おすすめのバケツ人気比較ランキング!【大型も】

掃除やガーデニングなど、水や荷物を運ぶのに便利なバケツ。いざという時には水を貯めておく防災用としても活用できます。バケツにはインテリアにも馴染みやすいオシャレなデザインのものや、中身を隠す蓋付きなど種類が豊富。普段使わない時はコンパクトに折りたためる便利なバケツもあります。今回は、そんなバケツの種類や選び方、おすすめのバケツをランキング形式で紹介します。使いやすいバケツを探している方は、ぜひこの記事を参考にしてみてくださいね。

バケツの用途

掃除用

バケツとは、取っ手がついた深型の桶の形をした用具を指します。水を運んだり、貯めたりするのに使うことができるので様々なシーンで活用可能。たとえば、掃除や洗濯など水を貯めておく作業にバケツはかかせません。洗濯機に入れる前のつけ置きあらいや、雑巾やブラシを洗うときにもバケツは重宝します。取っ手が付いているので、使いたい場所で持ち運んで使うこともできますよ。

防災用

普段あまりバケツは使わないけど、いざというときに持っておきたいなら防災用のバケツがおすすめです。中でも、使わない時にはコンパクトに収納できる折りたたみバケツは人気。使うときはしっかり自立するので、バケツとしての役目もしっかり果たします。コンパクトに折りたためるので、防災用リュックや壁掛けなど狭い隙間にも収納できるのも魅力です。防災時の水貯め用バケツとして使用できるでしょう。

おしゃれなバケツはゴミ箱や椅子代わりにも

バケツの中には密閉性が高く、ゴミ箱として使ったり椅子代わりとして使える蓋付きバケツもあります。蓋が付いていると、水を貯蔵する時にもホコリやゴミが入らないので清潔に保管が可能。またつけ置き洗いなどをするときには、見せたくない洗濯物を隠しておくのにも便利です。レトロでインテリア製の高いブリキのバケツは強度と耐久性が高く、機能面でも長く愛用しやすのが魅力。変質しにくい素材は、屋外での使用にも向いています。

バケツの種類

置き型タイプ

一般的な頑丈タイプで様々な素材で販売されている

プラスチックやポリエチレンで作られた軽量タイプから、トタンやステンレスなど金属製でつくられたバケツまで豊富な種類があります。価格帯も大きく異なり、安価なものは数百円から販売されているものも。掃除やガーデニングに使うのはもちろん、雑貨や道具を保管でき様々な用途で使用可能です。

置き型タイプには、蓋付きや強度が高くスタッキング収納の可能なバケツもラインナップ。本来の水を運ぶ以外にも様々な用途で使える汎用性の高いバケツが人気です。カラーバリーエーションやデザインも豊富なので、自分好みのバケツを選びたい人におすすめ。用途や好みに合わせて選択しやすいのも魅力です。

折りたたみタイプ

防災時やお出かけ時に使えるコンパクトに収納できるタイプ

折りたたみタイプの魅力は、コンパクトに収納できるので置き場所を選ばない点です。普通のバケツに比べて持ち運びしやすく、様々なシーンで活用できます。普段はバケツを使わない人でも、いざというときにさっと取り出して使えるので気軽に取り入れることができます。家にはスペースが限られていて大容量のバケツを置くところがない人は折りたたみタイプを選びましょう。

荷物を最小限にしたいアウトドアのシーンでも、折り畳みバケツはおすすめ。キャンプや釣りなど、道具や野菜を洗うときにも水溜めができるバケツは重宝します。釣りのシーンでは、魚を入れておく場所として使うこともできるでしょう。リュックにも入るほど小さく折りたためるバケツもあるので、収納したい場所に合わせてバケツを選ぶことができます。

バケツの選び方

用途で選ぶ

釣り用で使うなら防水性が高く蓋がついているものを

釣りに使うコンパクトな折りたたみバケツが欲しい人は、防水性の高いバケツを選びましょう。基本的に水漏れの心配はありませんが、接合部分に熱処理を加えて結合しているものは強度が高いのでおすすめ。糸で縫合しているものよりも水漏れの心配がありません。蓋が付いていれば釣った魚を泳がしたり、生き餌を入れておくのに便利に使うことができますよ。

洗濯用なら手で持ち運びやすい形状で選ぶ

洗濯し終わった衣類を入れたり、物干しに持っていくのに洗濯カゴがわりにバケツを使うなら持ち運びしやすいものを選びましょう。取っ手部分が握りやすい木製のものや、バケツ自体が軽い布製はおすすめ。重い洗濯物でも手のひらに負担をかけずに持ち運ぶことができるでしょう。布製のバケツはオシャレなデザインも多く、インテリア製の高いバケツとして日常使いもしやすくなっています。

アウトドアで使うならクーラーボックスとしても使える断熱仕様のものを

キャンプやバーベキューなど屋外でのアウトドアにも使えるバケツが欲しいなら、蓋付きや断熱効果の高い素材を使ったものがおすすめ。夏のキャンプには、ドリンクやアルコールを冷やすワインクーラーとして使うことができるでしょう。断熱性があれば、外気温の影響を受けることなく飲み物を冷やせて便利。飲みたい時にしっかり冷えた状態で味わうことが可能です。荷物を入れやすく、洗い物がしやすい形のものを選ぶのもポイント。食べ終わった食器を水洗場に持っていくときや、食材をまとめて入れられるなど幅広く使えます。

つけ置きに用いるなら四角い形状ものを

つけ置き洗いをするためにバケツを使いたいという人は、持ち運びのしやすく衣類を入れやすい取っ手や形状のものを選びましょう。洗面台に入れてつけ置きするならスクエア型を選ぶなど、洗濯する場所に合わせて使いやすい形状のものを選ぶこともできます。水を入れたり、出したりしやすく手に持ちやすいものを選びましょう。

素材で選ぶ

安定感と耐久性の高さで選ぶなら樹脂製を

バケツの中でも価格が安価で、軽量なタイプの樹脂製。日常使いがしやすく、掃除やガーデニングなど様々な用途で使用しやすいでしょう。とにかく軽くて使いやすいバケツが欲しいなら、このタイプがおすすめ。カラーバリエーションやデザインも豊富なので、好みのデザインや価格帯で選ぶことができます。耐久性はあまりありませんが、安価で気軽に使えるので日常使いしたい人におすすめです。

屋外用として使うなら頑丈で変色しにくい金属製を

トタンやステンレスなどの金属製のバケツは、耐久性と強度の高さがポイントです。防錆加工を施しているものは、屋外での使用にも最適。つなぎ目を釘やネジで溶接していないものを選べば錆びにくいので、見た目にも美しさを維持することができるでしょう。他の素材に比べて重いですが、見た目のレトロさはインテリアにオシャレに馴染む魅力も。オシャレにこだわりたい人にブリキのバケツはおすすめです。

コンパクトさや軽量感で選ぶなら布製もおすすめ

内側に耐水加工を施した布製のバケツは、一見バケツに見えないオシャレさが魅力です。軽量でコンパクトに折りたためるので、キャンプやアウトドアなど使う場所を選ばず使用できます。また、撥水性にも優れているので洗濯物かごとして普段使うのもおすすめ。汚れても丸洗い可能で、いつでも清潔に使えるメリットもあります。布製は使い続けるうちに、防水効果が薄れることもあるので注意が必要です。水が染み出し始めたら、小物入れとして使うなど別の用途で使うこともできるでしょう。

サイズで選ぶ

掃除など持ち歩くのを考慮するなら中型の10L

日常使いでバケツを使うなら、手にも持ちやすく運びやすい10Lサイズがおすすめ。バケツは水を入れると重くなるので、容量の大きいサイズはその分重量が重くなります。また容量いっぱいに水を入れると、持ち運ぶ際にこぼれたり取っ手に負荷がかかって壊れてしまうことも。容量10Lのバケツなら、女性でも簡単に持ち運ぶことができるので掃除や洗濯もしやすいでしょう。

一度に大量の水が必要なら大型の20L

大量の洗濯物をつけ置きしたり、防災時の貯水用バケツとして大量の水を入れられるバケツが欲しいなら20L以上の大型サイズがおすすめです。容量が大きくなるほど、重量も大きくなるので持ち運べる重さかどうかを考慮して選びましょう。大型サイズを選ぶときには、取っ手のつくりにも注目することがポイント。取っ手や接合部分の強度が高いものを選びましょう。2人で重いバケツを運ぶことも考えて、取っ手が長いものを選ぶこともできます。

バケツのおすすめブランド・メーカー

NITORI(ニトリ)

用途によって選べるシンプルデザインのバケツが揃う

どのバケツもホワイトが基調で、インテリアを邪魔しないデザインが揃うニトリのバケツ。安価なプラスチック製のバケツは300円以内で購入できます。ブリキ製の蓋付きバケツはインテリア製が高く、赤ちゃんの使用済みおむつ入れにも最適。密閉製が高く、ゴミ箱が代わりとしても使えます。

IKEA(イケア)

北欧風のレトロで可愛らしいバケツがラインナップ

IKEAのバケツは、インテリアの一部としても使えるオシャレなデザイン。本来の水を運ぶ使い方はもちろん、観葉植物の鉢代わりに使うのもおすすめです。普段はインテリアの一部として使って、緊急時にはバケツとして使うことも。バケツでもオシャレに取り入れたいという人におすすめです。

伊勢藤

おしゃれでかわいい折りたたみバケツが揃う

コンパクトに折りたためるバケツが豊富に取り揃っている伊勢藤。サイズも用途に応じて選べるうえ、カラーや形状など好みに応じて選べます。スクエア型のバケツはペットのベビーバスとして使うことも。組み立てやすい取っ手や、水を注ぎやすい注ぎ口など機能性もポイントです。

スノーピーク

アウトドアで使うキャンプバケツならこのブランド

気軽に片手で携行できるバケツとして人気のあるスノーピークの軽量バケツ。水に強いPVCナイロンを使用し食材や飲料物、子どもの遊び道具や汚れ物などをなんでも入れておくことができます。小さく折りたためるので、どこへでも収納できるのもポイント。用途に合わせて3種類から形を選べます。

おすすめ&人気のバケツランキング

置き型でおすすめのバケツ

マーナ -蓋付きバケツ(2,178円)

洗濯やつけ置きのがしやすいスクエア型のバケツ

頑固な汚れや洗濯機には入れられない靴や作業着の洗濯に最適なスクエア型のバケツです。角形の洗面台でも水が入れやすいよう、コンパクトなスクエアタイプになっています。洗面台でそのままつけ置き洗いができ、バケツの移動が不要なのは助かりますね。

蓋はバケツのフチに立てて置けるので邪魔にならず、床置きさせないので綺麗に使用できます。つけ置きの際に水量と洗剤の軽量に便利な目盛りが付いているのも使いやすいポイント。使っている時も、使わない時もキレイを保てるバケツの設計になっています。

山﨑実業-Towerバケツ(2,530円)

スタイリッシュで便利なおしゃれバケツ

スッキリと洗練されたデザインが多くの主婦層に支持されているTowerシリーズのバケツです。収納したものを隠す蓋が付いている点や、スタッキング収納を可能にする形状は使い勝手が抜群。容量は12Lでバケツとしてはもちろん、収納ボックスとしても使用できます。

ハンドル部分は水平になるので、雑巾を一時的に掛けておくのにも便利。雑巾を掛けたまま、掃除用具をまとめて収納するのもいいですね。置く場所を選ばないシンプルなデザインとカラーは、洗面所だけでなくリビングやキッチンにも馴染みやすくなっています。

無印-ポリプロピレンバケツ フタ付き(490円)

小ぶりで軽いシンプルな無印バケツ

生活感を感じやすいバケツが嫌なら、無印のシンプルバケツがおすすめ。無印らしい無駄が一切ないシンプルなデザインは、コンパクトで蓋を閉めた途端に生活感を消すことが可能です。洗剤や掃除用具をまとめて収納するのにも便利。

小さめサイズのバケツはシャツは2枚程度、靴下やマスクのつけ置きにも最適。コンパクトで軽量なので水を入れても重たくなりすぎず、子どもでも持ち運びがしやすくなっています。つけ置き時に見せたくない洗濯物は蓋を閉めて隠すことができるのもいいですね。

松野屋-豆バケツ(1,650円)

昭和レトロなブリキバケツが欲しいならこれ

使い古したようなダメージ感が味がある豆バケツです。手に握りやすく持ち運びがしやすい木製の取っ手も可愛らしいですね。トタン素材の懐かしい雰囲気が、ナチュラルインテリアやカントリーテイストのお庭やキッチンによく合います。

野菜を入れたり、キッチンツールを入れたりワインクーラーにしたりと様々な使い方ができるのも魅力です。無造作にS字フックに掛けておくだけでも絵になります。綿のダスターと合わせれば、レトロ感がさらに増しておしゃれにインテリアに馴染むでしょう。

イノマタ化学-かしこいバケツ(1,540円)

蓋をつければ踏み台としても使える万能バケツ

使い方は無限大のかしこいバケツ。バケツや収納バスケットとして利用したり、釣り中の椅子や釣った魚を入れるバケツとして様々な用途やシーンで活用できます。バケツ内部には編みかごが付いているのもポイント。カゴの中に収納物を入れておけば、水を溜めたい時はカゴを取り出すだけ。

いちいち、収納用品を取り出す必要がありません。洗濯物のつけ置きもカゴの中に入れておけば水の入れ替えもしやすいでしょう。家の中の掃除用として使ったり、洗車用として屋外で使うのにも最適です。カラーも好みに応じて選べるので、用途別に揃えてみてもいいですね。

折りたたみでおすすめのバケツ

ニトリ -バケツ(1,518円)

吊り下げ収納が可能なので置き場所を選ばない

使うときは普通のバケツのように、使わない時は折りたたんでコンパクトに収納できる便利なバケツです。折りたためば平べったくなりスペースを取らないので狭い隙間にも収納可能。吊り下げて収納もできるひっかけ穴付なので、壁掛け収納もできます。

場所を取らないので外で使うのはもちろん、家の中でもどこでも使いやすくなっています。底面には倒れにくくする滑り止め付き。安全に上げ下げが可能です。家庭菜園などの普段使いに使ったり、災害時の緊急用として防災リュックに入れておくのもおすすめです。

伊勢藤-折りたたみバケツ(2,178円)

2サイズから選べて用途によって使い分けられる

3.7Lと7.8Lのサイズ展開と、好みに応じて選べる4色のカラーで自分にとって使いやすい折りたたみバケツを選べます。素材には、破れにくく耐久性の高いシリコンを使用。軽量で持ち運びしやすいので、家の中や外と場所に限定せず使いこなすことができるでしょう。

使いやすくする機能も満載。引っ掛け穴付きで壁掛け収納ができたり、水が注ぎやすくこぼれにくいよう注ぎ口も付いています。折りたたんだ状態から、素早く広げられるように底部には取っ手も付いているのもポイントです。

SPD-ターボリンバケツ(948円)

防災時の緊急用バケツとして使える折りたたみバケツ

使わない時は縦12cm、幅30cmに折りたたんで収納できるバケツです。薄くコンパクトになるのでリュックにも入りやすく、防災アイテムとして常備できるでしょう。広げると安定感のあるフォルムで水を入れるとしっかり自立します。

両サイドには長めの取っ手も付いており、持ちやすいのもポイント。アウトドアではそのままバッグとしても使えます。広口なので、水も入れやすく水漏れの心配もありまません。全4種類のカラーで好みに合わせて好きな色を選択できます。

おしゃれでおすすめのバケツ

スノーピーク-バケツジャンボキャンプシンク(6,050円)

アウトドア先でもおしゃれに水を溜めることができるブランドバケツ

軽くておしゃれなバケツが欲しいならスノーピークの布バケツがおすすめ。水はけがよく、汚れが付着しにくいPVCナイロンを表面に使用。摩擦や汚れに強く、スノーピークのおしゃれなデザインを長く維持することが可能です。

バケツの溶接部分には、超音波溶接によって結合しています。そのため糸での縫合と違い、水漏れが起きにくくなっているのもポイントです。長めの取っ手は水を入れて2人で持って移動しやすいうえ、アウトドアの荷物を入れて肩にかけて移動するのにも便利です。

八幡化成-オムニウッティ(2,750円)

屋外でも屋内でも使いやすい使い方無限大の蓋付きバケツ

蓋付きで様々なシーンで使いこなせるおしゃれなバケツです。蓋を閉めれば簡易スツールとしても使用できます。耐荷重は150kgとしっかりとした強度で、重ねて収納しても問題ありません。様々なカラーで販売されており、洗車道具入れやガーデニング入れなど用途に分けて収納するのもいいですね。

バケツ内に水を入れる時にも目を離すことができるよう、ホースを固定できる穴がハンドルに付いているのもポイント。密封性が良いので、中に虫やゴミが入り込まず水を保管しておくのにも便利。災害時にも活躍します。洗練されたデザインで普段は室内で使うのもおすすめです。

stacksto-baquetスタックストーバスケットS(1,320円)

どこでも使えるおしゃれな優秀バケツ

使いやすさと安全性を追求したこのシリーズは、丈夫でしなやかな素材感と軽量さがポイント。四角い形で置きたい場所にピッタリ収まるだけでなく、使わない時は重ねて片付けられるので置き場所を選びません。食品ストッカーやおもちゃ入れとしても活用できますよ。

素材には、環境を意識した100%リサイクル可能素材を使用。食品衛生検査もクリアした素材なので、野菜の貯蔵箱としても安心して使用できます。内側には計量に便利な目盛りつき。つけ置き洗いや掃除洗剤を薄める時にも便利です。

OBAKETSU-たらいバケツ(2,578円)

おしゃれな雑貨感覚で使えるレトロでおしゃれなたらいバケツ

1つ1つ手作りで仕上げたブリキ製のたらいバケツです。腐食しにくい素材は、汚れても丸洗い可能。錆びが発生しにくいよう、溶接を行っていないのもポイントです。乾いた布で拭き取って乾燥させれば、錆びが起きにくくなっています。

たらいのように口が広くなっているので、水が溜めやすくつけ置き洗いや洗い物もしやすくなっています。口部分には鉄線を入れて補強を施しているので、倒れたり水漏れの心配もありません。可愛いブリキのデザインは贈り物にも喜ばれるでしょう。バケツの中にお菓子や雑貨を詰めて贈るのもいいですね。

IKEA-SOKERバケツ(2,310円)

優しい色合いが可愛い飾っておきたいIKEAのバケツ

モノを長く大切に使う北欧の人たちは、廃れないシンプルなデザインが好み。金属製のシンプルバケツは、時代やインテリアに関わりなくいつになっても愛用できる定番の形です。その中でもIKEAのバケツには、心が優しく暖かくなるような色もラインナップ。

定番のシルバーはもちろん、レッドやピンクなど個性をプラスしたバケツも取り揃えています。部屋の中のアクセントとして、観葉植物の鉢にするのも素敵。もちろん、洗濯やお掃除のアイテムとして常備しておくこともできます。

まとめ

置き場所を選ばない折りたたみバケツが人気

バケツを選ぶ上でのポイントは、用途に合わせて形や機能を選ぶことです。普段使いするなら、軽量でどこに置いておいてもインテリアに馴染みやすいデザインを。緊急時用やアウトドアで使うなら、普段はコンパクトに収納できる折りたたみバケツを選ぶこともできるでしょう。今回は、人気のバケツをランキング形式で紹介しました。ぜひ使いやすいバケツを見つけて活用してくださいね。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

コメントを残す

*