おすすめのルアーケース人気比較ランキング!【メイホウも】

釣り好きの方にとって、どんどん増えてしまうルアーをどのように収納したり、持ち運んだりすると便利なのか頭を悩ませますよね。そんな時におすすめなのがルアーケース。ルアーケースがあると、自宅での収納の他に釣り場まで持っていくときにも便利ですよ。そこで、今回はおすすめの人気ルアーケースをランキング形式でご紹介します。また、ルアーケースには様々な種類があり、納めるルアーや釣りのスタイルによって最適なものを選ぶコツが必要となります。ルアーケースの種類や選び方についても詳しく解説します。自分にはどのようなルアーケースがぴったりなのか探している方はぜひ参考にしてみてくださいね。

ルアーケースの特徴

釣り場に着くまでにルアーを傷つけず安全に持ち運ぶことが出来る

ルアーケースの最大の特徴は、沢山のルアーを一度に持ち運びできることです。また、ルアーには魚を釣るための釣り針がセットで付いていることがほとんどです。その為、ルアーをそのままむき出しの状態で持ち運ぶと釣り針が他の道具や衣類、身体などに引っ掛かりやすいですよね。ルアーをそのまま持ち運ぶことは、怪我をしたりルアー自体を傷つけてしまう原因になります。そうならない為にも、ルアーケースに入れてルアーを持ち運ぶことが大切。また、小型のルアーの場合はうっかり落として無くしてしまう可能性もあります。紛失を防ぐ為にもケースに入れて持ち運ぶのがおすすですよ。

沢山のルアーを自宅で整理しながら安全に保管することが出来る

ルアーは釣り歴が長くなるにつれてどんどんと増えてくるものです。増えてしまったルアーを収納するときにもルアーケースを使うのがおすすめですよ。種類別やサイズ別に整理しながら収納しておくと、いざ釣りに出かけるときにも準備が簡単に済みます。また、ほとんどのルアーには釣り針がついているので、その釣り針によってうっかり自宅で家族が怪我をすることも防止できます。

ルアーケースの種類

アタッシュケースタイプ

高さのある箱型ケースで色々なサイズをまとめて収納するのに最適

プラスチック素材で作られたハードな箱型のルアーケース。箱の中に仕切りがついていて、中に入れるルアーの大きさに合わせて可動できるようにっているものもあります。また、ケースに厚みがあり衝撃でつぶれることがないので、ケースにルアーを入れたまま落としてもルアーへの衝撃を防ぐことが出来ます。

プラスチック素材で作られていることが多いので、丸ごと水洗いしてお手入れをすることが可能です。また、水切り穴が付いているタイプならルアーをケースに入れたまま洗うことが出来て便利。塩をキレイに洗い流す必要のある海釣り用のルアーを入れるのにも最適ですよ。

ワレットタイプ

厚みがあまりないエギやスプーンの種類を並べて収納できる

ワレットタイプは柔らかいナイロン素材で作られていることが多く、コンパクトなサイズ感が特徴です。トラウト狙いで使うスプーンやイカ釣りに欠かせないエギなどの厚みのないルアーを収納するのに最適。内部にはスポンジが内蔵されており、そこにルアーの釣り針を引っかけて収納する仕組みとなります。

ワレットタイプのルアーケースはコンパクトで軽量なものが多いので、釣行のお供にも便利なタイプ。同じ種類のルアーを並べて収納できるので、その日の釣りに合う種類のルアーを色違いで試してみたい時などに使うのがいいでしょう。また、釣りのベストやウエストバッグなどに収まるくらいのサイズもあり、身軽に動き回る釣りのスタイルにおすすめのケースです。

ルアーケースの選び方

手持ちのルアーが入るサイズで選ぶ

11cmクラスのルアーを持っているなら中の仕切りが動かせるものがおすすめ

海釣りでは狙う魚種も多種多様。使うルアーの種類もミノー系のコンパクトなサイズ感のものから重さのあるメタルジグ、厚みのあるトップウォーター系のルアーなど様々です。特に大物狙いの11cmサイズのルアーまで持っている方は大きめサイズのルアーケースを用意しておくのがいいでしょう。購入する際に気を付けたいのが、中の仕切りが動かせるかどうか。外径のサイズのみを参考にして選んでしまうと、中の仕切りによって大きなサイズのルアーが入らないことがあります。手持ちの大物狙いのルアーのサイズを測って、ケースの内径サイズと仕切りが動かせるかどうかを確認してから購入するようにしましょう。

同じ種類のルアーを使い分けたい時は収納に適しているルアーが明記してあるタイプを

ある程度狙う魚種が決まった釣りをしている方は、同じ種類のルアーの色違いやメーカー違いをいくつも揃えてしまいますよね。そのような時は、その種類を収納するのに適しているルアーケースを使用するのがおすすめです。例えば、ジギング用などのように、ほとんどのルアーケースには最適なルアーの種類が明記してあります。ケースを始めて選ぶ方などはその表示を参考にしながら選ぶのがおすすめですよ。

バッグやポケットに入るかで選ぶ

身軽に動き回るスタイルの釣りならベストの前ポケットに収納できる小型サイズ

釣行のお供に欠かせないルアーケースは、どのようなスタイルで釣りをするかで選ぶサイズが異なります。バス釣りや渓流での釣りなどの動き回るような釣りのスタイルの方は、フィッシングベストのポケットに入るサイズがベスト。特にすぐに取り出しやすい前ポケットに入るサイズのものが使いやすいでしょう。

磯釣りや船釣りなどではタックルケースに収まるサイズがおすすめ

ほとんど同じ場所で釣りをする磯釣りや道具を傍に置いたままで大丈夫な船釣りでは、仕掛けなどを入れておくタックルケースに収まるサイズが最適。釣り場までの移動時間はタックルケースに入れて持ち運ぶため荷物がコンパクトにまとまります。また、釣り場でも道具を置くスペースが狭いときにはタックルケースに入れたまま置いておくことができて便利ですよ。

水切りがついているかどうかで選ぶ

海釣りがメインの方はケースに入れたまま洗浄できる水切り穴がついているものがおすすめ

お気に入りのルアーがあると、キレイにお手入れをして長く使いたいと思いますよね。ルアーには釣り針を止める部分などが金属部品となっています。海水の塩分がついたままだと、すぐに錆びてしまいます。ルアーケースに水切り穴が付いているタイプだと、ケースにルアーを入れたまま丸ごと水洗いすることが可能。一つ一つ出してて洗う手間が省けるので、海釣りがメインの方には水切り穴が付いているタイプがおすすですよ。

渓流での釣りがメインの方は濡れた時に乾きやすく通気性が高いものがおすすめ

渓流での釣りがメインの方は、ルアーケースをベストに入れて持ち運ぶことが多いですよね。その際、取り出すときに落として濡れてしまう可能性や深い場所に入ってしまった時はケースごと濡れてしまう可能性が高いです。そこでおすすめなのが、ナイロン素材やメッシュ素材でできている速乾性のあるタイプのケース。また、速乾性のある素材なら丸洗いしてもすぐに乾くので気軽にお手入れもしやすいですよ。

ルアーを衝撃から守る丈夫さで選ぶ

アタッシュケースタイプなら岩場などでの衝撃に耐えるポリカーボネイト素材を

磯釣りなどの岩場での釣りがメインの方は、岩場でルアーケースを落とすことも考慮する必要があります。ごつごつとした岩場での衝撃に耐える頑丈な素材としてポリカーボネイトを使用したものがおすすめですよ。また、船釣りでも波の揺れによってルアーケースに衝撃が加わることもあります。値段の安さにつられることなく、頑丈でしっかりとルアーを守る硬さのものを選びましょう。

プラスチックを溶かすソフトワームを使う場合はワームプルーフ加工がされているものを

ルアーよりもナチュラルなアピールが魚に対してできるということで、ソフトワームも人気があります。ソフトワームはすぐに替えが必要となることが多いので、釣行の際には予備を持っていきたいところですよね。他のルアーと同じようにルアーケースに入れておくと便利。しかし、ソフトワームはプラスチックを溶かす作用があり、プラスチック製のケースに入れておくことが出来ません。そこで、ソフトワームを入れても溶けることを防ぐワームプルーフ加工をしているルアーケースを使うのがおすすめですよ。

ルアーケースのおすすめブランド・メーカー

メイホウ

圧倒的な種類のルアーケースを企画製造販売していてどのタイプの釣りにも対応している

プラスチック収納商品を手掛けるメイホウは、釣り用品のルアーケースやタックルケースを数多く製造。ルアーケースでは主にアタッシュケースタイプのハード素材が主力となっています。高い技術力から、リバーシブルタイプ、防水タイプなどと、釣り人の使いやすさを実現するルアーケースが多いのが特徴です。釣具店で最も豊富な取扱数となっているので、初めてルアーケースの購入を考えている方におすすめのメーカーですよ。

タカミヤ

ルアーケースだけでなく使いやすいタックルケースも人気で合わせて使うと利便性が高まる

手ごろな値段で購入できる竿やロッドなどを販売しているメーカー。小物も充実しており、アタッシュケースタイプのルアーケースやタックルケースに定評があります。釣り具メーカーだからこその汎用性のあるケース作りが特徴で、タックルケースと合わせて使えるよう設計されたものも便利。手ごろな値段で、利便性の高いルアーケースを探している方にはおすすめのメーカーです。

エバーグリーン

釣り用品やレジャー用品に強く独自のスリット形状などを採用した使い勝手のいいモデルが揃う

バスルアーやソルトルアーなどのルアーの販売など釣り用品全般を取り扱っているメーカー。プロスタッフによる使いやすさにこだわった釣り用品は多くの釣り人から人気があります。ルアーケースも同様にワンタッチで開閉できる使い勝手の良さなどが特徴。釣り場でタックルを変更したい時もスムーズに行えるので、頻繁にルアーを取り換えたい方におすすめのメーカーです。

アブガルシア

海外メーカーならではのデザインの良さと高い収納力をもったタイプが揃う

ベイトリールに定評のあるアブガルシアは、ルアーケースも人気のメーカーです。海外メーカーならではのデザイン性の高さがあり、国内メーカーのルアーケースでは物足りない方にもおすすめ。大型のルアーを収納できるディープタイプのルアーケースも販売しています。釣り歴が長く様々なタイプのルアーを持っている方におすすめのメーカーですよ。

おすすめ&人気のルアーケースランキング

アタッシュケースタイプでおすすめのルアーケース

アブガルシア-ルアーケース VS 3010NDM レギュラー (880円)

アブガルシアの中で使いやすさナンバーワンの人気シリーズ

多くの釣り人から使いやすいと人気のあるシリーズのレギュラーサイズ。アブガルシアのルアーケースには深さの種類が3種類あり、こちらは最もスタンダードなタイプです。可動出来る仕切り板が3枚セットで付いていて、手持ちのルアーに合わせて収納することが出来ます。

高さが4cmあり、ミノー系のルアーを収納するのにちょうどいいサイズ感。アブガルシアならではのオシャレな配色が魅力で、よくあるシンプルなルアーケースでは物足りない方にピッタリです。釣行に持っていくときの気分も違うので、持ち歩き用としてルアーケースを探している方におすすめですよ。

タカミヤREAL METHOD ルアーケース (680円)

仕切り無しで中にぎっしり詰め込めるマルチユースタイプ

ルアーケースの中では珍しく、内部に仕切りが付いていないタイプ。縦向きでも横向きでもマルチにルアーを収納できるのが魅力です。沢山の量のルアーを中にぎっしりと詰め込めるので、一つあるとかなりの収納量となります。

水抜きダクトを搭載しており、ルアーを入れたまま丸洗い可能。通気性もいい為、中に水が溜まったままになることがありません。蓋は衝撃に強いポリカーボネイト素材を使いタフなタイプ。磯釣りや船釣り用の持ち運び用としてもおすすめです。

ダイワ-ルアーケース 205NS (1,188円)

シンプルかつスタンダードなタイプで収納力が抜群の人気モデル

縦横の可動式の仕切りが12枚付いていて、様々な大きさのルアーをまとめて持ち運べるタイプ。深さは28mmの浅めとなっており、ルアーが取り出しやすい設計となっています。また、細軸フックのルアーでも収納できるようにマグネットシートも3枚セットになっています。

スティーズのロゴが前面に入った高いデザイン性で、釣行のお供にも最適。ルアーの大きさが14cmサイズまでのものが収納可能で様々な大きさに対応します。大きめサイズと小さめサイズを合わせて収納したい方におすすめのケースですよ。

アムズデザイン-ima ルアーケース 3010NDM (770円)

ありそうでないカラフルな色合いが普段の釣りを楽しく盛り上げてくれる

無色透明な味気ないルアーケースが多い中、目を引くカラフルな色合いが特徴。使いやすさに定評のある同社の3010NDM型がベースとなった形で、利便性の高さも魅力です。中には可動式の仕切り板が3枚セット出来る仕様となり、4つのルアーを収納することが出来ます。

自宅での収納用よりは、釣行の際に厳選したルアーを入れて持ち運ぶのに適しているタイプです。最大14cmサイズのルアーまで収納でき、大きめサイズのルアーも対応可。釣り場でテンションの上がるルアーケースを探している方におすすめですよ。

ワレットタイプでおすすめのルアーケース

フォレスト-ルアーケース (1,320円)

沢山のルアーをまとめる収納性とコンパクトで携帯性の高いタイプ

管理釣り場での人気が高いワレットタイプのルアーケース。軽くてコンパクトなサイズ感で、携帯性に非常に優れています。また、内側に4枚のウレタンが仕込まれており、それぞれの面にルアーを収納できるようになっています。

厚みのあるルアーは向きませんが、スプーンなどの薄いルアーならかなりの量が収納可能。また、ウレタン素材によって、ルアーが傷つくことを防ぐ効果もあります。沢山のルアーを一気に持ち運びたい方にはおすすめのケースですよ。

ウェーブギア-ルアーワレットS KG-284 (1,382円)

コンパクトなサイズ感とカラビナ付きで動き回る渓流釣りにも対応できる

小型のワレットケースで、使いたいルアーだけを選んでコンパクトに持ち運ぶのに最適。表面はカーボン調で硬めのしっかりとした作りで衝撃からルアーを守ります。また、内側にもウレタン素材を使用していて、ルアー同士がぶつかり合うのを防止。

カラビナ付きでベルトやフィッシングベストに取り付けて使えて利便性の高さもポイントです。管理釣り場はもちろん、渓流での動き回る釣りでも落とす心配がありません。コンパクトに持ち運べて、紛失を避けたい方にはおすすめのルアーケースですよ。

ダイワ-プレッソ ワレット (1,843円)

大手メーカーならではの使いやすさと見た目のカッコよさで人気のタイプ

ダイワならではの使いやすさにこだわった人気のワレットタイプ。止水ファスナーを内向けに取り付けてあり、ルアーの釣り針がファスナーのテープに引っ掛かることを防ぎます。収納力が高い4面パネルを採用し、大型のスプーンの収納にも対応可能。

収納パネルには格子印刷がされており、縦横にフックを引っかけて収納することが出来ます。ヒップバッグにも入るサイズでバス釣りなどにも最適なルアーケースとなります。沢山の種類のルアーをキレイに収納できて使い勝手のいいワレットタイプを探している方におすすめですよ。

リトルプレゼンツ-帆布ムートンワレット M AC-108 (5,142円)

天然のムートンと帆布を使用した丈夫で高級感あふれるワレットケース

内部のルアーをセットする部分に天然のムートン素材を使用。天然のムートンはフライやルアーを引っかける釣り針による消耗を少なくし、長く使うことができます。また、表面素材と内側のムートンの間にベルポーレンの板を内蔵し、ルアーへの衝撃を軽減します。

大型のスプーンも収納できる大きめサイズ。サクラマス用のロングビルのミノーも収納可能です。フライフィッシングや渓流での釣りに最適で、長く使える本格的なルアーケースを探している方におすすめですよ。

コスパでおすすめのルアーケース

メイホウ-ルアーケースLL (326円)

シンプルな作りで手ごろな値段が魅力なルアーケース

コスパのいいルアーケースといえば、メイホウですね。シンプルな作りで、中の仕切りが縦に内蔵されているタイプ。仕切りは動かすことが出来ないですが、同じ種類のルアーをまとめて収納しておくのに便利です。

また、全面が透明のプラスチックで中身が見えるようになっているのもポイント。開閉せずに中のルアーを確認することが出来ます。値段が安いので、沢山集まったルアーをまとめて自宅で保管したい方におすすめですよ。

リングスター-DREAM MASTER MINIMUM 375F (143円)

必要なルアーだけ持ち運びしやすい携帯性の高い極小サイズ

使いやすさや利便性を追求した工具メーカーの出しているルアーケース。雑に扱っても壊れない丈夫さが特徴です。また、シンプルなデザインかつコンパクトなサイズ感によってどんなスタイルの釣りにもマッチします。

縦幅が7.2mmとなっており、6cmサイズの小型ルアーを3つ収納できます。使うルアーが限られている方なら、コスパよく携帯性に優れたルアーケースとなるでしょう。また、あまりルアーの数を持っていない方の自宅での収納用としてもおすすめですよ。

メイホウ-ルアーケース SS クリア (187円)

小型ながらも可動式の仕切りが付いていて汎用性の高いタイプ

ルアーケースの中では最も小型のサイズ。中には4枚の可動板がついているので、小さなルアーや小物を入れておくのに便利です。縦の長さが5.5mmのサイズとなり、5cmサイズのルアーなら4個収納可能となります。

全面がクリア素材となっているので、開閉せずに中身を確認できるのも便利。小型ケースなのでよく使うルアーをセットしておいて、釣行の際にそのまま持っていきたい方におすすめです。また、ルアー以外に小物も収納するのにも適していますよ。

両面タイプでおすすめのルアーケース

エバーグリーンEGインナーボックス (1,650円)

両面共に仕切りがついて小型ルアーやワームの収納に最適なタイプ

収まりのいいコンパクトサイズながら両面収納に仕切りがついていて、収納力の高さがポイント。小型のハードルアーやワームはもちろん、フックやシンカーなどの小物も同時に納められる仕様。また、仕切りは可動式となっていて手持ちのルアーに合わせた調節が可能となります。

両面についた蓋の内側には凹凸が設けてあり、ワームが蓋にくっつかないよう設計されています。蓋の表面にはエバーグリーンのロゴが入り、オシャレな見た目も釣行のお供にも最適。オカッパリでの釣りでワームを沢山持ち運びたい方にはおすすめのケースですよ。

メイホウ-リバーシブル 140 (1,095円)

トライアングル構造で少ないスペースで大容量を実現したタイプ

仕切りが斜めにセットされ、横から見るとトライアングル状となった両面式のルアーケース。無駄なスペースが無く、最大収納幅は内寸140mmを確保。エギの重りやルアーの針を引っかける場所があり、ケース内での固定感も良いタイプとなります。

前面クリア素材となっていて、開閉せずに中身を見ることが出来るのが便利。また、水抜き穴もついていて、ルアーを入れたまま丸洗いが可能です。両面合わせて10個のルアーを収納できるため、大型ルアーを複数個保管したい方におすすめのケースですよ。

アブガルシア-ルアーケース リバーシブル 100 (3,060円)

使い勝手のいいシリーズのアブガルシア別注モデルで機能性と見た目の良さが特徴

使い勝手の良さで人気のあるメイホウリバーシブル100のアブガルシア別注モデル。別注ならはのミリタリーカラーが目を引き、釣行のお供にも最適です。エギは2.5クラスまでのサイズが収納可能。他にもスプーン、トラウトミノー、スッテなどもしっかり収まります。

中の仕切りはトライアングル構造となり、無駄なスペース無くコンパクトに沢山のルアーを収納できるのが魅力。また、水抜きダクト付きとなっておりルアーを入れたまま丸洗いができます。釣行に持っていく際にコンパクトさと見た目の良さを求めるならおすすめのケースですよ。

まとめ

自分の釣りのスタイルに合ったルアーケースがおすすめ

釣り歴が長くなるにつれて増えてくるルアー。ルアーを傷つけず安全に持ち運ぶためにルアーケースは必ず必要になってきます。また、増え過ぎたルアーを自宅で保管する際にも保管にもあると便利ですよ。今回はおすすめのルアーケースをランキング形式でご紹介しました。ぜひ自分の釣りのスタイルや使用目的に合わせたルアーケースを手に入れてくださいね。楽しい釣りがより便利なものになりますよ。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

コメントを残す

*