ミニテーブルとのセットもおすすめ!オシャレなリビングソファーまとめ

リビングソファー

今回はリビングソファーについて紹介したいと思います。リビングは自宅の中でも最も重要な部屋です。普段は家族で食事をしたりテレビを見たりと言った団らんの場所であり、来客時にはお客様にくつろいでいただく場所にもなるでしょう。そんなお家の中心になるリビング、家具も慎重に選びたいですよね。
一言でリビングと言っても、人によってお部屋の大きさも違えば家族の人数も違います。それぞれがイメージする「リビング像」も違っているはず。そんなさまざまなリビングに対応できるよう、各社からさまざまなタイプのリビングソファーが発売されています。
自分に合ったリビングソファーはどんなものか?改めて知りたいリビングソファー選びのポイントは?など、具体的な商品例を交えてご紹介したいと思います。

リビング ソファーとは?

商品カテゴリとして「リビングソファー」と言うものはありません。「リビングに置くことを想定したソファー」と理解するのが良いと思います。
主にテレビを見たり団欒したりと言った用途で使われることが多く、長時間座っていられるように設計されているものが多いですね。
また多くの人目につきやすいということもあり、北欧風のデザインにしたりレトロなデザインにしたりなど、見た目に特徴を出しているものも多く見られます。

リビング ソファーの使い方

基本的な使い方はやはり座ることです。
ソファーベッドカウチソファとは異なり、寝そべったり足を伸ばしたりと言った使い方をすることは少ないですね。
そのためソファーを選ぶにあたっても座り心地や触り心地と言った、ソファー本来のシンプルな部分を重視すると良いでしょう。
メーカーとしてもそういった使い方を意識し、座面のクッション性や背もたれの厚さなどに特徴を出してきている製品が多く見られます。

リビング ソファーの種類

ダイニング兼用リビングソファー

リビングでの使用のみならず、ダイニングでも使用できるようになっているタイプです。
家具を増やすことなく複数のシーンに対応できるため、一人暮らしなどで部屋が狭く、ソファーにあまり多くのスペースを割けない人に人気があります。
見た目がシンプルでスタイリッシュだったり、座面位置により固さを変えるなど、長時間の仕様を想定した作りになっているものが多いようですね。

組み換え可能型リビングソファー

各パーツの切り離しや組み合わせが自由にできるタイプです。
家族構成の変化や状況の変化はもちろん、その日の気分などでも柔軟にレイアウトを変更することができるので、飽きやストレスを感じにくく、長期間使用することができます。
お部屋の模様替えを定期的に行いたい人にとっては、お部屋の大きさや周りの家具とのバランスに合わせて形を変えられるこのタイプが人気ですね。

ロータイプリビングソファー

座面や背もたれを低くしてあるタイプのリビングソファーです。
それにより圧迫感を軽減し、お部屋を広く感じることができます。
ソファーの座面と床の高さがそれほど変わらないため、お友達などを呼んで大勢で集まった際に、ソファーに座った人も床に座った人も目線の違いをそれほど感じません。
コミュニケーションを取りやすいという特徴があります。

リビング ソファーの選び方

デザイン性で選ぶ

リビングソファーは形も重要です。
ロータイプのものであれば部屋を広く見せられますし、木製パーツを多く使用しているものであればレトロな雰囲気を演出することもできます。
肘置きの有無や幅、背もたれの高さなど、ちょっとした違いでお部屋の雰囲気は大きく変わるもの。まずはフラットな視点でさまざまなソファーを見て、自分の感性に合うものを選ぶと良いでしょう。

付属機能で選ぶ

リビングソファーにはオットマンやスツール、ソファテーブルと言った付属機能が充実しているものもあります。
ソファーそのものの機能には影響しませんが、あるとないとでは使い勝手や取れるレイアウトの選択肢が大いに変わってきます。
用途や使う人数が具体的にイメージできない人は、こういった付属機能があるものを選ぶと色々なシーンに対応できるので安心かもしれませんね。

色で選ぶ

リビングは人が多く集まる場所ですので、リビングソファーも見た目は重視したいところ。
落ち着いた雰囲気にしたいならば濃い色で革などを使用しているものが良いですね。またカラーバリエーションの多いソファーにすれば、壁や床、他の家具との雰囲気を合わせやすいというメリットがあります。
ソファーの色はリビング全体の特徴を決める重要な要素。よく吟味するようにしてくださいね。

リビング ソファーで人気のブランド

Doris

各種のソファーを始め、テーブルやベッドなどの家具を取り扱う「Doris」です。
ネット通販での販売を主力にしています。形態としては輸入商品販売ですが、その商品はDorisのスタッフが自分自身で選定し、良いと判断されたものだけを仕入れているそうですよ。
デザインはシンプルで価格もリーズナブルなものが多いですね。
リビングソファーに関しても使いやすい商品がラインナップされています。

カリモク家具

家具業界の最王手メーカー「カリモク家具」です。
ソファーやテーブル、各種の棚やベッドと言った家庭向け家具の製造から販売までを一貫して行っています。
全国にショールームを配置しているため、どんな家具があるのか、どんなレイアウトが良いのかなどを購入前に自分の目で見て触って確認できるのが嬉しいですね。
木製製品への強いこだわりがあり、リビングソファーも木製の高級感ある商品となっています。

モダンデコ

ベッドやソファーなどの家具から、テレビ台、雑貨、家電まで、お部屋に置くものを総合的に取り扱うインテリア用品店「モダンデコ」。
おしゃれな商品やかわいい商品を取り揃えているため、女性を中心に人気があります。
付加サービスが充実しており、購入した家具の開梱から設置、梱包材の片付けまでを行うサービスや、モダンデコとしての1年保証サービスなどを行っています。
女性の一人暮らしでも安心、頼もしいですね。

IKEA

北欧発のインテリアブランド「IKEA」です。
日本にも複数店舗を展開しているため、知っている方も多いでしょう。
魅力はやはり見た目のおしゃれさ。日本にはない雰囲気を出しているため、家具一つで部屋の空気を一変させることができますよ。
見た目のわりに低価格であることや、商品種類が多いことも嬉しい。リビングソファーもIKEAらしさが全面に出た商品が並んでいます。

フランフラン

インテリアや雑貨を取り扱う「フランフラン」です。
寝具やソファーを中心に、一通りの家具がラインナップされています。
日本全国に80店舗以上を展開しているため、名前を知っている人もいるのではないでしょうか?
デザインとしては色鮮やかで、見た人を引きつけるものがあります。特に女性ファンが多いようですね。
ただ見た目だけでなく機能的にも優れたものが多いのも大きな魅力です。

おしゃれでおすすめのリビング ソファー20選

デザイン性に富んだリビングソファー

Doris-ジーノ 24,990円

横幅177cmのリビングソファー「ジーノ」です。
アーティフィシャルレザーを使用した高級感のある外観と、ゆとりのあるサイズでリラックス感が高まります。
座面の高さは高すぎず低すぎないため、大勢の人が集まったときに床に座った人ともコミュニケーションしやすいのが嬉しいですね。
クッションは厚めのシリコンフィルが使用されており、羽毛のようなしっかりとした弾力感が特徴です。

BIMAKES-CALIFORNIA50’s SOFA Patchwork-DENIM 129,600円

アメリカな雰囲気を全面に放つリビングソファーです。
デニムのパッチワークが目を惹きますね。アンティークな雰囲気を出したい方にはぴったりではないでしょうか。
見た目はヴィンテージ感を出しながらも、内部構造にはしっかりとしたこだわりが見られ、座面や背もたれにはウレタンに加え中空繊維を使用。これによりほどよいやわらかさとホールド感を実現しています。
才色兼備のソファーで、リビングをより一層快適な空間にしましょう。

ディープフィーリングソファー 53,784円

重厚感のあるロータイプのリビングソファーです。
脚がスチールでスタイリッシュ、一般的なソファーの脚は木製のものが多いので、金属製は目を惹きますね。
このソファーは座面に特徴があり、前に比べ後側が緩やかに低くなっています。この角度により絶妙な座り心地を得られるとのことです。
生地は通常のファブリックに比べ、高級感のあるPVCレザーも選択可能。リビングのスタイリッシュさがより引き立ちますよ。

3~4人掛けリビングソファー 42,990円

3~4人掛け可能なリビングソファーです。
見える部分にも天然木材が多く使われていて、高級感が出ていますね。
4人掛けできるサイズなのにデザインは無駄がなくスッキリした印象、ワンルームに置くこともできます。
実は肘置きの幅を狭めるなど、省スペースのための細かな工夫がされているのです。
座面はしっかりした弾力のため、固めが好みの人に合うでしょう。
部屋が狭くてもなるべく豪華なリビングソファーを置きたいと言う方にお勧めですね。

片アームレストソファー 39,990円

2人掛けの小さめなリビングソファーです。
横幅が161cmとそれなりに広いにも関わらず、場所をとっている感じがしないのが特徴。
その秘密は低い背もたれと、肘置きが片方にしかないというデザインによるもの。
生地はファブリックで、若干のヴィンテージ感を出しているところがオシャレです。
部屋があまり広くなく、ご家族も少ない新婚の方などにオススメですね。

3トーン2人掛けソファー 24,990円

モダンな雰囲気の2人掛けソファーです。
まずは目を惹く外観ですが、トーンの異なる3色が組み合わさっていて、とってもオシャレ。
作りもしっかりしていて、生地は触り心地を重視した上質のファブリックを使用しています。
また背もたれがとても厚く、安心して体をあずける事ができますよ。
フラットで幅のある肘置きにはスマートフォンや本などをちょっと置くのに便利。
床からの距離が16cmあり、掃除機も使いやすい絶妙な高さなのが嬉しいですね。

カリモク家具-2人掛けリビングソファー 71,064円

カリモク家具のソファーです。
ふんだんに使われている木製パーツがとてもレトロな雰囲気をかもし出しています。
生地は背もたれにも座面にもダイヤモンド柄の合成皮革が使われていて、木製パーツとあいまって高級感がありますね。
もちろんソファーとしての品質は高く、ウレタンとバネによる高いクッション性はさすがカリモク家具といった感じ。
安心の日本製なのも嬉しいポイントです。
リビングで個性を出したい人にとって、有力な選択肢ではないでしょうか。

ニコラソファー 79,840円

おしゃれなデザインが目を惹くリビングソファーです。
198cmという幅広デザインになっていて、二人や三人でゆったり使用でするのが良いでしょう。
背もたれを敢えて低くしてあるところがポイントで、これにより部屋の圧迫感が抑えられています。
座面はファブリック生地で肌触りを重視し、肘置きはPUレザーで耐久性や汚れへの強さを重視しています。
見た目と使い勝手を両立したデザインですね。

本革リビングソファー 111,240円

3人が余裕で座れるリビングソファーです。
座面や背もたれには本革が使用されていて、落ち着きと高級感を放っています。
フレームの天然木材の色がまたデザインを引き立てていますね。
内部のクッションは羽毛とウレタンフォームが入っていて、座り心地はしっかりとしています。
ソファー周辺には雰囲気を合わせた小物をゆとりあるレイアウトで配置し、リビングをよりおしゃれに演出しましょう。

付属機能が優れたリビングソファー

モダンデコ-二人掛けリビングソファー 33,990円

モダンデコの2人掛けリビングソファーです。
背もたれは高め、頭までしっかりサポートします。ソファーに完全に身を任せることができますよ。
また長めのオットマンが付属しています。独立した椅子としての使用はもちろん、ソファーと繋げてカウチスタイルにしてもOK。簡易テーブルにもなりますのでリビングでの様々なシーンで活躍することでしょう。

3人掛けコーナーソファー 79,990円

大き目のソファーです。
リビングのコーナーにおけるタイプで、大人4人が余裕で座れるサイズです。
肘置きとなるアームの幅も広く、本や携帯電話、タブレットなどを一時的に置くのに便利ですね。
座面の奥行きが60cmもあるため、普通に座るのはもちろん、胡坐をかいたり寝そべったりと、姿勢の切り替えも楽にできます。
リビングにはこれくらいのサイズのソファーがあるとゆとりを持てて良いでしょう。

ミニテーブル付き5人掛けソファー 45,144円

5人で座れるソファーです。
コーナーへの設置に最適で、コーナー部分に付いているミニテーブルに照明や観葉植物を置くととてもおしゃれな雰囲気になるでしょう。
一部のソファーの背もたれを前に倒してもミニテーブルがあり、こちらはドリンクを置くカップホルダーが付いています。
生地はPVCレザーのため、見た目の高級感に加え汚れにも強く、水拭きが可能。
リビングは人の出入りが多い場所ですので、見た目もおしゃれで使い勝手の良いこのソファーは大いに活躍することでしょう。

ダイニング兼用リビングソファー

フランフラン-ピオニ ソファー&カウチセット ネイビーxナチュラル 100,000円

フランフランのリビングソファーです。
シンプルでクセがないデザインです。脚の木目が美しいですね。
このソファーはリビング用でありながら、ダイニングでの使用も想定しています。
食事をする場所とくつろぐ場所を一つにまとめると言う、新しい発想です。
同じ場所でその二つが両立できたら、空いたスペースを有効活用できるので非常に便利ですね。
シンプルな見た目ながらも大胆なコンセプトのこのソファー、お部屋が小さめで家具の配置に悩んでいる方は、是非試してみてはいかがでしょうか。

アームソファー 64,000円

リビング&ダイニング用ソファーです。
ブラウンの色がちょうどよいヴィンテージ感を出していますね。
カジュアルながらもおしゃれな雰囲気を醸し出しています。
座面は硬すぎないバランスに調整されていて、長く座っていられる仕様。お仕事用としての使用も良いかもしれませんね。
映えるデザインのため、部屋のコーナーでも真ん中でも置くことができます。
レイアウトしやすいのは嬉しいですね。

アームレスソファー 97,092円

2人掛けソファーです。
敢えてアームをなくしてスッキリさせた外観が特徴です。
座面は柔らかすぎず、長時間使用しても疲れません。映画などを長く集中して見たいときに良いですね。
リビングでもダイニングでも使うことを想定していて、座面の前側は固くしてテーブルに近づきやすく、座面の後ろ側はクッション性を高めてのんびりとくつろげるよう工夫されています。
うまく活用してリビングの省スペース化を目指しましょう。

レイアウト組み換え可能型リビングソファー

L字コーナーソファー 29,990円

レイアウトがしやすいリビングソファーです。
組み換えが自由なため、コーナーに配置したいときも部屋の中央に配置したいときも、それぞれ最適な形に変えることができます。
付属のスツールが魅力で、独立した椅子として使用したり、ソファーと繋げてカウチスタイルで使用したりなど、様々な応用が可能。
カラーでプレミアムPVC生地を選ぶと、背もたれがダイヤモンドステッチの柄になり、とってもおしゃれ。
リビングをより優雅な雰囲気にする事ができます。

5人掛けコーナーソファー 69,990円

レイアウト自由自在なリビングソファーです。
座面は高めになっており、立ったり座ったりといった動作がしやすくなっています。
座面の内部はウレタンにポケットコイルを混ぜた8層構造になっており、余計な沈み込みがない上に寿命も長いとのこと。
最大の特徴はレイアウトのしやすさで、コーナーソファにも対面ソファーにもすることができます。
どんなリビングにも合わせることができるでしょう。

スツール付きリビングソファー 89,000円

レイアウト自由なリビングソファーです。
ゆったりくつろげるロータイプ仕様。
ソファー部はそれぞれ切り離して独立させることができるため、様々な配置に組み替えることが可能。
オットマンが付属しています。独立した椅子としても使用できますし、ソファーとつなげてシェーズロングとしても使用できます。
レイアウトの幅がさらに広がりますね。

カラーバリエーションの多いリビングソファー

リビング用ローソファー 15,990円

二人掛けソファです。
デザインはシンプルでコンパクト、4色のカラーバリエーションがあり、しかもロータイプのため部屋への圧迫感が少なく、どんな場所にでもなじむのが強み。
座面は弾力があり、沈み込まず座っても疲れにくい硬さに仕上がっています。
また肘置きには工夫が見られ、後方側が低くなるよう角度がついているので肘がとても置きやすく、リビングでのリラックスタイムがより素敵なものになるでしょう。

IKEA-NOCKEBY 3人掛けソファー 84,990円

IKEAの3人掛けソファーです。
IKEAらしいシンプルで無駄のないデザインですね。
カラーバリエーションは6色あるため、どんな部屋にも自然に調和させることができますよ。
脚部分の木製パーツは色濃く仕上げてあり、高級感を演出しています。
シート内クッションは型くずれしにくいポケットスプリング。厚みがあって少し柔らかい感触ですので、いつまでも座っていたくなるような快適さを味わうことができます。

まとめ

さまざまなリビングソファーを紹介させていただきました。昔ながらの定番スタイルのものから、ちょっと変わったデザインのものまで、同じリビングソファーという名前でもこれだけ中身が違うものなのだと改めて思い知りましたね。
気になるソファーは見つかったでしょうか?
お家の中心となるリビング、その中心となるソファーですので、そう簡単に決められるものでもないでしょう。特に引っ越しや結婚など、新しい暮らしをきっかけにリビングソファーの購入を検討している方は、どんな部屋にしたいのか、どんな生活スタイルをしたいのか、改めて具体的にイメージすると良いと思います。
あなた自身が理想とする暮らしの中心に、素敵なリビングソファーがありますように。

このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。