おすすめの携帯浄水器人気比較ランキング!【ブリタも】

海外旅行先での水が不安。スポーツの後、水道水をそのまま飲むのはちょっと心配。アウトドアや災害時にきれいな水を手に入れたい。そんなお悩みを解決してくれるのが携帯浄水器です。海外旅行先や自宅の気になる水道水を安全にするのはもちろん、いざという時に河川の水や風呂水も飲用水へと変えてくれますよ。今回はおすすめの携帯浄水器をランキング形式でご紹介。いろいろな種類がありますのでそちらも詳しく解説します。ぜひ目的に合った携帯浄水器を見つけてくださいね。

携帯浄水器の特徴

大きな浄水器がなくても水道水や雨水を手軽に浄水できる

アウトドアキャンプや海外旅行など、現地で安全な飲用水を手に入れることが難しいことはありますよね。そういった時に役立つのが携帯浄水器です。河川水や雨水、そのままでは飲めない海外の生水などをフィルターでろ過し、飲用水へと変えてくれますよ。近年では災害時の飲用水確保の手段としても携帯浄水器は注目されています。

持ち運び前提なので小型で軽量

個人で使用する浄水器というと一般的なのは、家庭で利用する据え置きタイプや蛇口一体型のもの、ビルトインタイプのものなどでしょう。ですが今は、野外に持ち出してその場で使うことを前提としたタイプの携帯浄水器が多く出ています。ポータブル仕様のため小型化、軽量化されているのが特徴。フィルターを交換することで、繰り返し利用できます。

携帯浄水器の種類

フィルターインボトルタイプ

ボトル自体が浄水器になっているため持ち運びに便利

水を入れるためのボトルとフィルターが一体になったタイプです。浄水器とボトルを別に用意する必要がないのが特徴。1回に浄水できる量はボトルの容量に縛られますが、そのかわり持ち運びやすいので、アウトドアだけでなく日常使いにも最適です。

ボトルタイプはポータブル性能に優れているので、散歩やランニングをはじめとしたスポーツの水分補給に便利。通勤通学の水筒代わりとしても愛用されます。目的により、フィルター性能が国内の水道水浄水レベルから選べるのも使いやすいですね。

ストロータイプ

浄水したい水にストローのように差し込んで使う

ろ過したい水にフィルターの入ったストローを差し込み、吸いあげることで浄水しながら飲用するのが、ストロータイプの携帯浄水器です。吸いあげる力は必要ですが、河川水を川から直接浄水しながら飲むことも出来ます。小型のものは、ポケットに入るコンパクトサイズなので、いざという時のためにリュックに入れておくと安心です。

より使いやすいように、ペットボトルに取り付けて水筒代わりとしても使えるタイプもありますよ。ストロータイプは種類が豊富です。おすすめランキングでは高性能フィルター搭載で浄水量の多いストロー型携帯浄水器を紹介しているので、参考にしてくださいね。

ポンプタイプ

大容量の水をろ過できるサバイバル型浄水器

川や湖、風呂水などろ過したい水をポンピングしてくみ上げて浄水し、飲用水として排出するのがポンプタイプです。ポンプタイプ携帯浄水器の特徴は、なんといっても大容量の水を用意できること。多人数分の飲用水や料理に使う水も手軽に用意できますよ。

発展途上国での飲用水の調達手段としても利用されるレベルの浄水機能を備えている良品が多く、災害時にも役立ちます。アウトドアや日常使いの予定がなくても非常用の備えとしては最適。鞄に入る軽量コンパクトなサイズもありますよ。

携帯浄水器の選び方

利用シーンで選ぶ

日常使いなら鞄に入る水筒サイズまでを目安に

日常的に浄水できる水筒として持ち運びたいなら、容量800ml程度までの水筒サイズのボトルタイプがおすすめ。自宅で入れた水を飲み切ってしまっても、公園などの水道で水を補充して使えます。飲用向きかどうか少し心配な野外の水道水でも手軽に飲み水にできるのは安心ですね。ストロータイプでもペットボトルに取り付けて使えるタイプなら、浄水機能付きのペットボトルになり日常使いに便利ですよ。

アウトドアや海外旅行には持ち運びやすい水筒サイズか折り畳みコンパクト型を

山登りやキャンプ、海外旅行先での飲用水調達などには、リュックや旅行鞄に入るサイズのものを。水筒代わりになるボトルタイプの他、容器を選ばずに使えるストロータイプもおすすめです。ポンプタイプの折りたたんで鞄に入れやすいタイプや小型タイプなどは、多人数でのキャンプや海外旅行の際に飲用水だけでなく料理に使う水なども調達できるので便利に使えますよ。

災害用には車で運ぶことを前提としたタンク型も便利

携帯用浄水器は、川や湖の水でも公園の水でも、まずろ過する原水があることが前提です。でも、場合によってはまず水が手に入らないこともあるでしょう。災害時に車で避難する際に移動先で水が手に入らない可能性もあります。そういった可能性が高い地域の場合は、水をためるタンクと浄水器が一体となったタイプもおすすめです。災害時、タンクに風呂水でも給水車からいただいた水でもとにかく原水を入れて避難すれば、避難先でそれを浄水して飲用することができますよ。タンク内の水が古くなっても、常に飲むときは浄水するシステムなので、安心して飲めます。

フィルター性能で選ぶ

普段使いなら水道水浄水レベルのスペックで十分

通勤通学の際にミネラルウォーターの代わりに持ち歩きたい。ウォーキングやスポーツの時においしい水を飲みたい。そんな日常使いでの利用なら、水道水専用の携帯浄水器がおすすめです。携帯浄水器は基本的に非常時の飲用水確保を目的としているものが多いため、味や不快な臭いについては考慮されていないものも多くあります。ですが、水道水専用は水道水をより安全によりおいしく浄水することを目的にしているので、ミネラルウォーター代わりには最適です。アウトドアでも、国内のキャンプ場や公園で水道があるなら問題なく使えますよ。

海外旅行やアウトドアなら菌やウィルス対応のサバイバルスペックを

海外旅行時に現地の生水を浄水したり、アウトドアで川や湖など自然の水を飲用したいなら、細菌やウィルス除去可能なフィルター性能の携帯浄水器を選びましょう。目安としては、フィルターが中空糸膜フィルターで0.1um前後以下のもの、いくつかのフィルターを組み合わせているものなどならほとんどの菌類やウィルスはシャットアウトしてくれます。携帯浄水器は搭載しているフィルターで除去できる物質の種類が記載されているので、確認してみてくださいね。

災害用や非常時用には化学物質や放射性物質も浄水できるミリタリースペックを

災害用や非常時の飲用水確保が目的の場合は、細菌類やウィルス除去に加え、念のため化学物質なども除去できる軍仕様スペックのものを選ぶのが最適です。セシウムなどの放射性物質も除去できるタイプのものなら、より安心ですね。たとえミリタリースペックであっても海水や高濃度に化学汚染された水を浄水することはできませんが、魚が住める程度の淡水や泥水程度ならなんの問題もありません。特別気になる水の場合は、可能であればろ過する水を煮沸した後で浄水できればより安心ですよ。

携帯浄水器のおすすめブランド・メーカー

ブリタ

家庭用浄水器で認知度ナンバーワン

ブリタは世界中でブランド展開しているドイツの浄水器メーカーです。日本でも2005年頃から販売が開始され、並みいる日本製メーカーを抑えて常に人気上位。デザイン性にも優れた製品作りが人気の秘密でリピーターも多いメーカーです。

ソーヤープロダクツ

発展途上国で水の安全問題に取り組んできた米国メーカー

ソーヤープロダクツは、浄水器や防虫剤、日焼け止めなど、アウトドアや発展途上国の安全に寄与するグッズを開発販売しているアメリカのメーカーです。キャンパーや登山ファンに知名度抜群。性能が信頼されているメーカーですよ。

カタダイン

世界中で最も販売されているスイスの浄水器専門メーカー

スイスの浄水器専門メーカーです。創業は1927年という超老舗。専門メーカーならではの様々なタイプの浄水器を開発していて、世界的にも高い評価と信頼を受けています。カタダインの浄水器は各国の軍隊や公的機関に公式採用されていて、世界中の災害現場でも大活躍です。

セイシェル

NATOや赤十字が正式採用の実力派浄水器モデルメーカー

フィルター性能に絶対の自信を持った浄水器メーカーです。CEOのカール・パーマーはアメリカろ過産業のパイオニアと言われるほど。セイシェルは実際自社の浄水器がどれくらい有害物質を除去できているかの実験データも全公開。セイシェルの浄水器は国際赤十字やアメリカ海兵隊、北大西洋条約機構などに正式採用されています。

おすすめ&人気の携帯浄水器ランキング

ボトルタイプでおすすめの携帯浄水器

ブリタ-フィル&ゴー アクティブ (2,728円

ミネラル分はそのままに水道水の不快物質だけを除去

浄水器メーカーの老舗、ブリタの水道水専用ボトル型携帯浄水器です。ミネラル分はそのままに、残留塩素をはじめとする水道水の味やにおいに影響する9つの物質を除去します。水道水を入れるボトルと飲み口の間にフィルターが挟まっていて、ろ過しながら飲むことができますよ。

フィルターカートリッジはひとつで約150リットルのろ過が可能。カートリッジ交換も簡単です。本体ボトルは600ml。水を入れない状態での重量は150gと軽く、直接飲むだけでなく、付属のコップに水を押し出しても使用できます。

DAFI -ダフィ浄水ボトル (2,475円)

ポーランド発のキュートで手軽な水道水専用浄水ボトル

ダフィはポーランドで生まれた浄水器ブランドです。今では世界33カ国でブランド展開していて、日本でもシェアを伸ばしつつあります。ダフィ浄水ボトルは300ml、500ml、700mlと3サイズありますが、ランクインは300mlサイズのボトル。わずか50gという超軽量です。

特徴は7色展開の可愛らしいデザイン。透明なボトルから透けて見えるカートリッジとフタ部分の色を自由に組み合わせ、自分好みのボトルにできますよ。ボトル部分はソフトで持ちやすく、小さい子どもや高齢者にも使いやすいよう考えられて作られています。

アーバンテック-SUPER DELIOS(スーパーデリオス) (2,244円)

サバイバルシーンで活躍する0.1ミクロン高精度フィルター

ボトル本体に水を入れ、ボトルをつぶすように絞ることで浄水するタイプの携帯浄水器です。300mlタイプで軽くて小さいのが特徴。水を入れて絞り出すだけという簡単さで、300mlがわずか20秒ほどで浄水できますよ。

河川や湖沼の水、雨水などだけでなく、プールの水や風呂水も安全な飲料水に変えることのできるサバイバルスペック。軽量小型なので、防災用品やキャンプの荷物の中にいざという時の飲用水確保の手段として忍ばせておくのに最適です。

カタダイン-BeFreeウォーターボトル (6,600円)

本体をたたんで収納できる軽量コンパクトな高性能携帯浄水器

600mlの水を入れることのできる本体部分がソフトボトルタイプなので、丸めて収納できることが大きな特徴のひとつ。驚くほどコンパクトになるので収納場所を選びません。登山や海外旅行など荷物のかさばるシーンにおすすめです。

0.1ミクロンのホロファイバーフィルター採用で、微生物やウィルスをしっかりと除去。また、本体を握っての浄水と、本体を吊るして自由落下での浄水の2通りの使い方ができます。浄水時のストレスも少なく、握る力の弱い小さなお子さんや高齢者でも容易に使えますよ。

セイシェルサバイバルプラス携帯浄水ボトル (8,580円)

高性能フィルター搭載で放射性物質も除去

ボトルタイプの携帯浄水器の決定版ともいえる高性能な浄水性能が特徴。菌類やウィルスだけでなく、化学物質や重金属、嫌な臭いのもとまで除去してくれるミリタリースペックの携帯浄水器です。放射性物質であるセシウムについても99.78%の除去に成功というテスト結果を出しています。

カートリッジひとつで380リットルの水を浄水可能。1日1リットルを浄水しても1年以上持つコスパの良さ。本体に耐火性はないため熱湯を入れることはできませんが、その代わり非常に軽く、重量は130g。大きさも太めのペットボトル程度です。

ストロータイプでおすすめの携帯浄水器

ソーヤープロダクツ-ソーヤーミニ (3,960円)

世界70カ国以上で使われている信頼の逸品

ソーヤーミニの特徴は、なんと言っても携帯性と浄水処理能力の大きさです。本体は手に収まるサイズで重さは卵1個分ほど。浄水量は何と38万リットルです。成人が1日に必要な水分量は2~3リットルと言われています。つまり、計算上ソーヤーミニはカートリッジ交換なしで家族4人の水を約85年以上用意できることになるんです。

フィルター交換がほぼなしでそれほどの水量を浄水できる秘密は、独自のフィルター内部構造と洗浄システムにあります。付属の洗浄器を使い、ソーヤーミニで浄水した水を逆方向に流すだけで洗浄完了です。浄水性能も高く、菌類やウィルスなどの除去に優れたサバイバルスペックです。

OHKEY-携帯浄水器 (2,580円)

ペットボトル取り付け可能なストロータイプ携帯浄水器

専用のパウチもついていますが、ペットボトルに取り付けることも可能。ボトルタイプのように手軽な水筒代わりとして利用することも出来るストロータイプの携帯浄水器です。浄水量もフィルター交換なしで5000リットルと申し分ありません。

国内では、日本の厚生労働省既定の食品衛生法に適合した日本仕様品を販売しているため、安心です。専用パウチは点滴のように吊り下げて使うことも可能。非常時などに浄水した水を別容器にためておくことも出来ますよ。アウトドアにも、いざという時の備えにも使える万能タイプです。

かりはな製作所-mizu-Q PLUS (3,980円)

日本製災害用浄水器メーカーのハンディー浄水器

地震や台風など天災の多い日本。本品はそんな日本で災害時の飲用水確保のための浄水器を開発しているメーカーが開発した携帯浄水器です。一般河川の水はもちろん、風呂水や井戸水、風呂の残り湯や期限切れペットボトル水なども飲用可能に変えてくれます。

浄水量は水道水の場合、約350リットル。カートリッジを交換して繰り返し使えます。多摩川の水を浄水したテスト結果が公表されていて、それによると大腸菌などの細菌類をほぼ0まで除去。長さ約14センチ程度で、海外旅行にも持っていきやすいコンパクトサイズです。ペットボトルに取り付けて使うことも出来ますよ。

かりはな製作所- mizu-Q (1,518円)

粉末除菌剤併用で確実に菌を取り除く災害用携帯浄水器

もとが水道水ならそのまま細い本体を差し込んで、まさにストローのように吸いあげて飲用可能。重量はわずか24g。長さ約13センチほどと非常にコンパクトで子どもや高齢者でも持ちやすいサイズです。必要なものがいっぱいでパンパンになりがちな非常用バックの隙間に入れておけますよ。

水道水以外の場合は付属の粉末除菌剤を併用することで、確実に殺菌。付属の除菌剤だけで500mlペットボトル240本分を除菌できる計算になります。アウトドアでのレジャーや普段使い用ではなく、いざという時の備えとしての常備を前提とした携帯浄水器です。

LifeStraw-ライフストロー パーソナル (3,380円)

泥水でも飲み水に変えて水の安全を確保

主に北米で販売されている携帯浄水器で、日本では並行輸入品として手に入ります。濁り水や河川の水など、病原体や寄生虫、泥などをろ過し、透明で安全な水に浄水してくれます。浄水量は1000リットル。災害時にも威力を発揮する1本です。

もともとは発展途上国で汚染された水しか手に入らない子どもたちを救うために開発された本品。化学薬品は除去できないので、プールの水や化学的な汚染水などには使えませんが、アウトドアや災害時の水確保には十分なサバイバルスペックです。

ポンプタイプでおすすめの携帯浄水器

MSR- ミニワークスEX(16,500円)

1分間に1リットルの浄水スピードが特徴

独自のエアスプリングアキュレーター機能で、スピーディーな浄水が可能。そのスピード、なんと1分間に1リットルです。浄水量も2000リットルと十分なため、大人数でのキャンプや災害時に飲用水だけでなく料理に使う水まで用意できる優れものです。

バクテリアや微粒子、臭いのもととなる物質を除去してくれるセラミックフィルター搭載。災害時に使うことを考慮していて、メンテナンス時に道具を使わず分解できます。その場で浄水能力を復帰させることができるのもうれしい特徴のひとつです。

ミヤサカ工業-ポリタンク型非常用浄水器 コックン飲めるゾウミニ (32,780円)

国内メーカーだからこそ生まれた日本の災害現場にマッチした携帯浄水器

18リットルタンクに浄水器がセットされた、非常時前提の携帯浄水器です。家の中での使用や、車中避難での使用が前提です。期限の切れたペットボトルの水や貯水タンクの水、風呂水、プール水、雨水など、災害時に手に入りやすい水を安全な飲用水に浄水できますよ。

災害時に給水車から得た水は、保存状態や家庭に運ぶ時の衛生状態によって菌類が発生する可能性もあります。災害時には、疲れやストレスで抵抗力が落ちています。衛生状態に疑問がある水も本品を使って病原体を取り除くことで、弱った体にも安心できる水になりますよ。浄水しても飲用に適さない水も、オプションパーツでシャワー水に利用することも出来ます。

カタダイン-ポケット セラミックフィルター (44,361円)

浄水器専門老舗メーカーカタダインの最上位モデル

カタダインの最高ランクモデル携帯浄水器です。耐久性能が高く、何年も使用せずにいたとしても、フィルター性能が変化しません。浄水量はなんと50000リットル。キャンプで使っても、災害用としても、威力を発揮する携帯浄水器です。

セラミックフィルターには抗菌効果の高い銀を配合。病原体やバクテリアを効果的に浄水します。丈夫さと高い性能から各国の軍隊や各種公的機関で正式採用されています。大きさは1.5リットルのペットボトル程度と、防災用品としては持ち運びがしやすいです。

シーガルフォー-ファーストニードトラベル・ピュア (38,600円 )

海外旅行用に特化した携帯浄水器

シーガルフォーは、アメリカのゼネラルエコロジー社の浄水器ブランドです。浄水処理能力の高さには信頼と実績があり、世界各国の大手航空会社や船舶会社、国連や各国軍だけでなく、災害救助隊や登山探検隊など過酷な現場で正式採用されています。日本でも日本航空や自衛隊、気象庁などで使われています。

信頼の高いフィルター性能そのままで携帯用に開発された本品は、主に海外旅行で使われることを想定されています。赤十字が派遣されるような水の安全がかなりあやしい地域を前提として開発。日本人が普通に海外旅行する先では、何の問題もなく使えますよ。

シーガルフォー-ファーストニードXLE (20,980円)

放射性物質の浄化実績も持つ高機能携帯浄水器

病原体やウィルス、寄生虫だけでなく、有害な化学物質も浄水できる能力を持つ携帯浄水器です。浄水能力については社内だけではなく、各国の検査研究機関でも繰り返しテストされているので安心です。アウトドアを想定して開発されているため、高性能なのにコンパクトに持ち運びできます。

農薬や殺虫剤、カドミウムなども浄水可能。東日本大震災直後の福島で、放射性物質の入った原水を浄水したところ、ヨウ素やセシウムなどの放射性物質が検出されなくなったという実験データもあります。災害用として備えておいて損のない携帯浄水器です。

まとめ

サバイバルスペックでフィルターが手に入りやすい携帯浄水器がおすすめ

自然の中にある水や少しあやしい海外の水、古い水などを浄化するのに便利な携帯浄水器のおすすめランキングを紹介いたしました。ランキングの携帯浄水器はどれもおすすめです。国内でのアウトドアや観光旅行で行ける範囲の海外旅行での使用を考えて携帯浄水器を考えている場合は、菌類やウィルスなどが浄水できるサバイバルスペックのボトルタイプやストロータイプが特におすすめです。災害用にもサバイバルスペックで十分ですが、地域や状況によって心配な方は、化学物質も除去できるタイプのものがおすすめですよ。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

コメントを残す

*