おすすめの焼き芋鍋人気比較ランキング!【IH対応も】

焼き芋は食物繊維たっぷりで自然の甘さで子供のおやつやダイエットにも最適です。特に、焼き芋屋さんで売っている石焼芋はホクホクしていて甘味たっぷりでとても美味しいですね。そんな本格的な焼き芋をご家庭で簡単に作れる便利グッズが焼き芋鍋。今回は、焼き芋鍋にはどんな種類があるか、素材や調理時間などそれぞれの特徴に触れながらランキング形式で紹介していきます。

焼き芋鍋の特徴

まるで焼き芋屋さんで買ったような美味しさを楽しめる

焼き芋鍋は名前の通り、焼き芋を美味しく調理するための専用鍋です。焼き芋鍋に石が付帯しているものもあり、ご自宅で石焼芋もつくることができます。遠赤外線の効果で、じっくり加熱することで水分をゆっくり飛ばし、甘味の詰まった石焼芋が作れます。

電子レンジやコンロで簡単に焼き芋を作ることができる

焼き芋鍋にはさまざまな種類があり、電子レンジやIH、ガスコンロなどで簡単に使うことができます。いつもの調理方法に、専用の焼き芋鍋を使うことだけで各段に美味しい焼き芋に生まれ変わります。手間も少ないので、小腹がすいたときや子供のおやつにすぐに焼き芋を作ることができますね。

焼き芋鍋の種類

IHガスコンロ対応タイプ

火にかけてじっくり低温調理でおいしい焼き芋ができる

IHやガスコンロ対応タイプの焼き芋鍋は、鍋の形状が特徴。焼き芋を美味しく作るため、ゆっくりと熱電動がしやすい素材の鍋が多いです。鍋形状のため、普通の鍋と同じ感覚で、焼き芋以外の調理にも使えるタイプもあります。焼き芋以外にも使えると、使い道の幅が広がりますね。

さらに、IHやガスコンロ対応タイプの焼き芋鍋は、サイズが大きめのものが多いのも特徴。一度に焼き芋を2~3本作ることができます。家族向きやストック用に一度に多く作れると電気やガス代も節約できて、便利ですね。

電子レンジ対応タイプ

電子レンジでも本格的な石焼ができる石付の鍋も

電子レンジ対応の焼き芋専用鍋は、天然石やセラミック製の石付のものもあります。付属の石がゆっくりとさつまいもに熱を通し、甘みを閉じ込め素材本来の美味しさを楽しめます。電子レンジのほったらかし調理で簡単に石焼芋ができます。

電子レンジ対応の焼き芋鍋は、さつまいも1本~2本が入る小さ目サイズが特徴。形状が小さいことから、価格も安価なものが多く置き場所にも困らないことも魅力です。1人暮らしの方や少量を作りたい方におすすめです。

電気対応タイプ

ホットプレートのような形状で熱伝導率が良い

電気対応の焼き芋鍋は、コンセントの電気につないで調理します。焼き芋に特化した形状の鍋が多く、そのまま、さつまいもをセットするだけで簡単に操作できます。場所を選ばず、電源が取れればどこでも焼き芋を作ることができますね。

ホットプレートのように、均一に熱を通すので、むらなく熱が伝わるのが特徴です。ゆっくり全体に熱を通すので、甘く美味しい焼き芋ができます。タイマー付きのものもあり、焦がす心配もないのがよいですね。

焼き芋鍋の選び方

鍋の素材で選ぶ

本格的な焼き芋を楽しみたいならホーロー製

ホーロー鍋は密閉率が高く、熱伝導がいいというのが最大の特徴です。熱を逃がさず、磁器部分から出る遠赤外線の効果で食材の中まで火を通します。美味しい甘い焼き芋は、ゆっくり熱を通し、水分を閉じ込め、しっとりねっとりさせることが不可欠。そのためホーローは、美味しい焼き芋をつくるのにとても適した素材ということですね。

お手軽に楽しむなら電子レンジで使えるセラミック製

電子レンジ対応の焼き芋鍋にはセラミック製の石がついているタイプもあります。発熱セラミックボールという素材でできており、電子レンジのマイクロ波で発熱し、遠赤外線効果を発揮するものも。電子レンジなら、焦がしてしまう失敗も少なく、コンロの火を気にすることもありません。ほったらかし調理で本格的な石焼芋を作ることができます。

付属するもので選ぶ

石がついていれば遠赤効果で本格的な焼き芋を作れる

石焼芋を作るために、天然石や発熱セラミックボールという石がついているものもあります。石の上にさつまいもを置いて調理することで、鍋と石のダブルの遠赤外線効果で、余計な水分を飛ばし、甘味閉じ込めた美味しい焼き芋ができます。石付の焼き芋鍋は、IH、ガスコンロ対応のものから、電子レンジ対応まで様々な鍋があるので、使いやすいものを選ぶことができます。

プレート付きなら焼き芋以外にも使える

焼き芋鍋の中には、さつまいもの形状をしたものもあります。その型にさつまいもをセットしやすいメリットがありますが、焼き芋以外では使い道がない印象がありますね。焼き芋以外の調理も楽しめるように、プレートを変更することでホットプレート代わりになる便利な焼き芋鍋も。焼き芋以外の料理も作れる焼き芋鍋は付加価値があり、テーブルクッキングのバリエーションも広がります。

調理できる芋の本数で選ぶ

1人暮らし向けに1本から作れるタイプも

焼き芋鍋はゆっくり熱を通すため、ホーローや陶器など重たい素材が多く、大き目のものが多いです。家族向けには大きい鍋は重宝しますが、一人暮らしの方は置き場所に困ってしまいます。そんな方向けには、1本から作れるコンパクトタイプの焼き芋鍋がおすすめ。お手軽な一本対応タイプは、電子レンジで作れるものが多く、調理の簡単さも魅力です。

大きな鍋なら焼き芋以外のメニューの幅も広がる

家族向けなら、最低3本くらいの焼き芋を一度に作れるサイズがおすすめです。石付ならトウモロコシを入れて、焼きトウモロコシができたり、焼き栗ができたり鍋の大きさに関係なく、いろいろな石焼メニューを楽しむこともできます。特にホーロー鍋は、じっくり火を通す煮込み料理にも適しているので、豚の角煮やシチュー、カラーなどのレシピも美味しく作ることができます。

焼き芋鍋のおすすめブランド・メーカー

イシガキ産業

レンジで使える発熱セラミックボール付きの焼き芋鍋が特徴

土鍋やスキレット鍋など鉄鋳物、家庭用金物を扱うイシガキ産業。イシガキ産業の焼き芋鍋はテレビでも紹介された石付の電子レンジで使えるお手軽タイプでおすすめす。家庭用金物の会社ならではの使いやすく高品質の焼き芋鍋が特徴のメーカーです。

高木金属工業

金物屋生まれの丈夫なホーロー素材の焼き芋鍋

高木金属工業はホーロー用品や焼き物用品など家庭用のキッチン用品のメーカー。特にホーローに特化しており、ホーロー製の焼き芋専用鍋を製造しています。日本製の丈夫で高品質なホーロー鍋は焼き芋以外の使い道もあり、魅力的です。

三鈴陶器

陶器メーカーならではの萬古焼という陶器の焼き芋鍋

三鈴陶器は土鍋のことを知り尽くした四日市萬古焼の老舗メーカー。萬古焼と呼ばれる土鍋素材の焼き芋鍋を製造しています。日本製の焼き芋鍋は見た目も老舗メーカーならではのレトロな土鍋でとても味わいがあります。

池永鉄工

鉄金物メーカーの焼き芋専用鉄鍋いも次郎

池永鉄工は南部鉄器などを製造する鉄素材の家庭用金物メーカー。名前の通り焼き芋専用として、いも次郎という鉄製の焼き芋鍋を製造しています。鉄製のため重厚感があり、保温力もあり丈夫な焼き芋鍋です。

おすすめ&人気の焼き芋鍋ランキング

電子レンジ対応でおすすめの焼き芋鍋

イシガキ産業-魔法の焼いも鍋 (2,560円)

電子レンジ対応の焼き芋の形をしたかわいい焼き芋鍋

魔法の焼きいも鍋は、かわいいサツマイモ型の専用容器と発熱セラミックボールのセットになっています。電子レンジのマイクロ波と発熱性のボールから加わる熱でじっくりと過熱します。甘味を閉じ込め、ホクホクの甘い焼き芋ができますよ。

大きいサツマイモなら1本、小さ目サイズなら2本入る大きさです。焼き芋の形状をしていますが、トウモロコシやジャガイモも型の中に入ります。電子レンジで焼き芋以外の食材も簡単に石焼調理を楽しめます。

グレイスラミック-陶器製焼き芋器 (1,150円)

小ぶりサイズで低価格が魅力

電子レンジ対応の陶器製焼き芋鍋と天然石のセットになっています。サツマイモがちょうど一本入るサイズで、場所も取らず一人暮らしにもぴったりですよ。石付なので、電子レンジで10分ほどで本格的な石焼芋が楽しめます。

陶器の素材がしっかりと蒸らし、天然石が遠赤効果で食材をゆっくり温めます。余計な水分は飛ばし、蜜を閉じ込め、素材本来のうまみを引き出します。メーカー推奨のレシピには、焼き芋のほかに、枝豆、じゃがバター、ごぼうチップスなど。素材を活かす野菜調理に最適です。

千陶千賀-ほくほく石焼いも鍋 (3,080円)

電子レンジで使える萬古焼の焼き芋鍋

専用の天然石付で純日本製の萬古焼という陶器の焼き芋鍋。石と陶器のダブルの遠赤効果でホクホクの焼き芋を作ることができます。美味しく、ふっくら調理ができる専用レシピ付きなので初めての方でも安心です。

萬古焼は三重県四日市の伝統的な焼き物です。土鍋と同じ素材で耐熱性に優れ、高温や空焚きに耐える丈夫な素材です。電子レンジで簡単に利用できるので焼き芋以外にも、電子レンジで土鍋ごはんなどの活用もできます。

IHガスコンロ対応でおすすめの焼き芋鍋

高木金属ホーロー焼き芋器 (3,616円)

IHガス両方対応のホーローの焼き芋鍋

ガスコンロ、IHどちらにも対応している高木金属の焼き芋鍋はホーロー製で底が厚く丈夫な日本製の鍋です。天然石がついているので、ご家庭のコンロで簡単に石焼調理ができます。保温に優れ、ゆっくり火を通すホーローの特性を最大限に生かした石焼芋は、甘い蜜も閉じ込め、まるでスイートポテトのようにしっとり仕上げることができます。

調理の目安時間は、石焼芋、焼きじゃがは45分、焼きトウモロコシ、魚のホイル焼きなどは30分程度。大き目の鍋なので、焼き芋以外の食材も入ります。専用レシピ付きなので、焼き芋以外のホーロー、石焼調理のレパートリーが増えますね。

リビング-陶器製 焼き芋器 (1,100円)

陶器製で低価格の焼き芋鍋

陶器の特有の遠赤外線効果で、べたつかず、パサつかず、ほっくり美味しい焼き芋を作ることができます。また陶器は保温性に優れているので、調理後もしばらく温かいのも特徴です。味わいのある容器なので、そのまま焼き芋を保温しながらテーブルに置いておくのもよいですね。

リビングの焼き芋器は他のものに比べ、コストパフォーマンスも魅力。大きさも横幅23cm縦15cmと少し大き目のため、焼き芋以外の食材ももちろん調理可能です。保温性を活かせば、省エネにもなるので節約家にもおすすめの焼き芋鍋です。

池永鉄工-いも次郎 (5,073円)

ガスIH両方対応の鉄素材の焼き芋鍋

家庭用の鉄金物メーカーの焼き芋専用調理鍋です。IH、ガスに対応しているだけでなくオーブンレンジでも使うことができます。この焼き芋鍋は石付ではないですが、石がなくても本格的な美味しい焼き芋を作ることができるのが最大の特徴。鉄製の底面が上手に石で焼いたような石焼感を出してくれます。

石がついていなくても、石焼芋を作ることができる最大の利点は、お手入れのしやすさ。石付の焼き芋鍋は手軽に石焼を楽しめる反面、小さな石を洗うのが大変です。お手入れの手間を重視する方には、後片付けが簡単な石なしタイプもおすすめです。

尾上製作所-やっくんDX (1,639円)

ストーブ調理も可能な焼き芋鍋

やっくんDXは密閉型なので、蒸し焼き効果で余計な水分を飛ばし、芋本来の甘みやうまみを閉じ込めたねっとりした焼き芋を作ることができます。作り方簡単で鍋の中にある網状の上に、芋や野菜を置くだけです。オーブンで1時間かかる調理時間も、中火で30分~40分程度で出来上がります。

やっくんDXはIHコンロでは使うことはできませんが、代わりに上部が熱くなるストーブ調理が可能です。アルスターというアルミメッキの素材のため、他の焼き芋鍋に比べ軽く持ち運びもしやすいのも特徴。冬場に石油ストーブでじっくり焼くのもおすすめですよ。

三鈴陶器-いも太郎 (4,590円)

日本製の焼き物感あるレトロなフォルムが魅力

いも太郎は陶器メーカーの日本製の焼き芋器。中くらいのサツマイモ3本とジャガイモ3つがすっぽり入る大きめサイズです。数人分のおやつを一度に調理することが可能。壺のような形と、焼き物の色合いで見た目も趣きがあります。

いも太郎には専用の石もついているため、石焼芋を楽しめます。鈴鹿山脈の採石場より採れた石を一度800度の窯で焼入れし、はねずに残ったものだけを付属としてつけているため丈夫で長持ちする石です。石にもこだわりのある焼き芋鍋です。

キャプテンスタッグ-石焼きいも鍋 (3,152円)

2Kgの石付焼き芋鍋

キャプテンスタッグの焼き芋鍋はアルスターというアルミ素材でできています。陶器やホーローに比べ熱電率は低いですが、軽くて扱いやすいのが特徴です。付属に2kgの天然石と石焼専用レシピが付いているので、石の遠赤効果で簡単に石焼料理を楽しむことができます。

2、3人向けの8号の鍋と同じくらいの大きさで、石を使わなければ、普通の鍋としても利用可能です。キャプテンスタッグはアウトドア用品の専門メーカーのため、持ち運びしやすく丈夫な素材が魅力。アウトドア専用の石焼料理兼、鍋として使うのもおすすめです。

ガスコンロ専用でおすすめの焼き芋鍋

ドウシシャ-焼き芋プレート (3,377円)

ガス専用フライパン型の焼き芋プレート

ドウシシャの焼き芋プレートは取っ手のついた蓋つきフライパン形状が特徴。取っ手をもって直接火にかけ、裏返して焼き加減を調整します。IHには対応しておらず、ガス火だけですが、蓋つき一体のため、持ち運びもしやすく、キャンプなどのアウトドアでも活躍できます。

サツマイモ型のくぼみのところに、芋は2本セットできますが、トウモロコシなども入る大きさです。アルミホイルで食材を包めばホイル焼きなども簡単に両面を焼くことができます。密封調理のため、水分を閉じ込め、パサパサすることなくしっとりと様々な食材を焼き上げます。

イシガキ産業-ほっこりぐるめ焼きいも鍋 (1,623円)

コスパ抜群の石付焼き芋鍋

大きな鍋サイズで石付の焼き芋鍋の中ではコストパフォーマンスが魅力。陶器製の鍋と、セラミックボールの石でダブルの遠赤外線効果で、美味しい焼き芋が作れます。ガス火専用のためIHでは利用はできませんが、ストーブでは利用できます。

メーカーのおすすめ食材として、トウモロコシなどの定番石焼食材の他に、えび、かに、栗、落花生、貝類などあります。専用レシピも付属しているので、食材ごとに適正な時間で石焼調理が可能です。魚介メニューの石焼はぜひチャンレンジしてみたいですね。

焼き芋以外にも使えるおすすめの焼き芋鍋

富士パックス販売-燻製も出来る陶板鍋 (6,490円)

燻製もできる万能陶板鍋で焼き芋も

三重県四日市市の萬古焼という陶器素材で、家でも燻製ができるという特徴の鍋。職人がひとつひとつ丁寧に製造している安心の日本製です。陶器の鍋の保温効果と余熱調理を利用したこの鍋は焼き芋調理にも向いています。

直下、電子レンジ、オーブンでの使用が可能なため、陶器製のフライパンと同じ感覚で利用できます。蒸し料理、陶板料理、燻製料理の専用レシピ付き。焼き芋以外もいろんな料理ができるのは料理好きの方におすすめです。

ドウシシャ-焼き芋メーカー (20,406円)

ホットプレートタイプの焼き芋器

ドウシシャの焼き芋メーカーはホットプレートタイプで、電源を繋いで調理します。作り方は簡単。さつまいも2本がすっぽり入るサイズのプレートに芋をセットします。あとは、温度調節機能やタイマーでほったらかしの簡単調理で美味しい焼き芋が出来上がります。

焼き芋プレートの他、平面鉄板、焼きおにぎりプレートがついているため、他のメニューも作ることができます。上面と底面、両方から熱を通すことができるので、ホットサンドなど両面焼きメニューがおすすめです。専用レシピがついているので、焼き芋以外のメニューも楽しむことができます。

ストウブピコ・ココット (17,100円)

人気のホーロ鍋で焼き芋も美味しくできる

ストウブのホーロー鍋は焼き芋専用ではないですが、ホーローという素材のため焼き芋調理に適しています。芋をアルミホイルやクッキングシートに包んで15分ずつ両面を焼くことで、美味しい焼き芋に。ホーロー鍋がゆっくりと熱を通し、素材のうまみを閉じ込め、甘い焼き芋ができますよ。

もちろんストウブはホーロー鍋として、煮込み料理や蒸し料理、焼き料理など様々な料理に利用できます。全世界でプロの料理人にも定評のあるストウブのキッチン用品。焼き芋に限らず、いろんな料理を美味しく作ってみたい方におすすめです。

いろりや-ホーローやきいも鍋 (1,342円)

コスパ抜群のホーロー焼き芋鍋

いろりやのホーロー鍋は何といっても価格の安さが魅力。やきいも鍋ですが、鍋形状のため、鍋としても十分活用できます。焼き芋以外にもホーロー鍋で料理をしてみたいという初心者の方も気軽に購入しやすい価格帯です。

ホーローの特性を生かし、余計な水分を飛ばし、蒸し焼きすることでうま味を凝縮させ美味しい焼き芋が作れます。使い方は簡単で、鍋本体に付属の網をひき、その上にサツマイモをのせて火にかけるだけ。焼き芋以外にも、焼き野菜なども美味しく調理できます。

まとめ

作りたい本数と調理方法で選ぶ焼き芋鍋がおすすめ

焼き芋鍋は、焼き芋を美味しく作るのはもちろん、他の食材も美味しく調理できるものがたくさんあります。電子レンジで簡単調理、IH対応、ガスコンロの直火でじっくりなど、現在の調理環境に合わせて焼き芋鍋を選ぶことがおすすめです。さらに、作りたい本数やその他の料理も見込んで決めることで、焼き芋鍋の使い道がぐっと広がります。ぜひご家庭で美味しい焼き芋を作ってみてくださいね。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

コメントを残す

*