おすすめのDJ用ヘッドホン人気比較ランキング!【ワイヤレスも】

音楽を自由自在に繋げるDJは、音楽好きの憧れの存在です。DJプレイに挑戦するのなら、DJ用のヘッドホンから揃えてみてはいかがでしょうか。今回はDJ用ヘッドホンのおすすめを、ランキング形式で紹介します。すでにDJとして活躍している人でも、扱いやすいヘッドホンがランクインしています。少しでも興味がある人は、ぜひチェックしてみてくださいね。

DJ用ヘッドホンとは?

次の曲のタイミングなどを決めるために使う

DJ用ヘッドホンは、曲を繋げることに特化しています。ただリスニングするだけではなく、曲の細部までしっかりと聴く必要があるからです。騒がしいクラブ等の現場でも対応できるように、密閉感があり音が聴きやすい点もDJ用ヘッドホンの特徴です。

長時間装着していても快適なのが大切

DJプレイ用に作られているヘッドホンは、大半が頑丈です。長時間のプレイでも身体に負担をかけず、移動が多くても壊れにくい仕様になっています。壊れたらパーツ毎に買い替えて取り替えができるタイプもあるので、一度購入すれば長く使えるヘッドホンが多いです。

DJ用ヘッドホンの種類

両耳ヘッドホン

DJプレイだけでなく普段使いにまで幅広く対応

最もポピュラーなDJ用ヘッドホンが、両耳タイプです。両耳で普通のヘッドホン用にリスニングしたり、フロアの音を聴きながら片耳で聴いたりと様々な使い方ができます。すぐに音が聴けるように、イヤー部分の可動域が広いモデルが多いです。

密閉感が高く音楽に没入しやすい両耳タイプは、DJプレイだけでなく普段使いにも重宝します。音の細部まで聴こえるため、楽器の練習や作曲にも役立ちますよ。音楽が好きな人は、DJプレイをしていなくても満足できるヘッドホンだと言えます。

片耳ヘッドホン

片耳でフロアを確認できるDJのためのヘッドホン

片耳ヘッドホンは、電話の受話器のような形になったヘッドホンです。ハウスの世界では憧れの存在となっており、付けるだけで形になるタイプです。現在は生産しているメーカーも少なく、持っているだけで人との差が付くヘッドホンと言えますよ。

最初から片耳で聴くことを想定しているヘッドホンなので、DJの現場で使うことを前提とされています。両耳タイプと比較してすぐに耳に当てることができるので、煩わしさがありません。フロア全体の音をよく確認しながらプレイできるため、まさにDJのためのヘッドホンと言えます。

DJ用ヘッドホンに不向きなヘッドホン

DJプレイをするならノイズキャンセリング機能は不要

DJプレイをするのなら、ノイズキャンセリング機能は不要です。ノイズキャンセリングがあると、ヘッドホンから流れている音以外を遮断してしまうためです。フロアで流れている音とこれから流す曲を綺麗に繋げるには、周囲の音がよく聴こえる必要がありますよ。

Bluetooth接続のみのヘッドホンは不安定

DJプレイには、Bluetooth接続は不向きだと言えます。Bluetooth接続は途切れや遅延が発生し、正確に曲を繋げられない恐れがあるためです。DJプレイでヘッドホンを使うには、有線接続ができるモデルを選びましょう。

特殊な有線ケーブルを使用する場合は変換器が必要

選んだDJ用ヘッドホンが特殊な端子を使用している場合は、変換器を持ち歩きましょう。複数の現場でDJプレイをするには、機材に合わせてヘッドホンを繋げる必要があります。持っているDJ用ヘッドホンの端子がマイナーな場合は、必ず変換器を持ち歩くことでトラブルを回避できます。

DJ用ヘッドホンの選び方

接続方法で選ぶ

DJプレイ中心に使うなら有線タイプ

DJプレイのためにヘッドホンを選ぶ場合は、有線接続ができるモデルがおすすめです。有線接続なら音の遅延や途切れがなく、安定した状態で曲を繋げられます。機材トラブルにもなりにくいため、シンプルな有線モデルが使いやすいですよ。コードが丈夫なタイプを選べば、断線する心配も減ります。接続部分がしっかりと防御されたタイプだと、長く使えるのでおすすめです。

移動中も曲をチェックするならワイヤレス接続も可能なタイプ

有線接続だと、移動中に曲チェックがしにくいと言う難点があります。外出先でもDJ用ヘッドホンを使いたい場合は、ワイヤレス接続も可能なモデルを選びましょう。コードを取り外してBluetooth接続ができれば、コードが邪魔にならず快適にリスニングを楽しめます。オーディオプレイヤーやスマホなど様々な端末に繋げられるため、楽しみ方が広がりますよ。

形状で選ぶ

片耳を出してフロアの音を確認しやすいのは回転式

首にヘッドホンをかけたり片耳だけで瞬時に音をチェックしたりと濫用性が高いのは、イヤーパッドが回転式のヘッドホンです。ヘッドホンにも身体にも負担をかけにくく、楽に片耳だけで音の確認ができます。回転ができないとヘッドホンを無理な形で使うことになるので、壊れやすくなります。可動域が広いヘッドホンを選ぶことで、長い期間使うことができますよ。

折りたたみ可能なタイプは持ち運びに便利

持ち運びをすることが多いなら、折りたたみ式のヘッドホンが便利です。ヘッドホンはそのままの形では、圧迫する面積が広く荷物になってしまいます。他の荷物との干渉により、壊れる可能性も多くなります。折りたたんでコンパクトな状態になることで、壊れにくく持ち運びがしやすくなりますよ。遠出が多い人には、ぜひおすすめしたいタイプのDJヘッドホンです。

パーツで選ぶ

リケーブルができるタイプなら断線しても安心

有線接続のヘッドホンを選びたいけれど、断線が心配な人も多いのではないでしょうか。リケーブルができるヘッドホンを選べば、断線してもコードだけを差し替えられます。経済的に使えるため、ヘッドホン本体を長く使うことができますよ。コードの長さをシーンによって替えられる利点もあるため、何かと使い勝手が良いのがリケーブルタイプだと言えます。

カスタマイズができるモデルなら自分の好みのプレイができる

音楽にこだわりが強い人は、カスタマイズができるDJヘッドホンをおすすめします。好きなパーツを組み合わせることで、好みの装着感や音質を実現できます。好みのDJ用ヘッドホンが見つからない人は、思い切ってカスタマイズを行う前提で購入するのも1つの手ですよ。自然と機材の知識も付くため、研究家タイプにおすすめです。

曲のジャンルで選ぶ

HIPHOPやロックを選曲するなら低音が強調されたヘッドホン

ヒップホップジャンルでDJプレイをするなら、低音が強調されたヘッドホンがおすすめです。ヒップホップでは、低音やリズムのビート感が非常に大切になります。ビートが埋もれずにしっかり聴こえることで、曲の流れをしっかりと掴むことができます。騒がしいクラブシーンでも低音が聞こえやすいヘッドホンを選べば、一層DJプレイがスムーズにできますよ。

トランスやボーカル入りの曲をかけるのなら中高音が埋もれないヘッドホン

トランスやボーカル入りの曲を繋げるのには、中高音がクリアに聴こえるヘッドホンがおすすめです。繊細な女性の声が多い曲では、低音が強調されたヘッドホンではメロディーラインが埋もれる場合があります。ビート感も大切ですが、中高音も聴こえる状態にすることでより繋ぎを綺麗に仕上げられます。低音域を強調するだけではなく、全ての音がくっきりと聴こえるヘッドホンを選べるといいですね。

DJ用ヘッドホンのおすすめブランド・メーカー

オーディオテクニカ

最高の品質が自慢のメーカー

オーディオテクニカは日本国内の音響機材メーカーです。カラオケ機材やイヤホンなど、生活の身近な場所に取り入れやすいアイテムを製造しています。1つ1つのパーツの品質にこだわっているため、迷った時に選ぶのにも適したメーカーだと言えますよ。

Pioneer DJ(パイオニアディージェイ)

プロのDJに支持されているブランド

DJのプロフェッショナル達が認めた、本格仕様のメーカーです。DJ用ヘッドホンを筆頭に、ミキサーなどのDJ機材が揃っています。ヘッドホンはDJプレイを前提に製造されているため、現場で使いやすいですよ。

OneOdio(ワンオーディオ)

ダイナミックな音響が魅力的

リーズナブルな価格で人気の、中国のオーディオメーカーです。価格が日本国内のメーカーよりも低く、なおかつ音質にも優れています。そのため、DJ機材を低予算で揃えるのに向いていますよ。ダイナミックな音質で、普段使いにもおすすめできるモデルが豊富です。

V-MODA(ブイモーダ)

スタイリッシュなデザインで音楽生活を豊かにする

大手音楽機材メーカーであるRolandが監修したメーカーです。数あるDJ用ヘッドホンのメーカーの中でもスタイリッシュな商品が多く、高級感に溢れたモデルが多いです。音質にもこだわりがあり、通常のヘッドホンでは味わえないクリアな音が楽しめますよ。

おすすめ&人気のDJ用ヘッドホンランキング

リーズナブルでおすすめのDJ用ヘッドホン

OneOdio-A71 DJ用有線ヘッドホン (4,080円)

5,000円以下で購入できるリーズナブルさ

5,000円以下で購入できる、リーズナブルさが魅力のDJ用ヘッドホンです。低価格だけではなく、原曲に忠実に再生できる音質も特徴です。回転式なので、身体に負担をかけずにDJプレイができますよ。

DJプレイ以外にも、ギターアンプとつないだりゲームをしたりと、様々な使い方ができます。マイクがついているので、テレワークなどの普段遣いにも対応しています。DJヘッドホンを低予算で探している人には、ピッタリのモデルです。

NEU-DJ用ヘッドフォンHX1 (9,407円)

低価格でもクリアな音質で聴こえる

リーズナブルな価格にも関わらず、クリアな音質が心地良いヘッドホンです。密閉感があるイヤーパッドにより、フロアの音を聴きながら手元の音源をしっかり聴くことができます。人間工学デザインにより、片耳で音をチェックする時も楽にできますよ。

高音域は輪郭がはっきりと聴こえ、低音域はパンチのある音質で聴こえます。DJプレイだけではなく、好きな音楽をよりくっきりとした音質で楽しめますよ。DJプレイから普段遣いまで、音楽をより深く味わいたい人におすすめのヘッドホンです。

OneOdio-Pro-10 DJステレオモニターヘッドフォン (8,250円)

DJプレイから音楽制作まで幅広く対応

モニタリングに特化したヘッドホンです。片耳モニタリングができる構造になっており、ラバー素材のため柔らかいためメガネをかけていても使えます。イヤーパッドは通気性がある素材になっているため、暑いフロアでも快適に使えますよ。

DJプレイや音楽制作に使いやすく、長時間着用していても疲れにくいです。音楽活動を幅広く行っている人には、特におすすめできるモデルと言えます。原曲に忠実に再生できるため、音楽鑑賞専用のヘッドホンとしてもおすすめです。

ZOMO-Stick Headphone HD-120 (12,100円)

リーズナブルに片耳ヘッドホンに挑戦できる

ハウスDJの憧れである、片耳ヘッドホンに挑戦したい人におすすめです。ハウスはもちろん、4つ打ち系の音楽との相性も良いヘッドホンです。両耳ヘッドホンとは違い、手を使わずに耳からイヤーパッドを近づけたり離したりを操れます。

イヤーパッドが大きいため、片耳でも使いやすい安定する形になっています。通常の片耳ヘッドホンは高価格でハードルが高いですが、10,000円台で購入できます。片耳ヘッドホンを使いこなせるか不安な人でも、挑戦しやすいモデルと言えますよ。

低音域が聴こえやすいおすすめのDJ用ヘッドホン

V-MODA -M200-BK モニターヘッドホン (43,560円)

低音と高音のバランスにこだわった一台

音質のバランスが取れた、高品質なDJ用ヘッドホンです。低音やリズムのグルーヴ感を感じながらも、埋もれずクリアな中高音を聴き取れます。細かく調整されたドライバーにより、歪みのない音を楽しめますよ。

片耳だけでのモニタリングを想定して作られているため、接続部分などはより頑丈に作られています。耳だけではなく頭全体でヘッドホンが固定されるので、長時間のプレイでも疲れにくいですよ。高品質なDJヘッドホンを求めている人には、最適なモデルです。

オーディオテクニカ-プロフェッショナルモニターヘッドホンATH-M50x (36,650円)

音楽のプロのために作られたヘッドホン

音楽分野における様々なプロフェッショナルのために作られた、本格的なヘッドホンです。DJプレイはもちろん、レコーディングやミキシングにも対応しています。3本のコードがセットになっているので、用途に合わせて使い分けることができますよ。

イヤー部分は90度傾けることができるので、プレイ中に首に掛けやすい構造です。片耳のモニタリングもしやすく、身体にもヘッドホン本体にも負担になりにくいです。様々な音楽の場で活動する人には、特におすすめのヘッドホンですよ。

SHURE -SRH550DJ (25,982円)

迫力のある低音が魅力的

DJ用としても、音楽鑑賞用としても使いやすいヘッドホンです。音楽鑑賞として使えば低音域が強調され、迫力のある音楽が楽しめます。DJプレイでも使いやすいように、イヤーパッドが90度可動できますよ。

密閉型かつ50mmの大型ドライバーなので、通常のヘッドホンよりも迫力のある音質が味わえます。低音が聴き取りにくい音楽がある人には、ぜひ試してほしいモデルです。初めてのDJヘッドホンにもおすすめですよ。

PIONEER-HDJ-X10 (39,996円)

プロ向けの機能性と品質が特徴

プロフェッショナルなDJのために作られた、高品質なヘッドホンです。音質の解像度が非常に高く、ハイレゾ再生にも対応しています。大音量のフロアでも、音質の劣化を感じずにクリアに手元の音源を聴けます。

耐久性の高さにおいても定評があり、米国軍用規格の試験もクリアしています。長時間の現場でも壊れにくいので、DJプレイの頻度が高い人におすすめです。自宅で好きな音楽をゆっくり味わうにも、向いているヘッドホンですよ。

初心者におすすめのDJ用ヘッドホン

オーディオテクニカ-DJヘッドホン ATH-PRO5X (11,183円)

DJプレイに限らず様々なリスニングに対応

これからDJを始める人や、DJプレイの予定がない人にもおすすめのヘッドホンです。DJプレイを想定しているため、耐久性が高く作られています。なおかつ普段使いでも対応できるよう、ポータブル用のコードも用意されていますよ。

リーズナブルながらも、解像度が高く綺麗な音質でリスニングができます。フロアのような騒がしい場所でも快適に聴こえる密閉性もあります。イヤーパッドなどは交換可能なため、長く使うことができますよ。DJプレイ未経験の人にもおすすめできる、初心者向けモデルと言えます。

オーディオテクニカ-DJヘッドホン ATH-PRO7X (27,530円)

初心者でも高品質なモデルが欲しい人に

初心者でも手を抜かず、高品質なヘッドホンが欲しい人におすすめのモデルです。高解像度であることをポイントにしており、クリアな音質とグルーヴ感のある低音を楽しめます。低音がクリアに聴こえることで、初心者の人でもしっかりDJプレイに臨めますよ。

プロの現場に耐えられるほど丈夫なので、ハードな使い方をしても壊れにくいです。そのうえ、パーツは交換できるので、ヘッドホンを壊しやすい人でも安心して購入できます。丈夫なヘッドホンが欲しい人や、音質にこだわる人におすすめのモデルと言えますよ。

PIONEER-DJ用 ヘッドホンHDJ-X5BT-R (18,700円)

いつでも曲のチェックができるBluetooth機能付き

DJヘッドホンを様々な場所で使いたい人におすすめのモデルです。有線接続だけでなくワイヤレス接続ができるため、移動中でもストレスなくリスニングができます。DJプレイ以外でも高音質を楽しめるので、自宅でも活用ができますよ。

チューニングにこだわり、躍動感やスピード感のある音質が楽しめる構造になっています。テンポが早いジャンルや、激しいジャンルを好む人にもおすすめです。ヘッドホンを様々なシーンで使いたい人には、ぴったりのモデルですよ。

PIONEER-DJ用 ヘッドホンHDJ-X5-K (13,500円)

低価格なのにプロ仕様で扱いやすい

初心者でもプロ品質のDJヘッドホンを求めている人におすすめのモデルです。耐久性が高い構造になっているので、実際のDJプレイで大活躍できるヘッドホンです。見た目もスタイリッシュなので、安っぽくならない点も魅力的ですよ。

新開発のドライバーやノイズ対策を搭載されているため、クリアかつビートが取りやすい音質となっています。リズム感に自信がない人でも、ビートを聴き取りやすいのでおすすめですよ。プレイ中にヘッドホンへの負荷をかけてしまっても、壊れにくい丈夫なモデルです。

まとめ

選曲するジャンルに合ったDJ用ヘッドホンがおすすめ

今回はおすすめのDJヘッドホンをランキング形式で紹介しました。リスニングする曲に合わせたヘッドホンを選ぶことで、普段の音楽鑑賞もDJプレイも充実します。ぜひぴったりの一台を見つけ、DJプレイを楽しんでみてはいかがでしょうか。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

コメントを残す

*