フレームタイプのスーツケースのおすすめ人気比較ランキング!【機内持ち込みサイズも】

スーツケースには大きく分けて、フレームタイプとファスナータイプに2種類があるのをご存じでしょうか。今回はスーツケースの中でもフレームタイプのスーツケースをピックアップして、さらに掘り下げて説明をしていきます。フレームタイプのスーツケースにはどんな性能や機能があるか、人気のブランドともにランキング形式でおすすめのスーツケースをご紹介。きっとファスナータイプにはないフレームタイプ独自の魅力やメリットが見つかるはずです。

フレームタイプのスーツケースの特徴

ファスナータイプよりセキュリティー面が安心

スーツケースの開閉箇所が布のファスナータイプに対し、フレームタイプは開閉箇所が金属でできています。そのため柔らかい布製にはない、金属の頑丈さで簡単には開封できない設計がポイント。金属部分のため、バールなどでこじ開けないとそう簡単には開けることはできません。

お酒や香水など壊れやすい中身のときは最適

フレームタイプのスーツケースは開閉口が金属でできていることから、横からの衝撃に強いという特徴も。柔らかい素材で変形しながら、衝撃を抑えるファスナータイプとは異なり、スーツケース全体に強度が外部からの衝撃を守ります。す。飛行機内でたくさんのスーツケースが重なった際に、押しつぶされるというようなこともありません。そのため、壊れやすいものや型崩れしやすい荷物も、安心して運ぶことができます。

フレームタイプのスーツケースの種類

金属製

頑丈でセキュリティー重視

オール金属でできているフレームスーツケースは素材自体が固いため、一番の強度があります。スーツケース自体が変形しないため、外からの衝撃を抑え、中の荷物をしっかり守ります。金属製のスーツケースは丈夫な分、重たいというデメリットがありますが、なめらかに走行するキャスター付きのスーツケースを選択すれば持ち運びはしやすくなるので安心です。

金属製のフレームスーツケースには、見た目のメリットもあります。金属の質感は非常に高級感もあり、かっこいいフォルムには根強いファンも。有名メーカー、ブランドは、金属の中でも比較的軽く丈夫なアルミやマグネシウム製を用いたスーツケースが人気です。価格も高めになりますが、強度、見た目とも満足度の高いスーツケースとなっています。

ABS樹脂製

安い素材でコスパ重視の方におすすめ

スーツケースの開閉部分は金属を用い、そのほかのボディの部分をABS樹脂で作っているフレームスーツケースです。ABS樹脂はプラスチックの素材の一種で軽さが特徴。ABS樹脂は、表面に光沢がありとてもきれいな見た目のため、家電や電気製品などにも使われることも多いです。印刷特性にも優れているため、スーツケースのボディにも非常に優れています。

ABS樹脂のプラスチック製スーツケースは低価格なことも魅力。もともと開閉部に金属が使われるため、ファスナータイプに比べて高額なフレームスーツケースもプラスチック製なら安価な価格で手に入ります。開閉部はセキュリティを重視し、丈夫なスーツケースがよいが、価格や重さに不安があるという方には最適な素材ですよ。

ポリカーボネート製

多少のたわみは生じるが頑丈で軽量

ポリカーボネートとはプラスチックの一種であり、アクリル板と同じ素材です。トップクラスの軽い素材が特徴で、重さがネックのフレームスーツケースの悩みを解決します。軽い分、素材が柔らかいため多少のたわみは生じますが、それでも開閉部が金属のフレームスーツケースは、ファスナータイプよりも強度があるので安心です。

最近ではABS樹脂とポリカーボネートの両方の素材を使ったハイブリッドのフレームスーツケースも多く人気。ポリカーボネートだけでは硬さに不安があった部分を、プラスチックの中でも硬いABS樹脂が補強します。ポリカーボネートのスーツケースは柔らかい、軽くて心配という方は、ハイブリッドタイプの素材のスーツケースを選んでみてくださいね。

フレームタイプのスーツケースの選び方

サイズで選ぶ

国際線の機内持ち込みなら高さと横幅と奥行きの合計が115センチ以内

フレームスーツケースは質量が重たい分、小型サイズを購入する方も多くいます。預け用荷物と機内持ち込み用で分ける使い方もおすすめです。預け荷物とは分けて、パソコンや壊れやすいものを手荷物としてフレームスーツケースにいれて機内に持ち込めば安心です。特に海外出張の多いビジネスマンにはハイブランドのフレームスーツケースも人気ですよ。

3泊から7泊の平均的な海外旅行なら60L前後のMサイズ

頻度の高い旅行日数に適した汎用サイズ。ひとつ60Lサイズのフレームスーツケースを常備しておけば、たいていの旅行に活用できます。フレームスーツケースはボディが固い分、伸縮性がないため荷物が増えるのは避けたいところです。短めの旅行でも、帰りのお土産分や荷物を考慮し、大き目のフレームスーツケースで旅行に行けば安心です。

旅行スタイルで選ぶ

海外出張などビジネス向きなら軽量なものが便利

ビジネスで使うときは移動が多いため、質量の重たいフレームスーツケースはやや不向きです。ですがセキュリティ面や、たくさん使う耐久性を考えると、フレームスーツケースのメリットはたくさんあります。軽量のスーツケースは、ボディ部分がプラスチック製のものや、金属の中でも比較的軽いアルミ素材を中心に探してみるとよいかもしれません。

家族旅行ならたわみがない分通常よりも大き目サイズを

家族旅行は、一人一台スーツケースを持たず、一つのスーツケースに家族数人の荷物を入れることも。フレームスーツケースはボディが固い分、たわみがなく多めに荷物をいれてしまうと閉じることができません。旅行日数にもよりますが、80L以上のLサイズからLLサイズであれば大は小をかねる、ということで荷物が増えても安心ですよ。

持ち運びやすさで選ぶ

360度移動できるマルチホイールは重いスーツケースも楽々運べる

重たいフレームスーツケースの走行はキャスターの種類にも左右されます。走行がなめらかであれば、安定してスムーズにスーツケースを引くことができます。360度自由自在に向きを変更するマルチホイールのキャスターなら、方向転換も自由自在。小さな手の力で負担なく、スムーズに移動ができますよ。特に海外旅行などで整備されていない道路や石畳の上を重たいスーツケースを引くのは一苦労。キャスターの機能も選ぶ際にきちんと見ておくことをおすすめします。

持ち手の高さが自由に変えられると運びやすい

持ち手を自由に変更できるタイプは、男性、女性、背の高さに関係なく持ちやすい高さに設定できるのでおすすめです。階段の登り降りや、坂道などでも段階的に調整できることで、様々なシーンに合わせて自分の持ち運びやすい高さに設定できます。切り替えが簡単にできるか、また持ち手を使わないときの収納のしやすさも一緒に確認してみてくださいね。

フレームタイプのスーツケースのおすすめブランド・メーカー

LEGEND WALKER(レジェンドウォーカー)

フレームはアルミ素材採用のコスパ抜群のスーツケース

レジェンドウォーカーは低価格かつシンプルなフレームスーツケースが人気のメーカーです。サイズ展開、色展開も豊富でお気に入りのひとつを探すことができます。日本のメーカーのため、品質も安心できますよ。

RIMOWA(リモワ)

高級ブランドの高品質アルミボディが魅力

RIMOWAはハイブランドで人気のドイツの老舗スーツケースのメーカーです。洗練されたアルミボディのフレームスーツケースは、高級感があり、かっこよさに定評があります。価格は高めですが、セレブや海外出張の多いビジネスマンの間では人気で、憧れのスーツケースです。

Proevo(プロエボ)

衝撃を吸収し走行音もなく静かに運べるキャスターが魅力

プロエボは、アルミニウムとマグネシウムの合金の金属ボディにも関わらず低価格を実現しているメーカーです。キャスターにもこだわりがあり、なめらかな走行の他に、バスや電車で勝手にスーツケースが転がるのを防ぐ機能も搭載されています。価格もお手軽で、軽めで持ち運びしやすいスーツケースをお求めの方におすすめのメーカーです。

Samsonite(サムソナイト)

スーツケース人気ブランドのワンタッチフレームが使いやすい

サムソナイトはスーツケースの名門ブランド。Curvというスーツケース用の独自素材を開発し、軽くて丈夫なボディが特徴。Curvはフレーム型スーツケースの中では衝撃の軽さで、一本の指でも軽くスーツケースを引けるほどです。スーツケースにかけた名門ブランドだからこそ素材まで追求した企業努力が魅力です。

おすすめ&人気のフレームタイプのスーツケースランキング

低価格でおすすめのフレームタイプのスーツケース

TANOBI-T6008 (7,880円)

斜めのストライプがおしゃれなデザイン

ローマ柱斜め縞模様という斜めのストライプが特徴のおしゃれなスーツケースです。この斜め模様は傷にも強く、仮に傷がついても目立ちにくいというメリットもあります。似たようなデザインの多いスーツケースの中では特徴的なので、すぐに自分のスーツケースを探すことができますよ。

ボディ部分は、ABS樹脂とポリカーボネート加工で、軽さも魅力です。開閉部分は丈夫な強化アルミフレームを採用。衝撃があっても歪みにくく、堅牢性に優れています。キャリーバーや、蝶番にもしっかりとアルミが使われていますので丈夫なスーツケースです。

レジェンドウォーカー-ハードケース (8,800円)

高スペックかつ低価格のコスパ抜群のスーツケース

魅せるデザインというコンセプトで作られた洗練された大人のスーツケース。見た目もさることながら、高機能が盛りだくさんで人気のスーツケースです。強化アルミフレームと、高級ポリカーボネートとASBを混合した軽量ボディが特徴。丈夫でありながら軽量もかねています。

使いやすい内装も魅力。たっぷり収納することができます。中には両面にクロスベルトと仕切り版のメッシュポケット付き。大き目を購入して、中身がスカスカでも、ベルトがあれば荷物を固定できるので安心ですね。

BUSYMAN-スーツケース Lサイズ (10,580円)

10色展開マットな質感がおしゃれなスーツケース

傷やくぼみから大事な荷物を守るスクラッチ仕上げが特徴。縦ストライプはおしゃれな見た目だけでなく、溝がボディへの衝撃を軽減させ、大事な荷物を守ります。縦ストライプ模様は傷を防ぎやすいというメリットも。丈夫なだけでなく、見た目の劣化防止にも効果的ですよ。

360度回転するマルチホイールのキャスターも搭載。4輪ダブルのキャスターは合計8つのタイヤがデコボコした路面をスムーズに走行します。道路環境の悪い海外や、ヨーロッパの石畳の道路なども、楽にスーツケースを引くことができますよ。

FOURZERO-アルミフレーム スーツケース (8,680円)

持ち運びしやすさを追求したキャリバーの設計が魅力

キャリバーの持ち手は、持ち運びしやすいといわれている地面から100センチになるように設計されています。さらに段階調整が可能なため、男性、女性問わず使う人にあった最適な持ち手に調整可能です。持ち手部分が太めでしっかりしているため、掴みやすく簡単にスーツケースを引くことができますよ。

フレーム部分はアルミ素材を採用。ボディ部分は高級樹脂ABSとポリカーボネートの複合素材でできています。軽量で壊れにくく、頑丈です。さらにスーツケースの上部4か所の角部分は、すべてハンドメイドでつけられたコーナープロテクトが装着されています。このコーナープロテクトもしっかりと衝撃から荷物を守ってくれます。

機内持ち込みサイズでおすすめのフレームタイプのスーツケース

レジェンドウォーカー-キラキラ グリッター スーツケース (6,330円)

箱型デザインとキラキラフィルムが特徴のフレームスーツケース

フレーム部分は軽量細フレームとなっており、スタイリッシュなデザインが魅力です。強度はそのまま保ちつつ、フレーム部分を細くすることで、軽量化も実現しました。フレームタイプのスーツケースは、フレーム部分に厚さがあり存在感があるため、この細さは繊細で特徴的なデザインとなっています。

スーツケースを倒すことなく、立てたままで簡単に開封できる新型スマートTSAロックも搭載。機内持ち込みの際に、場所を取らず鍵の開閉がしやすいため便利な機能ですね。そのほかにも、人間工学に基づいた下ボタン式のキャリバーなど、使い勝手のよい性能がたくさん備わっています。

Kroeusアルミフレームスーツケース (11,000円)

正方形の形が特徴の機内持ち込みフレームスーツケース

フレーム部分はアルミ素材、ボディ部分はABS樹脂とポリカーボネート素材でできています。ボディ部分もフレームのアルミ部分と一体化したデザインがおしゃれです。ビジネス利用などでも、クールに決まる洗練されたフレームスーツケースです。

スーツケース上部のコーナーパッドは1円玉より厚いアルミニウム合金でできています。衝撃から中の荷物を守り、角の破損や傷を守ります。必要な部分にしっかりアルミ素材を使いながら、軽量かつ見た目もよいかっこいいスーツケースですね。

LOJEL-VOJA (18,700円)

レトロな色合いと見た目がかわいいフレームスーツケース

光沢の質感が多いフレームスーツケースの中では珍しいカラーとマットな質感のフレームスーツケースです。くすみがかった緑や青、赤などのカラーは全部で6色の展開があります。見た目が珍しいので、他の人とは違うスーツケースを求めている方にはおすすめです。

低価格ですが安心の10年保証付きでコスパ抜群です。ボディ部分についているシリアルナンバーをメーカーサイトに登録すると10年保証を受けることができます。スーツケースは長く使っていると、持ち手部分や開閉部分のゆがみ、キャスターの故障など様々な問題がでてきます。10年保証は魅力的な安心サポート体制ですね。

リモワ-ORIGINAL (97,599円)

憧れのオールアルミボディのフレームスーツケース

リモワといったら、やはりオールアルミボディのフレームスーツケース。アルミニウム合金製の強靭でスタイリッシュなデザインは末永く使えるおしゃれで憧れのスーツケースです。ポリカーボネート製のスーツケースも販売していますが、このアルミタイプはリモワファンの中でも根強い人気を誇っています。

リモワORIGINALは、創業120周年を機に発売されたモデルチェンジタイプ。カラー展開は、シルバー、ゴールド、ブラックの3種類に増えました。アルミニウムトランクの独特の気品や上質のデザインはそのままに、お気に入りのカラーを見つけるという選択肢も広がっています。

サムソナイト-インターセクトスピナー55 (37,730円)

クロスした模様がおしゃれな有名メーカーのスーツケース

インターセクトというのは、交差するという意味で、名前通り縦と横の溝が交差した特徴的なデザインが特徴のフレームスーツケースです。フレーム部分はアルミを採用。ボディ部分はポリカーボネート素材で軽量で運びやすさも魅力的です。

内装には、濡れたものを入れられる便利なウェットポケット付き。レジャーやスポーツで濡れた洗濯物や、出先で利用した折りたたみ傘なども簡単に収納できますよ。周りの衣類も濡れることなく収納できるので安心です。

Proevo-アルミ スーツケース (21,000円)

ボディ部分はアルミニウムとマグネシウムの合金を採用

ボディ部分は一般的なABS樹脂とポリカーボネートではなく、アルミニウムとマグネシウムの合金を利用しています。プラスチックのケースにはない、重厚感のあるデザインと強度が魅力のスーツケースです。また、合金の利用でこの価格はコスパも抜群で、おすすめですよ。

さらにボディ部分には型押しデザインを採用。この型押しボディデザインは日本に初上陸したばかりの新技術です。プリント柄とは異なり、手さわりで感じる細かい凹凸デザインは、本物のカーボンのような質感です。素材、デザイン、価格ともに申し分ない上質なフレームスーツケースです。

耐久性が高くおすすめのフレームタイプのスーツケース

Proevo-アルミ スーツケース (24,000円)

家族旅行にも最適なお手軽アルミ合金ボディスーツケース

Proevoの63キロ容量のMサイズタイプもアルミニウムとマグネシウムの合金素材。強くて頑丈なボディのフレームスーツケースです。スーツケースの容量が重たくなっても走行しやすいように、キャスターは静音8輪キャスターが採用されています。家族の大荷物を収納しても、持ち運びしやすいのはうれしいですね。

スーツケースの内部を守る中心部分もボディと同じアルミニウム合金を使用。5センチほどの極太フレームは高い強度を保ち、セキュリティ面でも安心です。アルミ合金素材で大型スーツケースが2万円代で購入できるのはコストパフォーマンスも抜群です。

BERMAS-プレステージ (30,800円)

鍵部分がしっかりしていて壊されにくい

BERMASはドイツの創業100年のカバンメーカーのスーツケースです。ドイツ人の気質で作られた堅実かつ強固でシンプルなディテールが特徴のスーツケースです。ボディ部分にはポリカーボネートを採用。強さの中に弾力性のある柔軟な質感で、強さと軽さを追求したスーツケースが特徴です。

鍵の部分は丈夫で、壊されにくく海外旅行などでのセキュリティー面も安心です。フレームの開閉部分は、ワンタッチで開閉でき、使い勝手の良さも魅力です。使い勝手の良さと、安全面の両方を追求した日本国外問わず人気のスーツケースです。

サンコー-スーパーライトMGC (30,800円)

極限までの軽さを追求した、極軽スーパーライトシリーズ

ファスナータイプよりも質量の重たいフレームスーツケースをどこまで軽量化できるか、にこだわったスーパーライトシリーズ。フレーム部分には、アルミニウムよりも軽いマグネシウム95%合金のフレームを採用しています。マグネシウムはただ軽いだけではなく、衝撃を吸収しやすく、スーツケースの耐久性も強化できる素材のためおすすめです。

ハンドル部分は抗菌加工済。空港やホテルに預ける際に、多くの人がスーツケースに触れる可能性があります。キャリーバー、トップハンドル、サイドハンドルの全てのハンドルに抗菌加工が施してあり、雑菌増殖を抑える効果があるため清潔に保つことができます。ウイルスなどの細菌付着の不安にも対応した安心の性能です。

リモワ-ハイブリッド (84,399円)

独自開発のアルミニウム合金とポリカーボネートを採用したフレームスーツケース

アルミスーツケースで有名なリモワですが、このスーツケースはアルミニウム合金とポリカーボネートのハイブリッドタイプ。頑丈な独自開発アルミニウム合金と軽さが特徴のポリカーボネート素材の良いとこ取りをしています。各パーツごとに最適な素材を施した設計はスーツケースの人気ブランド、リモワならではの特徴です。

独自開発のアルミニウム合金は、耐久性もあり、防犯性も高くオシャレなフレームタイプになっています。スーツケース上部の4つのコーナーにもアルミニウムが施されており、しっかりと強度を保ちます。強度だけでなく、アルミの光沢がデザインのワンポイントにもなりおしゃれでかっこいいスーツケースです。軽くて強くてそしてかっこいい、リモワを代表する次世代スーツケースですね。

まとめ

素材とコストパフォーマンスで選ぶフレームスーツケースがおすすめ

フレームスーツケースは、フレーム部分には多くのメーカーがアルミを中心とした金属の素材を用いていることが分かりました。ですが、ボディ部分は、オール金属やポリカーボネート、ABS樹脂と素材は様々。プラスチック製は軽くて低価格がメリットの傾向にあります。一方、アルミなどオール金属素材のスーツケースは金額が高い傾向にありますが、丈夫で有名ブランドの昔からの人気のスーツケースにも使われています。素材とデザイン、ブランドメーカーなどを基準に、自分にあうフレームスーツケースを選んでみることがおすすめですよ。ぜひ最適なスーツケースを見つけて、楽しい旅行にお出かけくださいね。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

コメントを残す

*