おすすめのドーナツ型人気比較ランキング!【貝印も】

大人も子どもも大好きなドーナツ。自分好みの味やデコレーションにするなら手作りがおすすめです。自宅にドーナツ型があればいつでも気軽にドーナツを作ることができますよ。そこで今回はおすすめのドーナツ型をランキング形式でご紹介します。ドーナツ型の種類や選び方も詳しく解説していますのでぜひ参考にしてくださいね。

ドーナツ型の特徴

自宅で気軽にドーナツを作ることができる

家にドーナツ型があればいつでも気軽にドーナツを作ることができます。ドーナツは好きだけど、カロリーが気になってしまう。という方もいらっしゃるでしょう。そんな方はヘルシーな焼きドーナツを自分で作るのがおすすめです。

調理方法に適した素材がある

ドーナツ型にも用途に合わせて作成できるように、色々な素材があります。用途やお手入れ方法によって使い分けるのがおすすめです。自分が作りたいドーナツの種類によって適した素材を使うと、スムーズにドーナツを作れますよ。

ドーナツ型の種類

型抜きタイプ

1個から手軽に作ることができる

揚げドーナツにも焼きドーナツにも使えるのが型抜きタイプ。クッキー型のように様々な種類の形を作ることができます。また、生地に押して形成していくタイプなので1個から作ることが可能です。あまり数はいらないという時におすすめですよ。

サイズはコンパクトなものが多いので、収納場所があまりないという方にもおすすめの型です。ステンレスやアルミ製のものが多く、水分がついたままだと錆がつく可能性があります。お手入れの際はよく乾かしてから収納するようにしましょう。

押し出しタイプ

手を汚さずに型を取ることができる

型に生地を入れてから押し出すと、ドーナツの形を作ることができるのが押し出しタイプ。生地を直接油に入れていくのでふわふわしたドーナツができます。お店で食べるような揚げたてを楽しみたい方におすすめのタイプですよ。

生地さえ沢山作っておけば、型に入れてどんどん押し出していけば素早くドーナツ型を取っていくことができます。イベントで大量に作る時や自宅でホームパーティをする時に便利ですよ。手を汚さずに大量にドーナツを作れるところは嬉しいですね。

天板タイプ

オーブンで気軽に焼くことができる

ヘルシーな焼きドーナツを作るのに適している天板タイプ。油やバターをあまり使わないのに、ドーナツを作ることができるので、ダイエット中の方にもおすすめです。形も様々でミニドーナツや可愛い形のドーナツを作ることができる型もあります。

自宅のオーブンの大きさによっては選ぶのに注意が必要です。小さめのオーブンを使用して焼く場合は、天板サイズをチェックして入るかどうか確認しましょう。また購入前に収納の広さも考え、場所を確保しておきましょう。

スプーンタイプ

生地をすくってそのまま揚げることが可能

お玉型のスプーンに穴が開いていて生地を乗せ、スプーンごと油にそっと入れてドーナツを作るタイプの型。すくった生地をそのまま揚げることができます。思い立ったらホットケーキミックスでも手軽に作れるのが嬉しいですね。

手軽ですが、1つづつしか作ることができないので少しだけドーナツを食べたいという方におすすめです。また、ドーナツだけでなく、中華料理作りや卵をかき混ぜるのにも使えます。1つあると料理の幅が広がりますよ。

ドーナツ型の選び方

素材で選ぶ

揚げたい場合は熱に強い金属製

通常、ドーナツの揚げ油の温度は160度から170度くらいまで上がります。金属製やステンレス製など、熱に強い素材を選ぶことが大切です。生地が型にくっつきやすいので冷蔵庫で生地を冷やしておくと扱いやすくなります。また、スプーンタイプのドーナツ型であれば直接油に入れることができるので、型崩れしづらく綺麗なドーナツの形になりますよ。

冷やしたい場合は冷温可能なシリコーン製

近年、焼いたドーナツを冷やした冷たいドーナツや、アイスクリームをドーナツの形にしたアイスドーナツが流行しています。冷凍する場合、マイナス20度まで温度を下げる必要があります。低い温度に耐えられるシリコーン型を選べば間違いないですよ。シリコーンだと好きな形に曲がるので、型からドーナツを取り出す時にも便利です。

プラスチック製は軽量で錆びる心配がない

ドーナツ型を保管する時に錆びないか心配な方にはプラスチック製のドーナツ型がおすすめ。型の2箇所に小さな穴が開いていて、取り出すときに便利な作りになっているものもあります。また、押し出し型にはプラスチック製のものが多いく軽量ですよ。ただし、押し出し型の場合、内部を洗うのが他の型よりは難しいですので、汚れの落とし忘れには注意が必要です。

お手入れのしやすさで選ぶ

汚れがよく落ちるのはフッ素加工されたもの

焼き型の場合、フッ素加工されたものは汚れがつるんと落ちるので、使い終わった後のお掃除が楽です。洗った後は水切れも良いので、よく乾かしてから収納すると型が長持ちしますよ。また、ドーナツを焼いた際、型から外すのも楽なので一切油を使わずにドーナツ作りをすることも可能です。ヘルシー思考の方におすすめの素材です。

食洗機対応なら片付けも楽に済ませられる

キッチン用品を選ぶ際、食洗機に対応しているかどうかで見分ける方も多いかと思います。製菓用品を洗うのはやはり手間ですので、機械で洗えると便利ですよね。食洗機の洗浄温度は60度から80度まで上がり、さらに乾燥までするので強い素材でないと型を使えなくなってしまう場合があります。シリコーン型には食洗機対応のものが多いですが、よく説明を見て検討しましょう。

ドーナツ型のおすすめブランド・メーカー

貝印

信頼度の高い老舗メーカー

創業100年以上の老舗ブランド。貝印と聞くと安心感を得る方も多いのではないでしょうか。より多くの人に、より良い商品をという思いが企業理念にあるように、ドーナツ型にしてもシンプルながら使いやすいものが多いです。

タイガークラウン

楽しんで使えるドーナツ型が多数

快適生活用品をモットーにしているだけあって使いやすく、消費者が楽しめるものが多いです。デザイン性に優れたものも多いのが特徴。ドーナツ型は、種類が豊富でいろいろな形を作れるものがあります。

パール金属

多様な企画力で独創的な製品を生産

企画・開発力を生かし年間2,000以上の新しいものを出し続けている企業です。ドーナツ型に関しては金属だけでなく、シリコーンのものも種類が沢山あります。用途にあわせて選ぶことができますよ。

霜鳥製作所

ステンレスに強いメーカー

ステンレス製、厨房器具を主に取り扱っている専門メーカー。製菓用品を中心に取り扱っていますので、お菓子作り好きの方には心強い会社です。初心者が使えるものからプロ仕様のものまで様々な機種が揃う会社です。

おすすめ&人気のドーナツ型ランキング

大量に作るのにおすすめのドーナツ型

富士パックス販売株式会社-マドーレドーナツメーカー(1,320円)

押し出し式で手を汚さずにドーナツの大量生産

思い立ったらすぐ、好きな量を作ることができるドーナツ型です。使い方は簡単で、ドーナツ生地を中に入れ生地を押し出すだけの簡単操作。ボタンを押し適度な大きさになったらボタンを離して油の中に生地を落とします。

手を汚さずにドーナツを作ることができます。ドーナツ作り初心者の方や、子どもと一緒にお菓子を作りたい方におすすめです。ドーナツを落とす時に、油が跳ねることがありますので、やけどに注意して使用しましょう。

タイガークラウン-クリスタルドーナツメーカー(1,070円)

透明なので内部が見えて使いやすい

容器の中に生地を入れて押し出すだけで、大量にドーナツを作ることができます。中身が見えるので生地残量や隙間がないかどうかなど、作りながら確認することができるので便利です。食べたいと思ったら、すぐにドーナツを作ることができますよ。

自分でドーナツを綺麗な形に抜くのはなかなか難しいですよね。クリスタルドーナツメーカーはボタンを押すだけで生地がドーナツ型になります。そっと油に落とすだけなので、誰にでも上手に作ることができますよ。

霜鳥製作所-ドーナツ抜型(550円)

1個から大量まで好きな量を作れる

昔からある形のドーナツ型です。使い方は最初に固めの生地を作り、クッキーのように押し当てて形作っていきます。夏場は生地がダレやすいので、生地を冷蔵庫で冷やしておくと上手くできるでしょう。生地を沢山作っておけば大量にドーナツを作ることができますよ。

シンプルな型なので洗浄はとても簡単です。細い部分はありませんのでベタベタした生地汚れも残さず洗うことができますよ。ステンレスは錆びにくい性質ではありますが、よく水分を取って保存すると長持ちします。

ウィルトン-フッ素加工ミニドーナツ天板(2,035円)

ミニドーナツが12個一緒にできる

可愛いミニサイズのドーナツが、1度に12個できる焼き専門のドーナツ型です。子どもの友達が遊びに来る時や、ちょっとしたお土産におすすめのサイズですよ。ダイエット中でも少しだけ食べられるので良いですね。

内面にフッ素加工コーティングをしています。そのため、ドーナツを取り出す時つるんと取れてストレスを感じません。とはいえフッ素が剥がれてしまうのを防止するために生地を流す前には型に油を塗っておくのがおすすめ。

メイチョー-シリコーントレードーナツ型20個入り(10,076円)

最高20個好きな数だけ焼ける

単体のシリコーン型が20個付いているタイプのドーナツ型です。沢山の量を作れる上に、ひとつひとつの味やトッピングを変えやすいのでホームパーティにおすすめです。可愛いドーナツを自宅で楽しみましょう。

シリコーンで作られており、マイナス30度から270度まで耐えることができます。焼き上がりの生地離れがよいのも特徴のひとつ。作業効率がアップしますよ。オーブン焼成では750回使用可能です。耐熱性及び耐久性に優れていますよ。

色々な形を作るのにおすすめのドーナツ型

貝印-プチドーナツアソート(1,434円)

1度で3種類の可愛いドーナツが作れる

ポンデ型と波型とハート型のドーナツがそれぞれ4個ずつ作れる型です。ホットケーキミックスを使って生地を作れば、簡単に可愛いドーナツを3種類作ることができます。色々形があり食べるのも楽しめるので、子どもが喜びそうですね。

焼成も冷蔵もできるのが、シリコーン素材の型です。1つの型で2パターンの使い分けができるのは嬉しいですね。ただし、熱伝導率はあまりよくありません。ですので、焼きドーナツを作る際、焼き色は付きにくいことがあります。ふんわりとしたドーナツを作りたい人におすすめ。

タイガークラウン-クルーラドーナツ型 (688円)

ドーナツ屋さんみたいなクルーラを自宅で作れる

売り物のようなフレンチクルーラを作ることができる型が4個セットになったタイプです。型が単体になっているので、作業がしやすいのも特徴のひとつ。凝ったトッピングにしてみると、お店顔負けのドーナツができますよ。

ババロアを作ることもできる型なので、底がわりと深く、1つでもボリュームのあるドーナツを作ることができます。横で半分に切ってクリームを挟むこともできますよ。みんなでワイワイ作る時間を楽しむのも良いですね。

パール金属-ポンデドーナツ型(1,156円)

人気のポンデ型が手軽に作れちゃう

長年人気のあるポンデ型のドーナツが6個作れる型です。シリコーン素材でできているので柔らかく、出来上がった生地が取り出しやすいですよ。初心者の方でも扱いやすい型ですので、ご自宅でお店気分を味わってみてはいかがですか。

耐熱温度は230度で、高温に耐えることができます。食洗機対応の型ですので、使い終わった後のお手入れが楽。普通のドーナツ型に比べると、形が複雑なので、隙間に汚れが残らないよう、汚れの手入れに応じて手洗いをするのもおすすめ。

タイガークラウン-キューヒラインデラックス型(1,257円)

可愛いクリスマスツリー型も作れちゃう

キューヒラインとはスイスのお菓子ですが、ドーナツと似ているので今回ご紹介します。通常の生地よりも緩めに作るのがポイント。可愛いクリスマスツリーと星形とハート型の3種類がセットになっています。

もち柄の先端にネジが切ってあり、3種類の型を付け替えることによって使用します。クリスマスシーズンにぴったりの形ですよ。レシピはパッケージに書いてあり便利です。初めて作るお菓子でも安心できますね。

貝印-チュロス型(548円)

揚げずにチュロスを作ることができる

チュロスを作る時、大量の油を使うイメージがあるかと思います。このチュロス型を使えば、オーブンで簡単にヘルシーなチュロスを作ることができます。シリコーン素材なので型外れがよく、初心者の方でも使いやすいですよ。

マイナス40度から230度まで幅広い温度に耐えられるので、冷やしチュロスも簡単に作ることができます。高温にも対応するので、もちろん食洗機に入れても大丈夫。お手入れ簡単で手軽に洗えて便利ですね。

ヘルシードーナツを作るのにおすすめのドーナツ型

貝印-シリコーンドーナツ型(997円)

シンプルで使いやすいシリコーン製ドーナツ型

シンプルで使いやすいシリコーン素材のドーナツ型です。ベーシックなドーナツを同時に6個作ることができます。型から外れやすく、オーブンで焼けますのでヘルシーにドーナツを楽しみたい方におすすめです。

耐熱温度が最高200度のシリコーン型。食洗機で洗浄することができます。高温で乾燥することも可能で、簡単に抗菌して清潔な状態で保管できますよ。菌を寄せ付けず、小さなお子さんがいる世帯でも安心ですね。

パール金属-リングドーナツ型 (1,000円)

ハイクリーンコートでお手入れ簡単

ハイクリーンコートのツルッとした質感の型です。6個のドーナツを同時に焼くことができます。油を引かずに焼くこともできますが、長期間使用していく中でこびり付きやすくなるので油かバターを少量引いて使うのがおすすめです。

ドーナツ型の表面は汚れを落としやすくコーティングしてありますので、こびり付かずお手入れ簡単です。注意する点は食洗機や乾燥機を使うとはがれてしまいます。金属製のスポンジは使わずに柔らかいスポンジで手洗いしましょう。

ティファニー-ドーナツ型(2,481円)

フッ素加工でできていてドーナツを取り出しやすい

1度に6個のヘルシードーナツを作れる型です。型外れが良いですが油やバターを塗って使用すると長持ちするのでおすすめですよ。シンプルでもおいしいドーナツを作ることができます。オーブン専用ですので直火にかけないように注意しましょう。

フレーバーを変える際コーヒーや茶葉を使う時は注意が必要です。型に含まれた鉄イオンとタンニンが反応し、生地に黒い斑点が付着する場合があります。オーブン専用の敷紙を敷いて使用するようにしましょう。

まとめ

焼きドーナツにはフッ素加工されたドーナツ型がおすすめ

揚げるドーナツから焼きドーナツまで色々な種類のドーナツ型をご紹介しました。ヘルシーな焼きドーナツには焼いた後つるんと取れるフッ素加工された型がおすすめです。作るのも食べるのも楽しいドーナツ。お好みに合わせて色々なドーナツ型を選んでみてくださいね。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

コメントを残す

*