おすすめのめん棒人気比較ランキング!【お菓子作りにも】

生地を薄く伸ばす際に便利なめん棒。お菓子やそば、うどんなどを作る方におすすめの調理器具です。使用したことのある方も多いと思いますが、たくさんの種類があることをご存知でしたか。今回は、そんなめん棒をランキング順にご紹介します。種類や選び方も詳しく解説しますので、新たにめん棒の購入を考えている方は、ぜひ参考にしてくださいね。

めん棒の特徴

生地を均等な厚さに伸ばすことができる

麺類やクッキーなどの菓子類、パンなど水でこねた生地を伸ばす際に使用するのがめん棒です。めん棒を使用することで、均等な厚さに伸ばすことができるようになります。パンやお菓子をよく作るという方は1つ持っておくと重宝できますよ。

ナッツなどを叩いて砕くことにも使用可能

めん棒は生地を伸ばすだけでなく、ナッツ類を砕く際にも便利です。袋に入れたナッツ類をめん棒で叩くことで、細かく砕くことが可能。料理やお菓子作りの際に、とても便利な調理器具と言えるでしょう。

めん棒の種類

木製

丈夫で長く使用できる

さまざまな場所で販売しており、手に入れやすいのが木製のめん棒です。リーズナブルな価格で購入することができ、手軽に使用することができますよ。また、軽いものも多く、扱いやすいので、最初の1本として木製のめん棒を選ぶのもおすすめです。

木製は手の温度を生地に伝えにくいので、さまざまな生地に対応することが可能です。また、木の丈夫さを持っており、壊れにくく、長く愛用することもできますよ。洗浄後、しっかり乾燥させればカビの心配もなく、安心して使用し続けられるでしょう。

金属製

冷やして使えばバターを含んだ生地も溶かさずに伸ばすことができる

金属製のめん棒に使用される素材は、主にアルミとステンレスです。ステンレスは重みがあり、アルミは軽量にできているので、使いやすさで選ぶことができますよ。傷が付きにくく、水分によるカビの心配もないので、使用後のメンテナンスも簡単に行うことが可能です。

金属製のめん棒は、バターを使用した生地を溶かしてしまうのではと心配な方もいるでしょう。金属製は冷蔵庫で冷やしておくことができ、冷えた状態で使用すればクッキーなどの生地にも対応させることが可能。めん棒がべたついてしまい、使用しにくいといったこともありません。

プラスチック製

凹凸のあるものもありパンのガス抜きをする際に便利

プラスチック製のめん棒は、用途に合わせて選ぶことができるといった特徴があります。凸凹の付いたものもあり、パン作りの際にガス抜きを簡単に行うこともできるようになりますよ。パンをよく作る方におすすめの素材と言えるでしょう。

また、プラスチック製は生地がめん棒にくっつきにくいという特徴も持っています。打ち粉の量が少なくてもくっつきにくいので、粉を余分に用意する必要はありません。全体を通してコストパフォーマンスがいいと言えますよ。

シリコン製

軽いので初心者にも扱いやすい

シリコン製のめん棒は、ほかの素材と比べて軽いものが多く揃っています。軽いのでとても扱いやすく、初心者の方やお子さんにも使用しやすくなっていますよ。水に強く、お手入れも簡単なので、効率よく調理したい方にもおすすめです。

また、なめらかな表面なので生地がくっつきにくいという特徴もあります。バターをたくさん使用しているクッキーなどの生地も、めん棒に張り付くことはありませんよ。伸ばすたびに打ち粉をする必要もなく、スムーズに調理することができるでしょう。

めん棒の選び方

形状で選ぶ

厚さを微調整しやすいのは日本式

装飾などが一切付いていないのが、日本式のめん棒です。余計なものが全く付いていないので、収納がしやすいという特徴を持っています。手を置く位地によって力の加える場所を変えることが可能。力加減を調整しやすいので、生地の厚さを微調整することもできますよ。また、シンプルな形になっているので、ナッツなどを砕く際にも使用することも可能です。

西洋式はハンドルがあり回転させやすい

めん棒は手で回転させながら使用するものなので、回転のさせやすさも大切ですよね。西洋式のめん棒にはハンドルが付いており、日本式では回転させにくいと感じる方にも使いやすくなっています。めん棒を初めて扱うという方も、簡単に使用することができますよ。簡単に回転させられるので、生地を均等な厚さにしやすく、クッキーなどのお菓子作りに便利です。

サイズで選ぶ

お菓子作りには40cmが使いやすい

めん棒にはさまざまなサイズがあり、生地の量や料理の種類に合わせて選ぶことが大切です。お菓子をよく作る方におすすめなのは、40cm前後のめん棒。少ない量の生地を伸ばす際も、大きすぎないサイズなので使いやすいですよ。パン生地やピザ生地を伸ばす際にも使用することができ、幅広い用途で使用することが可能です。

蕎麦やうどんを作る場合は80cmを目安に

蕎麦やうどんを作る際、お菓子の生地よりも量が多くなりますよね。1kg近い量を小さいめん棒で伸ばすのはとても大変です。そこでおすすめなのが、80cmほどの長さがあるめん棒。長さがあるので、広い面を一度に伸ばすことが可能になります。何度も場所を変えながら伸ばす必要がなくなりますよ。生地の量に合わせて長さを選ぶようにしてくださいね。

機能で選ぶ

ガイド付きなら均等に生地を伸ばすことができる

生地の厚さを均等にするのが難しいと感じることはありませんか。めん棒には厚さを示すガイドが付いたものもありますよ。ガイドを確認しながら生地を伸ばすことで、全体の厚さを均等に仕上げることが可能になります。めん棒を使用したお菓子作りを初めて行うという方にも使いやすく、より美味しそうな見た目のお菓子を作ることができますよ。

食洗器対応ならメンテナンスが簡単になりおすすめ

伸ばした生地が付いてしまったり、バターなどの油分が付いてしまうこともあるめん棒。使い終わった後のメンテナンスが簡単だと、より嬉しいですよね。めん棒には食洗器対応のものもあり、使用後の片づけを簡単にすることが可能です。洗い物を少しでも減らしたいと考えている方や食洗機を使用している方は、対応しているものもチェックしてみてくださいね。

めん棒のおすすめブランド・メーカー

タイガークラウン

種類が豊富で用途に合わせて選べる

調理用品を多数取り揃えているタイガークラウン。扱っているめん棒はとても種類が多く、用途に合わせて選ぶのはもちろん、日本式と西洋式の両方があるため使いやすさで選ぶこともできますよ。たくさんの種類から選びたい方におすすめのメーカーです。

cotta(コッタ)

パン作りに適しためん棒が人気

cottaは、お菓子やパン作りに必要な道具を多数扱っているメーカーです。めん棒も種類が豊富で、パン作りの際にガス抜きができるめん棒も扱っていますよ。よくパン作りをされる方は、こちらのメーカーをチェックしてみてくださいね。

そば打ち道具 工房おがわ

そば打ち用のめん棒を扱うそば打ち道具専門メーカー

そば打ち道具を専門に扱うメーカーです。そば打ち用のめん棒はサイズを多数揃えており、生地の量に合わせて長さを選ぶことができますよ。素材にもこだわり、水分に強い木材を使用しているので、長く愛用することができるでしょう。

貝印

ガイド付きのめん棒が人気

調理器具から身だしなみグッズまで、幅広く取り扱う貝印。人気商品が多数ありますが、めん棒もその1つです。ガイド付きのめん棒が特に人気があり、厚さを均等にしたい場合も簡単に伸ばすことが可能ですよ。

おすすめ&人気のめん棒ランキング

木製でおすすめのめん棒

タイガークラウン- 4mmめん棒(577円)

両端のキャップにより厚さ4mmに伸ばせる

両端にキャップが付いているめん棒。このキャップを付けたまま伸ばすことにより、4mmの厚さにすることが可能。全体を均等な厚さにすることができ、細かい部分まで厚さを揃えたい方におすすめです。

キャップ部分の衛生面が気になる方もいるでしょう。キャップは取り外しすることができます。洗う際には、外して別々に洗えますよ。そのため、常に清潔な状態を保ちながら、お菓子作りをすることが可能です。

SALUS(セイラス)-ボンヌ ロールピン(550円)

170gととても軽量

長さ25cmと短めサイズのめん棒です。小さめサイズなので、お菓子作りのほかに餃子やシュウマイの皮などを作るのにも最適ですよ。小さく伸ばしたいときも、細かいところまでしっかり伸ばすことが可能です。

長さだけでなく、重量も170gととてもコンパクトになっています。軽いので、お子さんにも扱いやすいですよ。お子さんと一緒にお菓子作りをするという方にもおすすめ。家族で楽しみながら料理をすることができるでしょう。

そば打ち道具 工房おがわ-めん棒(5,300円)

そば打ち専用のめん棒

こちらは、そば打ち用に作られためん棒です。長さは105cmもあり、1kg以上のそば生地も、しっかり伸ばすことができますよ。また、そばだけでなく、うどんなどの麺類や、大量の生地を伸ばす際にも便利です。

使用している木材はヒバです。ヒバは水に強く、湿気や腐蝕などへの耐久性も抜群です。また、製造時にはしっかり乾かした状態で作られており、使用しているうちにめん棒が反ってしまうといったこともありませんよ。

ジョセフジョセフ-サイズ目盛入りめん棒(3,680円)

生地のサイズがわかりやすい目盛付き

めん棒本体に、伸ばしている生地のサイズがわかる目盛が付いています。伸ばしながら生地のサイズを知りたいときにも一目でわかり、とても便利ですよ。サイズを測るために手を止める必要もなく、スムーズに調理することが可能です。

こちらは、厚さを図るためのリングも付属されています。4種類のリングがあり、それぞれサイズが違うので、リングを変えることで好みの厚さに調節することが可能。作るお菓子に合った厚さにすることができますよ。

タイガークラウン-W式めん棒(948円)

2つのサイズが組み合わされためん棒

サイズ違いのめん棒が1つになったものです。10.8cmと6cmのコンパクトなサイズ感になっており、少量の生地を伸ばす際にとても便利ですよ。餃子の皮といった小さく伸ばしたいものに使用するのも最適です。

コンパクトなので、片手で生地を伸ばすことができます。タルトやパイの生地を、型に乗せて直接伸ばすことも可能です。伸ばしてから型にはめるのとは違い、立ち上がり部分も綺麗に仕上げることができますよ。

金属製でおすすめのめん棒

貝印-冷やせる麺棒(2,035円)

匂いが付きにくいアルミ製

アルミでできためん棒です。アルミ製は匂いが付きにくいので、次に使用する際、前に作った料理の匂いが気になるといったことはありません。そのため使用する材料を問わず、料理を作ることができますよ。

冷蔵庫で冷やして、冷たい状態にして使用することも可能です。バターの多い生地を伸ばす際に冷やせば、生地ダレすることもありません。生地に合わせて常温と冷えた状態かを使い分ければ、幅広く使用することができますよ。

GWHOLE-ステンレスめん棒(3,647円)

中空になっており軽量

ステンレス製のめん棒です。ステンレスは重たい金属のイメージがありますが、こちらは中空になっており、軽量にできています。軽いのと合わせて西洋式のローラータイプなので、より扱いやすくなっていますよ。

表面はツルツルに仕上げられているので、生地が付きにくくなっています。また、冷蔵庫で冷やして使用することもできるので、お菓子作りの際に生地が溶けるといったこともありません。めん棒がべた付いて使用しにくいといったこともないでしょう。

SUPER KITCHEN(スーパーキッチン)-ステンレスめん棒(4,434円)

シームレスなデザインなので使用後の洗浄も簡単

こちらのめん棒には、厚さを示すリングが付いています。リングは3種類あり、希望の厚さに対応しているリングを装着することで、簡単に均等な厚さに仕上げることができますよ。また、伸ばした生地のサイズがわかるシリコンマットも付いており、生地のサイズを厚さと直径ともに一目で確認することが可能です。

ツルっとしたシームレスなデザインになっています。厚さを示すリングを取り外せば凸凹もないので、使用後の洗浄もしやすいですよ。また、凸凹がないので収納時も邪魔になるものがなく、広い収納場所を必要としません。

タイガークラウン-アルミローリングめん棒(2,829円)

ダイヤルを変えるだけで好みの厚さに仕上げられる

西洋式のめん棒です。本体は450gと適度な重さがあり、軽い力でも滑らかに回転させることができますよ。力を入れず、しっかり生地を伸ばすことができるので、力の弱い女性やお子さんにも簡単に使用することが可能です。

ハンドルに付いているダイヤルを合わせるだけで、好みの厚さにすることが可能。ダイヤルの番号は5種類あり、作る料理に合わせて選ぶことができますよ。厚さを均一にしつつ、回転もさせやすいめん棒を選びたい方におすすめです。

プラスチック製でおすすめのめん棒

cotta(コッタ)- オリジナルガス抜きめん棒(2,140円)

パン作りに特化しためん棒

パン作りをする際にはガス抜きと言う作業を行いますが、簡単にできたらと考えることはありませんか。それを叶えてくれるのが、こちらのめん棒です。全体に凹凸が多数付いており、簡単にガス抜きを行うことが可能。効率よく作業することができますよ。

25cmとコンパクトなサイズです。大きすぎないので、収納場所が狭いキッチンでも困ることはないでしょう。また、少量の生地を伸ばす際も小回りがきくので使いやすく感じられるでしょう。コンパクトなものを探している方におすすめです。

ソウテン-めん棒(1,813円)

カラフルな色合いがかわいい

カラフルな色合いがかわいらしいめん棒です。明るいカラーが多数揃っており、キッチンを明るく演出してくれますよ。また、好きな色を選ぶことで、より楽しみながら料理をすることができようになるでしょう。

コンパクトなサイズ感になっています。ハンドルを含んだ長さは23cmほどなので、少量の生地を伸ばす際に使用するのもおすすめです。また、重量も120gほどととても軽量になっており、力のない方にも扱いやすいですよ。

タイガークラウン-ガス抜きめん棒 (806円)

37.5cmの大きめサイズなので量の多い生地も伸ばしやすい

表面が細かい凸凹になっているめん棒です。生地を伸ばしながらガス抜きをすることができ、パンを作る方にとても便利。パン生地全体のガスを均一に抜くことができ、よりキメの細かいおいしいパンに仕上げることができますよ。

37.5cmと大きめサイズです。一度に多くの量を伸ばすことができますよ。もちろん、少量の生地を伸ばすのにも使えるちょうどいいサイズ感になっています。大きめサイズのガス抜きができるめん棒を選びたい方におすすめです。

アルファ-EBM衛生タイプめん棒(2,629円)

つるんとした凹凸のないめん棒

硬質ポリエチレンを使用しためん棒です。軽くて丈夫なので、誰にでも扱いやすくなっていますよ。また、凹凸のないつるんとしたデザインなので洗浄もしやすく、衛生面を保った状態で使用することが可能です。

長さは30cmと大きすぎず、小さすぎないサイズ感です。ある程度量のある生地も伸ばすことができるので、重宝できるサイズになっていますよ。小回りもきくので、少量を小さく伸ばす際にも使いやすく便利です。

まとめ

作る料理に合っためん棒がおすすめ

たくさんの種類があるめん棒ですが、用途に合ったものを選ぶことで、より使い勝手がよくなります。作るものや量に合わせてサイズを変えることで、細かいところまで伸ばすことも可能になりますよ。ぜひ、使いやすいめん棒を選んで、手作りのお菓子や麺類を味わってくださいね。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

コメントを残す

*