おすすめのベビーベッドガード人気比較ランキング!【クラウドも】

赤ちゃんが誤って落下しないよう、ベッド周辺に何らかの対策をしたいと考えていませんか。そんな時におすすめなのベビーベッドガードです。ベビーベッドガードがあれば赤ちゃんがベッドから落下することを防げるため、ずっとベッドを気にかけておく必要もなくなりますよ。そこで今回はおすすめの人気ベビーベッドガードをランキング形式でご紹介します。ベビーベッドガードにはいくつかの種類がありますので、選び方を押さえておくことも大切。選ぶときのポイントも解説するので、ここを参考に最適なベビーベッドガードを見つけてくださいね。

ベビーベッドガードの特徴

赤ちゃんの落下を防止する

ベビーベッドガードはベッドの一部、または全体を囲う柵のようなものです。赤ちゃんは寝返りを打ち始めるとあちこちに移動し始めるため、ベッドから落下してしまう恐れがあります。ベッドガードを付けていれば落下を防げるため、赤ちゃんが怪我をせずに済むでしょう。

日光やエアコンの風など眠りを妨げるものから赤ちゃんを守る

ベビーベッドガードは高さのあるものを選べば日光を遮る役割も果たしてくれます。日光が当たる場所にベッドを置いておくと眩しさのせいでうまく眠れないこともありますが、日光を遮ればちょうどいい明るさになるため赤ちゃんも眠りにつきやすくなります。またエアコンの風が直接当たることも防げますので、風邪をひかせずに済みますよ。

ベビーベッドガードの種類

全周タイプ

四方全てを囲むからよく動く赤ちゃんでも安心

全周タイプはベッドの四方を囲むタイプです。四方を囲むことで全体に柵をつけられますので、赤ちゃんがどの方向に動いても安心。寝返りやハイハイを始めると移動範囲が広くなりますが、四方タイプならよく動く赤ちゃんでも安心です。

四方を囲むことで日光やエアコンの風を全方位から遮ることも可能。ベッドを置く場所を気にする必要もありませんので、好きな場所に設置できます。日が当たる時間帯やエアコンの設置場所を気にせず、一日中快適に過ごせるでしょう。

半周タイプ

カバーのない部分から赤ちゃんの様子を確認できる

半周タイプはコの字型やL字型になっているタイプです。部分的なガード付きなので、よく動く赤ちゃんであればベッドの柵も常時付けておいた方がよいでしょう。ガードがない部分から落下しないよう、注意しておいてあげてくださいね。

全周タイプは四方すべてを囲うため赤ちゃんの様子が確認しづらくなっていますが、半周タイプはその心配もありません。ガードがない部分から赤ちゃんの様子を逐一確認できるため安心。寝ているか起きているかを一目で確認できます。

部分タイプ

通気性に優れているから赤ちゃんがあまり動かない時期に最適

部分タイプは四方の一部分だけに設置するタイプです。ベッドの柵がない部分にのみ設置すれば赤ちゃんの落下を防げますよ。全体を囲んでいないため一部に隙間ができますので、赤ちゃんの様子も確認しやすくなっています。

部分タイプのガードは一部分だけなので、ベッド内の風通しもよくなります。通気性に優れているので暑い時期も赤ちゃんが不快に感じることはないでしょう。全周タイプでそれぞれのパーツを外すことができるものを選べば、時期にあわせた使い方が可能です。

ベビーベッドガードの選び方

ベビーベッドのサイズで選ぶ

長期的に使えるレギュラーサイズのベッドがあるなら長さ120cm幅70cm

ベビーベッドのサイズは様々ですが、一日の大半をベッドで過ごすならレギュラーサイズのベッドを購入しているかと思います。レギュラーサイズなら赤ちゃんが大きくなっても眠ることができますので、長期的に使えるでしょう。レギュラーサイズのベッドには、長さ120cm幅が70cmほどの大きさのベビーベッドガードがおすすめ。レギュラーサイズのベッドにしっかりとはまるため、落下の心配なく過ごせます。

狭いスペースにも置けるミニベッドがあるなら長さ90cm幅60cm

日中だけベビーベッドで過ごして、夜は大人と一緒のベッドで眠るという場合にはミニベッドを購入しているかと思います。ミニベッドはコンパクトサイズなので設置場所に困らないことが魅力。長期的に使うことを考えていないのであればミニサイズで充分でしょう。ミニサイズのベッドには長さ90cm幅60cmのものが最適。ミニサイズのベッドにぴったりのサイズ感で、赤ちゃんの安全を守ります。

高さ30cm以上ならベビーベッド上部まで覆えるから安心

赤ちゃんは1歳前後になるとつかまり立ちを始めます。ベビーベッドの柵につかまって立ち始めることもありますが、高さが低いとそれを踏み台にしてベッド下に落下してしまう恐れがあります。高さが30cm以上あるものなら足が届きませんので、踏み台にする心配もありません。生まれた頃から1歳過ぎまで長く使いたいなら高さがあるものを選びましょう。

素材で選ぶ

赤ちゃんの肌に優しいものが良いならコットン

寝返りを始めた赤ちゃんはベッド中を移動していくため、時にはベビーベッドガードにぶつかることもあります。ぶつかった時、素材が固いと赤ちゃんが痛い思いをするのではと不安になりますよね。そんな方にはコットンなどの柔らかな素材がおすすめです。柔らかい素材なら勢いよくぶつかってしまっても大きなダメージにはなりにくいため、赤ちゃんが驚いたり痛い思いをしたりすることもないでしょう。

ベビーベッド内の快適さを重視するなら通気性抜群のメッシュやポリエステル綿

全周タイプのベビーベッドガードは風の流れがあまりないため、冬は暖かく過ごせます。しかし夏は風が通らないことで蒸れ、ベッド内の温度が高くなり赤ちゃんが不快に感じる恐れがあります。全周タイプのガードを使うなら、通気性の良いメッシュやポリエステル綿素材のものを選んでおくことがおすすめ。通気性の良い素材を選べば、全周タイプであっても赤ちゃんが快適に過ごせます。

性能で選ぶ

ポールが入っていないベッドガードなら踏み台にならないので安全

赤ちゃんの様子が確認しづらいからできるだけ高さがないものを選びたいという方は、ベビーベッドガードにポールが入っていないものを選びましょう。ポールが入っているものだと高さがなくても踏み台にしてしまう恐れがあります。ベッド下をのぞき込んでいるうちに体勢を崩して落下する可能性があるため、ポールが入っていないものを選んで怪我のリスクを少しでも減らしましょう。

手軽に手入れしたいなら洗濯機対応の物が便利

赤ちゃんが寝がえりを始めるとベビーベッドガードにぶつかることもあり、その際によだれなどが付着することがあります。ハイハイを始めればガードを自由に触るようにもなりますので、できるだけ清潔さをキープしたいもの。ベビーベッドガードには洗濯機対応のものがありますので、それを選べば手軽にお手入れが可能です。洗濯機で洗えばその後は干すだけで良いので、忙しいお母さんに最適ですよ。

ベビーベッドガードのおすすめブランド・メーカー

フジキ

パーツを分けられる全周タイプのベッドガードを展開

フジキからは4つのパーツを組み合わせて全周タイプを作るベッドガードが展開されています。パーツを切り離せば部分的なベッドガードを作ることも可能。ベッドや使いやすさに合わせてベッドガードを自由に組み替えられます。

ウィーゴアミーゴ

通気性の良さを重視したベッドガードを展開

通気性を考慮した全周タイプのベビーベッドガードを展開しているメーカーです。ベッドの柵部分に取り付けるタイプなので半周や部分タイプにすることが可能。四隅に隙間を作ることで空気を循環させ、赤ちゃんにとって快適な空間を作り出します。

ミキハウス

シンプルでかわいいデザインのベッドガードを展開

派手さのないデザインのベビーベッドガードを展開しているメーカーです。シンプルながらもかわいいベッドガードなのでお部屋のインテリアに合わせやすいこともポイント。半周タイプを多く展開しているので子どもの様子を逐一確認したい方におすすめです。

PUPPAPUPO(プッパプーポ)

クラウドのベッドガードが人気

雲の形をしたベビーベッドガードを展開するメーカーです。多くのベビーベッドガードは長方形の形ですが、クラウドタイプは雲の形をしているためベビーベッドをおしゃれに変えられます。多くの方から好評となっているため、デザイン性を重視する方におすすめです。

おすすめ&人気のベビーベッドガードランキング

全周タイプでおすすめのベビーベッドガード

ウィーゴアミーゴ-エアーラップ (5,500円)

15種類のデザインがあるから好みの柄を選べる

無地と星のデザインを用意しているベビーベッドガードです。カラーバリエーションが非常に豊富なため、赤ちゃんに合うカラーを選択できます。お部屋のインテリアに合わせてカラーとデザインを選ぶこともおすすめですよ。

通気性の良い柔らかな素材と空気を循環させる構造になっているためベビーベッド内は常に快適な気温を保てます。四隅に隙間を作ることで通気性を良くしていますが、冬は隙間をなくして設置することも可能。隙間から落下する可能性は低いため安全ですよ。

フジキ-ベビーポルカ ベッドガードパット (5,280円)

4つのパーツを組み合わせて自由にレイアウトできる

4つのパーツがある全周タイプです。パーツを繋ぎ合わせることで全周タイプとなりますが、一部分だけ開けて半周タイプにすることも可能。1つのパーツを使って部分タイプにもできます。使い方に合わせてパーツを組み合わせましょう。

カラーはセピア、モノトーン、ピンクを展開。裏表でチェック柄とドット柄に分かれており、どちらを内側に向けても使えます。その日の気分によって、または赤ちゃんがお気に入りの柄に合わせて使い分けましょう。手洗いで洗うことができるため、清潔さもキープできますよ。

PUPPAPUPO-ベビーベッドガード レギュラーサイズ (3,980円)

厚みがしっかりあるから赤ちゃんがぶつかっても安心

柔らかな素材で固綿を挟み込むことでしっかりとした厚みを作っているベッドガードです。素材が柔らかいため赤ちゃんが寝がえり時にぶつかってしまっても安心。ぶつかることであざになることはないでしょう。

カラーはアイボリーとグレーを展開。どちらも落ち着いた色合いなので、部屋のインテリアを問わず合わせやすいというメリットがあります。サイズはレギュラーサイズとミニベッドサイズの2種類から選択できますよ。

ショップワールド-ベビーベッドガード 3m (2,680円)

色々な使い方を楽しめる編み込みタイプ

ベビーベッドを囲うように設置することでベッドガードになります。パステルカラーの淡い色合いだから、かわいいものが好みの方に最適。編み込みタイプの珍しいタイプなので、普通のベビーベッドガードとは一味異なるデザインが欲しい方にもおすすめですよ。

丸めることでクッションに変えることも可能です。ベビーベッドを卒業したら子ども用のクッションとして、または大人用のクッションにも再利用できますよ。ぬるま湯で手洗いできるのでこまめに洗っておけば清潔さを維持できます。

KALAVIKA-3本編み ベッドガード (3,673円)

24のバリエーションを用意する編み込みタイプ

24のカラーを用意するベッドガードです。1つのカラーを使ったものだけでなく、3つのカラーを編み込んでいるものもあるため好みのものを選べるでしょう。長さも充分なのでベッド全体を囲えますし、折りたたんで部分的に使うことも可能です。

手触りの良い素材を使っているので赤ちゃんがぶつかってしまっても安心。柔らかな肌触りなので赤ちゃんも気に入ってくれるかもしれません。ベッドガードとしてだけでなく、クッションや抱き枕としても使えますよ。

半周タイプでおすすめのベビーベッドガード

渡嘉毛織-ベビー ベッドバンパー (2,515円)

シンプルだから使いやすさも抜群

無地のシンプルな半周ベッドガードです。͡コの字型に展開できるため開いている部分から赤ちゃんの様子を見ることができます。同じベッドガードを2つ購入して全周タイプとして使えば落下リスクを大幅に減らすことも可能です。

カラーはピンクとクリームを展開しています。ベビーベッドの柵に結ぶリボンも4つのカラーを用意しているので、性別や好みに合わせて選びましょう。手洗いで洗えるのでこまめに洗っておけば衛生面も安心です。

渡嘉毛織-ベビー クッション ベッドバンパー (2,933円)

ドットやチェックなどのかわいいデザインを展開

ドット柄やチェック柄などかわいらしいデザインを揃えているベビーベッドガードです。ドットやチェック、カラフルドットにリボンベルなどのデザインを用意しているので、好みの柄を選ぶことが可能。ベビーベッドをおしゃれにしたい方に最適です。

紐が多くついているためベビーベッドにしっかり固定できます。赤ちゃんがぶつかってもベッドガードがずれることはありません。エアコンの風や日光などをしっかり遮ってくれるので赤ちゃんも快適に眠れるでしょう。

ベビーシャワー-水玉 の ベビーベッドガード (2,680円)

ふんわりとした水玉がおしゃれなベッドガード

ピンク、サックス、クリームの3色を展開するベッドガードです。ふんわりとした色合いなのでインテリアに合わせやすいという特徴があります。優しい色合いなため女の子だけでなく、男の子にもおすすめですよ。

コの字型なので空いた部分から赤ちゃんの様子を確認できます。できるだけ赤ちゃんの様子を見ておきたいから全周タイプじゃ不安という方におすすめです。エアコンの風や日光から赤ちゃんを守りたい場合は、2つ購入して全周タイプにすることも可能ですよ。

フジキ-ベッドガードパット ジオメトリー (3,740円)

パーツを取り外せるコの字型

1つ1つのパーツが独立しており、組み合わせることでコの字型のベッドガードができあがります。取り外して部分タイプにすることもできますよ。コの字型にすれば3方向をガードできるため動き回る赤ちゃんも安心です。

日光が当たる部分やエアコンの風が当たる部分に取り付けておけば赤ちゃんもぐっすり眠ることができます。おしゃれな柄なので男女問わずおすすめ。手洗い可能タイプだから常にきれいな状態をキープできます。

ミキハウスどうぶつ柄ベビーベッドガード (11,000円)

ふんわりとした子どもらしいかわいいデザイン

イエローベースでキリンやクマがデザインされたかわいいベッドガードです。表は無地ですが、裏はギンガムチェックのおしゃれなデザイン。ベッドの内側だけでなく、外側のおしゃれさにもこだわっています。

ベッドガードの中は綿100パーセントなので、ふんわりとした触り心地です。勢いよくぶつかってもガードが柔らかいため、赤ちゃんが怪我をしてしまう恐れも少ないでしょう。手洗いでのお手入れが可能です。

部分タイプでおすすめのベビーベッドガード

ベビーシャワー-3WAY マルチなクッション (4,980円)

ベッドガードにも座布団にもなる便利なアイテム

縦横が60cm30cmのクッション3枚セットです。ベッドに紐で固定すれば落下する恐れがある場所を塞ぐことができるため、赤ちゃんの安全を守れます。3枚を組み合わせてコの字型の半周タイプにすることもおすすめです。

ベビーベッドだけでなく、すべてを組み合わせてお昼寝用のマットにすることも可能です。1枚を折りたたんで椅子に置けば子ども用の座布団にもできます。3WAYの使い方があるため長く愛用できるでしょう。

フジキ-リバーシブル プチアンジェ (4,620円)

ミニベッドにおすすめの小花柄部分タイプ

縦横が60cm90cmのベビーベッドにぴったりのサイズです。4枚のクッションが付属しているため、全周タイプにも半周タイプにも変えることが可能。季節やベビーベッドの設置場所などに応じてパーツを組み合わせましょう。

小花が散りばめられたかわいいデザインなので女の子に最適。サックスのカラーは爽やかさを感じさせますので夏場にぴったりです。リバーシブルタイプなので表と裏を気にせずに使えますよ。赤ちゃんの好みに合わせて柄を変えてあげましょう。

PUPPAPUPO-ベビーベッドガード クラウド (3,980円)

ベビーベッドをおしゃれにしたい方に大人気

雲の形をしたベッドガードです。長方形のベビーベッドガードが一般的ですが、こちらはクラウドタイプといって雲の形をしています。ベビーベッドをおしゃれに見せられるため、インテリアにこだわりたい方におすすめですよ。

高さが30cmとなっているためつかまり立ちをし始めた赤ちゃんが踏み台にすることもありません。それぞれのパーツを付属のスナップボタンでつなぐことで全周タイプにもなります。サイズはミニサイズとレギュラーサイズがあるので、ベビーベッドサイズに合わせて選べます。

フジキ-フォレストフレンズ ミニベッドガードパット (5,690円)

森をモチーフにした明るくおしゃれなデザイン

森をモチーフにした3枚のクッションとクマがデザインされたクッションのセットです。それぞれが独立しているため、つなぎ合わせれば全周タイプにすることも可能。日光やエアコンの風を遮りたい時に活用できます。

カラーはオフホワイト、イエロー、サックスの3色を展開。いずれも明るくかわいらしいデザインなので赤ちゃん用品としてぴったりですよ。優しく手洗いすればきれいにできるため、衛生面が気になる方にもおすすめです。

Enerhu-ベビーベッドフェンス (1,890円)

通気性に優れた涼しげなベッドガード

通気性に優れたメッシュ素材を採用したベッドガードです。シルク生地なので手触りも抜群。風をしっかり通すので、湿度の高い時期でもベッド内が蒸れることもありません。触り心地も通気性もどちらも優秀です。

船やクジラがワンポイントでデザインされているのでおしゃれさも抜群。クッション性はありませんが、紐でしっかり柵に固定すれば落下防止に役立ちます。不透明なので取り付けておいてもベッド内の赤ちゃんの様子を確認できますよ。

まとめ

ベッドサイズに合った使いやすいベビーベッドガードがおすすめ

長く使えるベビーベッドガードを探すならベッドサイズに合った使いやすいものがおすすめです。ベッドは一度購入すれば大きくなるまで使うかと思います。そのため購入しているベビーベッドに合わせてベッドガードを選ぶことが大切です。サイズが異なるとぴったりのものを付けられませんので、赤ちゃんの安全を守れなくなるため注意しましょう。ベビーベッドガードはすべてのパーツが繋がっているものとそれぞれが独立したものがあります。どんな使い方をするかによって最適なものが異なりますので、使い方に合わせて選ぶことも重要です。今回はおすすめのベビーベッドガードをランキング形式でご紹介しました。ベビーベッドにぴったりのベッドガードを見つけ、赤ちゃんが快適に眠れる空間を作ってあげましょう。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

コメントを残す

*