おすすめの屋外マット人気比較ランキング!【人工芝も】

玄関マットは使っているけど、屋外マットは使ったことがないという方はいませんか。屋外マットと玄関マットを併用すると玄関マットの汚れが明らかに減り、洗う頻度を少なくすることができるのです。屋外マットを初めて買うとなると、どれが良いのか迷いますよね。そこで、おすすめの屋外マットをランキング形式で紹介します。また、屋外マットの選び方も解説しますので、屋外マットを購入する際の参考にしてみて下さい。

屋外マットの特徴

靴についた付着物を取り綺麗にする

公共の施設やオフィスの玄関先には屋外マットが設置されています。一番外側に屋外マット、玄関までのアプローチにもマットが敷かれていますよね。理由としては不特定多数の人が通行するたび、汚れを内部に持ち込まないようにするためです。一般家庭でもマットを一枚多く敷くことで、お家の中にゴミやホコリの持ち込みを減らすことができます。

家の床に傷がつくのを防止し掃除を楽にする

屋外マットの役割は靴についた汚れを取りさることです。レジャーに出かけた後、知らないうちに靴の溝に小石が挟まっていることがありませんか。そのまま玄関ホールに入ってしまうと、玄関の床に傷をつけてしまうリスクがあるのです。屋外マットがあれば玄関に入る前に靴についたゴミや小石を取り除き、屋内に持ち込むのを防いでくれます。

家の雰囲気作りをサポートする

屋外マットは敷くだけでお家の雰囲気を変えることができます。特に、店先やオフィスなど屋外マットを見るだけで店内の雰囲気が伝わることがありますよね。家庭でもお家の建物の雰囲気に合わせて選んだり、お家のインテリアに合わせたりすると統一感が出せます。

屋外マットの種類

一枚タイプ

種類が豊富でライフスタイルに合った物を見つけられる

一枚タイプの屋外マットは敷くだけで設置完了。玄関マットと同じでデザインやサイズ、形など豊富なラインナップです。デザインや形だけではなく素材も異なり、目的によって素材を選ぶのもひとつの方法です。人の出入りが頻繁なお家なら、靴の裏の汚れを取ることを目的にします。

おしゃれな見た目を重視するなら、デザイン性で選びましょう。お店をしている方はネームを入れたり、メッセージを入れたり様々な使い方が可能です。雪の降る地域なら、季節によって屋外マットを変えるなど複数の屋外マットを使い分けるのもおすすめです。

ジョイントタイプ

手軽にマットの敷く範囲を足したり減らしたりできる

ジョイント式の屋外マットは、敷きたいスペースに合わせて増やしたり、減らしたりできるところがメリットです。そのため、ベランダやお庭、屋上に敷くことが多いでしょう。ジョイントタイプの屋外マットはおしゃれを目的に使うことは少なく、どちらかというと実用的に使います。

例えばベランダでの水切りや庭での泥落としなど、機能性を見極めて使用します。人工芝タイプのジョイントマットは、コンクリートが夏の日差しによって熱くなるのを軽減できますよ。また、子供が転んでもクッション性により、怪我がしにくいのがメリットです。

屋外マットの選び方

形状で選ぶ

場所を選ばないのはスタンダードな長方形タイプ

屋外マットを何にしようか悩んだ時には、スタンダードな長方形がおすすめです。横長のスタンダードタイプは場所を選ばず、個性のあるデザインでも主張が強すぎることがありません。単純に靴についた泥落としや雨を拭うことが目的ならば、機能性を重視したシンプルなデザインにすれば周囲のインテリアのことまで考えなくてもOKです。

マットの角が扉に引っかからないのが半円形タイプ

厚みのある四角いマットを玄関先に敷くと、マットの角が扉に引っかかってしまうことがありませんか。それが何度も続くとマットの角がめくれ上がり、ますます引っかかってしまうという悪循環になります。マットの厚みをしっかり確認すれば大丈夫ですが、始めから半円形の屋外マットを選べば引っかかる心配はありません。さらに圧迫感が少ないのもメリットです。

お店をしているなら色々な形をしたデザインタイプ

屋外マットには個性豊かなデザインのものが多くあります。店先用の屋外マットはお客様にアピールする意味もあるので、ビールの形や車の形など一目でわかるデザインや工夫がされています。もちろん、お店だけではなく一般の家庭用にも個性的なデザインのものがありますよ。好きな動物や好きな花など探して見ればきっと好みの屋外マットが見つかります。

機能性で選ぶ

雨や雪の日に使うなら吸水性のあるものを

雨や雪で靴の底が濡れた時、建物内に入って滑ってしまうことがあります。そんな時、子供を抱いている上、傘を持っていると滑って転んだら大変です。かといって靴を拭くのも面倒ですよね。吸水性のある屋外マットを敷いておけば、その上を歩くだけで靴裏を拭けます。高齢者の方や小さな子供がいる家庭以外でも、滑り止めがついていない靴の時にも安心です。

土や泥を落とすなら汚れを落としやすい人工芝

靴についた土や泥を落としやすいのは人工芝タイプの屋外マットです。汚れを落とすメリットはもちろんですが、青々した芝生の見た目も素敵ですよね。青い芝生は素敵ですが、天然の芝生は手入れが大変でメンテナンスに苦労します。しかし、人工芝は汚れたら水洗いするだけでOKです。通気性もよく水はけが良いので、夏は子供用のプールを置いて遊べますよ。

滑り止めがあるものなら子供や高齢者も安心

屋外マットの中でも滑り止めが施されているものなら、高齢者の方や子供がいる家庭でも安心です。子供は急に駆け出すことがあるので、勢いによって屋外マットがズレてしまう危険性があります。滑り止めはシートの裏側に粘着力のあるものや表面の凹凸によって、靴裏をグリップするものなど屋外シートによって様々。滑り止めがついていないマットには、滑り止めテープを別途購入するのがおすすめです。

素材で選ぶ

クッション性があるのはポリエステル

ゴツゴツした見た目の屋外マットが苦手という方は、ポリエステル製の屋外マットがおすすめです。ポリエステルで作られた屋外マットは目が細かくソフトな感触です。クッション性があり、踏み心地も良いのが特徴です。柔らかい繊維が細かいホコリをキャッチ。水洗いもできるのでお手入れが楽ちんです。カラーも豊富でインテリアに合わせて選ぶことができますよ。

ズレにくいのはナイロン製やゴム製

ナイロン製の屋外マットは滑りにくさが特徴です。ゴム製の屋外マットには適度な重さがあり、地面にもしっかりフィットします。めくれ上がりにくく、扉のひっかかりが少ないのもメリットです。その上、耐久性が高く水洗いも可能。人通りが多い場所でも長く愛用できます。カビや虫による被害を受けにくいのもゴム製の屋外マットの利点です。

ココヤシなら水洗いができてお手入れが簡単

屋外マットで人気なのはココヤシ繊維で作られたマットです。天然素材の風合いで吸水性にも優れています。素足で踏んでも気持ちが良く、夏は屋内に敷くのもおすすめ。ココヤシで作られたマットは地味なカラーしかないのではと思われがちですが、明るいカラーもたくさんラインナップしていますよ。硬めの毛足で靴の底についた泥を落とします。

ラバー製なら北欧デザインでおしゃれに飾れる

ラバー製の屋外マットは薄さがメリットです。浮き上がることがないので、足を引っ掛ける危険性を軽減します。扉に引っかかる可能性が少ないのも嬉しいですね。ラバー製のマットはスリムで地面に馴染み、まるで自然にある地面の模様のように見えます。レンガ調デザインの屋外マットを玄関先に敷けば、おしゃれな北欧風に仕上がりますよ。

屋外マットのおすすめブランド・メーカー

コモライフ

おしゃれな北欧風が人気

インターネットで幅広い用品を取り扱っています。女性に人気の北欧風のインテリアに合う屋外マットがラインナップ。サイズが長めのマットは、階段や廊下に活用できます。ワンカラーでもデザインに個性があり、店用の屋外マットとしても使えます。

山崎産業

オフィスや店舗でも使える

環境用品のメーカーです。業務用の屋外マットが豊富で目的に合ったものを選ぶことが可能。泥落としや水ハケなど環境に合った屋外マットを敷けば、十分な効果が得られます。家庭用の屋外マットも販売しています。

カルナック

ポップなデザインは玄関先を明るくしてくれる

輸入商品の企画や卸業を行う企業です。海外特有のポップで明るいデザインの屋外マットは、敷くだけで華やかな雰囲気にしてくれます。飲食店やバーなどお客さんが集まる場所にもピッタリの屋外マットが揃っています。

テラモト

ニーズ合わせて細かく選べる

清掃用品や人工芝などの環境美化用品の総合メーカーです。屋外マットは雨天用や雪用、防塵対策など細かいニーズに合わせて選ぶことができます。営業用としてネーム入りの屋外マットもあり便利ですね。業務用の他、家庭で使うスタンダードなサイズもあります。

おすすめ&人気の屋外マットランキング

丸洗いできるおすすめの屋外マット

コモライフ-テラコッタ調マット6枚組(2,258円)

おしゃれなのに雑草予防もしてくれる

北欧風のテラコッタ調の屋外マットは、お庭の雑草に困っている方におすすめです。マットを敷くだけで雑草が生えてくるのを予防し、草抜きの手間を減らします。玄関ポーチやバルコニー、お庭に敷くだけでおしゃれな空間に。

立体感があり、本物の石畳のような雰囲気が魅力です。カッターでお好みのサイズにカットができるので敷き詰めた時に隙間なく綺麗に仕上がります。表面がナイロンで裏面がゴムで水洗いが可能。一枚のマットとしてもリフォームの道具としても使えますよ。

CLEANUP DAY-玄関マット(5,808円)

高い吸水性で梅雨の季節におすすめ

屋内でも屋外でも使えるマットです。パイル地と表面の凹凸で靴についた汚れや砂を効率的に落とします。適度な弾力があり踏み心地もよし。吸水性に優れ、雨の日でもすぐにマットが水分を吸収しサラサラです。

マットはズレにくく滑って転倒するのを防止します。ウォッシャブルなマットは水道水で洗え、手入れが簡単で嬉しいですね。速乾性が良く洗ってもすぐ乾きます。機能性が高いのでコストパフォーマンスが優れています。

アイデア百選会-ネコ玄関マット(2,178円)

猫好きさんへのプレゼントに

猫の愛らしい姿がデザインされた屋外マットです。マットをぐるりと猫の足跡がついています。どこを見ても猫だらけのマットは、もちろん猫好きさんにおすすめです。マットの厚さは5ミリで扉の開閉を邪魔しません。

ゴム製でズレたり、滑ったりしないのもポイントですよ。水洗いできるのでいつでも清潔感をキープできます。洗った後は乾きが早く手入れが楽ちんです。ゴム製は適度な重さがあり、風が強い日でも飛ばされにくいというメリットもあります。

ハウスポット-屋外用ドアマット(2,000円)

絨毯のようなゴージャスさ

エキゾチックな模様が素敵なマットです。屋外用としても屋内用としても使えます。ポリエステル素材でクッション性もあり。ゴム製のマットでは匂いが気になるという方におすすめです。ポリエステル製ですがスリムでつまずきにくいですよ。

また、ゴージャスな絨毯のような雰囲気は玄関を華やかにしてくれます。裏面はゴムでフローリングに敷いても滑りにくい。雨で滑りやすい屋外でもバッチリです。サイズも2パターンあり場所によって使い分けるのもいいですね。

個性的な形のおすすめの屋外マット

MANABEINTERIOR-ラバー&コイヤーマット(2,567円)

玄関を北欧風に簡単リフォーム

ツタがモチーフになったデザインのおしゃれな屋外マットです。アンティークな雰囲気が北欧風のインテリアにマッチしますよ。外壁がレンガのお家におすすめです。一枚敷くだけで玄関の印象をガラリと変えてくれますよ。

センターにはコイヤーブラシ、周囲はゴム製です。ブラシで泥や粉塵を落とし、周りのゴムは滑り止めの役目をしてくれます。お店で使用するとエントランスにインパクトを与えてくれますよ。新婚さんへのプレゼントにもおすすめです。

キーストーン-エントランスマット (1,100円)

ニコちゃんマークがポイント

コンパクトサイズの屋外マットは、マンションの玄関や車の中におすすめです。薄型で扉を開閉する時にも邪魔になりません。ニコちゃんマークが楽しい玄関にしてくれます。PVC素材で程よいクッション性です。

水気やホコリをブラシが取り除き、拡散するのを防止ます。シックなカラーからポップなカラーまで揃っているので、お部屋によって使い分けてもいいですね。楽しいデザインはアメリカンスタイルを目指すお家にもぴったりですよ。

Profit-屋外マット(2,728円)

洋風のエクステリアにピッタリ

半円形の北欧風野外マットは洋風の建物におすすめです。色々なカラーの石を敷き詰めたようなマットは、海外の素敵な街並みをイメージさせますね。表面がナイロンでスリムなため、扉の引っかかりがなくスムーズに開閉できます。

裏面はゴムで廃棄されたタイヤをリサイクルしており、地球環境にも貢献できますよ。タイヤが材料なので滑らず安心です。靴の裏側の汚れをキャッチし、汚れたら水洗いするだけで簡単。ゴージャスな玄関にしたい時にもリフォームせずに敷くだけでOKです。

ENICY-コイヤーマット(1,280円)

個性のあるインテリアのひとつに

ココヤシ繊維で作られた屋外マットです。自然素材を活かしたマットは、山のデザインとベストマッチしています。厚みが適度で手で触った時の感触も気持ちいいですよ。硬めのブラシで擦るように靴についた汚れを取ります。

水洗いもできますが、簡易的な掃除としては手で持ってバタバタするだけでもOKです。雨の多い日のぬかるみ防止にも使えますよ。泥道を歩いた後でもマットの上では泥はねを抑えることができます。登山が趣味の方やアウトドア好きな方へのプレゼントとしてもおすすめです。

ENICY -コーヒーカップコイヤーマット(1,280円)

コーヒーカップのフォルムが個性的

ソーサーに置かれたカップをかたどった屋外マットです。インパクトがあり、お客様が来た時に会話の糸口になりますね。屋外用としても使えますが、リビングに飾ればインテリアの一部にもなりますよ。カラーは2カラーとシックな色合いです。

ココヤシ繊維は靴についた泥を落とし、吸水性が良いので雨の日にも向いています。汚れが目立ちにくい色も嬉しいポイントです。カフェの店先にはもちろん、マンションの玄関に置いてもアンティークな感じで素敵ですね。

靴の泥を落とすおすすめの屋外マット

山崎産業- VCハードマットN(1,932円)

出入りの多い玄関先の泥落としに

家庭用だけではなく、業務用としてもおすすめの屋外マットです。ワイヤークッションとハードブラシで靴の底についた泥や雪をかきだします。泥抜き穴がありマットのブラシはいつもきれいな状態で、連続して泥落としの効果が続きます。

耐久性があり、汚れは水洗いでOK。ハードなブラシはスパイクの泥も落とします。靴が汚れる作業場や人通りが多い場所にも対応できるので、業務用としてもおすすめです。雪の多い地域の方は、冬の屋外マットとして使うのもいいですね。

カルナック-コイアマット(990円)

天然素材で滑りにくい

天然素材のココナッツ繊維で作られた屋外マットです。ココナツの繊維は毛が粗めで靴の泥落としに最適。ブラックのベースにレッドのカラーが映える鮮やかな屋外マットですね。裏面はラバー素材で滑り止め付きです。

玄関マットとしても良いですし、テラスやお庭のアクセントにもおすすめです。お店のインテリアとしてもおしゃれですね。使いやすい長方形タイプの屋外マットは、場所を選ばずどこにおいてもフィットします。

テラモト-玄関マット(19,091円)

大きいサイズで広い場所にも対応

縦90cmと横1.8mの大きいサイズの屋外マットは、広い玄関におすすめです。玄関だけではなく、お庭やベランダにも使えます。マットに穴が空いていて、キャッチした土や砂はマットの下に抜け落ち表面はいつも清潔です。

防塵効果が高く、家の中まで塵を持ち込みません。天然芝のような鮮やかなグリーンは、敷くだけで明るい雰囲気にしてくれます。汚れてきたら水をかけるだけで綺麗になりますよ。耐久性に優れており、業務用にもおすすめです。

まとめ

暮らしに合った屋外マットがおすすめ

屋外マットは見た目だけではなく、靴裏の汚れや雑菌を落とす大切な役目をしてくれます。屋外で靴を綺麗にすることで、家の中まで持ち込まず清潔感をキープできるメリットも。ただ、靴裏を綺麗にするだけではなく、インテリアとして成立する屋外マットもたくさんあります。暮らしに合った屋外マットを見つけて素敵な玄関にしましょう。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

コメントを残す

*