おすすめのファイルスタンド人気比較ランキング!【おしゃれなデザインも】

デスク周りで、書類やファイルがついつい散らかっていませんか。そんな時におすすめしたいのがファイルスタンドです。ファイルスタンドがあれば、雑多な書類やファイル類をひとまとめにして整理できますよ。そこで、今回はおすすめのファイルスタンドをランキング形式でご紹介します。また、ファイルスタンドは色々な形状や素材があり、どれが使いやすいかは環境によって異なります。ファイルスタンドの種類や選び方についても詳しく解説するので、自分に合ったファイルスタンドを探している方は参考にしてみてくださいね。

ファイルスタンドの特徴

書類やバインダーをすっきりと整理できる

書類を入れたクリアファイルや、バインダー類をわかりやすく整理できます。紙類は1枚1枚だと場所を取らないのに、あっという間に量が増えて散らかりがち。いちいち中を読まないと内容がわからないようなファイルも、ファイルスタンドを使えばひと目でわかるように収納できます。きちんと整理すれば、作業効率も上がりますよ。

紙類以外に調理器具を収納することも可能

ファイルスタンドは、キッチンで調理器具を収納するのにも便利です。ファイルと同じ要領で、ひと目で何が入っているか確認できるのが強み。たとえば、フライパンを大きさ順に並べれば、見た目にもすっきりします。鍋などの蓋も立てて収納すれば、場所も取らずスペースを有効活用できますよ。取り出しも簡単なので、目的の道具も素早く用意できます。

ファイルスタンドの種類

縦型

本棚やデスクの上に置いて使う

縦型はファイルの短い辺が下に来るように、立てて収納する形状となっています。短い辺を下にするので、あまり場所を取らないのが特徴。デスクの上に置いても邪魔にならないコンパクトさです。他にも、本棚やスチールラックにまとめて並べることも可能となっています。頻繁に使いたいから近くに置いておきたいけれど、なるべく省スペースで活用したい時に最適です。

ファイルやバインダーの背表紙が目に入るように収納できます。そのため、ひと目で何の書類が入っているか確認できるのが魅力。いちいち中身に目を通さなくても、簡単に目的のファイルを見つけられますよ。探す時間を短縮できるので、仕事中は特に便利といえますね。

横型

キャビネットやデスクの引き出しの中に入れて使う

横型はファイルの長い辺が下に来るように、上から差し込む形状となっています。取り出す際、ファイルを手前に引き出す縦型と違って、横型はファイルを上へと引き上げるのが特徴。キャビネットや引き出しの下段など、上から覗き込むような場所に置くと使いやすいですね。

横型は一般的に細かくインデックスが付いています。そのため、カテゴリー別に分類しやすいですよ。また、ファイルの長い辺を下にして収納するので、ファイルスタンドの土台部分に触れている面積が増えます。その結果、安定感が増し、大量の書類を収納しても倒れにくくなるのが強みです。仕事の資料など、分量が多くなりがちなファイルを整理する時におすすめですよ。

ファイルスタンドの選び方

素材で選ぶ

紙製なら軽くて持ち運びしやすい

軽いので持ち運びしやすいのが特徴です。引っ越しや頻繁に部屋のレイアウトを変えたい方におすすめ。倒れやすく耐久性が低いですが、その分使わない時は折りたたんで収納できるので場所を取りません。また、安価で気軽に買い換えられる点もポイントが高いです。長期的に使うというよりも、一時的に使う際に向いていますね。素材自体が柔らかいため、小さな子供の絵本立てなどにも使いやすいですよ。

プラスチック製なら軽さと丈夫さを両立できる

軽さは維持したまま、紙製よりも耐久性が高いのが特徴。軽量でほどほどに強度もあるため、様々なシーンで使い勝手が良いです。また、紙製と違って水に強いのも助かりますね。汚れても水拭きすれば簡単に綺麗にできるので、キッチンで使う際にも便利ですよ。色が透明なスタンドも多数販売されています。収納する際、より中身のファイルが確認しやすいので、手早く目的の書類を探したい方は色にもこだわるのがおすすめです。

金属製なら頑丈で壊れにくい

紙製や木製と比べても、かなり頑丈なのが特徴です。その分、スタンド自体が重めですが、書類がたくさん詰まったファイルを入れても底が抜けません。ただ、重い物を入れた状態のまま引きずると、机や本棚を傷つける可能性があります。頻繁に移動させず、置きっぱなしにして使うようにしましょう。また、金属製は必然的にスタイリッシュなデザインになるため、モダンなインテリアにぴったりです。男性の部屋に置いていても、部屋の雰囲気から浮きませんよ。

木製なら耐久性が高いので長く使える

金属製と同じように頑丈なため、重い物を入れても安心です。素材から木のぬくもりを感じられるのも高ポイント。単なる収納器具ではなく、インテリアの一部として見せる収納にも使いやすいです。ナチュラルな雰囲気の部屋にぴったりですよ。紙製やプラスチック製と比べて高価ですが、素材によっては使えば使うほど味が出てくる物もあります。購入する際は、一時的に使うのではなく、長期的に使うことを前提に考えましょう。

機能性で選ぶ

底の面積が広いタイプは安定感が増す

縦型は短い辺を下に収納するため、横型と比べると不安定になりやすいのが難点でした。床面積が広いワイドタイプなら、縦型でも安定感が増して倒れにくいですよ。また、紙製やプラスチック製は軽い分、倒れやすいのが弱点。スタンドが倒れないよう安定感を重視したいなら、木製や金属製がおすすめです。スタンド本体の重さも相まって、よりしっかりと収納できますよ。

どんな厚さのファイルにも柔軟に対応できるタイプが便利

縦型のファイルスタンドは、中に付いている仕切りをスライドできるタイプが便利です。ファイルの厚さによって置く場所を固定しなくてすむので、使い勝手が良いですよ。置きたい場所に自由に立てかけられれば、より作業しやすいように組み替えできます。横型ならアコーディオンタイプがおすすめ。アコーディオンタイプとは、入れるファイルの厚さによって収納スペースがある程度自在に伸びるファイルスタンドのこと。収納量に制限されず、自分の使いやすいように置けますよ。

仕切り付きなら資料ごとに分けて保管ができる

ファイルスタンドは、綴じている書類の内容ごとに分けられるよう、仕切り付きがおすすめです。仕切りがあればそれを元に分類できるので、同じジャンルをまとめてしまっておくことが可能。自分でわかりやすい順番でまとめておけば、取り出す時も簡単です。きちんと整理しておけば資料を探す時間が減り、より効率的に仕事ができますよ。

ファイルスタンドのおすすめブランド・メーカー

ナカバヤシ

縦型から横型まで幅広く展開

ナカバヤシは、縦型から横型まで幅広く展開していることで有名です。特に縦型は、カラーバリエーションも豊富。中身が透けて見える半透明タイプから、見えにくいように色が付いているタイプまで様々です。また、カテゴリーごとに細かく分類できる横型も販売しているため、自分にとって使いやすいファイルスタンドを探しやすいですよ。

ニトリ

素材の種類が豊富

素材の種類を幅広く展開していることで人気なニトリ。安価で持ち運びしやすい紙製や、丈夫で軽いプラスチック製まで豊富に扱っています。特に木製は、リーズナブルでありながらデザインがおしゃれなので、ナチュラルな雰囲気を手軽に導入しやすいですよ。

無印

インテリアを選ばないシンプルさが人気

無印はインテリアの邪魔をしないシンプルなデザインが特徴。段ボール材を利用した紙製のスタンドは、素朴な魅力があり置く場所を選びません。半透明やホワイトグレーのプラスチック製は、どんなお部屋に置いても馴染みますよ。

コクヨ

カラーバリエーションが豊富

コクヨは色々なカラーを販売しているので、好みの色を見つけやすいです。オフィスでも浮かないシックな色合いから、スタンダードな色まで多数展開しています。TPOに合わせたカラーを選べるのは助かりますね。また、縦型と横型の両方で使える形状も販売しているのが特徴。使い方が固定されないため、途中で別タイプのスタンドが欲しくなった時でも新たに購入せずにすみますよ。

おすすめ&人気のファイルスタンドランキング

縦型でおすすめのファイルスタンド

無印-ファイルボックス (690円)

通常サイズとワイドサイズを展開

幅が約10cmの通常サイズと、約15cmのワイドサイズの両方を展開しています。通常サイズは、縦型であることもあって省スペースで活用できますよ。ワイドサイズは、資料をたくさん入れても倒れにくくなっています。整理したいファイルの量によってサイズを選べるのが便利ですね。同じシリーズで揃えれば、あとから買い足しても全体に統一感が生まれるので、すっきり見えますよ。

ホワイトグレーと半透明のカラー展開です。半透明のタイプは、側面からも何が入っているかうっすら見えるのが特徴。ホワイトグレーのタイプは、裏向きに置けば中身を見せない収納も可能です。どちらもシンプルなデザインのため、部屋にいくつ置いていても悪目立ちしません。

ソニック-ファイルボックス (644円)

スライド可能な仕切り付き

スライド可能な仕切り付きで便利です。薄いクリアファイルを数冊まとめて入れる際には狭く、分厚いバインダーを入れるなら広めにという風に、収納する資料の分量で分けられますよ。また、入れたいファイルがそれほど多くなくても、仕切りを動かせば最適な大きさにできます。最初は少なくても、徐々に資料が増えていくような環境でも使いやすいですね。

全6色と豊富なカラー展開です。職場でも浮きにくいブラックやホワイトから、自宅のインテリアに合わせやすいピンクやブルーなど、様々な層が手に取りやすいバリエーションとなっていました。また、しまうジャンルごとにカラーを変えることも可能。背表紙を見るまでもなく目的の資料を取り出せるようになるため、より効率的に作業できますよ。

コクヨ-ファイルボックス (338円)

オフィスで使いやすい色と機能

オフィスに置いても馴染むような、シックな色合いが特徴です。全6色展開しているため、業務内容ごとに分類もしやすいですよ。また、表向きと裏向きの両方で活用できるのも魅力。表向きなら、入っている資料の内容を書ける見出し面付きです。いちいちファイルのタイトルを確認しなくても、一瞬で内容を判断できますよ。裏向きにすれば、ファイルスタンドの落ち着いた色が中身を隠してくれます。お客様が来るような時でも、サッと隠しやすいですね。

素材が段ボールでできているため、軽くて持ち運びやすいです。また、背面にフィンガーホールが付いているのも高ポイント。指をひっかければ、棚から簡単に取り出せますよ。紙製だけあって価格もリーズナブルなため、会社で大量に使いたい際も、金銭的な負担があまりかかりません。

リヒトラブ-ファイルスタンド (737円)

縦でも横でも使える

縦型としてはもちろんのこと、横型としても使える万能型です。そのため、置きたい場所のスペースの広さに応じて、適宜使い方を変えられます。片方は縦型として、もう一方は横型として、並べて使うことも可能。使い方を変えても、同シリーズで揃えれば統一感が生まれるので、しっかりと整頓されているように見えますよ。

背面と底に、それぞれリブ加工が施されています。そのため、縦型と横型、どちらの使い方をしてもファイルが滑りにくいのが魅力。また、複数のファイルスタンドを連結できるようにジョイントネジが付属しています。書類が多くなっても、あとから買い足しやすいのが助かりますね。

IKEA-マガジンファイル (1,140円)

モノトーン配色で見た目もすっきり

ホワイトとブラックの2色を展開しています。裏側を向けて置けば、中に入っている雑誌や本の背表紙を見せずに収納できます。生活感を出したくない方におすすめ。モノトーンなのも相まって、よりスタイリッシュな雰囲気にできますよ。

取り出しやすいように、指を掛ける長方形の穴があります。こういった穴は通常、丸い形が一般的です。それを長方形という直線的な形にすることによって、よりスマートな雰囲気となっていました。モダンな部屋作りを意識している方に最適です。

横型でおすすめのファイルスタンド

セキセイ-ドキュメントスタンド (1,001円)

アコーディオンタイプで便利

収納量に合わせて伸びる便利なアコーディオンタイプです。入れる書類が少なければコンパクトにできます。ファイルをたくさん入れればアコーディオンが伸び、自然と自立するのが特徴。デスクの引き出しやキャビネットの中に入れれば、紙類を見えない場所で整理できますね。

ステッチ加工が施されているため、おしゃれに見えるのが魅力。カラーもレッドやブラックなど全4色展開しています。自分の好みにあった色を選びやすいですよ。また、ポケットが13個もあるため、整理したい書類が大容量でもしっかり収納できます。機能面もデザイン面も両立できるのが嬉しいですね。

雑貨ショップドットコム-ドキュメントスタンド (1,320円)

木目調のアコーディオンタイプ

ファイルスタンドに木目調のプリントが施されています。ナチュラルな雰囲気になるため、引き出しの中に入れっぱなしにするよりも、デスクの上に置いて使うのに向いていますよ。書類をある程度入れれば自立するアコーディオンタイプ。収納量に合わせて、奥行きを約2cmから30cmまである程度自在に調節できます。たくさん収納しつつ、デザインにもこだわりたい方におすすめです。

使いやすいように様々な工夫がされています。ペンを差し込めるように、サイドに切り込みが入っています。表面と裏面の両方にあるため、どちら側にもペンを収納できますよ。また、取り出しやすいように付いている持ち手部分は、折り返し加工されているため手を傷つけません。どれもちょっとしたことですが、工夫を凝らすことでより不自由なく使えます。

ナカバヤシ-なげこみBOX (1,551円)

そのまま入れるだけなので手軽

なげこみBOXという名前の通り、上からポイポイ書類を入れられます。小さな子供でも簡単にできるので、片付けが苦になりません。紙類を一ヵ所にまとめられるため、机回りがすっきりしますよ。お子さんに、自分で片付ける習慣を付けさせたい時におすすめです。

6色のペーパーファイルが付いています。色別に書類を分ければ、ひと目でジャンルがわかりますよ。また、このペーパーファイルは再生紙でできているため、環境にも配慮したファイルスタンドとなっています。エコという点でも、お子さんの情操教育に最適です。

キングジム-ボックスファイル (986円)

便利な持ち手付き

使わない時はしまっておける取っ手付きです。必要な時だけ取り出せるため、ファイルスタンドを持ち運びたい時に便利ですよ。広いオフィス内を移動する際にも使いやすいです。プラスチック製なこともあり軽くて丈夫なので、頻繁に移動させても壊れません。また、水にも強いのも魅力。オフィスだけでなく、自宅のキッチンでもフライパンなどを収納する際にも役立ちます。

背面に、名刺を入れるポケットが付いています。社内で同じファイルスタンドを持っている人がたくさんいても、自分の名刺を入れておけばひと目で誰の所有物かわかりますね。また、中身に何が入ってるかわかりやすいよう、見出し紙に内容を書き込むことも可能。仕事中に使いやすいような工夫が多くされているため、オフィスでも活躍できます。

おしゃれでおすすめのファイルスタンド

ギギLiving-ファイルボックス (5,940円)

木材とアイアンの融合

木材とアイアンの両方で作られているのが特徴的です。通常、どちらか一方の素材のみで作られるため、ナチュラルかクールかという風に雰囲気が偏りがち。木材とアイアンを融合させることによって、どちらの良さも引き出すデザインとなっています。部屋の印象をどちらか片方に寄せたくない方にもおすすめです。

木材とアイアンの比率を3タイプの中から選ぶことが可能です。アイアンが見出しの金具部分にしか使われていないタイプは、ナチュラルな雰囲気の中にアクセントとして使われていました。背面がすべてアイアンになっているタイプは、雑誌や本類を入れる際にちらりと見えるのがおしゃれ。側面が両方ともアイアンになっているタイプは、木材とのコントラストが美しく映えています。部屋のインテリアに合わせてデザインを選べるのが助かりますね。

豊田産業株式会社-総桐ファイルスタンド (6,050円)

高級感溢れる桐

桐で作られているため、全体的に高級感があります。デスクの上に置いておいても部屋の雰囲気を壊しません。桐の特徴は、熱を通しにくく湿気に強いこと。仕事で使う大切な書類から、思い出の詰まったアルバムまで、しっかりと保管できますよ。

細かく仕切りが付いています。そのため、ファイルをジャンルごとに分けて入れやすいですよ。内容ごとに分類しておけば、取り出す時にも迷いません。また、仕切りが細かいので、ファイルが中で倒れないのも魅力。おしゃれなデザインを使いたいけれど、機能性も損ないたくない方におすすめです。

Asia-kabo-ファイルスタンド (1,320円)

圧迫感のないワイヤー製

ワイヤーで作られているため、圧迫感なく使えます。木製やプラスチック製のファイルスタンドは、全面が素材で覆われていているため窮屈な印象を与えがち。しかし、適度な抜け感のあるワイヤー製なら、デスクの上に置いておいても視覚に負担がかかりません。デスク周りをよりすっきりと使いたい方におすすめですよ。

幅が約8cmと、一般的なファイルスタンドに比べてスリムです。縦に長い形状ですが、スチールでできているためどっしりとした安定感があるのが特徴。金属製ならではの頑丈さで、倒れる心配が少ないのも助かりますね。

ニトリ-ファイルスタンド (2,027円)

部屋をナチュラルテイストにできる

シンプルな木製のデザインで、部屋をナチュラルな雰囲気に彩れます。木製のファイルスタンドは高価な物が多いですが、その中でも比較的リーズナブルなため、手軽に購入しやすいですよ。木のぬくもりを感じられる暖かな空気感を大事にしたい方におすすめです。

木製なだけあって、しっかりとした安定感があります。中に入れた書類やファイルも倒れにくいので、自宅はもちろんオフィスでも活用しやすいですよ。オープンカットされているのも魅力。入れる資料の高さをあまり気にする必要がありません。高さ自体は31.5cmですが、ある程度上が飛び出てもよければ気にせず入れられます。

Asia-kabo-ブックスタンドボックス (1,480円)

気軽にアジアンテイストを取り入れられるパンダン

パンダンは手軽にアジアンテイストを取り入れられるので、置くだけでリゾート気分を味わえます。パンダンとは、い草のような清々しい素材感で有名な植物の一種。木製や金属製にはない独特の雰囲気があるため、1つあれば一気にオリエンタルな空間を作れますよ。

ダークブラウンとナチュラルの2色展開です。ダークブラウンはレザーのような光沢を楽しめます。ナチュラルは自然の風合いをそのまま体感できますよ。アジアンテイストはもちろんのこと、和やモダンな雰囲気に合わせることも可能。他の人と被りにくいファイルスタンドを探している方にぴったりです。

まとめ

使う場所に合わせたファイルスタンドがおすすめ

ファイルスタンドを上手く活用したいなら、使う場所に合わせて選ぶのがおすすめです。デスクの上やスチールラックでコンパクトに使いたいなら縦型。大容量の資料を、引き出しの中で管理したいなら横型が最適です。また、インテリアや自分の好みにあった素材を選べば、ますます愛着が湧きますよ。頻繁に持ち運びたいなら紙製やプラスチック製、安定感を重視したいなら木製や金属製など、使い方への配慮も重要です。今回はおすすめのファイルスタンドをランキング形式でご紹介しました。ぜひ自分に合ったファイルスタンドを手に入れて、散らかりがちな紙類を綺麗に整理してくださいね。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

コメントを残す

*