おすすめの椅子脚カバー人気比較ランキング!【シリコンも】

ダイニングや書斎などで椅子を使う家庭も多いでしょう。膝に負担をかけずに座れるので、年配の人にも使われます。ただ、椅子を使うのに引いたり押したりすると、気になるのが音や床のキズ付き。そんな悩みを解決してくれるのが、椅子脚カバーです。ここでは椅子脚カバー特徴や種類、選び方を詳しくご紹介します。ぜひ暮らしに合った椅子脚カバーを見つけてください。

椅子脚カバーの特徴

騒音や床への傷つきを防止できる

ダイニングテーブルをフローリングで使う人は多いですよね。スチールのパイプ椅子などには、キャップが付いているものもありますが、木製の椅子にはないものがほとんどです。そのため、そのまま使用して引きずると、フローリングが傷つく原因に。さらに自分たちでは気付かなくても、階下の住人には、椅子を使うたびに騒音となって聞こえていることもあります。椅子脚カバーを使うことで、そんなキズ付きや音を、軽減する効果が期待できますよ。

椅子の引き出しをスムーズに行える

椅子脚カバーにはさまざまな種類がありますが、何も付けない時よりもスムーズな椅子の出し入れが可能になります。自宅にいる時間が長い人や、書斎のデスクで仕事をする人は、座ったり立ったりするたびに思うように椅子が動かないと、ストレスになりますよね。椅子脚カバーを付けて、毎日快適に過ごせる環境づくりにお役立てください。

椅子脚カバーの種類

シリコンタイプ

椅子にしっかりフィット

椅子脚カバーはメーカーやブランドによって特徴があり、種類も豊富です。大きく分けると、シリコンタイプ、ソックスタイプ、フェルトタイプの3種類に分けられます。シリコンタイプは、椅子脚に被せるものが多く販売されています。

柔軟性があり椅子脚に履かせやすいほか、履かせた後にはしっかりとフィットするのが特徴的。椅子を動かしても外れたりずれたりしにくく、何度も付け直す手間を省けます。クリアタイプやブラウン系のものが多く、椅子の色に合わせて馴染みやすいのもメリットです。

ソックスタイプ

デザインやカラーが豊富にラインナップ

さまざまなメーカーから、種類豊富に販売されているのがソックスタイプ。100均などでも数多く売られています。靴下のような見た目で、デザインやカラーも数多くラインナップされていますよ。部屋のアクセントとして使いならソックスタイプがおすすめです。

柔らかいファブリック素材なので、椅子を動かした時にフローリングのキズ付けを防げます。洗えるものも多いので、汚れが気になったらさっと脱がせて洗濯すれば衛生的です。ペットや小さい子供のいる家庭に安心な、椅子脚カバーと言えるでしょう。

フェルトタイプ

はがれにくく取り付け簡単

フェルトが使われている椅子脚カバーも多くあります。フェルトは柔らかく、床のキズ付きを防ぎます。キャップになっていて底にフェルトが使われているものや、フェルトを自分でカットして椅子脚の底に貼り付けるものなど、さまざまな種類がありますよ。

カットして使うものなら、足の形状関係なく最適な形にして使用可能。椅子脚が特殊な形状で、なかなかフィットする椅子脚カバーがない時におすすめです。底に貼り付けるので、横から見ても目立たず、椅子のデザインを損ないたくない時にも重宝します。

椅子脚カバーの選び方

悩み別で選ぶ

ズレが気になるなら椅子脚にぴったりのものか確認

椅子脚カバーは、床へのキズ付きや音を軽減するのに役立つアイテムなので、使っている人も少なくありません。そんなユーザーから聞かれる悩みが、椅子を使っているうちに、ずれたり外れたりするというもの。椅子脚よりも小さかったり、逆に大きすぎたりすると外れやすくなります。「何度履かせてもすぐに脱げる」とイライラしている人は、椅子脚の形状と寸法を確認して、適切なサイズの椅子脚カバーを使うことで、ストレス軽減につながりますよ。

特殊形状の脚にはシートタイプが便利

椅子の形状はさまざまあります。脚がまっすぐ下りていて形状も丸型や角型のオーソドックスなものなら、多くの椅子脚カバーが販売されているので心配ありません。しかし特殊な形状の椅子脚の場合には、使えない場合も。そんな時には、自分でカットできるシートタイプがおすすめです。脚の形に合わせてカットし貼り付けるので、外れることなく、床のキズ付きもしっかりと防げますよ。

ホコリなどの汚れを寄せ付けたくないならフェルト素材がおすすめ

椅子を何度も出し入れしていると、床のほこりやゴミなどが椅子脚に付いてしまうことも。いくら掃除をしていても、ホコリはどうしてもついてしまいます。椅子脚カバーの中でもソックスタイプは、ほこりやゴミなどを寄せ付けやすい素材なので、こまめに取る必要があります。見た目が気になるなら、フェルト素材がおすすめ。フェルトタイプは防汚性が高く、目立ちにくいなどのメリットがあります。

床の種類で選ぶ

フローリングなら布製のものが使いやすい

椅子脚カバーは、床の素材によっても適する種類が変わってきます。椅子を使う床材に多いフローリングでは、布製のソックスタイプや、フェルトタイプが相性抜群です。どちらも柔らかい素材なので、フローリングへの当たりが優しく、キズ付きを防ぐ効果が期待できます。椅子を引いた時にもスムーズに動かせるため、音も少なく静かに使えますよ。

カーペットならフッ素樹脂タイプが使いやすい

床にカーペットを敷いている場合には、底部分がすべりやすいフッ素樹脂タイプが使いやすいでしょう。つるつるした面がカーペットに接するので、凸凹したカーペットの上でも、スムーズな動きが可能です。椅子から立ち上がる時に思うように動かなかったり、椅子脚カバーが外れたりするのは使いづらいですよね。床の種類に応じた椅子脚カバーを選んで、ストレスなく過ごすためにお役立てください。

脚の形状で選ぶ

丸脚や角脚は直径サイズがぴったりの椅子脚カバーが最適

椅子脚カバーは、椅子脚のサイズをしっかりと測らずに大まかに選びがち。しかしサイズが合っていないものを使っていると、ズレたり外れたりする原因にもなります。丸脚や角脚の椅子をお使いなら直径を確認して、椅子脚カバーのサイズに対応しているかチェックしましょう。フレキシブルに対応できるタイプよりも、ぴったりのサイズがあれば、そちらを選んだほうが使い勝手はよいでしょう。

長丸脚や長角脚は短辺と長辺を測ってそのサイズに対応しているものを

椅子脚が直径で測れない、長丸や長角タイプのものもありますよね。珍しいものではなく、一般的なダイニングチェアにも数多く使われています。そのため椅子脚カバーも多くラインナップされています。椅子脚が丸や四角ではない場合、一辺測るだけでは正確ではありません。短辺と長辺を測ることで、最適な椅子脚カバーを購入するのに必要な情報を得られます。ぜひしっかりと長さを計測して、外れにくい椅子脚カバーを見つけてください。

サークル脚なら脚の太さに合うものを

学校や会議室などでよく使われている、折りたたみ式パイプ椅子の脚をサークル脚と言います。サークル脚は4本脚の椅子脚のように履かせるのではなく、はめたり、シートを貼り付けたりするものが販売されています。適当に選んでしまうと、はまらなかったり、ぶかぶかで安定しなかったりすることも。ぴったりの椅子脚カバーを選ぶ際は、パイプの直径を測って対応しているものを選びましょう。

椅子脚カバーのおすすめブランド・メーカー

レック

椅子脚にぴったりフィット

貼り付けタイプや、キャップ式の椅子脚カバーを販売しているレック。柔らかい素材で椅子脚にはめやすく、外れにくいのが特徴的です。装着しても目立たず、椅子のすべりがよくなるので、快適に使えますよ。

ベルメゾン

デザイン豊富で見た目にもこだわれる

シリコンや、ファブリックなどを使った椅子脚カバーを扱うベルメゾン。ソックスタイプは、カラーや柄が豊富なので、好みで選べます。部屋のアクセントになる椅子脚カバーを探している人におすすめのメーカーです。

ベスト

椅子の音を軽減して周囲を気にせずに使える

キャップ式の椅子脚カバーが人気のベスト。床へのキズ付き防止のほか、音が伝わりにくい二重構造設計を搭載した、椅子脚カバーを販売しています。マンションで、階下の住人を気にせず生活するのに役立ちます。

和気産業

椅子脚を覆って床への傷付きを防げる

パイプ脚やサークル脚、木製椅子などさまざまな種類の椅子に対応した椅子脚カバーをラインナップしている和気産業。脚に打ち込む椅子脚カバーなどほかにはない、個性的なものも販売しています。椅子脚カバーを比較検討して買いたい人におすすめです。

おすすめ&人気の椅子脚カバーランキング

ソックスタイプでおすすめの椅子脚カバー

ベルメゾン-脱げにくい椅子脚カバー (1,408円)

椅子脚を可愛く保護

豊富な12柄から選べる、ベルメゾンの脱げにくい椅子脚カバー。無地のほか、アーガイル柄やチェック柄もあるので、好みの柄を選べます。足口は履かせやすいリブ編みになっており、丸脚、角脚どちらでも便利に履かせて使用可能。

カバーの内側には滑り止め加工が施されているため、椅子を引いてもズレにくいですよ。汚れたら洗濯機で洗えるので、衛生的。ペットや小さい子供がいる家庭におすすめです。フローリングのキズや音の軽減に役立ちます。

Colors-パルマ椅子脚カバー(858円)

椅子の引く音を軽減して騒音対策

もこもこ素材が優しい雰囲気を引き出す、パルマ椅子脚カバー。ソックス部分はストレッチ素材となっているため、タテ、ヨコに伸び椅子脚に履かせやすくなっています。さらにフィット感も良く椅子を動かした時に外れるのを防ぎます。

ソックスの底部分には、フェルト素材を搭載。汚れが目立ちにくいので、見た目が気になるリビングの椅子におすすめです。さらに汚れた時には水洗いできるので、長い間、衛生的に使えます。部屋の雰囲気に合わせて6色から選べますよ。

東洋ケース-チェアソックス ベニイロタケ きのこ (660円)

キュートなデザインにほっこり

きのこのようなコロンとしたフォルムが、とにかくかわいい東洋ケースのチェアソックス。椅子脚の周囲約6cmから18cmに対応しています。履かせることで、インテリアとして役立つだけでなく、床のキズをしっかりと防ぎますよ。

生地は、2重構造になっており、伸縮性と丈夫さを実現。折り返す幅によって、長さ調整も可能です。脚の形状や好みに応じて、最適な長さで使えますよ。リビングを、かわいい雰囲気でまとめたい人におすすめです。

ケユカ-チェアソックス(1,089円)

床と椅子脚に優しい椅子脚カバー

ツートンカラーがおしゃれな、ケユカのチェアソックス。可愛いパッケージになっているので、ちょっとしたプレゼントにもおすすめです。椅子脚は丸脚、角脚どちらにも対応。数多くのダイニングチェアに使えますよ。

内側の全面に滑り止め加工を施しています。椅子の脚に履かせて移動させても脱げたりずれたりしにくく、何度も履かせる手間がかかりません。負担のかかる底部分は、丈夫にするため二重編みを採用。破れにくく、長く快適に使えます。

旭電機化成-スマイルキッズ キズつきにくいイス脚用カバー(693円)

温もりある素材で居心地の良い雰囲気をつくりだす

靴下のように簡単に履かせて使える旭電機化成の椅子脚カバー。伸縮性に優れたリブ編みで作られているため、椅子脚にほどよくフィットします。全体が丈夫な二重構造になっているので、長く快適に使えますよ。

柔らかい素材なので椅子の脚は、丸脚のほか、角脚にも使用可能。椅子脚のさまざまな形状に柔軟対応できますよ。フローリングや畳の上で、椅子の移動をスムーズに動かしたい人におすすめ。さらにキズ付きも抑えます。

フェルトタイプでおすすめの椅子脚カバー

和気産業-Wフェルトキャップ角(843円)

椅子の音を軽減してストレス解消

変形しにくいエラストマー樹脂にフェルトが付いている、和気産業の椅子脚カバー。フェルトの接着には、接着剤ではなく熱を利用しているため、接着剤で床を汚すことがありません。通常のフローリングのほか、床暖房のフローリングにも使用できます。

エラストマー樹脂には切り込みが入っているため、広げやすく、椅子脚にはめやすくなっています。変色しにくいので、長く使いたいと考えている人におすすめです。落ちついた色合いのダークブラウンで、角脚の椅子に便利に使用できます。

ソウテン 椅子脚カバー(1,323円)

椅子だけでなく家具にも使える万能フェルトパッド

円形のフェルトを、椅子や家具に貼るソウテンの椅子脚カバー。直径20mmの円形になっています。粘着面を椅子脚の底部に付けることで、床の傷付きを防ぎます。横から見ても目立たないため、椅子のデザインを損ないたくない人におすすめ。

1商品は30個と豊富な数がセットになっているため、ひとつ買えば、リビングの椅子のほか、家具の下などさまざまな場所に使えます。これだけの大容量で値段も1,500円以下とリーズナブル。ひとつ買っておくと床の保護に役立ちます。

日本ロックサービス-イスイスイ(1,100円)

羊毛100%のフェルトでフローリングに優しい

細いスチール製の椅子専用の日本ロックサービスのイスイスイ。エラストマー樹脂と、フェルトが使われています。底部のフェルトは、真球形状を採用。デザインチェアでよくある斜め脚でも樹脂部分が床に当たりません。

差込口は、丸脚のほか、角脚でもフィットする特殊な形状になっています。ホール努力もあるため、使用中外れにくいのも嬉しいメリット。床に設置する面積が少ないので、ほこりや汚れが溜まりにくく、掃除も簡単です。

樹脂製でおすすめの椅子脚カバー

レック-脚ピタキャップL 丸・角兼用(768円)

すべりを良くして移動がスムーズ

本体にシリコン樹脂、底部分には高密度ポリエチレンを使用したレックの椅子脚カバー。伸縮性に優れたシリコン樹脂を使っているため、椅子脚にはめる作業が簡単です。ソックスタイプと比べてゴミが付きにくいので、衛生的に使いたい人におすすめ。

底は丸型ですが柔軟にフィットするため、椅子脚の形状は丸型のほか、一辺27cmから36cmの角型にも対応できます。フローリングのほか、カーペットでも使えますよ。幅広い環境で、快適に過ごすために役立ちます。

ベスト-スベルマンション用イスキャップ(1,079円)

滑りやすくなるので掃除がしやすい

マンションで生活している人に人気の、ベストから発売されているスベルマンション用イスキャップ。エラストマー樹脂とフッ素樹脂を本体に使用しているので、床面への傷付きを防ぎます。賃貸マンションに住んでいる人におすすめです。

キャップの内側には、スポンジ層と空気層の二重構造を採用。椅子を動かした時に音が伝わらず、近隣住民との騒音トラブル防止にも役立ちます。色移りしない材質なので、椅子への影響を気にせずに安心して使えますよ。

ベルメゾン-脚ピタキャップカバー(1,100円)

はめるだけの簡単取り付けで床の傷付きを防止

シリコン樹脂製の本体でぴったりとフィットする、ベルメゾンの脚ピタキャップカバー。椅子脚に取り付けたらズレにくい仕様となっています。今まで椅子脚カバーが、ズレたり外れたりしてストレスに感じていた人におすすめ。

椅子カバーの底部分には、高密度ポリエチレンを使用。優れたすべりやすさを発揮します。クッション性があるので、音も軽減してくれますよ。さまざまな椅子になじみやすいカラーなので、部屋の雰囲気を変えずに使い始められます。

SELECO-ふんばりキャップ(620円)

生活騒音を減らしてトラブル防止

伸ばして付けやすい、SELECOのシリコン製椅子脚カバー。オールシリコン素材なので、汚れたら丸洗いができ、衛生的に使えますよ。椅子脚カバーの底内側には凹凸が付いているので、ズレ防止にも効果を発揮します。

柔軟な素材で、椅子脚にフィット。床の傷付きや、椅子を引いた時の音を大幅に軽減できます。椅子の出し入れ時に加減ができない、子供のいる家庭におすすめです。少しの音でも目が覚めてしまう、赤ちゃんの睡眠妨げになりません。

和気産業-サークル脚用キャップ(781円)

よく動かすサークル脚のパイプ椅子におすすめ

折りたためるサークル脚に使いたい人におすすめしたい、和気産業の椅子脚カバー。本体にエラストマー樹脂、底部にはポリエチレンを使用しています。取り付けることですべりを良くするため、会議室などで椅子を移動することが多い環境におすすめ。

丸いパイプの椅子脚にはめ込むだけで、簡単に取り付けられます。取り付け範囲も広いため、フレキシブルに対応できますよ。シンプルな形状で、色も落ち着いた黒を使用。どんなパイプ椅子にも使いやすいデザインです。

まとめ

脚にぴったりの椅子脚カバーがおすすめ

床のキズ付きや椅子を動かした時の音を軽減できる椅子脚カバー。外れたりずれたりして、そのたびにイライラしてしまう人もいますよね。選ぶ際は、適当に選ばずにサイズや形状をしっかりとチェック。自宅の椅子脚に対応しているものを選ぶことで優れた使い心地が得られるでしょう。ぜひ、比較検討して最適な椅子脚カバーを利用してみてください。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

コメントを残す

*