おすすめのねり消し人気比較ランキング!【保管方法も】

紙を傷付けずに鉛筆を消すことができる、ねり消しは、デッサン用から日常用まで、幅広い場面で使われています。その種類も、用途によって豊富に展開されているので、どんなねり消しが自分に最適か、購入時に迷ってしまう方も多いかもしれません。本記事では、そんな方におすすめのねり消しをランキング形式でご紹介します。ねり消しの特徴や保管方法も解説しているので、是非チェックしてみてくださいね。

ねり消しの特徴

紙を傷付けずに鉛筆の線を消せる

プラスチック消しゴムのように、紙の表面を擦るのではなく、消したい部分の鉛筆を吸着するように、押し当てて使うのがねり消しの特徴。紙を傷付けないので、デッサンや絵を描く方の多くが使用しています。そして、鉛筆を吸収して黒くなった部分は、中へねりこみ、どんどん白い部分を使っていくのが、一般的な使用方法。消し屑が出ないので、どんな場所でも使いやすいという利点もあります。

形状を変えて使うことができる

ねり消しは、柔らかい粘土のような質感なので、形状を自分好みに変えて使用することができます。細かい部分の鉛筆を消す時は、細くして使ったり、広範囲に対して使う際には、大きく広げられるので、使い勝手は抜群。また、形状を変えることで、いつでも鉛筆で汚れていない部分を使うことができます。プラスチック消しゴムは汚れてしまったら、その部分を削らなくてはなりませんが、ねり消しにはその手間がありません。

ねり消しの種類

デッサンや絵画作成用

高性能で無駄の無いシンプルな形状

デッサンや絵画の制作で使用するねり消しは、シンプルで使いやすさを重視したものが良いでしょう。硬さも絵の雰囲気を左右するポイントになるので、自分の好みのテイストに、絵を仕上げられる硬さのねり消しを探してみるのが1番です。また、使いかけのものと、新品の両方をストックして使うと、同じ練り消しでも質感が異なるので、絵の表現に幅を持たせることができますよ。

加えて、保管方法もデッサン用のねり消しを選ぶ際には重要。デッサンで使うねり消しは、綺麗で状態の良いものが理想的なので、乾燥や埃などの汚れから、しっかりねり消しを守れる保管環境が大切です。中でも、チャックのついたビニール入りのねり消しや、専用のケースが付属しているものを選ぶと、清潔に保管しやすいでしょう。

用途を問わず使えるホビー用

遊び心のある豊富なデザイン

子供用のねり消しや、香りや色を楽しむためのねり消しは、エンターテイメント性を重視して選ぶと良いでしょう。ホビー用なので、思い切り自分の好みのねり消しを選ぶのも楽しいですよね。ホビー用として展開されているデザインのねり消しは、食べ物の匂いが付いていたり、カラフルでユニークなものが豊富。プレゼントとして贈っても、喜ばれるデザインが多いですよ。

また、ホビー用のねり消しの中には、何色かセットになっている色を混ぜ合わせ、好みの色のねり消しを作れるものや、粘土のように遊べるものも。特に、子供と一緒に好きな形を作って楽しめるねり消しは、小さな子供用として大人気。また、カラフルな色合いのねり消しも、机の上や筆箱の中が華やかになるので、小中学生に人気の文具ですよ。

ねり消しの選び方

サイズで選ぶ

大きめサイズはデッサンなどで頻繁に使う人におすすめ

大きめサイズのねり消しは、頻繁にねり消しを使う方におすすめ。デッサンや漫画の下書きなど、毎日のように使う方には最適と言えるでしょう。大きいねり消しだと、どんどん白い部分を使うことができるので、絵画などの作品が汚れる心配もありません。また、細かくちぎって使うのが好みの方にも、大きめサイズは長持ちするのでおすすめですよ。

小さめサイズは野外や出先へ持ち歩きちやすい

コンパクトで小さめサイズのねり消しは、バッグや筆箱に入れてもかさばらないので、持ち運ぶ際に便利。外でスケッチをする方や、学校などでねり消しを普段使いしている方には、持ち運びやすいサイズが最適でしょう。ケースが付いているものなら、さらに良いですね。また、小さめサイズは手におさまって使いやすい、という利点もあります。

硬さで選ぶ

ハードタイプはくっきりした絵やハイライトを描くのにおすすめ

硬めのねり消しは、消した部分がシャープな雰囲気を持つので、はっきりしたタッチの、デッサンや鉛筆画を描く方におすすめ。パキッとしたコントラストを描きやすいですよ。また、ハイライトを描くのにも向いているので、反射や光をきれいに描くことができます。普段使いでねり消しを使う方にも、固めでも消し屑の出ないねり消しはおすすめです。

ソフトタイプは柔らかい陰影やぼやけを表現できる

柔らかいタッチの絵を描く方には、ソフトな質感のねり消しがおすすめ。ふんわりとしたぼかしや、柔らかい陰影を表現することができます。また、柔らかいねり消しは、形を変えやすく、ちぎるのも簡単。細かな作業をする際には、使いやすいでしょう。よく伸びるので、広範囲をぼかしたり、消したりするのにも最適ですよ。

質感で選ぶ

粘度の高いタイプは鉛筆をよく吸収する

粘度の高いねり消しは、程良い粘着力で、鉛筆の粉をしっかりと吸収してくれます。紙を傷つける心配も無いので、思い切り使いたい人に最適でしょう。また、粘度の高いねり消しは、紙やカンバスに粉を残しにくい、という利点もあります。また、強力な粘度を持っているねり消しは、消しゴムとして以外にも、ポスターを壁に貼ったりするのにも役立ちますよ。

サラっとしたタイプはベタつかないのでストレスフリー

パウダーを配合し、べたつきを抑えている種類のねり消しもあります。手に持っている時にべたつきを感じるのが嫌な人や、ハードタイプのねり消しを好む方におすすめですよ。一方で、粉が多すぎるねり消しは、紙に粉が付着して鉛筆がのりづらくなったり、紙を傷つけてしまう場合もあるので注意が必要。自分に適した粘度の、ねり消しを見つけるのが理想的ですね。

ねり消しのおすすめブランド・メーカー

バニーコルアート

アーティストのための高品質な画材ブランド

バニーコルアートは高品質な画材を、プロの画家から、絵画などを趣味としている一般層に提供する、アートマテリアルブランド。品質の高いねり消しは紙を傷付けないので、多くの方に支持されています。ねりやすい質感も特徴的で、子供から大人まで、年齢層問わず使いやすいねり消しを販売しています。正に、世界水準のブランドと言えるでしょう。

文房堂

明治20年創業の歴史ある一流画材ブランド

明治20年創業の歴史ある画材ブランドです。絵具から大学ノートまで、幅広いオリジナル画材を展開していますよ。大きめサイズでたっぷり使えるねり消しを販売しており、コストパフォーマンスを重視する方におすすめのメーカーです。ベタつきが少なく、ストレスの無い使い心地は、プロアマ問わず愛用されています。

シード

消しゴムの使いやすさを追求した専門的ブランド

シードは、消しゴムと修正テープをメインに扱っているメーカー。修正テープを、世界で最初に開発した会社としても有名ですよ。また、様々な用途に合わせたデザインのねり消しを扱っているので、自分に最適なねり消しを見つけやすいメーカーと言えるでしょう。高品質で、デザイン性にも優れた消しゴムやねり消しが多いので、幅広い年齢層から人気があります。

ステッドラー

鉛筆などの親しみある文具を幅広く展開

ドイツはニュルンベルクに本拠を置いている、ステッドラーは、世界的な文具メーカー。 また、取り扱っている文具も幅広く、中でもねり消しは使い心地の良さが高く評価されています。程良い粘度が特徴なので、鉛筆画やデッサンなど、幅広い作品の製作で重宝されていますよ。歴史と信頼のねり消しは、今もなお世界中から愛されています。

おすすめ&人気のねり消しランキング

柔らかめでおすすめのねり消し

シード-ねり消しゴム (69円)

スタンダードな練り消しはシンプルに使いやすい

シンプルで無駄のないデザインは、デッサン用として好まれるスタンダードタイプ。吸収力に優れているので、鉛筆をきれいに消すことができます。また、紙箱に入っていて、使用後は清潔に保管するのも簡単。比較的にリーズナブルなので、初めてねり消しを買う方が、試し買いをするねり消しとしてもおすすめですよ。

また、程良い柔らかさの質感は、デッサン用として以外にも、レジンアクセサリーの材料として活躍。ねり消しをレジンの中に入れることで、雲をモチーフとしたデザインが作れると人気です。ねり消しとしては、使用する前によくこねて、好みの形状にしてから使用すると良いでしょう。シンプルで使いやすい、ベストセラーねり消しです。

ステッドラー-カラト アートイレーザー (101円)

安定した使いやすさで大評判のねり消し

吸着力に優れ、消し心地の良い高品質なねり消しです。使用者からの評価も高く、信頼と実績のあるねり消しと言えるでしょう。また、伸びが非常に良いのも特徴で、形状を思い通りに変化させて使うことができます。細かい部分を消すにも、広範囲をぼやかすにも向いている質感なので、非常に使い勝手が良いですよ。

また、丁度良い粘度なので、鉛筆画の他にも、パステル画の制作にも最適。はっきりした強めのハイライトも、柔らかなぼかしも作りやすいので、様々なタッチの絵を描きたい方にもおすすめと言えます。幅広いジャンルで活躍するねり消しなので、初心者の方は、試しに購入してみるのも良いでしょう。作品の表現を、豊かにすることができますよ。

バニーコルアート-ネリゴム イージークリーナー (215円)

柔らかい質感は思い切り使っても紙を傷付けない

柔らかい質感が使いやすい、高品質なねり消しです。柔らかさが特徴なのですが、夏場など、高温の部屋で保管すると、べたつきやすい傾向があります。しかし、その柔らかさは紙を痛めることなく、なめらかに鉛筆や木炭を消すことができますよ。ねりやすいので、子供から大人まで、非常に使いやすいねり消しでしょう。

また、その柔らかな質感は、形状の調整もしやすいので、陰影やぼかしを細かく表現できます。優しいタッチの絵を描きたい方に、特におすすめの練り消しですよ。加えて、耐久性も高いので長持ちし、コスパも抜群。柔らかい質感ながら、紙やキャンバスに粉を残さないという利点もあります。デッサンには最適なねり消しと言えますね。

ファーバーカステル-練り消しゴム (385円)

専用のケースで練り消しを清潔に保てる

高級感のあるケースが印象的なねり消し。ケースで清潔に保管ができるので、埃やゴミが付きにくいですよ。きれいな状態で、ねり消しを維持することができます。また、コンパクトなサイズ感なので、バッグや筆箱に入れて持ち歩くのも簡単。野外でスケッチをする方など、頻繁にねり消しを持ち運ぶ方には特におすすめです。

また、紙を傷付けにくい質感も非常に人気で、デッサン用の練り消しとして、多くの方に重宝されています。粉っぽさはなく、粘度のあるねり消しなので、ねって使用していくうちに、柔らかく使いやすい質感になりますよ。加えて、鉛筆やパステルをしっかり吸収するので、デッサンやパステル画に最適。細かいぼかしや、トーン調整をすることができます。

硬めでおすすめのねり消し

ターレンス-ヌーベルイレイザー (110円)

幅広い用途で活躍する初心者にもおすすめのねり消し

少し固めの質感が、特徴的なねり消しです。鉛筆や木炭も、しっかり消すことができるのはもちろんですが、特にパステル画との相性が抜群です。しっかりとした吸着力もあるので、粉っぽいパステルも、しっかり吸収することができますよ。優しいタッチから、硬めのタッチまで、幅広く表現できるのも、利点と言えるでしょう。

また、硬めの質感はしっかりと形状を保つことができるので、尖らせたり、薄くしたりして、細かな部分を消す作業にも向いています。繊細で軽やかなハイライトも入れやすいので、作品の表現力がグッと上がりますよ。加えて、吸着力にも優れているので、ポスターなどの張り紙を、壁を傷付けずに貼る粘着剤としても使えます。

シード-色鉛筆用ねり消しゴム  (165円)

固めの質感は鉛筆画との相性抜群

硬い質感が特徴的な、色鉛筆用のねり消しです。大人の塗り絵などの流行で、色鉛筆でも濃淡を付けたり、トーン調整ができるねり消しは、高い人気を誇っています。硬い質感は、色鉛筆に特化した使い心地ではありますが、鉛筆画やデッサンなどでも使用可能。硬いタッチや、はっきりとしたハイライトを入れたい方におすすめですよ。

また、硬めのねり消しは、普段使い用として使うのにも向いています。しっかり消すことができ、消し屑がでないので、学習消しゴムなどにも使えるでしょう。また、形状を保つことができるので、大きめに広げれば、広範囲のトーンや陰影を調節する際にも活躍。尖らせたり、細めの形状にすれば、作品の仕上げにも使えますよ。

文房堂-ねりゴム (237円)

さらりとした使い心地で人気のねり消し

さらりとした手触りで、粘りが少ないのが特徴です。手にくっつきにくいので、べたつきが苦手な人におすすめですよ。ドライな質感は、作業中のストレスをなくしてくれます。紙やキャンバスを、汚しにくいという利点もあるので、デッサンや鉛筆画などに最適でしょう。ねり消しがべたつきやすい夏場などにも、使いやすいですよ。

また、サイズが大きめなので、たっぷり使いたい方にもおすすめです。ちぎって使うことが多い方も、たっぷりなサイズ感のねり消しなら、コスパが良いでしょう。また、硬めの質感ながら、消した後に紙やキャンバスへざらつきを残さないのも特徴。粉で鉛筆や木炭ののりを妨げません。安心して広範囲のハイライトや、トーン調節に使うことができますね。

ホルベイン-デッサン用ねりゴム (297円)

練りやすくまとまりやすいので使い勝手抜群

べたつかずに、しっかりまとまる質感が特徴の、デッサン用ねりゴムです。ねって柔らかくすれば形状も変えやすく、非常に使い勝手が良いねり消しと言えるでしょう。加えて、紙を傷付けにくいねり消しでもあるので、デッサンをする際にも、安心して使うことができますよ。扱いやすいので、子供用としてもおすすめのねり消しです。

また、木炭やパステルを消すのに優れているねり消しなので、様々な手法で絵を描く際に活躍しますよ。木炭デッサンやパステル画を頻繁に描く方は、特に重宝するでしょう。さらに、そのしっかりとした質感は、散らばった消し屑をまとめるのにも役立ちます。プラスチック消しゴムと、併用して使うねり消しとしても最適ですね。

ヒノデワシ-センサー練り消し (110円)

丈夫な質感でハンコの掃除にも使える

耐久性のある丈夫な質感が特徴のねり消しです。デッサンや絵画の制作で、頻繁にねり消しを使う方におすすめですよ。しっかりした質感なのにべたつかず、粉っぽさも無いので、非常にストレスフリーな使い心地が魅力的。使いやすい粘度とサラサラ感を、程良く兼ね備えているので、多くの方から支持されています。

また、シンプルで大きいサイズのねり消しなので、使い勝手とコスパも抜群。吸着性にも優れており、鉛筆の黒鉛をしっかりと消してくれます。数ある練り消しの中でも、非常によく消えるねり消しなので、広い範囲を消したい時や、はっきりとしたコントラストを描きたい時に大活躍。デッサンから漫画のネームの下書きまで、幅広い場面で役立ちます。

伊研-ネリゴムNO.30 (198円)

硬めの質感でさらりとした手触りが魅力

硬めの質感でべたつきがなく、さらりとした使い心地が特徴。手にくっつきやすい質感を好まない方に、おすすめのねり消しです。鉛筆を消せることはもちろんのこと、木炭との相性に優れているので、木炭デッサンなどを描く方は是非チェックしてみてください。紙を傷付けずに、しっかりと木炭を吸収してくれますよ。

また、硬めの質感は、先を尖らせてシャープなタッチのハイライトを入れるのにも最適。好みの形状を維持しやすいので、作品に立体感を持たせたり、表現を広げることができます。さらっとした質感ながら伸びも良く、切れづらいので、形状を変化させやすい点も魅力でしょう。消し心地と、硬い質感をお好みの方におすすめですよ。

ホビー用でおすすめのねり消し

ヒノデワシ-フルーツねりけしくん (110円)

フルーツの豊かな香りが子供を中心に大人気

豊かなフルーツの香りがついた、遊び心あふれるねり消しです。ブドウ、バナナ、メロン、イチゴの4種類があり、そのユニークさは子供を中心に大人気。学習用の練り消しとして、学校や自宅で楽しむことができますよ。ふとした時に、香りをかいで、リラックスしたり、気分をリフレッシュできるので、受験や試験勉強の時にも活躍します。

また、ねり消しの色も、フルーツの香りに合わせた配色になっており、見た目でも楽しめます。いくつかの種類を、揃えるのも楽しくなるデザインですね。子供用のギフトとしても、人気がありますよ。プラスチックのケースも付属しているので、筆箱に入れてもねり消しが汚れることはありません。通学などで、毎日持ち運んでも安心です。

ヒノデワシ -ねりけしくん まぜねり (1,980円)

3色のねり消しを混ぜ合わせて好きな色を作る

3色のねり消しがセットになっており、その3つを自由に組み合わせて、好きな色を作ることができます。話題のねり消しアートを手軽に楽しめるのが、魅力と言えるでしょう。香りも3色それぞれ異なるので、混ぜ合わせて香りを変化させることも可能。実験感覚でねり消しを楽しめるので、年齢層問わず人気があります。

また、しっかりと質感も特徴的なので、ハンコの掃除や、埃取りとして使うこともできます。ユニークでエンターテインメント性のあるねり消しですが、しっかりと実用性も兼ね備えていますよ。サイズ感はコンパクトなので、持ち運びも簡単。学習用として、学校にも持って行きやすいでしょう。ユニークで、楽しみながら使えるねり消しですね。

ヒノデワシ-ねりけしねんど  (2,640円)

色んな種類のモチーフが作れる面白いねり消し

食べ物や乗り物など、様々なモチーフを作ることができるねり消しです。1つのパッケージに3種類の色と香りのねり消しが入っており、その色を組み合わせて、パッケージが紹介するモチーフを作ります。お寿司やフルーツなどの食べ物から、ロケットに海洋生物まで、豊富なモチーフを、粘土アートのように楽しみながら作ることができますよ。

またケースには、作り方も記載されているので、小さな子供と楽しむ際にも安心。モチーフを、パッケージ通りに作ることができるでしょう。もちろんねり消しなので、消しゴムとしても使うことができます。好みのモチーフを作って、学習用のねり消しとして使えば、勉強の良い息抜きになるでしょう。新学期のプレゼントとしても大人気ですよ。

シード-なぞのねりけし3 (88円)

中身がわからないワクワク感で大人気のねり消しシリーズ

大阪デザイナー専門学校との、産学協同プロジェクトとして企画、デザインされたユニークなねり消しです。ゴールド、シルバー、ブロンズ、スペシャル、なぞ柄の5種類展開になっており、中身を見ることができないパッケージが採用されています。何が当たるかわからないワクワク感で、子供を中心に大人気。発表されていない謎柄を求めて、いくつか買ってみても楽しいですね。

また、ねりけしにはラメが混ぜ込まれており、デザインがとても華やか。ゴールド、シルバー、ブロンズの名の通り、リッチな雰囲気の練り消しとなっています。加えて香りも、キャラメルやグリーンアップルやモカなど、少し変わったラインナップ。子供だけでなく、大人も童心に還って楽しめるようなねり消しですね。

ねり消しの保管方法

ビニールに入れて乾燥と日光を避ける

ねり消しを長持ちさせるには、正しい保管方法を徹底することが重要。乾燥と日光は、ねり消しの大敵であることを覚えておきましょう。また、極端な温度変化にも弱いので、過度に熱かったり寒い場所は、避けた方が安全です。ラップなどでしっかりと巻いて、筆箱やポーチに保管するのが理想的と言えるでしょう。

まとめ

用途にあったねり消しを選ぶのがおすすめ

様々な用途や場面によって、豊富な種類を展開しているねり消し。そのどれもが高品質で、扱いやすいものばかりです。自分に最適なねり消しを選ぶには、自分の作画スタイルや、ねり消しの用途をしっかり考えることが大切。豊富な種類についつい迷ってしまいますが、自分の好みや条件を満たす、最適なねり消しを是非見つけてみてくださいね。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

コメントを残す

*