おすすめの護身具人気比較ランキング!【警棒も】

女性の中には、今までに身の危険を感じる経験をした方もいるでしょう。そんな時、護身具を買っておいた方が良いかなと思ったことはありませんか。一般的な護身具は銃ではありませんので、誰もがお店で買うことができますよ。そこで、人気の護身具をランキング形式で紹介いたします。また、どのような護身具があるか、護身具の選び方も解説するので購入する際の参考にしてみて下さい。

護身具の特徴

少ない力で効果を発揮できる

護身具の目的は危険を回避したり、防御したりすることです。女性が男性に襲われた場合、力では到底勝ち目がありませんよね。しかし、護身具があれば不足した力をカバーすることができます。相手に近づかなくても攻撃できるものや、少しの力で攻撃力が高いものなど、持っている人の力が弱くても関係なく使えますよ。

周囲に知らせる目的を持つ

護身具は身を守るだけが目的ではありません。周囲に聞こえるような大きな音を出したり光を出したりすることで、周囲に気づいてもらえるものがあります。護身具を使ったことで一旦相手がひるんでも、再び攻撃されるケースもあるでしょう。護身具があればひるんでいる隙に誰かに助けを求めたり、逃げたりする時間を作ることができます。

購入すればその日から使える手軽さがある

女性が自分の身を守る手段として、護身術というものがあります。しかし、護身術は技を身につけなければ使えないですよね。その点、護身具は誰でも扱えるので、購入したその日から使用できます。免許なども必要なく、家に装備しておくなら届けも要りません。

護身具の種類

電動タイプ

体格差に左右されない

護身具の中でも威力が大きいのが電動タイプです。スイッチひとつで操作でき、人の力では出せないパワーを発揮します。電動タイプで一般的によく知られているのがスタンガンですね。スタンガンは電気ショックによって高電圧を発生させて、相手にダメージを与えます。

効き目は強力で、海外では警察や警備員が装備しているところもありますよ。その他、防犯ブザーや護身用ライトも攻撃系ではありませんが、電池を使用する電動タイプと言えます。ただ、操作するのは自分自身で、電気のパワーは直接使いません。

手動タイプ

護身術を身に着けていなくても使える

手動タイプの護身具は取り扱いやすいのが特徴です。何かあった時にすぐに操作できないと意味がありませんよね。そのためボタンを押す、紐を引く、スイッチを押すなど子供でも簡単に操作出来るように工夫されています。

護身術のように身に着ける必要がないのも大きなポイントです。手動タイプの護身具は電動タイプより攻撃力は強くありませんが、防御力や周囲に知らせる機能が備わっています。誰でも取り扱えるので家に備えておけば安心ですね。

護身具の選び方

護身方法で選ぶ

離れた距離でも使えるのは押すだけで催涙ガスが噴射するスプレー

催涙スプレーとは噴射することによって相手が強烈な痛みで涙が止まらなくなったり、目が開けられなくなったりするものです。多少離れていても効力があり、しばらく相手が動けないという利点が生まれます。ただ、持ち歩く時には注意が必要です。正当な理由があれば持ち歩いてもOKですが、職務質問され取り上げられたという例も。正当な理由とはストーカーなど身の危険を普段から感じているなどです。身に覚えのある方は、最寄りの警察署に相談して携帯してくださいね。

威力の高いのは通電時の効果が高く接触させるだけのスタンガン

一番強力な護身具と言えばスタンガンです。スタンガンにも色々なタイプがあり、スタンダードなハンディタイプやライトと一体化になったタイプ、距離があっても使えるバトンタイプなどです。特に、一人暮らしの女性が家に置いておくと強力な武器になりますよ。就寝時にベッド回りに常備しておくのがおすすめです。

誰でも使えるのは握るだけで操作性が高い警棒

警棒は普段はコンパクトで、振り出すことで2倍から3倍の長さになります。警棒の素材は様々ですが、鋼鉄やスチールなど打撃に耐えられる硬い素材で作られています。グリップ部分を握るだけで電源を入れる必要も操作する必要もないので、扱いやすい護身具です。女性は警棒で殴打するという行動が難しいですが、相手の胸を突くだけでも効果がありますよ。

相手の動きを止めるならスイッチひとつでネットが飛び出すネットランチャー

ネットランチャーとは懐中電灯のような筒状の本体に網が仕込まれていて、スイッチかクラッカーの要領で紐を引っ張ると網が発射されます。相手に向かって網を発射すれば、網に絡まって動けなくなります。網は非常に頑丈で素手ではなかなか破ることができません。学校や企業、店舗でも常備されていることが多い護身具です。相手を逃がしたくない方におすすめです。

複数で扱うなら柄が長く押さえつけるだけで技術が要らないサスマタ

サスマタとは攻撃する護身具というより、相手の動きを封じ込めるために使う護身具です。柄の長さが2メートルから3メートルあり、先端にU字形の金具がついています。映画やドラマ、ニュースで警察官が使用しているのを見たことがある人も多いでしょう。複数人が同時に扱え、相手に向けて押し付けるだけで強い力は必要ありません。

使用場所で選ぶ

子供が通学路で使うなら広い範囲まで聞こえる防犯ブザー

子供が学校の登下校する際に持たせたいのは、音が遠くまで届く防犯ブザーです。紐を引っ張ったり、ボタンを押したりするだけで大きな音が出ます。咄嗟の時になかなか大きな声を出すのは難しいですよね。防犯ブザーがあれば助けを呼ぶことができます。子供だけではなく、仕事で帰りが遅くなる方はバッグと一緒に携帯しておけば安心ですよ。

夜道なら相手の目をくらませることができる光るものを

家に帰るのが遅い時間になった時、女性の多くは怖いと感じますよね。そんな時に準備しておくと心強いのが光る護身具です。光るといっても懐中電灯のような広範囲を照らす柔らかい光の強さではなく、一点に集中した強い光です。これを相手の顔に向けると、眩しくて目が開けられなくなります。その隙に逃げたり、遠くにいる方に知らせたりできますよ。

家の中に常備するなら操作が簡単でだれもが使える物を

家にも護身具は備えておきたいですよね。しかし、家族の誰が使うことになるかわかりません。そのため、家族の誰もが使える護身具がおすすめ。例えば、持って相手に向けるだけ、スイッチを押すだけなど小さな子供から高齢者まで扱える護身具にしましょう。具体的には、サスマタのような単純な造りのものがいいですね。相手との距離が保て、複数人でも扱うことができます。

護身具のおすすめブランド・メーカー

ファミリーライフ

日本最大級の通販ショップ

様々な暮らしに便利な商品を扱っています。その中でも護身具は女性にも扱いやすく、コンパクトで操作性に優れています。難しい操作がなく購入したその日から使えますよ。また、種類が豊富なので目的に合った護身具が探せます。

ミナト電機工業

創業70年を迎える老舗メーカー

機械販売のメンテナンスの他、草刈機や噴霧器、芝刈機などを販売しています。護身具と言えばサスマタ。サスマタは数種類ラインナップ。警察などでも使われているサスマタは、家庭に一つ準備しておくと安心ですね。

アスカ

防犯ブザーが人気

アスカは事務機器製品の開発や製造、販売を行っている企業です。護身具の中では防犯ブザーが有名。性能はもちろん、見た目も可愛らしく子供が喜んで持ってくれますよ。大人の女性が持ちやすいデザインの防犯ブザーもあります。

シナジー

防犯用品や防災用品を広く扱う

シナジーの護身具と言えば警棒です。難しい操作は要らず、相手に向けるだけで抑止力になりますよ。一般の住居以外に、オフィスや学校、公共施設に備えておくと安心です。扱いやすい形状とサイズで咄嗟の時に役に立ちます。

おすすめ&人気の護身具ランキング

使い方が簡単でおすすめの護身具

ファミリーライフ-護身用伸縮LEDズームライト(4,280円)

緊急時や防災グッズとしても使える強力ライト

世界の警察機関や軍隊でも使用される強力なライトです。夜間の一人歩きや警備、アウトドアにもおすすめ。点灯パターンが変えられ、相手の目くらまし以外に助けを求める際にも使えますよ。約100m先まで照射する光は相手にダメージを与えます。

伸縮タイプで用途によって使い分けられるのもgood。災害時にどこかに閉じ込められた時にも、強い光で助けを求めることもできますよ。柄の部分は頑丈でガラスを叩き割ることも可能です。ひとつ備えておけば安心なライトです。

メース社-ストッパレッド大(10,861円)

獰猛な獣にも使える

スプレータイプで使い方が簡単な護身具です。従来の催涙スプレーと異なり、化学刺激物やその他の有害な成分は含まれていません。そのため、防犯以外に獰猛な獣にもおすすめです。動物にスプレーすると顔に粘着性のジェルがコーティングされ、視界が遮ることで攻撃を抑制できます。

世界的にも広く知られたメース社のスプレーは、世界の軍隊や警察、学校に設置されていますよ。スプレーを対象物に吹きかけるだけで、特別な技量は必要ありません。コンパクトで設置していても邪魔にならない点もメリットです。

Sun Cardo-スタンバトン(32,340円)

3つの機能を持つ強力な護身グッズ

ライトと緊急アラーム、スタンガンと3つの強力機能が一体となった護身具です。警備会社が用いる業務用として開発された心強い護身具。20万Vの強力な放電で、攻撃性が強く力がなくてもパワーは絶大ですよ。

護身具以外に、ライトや緊急アラームなど万が一の際にも使えますね。高い機能性を持つ護身具は女性の一人暮らしにおすすめです。これさえあればあらゆる事態に対応できますよ。店舗やオフィスにひとつ置いておくのもいいですね。

ラムエンタープライズ-防刃グローブ(3,237円)

工場などの作業にも使える

日本工業規格に基づいた切創力テストでも切創力80.2Nという驚愕のカットレジスタントを発揮したグローブです。相手がナイフやカッターなどの刃物を突き付けてきても、手で握ることができます。材質はポリエステルとステンレスファイバーで、切創耐性の強度を高めています。

さらに、工場の作業にも使えるのがポイント。作業の安全性をアップし、万が一の際にも危険を回避します。通常のグローブと同じく手にはめるだけ。寒い季節に夜道を歩く時にはめるだけで自然なスタイルで護身具になりますよ。

家に備えておけば安心なおすすめの護身具

ミナト電機工業-護身用さすまた1800(6,980円)

アルミ製で耐久性があり錆びに強い

全長180cmのサスマタはアルミで作られています。サイズはありますが軽いので女性でも簡単に扱えますよ。自宅に常備する護身具としておすすめです。また、オフィスや学校、公共機関に備えておくのも良いでしょう。

距離を保って相手を取り押さえられるので、接触による危険を軽減できます。扱い方は柄の部分を握って、相手に押し付けるだけ。家族数人で同時に持てば、相手を制圧できますよ。獣が現れた際にも近寄らせない防具として扱えます。

シナジー-用心棒ロングブラック(1,719円)

磁石で簡単に設置できる護身用警棒

手元に置いておけば安心の護身用の警棒です。壁などに磁石で引っ付けることができ、見える所に設置すれば抑止力にもなりますよ。店舗のレジの側や自宅の玄関に設置するのがおすすめ。磁石がつかない場所でも磁石用補助プレートが付属していますよ。

周りが暗くなると蓄光部分が光る仕組みです。光っていると夜中に何かあってもすぐに見つけられますよ。警棒は握るだけで扱い方は簡単。迫ってくる相手に警棒を使えば効果があるでしょう。電池や充電も必要なくその日から使えますよ。

日本工機株式会社-ネットランチャー(49,280円)

不審者を取り押さえるのにベストな道具

最大3.5m離れている不審者をネットで確保できるのがネットランチャーです。不審者によっては取り逃がすと後々困る事態になることも。その場で確保できれば警察に引き渡せますよね。不審者が刃物を持っていても切れにくい繊維でできているので安心です。

作動スイッチを押すだけでネットが自動的に発射。それと同時に大音量のブザーが鳴り響き、周囲にも危険を知らせてくれますよ。ネットを一度発射しても、中のカートリッジを交換すれば繰り返し使えます。繰り返し使えれば経済的ですね。

防犯対策館-ポリカーボネート製防護盾(15,180円)

最大の防御策をリーズナブルな値段で

持つだけで身を守ることができる防護盾です。強力なポリカーボネート製で強度は抜群。頑丈な盾はハンマーや金属バット、刃物で襲われても大丈夫ですよ。もちろん、素手ではとても太刀打ちできない硬さです。

盾にはマジックテープ式のベルトが付属しており、肘を通せばがっちりとホールドでき持っていて安定感がありますよ。学校や公共施設では複数個備えておくのがおすすめ。そうすることで、不審者を一気に取り囲むことができますよ。

コンパクトでおすすめの護身具

アスカ-プリンセス防犯ブザーハートの鍵(845円)

子供の通学時に装備すれば安心

ハート形のフォルムに鍵穴がついたおしゃれな防犯ブザーです。丸いカラビナが付属しており、ランドセルやバッグにつけられますよ。デザイン性があり、大人の女性が通勤バッグにつけても違和感がありません。

ブザーのオンオフはスイッチひとつです。これなら慌てていてもすぐにブザーが鳴らせますよ。さらに、軽量でつけていても負担になりません。まるで、バッグチャームのようなデザインはどこにつけてもおしゃれになりますね。

BODY-GUARD-ホワイトウルフ スタンダードクボタン(1,045円)

コンパクトなのに使い方は色々

持ち運びに適した護身具です。コンパクトなのでバッグにしのばせておくのがおすすめです。クボタンとは空手家である窪田孝行氏が考案した護身具です。打ちや突き、払いの他締めなど様々な使い方ができますよ。

キーリング付きで携帯性に優れています。車のキーや家のキーと一緒につけておくと便利ですね。握って直接攻撃するのも良いですし、ヌンチャクのように振り回すのもOK。様々なテクニックは動画でも紹介しているので参考にしてみましょう。

ホワイトウルフ-タクティカルライト(21,859円)

不審者の目くらましに使える

ハイパワーが1,000ルーメンのライトです。点灯モードは4種類で用途に合わせて使い分けが可能。ハイパワーのライトは不審者の目くらましにもおすすめです。夜のランニングやペットの散歩に出かける時に持っていると安心ですね。

付属のケースもついている上、手のひらサイズで携帯するのに便利です。アウトドアを楽しむ際に持っていると何かあった時に役に立ちますよ。遠い場所からサインを送ることもできるので、遭難した時にも使えます。

ラムエンタープライズ-トライアングルキーチェーンアラーム(2,102円)

大人の女性が持てるスマートな防犯ブザー

防犯ブザーを持ちたいけど、デザインが子供っぽいからと迷っている方におすすめです。スマートでスタイリッシュなデザインは大人の女性がバッグにつけても似合いますね。カラーも落ち着いた色で形が綺麗。これならギフトにも使えます。

デザイン性だけではなく、機能もバッチリ。ライト付きで夜道に懐中電灯代わりに使えますよ。また、アラームの音は120dbと一般的な防犯ブザーの100db前後より大きいです。この大きさの音なら助けを呼ぶのにも十分ですね。

防犯対策館-グレアブラスター(12,980円)

最強の護身用ライト

最強レベルのライトで相手にめまいや吐き気、嫌悪感を誘発します。一時的に光過敏性発作を起こすことで自らの身を守ります。ライトタイプの護身具は離れた位置から効果を発揮できるので、力の弱い女性におすすめです。

スタンライトのスイッチを入れると同時に、125dbのサイレンが鳴ります。防御と同時に助けを呼ぶこともでき一石二鳥です。USBケーブルが使え、いつでも充電可能。ストラップ込みで123gと携帯性にも優れています。

まとめ

目的にあった護身具がおすすめ

自分の身を守るために護身具は備えておくのがおすすめです。特に、夜間の女性の一人歩きや一人暮らしに護身具があれば心強いですよね。目的をもって護身具を選べば、威力も倍増しますよ。また、一般のご家庭でも、きちんと家の施錠をしていても絶対に安心というわけではありません。何もないに越したことはありませんが、防衛策のひとつとして護身具を準備しておくときっと役に立ちますよ。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

コメントを残す

*