おすすめのまな板シート人気比較ランキング!【使い捨ても】

料理を作る際、まな板が重くて作業が大変だと思ったことはありませんか。そんな時におすすめしたいのが、まな板シートです。まな板シートなら薄くて軽いので、取り出すのも楽ですよ。そこで、今回はおすすめの人気まな板シートをランキング形式でご紹介します。一口にまな板シートといっても色々な形状や種類があるので、自分にとって使いやすいまな板シートを見つけるには、コツを押さえなければなりません。まな板シートの種類や選び方についても詳しく解説するので、もっと手軽にまな板を扱いたい方は参考にしてみてくださいね。

まな板シートの特徴

薄くて軽いので手軽に出し入れできる

まな板シートの標準的な厚さは1mmから3mm程度と、とても薄いのが特徴。一般的なまな板よりもかなり軽いので、持っていても手が疲れません。重たいまな板は、出し入れだけでなく、洗う時も負担ですよね。まな板シートなら軽いので、今までよりも扱いやすくなりますよ。また、薄いので収納場所も選びません。立てかけておくことも可能ですし、物によってはフックで引っ掛けることもできます。

丸められるので食材を移動させやすい

薄くて柔らかいので、丸めることも可能です。丸めれば、切った食材を簡単にフライパンや鍋の中に投入できますよ。ザルのような感覚で使えるので、食材を移動している最中に落としません。重いまな板を持ち上げる必要がなくなるのは、助かりますね。料理中の負担がかなり軽減されます。

まな板シートの種類

プレートタイプ

キッチンに直接置いて使用する

キッチンの天板に直接置いて、普段使っているまな板と同じように使います。使い捨てタイプと違って、洗えば繰り返し使えるので経済的ですね。日常的に自炊を行う方は、使い捨てタイプよりもプレートタイプのほうが、コストがかからずおすすめですよ。

使い捨てタイプと違って単体で使えるため、今まで使っていたまな板は不要になります。場所を取っていたまな板を処分できるので、キッチンをすっきりと使えるのが魅力。一人暮らしを始めるタイミングなど、新たにまな板を新調する時にも導入しやすいですよ。

使い捨てタイプ

まな板の上に置いて使用する

一般的なまな板の上に、シートを敷いて使います。1度使ったらその都度捨てるので、洗う必要がありません。普段から使い捨てタイプを使えば、片付けを楽にできますよ。また、使う度に新しいシートを取り出すため、お手入れをしなくてもいつでも衛生的に使えます。

まな板の上に重ねる必要があるので、すでにまな板を持っている方でも導入しやすいです。タイミングを選ばず、いつでも使い始められるのが助かりますね。また、日常だけでなく、キャンプなどのアウトドアにも向いています。外で重いまな板を洗う必要がなくなるので、スムーズに帰り支度ができますよ。様々な場面でマルチに使いたい方におすすめです。

まな板シートの選び方

お手入れ方法で選ぶ

漂白剤対応なら色移りも気にならない

にんじんなど色の濃い食材を切ると、色がまな板へ移ってしまうことがあります。1度着色してしまうと、手洗いだけではなかなか落としきれません。漂白剤に対応したまな板シートなら、色が付いてしまってもお手入れすれば、簡単に元通りになりますよ。特に、真っ白なまな板シートだと色移りが目立ち、汚く見えてしまいます。いつでも綺麗なまな板を使いたいなら、漂白剤に対応しているか事前にチェックしましょう。

食洗機対応なら片付けも負担にならない

まな板シートには、食洗機に対応しているものと対応していないものがあります。自宅に食洗機があるなら、まとめて洗えるように食洗機対応型のまな板シートがおすすめですよ。まな板シートは確かに薄くて軽いので、洗う際も手に負担はかかりません。ですが、まな板シートだけ手洗いするのは、かえって手間がかかってしまって面倒です。他の食器類と一緒に洗えれば、片付けの負担も減りますね。せっかく食洗機を持っているなら、それに合わせてキッチンツールを揃えてみてください。

衛生面で選ぶ

抗菌加工なら安心して長く使える

抗菌加工されているまな板シートは、細菌が繁殖しづらいので安心して使えます。洗って繰り返し使うことが前提のプレートタイプですが、すぐに汚れてしまっては元も子もありません。長期間愛用するなら、銀イオン配合のまな板シートがおすすめですよ。不衛生なまな板シートを使って、万が一にも食中毒などが発生しては大変です。口に直接入れる食材を切るのですから、なるべく清潔に使い続けられるまな板シートを探しましょう。

複数枚でセットになっているものなら食材ごとに使い分けできる

複数枚がセットになっているまな板シートは、切る食材ごとに使い分けできるので衛生的です。万が一、生肉に細菌が発生していても、野菜や果物を生肉と同じシートで切らないので細菌が移りません。また、生肉を切った後に、いちいちまな板シートを洗わなくてすむのが助かりますね。料理中は洗い物を気にせず、作ることだけに専念できます。料理が終わった後にまとめて洗えるので、効率良く作業したい方におすすめですよ。

シートの形状で選ぶ

シートがそのまま入ったタイプなら丸まってしまう心配がなく出してそのまま使える

使い捨てタイプには、シートがそのまま入っているタイプと丸めて収納しているタイプがあります。シートがそのまま入っているまな板シートは、出してそのまま使えるので手軽ですよ。まな板の上に置いた後に、シートが丸まってしまうこともありません。取り出してすぐに使えるため、誰でも手早く準備できます。また、シートを切る手間がかからないので、素早く準備したいアウトドアのような時にも活躍するでしょう。

ロールタイプなら必要な長さ分を切って使える

丸めて収納されているロールタイプは、必要な分だけ切り取って使います。シートがそのまま入っているタイプと違って、まな板シートの長さを自分で調節できるのが強み。たとえば、パンや果物など、小さめの食材を切る時は短めに切れます。本格的に食事の準備をする際は、長めに切れば複数人分の食材を一気に切れるので便利ですよ。用途に合わせてまな板シートの大きさを調節したい方におすすめです。

機能性で選ぶ

安定感がほしいなら厚さ2mm以上

すべらずに安定して食材を切るためには、厚さが2mm以上必要です。薄いのがまな板シートの利点ですが、あまりにも薄すぎるとすべってしまうという難点があります。特に、にんじんのように固い食材は、ある程度力を込めて切ることが必要です。そんな時にまな板シートがすべってしまっては、思わぬ怪我を引き起こしかねません。他にも、柔らかい生肉を切っている最中に不安定になると、怪我の恐れだけでなくストレスにもなりますね。2mm以上あれば安定感が生まれるので、スムーズに切れますよ。また、厚さが2mm未満でも、すべり止めが付いていれば安定します。まな板シートの中でも薄めのタイプがほしい方は、すべり止めの有無をチェックしてみてください。

目盛りが付いていると均等に切ることが可能に

まな板シートの中には、模様が目盛りの役割を果たしているものがあります。食材を切る際、目盛りを目印に切れば、長さや厚さを簡単に揃えられますよ。材料の大きさが同じぐらいなら、火の通りも均一になるので、ムラなく仕上がります。調理中だけでなく、ロールケーキなど大きな食べ物を、均等に切り分ける時にも役立ちますね。長さを意識して切る機会が多い方におすすめです。

まな板シートのおすすめブランド・メーカー

イノマタ化学

カラーやサイズ展開が豊富

イノマタ化学のまな板シートは、食材によって使い分けしやすいようにカラーやマークを分けています。水色やオレンジなど、差がはっきりとわかる色を展開しているため、見れば瞬間的に判断できますよ。複数枚をセットで購入して、食材ごとに使い分けたい方にぴったりです。

伊原企販

様々な色のコンパクトサイズを展開

伊原企販は、カラーバリエーションが豊富なコンパクトサイズを多数展開しています。落ち着いた色味のブラウンから、パステルカラーまで幅広いので、好みの色を見つけやすいですよ。コンパクトサイズだけでなく、縦横が36cm24cmの一般的な大きさも販売しています。切る食材の大きさによって使い分けしやすいですね。

オークス株式会社

使い捨てタイプに特化

サイズや枚数の種類を複数展開しているオークス株式会社。1人分の食材を切るのに十分な大きさの通常サイズと、複数人分の食事を作れるワイドサイズがあります。また、手軽に試せる20枚入りも販売しているので、初めて使う方でも気軽に挑戦できますよ。

貝印

可愛らしいデザインで目を楽しませる

貝印は、黒猫が描かれた使い捨てタイプのまな板シートで有名です。デザインが可愛いので、食材を切った後にそのままお皿に移せば、おしゃれなクッキングシートとしても使えますよ。便利なだけでなく、目にも楽しいまな板シートを使いたい方におすすめです。

おすすめ&人気のまな板シートランキング

プレートタイプでおすすめのまな板シート

LIVINGUT-ノンスリップまな板シート (468円)

安定感のある厚さ

厚さが2mmあるので、安定して食材を切れます。また、裏面がTPRでできているのが特徴。TPRとは熱可塑性エラストマーといって、ゴムのような弾力性を持った素材のことです。裏にTPRを使うことによって、水で濡れやすいキッチンでもすべらず安全に調理できますよ。

ゆるやかなカーブがかかった形状をしています。洗い終わった後立てかけておけば、壁などにあまり接触しません。そのため、通常のまな板シートよりも素早く乾きますよ。水切りが良いので、頻繁に料理する方におすすめです。

サンクラフト-まな板シート (578円)

包丁の定位置が描かれているので子供も安心

初めて料理をする小さなお子さんでも、安心して使える工夫が随所に盛り込んであります。真ん中にある逆三角形のマークに合わせて立てば、正しい位置で包丁を使うことが可能。包丁の定位置も描かれているので、使わない時は包丁の刃を外側に向けて置かなければならないことが、一目でわかります。小さなお子さんがいる家庭へのプレゼントとしても喜ばれますよ。

真ん中に1cm間隔の目盛りが描かれているので、小さなお子さんでも簡単に食材を均等に切れますよ。子供の力でも楽に持ち上げられるほど、薄くて軽いのがまな板シートの特徴。そのまま材料をフライパンの中に入れれば、調理に関する一通りのことを本人の力だけで完遂できます。

KEYUCA-シートまな板 (471円)

食洗機対応でお手入れが楽

食洗機に対応しています。他の皿と同じように片付けられるので、余計な手間がかかりません。食洗機が皿からまな板シートまで、しっかり洗ってくれますよ。調理中の負担が減るのはもちろんのこと、後片付けの時間も短縮できるのは助かりますね。

横30cm縦21cmとサイズが小さめなので、一人暮らしの方におすすめ。一人暮らし向けの住宅は、キッチンを小さめに作っていることが多いです。そのため、大きなまな板シートはかえって邪魔になってしまいますよ。小さめサイズなら、料理に必要なスペースを確保しつつ、場所も取りすぎないので便利です。

株式会社タマカネ-抗菌三層まな板シート (980円)

銀イオンで抗菌されているので安心

純銀パウダーが練り込まれているため、抗菌性が高いのが特徴です。自然の力を利用しているので、人体にも害はありません。純銀パウダーから発せられる銀イオンが、消臭しつつ細菌の繁殖を防いでくれます。抗菌加工されていないまな板シートよりも、大腸菌や黄色ブドウ球菌を抑制できるので、安心して使えますよ。

高い抗菌性が長く続くのも魅力です。プレートタイプは洗って何度も使うものですから、抗菌性が短期間しか持続しないようでは意味がありません。200回洗浄した後でも効果が薄れない抗菌力を持っているので、清潔なまな板シートを長期間愛用したい方におすすめですよ。

シービージャパン-まな板シート (3,193円)

傷がつきにくいので菌も繁殖しづらい

新素材のTPUが使われています。TPUとは、熱可塑性ポリウレタンというプラスチックのこと。衝撃に強く、傷が付きにくいという特徴を持っていました。弾力性に優れているため、包丁で食材を切っても当たりが柔らかく、まな板シートに傷が付きにくいですよ。まな板に付いた傷から、細菌は繁殖します。つまり、まな板が衝撃に強ければ強いほど、抗菌性が高いともいえますね。

まな板シートの周りが縁になっているので、汁がこぼれるのを防いでくれます。汁気の多い食材を切っていると、汁がまな板シートを伝ってキッチンを汚しがち。縁付きのまな板シートなら、縁が防波堤の役割を果たしてくれるので、余計な掃除をしなくてすみますよ。普段からキッチンを綺麗に使いたい方におすすめです。

使い捨てタイプでおすすめのまな板シート

オークス株式会社-まな板に汚れがつかないシート (1,100円)

模様が目盛りになっているので切りやすい

1cmずつ間隔を開けて模様が付けられています。それを目安に切れば、誰でも簡単に同じサイズに切れますよ。大きなケーキやピザなど、複数人で1つの料理をシェアする際に役立ちます。また、一見ただの模様のように見えるのも魅力。あからさまな目盛りではないので、あくまでもおしゃれなまな板シートとして使えます。

普通のまな板の上に敷いて使うので、まな板が汚れません。トマトなど、切ると色移りしやすい食材を切る際に便利ですよ。色移りしても漂白すれば元に戻りますが、そもそも汚れなければその手間も必要ありません。家事の時間を、なるべく短縮したい方におすすめです。

貝印-ねこのまな板シートカバー (548円)

黒猫の模様が可愛くておしゃれ

シート自体に、キュートな黒猫模様が描かれています。目盛りなどと違って凝った模様なので、使い捨てタイプのまな板シートには見えません。ピザなど、人数分に切り分けた後でそのままお皿に載せれば、おしゃれなクッキングペーパーとしても活用できますよ。調理や盛り付けにと、マルチに対応できます。

においが気になる食材を切る時も安心です。まな板シートの上に重ねて使うので、魚やにんにくなどのにおいが直接まな板につきません。まな板で直接魚をさばくと、後でいくら綺麗に洗っても、魚の生臭さが残ってしまうことがありました。このまな板シートを使えば、においを気にせず料理できますよ。

小久保工業所-使い捨てペーパーまな板 (426円)

ボックス型に組み立てられる

食材を切り終わった後にまな板シートを組み立てれば、ボックス型にできます。切った材料がそのままでも、あっという間に別の入れ物に入れたような状態にできますよ。切ってすぐに鍋やフライパンに投入しない場合も安心。そのまま冷蔵庫に入れてしまえば、問題なく保存できます。

使い終われば捨ててしまえるので、後片付けが楽です。普段から家事を短時間で行えるだけではありません。キャンプやバーベキューなどアウトドアに持って行っても、帰り支度が素早く行えるので便利ですよ。日常だけでなく、イベント時にも活用したい方におすすめです。

アール-まな板シート (1,167円)

ロールタイプなので好きな長さにカット可能

ロールタイプなので、状況に合わせて長さを調節できます。たとえば、薬味として小ねぎを切りたいだけなら、短い長さで十分です。長めに切れば、複数人分の下準備も一気にできますよ。シートが無駄にならないように、切りたい食材や量に合わせて自由に長さを変えられます。使い捨てタイプの中でも、経済的なまな板シートを探している方にぴったり。

切り取り方は、スライダーを軽い力ですべらせるだけです。左右のどちらからすべらせても切れるので、利き手に関係なく準備できますよ。複数人で1つのまな板シートを共有しても、不便なく切り取れるのが助かりますね。

トップ産業株式会社-まな板の汚れ軽減 うつくシート (1,100円)

可愛いだけでなく目盛りにもなるチェック模様

1辺が1cmの四角形で構成されたチェック模様が描かれています。目盛りを利用すれば、長さや幅を揃えて食材を切り分けやすいですよ。また、一見するとただの可愛らしい模様にしか見えません。可愛らしいだけでなく、機能性も優れているのが魅力です。

まな板シートに汚れが付きにくいように、ワックスで加工されているのが特徴。加工されたことによって、油を弾きやすくなっています。天ぷらやドーナツなど、油分の多い料理の下に敷いておけば、お皿がべたべたしません。まな板シートとしてだけでなく、余計な洗い物を増やしたくない方におすすめです。

おしゃれでおすすめのまな板シート

伊原企販-シートまな板 (1,058円)

そのまま受け皿としても使えるコンパクトサイズ

横16.5cm縦14.5cmとかなりコンパクトなサイズです。小さいので、料理を切り分けた後に、そのまま受け皿としても使えますよ。たとえば、おつまみのチーズを切り分けた時、別の皿に盛りつけると洗い物が増えてしまいます。このまな板シートなら、シックな色から可愛らしい色まで販売されているので、簡易的なお皿として使っても違和感がありません。

にんにくやたくあんなど、においが強い食材を切る際にも重宝します。にんにくを切った後は、まな板自体に独特のにおいが残ってしまいます。そのまま他の食材を切るとにおいが移ってしまい、料理が台無しになってしまいますよ。他の食材とは別に、においのきつい食材だけを小さなまな板シートで切るようにしましょう。コンパクトなまな板シートなら、同時に出してもキッチンで邪魔になりません。

イノマタ化学-使い分けシートまな板 (512円)

カラフルなシートで食材ごとに使い分けやすい

切る食材に合わせてまな板シートを使い分けたい時、瞬時に判断できるようにカラフルな色が付けられています。それぞれまったく異なる色なので、見間違えることもないでしょう。料理中にいちいちまな板シートを洗わなくて良いので、効率良く下準備できますよ。

フックの部分がそれぞれ、切る食材をかたどったマークになっています。たとえば、フルーツを切るシートには、りんごの形をしたフックが付けられていますよ。色だけでなく形でも、どの食材を切るシートなのか一目で判断できます。どの食材を切るか、いちいちカラーを覚えるのが面倒な方にもおすすめですよ。

リベラリスタ-まな板 (298円)

明るい配色がおしゃれ

水色や赤など、明るめの配色が特徴です。キッチンツールは白や黄色など、スタンダードなカラーが多くなりがち。他の人と被らないまな板シートをお探しの方におすすめです。カラフルなシートなら、食材ごとに使い分けしやすいだけでなく、目にも楽しいですよ。

フックが付いているので、壁に吊り下げて収納できます。収納にスペースを取らないため、小さめのキッチンでも有効活用できますよ。重ねてまとめて掛けても取り出しやすいように、インデックスが付いているのも魅力。後ろに吊るしたまな板シートも、すぐに取り出せます。取り出しやすく、場所を取らずにしまいたい方におすすめです。

IKEA-フィンフォルデラ (899円)

他にはない独特の色味を展開

ダークグレーとダークターコイズという、他にはない独特のカラーを展開しています。ベーシックでもビビッドでもないくすんだ色なので、置くだけで一気に北欧テイストを取り込めますよ。インテリアだけでなく、キッチンツールのデザインにまでこだわりたい方にぴったりです。

ダークグレーなので、黒のまな板シートほど重い雰囲気にならないのが魅力です。また、濃い色のまな板シートは、たまねぎなどの白っぽい色の野菜を切る時に便利ですよ。食材の色が際立つので、薄くスライスしてもまな板シートのどこにあるかが一目でわかります。

まとめ

抗菌加工されているまな板シートがおすすめ

まな板シートを清潔に長く使いたいなら、抗菌加工されているまな板シートがおすすめです。抗菌加工されていれば細菌の繁殖を抑えられるので、直接口に入れる食材を切る時でも安心ですよ。洗って繰り返し使えるため、頻繁に料理しても経済的。また、片付けの負担をなるべく減らしたい方は、使い捨てタイプもおすすめです。使い捨てタイプなら、毎回新しいシートを取り出すので衛生的に料理できますよ。捨てるだけで後片付けも完了でき、お手軽です。今回はおすすめのまな板シートをランキング形式でご紹介しました。ぜひ自分に合ったまな板シートを手に入れて、衛生的で手に負担がかからない環境を手に入れてくださいね。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

コメントを残す

*