おすすめのドーナツ枕人気比較ランキング!【新生児用も】

大切な赤ちゃんの頭が絶壁になるのを予防したい、寝かせたときの吐き戻しを防ぎたいなど、赤ちゃんの睡眠に関するママやパパの悩みは尽きないものです。そんな時におすすめしたいのがドーナツ枕です。そこで、今回はおすすめのドーナツ枕をランキング形式でご紹介します。ドーナツ枕の特徴や、選び方の基準についても詳しく解説。新生児用のものから、幼児期にも使えるものまで広めに紹介しますので、出産準備中の方も、子供の頭が絶壁がちで悩んでいる方も、ぜひ参考にしてみてくださいね。

ドーナツ枕とは?

真ん中が丸いくぼみや空洞になっている枕

お菓子のドーナツのように、真ん中に丸い穴が空いていたり丸いくぼみ状になっていたりする形状の枕のことを、ドーナツ枕と言います。一般的に赤ちゃん用の枕として作られており、真ん中の穴やくぼみは、赤ちゃんの小さな頭にフィットするようにできています。また、大人用の枕と比べて、高さや傾斜はほとんどありません。

ドーナツ枕のメリット

赤ちゃんの頭の形を整えられる

赤ちゃんは、1日の大半を寝た姿勢で過ごします。ずっと仰向けの姿勢で寝ていると後頭部が圧迫され、絶壁頭になってしまう可能性があります。ドーナツ枕を使うことによって赤ちゃんの後頭部にかかる圧力が軽減され、絶壁を予防する効果が期待できます。同時に、向き癖の矯正や寝ハゲの予防にもなりますよ。

赤ちゃんの吐き戻し予防にもなる

ミルクを飲ませた後に寝かせたときの吐き戻しも、よくある子育ての悩みの一つです。ドーナツ枕を使うと、頭から背中にかけてゆるやかな傾斜ができた状態で赤ちゃんを寝かせておくことができるため、吐き戻しをしにくくなります。吐き戻し予防のために使う場合は、傾斜のあるタイプの方が有効です。

ドーナツ枕のデメリット

赤ちゃんは窒息などの恐れがある

眠っている赤ちゃんの近くに枕などを置いておくと、赤ちゃんが寝返りをしてうつぶせ寝になったときに気道を塞いでしまい、窒息の原因となる危険性が指摘されています。ドーナツ枕をはじめとしたベビー枕は、窒息予防のため大人用の枕と比べて硬く作られていますが、それでもリスクは0ではありません。ドーナツ枕を使用するときは、大人が赤ちゃんから目を離さないようにしましょう。

ドーナツ枕の選び方

赤ちゃんの月齢で選ぶ

生後まもない赤ちゃんには新生児用

生後まもない赤ちゃんは、1日のうち20時間にも及ぶほどの時間を布団の上で過ごします。その上、頭蓋骨も皮膚も非常にデリケートです。このため、新生児が使うドーナツ枕を購入するときには必ず、新生児用と表示されたものを選ぶようにしましょう。赤ちゃんの体に負担がかからないように厚みがなく、小さな頭にフィットするように作られているものが理想的です。

寝返りができるようになってからは成長に合わせたものを

一般的に、赤ちゃんは生後4から6ヶ月頃から寝返りを始めるとされています。その頃には赤ちゃんの頭の大きさや形、寝相に大きな個人差が出てきます。例えば、寝返りが大きい赤ちゃんの場合は、横幅が広めのドーナツ枕でないと頭が枕から落ちてしまい、眠りを妨げてしまいます。赤ちゃんの成長と個性に合わせて、快適な眠りをサポートしてあげられるドーナツ枕を選ぶようにしましょう。

素材で選ぶ

敏感肌の赤ちゃんには無添加コットン生地

赤ちゃん、特に生まれて間もない新生児は、体の全てが繊細にできています。そんな赤ちゃんの枕には、できるだけ肌に優しいものを選びたいですね。そんなママやパパにおすすめしたいのが、生地の加工に化学物質を一切使用しない無添加コットンのドーナツ枕です。アレルギー持ちなど、敏感肌の赤ちゃんに使う際にも安心感があります。

汗っかきの赤ちゃんにはパイル生地

パイル生地は一般的なタオルに使われる素材で、吸水性に優れている点が特長です。乳幼児は大人よりも体温が高く、また環境温度に左右されやすいので、睡眠時には汗をたくさんかきます。特に夏用の枕や、汗っかきの赤ちゃん用の枕には、汗をよく吸い取ってくれるパイル生地の枕がおすすめです。肌触りも柔らかいので、快適に眠ることができるでしょう。

低反発素材なら頭にフィットする

低反発素材の枕は、頭の重さによって急激に沈み込んだりすることがなく、ゆっくりと柔軟に形状を変化させます。このため、不安定な赤ちゃんの寝姿勢を支えながら、頭にしっかりフィットしてくれます。体圧分散性にも優れており、赤ちゃんの柔らかい後頭部にかかる負荷を軽減する効果も期待できます。枕自体は水洗いできない場合があるため、洗いやすいカバーを何枚かセットで揃えておきましょう。

機能性で選ぶ

授乳枕としても使うなら腕を通せるもの

乳児用のドーナツ枕は使用期間が短いこともあり、他の用途にも使えたら嬉しいですよね。裏面にベルトなどが付いており、大人が腕を通せるタイプのものは、授乳時にも赤ちゃんの頭を支える枕として使うことができます。授乳中、まだ首が据わらない赤ちゃんの頭を安定させてあげたいときや、赤ちゃんの汗が気になるときに便利です。

夏場の使用には冷感素材のもの

暑い夏の夜の寝苦しさは、大人でも辛いもの。体温調節が苦手な赤ちゃんはさらに大変です。暑い日でもぐっすり眠らせてあげたいなら、冷感素材のドーナツ枕がおすすめです。頭が触れる部分がひんやりと快適な体感温度を保ち、寝苦しさを軽減してくれます。表面が通気性の良いムレにくい材質だと、さらに良質な睡眠をサポートしてくれますよ。

ドーナツ枕のおすすめブランド・メーカー

エスメラルダ

おしゃれで豊富なバリエーションのドーナツ枕が人気

エスメラルダは、国内生産とファション性にこだわったベビー用品のブランドです。ママやパパが楽しく子育てできるように、豊富なデザインとカラーバリエーションでベビー用品を展開している点が魅力です。ドーナツ枕は生後3ヶ月頃から使えるものから、4歳までのジュニア用まで、成長や用途に合わせた充実の品揃えとなっています。

西川

医師のお墨付きの優しいドーナツ枕

老舗寝具メーカーの西川が手掛けるドーナツ枕は、赤ちゃんの頭を優しく支える構造と快適素材で作られています。医師からの推薦もあり、大切な赤ちゃんの眠りを守る寝具として信頼性抜群。ナチュラルで清潔感のある色展開も好印象です。

西松屋

ベビー用品専門店のドーナツ枕は機能性に優れ高コスパ

ベビー用品販売全国チェーンの西松屋は、オーガニックコットンや吸水性の高い生地を使った、赤ちゃんの肌に心地よいドーナツ枕を取り扱っています。手洗いができて清潔に保てます。赤ちゃんのことを考えた基本機能を備えながらも1,000円を切るものが多いのも、ママやパパには嬉しいところです。

ジェルトロン

独自素材のジェルトロンが赤ちゃんの頭や首を優しく支える

ジェルトロンは、株式会社パシフィックウェーブが独自開発した低反発素材。これを利用したジェルトロンブランドの寝具は、アスリートや介護の現場にも愛用されています。ジェルトロン製のドーナツ枕は、赤ちゃんの未発達な頭全体をジェルトロンが包み込み、優しく支えてくれます。通気性に優れ、水洗いも可能なため、衛生面も安心です。

おすすめ&人気のドーナツ枕ランキング

新生児向けでおすすめのドーナツ枕

東京西川-医師がすすめる ベビー ドーナツ枕 (1,131円)

赤ちゃんが初めて使う枕にぴったり

新生児向けに作られた小さめのドーナツ枕です。中央部の丸いくぼみが、新生児の頭に優しくフィットするようになっています。側生地と枕カバーはタオル地、裏面はメッシュ構造になっており、汗っかきの新生児の頭も安心して預けられます。枕本体は手洗い可能。

医学博士もおすすめする信頼性の高いドーナツ枕です。このため、生まれたばかりの赤ちゃんの寝具には安全安心なものを使いたいママやパパにおすすめです。色は優しいパステルカラーの3種類から選べますよ。

西松屋-吸水速乾ベビーまくら (579円)

かわいいアニマルモチーフのドーナツ枕に癒される

ウサギのほか、パンダや猫のデザインも選べる可愛いドーナツ枕です。薄く凹凸の少ない形状となっており、適応月齢は0ヶ月から。生まれたばかりの赤ちゃんの寝顔と、枕の可愛さにダブルで癒されること間違いなしです。

表地は給水速乾仕様で、手洗いも可能。このため、たくさん汗をかく赤ちゃんも安心です。とてもリーズナブルなので、ドーナツ枕を試してみたい人も気軽に購入できますし、手みやげ感覚で赤ちゃんのいるお宅に持って行っても良いですね。

ジェルトロン-ベビーまくら ドーナツタイプ プラスカバー (3,960円)

独自素材の体圧分散性能で新生児の頭を支える

立体格子型グミ状ジェル素材のジェルトロンにより、硬すぎず柔らかすぎないオリジナルの感触を生み出しているドーナツ枕。体圧分散性や伸縮性に優れており、デリケートな新生児の頭や首を優しく支えてくれます。汗などで蒸れた空気を自然発散してくれるので、夏場の使用も安心感があります。

ジェルトロンはアレルギー誘発性がなく、ダニやカビの温床にもならない安心素材。その上、枕本体ごと水洗いができて衛生的です。よく眠る赤ちゃんの体の負荷を軽減し、良質な睡眠時間を守ってあげたいママやパパにおすすめです。

エムール-和晒し 2重ガーゼ 授乳にも使える2wayベビー枕 (1,100円)

赤ちゃんの睡眠と授乳時間を快適にする無添加ガーゼのドーナツ枕

無添加で、生まれたての肌に嬉しい和晒しガーゼのドーナツ枕は、授乳枕としても使えて便利です。枕の裏側に付いているメッシュ生地の幅広ベルトにママの腕を通せば、授乳中も枕が赤ちゃんの頭をしっかり支えてくれます。二重重ねのガーゼ素材が、睡眠や授乳中の赤ちゃんの汗を優しく吸収します。

カバーがないタイプの枕ですが、そのまま洗濯機で丸洗いできるのが、忙しいママには嬉しいところ。夏は涼しく、冬は暖かく使えるのもガーゼ素材の魅力です。大切な赤ちゃんの肌をいつも快適に守ってあげたいママにおすすめです。

コドゥ-ひつじのベビーピロー (3,190円)

新生児のデリケートな肌に嬉しいオーガニックコットン100パーセント

オーガニックコットン100パーセントのふんわりソフトな感触が赤ちゃんの肌に優しいドーナツ枕です。裏面には手を差し込める補助ベルトが付いており、授乳クッションとしても使える優れもの。ひつじモチーフの愛らしい見た目とオーガニックコットンの優しい手触りが、赤ちゃんとママを癒してくれます。

安心の日本製で、生地から縫い糸全てにおいて無蛍光で無漂白かつ無染色というこだわりぶり。地球環境に配慮されていることを示す各種認証も取得しています。コットン本来の優しい色味も魅力です。オーガニック志向のママへの出産祝いにぴったりですよ。

スモルビ-ドーナツ枕&ネックピロー (2,880円)

キュートな見た目ながら寝返り防止を強力にサポート

うさ耳デザインがキュートなドーナツ枕とネックピローが一体になったベビー枕です。赤ちゃんの頭の形を整えてくれる一方、寝返り時の窒息などのリスクにもなり得るのがドーナツ枕。まだ筋力が発達していない赤ちゃんのうっかり寝返りをネックピローが防いでくれるので、ドーナツ枕単体に比べて安心感があります。

ネックピローはマグネットで固定することができ、赤ちゃんの不安定な首を安定させてくれます。新生児から、寝返りがスムーズにできるようになるまでの赤ちゃんの枕としておすすめです。首が据わってからも、ベビーカーやチャイルドシート利用時の首や頭の保護に使えますよ。

寝返りができる赤ちゃん向けでおすすめのドーナツ枕

エスメラルダ-ドーナツ枕 (2,199円)

キュートでカラフルなデザインが人気

星やボーダー模様などのおしゃれなデザインから選べる楽しさが人気のエスメラルダのドーナツ枕です。ドーナツの輪が交差する部分をマジックテープで止められるようになっている点が特徴で、これを利用して高さを調節することができます。推奨月齢は、3ヶ月頃から1歳頃までとなっています。

絶壁予防や寝ハゲ対策として効果的に使えるのはもちろんのこと、モダンなデザインがアクセントになるので、寝た状態の赤ちゃんの写真をたくさん撮りたい方におすすめ。通気性抜群の素材で、赤ちゃんの頭をムレからも守ります。ママの好みに合わせたデザインを選んでプレゼントすると喜ばれますよ。

エスメラルダ-丸ごと洗える ドーナツ枕 (3,500円)

丸洗いできるドーナツ枕でいつも清潔に

人気のエスメラルダのドーナツ枕の、丸洗いできるタイプです。表面の汚れだけが気になるときにはカバーを取り外して手軽に洗濯できます。ハンガーループ付きで、枕本体を丸洗いした後に吊り干しできる点も嬉しい配慮。

カバーの柄は無地ですが、12色以上のカラーバリエーションから選べます。カバー単品でも販売されているので、洗い替え用に何色か持っておけば、気分も変えられますよ。大切な赤ちゃんの頭を守る枕を、いつも清潔にしておきたい人におすすめです。

西松屋-オーガニック綿ベビーまくら(気球) (779円)

オーガニックコットンのドーナツ枕をお手頃価格で

側生地のパイル部分にオーガニックコットンを使用している、高コスパが嬉しい西松屋のドーナツ枕です。適応年齢は生後4ヶ月頃から。お手頃価格とは思えないナチュラルな風合いと、ワンポイントの刺繍が魅力です。

赤ちゃんの頭蓋骨は生後6から7ヶ月頃から変形しにくくなっていくとされており、その大切な時期の頭蓋骨の矯正をサポートしてくれます。手洗いが可能で衛生面も安心。寝返りが少なめの赤ちゃんにおすすめです。

Adokoo-ベビーまくら (2,680円)

メモリーフォーム素材が健やかな眠りをサポート

高品質メモリーフォーム素材を利用した枕で、中央部分がなだらかに丸くくぼんでいます。このくぼみが赤ちゃんの後頭部にフィットすることで、きれいな丸い頭作りを助けます。また、寝返りの際に枕が正しい寝姿勢を導き、寝違えを防止してくれる構造になっています。

生後1ヶ月から3歳頃まで、幅広い年齢の赤ちゃんに対応。低反発素材となっている本体は水洗いできませんが、綿100パーセントのカバーを洗うことで清潔に保てます。専用の化粧箱に入っているため、出産祝いや誕生日プレゼントにおすすめです。

萬祥-ジオピロー PremiumCOOL (8,910円)

夏場や発熱時にぴったりなひんやり枕

絶壁頭やあせも予防効果のあるドーナツ枕に、冷感素材のひんやりジェルパッドが付きました。赤ちゃんの体温によってジェルパッドが液状に変化することで適温をキープし、赤ちゃんが感じる暑さを和らげてくれます。カバーは通気性の良い素材を採用しているので、ムレも防止できます。

ひんやりジェルパッド付きの表面と、ジェルパッド無しの裏面の両面が使えるリバーシブル構造。両面ともに絶壁頭とあせもの予防機能があり、季節や状況に応じて使い分けられます。生後0ヶ月から6ヶ月用のSサイズと、6ヶ月から1歳までのMサイズから選べます。暑がりの赤ちゃんや、発熱時への備えにおすすめ。

NAOMI ITO-POCHO 王冠まくら (1,650円)

赤ちゃんが王冠をかぶっているような写真映え抜群のデザイン

ナチュラル素材と可愛いデザインが魅力のベビー用品ブランド、NAOMI ITOのドーナツ枕です。王冠型のデザインがとてもキュート。中央のくぼみが赤ちゃんの柔らかい頭にフィットし、向き癖を少なくしてくれます。

側地は素肌に優しいコットン100パーセント。カラーは3種類あり、インテリアやベビー布団に合わせて選ぶのも楽しそうです。赤ちゃんの可愛い寝顔の写真を撮りたいときにぴったりです。出産祝いのプレゼントにもおすすめです。

幼児向けでおすすめのドーナツ枕

西川-医師がすすめる子供まくら(ピローケース付き) (3,300円)

ゆったりサイズのドーナツ枕で子供の成長を優しくサポート

子供の背骨が大人と同じ形に作られ始める、3歳から5歳頃までにおすすめのドーナツ枕です。中央が丸いくぼみになっている以外は大人用の枕に近い形で、横長の長方形です。ゆったりサイズが、適度な寝返りをサポートしてくれます。

丸いくぼみが、まだまだ未熟な後頭部を優しく受け止めてくれるので、ぐっすり眠る幼児にぴったり。ピローケースや枕中芯は、タオルによく使われるパイル綿100パーセントです。さらに、丸洗いできるので、汗をたくさんかいても安心ですよ。

エスメラルダ-子供用まくら (3,278円)

2歳頃からのおやすみタイムが楽しくなるおしゃれな枕

赤ちゃん用のドーナツ枕を卒業した後の子供用枕として開発された、2歳から4歳頃の子供におすすめの枕です。赤ちゃん用のドーナツ枕と同じように、中央部分が丸くくぼんでいますが、くぼみの中にもクッションの盛り上がりがあり、幼児の後頭部をしっかり支えてくれます。また、このくぼみ部分は、首までしっかり支えられるようになっており、快適な寝姿勢をサポートします。

可愛さ抜群の見た目も魅力。枕全体はクマ耳型で、色柄は星模様を中心とした6種類から選べます。自分の好きなデザインの枕を選べれば、小さな子供も喜んで寝てくれるようになりますよ。育ちざかりの子供の安眠サポートにおすすめです。

リヴェール-サンリオ ハローキティ キッズ枕 (1,680円)

大好きなキャラクターと一緒なら小さな子供もぐっすり

子供が喜ぶ人気キャラクター枕のシリーズです。子供の頭に優しくフィットする中央のくぼみを挟んで、2匹のハローキティが大きく描かれている可愛いデザイン。枕の両面が、吸水性の高いパイル生地と温かいマイクロ生地に分かれており、季節や好みに応じて使い分けられます。

ハローキティのほか、マイメロディやディズニーキャラクターバージョンも展開。枕自体の快適さと子供に人気のキャラクターが、子供の心地よい眠りをサポートしてくれますよ。キャラクター好きの子供におすすめです。

まとめ

赤ちゃんの成長に合わせたドーナツ枕がおすすめ

赤ちゃんの絶壁予防や向き癖の矯正のためにドーナツ枕を使いたいのなら、赤ちゃんの成長に合わせて選ぶことをおすすめします。赤ちゃんは骨格がやわらかく、成長のスピードや寝返りの大小には大きな個人差があります。寝返りをすると、枕で窒息してしまう危険性も出てきますので、成長のスピードと安全性をよく見極めて購入するようにしましょう。今回はおすすめのドーナツ枕をランキング形式でご紹介しました。ぜひ子供それぞれの個性に合ったドーナツ枕を見つけて、快適な睡眠と骨格形成をサポートしてあげてくださいね。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

コメントを残す

*