おすすめの雪かきスコップ人気比較ランキング!【折りたたみ式も】

冬のなる前に準備しておきたいのが雪かきスコップです。準備する前に、朝起きたら雪が積もっていたとなれば手遅れですよね。雪かきスコップは、前もって準備しておくのが大切です。そこで、人気の雪かきスコップをランキング形式で紹介します。また、雪かきスコップの種類や選び方も解説しますので、雪かきスコップを購入する際の参考にして下さいね。

雪かきスコップの特徴

力を入れやすい形状になっている

雪かきスコップは効率的に除雪するための道具です。そのため、雪かきしやすい工夫がされています。テコの原理を使って大量の雪を運んだり、グリップが握りやすい形状で力が入れやすかったりとスムーズに雪掻き作業が行えます。

雪質に合った道具を使い分け効率よく除雪する

雪といってもサラサラとした雪や雨を含んだ硬い雪など様々です。そのため、ひとつの雪かきスコップで性質の違った雪を片付けることはできません。どのような雪にも対応できるよう、色々なタイプの雪かきスコップが販売されています。

雪かきスコップの種類

雪はね

手軽で扱いやすい

雪はねは、雪かきスコップの中で一番手軽に使いこなせます。雪はねの素材はポリカーボネイトやポリエチレンで作られていることが多く、重量の軽さがメリットです。女性や子供も使いやすく、フワフワした新雪やサラサラした軽い雪を掻くのに向いています。

また、柄が長いので、車の上に積もった雪を下ろすのにおすすめです。その反面、柄が長く軽いため力が先端に伝わりにくく、重い雪や硬い雪には向いていません。柄とスコップをつなぎ合わせるタイプの雪はねなら、取り外してコンパクトに収納できます。雪が少ない地域や柔らかい雪におすすめです。

スノースコップ

コンパクトで狭い範囲を効率よく除雪

スノースコップは雪はねより柄が短く、受け皿部分の面積が広いのが特徴です。全体的にコンパクトで車のトランクに乗せておいてもスペースを取らず、急な降雪があった時にも便利です。しかし、柄の短い小さいサイズなので広い範囲の雪かきには向いていません。

スノースコップはコンパクトサイズで小回りが利く雪かきで、狭い範囲の除雪をスピーディに片づけるのにおすすめです。雪の少ない地域であればスノースコップで十分でしょう。皿部分はプラスチック製やアルミ製など軽量な材質で作られています。

スノーダンプ

広範囲の雪を一気に運ぶ

スノーダンプはママさんダンプとも呼ばれています。大きな角形シャベルに両手で押せるハンドルをつけた形状です。雪かきスコップの中で最も一度に多くの雪をすくうことができますよ。雪はねやスノースコップとは、除雪の方法に違いがありますよ。

雪はねやスノースコップは皿部分に雪をのせて一旦持ち上げ除雪しますが、スノーダンプは雪をソリのように滑らせて運びます。持ち上げる必要がなく、力がなくてもたくさんの雪が運べます。サイズが大きいので雪が少ない地域には向いていません。

スノープッシャー

雪を押し出すことを目的にしている

スノープッシャーも、他の雪かきスコップと除雪方法が異なります。雪を一旦用具にのせてから除雪するのではなく、雪を押し出して除雪します。つまり、雪を持ち上げずにブルドーザーのように、雪を剥がすイメージ。そのため、たくさんの雪を効率よく移動することができます。

雪を押し出すパワーはありますが、雪をお皿にのせて持ち上げるのに不向きです。積雪量の多い地域に適しており、他の種類の雪かきスコップと併用して使用するのがベスト。皿の部分が横に広ければ広いほど、広範囲の雪を一気に押し出すことができます。

角スコップ

凍結した所を削ることができる

お皿の部分が四角く、スノースコップを頑丈にしたものが雪かきスコップです。硬い雪にも使え、小回りが効きますよ。雪だけではなく、雪の降っていない土にも使え、用途が広いスコップです。氷を砕く際にも使えますが、更に凍結した雪であれば、剣先スコップがおすすめです。

剣先スコップの先端は尖っており、地面にしっかり差し込むことができます。角スコップでは砕けない場所でも、剣先スコップであれば崩すことが可能です。雪を運ぶ量は、皿の面積が大きい角スコップの方が多く運べます。

雪かきスコップの選び方

材質で選ぶ

軽くて扱いやすいのがプラスチック製

雪かきスコップで使いやすいのは、材質がプラスチック製のものです。プラスチック製のメリットは軽さ。雪は水を含んでいると非常に重く、持ち上げるのが大変です。除雪道具が重ければ、更に重労働になってしまいますよね。プラスチック製は強度が劣りますが、サラサラした軽い雪質や雪が少ない地域ではプラスチック製でも大丈夫です。車の上の雪を除ける際に、万が一車に当たっても傷つきにくいメリットもあります。

雪のキレが良いのはポリカーボネイト製

ポリカーボネイトはプラスチックよりも強度があり、軽いのが特徴です。耐久性に優れているので、プラスチックの雪かきでは破損してしまう硬い雪も、ポリカーボネイトであれば崩すことができます。また、雪が付きにくいので連続して作業がしやすいのも大きな利点。プラスチック製と同じでカラーが豊富で、好みの雪かきが選べます。

耐久性が高く硬さに強いのはスチール製やアルミ製

雪かきスコップの中で、一番強度が高いのはスチールやアルミの金属製です。硬い雪を砕く作業に向いていて、力を入れても道具が破損することが少なく長く愛用できますよ。スチール製は道具の重さがデメリットですが、重い分だけパワーがあります。スチール製より耐久性は落ちますが、アルミ製は軽く女性でも扱いやすい雪かきスコップです。

雪質で選ぶ

柔らかい雪ならスコップの幅が広いものを

同じ雪でも地域や天気によって雪質が異なります。水分を多く含んだ雪は重量があり、パウダースノーと呼ばれる水分の少ない雪は軽くてサラサラですよね。柔らかい雪を大量に除雪する際には、スコップの皿部分が大きいと作業を効率よくすすめられます。柔らかい雪であればプラスチック製のスノーダンプやスノースコップで、女性でも簡単に除雪ができますよ。

硬い雪なら剣先があると扱いやすい

水分を含んだ硬い雪や気温が低く凍っている場所での除雪は、金属製など硬い材質で作られたものや先端が尖った雪かきスコップがおすすめです。スノースコップやスノーダンプの多くはプラスチック製で硬い雪には向いておらず、除雪用具が破損してしまう恐れがあります。まずは、金属製の剣先スコップで砕いて運びやすくしましょう。

機能性で選ぶ

高い場所なら伸縮性のあるものを

お家の屋根部分や車の屋根など、高い場所の除雪には伸縮性のある雪かきスコップがおすすめです。雪かきスコップの中には、自由自在に伸縮するタイプのものが販売されています。伸縮タイプなら場所によって使い分けが可能。高い位置の除雪の時だけ伸ばして使えば、収納の際に邪魔になりません。初めから柄が長い雪かきスコップは近距離の除雪をするとなると扱いにくいですが、調節可能なら短くでき便利です。

組み立て式や折り畳み式ならコンパクトで収納場所を取らない

雪かきスコップは冬しか使用しないので、それ以外の季節は収納場所に困りますよね。特に、雪が少ない地域では年に数回使用するだけです。その場合は、組み立て式や折り畳み式の雪かきスコップがおすすめです。普段はコンパクトに収納出来て場所を取りません。車のトランクにも入り、持ち運びにも便利です。出掛ける際にカバンに入ればニーズが広がります。

雪かきスコップのおすすめブランド・メーカー

アイリスオーヤマ

日常的な除雪に使いやすい

生活に必要な家電や日用品を幅広いく取り扱うアイリスオーヤマです。除雪用品の種類もたくさんあり、用途に合わせて選ぶことができます。サイズもコンパクトなものから大型のものまであり扱いやすさがポイントです。

キャプテンスタッグ

携帯性に優れている

キャンプ用品や登山グッズなど様々なアウトドア用品を取り扱うメーカーです。キャプテンスタッグの雪かきスコップは、身近な生活やアウトドアシーンに使えるコンパクトで手軽なものがラインナップ。もちろん雪以外の作業にも重宝します。

浅香工業

雪の多い地域でもお任せ

浅香工業は、ショベルやスコップなど農機具の他、園芸用品などを取り扱うメーカーです。シャベルやスコップを取り扱うメーカーならではの、本格的な雪かきスコップが魅力。豪雪地帯にも対応できる雪かきスコップは備えて置けば安心です。

グリーンパル

カラフルなカラーで女性に人気

日本のプラスチックメーカーです。プラスチックメーカーが作る雪かきスコップは、プラスチック製の特性を活かしたカラフルで可愛いのが特徴。また女性が扱いやすいのもポイントです。面倒な除雪作業も可愛い道具があれば、少し楽しくなりますね。

おすすめ&人気の雪かきスコップランキング

女性が扱いやすいおすすめの雪かきスコップ

アイリスオーヤマ-着脱式雪かきスコップ(1,711円)

除雪以外にもマルチに使える

ヘッドとハンドルがポリプロピレンで軽く、女性におすすめの雪かきスコップです。ブレードはスチール製で圧雪でも砕くことができます。雪かきはもちろん、農作業や枯葉の除去など様々な用途に使えますよ。

柄とスコップ部分は着脱式で使用しないときはコンパクトに収納可能です。柄に差し込んであるピンを抜くだけで、先端が取り外せます。使用する時は穴にピンを差し込むだけで完成。ヘッドが破損しても着脱式なので買い替えられ経済的です。

グリーンパル-ポリスコ(1,834円)

日常的な雪かきにおすすめ

ポリエチレン製の雪かきスコップは、扱いやすさがポイントです。使いやすいので日常的な除雪作業におすすめ。スコップの先端はステンレス製で、硬い雪を砕く役目をします。手に馴染みやすいグリップの形状で力が入れやすいですよ。

柄の長さやスコップの角度は使いやすさを重視し、設計されています。身体を深く屈めなくても作業できるので、腰が疲れにくいのが嬉しいですね。雪かき以外に農作業にも使え、お家にひとつあれば便利です。

コーナン-アルミスコップ(1,480円)

柄の長さが変えられる

柄の長さが2段階の伸縮式雪かきスコップです。短くできるのでコンパクトになり、車のトランクに積むときに便利ですね。材質はアルミ製で軽く作業がしやすいので、女性や力が弱くなった高齢者の方におすすめです。

組み立て式でバラバラにすると3つにパーツに分けられ、使わない季節には更にコンパクトに収納できますよ。そのままでは入らない高さのない倉庫でも、分けることで楽々収納可能です。アウトドアを楽しむ際にも重宝します。

アイリスオーヤマ-スノーダンプ(5,073円)

大量の雪の運搬に便利

コンパクトタイプのスノーダンプで、女性や子供さんが軽い雪かきをするのにおすすめです。ハンドルは握りやすいので力が入れやすく、広い範囲の雪を一度にたくさん運ぶことができますよ。先端部はポリカーボネイト樹脂で耐久性に優れています。

鮮やかなレッドカラーは雪のなかで目立ち、小さな子供さんに雪かきを手伝ってもらう際にも安心ですね。コンパクトサイズで小回りが利くのでスペースの狭い駐車場の雪を運び出しやすいのがポイント。忙しい朝でも短時間で除雪できます。

アステージ-ラッセル(4,000円)

柄のカーブがポイント

水分を含んだ雪におすすめの雪かきスコップです。こちらのラッセルは曲がった形状の柄がポイント。柄が曲がっていることにより、腰への負担を軽減し雪を押しのける作業がしやすいのです。水分を含んだ硬めの雪も持ち上げずに押しながら除雪します。

皿部分は幅が広く効率的に除雪できる所がメリットです。オフィスの広い駐車場もいちいちすくって雪を移動させる必要がなく、押しのけるだけなので体力的にも楽ですよ。品質の良い日本製であることもおすすめポイントです。

耐久性の高いおすすめの雪かきスコップ

浅香工業-金象印パンチャースコップ(3,557円)

穴があることで雪切れ抜群

約500グラムという軽さで女性でも楽々と雪をすくうことができます。硬い雪にも柔らかい雪にもおすすめの雪かきスコップです。穴が空いていることにより雪のキレが良く、使いやすさがポイントです。耐久性があり、凍った雪を削ることができますよ。

柔らかい雪も硬い雪にも使えるので、いくつも雪かきスコップを使わなくて済みますね。雪の混じったシャーベット状の雪も短時間で作業可能です。柄の長さは作業がしやすいジャストサイズです。また、柄は木製で握りやすくなっています。

ハッピースペース-スノーダンプ(8,153円)

電源なしで効率よく雪かきができる

車輪付きのスノーダンプは、雪の多い地域での除雪におすすめです。電源が必要なく押して進むだけで時間を気にすることもありません。ハンドルとブレードは5段階の調整が可能です。角度をつけて斜めに雪をとらえ、横に滑らせ除雪します。

余計な力も必要なく、短時間でスムーズに除雪作業ができますよ。ブレードは強化スチールで先端は強化プラスチックです。硬い雪でもしっかりと捉え手動式なのでモーター音がせず、早朝でも気兼ねなく作業ができますよ。

三協アルミ-雪おろし棒(12,104円)

カーポートの雪下ろし作業に

カーポートに積もった雪を下ろすのにおすすめの雪かき棒です。棒の角度は3パターンあり、カーポートの高さや形状によって選ぶことができます。最長のロングタイプは3800mmもあるので、今まで届きにくかった所まで雪かきができますね。

アルミ製で耐久性が高く、グリップ付きで握りやすい。柄が長くても重量が軽いので動作がしやすいですよ。カーポート以外に軒先にも使えます。先端はゴムで傷つけることもありません。雪が降る前に準備しておきたい除雪用具です。

硬い雪におすすめの雪かきスコップ

キャプテンスタッグ-折り畳み角型スチールフォールディングスコップ(1,580円)

コンパクトに収納できる

折り畳みできるキャプテンスタッグの雪かきスコップです。ハイカーボンスチール鋼製で強度があり、耐久性も抜群です。先端部の角度を変えればスコップとしてもクワとしても使用できる2WAYタイプ。コンパクトサイズで細かい場所でも雪かきがしやすいですよ。

ハンドル部分が折り畳め小さく収納できるので、車載用としてもおすすめです。専用バッグが付属していて持ち運びに便利。ベルトループもついているのでアウトドアで作業する際に重宝します。アウトドアが好きな方ならキャプテンスタッグのロゴが嬉しいですね。

PrairieHouse-雪かきスコップ(2,480円)

3段階に長さが変えられる

組み立て式のコンパクトな雪かきスコップです。長さが3段階で変更でき、用途によって調節すれば作業効率が上がります。軽量のアルミニウム製で、硬い雪にも対応できますね。酸化防止処理がされていることから、錆びや腐食にも強い所がポイントです。

除雪はもちろん、ガーデニングやアウトドアにもおすすめです。T字のハンドルは滑り止めがされており、グリップ性に優れ掘ったりする作業も楽ですよ。携帯袋が付属しているので、持ち運びもスムーズです。携帯用にしてもOKです。

BBセレクト-グラスファイバー柄アルミスコップ(2,630円)

雪の多い地域でもOK

アルミ製のスコップは軽くて丈夫です。硬くなった雪や凍った地面におすすめです。柄の部分は寒い日でも手が冷たくならないように、グラスファイバーが採用されています。急いでいて手袋を忘れても冷たくならず嬉しいですね。

スコップの角部分は三角形で削り取る作業も楽ちんです。雪の多い地域でも耐久性がある雪かきスコップなら、毎日使っても破損しにくく安心ですね。小さくなく、大きくもないサイズは使い勝手が抜群です。お家の玄関先や車庫前など毎日の除雪に使えますよ。

まとめ

雪の状態に合った雪かきスコップがおすすめ

雪かきスコップにも色々な種類のものがあるので、降雪量や雪質に合わせて選ぶのがポイント。雪かきスコップが雪にマッチしていれば効率よく除雪作業ができます。作業時間も短縮でき、体力的にも楽になりますよ。種類の異なる雪かきスコップをいくつか準備しておくと心強いですね。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

コメントを残す

*