは軽くて扱いやすいのが特徴です。また熱を通しにくいため、氷の入ったシェーカーを長く握っていても手が冷たくなりません。価格も他の素材に比べるとリーズナブルであるため、お試しでカクテルシェーカーを購入する方などにおすすめです。また、持ち運びがしやすいため、キャンプなどのアウトドアで使用する際にも便利です。

耐久力と保冷に優れたステンレス製

艶のある表面が美しく、一般的にシェーカーでもっとも多く使われる素材がこのステンレスです。ステンレスは他の素材に比べ耐久性が高いのも特徴で、長く愛用するのにぴったり。重量は比較的軽く、さびなどもつきにくいためお手入れも簡単です。保冷性も高いため、カクテルがぬるくなってしまうような不安も少なく使えます。

高級感を醸し出せるのはガラス製のカクテルシェーカー

ガラス製のシェーカーは、透明であるためシェイクの際に液体が混ざり合う様子が見てとれます。そのため、チャイナブルーやシーブリーズといった色鮮やかなカクテルを作るのにおすすめです。またガラス製のものは高級感がありラグジュアリーな雰囲気のものが多くなっています。インテリアとしても使うことができそうですね。

サイズで選ぶ

350ミリリットル程度のものであれば扱いやすい

プロのバーテンダーはスマートにシェイクしていますが、これを自分で実際にやってみると、慣れないうちは意外と腕が疲れるものです。ですので、カクテル作りに慣れていない方は、あまり大きいサイズのカクテルシェーカーを選ばないほうが無難でしょう。容量が350ミリリットル程度までのものであれば、扱いやすくおすすめです。

友人や家族に振る舞う場合はたくさん作れる大きなサイズのものも

カクテル作りに慣れてきて、知人などにカクテルを振る舞いたいという方は大きめサイズのものを選ぶとよいでしょう。大きいサイズのものは700ミリリットル以上の容量があるものもあります。一度に多くのカクテルが作れるため、何度もシェイクする手間が少なくてすむでしょう。また、触れる空気が多くなることでまろやかなカクテルに仕上がりやすいのもポイントです。

カクテルシェーカーのおすすめブランド・メーカー

ナガオ

国内シェアナンバーワンブランド

ナガオは、ステンレスを取り扱う老舗メーカーです。カクテルシェーカーにおいて、国内シェアナンバーワンのブランドです。リーズナブルで、扱いやすいスタンダードな製品が多いのが特徴となっています。

三宝産業

オリジナルブランドYUKIWAで有名

三宝産業は、銀器、ステンレスの専門ブランドです。三宝産業のオリジナルブランドYUKIWAは、カクテルシェーカーで高い知名度を誇っています。メジャーカップなどカクテル作りのための他の道具も取り扱っており、ブランドを合わせると統一感が出そうです。

和田助製作所

機能的で世界的に高い評価を受けているブランド

和田助製作所は、数々のステンレス製アイテムを手がけるブランド。幅広くステンレスアイテムを製作する技術やノウハウは、カクテルシェーカーにも生かされています。和田助製作所が手がける機能的な作りのカクテルシェーカーは、世界的にも高い評価を受けています。

横山興業

異業種の技術を生かしたカクテルシェーカーを手がける

横山興業は、主に自動車部品などを製造するメーカーです。異業種であるものの、その技術を生かしての美しい研磨や、スタイリッシュなデザインが魅力です。オリジナルブランドBIRDY.は、カクテルシェーカーの人気シリーズとなっています。

おすすめ&人気のカクテルシェーカーランキング

初心者におすすめのカクテルシェーカー

赤川器物-カクテルシェーカーB (2,310円)

スタンダードで扱いやすいカクテルシェーカー

創業70年を超える老舗メーカーである、赤川器物製のカクテルシェーカーです。スタンダードなフォルムに初心者でも安心の3ピースシェーカー。容量も360mlと扱いやすいサイズとなっています。

ステンレス製でほどよい重みがあり、お手入れも簡単。底面の方が細くなっており、氷を回転させるときにスムーズに行うことができます。また、同タイプで容量が大きい500mlサイズのものも展開しています。

青芳-NEWスタンダードカクテルシェーカー (748円)

容量160mlの小型カクテルシェーカー

小型サイズが特徴のカクテルシェーカーです。容量は160mlと少なめで、コンパクトサイズ感は女性や手の小さい人にも使いやすいでしょう。シェーカーの種類は3ピースタイプで、ステンレス製となっています。

高さも14cmと低く、収納する際にも場所を取ることがありません。また、114gと軽量で携帯性にもすぐれています。外出先でもカクテルシェーカーを使いたいという方にもおすすめです。

uxcell-カクテルシェーカー (1,101円)

プラスチック製のリーズナブルなカクテルシェーカー

シェーカーのタイプは、初心者にも扱いやすい3ピースタイプ。プラスチック製のカクテルシェーカーとなっており、中身が見えるため、シェイキング中の液体の様子を確認できるのも便利です。鮮やかな色の液体が混ざり合っていく様子を見ているだけでも楽しめますよ。

容量は、そこそこ大きめの530mlとなっています。お手入れの際は、食器洗い機を使って洗うことも可能。価格はリーズナブルで、お試しではじめてカクテルシェーカーを使う人にもおすすめです。

三宝産業-ユキワ カクテルシェーカー (5,828円)

表面の艶消しが特徴

三宝産業の手がける、YUKIWAブランドのカクテルシェーカーです。カクテルシェーカーの定番ブランド商品で、安心して使うことができます。ステンレス製で、容量は360mlとお手頃なサイズとなっています。

ステンレス製といえばシルバーに輝く表面のものが多いですが、このカクテルシェーカーは艶消しをしているのが特徴的。そのため、落ち着いた印象を与えることができます。シンプルでスタンダードなデザインで、機能美を感じさせられる一品です。

ナガオ-カクテルシェーカー (2,178円)

スタンダードながらこだわりの作り

シェアナンバーワンを誇るブランド、ナガオが手がけるカクテルシェーカーです。金属加工で有名な燕市で製造されたステンレス製となっています。さびに強く強度の高い18-8ステンレスに、表面は鏡面仕上げをされています。

スタンダードな作りながら、かみ合わせ部分は職人が一つ一つチェックするなどこだわりの作りもポイント。容量は250mlで小さめ、ショートグラスで1杯から2杯分作ることができます。同タイプで350mlの容量のものも展開していますので、ロンググラスのカクテルを作りたい場合は、そちらを選んでもよいでしょう。

AWHAO-カクテルシェーカー (2,495円)

目盛りがついていて練習用にも使えるカクテルシェーカー

透明なプラスチックという素材を生かして、ボディに目盛りがついているのが特徴のカクテルシェーカーです。そのため、しっかりとリキュールなどの分量を確認しながら作ることができます。はじめてカクテルシェーカーを使う方や、練習用にピッタリのカクテルシェーカーとなっていますよ。

容量は350mlと手になじみやすいサイズ、3ピースシェーカーというのも初心者に使いやすくなっています。また、同タイプで700mlや1000mlなど、大容量のカクテルシェーカーも展開されています。プラスチック製であり持ち運びがしやすいため、大勢でのパーティやアウトドアイベントなどに持ち出して使うにも便利です。

ワンランク上のカクテル作りにおすすめのカクテルシェーカー

江部松商事-ボストンシェーカー (2,288円)

840mlの大容量ボストンカクテルシェーカー

840mlという大容量サイズが特徴のカクテルシェイカーです。容量が大きいカクテルシェイカーは労力を必要とするものの、そのぶん一度にたくさん作れるのが魅力。大勢の人たちに手作りオリジナルカクテルを振る舞うようなシーンで、活躍しそうなカクテルシェーカーです。

その大容量はドリンクに空気を含ませて、まろやかな味に仕上げる事ができます。カクテル作りに慣れている人や、一度にたくさんのカクテルを作りたい方におすすめのカクテルシェーカーです。また、ステンレスとガラスのボストンシェーカーは、インテリアとして使ってもアクセントになりそうですね。

三宝産業-バロンカクテルシェーカー (4,710円)

氷の音を鳴らせるプロ仕様のバロンシェーカー

プロも使うことの多い、直線的なフォルムをしたバロンシェーカータイプとなっています。バロンシェーカーの特徴的なかん高い氷の音も、簡単に鳴らすことができます。このカクテルシェイカーを使いこなせれば、傍目にもまるでプロのバーテンダーのように見えますよ。

素材には耐久性の高い18-8ステンレスを使用しており、長く愛用できる一品。容量は500mlと、グラスのサイズを問わず対応できる比較的大きめとなっています。本格的なカクテル作りを楽しんでみたい方におすすめのカクテルシェーカーです。

和田助製作所-カクテルシェーカー (4,071円)

スタンダードなフォルムで710mlの大容量

機能性の高さで、世界的にも評価の高い和田助製作所が手がけるカクテルシェーカーです。素材は、高耐久性の18-8ステンレスを使用しており、長く使える一品となっています。さまざまなステンレスを扱うブランドだけに、しっかりした作りと美しい表面となっています。

3ピースシェーカータイプで、容量は710ml。スタンダードなフォルムはシェイクしやすく、熱伝導率も良くなっています。一度に多くのカクテルを作れますが、サイズが大きめのためカクテル作りに慣れている方におすすめです。

デザイン性でおすすめのカクテルシェーカー

横山興業-カクテルシェーカー (11,400円)

デザインと品質を両立させたハイエンドカクテルシェーカー

横山興業の手がけるブランド、BIRDY.のカクテルシェーカー。自動車メーカーから培った研磨技術による表面のステンレスが美しく、丸みを帯びた独特のフォルムに仕上げられています。シンプルながらも、高級感と柔らかさを併せ持ったデザインです。

シェーカー内部も、ドリンクや氷にストレスをかけないなめらかなものとなっており、スムーズに材料が混ざり合うようにこだわって作られています。また、0.1ミクロンまで精密に研磨されており、なめらかな中にも意図的に残された凸凹が微細な気泡を作ることで、まろやかな口当たりとなるように仕上げられています。より美味しいカクテルを作りたいとお考えの方におすすめのカクテルシェーカーです。

青芳-ガラスシェーカー (2,343円)

目でも楽しむことができるガラス素材のカクテルシェーカー

創業70年を超える老舗メーカである青芳製の、ガラス素材が特徴的なカクテルシェーカーです。シェイキング中のリキュールやトニックが混ざり合う様子が見えるので、目でも楽しむことができます。またガラスとステンレスで作られた美しいボディは、インテリアとしても使えそうですね。

サイズは300mlで手に収まりやすく、初心者でも扱いやすい3ピースタイプとなっています。ここで紹介しているのはMサイズですが、200mlのSサイズと、500mlのLサイズも展開されています。用途や技術にあわせたサイズを選ぶことができるのも嬉しいですね。

横山興業-ダブルティンシェーカー (19,800円)

世界中で愛されるスタイリッシュなカクテルシェーカー

ステンレスのティンを2つ組み合わせた、独特の形状のカクテルシェイカー。そのティンにより、スタイリッシュで美しいフォルムを生み出しています。このデザインながら内部には段差が生じない設計となり、液体や氷へのストレスも軽減しています。

内部は0.1ミクロンレベルで研磨されており、きめ細かな気泡がまろやかな味わいのカクテルに仕上げます。高い機能性と美しいデザインを両立した、ハイエンドなカクテルシェーカーとなっていますよ。複数の国に輸出されており、世界中でプロのバーテンダーにも愛用されています。

セットでおすすめのカクテルシェーカー

Lucky Style-5点バーセット (4,980円)

レモン絞りのついたカクテルシェーカーセット

メジャーカップやバースプーンなどがセットになっている、カクテルシェーカーセットです。カクテル作りに必要な道具が一通りそろっているため、はじめてカクテル作りを体験するという方にもおすすめです。またレモン絞りがついているので、ジンフィズやマウンテンといった、レモンを使ったカクテルが好きな方におすすめ。

メジャーカップには、利用者の声を反映して、目盛りつきの30mlと45mlの2タイプが付属しています。カクテルシェーカーは350mlと、お手頃で使いやすいサイズ。全てステンレス製となっています。

LOVIMELA-18点セットカクテルシェーカー (4,560円)

リーズナブル価格で18点の道具がセットに

18点のアイテムがセットになっている、便利なカクテルシェイカーセットです。このセットひとつで、さまざまなカクテル製作が可能となるでしょう。これだけのセットでありながら、リーズナブルな価格となっているのも魅力です。

ステンレスには鏡面加工が施されており、研磨やデザインにもこだわって作られています。メインのカクテルシェーカーは、550mlサイズの3ピースシシェーカー。ステンレス製のさまざまなカクテルシェーカー道具がセットになっている様は見た目にも美しく、ギフトにも使えるでしょう。

まとめ

自分のレベルに合ったカクテルシェーカーがおすすめ

カクテルシェーカーには多くの種類がありますが、扱いやすさにはけっこう差があります。カクテル作りがはじめての方や慣れない方は3ピースシェーカーを選ぶとよいでしょう。上級者の方は、ボストンシェーカーやバロンシェーカーで1レベル上のカクテル作りを楽しんでみてください。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

コメントを残す

*