高音質でおすすめのBluetoothスピーカー人気比較ランキング!【BOSEも】

スマホにある音楽を、場所を問わずに大迫力で楽しむことができたら嬉しいですよね。そんな時におすすめしたいのが高音質Bluetoothスピーカーです。高音質なBluetoothスピーカーを持っていれば、外出先で友人とも音楽を楽しむことができますよ。そこで、今回はおすすめの高音質Bluetoothスピーカーをランキング形式でご紹介します。また、高音質Bluetoothスピーカーには様々な種類があり、使い方によって選ぶコツを押さえる必要があります。種類や選び方についても詳しく解説するので、自分に合ったモデルを探している方は参考にしてみてくださいね。

高音質なBluetoothスピーカーの特徴

スマホにある音楽を大迫力で楽しめる

スピーカーを通して音を聴くことで、スマホ本体から音を鳴らすよりも高音質で迫力のある音楽を楽しむことが可能です。スマホでも十分に音楽を楽しむことができますが、音楽再生の専用機器ではないため、音質には限界があります。別で接続するスピーカーであれば、音楽の再生に特化しているため、より大音量で繊細な音の再現が可能。スマホでは再現しにくいような低音も、専用の外部スピーカーを使えば大迫力で楽しむことができます。

電源コードなしで外でも気軽に使える

音楽を流したいスマホやタブレットをはじめとした端末とBluetooth接続すれば、コードなしで音楽を楽しめます。スピーカーには電源コードが付いた有線のモデルもありますが、接続するコンセントが必要になるため、持ち運びには不便。無線接続できるBluetoothスピーカーであれば、コンセントがない外や車でも気軽に音楽を聴けるのが特徴です。軽量化されたコンパクトなモデルも多く、持ち運びにも便利になっています。

高音質なBluetoothスピーカーの種類

据え置きタイプ

設置場所を問わず広い空間に音を届ける

平たい円形のものから円筒形、直方体の形をしたものまで幅広いモデルがあり、テーブルや棚の上など安定した場所ならどこにでも置けます。置いた場所から広範囲に音が届くので、家族や友人と一緒に音を楽しみたい方におすすめと言えますね。スピーカーにストラップが付いていて、バッグや何かに引っ掛けて使えるモデルも人気です。

持ち運びに簡単な軽量化されたモデルが多く、使用用途に合わせて大きさや重さを選べます。しかし、持ち運びに便利と考えて軽量化された小型のスピーカーを選ぶと、音質がしっかりしていない場合があります。それでも小型にこだわりたい方は、パッシブラジエーター搭載のものがおすすめ。様々な場所で重低音を楽しむことができますよ。

ネックスピーカータイプ

動いていても耳に届く音量や音質が変わらない

スピーカー自体がU字の形状をしており、首にかけて音を楽しむことができます。本体自体は軽量化されており、耳への負担が少ないため、心地良く長時間に亘って使用できるのが魅力。同時に周囲の音も耳に入ってくるので、外での使用も十分可能です。散歩や家での家事中など、移動範囲が広い場合におすすめと言えますね。

首にかけて使用するので、どこへ移動しても同じように音を聴くことが可能です。激しい動きをしなければ簡単に外れることはありませんが、寝ながらの使用が難しいなど使用時の体勢は限られます。ゆっくり座りながら動画を楽しみたい場合や、動きながら音楽を聴きたい場合におすすめです。

高音質なBluetoothスピーカーの選び方

アンプ出力で選ぶ

自宅や車内で使うならコンパクトな5から10W

アンプ出力はスピーカーから出る音量や音圧の大きさに関係する要素です。数値が高いほど迫力のある音を楽しむことができます。自宅や車内といった広くない密室な空間であれば、比較的コンパクトな10W以下で十分でしょう。使用場所の目安としたら10畳以下です。音が外へ抜けることなく、壁からの跳ね返りも期待できるため、反射音でライブ会場のような空間も創出できます。

屋外で使うなら大人数でも楽しめる20W以上

キャンプやバーベキューの場合など人が集まる外で音を楽しむのであれば、より迫力のある20W以上がおすすめです。しかし、アンプ出力の大きさが上がるほど価格も比例して上がるため、使用する環境に適したものを選ぶことが大切。使用場所を問わず音の迫力にこだわりたい方は、アンプ出力の大きいものを選ぶのが無難です。

コーデックで選ぶ

動画やゲームを楽しみたいなら低遅延のaptXかAAC

コーデックとは音声データを圧縮する方法のことで、Bluetoothスピーカーを選ぶ際に押さえておきたい要素です。動画やゲームなど、音に映像が伴うコンテンツを楽しみたい時は低遅延のaptXかAACがおすすめ。aptXはAndroidスマホに、AACはiPhoneやiPadにそれぞれ対応しているコーデックです。音と映像のずれが小さいため、ストレスを感じることなく使用することができます。

より音質にこだわるならハイレゾ対応のLDAC

LDACはSONYが開発した高音質コーデックであり、ハイレゾ音源を楽しむことができます。遅延が約1秒ほどあるため、動画視聴やゲームをプレイするのに向いていませんが、高音質な音楽を楽しむのには最適です。しかし、LDACはiPhoneやiPadには対応しておらず、Android8.0以降のスマホであれば使用可能。スピーカーを選ぶ際には注意が必要です。

防水性能で選ぶ

キッチン周りで使うなら多少の水しぶきに耐えるIPX5以上

防水性能を表す指標にはIP表記があり、この防水規格には0から8までの等級が定められています。等級の数値が高ければ、それに応じて防水性能も高くなるということです。キッチンで洗い物をしている時など、水しぶきが上がる可能性のある場所ではIPX5以上のスピーカーがおすすめ。水による故障の心配をすることなく音を楽しむことができますよ。

プール周りやお風呂で使うなら水没にも耐えるIPX7以上

IPX7以上のスピーカーは浸水しても影響がないように保護されており、一般的に水深1m以内で30分間沈んでいても壊れないように作られています。プール周りやお風呂など、水没する恐れがある場所でも安心して使用することが可能。しかし、等級の数値が上がるほど価格も比例して上がるため、使用する環境に適した防水スピーカーを選ぶ必要があります。

機能で選ぶ

マイク内蔵ならハンズフリーで通話が可能に

普段使っているスマホをスピーカーと接続している時、急に電話がかかってくることも。マイクが内蔵されているスピーカーであれば、ボタン1つ押すことでハンズフリーでの通話ができます。音声認識機能が付いたモデルもあるので、運転中など手が離せない時の使用に最適。車内搭載用に固定できるフックが付いたモデルも人気です。

NFC接続対応ならスマホなどとのペアリングが簡単に

NFC機能を搭載したBluetoothスピーカーなら、NFCに対応したスマホをかざすだけで簡単にペアリングや音楽再生をすることができます。スマホで手間がかかる設定を行うことなく、手短に迫力のある音をスピーカーで楽しめるのが魅力。頻繁にスピーカーを使って音楽を聴いたり、映画鑑賞などをしたい方におすすめと言えますね。

高音質Bluetoothスピーカーのおすすめブランド・メーカー

SONY(ソニー)

ハイレゾ対応モデルや豊富なラインナップが特徴

ハイレゾに対応したスピーカーの普及が進んでいるSONY。高音質な音楽を楽しめるのが特徴で、重低音の再現にも魅力があります。Bluetooth接続対応から軽量化されたモデルまで幅広いラインナップを揃えており、自分の使用用途に合ったスピーカーを探すことができるでしょう。

Anker(アンカー)

ハイスペック且つリーズナブルで高コスパ

IPX7以上の防水性能を誇るものから、最大24時間連続で再生できる大容量のバッテリーを備えるモデルまで、ハイスペックなスピーカーの多さが特徴。中には5,000円以下で買えてしまうスピーカーもあり、必要な機能を絞ることによりお手頃な価格で手に入れることができます。

BOSE(ボーズ)

迫力のある大音量が特徴で独創的なスピーカーも多数

大音量での再生に定評のあるBOSE。スピーカーについてはコンサート用から家庭用まで幅広く取り扱っており、力強い重低音を再現できるのが大きな特徴です。持ち運び可能な小型モデルにもその技術力が活かされているため、個人レベルでも迫力のある重低音を楽しむことができます。

JBL(ジェービーエル)

低音域や広い空間での使用で強みを発揮

コンサートや映画館をはじめとした広い空間に集まる大衆向けのスピーカーが特徴ですが、個人向けの小型モデルも人気です。低音域の再生に強みがあり、ダイナミック且つ繊細な音を再現。ジャズファンからの支持が厚いこともあり、ジャズミュージックをよく聴く方におすすめと言えます。

おすすめ&人気の高音質Bluetoothスピーカーランキング

据え置きタイプでおすすめの高音質Bluetoothスピーカー

Anker-SoundCore 2(5,399円)

外での使用に最適なコスパに優れた携帯スピーカー

高品質のリチウムイオンバッテリーを搭載しており、最大24時間の連続再生が可能。スピーカー自体のバッテリー残量は、Bluetooth接続中のiPhoneやiPadから確認することができます。長持ちするバッテリーで、外出先でも安心して1日中使用できるのが魅力です。

Anker独自のBassUpテクノロジーによって、低音出力を強化。2つの6Wフルレンジドライバーとパッシブラジエーターで、迫力と深みのある音を実現しています。あらゆる場所で低音を楽しみたいという方におすすめと言えますね。

SONY-LSPX-S2(40,343円)

音と光で雰囲気を変える自宅使いに最適なスピーカー

透明な有機ガラス管から真ん中のウーファー、下部に配置されたパッシブラジエーターによって高音域から低音域まで、スピーカー全体でハイレゾに対応した高音質を実現。360度に音が広がる音響構造で、部屋のどこに置いても生演奏のようなリアルな音を全体に広げます。

日々の生活に溶け込む作りになっており、音とともに光が灯るので、リラックスできる空間を創出。LEDの明るさを32段階から選択することができます。キャンドルライトモードでは、キャンドルのように揺らぐ優しい光を2段階で表現。自宅のあらゆる場所で使いたい方におすすめです。

JBL-Xtreme 2(23,800円)

ショルダーストラップで重さを気にせず持ち運び可能

20mm径トゥイーターと70mm径ウーファーのスピーカーユニットを備えた、伸びやかな高音域から力強い中低音域までを再生する2ウェイ構成。パッシブラジエーターを2基搭載しているため、より迫力のある低音を再生します。ジャンルを問うことなく音楽を楽しむことが可能です。

10,000mAhの充電式リチウムイオンバッテリーを内蔵しており、最高15時間の連続再生が可能。また、電力供給専用のUSBポートを備えているため、スマホの充電にも使えるモバイルバッテリーの代わりにも。アウトドアの際に大活躍するスピーカーと言えますね。

BOSE-SOUNDLINK MINI Ⅱ Special Edition(24,200円)

音声ガイドでBluetooth接続が簡単

デュアルパッシブラジエーターによって、スピーカーの小型化と深みのある低音再生の両立を実現。高性能なスピーカーユニットは、標準的なユニットに比べて倍の空気を動かすので、より力強い音を生み出します。独自技術によって小型のスピーカーとは思えない音を楽しむことが可能です。

スピーカーフォンを搭載しているため、スマホが手元になくても内蔵マイクに話しかけるだけで操作が可能です。スマホをBluetooth接続していれば、SiriやGoogleアシスタントの使用も。スマホの機能をスピーカーに拡張して使いたい方におすすめと言えますね。

JBL-Charge 4(14,872円)

あらゆる場所に持ち運びたい多機能スピーカー

7,500mAhの大容量バッテリーを搭載しており、約4時間の充電で最高20時間の連続再生が可能。電力供給専用のUSBポートを備えているため、外出先でスマホのモバイルバッテリーとしても使えます。外で使うのに便利な機能が充実したポータブルスピーカーです。

IPX7の防水性能を備えるスピーカー。キャンプをはじめとした外出先での急な雨や、お風呂での水没にも耐えるため、安心して使うことができます。水がかかる危険性のある場所でも、気にせず音楽を楽しみたい方におすすめのスピーカーと言えますね。

SONY-SRS-XB33(15,395円)

アプリを使うことでスマホでのワイヤレス操作が可能

非対称形フルレンジスピーカーユニットを搭載しており、パワフルな低音や高音質の広がりを実現。DSEEという技術によって圧縮音源の音質劣化を防ぎ、高音域も自然な音で楽しむことができます。本体ボタンでライブサウンドモードへ切り替えることで、臨場感のある音楽体験ができるのも魅力です。

幅広いコーデックに対応しているのが大きな特徴。LDAC対応機器と接続することで、ハイレゾ音源を楽しむことができます。LDACに対応していないiPhoneやiPadでも、AACでの高音質再生が可能。様々な機器と接続して使用したい方におすすめと言えますね。

JBL-Flip 5(10,860円)

新設計の楕円スピーカードライバーで高音質を楽しめる

本体重量が540gとコンパクトサイズ。耐久性のあるファブリックとラバーを使用しているため、軽量化しているにもかかわらず壊れにくい構造になっています。縦にも横にも置くことが可能で、外出先でも場所を問わず柔軟に音楽を楽しめますね。

IPX7を誇る防水性能を備えています。プールサイドやお風呂での水没、外でパーティをしている際の急な雨にも心配することなく使用可能。スピーカーに水がかかる恐れのある場所で音楽を楽しみたい方におすすめと言えますね。

Anker-SoundCore Boost(7,299円)

NFC対応でスマホとの簡単ペアリングが可能

デュアルドライバーと2つのサブウーファーを搭載しており、20Wの力強い低音で音楽を聴くことができます。スピーカーに付いているBassUpボタンを押すことで、低音を強化することが可能。ダンスミュージックなどをより楽しめます。

Soundcoreアプリを使ってイコライザーをカスタマイズできるのも魅力。高音から低音まで好きに操作でき、自分好みの音質を選ぶことができます。アプリに標準搭載されているイコライザーもあるので、詳しくない方でも気軽に楽しむことができますよ。

SONY-SRS-XB12(6,725円)

約16時間再生のロングバッテリーで持ち運びに便利

Φ約46mm口径のフルレンジスピーカーユニットによって小型ならではの使い勝手の良い高音質を実現。従来機種に比べてグリル開口率が約30%アップしたことで、重低音と中高域をクリアに楽しむことが可能です。底にはパッシブラジエーターが配置され、低音を増強しています。

IP67を誇る防水性能と防塵性能を備えています。誤って水中に落としてしまったり、風が強い時に外で使用しても故障する恐れはありません。お風呂やアウトドアの際にも安心して使えるため、様々な場所で使用したい方におすすめと言えますね。

BOSE-SoundLink Revolve(25,490円)

耐久性や防水性能に優れたアルミニウムのスピーカー

フルレンジトランスデューサーと無指向性音響ディフレクターによって、360度に広がる音を実現。デュアルパッシブラジエーターも搭載しているため、臨場感あふれる音を空間中に広げます。部屋の中心に置くことで音楽をより楽しめるスピーカーです。

NFCペアリング機能で、NFCに対応したデバイスと簡単に接続可能。Bose Connectアプリを使えば、ソフトウェアアップデートや設定のカスタマイズなど、スマホでスピーカーを管理することができます。スマホとの連携でより便利にスピーカーを使用したい方におすすめです。

Anker-SoundCore mini(3,299円)

micro USBケーブルでFMラジオの受信が可能

本体重量が215gの軽量モデルでありながら、5Wのオーディオドライバーとパッシブサブウーファーによって力強く重みのある音を実現しています。本体自体の大きさも手のひらに収まるサイズであり、持ち運んで使用するのに最適なスピーカーと言えますね。

1回の充電で最大15時間の連続再生ができるバッテリー持ち。バッテリーの残量はBluetoothで接続中のiPhoneやiPadから確認することができます。気軽に外へ持ち運び、長時間に亘って使いたい方におすすめのスピーカーです。

ネックスピーカータイプでおすすめの高音質Bluetoothスピーカー

JBL-SOUNDGEAR BTA(19,800円)

ながら使いに最適な汎用性抜群のネックスピーカー

ワイヤレスオーディオトランスミッターで簡単にテレビとの接続が可能。光デジタル入力端子やオーディオのAUX端子を備えているため、ほぼ全てのテレビで使用できます。首元から出る迫力のある音でテレビや映画をより楽しめますね。

ハンズフリーでクリアな通話を可能にするデュアルマイクを搭載。ノイズキャンセリング機能も付いているため、電話を快適に行うことができます。音楽やテレビを楽しむ以外に、電話での会議などを行う場合にもおすすめと言えますね。

SONY-SRS-WS1(24,980円)

普段の生活に迫力のある音をプラス

左右のスピーカーに振動板であるパッシブラジエーターを搭載しているので、低音が増強されています。映画やライブ映像の低音が流れるシーンでは振動として再生され、迫力のあるサウンドを楽しむことが可能。振動の強さは3段階で調節できます。

人間工学に基づいて設計されており、背中から鎖骨までのラインに沿ったアーチ形状が特徴。インナークッションもあるので、長時間の使用にも適した装着感を実現しています。自宅のソファなどで長時間に亘る映画鑑賞にも最適ですね。

SHARP-AN-SX7A(23,980円)

SiriやGoogleアシスタントを使ったハンズフリー操作が可能

パッシブラジエーターを搭載したバスレフ型構造であり、振動を伴った重低音の再生に強みがあります。標準とダイナミック、ボイスと3種類のサウンドモードが存在。視聴するコンテンツに合わせてモードを切り替えながら楽しむことが可能です。

同梱されているBluetooth送信機をテレビと接続することで、テレビ音をスピーカーで楽しむことが可能に。コーデックはaptXであるため、音の遅延をほぼ気にすることなく映像を見れます。テレビをよく視聴する方におすすめと言えますね。

まとめ

パッシブラジエーターを備えた高音質Bluetoothスピーカーがおすすめ

高音質なBluetoothスピーカーを使用することで、外でも迫力ある音を楽しみたいならパッシブラジエーターを搭載した携帯スピーカーがおすすめです。パッシブラジエーターを搭載したBluetoothスピーカーは、持ち運びに便利なコンパクトサイズでありながら、力強い低音や大音量を再現。人数が集まるキャンプなどでも、全員で迫力ある音楽を楽しむことができます。今回はおすすめの高音質Bluetoothスピーカーをランキング形式でご紹介しました。ぜひ自分に合った携帯スピーカーを手に入れて、好きな場所で好きな音楽を楽しんでくださいね。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

コメントを残す

*