おすすめのマルチチョッパー人気比較ランキング!【フィリップスも】

食材を細かく切るのは労力がいりますし面倒ですが、そんな時におすすめしたいのがマルチチョッパーです。マルチチョッパーがあれば包丁を使うよりも素早くきれいに食材を切ることができますよ。そこで今回は人気のマルチチョッパーをランキング形式で紹介します。どんなマルチチョッパーを購入すれば良いか迷っている人は、是非参考にしてみてくださいね。

マルチチョッパーとは?

食材を手軽に細かく切れる調理機器

簡単な操作だけで刃が高速に回転。あっという間に食材を切り刻むことができます。また食材は容器の中に入っているので飛び散る心配もなく、包丁で切るよりも数倍早く切ることができるので家事の時短にもなりますよ。

大根おろしやスムージーなど食材を滑らかにしたい時にも便利

玉ねぎのみじん切りのように食材の形をある程度残すようにして切り刻むのだけではなく、ペースト状にすることも可能。食材を滑らかにすることもできます。大根おろしは手でするよりも短時間でできるので是非試してみてくださいね。

マルチチョッパーとフードプロセッサーの違い

フードプロセッサーの一種として捉えられている

マルチチョッパーとは食材を切り刻むことのできる調理機器のこと。広い意味ではフードプロセッサーの一種と言えます。そのためマルチチョッパーとして紹介してあったり、フードプロセッサーと表記してあったりと、機器ごとに様々です。

マルチチョッパーの種類

電動タイプ

力を入れずに切れるので楽

電動のマルチチョッパーとは、電気を使うことで自動で稼働するタイプのことを指します。操作はボタンを押すだけなど簡単なので、調理の負担を大幅に軽減可能。仕事が忙しくゆっくり料理している暇がない人や、素早く調理をしたい時におすすめです。

電動のマルチチョッパーはパワーが強い点も魅力です。手で切るとなると力がいるような硬い食材も細かく切ることができます。尚、電動のマルチチョッパーを購入する前に、調理スペースの近くに使用可能なコンセントがあるかしっかりチェックしておきましょう。

手動タイプ

どの程度細かく切るか微調整できる

手動のマルチチョッパーはハンドルを手で引っ張るなど、電気がなくても刃が高速に回転する仕組みになっています。そのため調理スペースの近くにコンセントがない場合や、コンセントの位置を気にせず使用したい人におすすめです。

自動のマルチチョッパーでは、つい切り刻みすぎてしまうこともあります。しかし手動のマルチチョッパーなら手で刃の回転数を調節するため、切り刻み具合の微調整が可能。好みの大きさに食材をカットしやすくなっています。

マルチチョッパーの選び方

設置方法で選ぶ

ハンディタイプなら鍋の中の食材もそのまま切れる

ハンディタイプとはスティック状の本体の先に刃が付いているタイプのことです。特徴は鍋やボウルに入っている具材を直接ピューレ状に切ることができる点。専用の容器に移し替える必要がないので、手間を削減することができます。また付属のアタッチメントを装着することで玉ねぎのみじん切りなどにも対応できるのも魅力です。

据え置きタイプなら本体を置いたまま作業できるので腕が疲れない

据え置きタイプとは本体を置いたまま扱うマルチチョッパーで、容量の大きさが魅力です。そのため一度にたくさんの食材を調理したい時に最適。パワーもあるので硬い食材を多く扱うことが多い人にもおすすめです。但し、据え置きタイプはサイズが大きいため、あらかじめ収納スペースや設置場所をどこにするかイメージしておいた方が良いでしょう。

手入れのしやすさで選ぶ

パーツごとに分解できれば隅々まで洗えて衛生的

刃が本体から取れないものは洗いにくく、汚れをしっかり落とすことができません。汚れが落ちないと不衛生ですし機器の劣化を早める原因となるので、洗いやすいモデルを選ぶようにしましょう。そこでおすすめしたいのが、刃や上蓋などパーツごとに分解できるタイプです。スポンジが細部にまで届き、食べ物のカスなどをきれいに取り除けます。

食洗機対応なら後片付けも楽々

少しでも後片付けの手間をなくしたい人に最適なのが食洗機対応のもの。食洗機にいれるだけで機械が自動で洗ってくれるのでかなりの時短になります。また食洗機は高温洗浄可能。高温のお湯による除菌効果も期待でき衛生的です。洗い物を食洗機に任せている間に他の家事をこなしたい人、家事を時短して休憩時間を作りたい人にもおすすめです。

刃の種類で選ぶ

刃が2種類以上ついてくれば料理の幅が広がる

一般的なマルチチョッパーは鎌のような形をした刃によって食材を切り刻みます。しかし中には異なる別の刃も付属され、より多くの調理に対応したモデルも。料理好きな人や新しい料理に挑戦しようと考えている人は要チェックです。特におすすめなのはすりおろし可能な刃が付いたモデルです。野菜を滑らかにできるので離乳食作りなどにも便利です。

チョップドロップ用の刃があれば野菜を均一に切れる

マルチチョッパーは食材をみじん切りにできます。しかし長い時間稼働すると食材を切りすぎてしまい、水っぽくなったり、ペースト状になってしまったりと思うようにいきません。そんな時におすすめなのがチョップドロップ用の刃が付いているモデルです。切られた食材が網目の下に落ち、切りすぎを防止。切られた食材の大きさを均一にすることができます。

マルチチョッパーのおすすめブランド・メーカー

フィリップス

チョップドサラダを作りたい時におすすめ

チョップドサラダとは野菜が細かく切り刻まれているサラダのことですが、通常のモデルで切り刻むと水っぽくなってしまうこともあります。しかしフィリップスにはチョップドサラダ専用の刃が付いたモデルも。食材が水っぽくならず、チョップドサラダを上手く作れます。

K-and-A

手動で野菜をみじん切りできるぶんぶんチョッパーを製造

K-and-Aはぶんぶんチョッパーの生みの親です。ぶんぶんチョッパーと言えば、ハンドルを引っ張るだけで刃が回転する手動式マルチチョッパーの火付け役。手動式を購入予定の人は是非チェックしてみてくださいね。

 recolte

ハイパワーなので氷も砕ける

recolteのマルチチョッパーはカプセルのような形状をしており、縦に長いので省スペースに置くことができます。また見た目が可愛いだけではなく機能面も二重丸。氷も砕けるほどのパワーを持っています。

BRUNO

見た目が色鮮やかでおしゃれ

BRUNOはハンディタイプのマルチチョッパーをメインに取り扱っています。特徴はポップなカラー展開で、見た目が非常におしゃれです。また安価ではありますが機能が充実しており、コスパが高くなっています。

おすすめ&人気のマルチチョッパーランキング

手動でおすすめのマルチチョッパー

K-and-A-ぶんぶんチョッパーDX(2,035円)

大きめなので1度にたくさん作れる

ハンドルを手で引っ張るだけで容器の中の刃が回転。食材を細かく切ることができます。包丁で切るのが面倒な人に最適。餃子やハンバーグの種など、野菜を大量にみじん切りすることの多い人にもおすすめです。

ハンドルを引っ張る回数でみじん切りの粗さを調節可能。10回なら食感を残すことができ、30回以上引っ張れば細かいみじん切りを作ることができます。また可愛いデザインの箱付きなのでプレゼントにもおすすめです。

ティファール-ハンディチョッパー・ネオ(1,980円)

容器の透明度が高いので中が見やすい

2枚の刃が上下違う位置に付いているため別々のタイミングで食材をカット。食材がひっかかりやすく効率的に切ることができる設計です。また底面に滑り止めが付いているので、調理中に容器がひっくり返る心配が少なくすみます。

容器の透明度が高く、中身を確認しながら調理したい人におすすめです。また容器の内側に突起が付いていることで食材が固定され空回りを防止。調理中に蓋が空かないようにロック機能も備わっているので使いやすいです。

GEFU-マルチチョッパー(8,580円)

食材の水切りも可能

高品質の2枚のブレードと2本の撹拌棒を容器内部に装備。食材が一か所に溜まらず効率的に切ることができます。家のマルチチョッパーがブレードのみのモデルで、食材が容器の中で空回りしてしまう時は是非チェックしてみてくださいね。

容器に目盛りが付いているので、計量カップを用意する必要もなし。洗い物を減らすことができ、家事の時短につながります。また水切りバスケットが付属しており、野菜の水気をしっかり取り除くことも可能です。

Smart Happiness-みじん切り器(1,280円)

手のひらサイズの可愛いミニチョッパー

直径9cmのコンパクトなみじん切り器で、手のひらの中におさまるサイズ感。場所を取らないコンパクトなマルチチョッパーが欲しい人に最適です。また料理の隠し味に使う生姜やニンニクのみじん切りなど、食材が少量の時にもおすすめですよ。

ステンレスの刃を使用しておりコンパクトではありますが切れ味が良いので、ピーナツのような硬い食材も砕くことができます。またパーツは全て丸洗い可能。万一上部の蓋の内部に水が入りこんでも排水可能なので安心です。

スウィッツプロッツ-フードチョッパー(2,970円)

赤いキャップがキュートなデザイン

1台で4つの調理が可能。刃が3枚付いているのでスピーディーに切ることができます。ミートソースの材料の玉ねぎのみじん切りなど、様々な料理に活用してみてくださいね。また蓋が赤いキャップ型になっており、可愛らしい見た目になっているのでプレゼントにも最適です。

容器にセットできる水切りカゴが付属しており、食材の水気を瞬時に取り除くことができます。さらに水切りカゴは揚げ物の油切りにも対応可能。余分な油がなくなれば口当たりも軽くなり、ヘルシーにもなるのでダイエット中の人におすすめです。

自動でおすすめのマルチチョッパー

フィリップス-マルチチョッパー(11,972円)

野菜を均一にカット可能

チョップドロップ用ブレードが付属。切られた野菜は網目を通り容器下部に溜まる設計です。野菜を切り過ぎて水っぽくなるのを防ぎ、同じ大きさのサイズに切ることができます。チョップドサラダを家で作りたい人におすすめです。

刻むだけではなく混ぜるとミンチすることもでき、1台で3つの機能をこなすことができます。3台の機器を1台にまとめてコンパクトに収納したい人に最適。容量は1.1と大容量ですが、縦長設計なので省スペースに置くこともできます。

recolte-カプセルカッター(7,150円)

プッシュするだけで氷も砕ける

カプセル型の容器の容量は500mlあり、家族に振る舞う料理の下ごしらえにも使えるサイズ感。大量の玉ねぎのみじん切りなど、面倒な調理をサポートしてくれます。また切った食材が飛び散らないので、調理台の掃除も楽々です。

食材のすりおろし専用のプレートと泡立て専用のプレートも付属。すりおろしプレートを使えば大根はもちろん、生姜やにんにくを1片からすりおろすことができます。また泡立てプレートを使えばメレンゲも作れるのでお菓子作りの時に便利です。

Toffy-2WAYチョッパー(6,580円)

水切りおろしカッター付きで野菜のすりおろしも楽々

刃が4枚装備されており、一瞬で食材をみじん切りできます。また操作は簡単で、上部に備え付けられている電源スイッチを押すだけ。面倒な設定などなく簡単に操作できるため、普段は料理をしない人にお手伝いを頼みたい時におすすめです。

容器にはガラスを使用しており、ニオイ移りの心配が少なく済むので衛生的です。また水切りおろしカッターが付属され、食材のすりおろしと水切りに対応。大根のすりおろしも力を使わずに作れるので非常に便利です。

LADONNA-マルチフードプロセッサー(9,080円)

ふりかけも作れるミル機能付き

3種類の刃が付属しており、様々な調理に対応可能。チョッパーは食材のみじん切りをする時に便利。ハンバーグや餃子の下ごしらえの時に活躍します。またブレンダーを使えばスムージーが簡単に作れ、毎朝自家製のスムージーを飲む人におすすめですよ。

ミルは食材を粉々にすることができ、自家製のふりかけやスパイスを作りたい時におすすめ。容器が透明なので中の様子を確認することができるので、好みのミル加減にすることができます。塩分控えめな味付けや煮干したっぷりなど、ヘルシーふりかけを作りたい時にも最適です。

KitchenAid-フードプロセッサー(15,268円)

クリームの泡立てもできる

アメリカンレトロを感じさせるデザインで、見た目がおしゃれなマルチチョッパー。キッチンに出しっぱなしにしておいても様になります。インテリアにもなるような調理機器を探している人や、誰かに調理機器をプレゼントしたい時におすすめです。

ハンドルが装備されており、調理した食材を別の容器に移し替える時に便利。さらに注ぎ口も付いているので移し替える時に食材がこぼれにくい設計になっています。また付属の泡立て器は空気を含ませながら混ぜ込むことができるので、生クリームをきれいに泡立てることも可能です。

ハンディタイプでおすすめのマルチチョッパー

BRUNO-マルチスティックブレンダー(6,600円)

デザインが可愛いので料理が楽しくなる

本体カラーを6色から選択できるので、自分好みの色の調理機器で料理したい人に最適。赤色を選べばキッチンを華やかにできます。またペール調のピンクとグリーンは優しい色味なので、落ち着いた雰囲気のインテリアが好きな人におすすめです。

付属品を付け替えることで5つの調理が可能。混ぜたり泡立てたりすることができます。またチョッパーで使用する容器には蓋が付属されているので、調理したものを容器に入れたまま冷蔵庫で保存する時に便利です。

アイリスオーヤマ-ハンドブレンダー(5,480円)

省スペースに収納できる専用スタンド付き

ハンディ仕様にすれば鍋やボウルの食材を直接調理可能。刃にはガードが付いているので調理時に容器を傷つける心配が少なく済みます。洗い物を多くしたくない人や、容器に移し替える手間をなくしたい人におすすめです。

刃の付け替えが簡単なので、すぐに調理に取り掛かることができます。またボタンを2つ同時に押さないと作動しない仕組みになっており、ワンアクションでは作動しません。そのためボタンが何かの拍子で押されてしまう時や、小さな子どもがいたずらした時でも重大な事故につながりにくいです。

Vitantonio-ハンドブレンダー(6,600円)

音が静かなので気にせず使える

回転数を8段階で調節可能。レベル1では作動音が静かなので赤ちゃんの昼寝を妨げることもありません。そのため出産祝いや赤ちゃんのいる家庭へプレゼントに最適。食材をつぶしたり刻んだりすることができるので離乳食作りにおすすめです。

縦長の容器が付属し、食材を効率的にかき混ぜることが可能。メレンゲや生クリームの泡立てに役立ちます。またパーツを細かく分解することができるので洗い残しの心配もありません。尚、本体にはリングが付いており、掛けて収納することができます。

BRAUN-ハンドブレンダー(14,544円)

手の感覚でスピードコントロール可能

ブラウン独自の技術と500wのパワフルモーターを装備することにより、硬い食材も瞬時に撹拌可能。撹拌範囲も広いので、食材をより細かく均一にカットすることができます。調理の精度が高いマルチチョッパーを探している人は是非チェックしてみてくださいね。

大きいボタンを押すことで作動する簡単設計です。またボタンの握り具合によってスピードを調節可能。手に伝わってくる振動などで食材のつぶし具合を感じながら調節できるので、より直観的に操作することができます。

まとめ

洗いやすいマルチチョッパーがおすすめ

マルチチョッパーは食材を扱うため、洗いやすく清潔に保つことができるタイプがおすすめです。今回は人気のマルチチョッパーをランキング形式で紹介してきました。是非自分好みのマルチチョッパーを見つけて、料理を楽しんでみてくださいね。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

コメントを残す

*