おすすめのオゾン脱臭機人気比較ランキング!【車にも】

家の中は様々な臭いが充満しています。玄関の靴の匂いやカビ臭さ、台所やリビングのにおい、ペットを飼っている方だと糞や尿のにおいなど、気になるところはたくさんあります。来客があるときに慌てて芳香剤を撒く方も多いのではないでしょうか。そんな匂いのもとを分解してくれるオゾン脱臭機が最近注目を集めています。ここでは、おすすめのオゾン脱臭機や、その特徴を解説していますので、機種選定の参考にしてください。

オゾン脱臭機とは?

短時間で部屋の匂いを消す能力が高い

オゾン脱臭とは、オゾンの酸化力によって空気中のにおい成分を分解して無臭化する技術です。その消臭能力は塩素の約2倍と言われ、短時間でにおいを消し、長時間維持してくれます。しかも、コンパクトなサイズでも部屋全体の消臭ができる能力があります。

酸素が原料なので安全性が高い

オゾンの化学式はO3。酸素にもうひとつOがくっついた分子構造をしています。酸素原子以外の化学成分を持たないため、いつでもどこでも生成できて、しかも、分解した後はもとの酸素に戻るだけという、空気を汚さないメリットがあります。人間にもペットにも優しい脱臭技術なのです。

空気清浄機との違い

オゾン脱臭機は化学的に消臭・除菌を行える

空気清浄機はフィルタによって空気中のほこりや花粉、におい粒子を捕まえ、除去します。一定期間使ったらフィルタの洗浄や交換などメンテナンスが必要です。また、小さいウイルスは通過してしまうので、除去するためには特殊なフィルタが必要です。

一方のオゾン脱臭機は、オゾン分子がにおい成分やウイルスと反応して分解し、無臭化、無活性化します。小さなウイルスも除菌することができます。フィルタのような大掛かりなメンテナンスが不要で、ときどきオゾン発生機をブラシなどでさっとこするだけという、メンテナンスの手軽さがメリットです。

オゾン脱臭機の種類

床置き式

広い空間を消臭することができる

リビングや店舗、病室など、10畳以上の広い空間の消臭、除菌に利用されています。オゾンの吹き出し能力を高めているため、天井までオゾンをいきわたらせることができます。中には1時間に5000mgものオゾンを発生させる高出力タイプもあります。

空気清浄機や暖房器具と同じくらい、あるいはその半分ほどのサイズのものが市販されています。空気清浄機やファンヒータのように強い風で空気を循環させる必要がないため、小型で静かなのが特徴です。出窓やテーブル上に置けるタイプもありますので、部屋の雰囲気で選ぶことができます。

壁掛け式

設置場所が限られているトイレなどに最適

小型のオゾン消臭器は、コンセントに挿すだけのタイプもあります。あるいは、フックで壁にかけられるくらい軽量なものであれば、天井近くの目線に入らない高さにこっそりと吊り下げておくこともできます。赤ちゃんやペットなどがいる家庭では床置きよりも壁掛け式の方が安心して使えます。

非常にコンパクトですが、子供部屋やトイレなど空間が限られていれば十分に消臭することができます。玄関回りも足元に置いていないほうがいいですよね。ホテルなどでも壁に据え付けられていることが多くなっていますよ。

オゾン脱臭機の選び方

発生するオゾン濃度で選ぶ

リビングなど10畳以上なら5mg/h以上の高出力タイプ

広い空間にオゾンを行き届けるためには、オゾン発生能力の高いタイプを選びましょう。カタログのオゾン発生量や、オゾン濃度を見れば能力がわかります。ただし、0.1ppm以上の高濃度のオゾンは人体への影響があると言われていますので、夜の間に無人で使って、翌朝換気をしなければならないタイプもあります。機種選択の時にしっかり確認するようにしましょう。

6畳までなら~2mg/hの低消費電力タイプ

トイレや玄関、子供部屋など狭い空間であれば、省電力タイプで十分です。短時間に一気に消臭ということはできませんが、ずっとつけっぱなしにしても消費電力が小さいので電気代は気にするほどではありません。発熱もほとんどないので、誰もいないところで使いっぱなしになっていても不安がありません。小型で目立たないので、玄関などにさりげなく置いておくことができますよ。

付加機能で選ぶ

空気の汚れを取り除きたいならフィルタ機能付き

消臭とともにお部屋の空気もきれいにしたいなら、フィルタ付のオゾン脱臭器がおすすめです。においをオゾンで分解しつつ、花粉やほこりなどはフィルタで捕まえて空気中のパーティクルを除去することができます。PM2.5に対応した製品もありますので、有害な微粒子も取り除くことができます。赤ちゃんにきれいな空気を吸わせてあげたいならぜひ検討してみてください。

ウイルスが気になるなら加湿機能付き

空気が乾燥し、気温も下がるとウイルスにとっては活動しやすい環境になります。インフルエンザが毎年冬に流行するのもこのためです。また、乾燥した空気でのどの粘膜も乾き、異物を吸い付ける能力が衰えるため、体内に入りやすくなります。オゾンはウイルスを直接酸化、分解するため除菌能力が高いですが、さらに加湿機能があればのどの乾きも抑えられ、菌が体内に入るリスクを下げてくれます。ダブルの力でウイルスから身を守りましょう。

電源の種類で選ぶ

部屋で使うならコンセント式

ずっとつけっぱなしにするなら、コンセントに接続するタイプを選びましょう。消費電力は大きいものでも10W程度なので、ドライヤーやセラミックヒーターの100分の1、トイレの電球の4分の1程度しかありません。つねにオゾンを放出してくれるため、一日中においのもとをやっつけて、快適な室内環境を維持してくれますよ。

車室内で使うならUSB充電式

車の中は靴や傘で持ち込んだ雨滴や湿度が残りやすく、カビの温床になりやすいため、臭いが発生しやすい環境です。芳香剤を置いてごまかしている方も多いのではないでしょうか。そんな車室内には、夜間誰もいない間にオゾンで菌類を破壊し、空気中のたばこのにおい、食べ物の匂いを分解してくれるオゾン脱臭機がとても便利です。走っている間に充電して車から降りるときにスイッチOnにしておけば、次に車に戻ってきたときには嫌なにおいが消えていますよ。

オゾン脱臭機のおすすめブランド・メーカー

富士通ゼネラル

据え置き型のオゾン脱臭機プラズィオンが人気

オゾン脱臭機能だけのモデルから、加湿器、エアフィルタ付など総合的に空気をきれいにするモデルをそろえています。ご家庭だけでなく介護施設や病院での採用実績も多く、安心して使うことができます。価格も抑えめのため、お買い得感がありますよ。

Ozone Technologies(オゾンテクノロジーズ)

数分で消臭できる最強のオゾン脱臭機

業務用のオゾン脱臭機を扱っています。オゾン発生能力はなんと1時間に5000mg。おもにラーメン店や焼き肉店など、飲食店で営業終了後に無人になったところで使用するタイプです。店内の匂いを1時間から2時間で無臭化する能力があります。

オーシーアール株式会社

コンパクトなオゾン脱臭機で場所をとらない

テーブルや台所など、狭い場所におけるコンパクトなオゾン脱臭機を扱っています。小さくても脱臭能力は十分。オゾン発生能力は0.5mgから2mg/hありますので、小部屋からリビングまで広くカバーできます。

増田研究所

コンセント式のオゾン脱臭機を提供

場所を取らないコンセント直挿しタイプを扱っています。小さいボディで脱臭機とは気づきにくいデザインが高評価です。玄関やトイレなど狭い空間から、子供部屋、台所など密閉空間であれば十分に脱臭効果がありますよ。

おすすめ&人気のオゾン脱臭機ランキング

据え置き型でおすすめのオゾン脱臭機

富士通ゼネラル-  HDS-302G オゾン脱臭機(17,800円)

集塵機能が付いたベストセラーオゾン脱臭機

オゾン脱臭機でどれにしようか迷ったら、このモデルを選べば間違いはありません。オゾン濃度は0.03ppm程度なので、小さなお子様やペットがいるご家庭でも安心して使えます。20畳までの広い部屋に対応できますので、ご家庭のリビングで使用するのに最適です。

オゾン脱臭機能に加えて、集塵フィルタを備えていることがこのモデルの特徴です。空気中のホコリや花粉をフィルタでキャッチ。さらにオゾンで臭いを消してから部屋へ空気を戻します。消費電力は1W程度なので、常時稼働しても電気代が気にならないのがうれしいですね。

富士通ゼネラル- DAS-303K-W 加湿脱臭機(26,532円)

加湿機能が付いた家庭用オゾン消臭器の高級モデル

ペットのニオイやたばこのニオイが気になる方におすすめのオゾン脱臭機です。トリプルフィルタで空気中の臭いの元を強力に吸収分解し、さらにオゾンで消臭します。フィルタは24時間ごとに高熱処理されるため、交換することなく使用できます。

このモデルには、加湿機能が備わっていることが特徴。空気に潤いを与えることでノドや肌の乾燥を防ぎ、風邪やウイルス感染リスクを下げることができます。適度な湿度は体感温度をあげるため、エアコンなど暖房器具の消費電力をさげる効果もありますよ。

OzoneTechnologies- オゾン脱臭機(12,980円)

オゾン発生量5000mg/hの最強オゾン脱臭機

毎晩部屋の脱臭をしたい、あるいは大きな部屋の消臭をしたい方におすすめです。オゾン発生濃度は1時間に5,000mgで、10m四方、つまり80畳の大部屋でも30分で消臭できる能力があります。レストランや焼き肉店などで使用される業務用です。

高濃度のオゾンを発生するため無人の状態で使用する必要があり、夜の間に使用できるタイマーを備えています。空気だけでなく、床やカーテンにしみ込んだ匂いもオゾンが分解してくれるので、翌日には無臭にできます。ご家庭の部屋の広さなら15分ほどで消臭できるので、急な来客でもお迎えに出ている間に無臭化できるのがいいですね。

オーシーアール株式会社- OZ-2S 快適MyAir(17,600円)

ペットがいても安心して使える

ご家庭のリビングにコンパクトに設置できるタイプです。壁掛け用のフックが付いているため、床に設置するとペットなどがぶつかってしまうような場所でも使用することができます。1時間に1mgから2mgのオゾンを発生させることができるため、12畳ほどのリビングまで対応可能。

ACアダプターを使用するため、常時稼働ができます。消費電力は1W程度なので、電気代を気にする必要がないのもうれしいですね。オゾン発生器を清掃できるようになっているので、月1回くらい拭き掃除をすると能力が下がらずに使えますよ。

ハイジェニック- HG-10(55,000円)

ホテルの部屋にも採用されている業務用モデル

不特定の方が利用されるようなオフィスや会議室、ホテルの客室などで脱臭、除菌をしたい方におすすめです。10m四方まで対応できるので、レストランなど広い空間でも使用することが可能。壁に設置するタイプなので、部屋の広さを有効に使うことができますね。

オゾン発生量は3段階で切り替えることができますので、ご家庭からオフィスや公共の空間まで、幅広く使用することができます。大きさはA4サイズの紙を一回り小さくした25cm20cmです。厚みが8cmなので、部屋の美観を損ねませんよ。

コンパクトタイプでおすすめのオゾン脱臭機

増田研究所- OH-FRESH 100 オーフレッシュ(9,625円)

ずっと挿しっぱなしにできる低消費電流タイプ

目立たずに部屋の脱臭、除菌をしたい方におすすめです。コンセントに直接差しこむだけで使えます。幅5cm、奥行4.5cm、高さ8.5cmなので、コンセントパネルよりも一回り小さく、設置場所に困ることがないでしょう。

小さくても消臭能力は十分で、8畳程度の広さまで対応できます。発生するオゾン濃度は0.05ppm以下なので、ペットや小さなお子様がいても安心して使えます。消費電力は1Wなので、つけっぱなしでも電気代を気にせず使えますよ。

オーシーアール株式会社- ピコレッツ(9,900円)

場所をとらずにしっかり脱臭してくれる

小さい範囲を消臭したい方におすすめです。オゾン発生量は0.5mg/hと1.0mg/hを切り替えることができますので、トイレのような小空間から、6畳ほどの部屋までこれ1台で使えます。コンセントに直に差し込むタイプなので、場所も取りません。

ペットショップやホテルの客室、クローゼットや寝室など、幅広い場所で使用できます。日本製で耐久性がよく、メンテナンスもオゾン発生部を月1回程度軽く拭くだけという手軽さです。消費電力は0.4Wなので、24時間使っていても月10円程度で済みますよ。

vansu- オゾン脱臭機(12,899円)

コンパクトながらオゾン発生量500mg/hのハイパワー

これ1台で空気中へのオゾンの放出と、オゾン水の生成ができる2 in1タイプです。発生するオゾン量は1時間あたり500mgというプロ仕様ですので、賃貸マンションのクリーニング、車室内の汚物臭除去など、清掃業者も使用することができます。重量1kgなので、どこへでも持ち運びできるのもうれしいですね。

オゾン発生能力が高いため空気中への放出時は無人になる必要がありますが、タイマーで運転制御できるので便利です。オゾン水を生成することも可能なので、食器や野菜を洗うときに使うと雑菌を殺すことができます。ご家庭で使用すればカーテンやラグに染み付いた匂いを消したり、床掃除にオゾン水をつかったりできますね。

CUO FUTURE- 業務用オゾン消臭装置(21,780円)

ご家庭から業務用まで広くカバーできます

場所を取らずに強力脱臭をしたい方におすすめです。約10cm角のサイコロ形状なので、靴箱など限られた高さでも設置することが可能。ACアダプターでも充電式でも使える両電源なので、車室内や倉庫など屋外でも使えて便利です。

オゾン発生量は1時間あたり1mgから10mgまで変えることができます。2W程度の弱運転にして8畳程度、強にすれば4W程度で、18畳ほどの広さまで対応可能。家庭でも業務用でもご使用できます。オゾン発生部を取り外して月1回程度清掃すれば、オゾン発生能力を劣化させずに数年間使用することができますよ。

Scomer- オゾン脱臭機(6,050円)

スリムで場所をとらない設計

薄型のオゾン脱臭機をお探しの方におすすめです。厚みが3cmで横幅20cmなので、ベッドのサイドテーブルや学習机などにおいても邪魔になりません。稼働音は20dB程度なので、睡眠や勉強を妨げることもありませんよ。

手のひらほどの小型ながら空気清浄機能もついています。オゾンで脱臭しながら空気中のほこりはイオンでキャッチ。およそ35平方メートル、つまり約20畳まで対応できて、間欠運転は4モードあるので、これ一台あればワンルームマンションなら十分に使えますよ。

USB充電式でおすすめのオゾン脱臭機

CRAIFE- ミニオゾン脱臭機(3,294円)

大容量バッテリー搭載でどこでも使える

充電式のオゾン脱臭機をお探しの方におすすめします。2000mAhのリチウムイオン電池を内蔵していて、USBで充電できます一度フル充電すれば、20分オゾンを発生する運転モードを4回まで使用できます。

製品サイズは一辺12cmの四角形で、厚みは3.2 cmしかありません。場所を取らないので、トイレや車室内など、臭いの気になるところへどこにでも設置可能です。重量390gしかないので、女性でも持ち運びが楽ですね。

bltday- オゾン脱臭機(2,850円)

コンパクトでも能力の高いおにぎり型脱臭機

冷蔵庫内の脱臭と殺菌をお考えの方におすすめです。一辺が11cm程度の三角形なので、場所を取らずに設置できます。野菜室に入れれば匂いを抑えるだけでなく、野菜が劣化するのを抑制する効果もあります。

オゾンの発生能力は1時間に20mgで、10畳の部屋まで対応できます。連続運転モードと循環モードが選べるため、常時動かして人がいる空間を脱臭除菌するか、夜間だけ動かして一気に消臭をするのか、使い分けることができます。USBで充電して使えるため、冷蔵庫だけでなく靴箱、倉庫などどこでも使用できるのがいいですね。

Patt オゾン発生器(2,760円)

丸っこい形状で場所をとらない手のひらサイズの脱臭機

カバンに入れて持ち運びができるオゾン脱臭機を探している方におすすめです。長さ9cm、幅4.5cm、厚み4.5cmで、マウスより一回り大きくしたサイズ。出張先のホテルの部屋で匂いや雑菌を除去して快適に過ごせますよ。

バッテリー容量は600mAhで、フル充電したら12時間稼働できます。30分連続運転モードと、12時間欠駆動モードの選択ができます。最初は連続運転で消臭、除菌して、そのあとは間欠駆動にすれば、部屋にいる間ずっとクリーンな環境を維持するという使い方ができますよ。重量は230gなので、カバンにいれて持ち歩けるのがうれしいですね。

MinSoHi-Deodorizer-JPオゾン脱臭機(3,799円)

大容量バッテリーで長時間使える

充電式で長時間使いたい方におすすめです。3600mAhのリチウムイオン電池を内蔵していますので、フル充電すれば通常モードで約1週間使用可能。部屋を留守にしがちな方でも充電を気にせず使用できますね。

オゾン発生量は1mg/hなので、3畳から8畳ほどまでの部屋に適用できます。20dB程度という静音設計で睡眠を妨げませんので、小さなお子様のいる部屋でも安心して使用できます。連続運転や間欠駆動など4つのモードから選択できるので、急な来客で短時間で脱臭したいときにも便利ですよ。

Nobelbird- オゾン脱臭機(3,999円)

スリムな筒形で部屋の雰囲気を壊しません

車室内など狭い空間で長時間使用したい方におすすめです。本体が円筒状で直径5cmしかないため、 ドリンクホルダーに立てて使用することができます。オゾン発生量は1mg/hなので、ワンボックスカーでも夜間に密閉していれば消臭能力は十分です。

バッテリーが4500mAhという大容量なので、省エネモードで使えば35日間追加充電なしでも使えます。重量が360mgしかないため持ち運びも簡単。オフィスで使って、車で充電という使い方もできますね。

まとめ

静音でコンパクトなオゾン脱臭機がおすすめ

つねに動かし続けるものなので、生活を邪魔しない静かなタイプを選ぶことをおすすめします。芳香剤のようにさりげなく置いてあっていつも匂いを除去してくれるオゾン脱臭機があれば、急な来客があっても慌てる必要がありません。小さくても消臭効果は十分なので、設置場所に合わせて選んでくださいね。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

コメントを残す

*