おすすめのバターメーカー人気比較ランキング!【東洋アルミや貝印も】

トーストとバターの組み合わせは朝食の定番ですが、いつもとは一味違ったバターが食べたいというときに、活躍するのがバターメーカー。キッチンに1つあると、毎日の朝食にも変化がついて少し楽しくなりますね。しかし初めて購入するときは、どういったタイプのバターメーカーがいいのか分からなくて迷ってしまうことも。そこで、使い方別におすすめのバターメーカーランキングを紹介します。ランキングを参考にして、ライフスタイルに合った使いやすいバターメーカーを探してみてくださいね。

バターメーカーとは?

バターを作ったりふんわりさせたりできる調理器具

バターメーカーは、生クリームからバターを作ったり、既製品のバターを柔らかくふんわりさせたりすることができる調理器具。国内や海外の様々なメーカーが提供しています。コンパクトな手動タイプから手間のかからない電動タイプまで、使い方は様々ですよ。

バターメーカーの特徴

いつもとは一味違ったバターを味わえる

バターメーカーを使うと、市販のバターをそのまま塗るのとは違う食感や風味のバターを味わうことができます。朝食の定番であるバタートーストも、バターが変わると新鮮味が。少し贅沢な気分を味わいたい時や、家族で楽しく料理を楽しみたい時にぴったりですよ。

バターメーカーの種類

手作りタイプ

生クリームからバターを手作りできるタイプ

生クリームを使って、オリジナルの手作りバターが作れるタイプ。レーズンバターやガーリックバターなど、好きな味のバターを作れるものもあります。作りたてのまろやかなバターを、そのままトーストやクラッカーに乗せて食べることができますよ。

手作りタイプは、容器にバターを入れてシェイクするタイプや、ハンドルを回して作るものなど、使い方は様々。値段にも幅があるので、予算に応じて自分の使いやすいタイプを選ぶことが大切です。大きさもコンパクトなものから大きなものまであるので、作りたい量も考えて選びましょう。

ふわふわタイプ

市販のバターをふんわりさせるタイプ

市販のバターに空気を含ませてふんわりさせるタイプ。短時間の作業で、手軽にふわふわしたボリューム感のあるバターを味わうことができます。ふんわりさせたバターは溶けやすいので、トーストとしっかり溶けたバターの組み合わせが好きな方にもおすすめですよ。

ふわふわタイプの中には、容器の中にバターを入れて押し出すタイプや、おろし金などで直接削っていくタイプがあります。中には容器がバターケースになるタイプも。基本的にはバター専用の器具ですが、チーズやチョコレートなど様々なものに使えるものもありますよ。

バターメーカーの選び方

バターの作り方で選ぶ

作る過程を楽しむならシェイクするタイプ

容器に生クリームを入れてシェイクするタイプは、少しずつ生クリームが分離していく様子が見えるのが特徴。作りながら、どうやってバターができていくのか観察する楽しみがあります。子どもと一緒に学びながら楽しくバターを作りたい時にもおすすめ。また、シェイクする時間によってバターの食感が変わるので、自分好みのバターを作りやすいのも良いですね。

少ない労力で作りたいならハンドルタイプ

容器に生クリームを入れて、外側についているハンドルを手で回して攪拌するタイプは、少ない労力でバターを完成させることができます。基本的には10分前後で出来上がるので、のんびり気負わずにバター作りを楽しみたい方におすすめ。デザインにもこだわったタイプが多く、使わないときはインテリアのアクセントにもなりますよ。

他の作業と並行して作りたいなら電動タイプ

ボタンを押すだけでバターが作れる電動タイプは、他の料理を作ったり、洗い物をしたりしている間に出来上がるのが魅力。電動で中のプロペラが回転して生クリームを攪拌する仕組みです。バター作りに集中するのではなく、効率よく調理を進めたいという方におすすめです。手作りバターを使ったお菓子を作りたい時など、バターがたくさん必要な時にも便利ですよ。

保存性で選ぶ

そのまま保存したいなら密閉できるタイプ

作ったバターを一度には食べきれない時は、冷蔵庫に入れるなどして保存しておく必要があります。そんな時も、容器に蓋がついていて密閉できるタイプなら別の容器に移し替える必要がなく、そのまま保存が可能。一人暮らしなどで毎日バターは食べたいけれど、少量ずつしか使わないという方は特に、バターメーカーごと保存できるタイプが便利ですね。

冷蔵庫に収納しやすいサイズかどうか確認

バターを一度に作って保存しておきたいときは、冷蔵庫に収納しやすいかどうかも確認しておきましょう。底面積が小さくてコンパクトなタイプなら、冷蔵庫の隙間が少なくても邪魔にならずしっかりと収納することができます。また、倒れたりせず立てておきやすいかどうかも重要。自宅の冷蔵庫にあまり隙間がなければ、できるだけ横に広がらないスリムなものを選びたいですね。

手軽さで選ぶ

パーツが少ないタイプなら洗いやすい

バターを作り終わったら、バターメーカーを清潔に保つために毎回洗う必要があります。洗剤をつけてスポンジで洗う際に、パーツが少なくシンプルなタイプなら洗い残しもしにくく、手入れが簡単。手軽に洗いたいなら、バターが入り込む小さな隙間が少なかったり、取り外して洗わなければならない部品が少ないものを選びましょう。

目盛りがついているタイプなら計量が簡単

生クリームからバターを作るときは、美味しく作るために生クリームを計量する必要があります。そんな時も容器に目盛りがついているタイプなら、別途計量カップで計って入れる必要がなく便利。特に生クリームを1パック使い切るのではなく、100ccぐらいずつ使わなければならない時も簡単に計量することができます。洗い物も減るので、より手軽にバターを作りたい方は目盛りがついているタイプを選びましょう。

バターメーカーのおすすめブランド・メーカー

東洋アルミ

コンパクトで使いやすいバターメーカーが人気

アルミニウムを使ったキッチン用品やアウトドアグッズを提供しているメーカー。研究と開発を重ねた加工技術によって、使いやすい日用品を生み出しています。シェイクするだけでオリジナルのバターが作れるバターメーカーが人気ですよ。

貝印

手軽に使えるキッチングッズを提供

刃物や調理器具のメーカー。新しい技術を次々と取り入れた、料理を楽しくするグッズを多数提供しています。シンプルながら手軽にバターが作れるバターメーカーが人気で、様々な家庭で活躍していますよ。

Kilner( キルナー)

デザインにもこだわったハンドルタイプが有名

ガラス工房から始まったキッチンウエアのメーカー。保存用の瓶や小物の整理用としても高い評価を得ているガラス瓶を使ったバターメーカーが人気です。コンパクトでデザインにもこだわったバターメーカーは、キッチンのアクセントにもなりますよ。

メイダイ

簡単に使えるふわふわタイプのバターメーカーを提供

日常を少し便利にするアイディアグッズを多数作り出しているメーカー。ふわふわタイプのバターメーカーは広く使われており、簡単にバターをリボン状にふんわりさせられるので人気があります。保存面にも気を配って作られており、毎日使うのに便利ですよ。

おすすめ&人気の~ランキング

シェイクするタイプでおすすめのバターメーカー

貝印-振るだけ簡単chef‘nバターメーカー (1,580円)

分量も簡単に計れる計量カップつき

容器に生クリームを入れて振って作れるタイプ。コンパクトで少量ずつ作れるので、手作りバターがどんなものなのか試してみたい方におすすめです。振るだけで作れるので特別な準備もいらず、気が向いたときにバター作りを楽しめますよ。

ハーブなどを入れるとオリジナルのバターも作れるので、時々違う味のバターを食べたい方にもおすすめのタイプです。慣れてきたら好みの味付けにカスタマイズすることも可能。毎日のトーストにも変化が出て、楽しめますよ。

東洋アルミ-ふんわりバタークック (2,980円)

3分間振るだけで出来立てのバターを味わえる

手で持ちやすい形状で、簡単にシェイクできるバターメーカー。目盛りもついているので計量も簡単です。また、バターを混ぜるスプーンもついているのでこれ1つですぐにバター作りが可能。できるだけ準備するものを少なくして、気軽にバター作りに取り掛かりたい方にぴったりですね。

バター作りはもちろんのこと、材料を変えればジェラートやドレッシング作りにも活用できるのもこのバターメーカーの魅力。レシピもついているので、色々なものの手作りに挑戦したい方におすすめです。バターもスパイスを入れるなどすれば様々なアレンジができるので、料理好きな方には嬉しいですね。

COOKUT-Crazyホイップクリームメーカー (1,580円)

バターもホイップクリームも作れる便利グッズ

透明な容器に生クリームと付属のボールを入れてシェイクすると、短時間でバターを作ることができるバターメーカー。バター以外のメニューも作れるので、さまざまな使い方ができる調理器具を探している方におすすめです。シェイクする時間によって食感も変わるので、何度か作っているうちに好みの固さを見つけられますよ。

容器がそのまま保存ジャーになっているので、作り終わったらそのまま保存も可能。また、シンプルな作りなので洗いやすく手入れも簡単です。できるだけバターを作り終わった後の片付けを楽に済ませたいという方にもおすすめですよ。

ハンドルタイプでおすすめのバターメーカー

キルナー-小型手動バターメーカー(11,529円)

ガラス瓶を使ったコンパクトなハンドルタイプ

丈夫なガラス瓶を使った、スタイリッシュなデザインのバターメーカー。小さな力で簡単に滑らかなバターを作ることができます。キッチンに置いたときに場所を取らない、小型のバターメーカーを探している方におすすめ。

手作りバターはハンドルを10分程度回すことで完成。作りがシンプルで、容器が透明なのでバターができていく様子を観察することもできます。中に入っているプロペラの幅が広いので、洗い物も簡単ですよ。

Aeaker-手動バターチャーン (13,433円)

子どもの力でも簡単に作れるハンドルタイプ

15分程度ハンドルを回すと簡単にふんわりしたバターを作れるバターメーカー。ハンドルを回すときに力がいらないので、子どもにバター作りを体験させてみたい方にもおすすめです。休日にのんびりバター作りを楽しむこともできますよ。

スパイスやハーブなどを入れることで、オリジナルバター作りも可能。レシピをもとに、色々な風味のバターに挑戦できます。生クリームを攪拌する羽は金属製なので、丈夫で洗った時に汚れも取れやすいですね。

パデルノ-バターメーカー (19,063円)

カナダで人気のバターメーカー

カントリー風インテリアにもなるバターメーカー。伝統的なデザインのバターメーカーを探している方や、キッチンに飾って置けるようなおしゃれな調理器具を探している方におすすめです。レトロな雰囲気のインテリア小物を集めているなら、その中に加えてもよく馴染みますよ。

内部のパーツが金属製なので使用後も洗いやすく、丁寧に使えば長持ちします。ハンドルも軽いので、力むことなくのんびりと手作りを楽しみたい日にぴったり。伝統的な調理器具を使ったスローライフにぴったりのバターメーカーです。

電動タイプでおすすめのバターメーカー

アルファエスパス-電動バターメーカー3.8L (65,780円)

一度にたくさんのバターを作れる手軽なタイプ

容器に生クリームを入れて、電動で攪拌してバターを作るミキサーのようなタイプ。お菓子作りなどでバターを一度にたくさん使いたい方や、ホームパーティなどでバターを大人数に出したい方におすすめです。他の家事をしながらでも簡単に手作りバターを作れますよ。

生クリームを攪拌するプロペラは耐久性のある金属製。一度購入すれば長持ちするので、頻繁に手作りバターを楽しみたい方にぴったりです。スイッチを入れると手早くバターができあがるので、忙しい朝にも便利ですね。

RemtaMakina-バターミルクメーカーマシーン (186,381円)

一度に1L以上作れる大容量タイプ

たくさんバターを使うパンやパイ作りにも、手作りのバターを使いたいという方におすすめの電動タイプ。生クリーム1パックを使い切ることができるので、何度かに分けて作る必要もありません。他の材料の下ごしらえをしている間にバターが出来上がるので、忙しいホームパーティの準備にも。

耐久性もあるので、他の家電を揃えるときにまとめて購入するのもおすすめ。毎日使っても大丈夫なので、自然派カフェなどを開きたい方にもぴったりです。中の部品もクリーニングしやすく、手入れにも手間がかかりませんよ。

ふわふわタイプでおすすめのバターメーカー

メイダイ-ふんわりとろけるバターメーカー (1,210円)

バターを簡単にホイップ状にできる

冷蔵庫から出したばかりの固いバターも、トーストの上ですぐに溶けるふんわりした食感にできるアイディアグッズ。本体にバターを入れて時計回りに回すだけで、リボン状になって出てきます。トーストとしっかり溶けたバターの組み合わせが好きな方におすすめですよ。

一度に100gのバターをふわふわにすることができ、保存時も便利。蓋がついているので、使い終わったらそのまま冷蔵庫に収納できます。透明の容器のため残りの量もひと目で分かり、少しずつ計画的にバターを使いたい方にもおすすめです。

モハプレスト-バターミル (2,000円)

ホルダーを回すだけでバターがふわふわに

冷たいバターでも簡単にふわふわになる、バターをセットして押し出すタイプのバターメーカー。一度に市販のバター半分ほどをふわふわにできます。普段からバターを使うことが多い方におすすめの、手軽なバターメーカーです。

キャップつきでそのまま冷蔵庫にしまえるので、少しずつふわふわのバターを食べたい1人暮らしの方でも安心です。直径93mm、高さ100mmとコンパクトなので、冷蔵庫にもしまいやすいサイズ。使いたい分だけ小皿に出して、さっとトーストやクラッカーに塗って食べることができます。

メテックス-イージーバターメーカー (3,850円)

セラミックナイフつきでそのままパンに塗れる

バターを容器にはめ込んで回すと、ふんわりした綿飴のようにできるバターメーカー。見た目も綺麗で、ふわふわした食感のバターを味わえます。バターを室温に戻さなくても細かい糸状にできるので、忙しい朝でもふわふわのバターを味わいたい方におすすめですよ。

容器にはカバーがついており、使わない時も清潔に保つことができます。また、食洗機対応なのも嬉しいポイント。バターを作った後の手入れも手軽に済ませたい方にもぴったりの、便利なバターメーカーです。

スケーター-ふわふわバターメーカー (990円)

バターをすりおろしてふんわりさせられる

固いバターをすりおろすのに向いている、おろし金のように使うタイプのバターメーカー。手軽に好きな分だけすりおろせるので、気が向いたときに少しずつふわふわバターを作りたい方におすすめです。バターがはみ出すことの少ない大きめサイズですよ。

すりおろした後はケースに入れて保存できるので、多めにふわふわバターを作っておくことも可能です。蓋をすればバターが乾燥してしまうのを防げるので、食卓に出しておく時も最後まで美味しく食べられますよ。家族で毎日バターを食べる方にもおすすめの、テーブル上で使い勝手の良いバターメーカーです。

Huachaoxian-バターチーズおろし金 (2,598円)

耐久性があって毎日の食卓に便利

丈夫なステンレスの刃がついた、すりおろすタイプのバターメーカー。刃の交換もできるので、頻繁に使いたい方におすすめです。バターを細かくしてパンに塗るのはもちろん、料理に使う時にも溶けやすくなって便利ですよ。

バターだけでなくチーズも削れるので、パスタやグラタンなどに使うのもおすすめ。調理時間が短縮できるので、ソースなども手軽に手作りしてみたい方にもぴったりですね。また、野菜を細かくする際にも便利なので、小さな子どもがいる食卓にも。

ハッピーストア-おろし金つきバターナイフ (1,220円)

バターケースに入れたまま削りやすい

おろし金つきの刃でバターを削ることで、糸状に細いふわふわのバターが出来上がるタイプ。カトラリーと同じように収納できるので、できるだけコンパクトなバターメーカーが欲しい方におすすめです。ステンレス製なので耐久性もあり、毎日使っても大丈夫ですよ。

洋食器メーカーによって作られているので、角度にもこだわって削りやすい形状になっています。一度に食べられる分だけの少量のふわふわバターが作れるので、時々目先が変わったバターを食べたい方にもおすすめ。少量でもボリュームが出るので、ダイエットにも効果がありますよ。

まとめ

簡単に使えて耐久性のあるバターメーカーがおすすめ

バターメーカーは日常的に使うものなので、使いやすさが大切。シンプルな使い方で、簡単にバターを作ったり加工したりできるものを選びましょう。また。分量の調整がしやすいものや、保存容器にもなるものは使いたい分だけ使えて便利。さらに丈夫な素材で作られており耐久性があるタイプなら、毎日使っても安心です。これから購入する際は実用性を考えて、手軽に使えるバターメーカーを選ぶのがおすすめです。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

コメントを残す

*