おすすめのガラスカッター人気比較ランキング!【オイル注入タイプも】

DIYやステンドグラス作りや粗大ゴミの処理でのガラス切りが自宅で簡単に出来ると便利ですよね。そんな時におすすめしたいのがガラスカッターです。自宅にガラスカッターがあると本格的なステンドグラスやDIYを楽しむことが出来ますよ。さらに、不要になったガラスの粗大もゴミも小さくカットして処分しやすくすることも可能となります。そこで、今回はおすすめの人気ガラスカッターをランキング形式でご紹介します。また、ガラスカッターには様々な種類があり、自宅で便利に使用するには選ぶコツを押さえる必要がありますよ。ガラスカッターの種類や選び方についても詳しく解説するので、自宅で使いやすいタイプを探している方は参考にしてみて下さいね。

ガラスカッターの特徴

ステンドグラスやDIYで使うガラスを簡単に切れる

ガラスカッターはガラスの表面に傷をつける役割を果たします。その傷に沿ってガラスを割ることで、好きな形や大きさにガラスを切ることが可能となります。ステンドグラスやDIYで使うガラスを好きな形や大きさに簡単に切ることができるのがメリットとなりますね。また、多くのガラスカッターは簡単に刃先を操作できるようにペンのような形で持ちやすいタイプのものが主流となっています。

ガラス製の粗大ごみを小さくして処分しやすくする

自宅でステンドグラスやDIYを楽しむだけでなく、使用しなくなった全身鏡などのガラス製の粗大ゴミの処理にもガラスカッターは最適です。ガラスカッターによってゴミ出ししやすいサイズに細かく切ることが出来るので処分も簡単。また、ガラスカッターを使用せずに割って処分しようとすると、ガラスの破片が飛び散る恐れがあります。ガラスカッターなら破片が飛び散る危険が減るので、より安全にガラスを細かくすることが出来ますよ。

ガラスカッターの種類

ローラータイプ

シンプルな構造でコスパがいい為粗大ごみなどの処理に最適

ローラータイプとは、ガラスに傷をつけるローラーがペン先に付いているようなシンプルな構造となっています。もう一つのオイル注入タイプよりローラーが滑りにく、力を込めてくっきりとした切り筋をつけやすいのが特徴。その為、細かな曲線を描くようなカットや薄いガラスのカットには不向き。粗大ゴミの処分用にザクザクと直線でカットしていく場合の使用に向いていますよ。

シンプルな構造なので、比較的安価で手に入りやすいのも特徴です。普段自宅ではガラスを切る機会が無い方も、ゴミの処分用に1つ自宅に置いておくのもおすすめです。また、急な引っ越しで急いでゴミの処分をしたい場合も、わざわざオイルを注入することなくすぐに使用できますよ。

オイル注入タイプ

オイルによってローラーが滑らかに滑り曲線を切りたい方に最適

オイル注入タイプとは、ローラータイプの中にローラーの滑りを良くするためのオイルが入っているガラスカッターのことをいいます。ローラーの滑りが良くなることで、あまり力を入れずにローラーを動かすことができ、曲線の切り筋を入れやすくなります。ステンドグラスやDIYなどで、思い通りの形にガラスを切りたい時に最適ですよ。

オイルが入っていることで、力を入れずに切り筋をつけることが出来るため、薄めのガラスを割ってしまうことなくカットできるのもいいですね。定期的にオイルを注入するなどのメンテナンスが必要となりますが、滑りが良いので刃先が傷みにくいのがメリット。本格的に長くガラスカッターを使用したい方にも、オイル注入タイプがおすすめですよ。

ガラスカッターの選び方

切断可能なガラスの厚さで選ぶ

粗大ごみになりやすい鏡などの処分には5mmに対応するタイプがおすすめ

全身鏡などの大きなガラス製品の中には、ガラスの厚みが5mmくらいになるものが多く、小さな切り筋では割れにくい場合もあります。そのような時は、より力を入れやすい形状になったガラスカッターを使用するのがおすすめ。厚めのガラス対応のガラスカッターには手のひら全体で握りやすい持ち手の形状をしているものが多いので、そのようなタイプを選ぶといいでしょう。

1mm以下の極薄ガラスを切りたい場合は極薄ガラス専用のタイプが必要

ガラスの厚みが薄すぎると、ガラスカッターでガラスに傷をつける段階でガラスが割れてしまうことがあります。特に1mm以下のガラスを切りたい場合は、極薄ガラス専用のタイプが必要。力を入れずに細かな傷をつけることが出来るようになっているので、DIYやステンドグラスで様々な種類のガラスを切る可能性がある方におすすめですよ。

持ち手にグリップが付いているかで選ぶ

握力に自信のない方には持ち手に滑り止めが付いているタイプ

ガラスカッターは思い通りにガラスに傷をつけられるように、ペンタイプの形をしているものが主流。しかし、ペンタイプでは握力が弱い方などは手が滑りやすくなってしまいがちです。そのような時は、持ち手の部分に滑り止めなどのグリップが付いているタイプがおすすめですよ。さらに、長時間使用する際に発生する手や指への負担も軽減することができます。

厚板ガラスを切る際は手のひら全体で握れる形状のタイプ

厚板ガラスを切る時は、かなり力を込めてしっかりとした傷をつけないと思い通りにガラスを割ることができません。そのため、通常のペンタイプより手のひら全体で持ち手を握れるような形状のタイプが最適。曲線などの細かな線を描くのには不向きですが、安全に厚板ガラスを切りたい方にお勧めのタイプとなりますよ。

刃が付け替えられるかどうかで選ぶ

ステンドグラスやDIYで頻繁に使いたいなら刃先が取り換えられるタイプ

硬いガラスに傷をつける役割のガラスカッター。刃先の部分は、使っていくうちに欠けてしまったり、丸くなって使用できなくなってしまいます。そのような時に刃先だけを交換することが出来ると便利ですよね。ガラスカッターの種類の中には、刃先と本体が別になっていて、刃先が傷んだ時に交換することが出来るものがあります。ステンドグラスやDIYで頻繁に使用する機会がある方や、長く使用したい方には刃先が交換できるタイプがおすすめですよ。

引っ越しなどでのごみの処分用なら安価な刃先と一体化しているタイプ

刃先と本体が一緒になっているタイプは、刃先と本体が別になっているタイプよりも比較的安価で手に入れることが出来ます。引っ越しなどで急にガラス製品の処分をしなくてはいけない時などに用意しやすいのがメリット。この場合、数回使用すると刃先は使えなくなってしまうので注意が必要です。ゴミの処分以外にガラスを切る機会がない方にもおすすめのタイプですよ。

ガラスカッターのおすすめブランド・メーカー

三共コーポレーション

一般的なガラス以外にも擦りガラスなどにも対応したタイプが揃う

オイル注入タイプのガラスカッターの種類が豊富な三共コーポレーション。DIYやステンドグラス作りに最適な曲線を描けるだけでなく、カットが難しい擦りガラスにも対応しているタイプも揃います。手作りで様々なガラスをカットする機会が多い方におすすめのメーカーですよ。

GOOMAND

切り筋を一定に保てるプロ仕様のモデルが揃う

ステンドグラスのプロが使用するタイプのガラスカッターが揃うGOOMAND。切り筋をムラなく一定に保つことが出来るので、狙い通りにガラスをカットしやすいのが特徴です。また、プロ仕様ながらも刃先の角度調節が不要のモデルがメインとなっており、初心者の方にも使いやすい形状となっているのもいいですね。

新潟精機

刃の素材にダイヤモンドを使用した切れ味抜群のタイプが揃う

オイル注入タイプでありながら、比較的安価でも手に入るガラスカッターが揃う新潟精機。刃先の素材にダイヤモンドを使用した切れ味抜群なタイプもあり、使いやすさへの配慮もあるメーカーです。DIYやステンドグラスの初心者で、手頃な価格のガラスカッターから試したい方におすすめですよ。

トラスコ中山

1mm厚のガラスが切れてコスパの良いタイプが揃う

切り筋を入れるのが難しい1mm厚のガラスにも対応する性能のいいガラスカッターが揃うトラスコ中山。DIYなどで、薄めのガラスを切る機会が多い方なら使い勝手がいいタイプが見つかるでしょう。また、値段も手頃な価格に抑えてあるので、薄いガラス専用のガラスカッターを探したい場合にもおすすめのメーカーですよ。

おすすめ&人気のガラスカッターランキング

ローラーのみのタイプでおすすめのガラスカッター

TAKAGI-ダイヤモンドガラスカッター No.3 (1,133円)

ダイヤモンド素材の刃先でガラス以外にもタイルなどのカットにも最適

ダイヤモンド素材を使用した刃先によって、ガラス以外にもタイルなどのカットにも適したタイプ。また、ダイヤモンド素材の刃先は消耗しにくいのもメリット。長く切れ味が保てるのがいいですね。並板ガラス2から3mmに対応しており、ステンドグラスなどの定番のガラス板のカットに使用しやすいですよ。

オイル注入タイプではないですが、小さめの刃先によって曲線も比較的描きやすいのがいいですね。タイルのカットにも適しているので、DIYなどがお好きな方にも使い勝手抜群。使用頻度が高いけれど、オイルのメンテナンスが面倒に感じられる方におすすめですよ。

三木技研-ガラスカッター 180mm (1,744円)

刃の付け根に溝がついており小さなガラスをはさんでそのまま割ることが可能

刃先の付け根部分に2種類の溝が設置されているタイプ。この溝のサイズに合う厚みのガラスを挟むことで、ガラスブレーカーなどを使用せずに簡単にガラスを割ることが出来ます。また、刃先は特殊な超硬合金を使用しており誰でもキレイに切り筋を付けられますよ。

本体と刃先が別になっているタイプで、切れ味が悪くなってきたら替え刃に取り換えることも可能。2mmから4mmくらいの厚さのガラスまで切断できるタイプとなっています。主にステンドグラスやDIYでの使用が推奨されているガラスカッターとなっていますので、自宅で色々とガラス製品を作りたい方におすすめですよ。

トラスコ中山-ガラスカッター1mmから3mm用 (1,122円)

ダイヤモンド素材の刃先で薄い1mm厚のガラスにもキレイに切り筋を入れられる

硬いダイヤモンド素材の刃先を使用しており、誰でもスムーズに切り筋を入れることが出来るタイプ。特に1mmから3mmの薄い厚みのガラスに対応しており、他のガラスカッターより繊細なガラスをキレイにカットするのに適しています。また、刃先の角度も自分で調整しなくても使用できるタイプなので初心者にもおすすめです。

オイル注入タイプではないため、細かな曲線を描くのには不向きとなります。しかし、オイルを入れたりするメンテナンスが不要となり、手軽に薄いガラスを切りたい方には使い勝手がいいでしょう。DIYで薄いガラスを使用したい場合に1本あると便利なタイプのガラスカッターとなりますよ。

三共コーポレーション-プロ用ガラスカッター (4,217円)

1mmから4mmの厚みに対応したプロ仕様の日本製ガラスカッター

1mmの薄いガラスから4mmのやや厚めガラスまでに対応している汎用性の高いタイプのガラスカッター。1本で様々な厚みに対応することが出来るプロ仕様なのが特徴となっています。ステンドグラスやDIYで使用するガラスの厚みにばらつきがある方でも使いやすいですよ。

刃先は頑丈な工業用天然ダイヤモンド原石を使用しており、シャープな切れ味を実現。また、プロの方が毎日使用しても半年は刃先が持つほどの高い耐久性があります。様々な厚みに対応したプロ仕様のガラスカッターを探している方におすすめのタイプですよ。

三木技研-ガラスカッター H2 (2,083円)

抜群の切れ味で正確にガラスをカットすることが出来るタイプ

ダイヤモンドに次ぐ高硬度を持つ超硬合金の品質が高いことで定評のある三木技研のガラスカッター。刃先に超硬合金を使用しており、耐摩耗性に強いタイプとなります。大切に使用すれば、長期間切れ味を損なうことなく使えるのが魅力ですね。

切れ味が抜群なので、切りたい箇所に正確に切り筋を付けることが出来るので、使い勝手もいいのが特徴。また、反対側にタイルを挟めるようになっており、簡単にタイルを割ることが出来るようにもなっています。DIYや粗大ごみの処分でタイルを切る機会が多い方におすすめのタイプとなりますよ。

オイル注入タイプでおすすめのガラスカッター

GOOMAND-超硬オイル硝子切り (2,180円)

オイルによる滑りの良さと360度回転する刃によって曲線切りに最適

オイルが自動に流れるタイプで、滑らかに刃先が滑り曲線をカットするのに最適なガラスカッター。刃先は特殊金属で加工されており、耐久性も高いのが特徴となります。また切れ味が鈍くなってくると、替え刃に交換することも可能。長く愛用出来る1本となりますよ。

刃先を当てる角度決めが不要のタイプなので、初心者の方から使用頻度の高い方まで幅広く簡単に使用することが出来ます。オイルの注入メンテナンスは必要となりますが、オイルによって切り筋を入れる際に出るガラス粉が飛び散るのを防ぐ効果があります。初心者方のでも簡単に使用できるオイル注入タイプを探しているならおすすめのガラスカッターとなりますよ。

新潟精機-ガラスカッター スポイト付き SK3 (3,955円)

オイルを注入する際のスポイトもセットになっておりすぐに使用可能なタイプ

ガラスに切り筋を入れる際にオイルが自動的に流れ出るタイプのガラスカッター。オイルの注入に便利なスポイトも最初からセットになっているので、別途用意することなくすぐにオイルを注入して使用できるのがいいですね。切断可能なガラスの厚みは3mmから5mmに対応しています。

主にステンドグラス用のガラスの厚みに対応しており、ステンドグラスの作成にに使用したい方に最適なタイプとなります。また、オイルの潤滑によって曲線など自由自在に切り筋が入れられ、思い通りに創作活動がはかどります。ステンドグラスの作成用としてガラスカッターを探している方におすすめですよ。

トラスコ中山-ガラスカッターオイル注入タイプ TCG03 (3,665円)

特殊な超硬合金を使用した高い切れ味が特徴のオイル注入タイプ

硬度の高い特殊な合金を刃先に使用した、抜群の切れ味が特徴のガラスカッター。オイル注入タイプで余分な力を入れずに簡単にきれいな切り筋を入れることが出来ます。また、滑りが良いので曲線の切り筋を入れる際に使用するのにも向いていますよ。

ガラスカッターと共にスポイトもセットで付いている為、オイルの注入がスムーズに行えるのもいいですね。オイルには灯油やミシン油などの粘度のないさらっとしたタイプが適しています。ステンドグラス用として曲線などのカットが多い方におすすめのタイプとなりますよ。

ソウテン-ガラスカッター グリップ (1,922円)

力の弱い女性でもしっかりと握れる形状でスムーズなガラスワークが可能

手のひら全体で握れる形状をしており、しっかりと力を込めて切り筋を付けることができるガラスカッター。特に、握力が弱い女性や年配の方などに最適なタイプとなります。グリップは指がしっかりと引っ掛かるように凹凸が出来ており、滑りにくいのがいいですね。

オイル注入タイプとなっており、ローラーの滑りがいいのが特徴。厚めのガラスを切りたい場合にも便利です。また、オイルを注入するスポイトもセットになっており、自宅の灯油やミシン油などを入れてすぐに使用することができます。女性や年配の方で厚めのガラスを切りたい方におすすめのガラスカッターですよ。

ソウテン-ガラスカッター タングステンカーバイドチップ (1,703円)

刃先に高耐久性のタングステンカーバイドチップを使用し長く愛用できるタイプ

高い耐久性を持ったタングステンカーバイドチップの刃先を使用した、プロ仕様のガラスカッター。快適性、耐久性、パフォーマンス性にこだわって設計されています。そのため、窓ガラスやカットミラー、ステンドグラス、タイルなどの様々なガラスワークに対応できるのが特徴となります。

本体と刃先は別になっており、刃先が消耗した場合は替え刃に取り換えることも可能。長く愛用出来る1本となっています。また、刃先に圧力がかかった時に自動でオイルが給油されるので、ムラの無い均一な切り筋を付けることが出来ます。本格的にガラスワークを楽しみたい方におすすめのガラスカッターですよ。

コスパでおすすめのガラスカッター

YOUSHOW SHOP-オイル式ガラスカッター (578円)

手頃な値段ながら刃先に超硬合金を使用したコスパの良いタイプ

お手頃な値段でありながらも、刃先は耐久性の高い超硬合金の素材を使用しているコスパのいいガラスカッター。オイル注入タイプとなっており、刃先の滑りも良好で、初心者の方でも簡単に刃先の操作ができますよ。また、切断面がキレイに仕上がることもメリットの1つとなります。

本体にはグリップが施されており、握りやすくて滑りにくいのもいいですね。力の弱い女性や長時間のガラスワークをする方には最適ですよ。また、刃入れの角度調整も要らないタイプなので、初心者で切り方が分からない方でも失敗しにくい設計となっています。初心者でまずはお手頃な価格のガラスカッターから始めてみたいという方におすすめですよ。

uxcell-ガラスカッター 金属ハンドル (430円)

オイル注入タイプで高い操作性ながら手軽に購入できる値段が魅力

手頃な値段ながらも金属カバーになっており、見た目に高級感のあるオイル注入タイプのガラスカッター。オイルによって刃先の操作性が増し、曲線などにもキレイに切り筋を入れることができますよ。また、本体は手にフィットしやすく設計されており、長時間の作業でも手首に負担をかけにくくなっています。

刃先にはタングステンカーバイドチップを使用しており、耐久性を高めています。また、刃先が消耗した場合は替え刃に取り換えることも可能となっており、安心して長く使用することができますよ。手ごろな値段ながら操作性と品質にこだわる方におすすめのガラスカッターです。

ASTRO PURODUCTS-ガラスカッター (308円)

刃の付け根に溝が付いておりガラスを簡単に割ることが出来るタイプ

刃の付け根部分に2種類の溝が付いており、そこにガラスをはめて割ることが出来るガラスカッター。手元にガラスブレーカーなどが無くても、簡単にガラスを割ることが出来るので、ゴミ処理などで急ぎの方には便利なタイプです。切断できるガラスの厚みは3mmとなっているので、一般的な鏡などにも対応しています。

オイル注入タイプではないため、曲線などの切り筋には向いていません。ガラスやタイルの大きさを変えたり、ゴミ処理としての使用に最適なタイプとなります。ごみ処理用としてコスパのいいガラスカッターを探している方におすすめとなりますよ。

近与-ローラー型ガラス切り (810円)

角度入れの調整不要なタイプでコスパよく初心者の方に最適

初心者の方には難しい刃入れの角度調整が不要のガラスカッター。オイル注入タイプではないので、オイルが無くなった時のメンテナンスなども不要となります。普段ガラスカッターをあまり使わない方でも気兼ねなく使用できるのがいいですね。

刃の付け根から持ち手部分までが細くなった作りで、手に持ったまま刃先が見えやすい構造になっています。また、作りもシンプルでコンパクト。置き場所にも困らず、1本あるとちょっとしたガラスワークからごみ処理までこなせる汎用性の高さも魅力です。ガラス切り初心者の方で使いやすいタイプを探しているならおすすめですよ。

SMATO-ガラスカッター SM GL02 (495円)

オイルを注入する部分が透明で中身の量が確認しやすいタイプ

オイルを注入して、刃先の操作性が高いタイプのガラスカッターです。初心者でも曲線などの難しい切り筋を入れやすいのが特徴。また、他の金属タイプの本体ではオイルの残量が分かりにくいのが難点。こちらの透明タイプの本体なら、オイルの残量がすぐに分かるので、継ぎ足しもスムーズに行えます。

切断可能なガラスの厚みは3mmから10mmとなっており、厚めのガラス板もしっかりと切断することが出来ます。ガラスワーク以外にも窓ガラスなどの処分にも最適なタイプとなりますよ。ステンドグラスなどのDIY以外にも厚めのガラスを切る機会がある方におすすめのガラスカッターです。

まとめ

自分の使用用途に合ったガラスカッターがおすすめ

ゴミ処理などで大きなガラスを手軽に簡単にカットしたいなら、ローラータイプがおすすめです。オイルを入れる手間も省けて、使いたい時にすぐに使用できるのがいいですね。より本格的にステンドグラスやDIYでガラスワークを楽しみたい方にはオイル注入タイプがおすすめです。曲線などの難しい切り筋をキレイに入れることができるので、思い通りの形にガラスをカットしやすくなりますよ。また、長くガラスカッターを使用したい場合は刃先が変えられるタイプを選ぶのもいいですね。今回はおすすめのガラスカッターをランキング形式でご紹介しました。ぜひ自分の使用用途に合ったガラスカッターを手に入れて、自宅でも本格的なガラスワークを楽しんでくださいね。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

コメントを残す

*