おすすめのiPhone外付けメモリ人気比較ランキング!【バッファローも】

iPhoneでデータを保存しようとする時、ストレージ不足と表示されることはありませんか。そんな時おすすめしたいのがiPhone外付けメモリです。大切なデータを消すことなく保存しておくことができますよ。またデータを持ち歩くこともできるので、仕事に使う際も便利です。そこで今回はおすすめのiPhone外付けメモリをランキング形式でご紹介します。種類や選び方についても詳しく解説するので使いやすいモデルを探している方は参考にしてみてくださいね。

iPhone外付けメモリの特徴

iPhoneの容量不足を解消する

スマホはもはや生活必需品です。毎日使っていて気になるのがストレージ不足ではないでしょうか。iPhoneにはSDカードを利用できません。そこで便利なのが容量不足を補ってくれるiPhone外付けメモリです。容量をプラスすることにより、快適にiPhoneを使えるようになりますよ。

複数人でデータを共有できる

iPhoneに取り込んでいるだけだと、データを人に見せたい時に不便ですよね。そんな時に活躍するのがiPhone外付けメモリです。旅行に行った時に撮った写真を、友人に見せる時に活躍しますよ。機種によっては複数人同時にアクセスできるものもあるので、オフィスでも役立ちます。

iPhone外付けメモリの種類

USBメモリ

専用アプリをダウンロードし利用する

USBメモリは端子部分にLightningコネクタが搭載されたものです。iPhoneのコネクタに直接差し込むことで、手軽にデータ転送することができます。初めて使う方でも簡単に、利用できるところが魅力ですよ。

iPhoneの外付けメモリの多くのモデルは、専用のアプリを介してiPhoneの中でデータを転送します。要するに、アプリの使い勝手も選ぶ要素として重要です。購入後、後悔しないよう、口コミを見て使いやすいアプリかどうかまでよく検討しましょう。

HDD

複数人でのデータを共有できる

ネットワーク上に接続できるハードディスクです。会社や自宅のWi-Fiなど無線接続を利用しデータの転送をおこないます。無線で行うので接続する時に、ケーブルを抜き差しせず、気軽に利用できるというメリットがありますよ。

パソコンからでもWi-Fiに接続することで、簡単に複数人とデータを共有できるところも魅力。ただし、共有できる人数に制限があるので、何台までのパソコンで接続可能なのか確認しましょう。またネットワークが不安定だと共有が難しくなるため、整った環境が必要です。

SDカードリーダー

SDカードを読み込むことができる

SDカードを読み込むための端末です。モデルによっては、データの送受信ができない場合もありますよ。そのため、iPhoneの容量を増やしたい目的で利用する場合は、SDカードにデータを書き込めるものを選ぶことが重要です。

有線タイプとワイヤレス接続する無線タイプがあります。自分の使用したい環境によって選ぶのが大切。また、SDカードの種類により対応できるSDカードとそうでないものがあるので、よく確認してから購入するようにしましょう。

iPhone外付けメモリの選び方

容量で選ぶ

用途により使い分けたいなら保存したいデータの量に合わせる

どれぐらいの量のデータを、iPhone外付けメモリの中に保存しておきたいのか前もって決めておくとスムーズです。大半のモデルは、USBタイプだとストレージ容量が小さめ。HDDタイプのものは大容量なものが多いのです。

動画を保存したいなら1TB以上のもの

あくまでも目安ですが500GBあれば高画質の写真でも約5000枚保存が可能です。高画質や長めの動画であれば、1TB以上あれば十分な容量でしょう。容量が多くなれば、その分高額になるので、保存するデータの種類により使い分けするのがおすすめです。

使い勝手で選ぶ

専用アプリを使うなら自分のiPhoneのスペックに対応しているか確認

iPhoneのLightningコネクタにUSBメモリを挿したところで、すぐにデータを転送できるわけではありません。そのため、専用のアプリをダウンロードし、iPhoneデータをメモリへ転送する必要があります。アプリによっては最新のOSに対応していないものもあるので、購入前によく確認しましょう。

外出先で使用するならキャップレスのもの

USBタイプやSDカードリーダーだと持ち運びに便利です。友人との写真を共有する場合や会社のデータを共有する場合、持ち歩けるので便利ですよ。USBのスライド式だとふたを紛失する心配がありません。閲覧だけではなく、データを渡したい場合にも便利です。USB3.0に対応している機種なら重いデータでも素早く送受信できます。

MFi認証の有無で選ぶ

安心してデータを保存しておきたいならApple公認

MFi認証は、Apple公認の厳しい認証プログラムに合格したものだけが取得することができます。MFi認証と認められることは、Appleの公式認証品ということを証明。安全の保証にもなりますので、iPhoneへ直接差し込むUSBタイプの場合、MFi認証を受けているかどうかきちんと確認することをおすすめします。

長期間安定して使用するならアップデート対応のもの

安価なものは MFi非人称のものな可能性があります。非認証のものを利用した場合、純正のICチップを搭載していないため、今後のiOSアップデートの際使えなくなてしまうかもしれません。また本体にも適切な電圧や電流が流れず最悪の場合本体が使用できなくなる可能性があります。iMF認証のものを選ぶようにしましょう。

iPhone外付けメモリのおすすめブランド・メーカー

BUFFALO(バッファロー)

高速データ通信に強い

現状を改善し、より快適な環境で生活できる機器のラインナップに強い会社。iPhone外付けメモリに関しては、利用シーンに合わせて選べるよう多くの機種が揃っているのが魅力です。高速送信に強い機種が揃っています。

Transcend (トランセンド)

メモリ関連の機種に強い

ドライブレコーダーからメモリカードまで、保存技術に優れた会社。自動バックアップ機能が搭載されたUSBメモリもあり、使い勝手が良いものが多いのが特徴です。スタイリッシュなデザインのものが多く職場用にもおすすめです。

iDiskk

シンプルなデザインでおしゃれ

容量の種類が多く、他のブランドに比べると、MFi取得商品が安価で手に入りやすいのが魅力。機種によっては撮影しながら直接メモリに保存することもできます。色はシルバーでシンプルなため、老若男女におすすめのデザインです。

I-O DATA(アイオーデータ)

ゲーム機器やスマホ周辺機器に強い

大容量の保存に特化しているので、ネットワークHDDのラインナップに強いのが魅力。機種によってはプライバシー保護できる機能を搭載しているので、セキュリティー面でも安心ですね。無線でデータ共有したい時におすすめです。

おすすめ&人気のiPhone外付けメモリランキング

大容量でおすすめのiPhone外付けメモリ

iDiskk-iPhone外付けストレージ(22,446円)

大容量2TB動画や音楽を取り込むのにおすすめ

超大容量の2TB外付けメモリ。簡単に写真や音楽や動画を取り込みます。2度目以降は、新しい情報のみ選んで自動的にバックアップします。重複して保存することがなく安心です。家族や職場の人とのデータ共有におすすめです。

iOSデバイスでもパソコンでも手軽に使えて便利。iOSデバイスに接続すればパソコン内に保存したデータを見ることができます。自分以外の人と気軽にデータを共有できますよ。また多重保護システム付きなので、共有する時に、セキュリティー面でも安心です。

東芝-ポータブルメモリ(20,479円)

サポートが充実していて初心者でも安心して利用できる

1TBから4TBまで保存したいデータ量によって選ぶことができます。容量が大きくなるにつれ、金額が上がるので予算とデータ容量のバランスを考えて、検討することをおすすめします。友人と旅行に行った後、動画を共有するのに便利ですよ。

HDDの故障予測サービスである、みまもり合図があるので、故障によるデータの紛失を防ぎます。さらに消えてしまったデータを復旧する、バッファローの正規データ復旧機能があるので、もしもの時にも安心。困った時には、チャットや電話で相談できる窓口があるので、初心者にもおすすめです。

BUFFALO-外付けSSD(21,990円)

動画を保存するのに安心な1TBのSSD

1TBと大容量を兼ね備えながら、従来のモデルよりも63%の小型化を実現したSSD。手のひらにすっぽり収まるほど、コンパクトです。軽量なのでカメラなど重いものを一緒に持って行きたい旅行時に活躍しますよ。

落下による衝撃から大切なデータを守る耐衝撃設計。高さ1.2メートルから落下しても衝撃に耐える設計となっています。振動にも強く、電車や車で移動中にも本体に悪影響が及びません。外出先に持ち出すことが多い方におすすめです。

I-ODATE-ポータブルハードディスク(9,610円)

軽量でスタイリッシュなので女性におすすめ

白を基調にしたスタイリッシュでおしゃれなデザイン。230gと軽量で手のひらサイズのモデルなので、女性が持ち運ぶのにおすすめです。1TBと2TBタイプがあり容量は2種類から選べます。1TBがより薄型。持ち運ぶことを前提に検討しているなら良いタイプでしょう。

USB3.0に対応しているので、データ転送は超高速です。急いでいる方におすすめです。音楽や動画など容量の大きいデータを転送するときもスムーズに作動します。友人や家族と思い出のビデオを共有するのにも便利ですよ。

Transcend-ポータブルHDD(7,980円)

簡単ワンタッチでバックアップ可能

HDDを使ったことの無い方は、使用方法が分からず、購入を躊躇している方もいるかもしれません。TranscendのポータブルHDDは、バックアップボタンが本体右上についています。ワンタッチでデータ転送ができて安心です。

USB対応のテレビに繋げば録画までできてしまう優れもの。使用用途が多いと利用の幅が広くなり便利ですよ。容量は2TBまであるので、もし映像を残しておく場合は大容量のものを選ぶことをおすすめします。

おしゃれなデザインでおすすめのiPhone外付けメモリ

PLZMPWLQ-iPhoneメモリ(10,380円)

ふたをうっかり無くしてしまいそうな方におすすめ

スプーンのような形状になっていて、Lightningケーブルを挿す部分が太くなっているので抜き差ししやすい設計になっています。失くしやすいふたはチェーンで繋がっていて便利。外出先にふたを忘れてしまったということにならず安心です。

PLZMPWLQのiPhone外付けメモリを挿入すると、すぐにアプリをインストールするポップアップが表示されます。アプリを探す手間なく素早く使えるところが嬉しいですね。自動バックアップ機能で、撮った写真をすぐに転送できるところも魅力です。

iDiskk-フラッシュドライブ(13,475円)

大容量保存に対応するUSBメモリ

iPhone外付けメモリの中では大容量の256GBの保存が可能です。写真のみの保存や動画数本であれば、問題なくデータ転送ができます。自動バックアップ機能がついているので、撮った写真をすぐにバックアップしておけて便利。

フラッシュドライブをiPhoneに挿入すると、自動的にアプリが起動するので、初期設定も簡単です。初めてiPhone外付けメモリを使う方にもおすすめ。アプリでパスワードを設定しておけばセキュリティ面でも安心です。

ShenzhenJiangda-iPhone用USBメモリ(9,839円)

スピーディにデータ移行するので忙しい人におすすめ

USB3.0の高速データ通信を搭載しているので、素早くデータの転送することができます。例えば1000枚の写真でもおよそ5分で転送完了です。エラーが出ることもなく、スムーズにできるので忙しい方におすすめ。

ApplMFi認証タイプなので、iPhoneのアップデートがあったとしても、使い続けることができるので安心です。専用アプリの起動もスムーズで、ワンクリックでバックアップをサポート。パスワードか指紋認証でセキュリティ面でもしっかりしていますよ。

Qarfee-フラッシュドライブ(4,680円)

ラインストーン付きで女性に人気

USBメモリタイプにはLightningUSBとUSB、TYPE-Cと3種類の差込口が付属しているので、様々な機種とデータ共有ができて便利です。iphoneで撮った写真をUSBを経由してパソコンに転送できますよ。もう容量不足に困ることはありません。

ラインストーンのキラキラしたボディが特徴のiPhone外付けメモリ。色は自分の好みに合わせ、3種類から選ぶことができます。ファッション感覚で持ち歩けるので、機械的な雰囲気が苦手な女性におすすめです。

Qarfee-iPhoneメモリ(4,000円)

キャップレスで紛失リスクを軽減

本体はアルミと樹皮でできているので軽量です。キャップレスタイプなので紛失リスクが無く安心。ビジネスシーンや友人とのデータ共有で外出先に持って行く機会が多い方におすすめです。色は4種類から選べますよ。

iOSとUSB、MINI USBとTYPE-Cの4種類の差込口があり、互換性があります。iPhone USBメモリにも容量が足りない場合には、楽に別のデバイスへのデータ転送ができます。容量不足に困ることはりません。

データ共有でおすすめのiPhone外付けメモリ

AKINK-SDカードリーダー(1,799円)

4つのコネクタを搭載しておりデータ転送が楽にできる

パソコンを使わずにiPhoneとSDカード間で音楽や動画のやり取りが可能です。1つのメモリに依存するのが心配な方には最適なタイプですよ。またUSBポートを搭載しているので、直接パソコンへデータを転送することもできます。

専用アプリをインストールするとメモリの使用が可能。アプリ起動時にパスワードを要求されるので第三者にデータを見られる心配がありません。また、外部ストレージに保存されたデータをファイルごとロックできるので、セキュリティ面は安心です。

I-ODATE-デュアルコア(43,620円)

大量のデータを高速で共有したい人におすすめ

高性能デュアルコアCPUを搭載しており、最適なチューニングを実現。高速なデータの読み込みが可能です。同時に複数のデバイスからアクセスしても速度低下を最小限に押さえますよ。大容量データを素早く共有することが可能です。

保護技術である拡張ボリュームに対応するビジネスNASを搭載。2台のHDDに書き込むことでミラーリングをおこないます。どちらか一方のHDDが故障してもデータは壊れません。ビジネスユーザーに人気がある機能です。

日本サムスン-ポータブルSSD(10,999円)

コンパクトで軽量持ち運びに便利

名刺サイズのSSDで重さはわずか51グラム。ポケットにも入る手軽な大きさなので持ち運びに便利です。スタイリッシュなボディでシンプルかつおしゃれなデザイン。プライベートでもビジネスシーでもマッチするタイプです。

MACOSはX、10.9以降に対応。専用の管理ソフトからパスワード設定や最新のホームウェア更新をおこないます。最大秒速540MBの速度で高速データ転送。会議で必要なデータを共有するのにも向いています。

AKINK-iPhone SDカードリーダー(1,680円)

パソコンが無くてもデータの保存や共有ができる

Apple専用のSDカードリーダーです。カードリーダーに保存した写真をSNSにUPする時に、iPhoneに移動できますよ。iPhoneの中にあるデータをカードリーダーに移すこともできる相互性もあります。容量不足解消におすすめです。

PCに接続不要なのはもちろん、アプリのインストールもいらないので、面倒な設定が苦手な人におすすめ。デバイスに挿入すればすぐに使用可能です。手軽に写真や動画を転送できます。小型で持ち運びも便利なので友人とのデータ共有にも活躍しますよ。

iDIskk-多機能メモリ(9,970円)

多機能4in1USBメモリで様々なデバイスとデータ共有可能

Type-CとMicroUSB、LightningとUSB3.0を搭載。パソコンからスマートフォンまで様々なデバイスに対応していて便利です。もし友人がアンドロイド携帯だったとしても簡単にデータ移動するので、楽しい思い出を簡単に共有することができますよ。

わずか18.1グラムの超軽量。サイズも小さく、旅行に持って行く際にかさばらず便利です。もう旅先で、容量不足に悩むことはなくなるでしょう。またパスワードを設定できるので、万が一落としてしまっても第三者に情報を見られることなく安心ですよ。

まとめ

保存したいデータの容量に合った「iPhone外付けメモリ」がおすすめ

快適にデータを転送したいなら、保存したいデータの容量に合うモデルを選ぶのがおすすめです。また、手軽にデータを持ち運びたいのならUSBメモリがおすすめ。無線でデータを共有したいならネットワークHDDがおすすめです。今回はiPhone外付けメモリをランキング形式でご紹介しました。ぜひ大切なデータを安全に保管し、iPhoneを快適に使えるようにしてくださいね。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

コメントを残す

*