おすすめの自転車チャイルドシート人気比較ランキング!【前乗せも】

自転車での移動時に子どもが一緒に乗れたら移動が楽になって便利ですよね。そんな時におすすめなのが自転車チャイルドシートです。自転車チャイルドシートがあれば子供と一緒に自転車で移動できるようになるため、買い物にも行きやすくなります。車で行くほどの距離ではない場所への移動が楽になるでしょう。そこで今回は、おすすめの人気自転車チャイルドシートをランキング形式でご紹介します。自転車チャイルドシートは種類がいくつかありますので、選び方を押さえておくことも大切です。選び方についても解説しますので、ここを参考に使いやすい自転車チャイルドシートを探してみましょう。

自転車チャイルドシートの特徴

車を使わずとも子供と一緒に移動ができる

自転車チャイルドシートは自転車に付属できる子ども用の椅子です。子どもとの移動は車が多いかと思いますが、自転車チャイルドシートを付けておけば自転車で移動することも可能になります。ちょっとした距離の移動時に役立つでしょう。

移動時の子供の安全を確保できる

自転車チャイルドシートはベルトが付属していますので、走行中に子どもが落ちることもありません。ベルトには3点式と5点式がありますので、子どもの年齢に合わせて選ぶことがおすすめ。体をしっかり固定しておけば落下の危険性なく安全に移動できます。

自転車チャイルドシートの種類

前乗せタイプ

大人の目が届くから子どもが何をしているかわかりやすい

前乗せタイプは自転車のハンドル部分に設置する椅子です。1歳から4歳ごろまでのお子さんが乗れるため、お子さんが小さくて後ろに乗せるのが不安という方に最適ですよ。前にいるので何をしているかが一目で確認できるメリットがあります。

ハンドル部分に付けるためハンドルが重たくなりますが、お子さんの様子が見えた方が親としては安心できるでしょう。前に乗っているため、お子さんに風が当たりやすくなります。防寒用にシートで防げますので冬はシートを一緒に使うことがおすすめです。

後ろ乗せタイプ

ハンドルが安定しやすいから安全運転ができる

後ろ乗せタイプは後輪部分に乗せるタイプの椅子です。後ろ乗せタイプは前乗せタイプより年齢制限が幅広く、1歳から6歳までのお子さんにおすすめです。自転車の運転中に動かずにいられる年齢であれば、後ろ乗せでも問題なく乗れるでしょう。

後ろ乗せタイプは運転中にお子さんの様子を確認することができません。不安であれば腰周りだけでなく肩まで固定できる5点式のベルトを選ぶと良いでしょう。後ろ乗せは運転が安定しやすいため、前乗せタイプよりも自転車走行の安全性を確保できます。

自転車チャイルドシートの選び方

シートベルトの種類で選ぶ

1歳から2歳のお子さんを乗せるなら5点式シートベルト

1歳から2歳くらいのお子さんはじっとしていてと言っても動いてしまうことが多いかと思います。運転中に動くと落下の危険性もあるため、5点式のシートベルトがおすすめです。5点式は両肩と腰周りを固定してくれるので、体にベルトをフィットさせれば椅子から大きく離れることができません。動く範囲が最小になるため落ちることもないでしょう。

言い聞かせができる年齢なら3点式シートベルトでもOK

言い聞かせができる年齢のお子さんであれば3点式がおすすめです。3点式は腰周りの固定のみ行うタイプなので、装着が楽に済むというメリットがあります。取り外しも簡単なので移動時に楽になりますよ。腰部分を固定するので落下の危険性はありませんが、体にしっかりフィットさせるようにベルトを調整しておくことが大切です。

製造国で選ぶ

安全さを重視したい方には日本製がおすすめ

走行中の安全性を何よりも重視したい方は、日本製のチャイルドシートを選びましょう。日本製の物はデザインが豊富にないものの、安全性に特にこだわった仕様の物が多くなっています。安全性を保障するSGマークがついたものも多いので、安心して購入できるでしょう。シンプルなデザインの物が好みの方にも日本製はおすすめです。

安全さだけでなくデザイン性にもこだわりたい方は海外製

海外製の物はデザイン性に優れているという特徴があります。もちろん走行中の安全性も確保していますので、日本製と比べて危険ということはありません。海外製はチャイルドシートの形だけでなく、カラーにもこだわっています。日本製にはない個性的なカラーも多いので、かわいくおしゃれなチャイルドシートが欲しい方は海外製から選びましょう。

機能で選ぶ

ヘッドレストが付いていれば転倒時も安心

チャイルドシートにはヘッドレストが付属しているものもあります。ヘッドレストがあれば自転車転倒時に頭を強く打ち付ける心配がありません。ヘッドレストがクッションになるため、大怪我を防げます。またヘッドレストがあればお子さんが眠ってしまった時に枕として使えます。自転車での移動時、お子さんが快適に過ごせるよう活躍してくれるでしょう。

後ろ乗せタイプはリアキャリアの耐荷重をチェック

後ろ乗せタイプは自転車のリアキャリア部分に取り付けます。リアキャリアとは後輪の上に付いている椅子のような部分のことです。この部分には耐荷重が定められていますので、耐荷重がどれくらいかを事前に確認しておきましょう。チャイルドシートを選ぶ時はチャイルドシートと子どもの体重が耐荷重内である必要があります。耐荷重をオーバーすると安全性が確保できませんので、必ずこの項目をチェックしておきましょう。

自転車チャイルドシートのおすすめブランド・メーカー

Polisport

豊富なカラーの自転車チャイルドシートを展開

Polisportはヨーロッパやアメリカなどを中心に展開する海外メーカーです。レッドやピンクと言った豊富なカラーを展開しているので、性別に合わせてカラーを選びたい方に最適。シリーズによって形も異なりますので、好みの形状で選んでも良いでしょう。

OGK

製品保証付きのチャイルドシートを展開する日本メーカー

OGKは日本メーカーで、展開するチャイルドシートには製品保証を付けています。万が一製品に欠品があった時は保証を利用することができるため安心。フロントとリアチャイルドシートの他に、レイングッズなどのオプションも豊富に取り揃えています。

ブリヂストン

ブリヂストン独自の厳しい検査をクリアしたチャイルドシートを展開

タイヤメーカーとして知名度の高いブリヂストンからも自転車チャイルドシートが展開されています。SG試験と社内の厳しい審査をクリアした安全性の高いチャイルドシートを用意しているので、安全性を重視したい方に最適。リア用のチャイルドシートを豊富に取り揃えています。

Yepp

個性的でおしゃれな自転車チャイルドシートを展開

Yeppはオランダのメーカーで、個性的なデザインのチャイルドシートを複数展開しています。Yeppのチャイルドシートはカラバリが豊富なこともポイント。お子さんの好みのカラーを選べますので、デザイン性にこだわりたい方に特におすすめのメーカーです。

おすすめ&人気の自転車チャイルドシートランキング

前乗せタイプでおすすめの自転車チャイルドシート

Polisport-グッピー・ミニ (14,300円)

ヨーロッパのデザインWord賞を受賞したおしゃれなデザイン

2012年にヨーロッパのデザインアワード賞を受賞した自転車チャイルドシートです。5点式のシートベルトなのでお子さんの体をしっかり固定。落下の危険性を防ぎます。ベルトにはパッドが付属しているので、ベルトで体を痛めることもないでしょう。

座る部分に付属しているクッションは洗うことも可能なので、汚れても洗えばきれいな状態をキープできます。人工工学に基づいた作りなので乗り心地のよさも抜群。デザイン性にも安全性にも優れたチャイルドシートです。

OGK-FBC-015DX (7,300円)

持ち手が付いているから子どもも楽しめる

チャイルドシートの前部分に持ち手が付属しています。持ち手はハンドルのようになっているので、お子さんも運転しているかのような感覚を味わえるでしょう。5点式シートベルトなので安全性もしっかり確保できます。

大きめのヘッドレストが付属しているため、万が一の転倒時にお子さんの頭部を守ることが可能です。足を置くステップは3段階の調整ができるので成長に合わせて変えられます。身長を気にすることなく長く使えるでしょう。

Yepp-ミニ・セット(フロント取付タイプ)(23,100円)

子どもの体に良く馴染むクッション付きだから乗り心地抜群

椅子部分に子どもの体にぴったりフィットするクッションが付属しています。座り心地が良いため、運転中も快適に座ってくれるでしょう。肩部分のパッドもとても柔らかいため、しっかり体を固定してもベルトによって体が痛くなることもありません。

ヨーロッパ基準をクリアしているため、安全性も保障されています。カラバリはオレンジやネイビー、ピンクやホワイトなど13色を展開。お子さんが好みの色に合わせても良いですし、自転車の色に合わせて選んでも良いでしょう。

Polisport-ビルビー ジュニア (12,650円)

デザイン性と安全性のどちらにも優れたチャイルドシート

人工工学に基づいて設計されている自転車チャイルドシートです。子どもが乗りやすいように作られているため、座り心地も抜群ですよ。ヨーロッパ基準をクリアしているため安全性も確保。子どもの怪我の心配も少なく、安心して乗せることが出来ます。

3点式ベルトなので着脱も楽に行えます。肩部分のベルトがないことでお子さんも締め付けなく快適に乗れるため、言い聞かせができる年齢の方におすすめです。ステップ部分は5段階の調整ができるので、身長に合わせて変えれば長く使用できますよ。

bobike-ワン・ミニ (17,600円)

耐久性の高いコンパクトなチャイルドシート

コンパクトでシンプルなデザインが魅力の自転車チャイルドシートです。チャイルドシートは二重壁構造なので万が一転倒しても破損する恐れが少なくなっています。子どもの体も衝撃からしっかり守ってくれるでしょう。

カラバリはイエローやレッド、サックスなどの10色を展開。肩部分を固定する3点式ベルトなので子どもが走行中に暴れないようしっかり固定できます。クッションも肩パッドもソフトな触り心地なので快適に座れますよ。

bobikeクラッシック・ミニ (15,400円)

オランダで大人気のシンプルデザイン

オランダで20年以上のベストセラーとなっている自転車チャイルドシートです。余計なもののないシンプルなデザインですが安全性はしっかり確保。お子さんの落下を防ぐ仕様になっているので、多少暴れても落ちる危険性は少ないでしょう。

カラーはブラックとグレーを展開。どちらも落ち着いた色合いなのでどんな自転車にも馴染みます。チャイルドシートの裏にはレインカバーを収納するポケットも搭載。安全性と実用性に優れているため使いやすいですよ。

OGK-フロント子供のせ FBC-003S2 (2,300円)

コンパクトだから運転の邪魔になりにくい

サイズがとてもコンパクトなため運転の邪魔になりにくい自転車チャイルドシートです。サイズが大きいとハンドル操作もしにくくなりますが、こちらは小さいため快適に運転が可能。安全運転をすることで子どもの安全も確保できます。

カラーはブラックとピンク、ベージュなどの4色を用意しています。自転車に馴染みやすいカラーを揃えているからお子さんの好みのカラーを選ぶと良いでしょう。コストにも優れているため、できるだけ費用を抑えたい方にもおすすめです。

後ろ乗せタイプでおすすめの自転車チャイルドシート

暮らしプラス本館-チャイルドシート ヘッドレスト付 (5,980円)

ヘッドレスト付きだから子どもが寝ていても安心

しっかりとした作りのヘッドレストが付属しているチャイルドシートです。お子さんが寝ていればヘッドレストにもたれることができますし、転倒時はお子さんの頭部を保護することも可能。肩部分を固定する3点式ベルトなので落下の危険性もありません。

強度の高いプラスチック素材を採用しているので耐久性の高さも抜群。一度購入すれば壊れることなく長く使えるでしょう。ステップが大きく足を置きやすいため、後輪にお子さんの足が巻き込まれることによる事故も防止できます。

OGK-RBC-015DX (7,940円)

5点式シートベルトだから安全性が高い

肩部分と腰部分をしっかり固定する5点式シートベルトです。ベルトをお子さんの体にフィットさせておけば落下の危険性がありませんので、安全に移動ができます。持ち手も付属しているので持ち手を持たせておけばより安全を確保できるでしょう。

大きめのヘッドレストが付いているため転倒時のお子さんを保護。寝ている時は頭をヘッドレストに付けることもできるため、見えなくても安心です。ステップは2段階調整が可能なので、成長に合わせてステップを変えてあげましょう。

Qibbel-リアシートキャリアセット (18,480円)

着せ替えマットでかわいくおしゃれなチャイルドシートに

こちらのチャイルドシートのマット部分は着せ替えが可能です。マットを変えればチャイルドシートの印象が随分と変わるため、お子さんの年齢に合わせてマットを付け替えてあげましょう。遊び心があるため親子で楽しめます。

ヨーロッパの安全基準をクリアしている仕様なので安全性も確保。デザインは10通り用意されているので、好みの柄を選べますよ。コンパクトで余計なものが付いていないデザインなので、スタイリッシュなものが好みの方にも最適です。

OGK-チャイルドシート RBC-009S (6,100円)

シンプルでコストに優れたチャイルドシート

シンプルな設計の自転車チャイルドシートです。よく見る形状のチャイルドシートなので個性的なものより一般的なものが好みの方におすすめ。座る部分が広いためお子さんを乗せていない時はカバンなどの荷物を載せることも可能です。

ステップ部分が大きくなっているため車輪部分に足が接触する恐れも少なくなっています。お子さんの足を巻き込んでの事故を防げるでしょう。背中部分が大きく開いているので、暑い時期でも背中が蒸れることもありませんよ。

Yepp-マキシ・ イージーフィット・セット (27,500円)

シンプルだけどかわいらしいオランダ製チャイルドシート

シンプルなデザインですがかわいらしさもある自転車チャイルドシートです。デザイン性に優れているだけでなく、座り心地の良さも追及。人間工学に基づいた作りになっているので、お子さんも快適に座れるでしょう。

肩や腰をしっかり支える5点式ベルトだから運転中も安心。クッションは柔らかな仕様になっているのでお尻が痛くなることもありません。カラバリが13色と非常に豊富なため、お子さんの好みのカラーを選んであげましょう。

Yepp –ネクスト・マキシ(後ろキャリア取付タイプ) (28,600円)

カラバリ豊富なチャイルドシート

7色のカラーを展開しているチャイルドシートです。性別を問わないグレーやブラックの他、オレンジやブルーと言ったカラーも用意。兄妹で使うなら性別を問わないカラーにしても良いですし、子どもが好きな色を選んでも良いですね。

5点式のベルトなので体をしっかり固定することが可能。背もたれは頭をすっぽり覆うほどの高さなので、運転時に子供眠ってしまっても安心です。乗り心地抜群の屋わからなシートは水性仕様なので、汚れてもさっと拭けばきれいな状態を保てます。

Bilby-CFS(後乗せ・キャリア取付タイプ) (15,400円)

お子さんをしっかり守る設計だから安心

お子さんの体を覆うようなデザイン設計になっているチャイルドシートです。転倒時もチャイルドシートがしっかり保護してくれるので落下時の怪我を最小限に抑えることができます。走行中の落下の危険性もないでしょう。

ベルトは5点式なので体全体をしっかり固定。ベルトはお子さんでは外しにくくなっているため、運転中に姿が見えなくても安心です。7色のカラーを展開しているため、お子さんの好みや性別で選べる点も魅力ですよ。

ブリヂストン -RCS-S1 リアチャイルドシート (9,300円)

大手タイヤメーカーが展開する軽量チャイルドシート

こちらのチャイルドシートは軽量にこだわったタイプです。スタイリッシュなデザインにすることで3.1kgの軽量化に成功。取り外しが簡単に行えるだけでなく、安全運転もしやすくなります。SG規格に適合しているので安全性も高いですよ。

ヘッドガード部分が大きいためお子さんの頭部をしっかり保護。付属のシートベルトは調整が可能なので、お子さんの成長に合わせてベルト位置を変えてあげましょう。耐久性が高いため1歳から6歳まで長く愛用できます。

まとめ

子どもの年齢に合った安全な自転車チャイルドシートがおすすめ

長く使えるチャイルドシートを探すなら子どもの年齢に合った安全な自転車チャイルドシートがおすすめです。チャイルドシート別に推奨される年齢が異なります。年齢外の物を使用するとお子さんの安全に関わりますので、年齢に合ったものを選びましょう。長く使いたいなら1歳から6歳まで使用できるものがおすすめです。また安全性が確保されていることも重要。海外製であれば国の安全基準を満たしているもの、日本製であればSG規格に適合したものが良いでしょう。安全性が高ければ高いほど移動も安心して行えます。今回はおすすめの自転車チャイルドシートをランキング形式でご紹介しました。安全性の高いチャイルドシートを見つけて、お子さんとのおでかけを楽しんでくださいね。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

コメントを残す

*