おすすめのミルブラシ人気比較ランキング!【カリタやレデッカーも】

挽き立ての豆を使って本格的なコーヒーを自宅で楽しめると贅沢な気持ちになりますよね。しかし、コーヒーミルは手入れをしっかりしないと、せっかくの豆の風味を活かしきれません。そんなときにおすすめなのがミルブラシです。ミルブラシは100均で購入したり、歯ブラシなどで代用したりする場合もありますが、専用のものを持てばより贅沢なコーヒータイムを楽しむことが可能。この記事では、おすすめのミルブラシをランキング形式でご紹介します。

ミルブラシの特徴

ミルに付着したコーヒーの粉を掻き出すことができる

コーヒーミルは基本的に水で洗うことができません。そのため、使用後にはブラシでコーヒーの粉を掻き出して手入れを行います。ミルブラシは、適度な張りとしなりがある毛先でミルの細かい隙間に付着した粉まで掃除ができるため、とても便利です。

こまめな掃除でいつでも美味しいコーヒーが飲める

コーヒーの粉がミルに付着したままにしておくと、新しいコーヒー豆を挽いたときに酸化した古いコーヒーの粉が混ざってしまいます。そのため、雑味が出て、せっかくのコーヒーの風味が台無しに。ミルブラシでこまめに掃除をすることで、豆本来の美味しさを味わいながらコーヒータイムを楽しむことができますよ。

ミルブラシの種類

豚毛製

程よい硬さで隅々まで粉を掻き出せる

豚毛でできたミルブラシは、程よい硬さとしなりが特徴です。細かい隙間に入り込んだコーヒーの粉でも掻き出しやすく、隅々まで綺麗にすることが可能。静電気が起きにくいので、粉が張り付いてなかなか掻き出せないということも起こりにくいですよ。

ナイロンなどの化学繊維製に比べると若干値段が上がるところや、毛がやや抜けやすいところがデメリット。しかし、使い込むと柄や毛先にコーヒーの油分がまわり、艶が出てくるなどの経年変化が楽しめます。ブラシそのものにも愛着が沸きやすいので、丁寧にじっくりと道具を育てる楽しさも味わえますよ。

化学繊維製

抜け毛が少なく安心して掃除できる

化学繊維製のミルブラシは、さまざまな種類があり選択肢の幅が広いことが特徴です。掃除中に部品に挟まって毛が抜けることも少ないため、安心して使用可能。豚毛製のものよりもリーズナブルな価格帯なのも魅力のひとつといえます。

デメリットは静電気が置きやすいことです。周囲のごみやコーヒーの粉が付着し、ややストレスになることも。しかし、張りのある毛先はよれにくく、ミルの粉受けボックスなどの広範囲もさっと掃けるので、効率の良さはピカイチです。すばやく大まかに掃除したいという場合は、化学繊維製がおすすめですよ。

ミルブラシの選び方

毛先の形状で選ぶ

毛先が極細タイプならエスプレッソのような細かい粉の掃除に便利

コーヒー豆を普段から粗挽きではなく細挽きで引いている場合は、付着する粉も細かく、掃除するのが大変です。毛先が極細タイプのものを使用すれば、細かな粉も逃さずキャッチ。掃き残しなく掃除することができますよ。特にエスプレッソ用と記載されているミルブラシは微粉も逃さず掃除でき便利。豆を細かく挽いた濃いめのコーヒーが好きな方はこのようなタイプを選ぶとよいでしょう。

毛先が5cm以上あればミルの隙間にまでしっかりと届く

ミルは複雑な形状になっているものが多く、歯の隙間、ボックスの隅など掃除しにくい箇所に粉が付着しやすいもの。毛の長さが短いミルブラシだと、狭く奥行きがある部品を掃除するときにヘッド部分がぶつかってしまい、綺麗にしたい箇所に届かないということも考えられます。毛の長さが5cm以上のものであれば、ミルの細かい隙間にも毛先がしっかり届くので、細部のお手入れがしやすくなりますよ。

握りやすさで選ぶ

力を加えずに素早く掃除するなら柄が20cm前後のものを

柄が短いミルブラシは、どうしても指先に力を入れて持つ必要があります。そのため、操るのに余計な力がかかりがちです。柄が20cm程度の長めのミルブラシであれば、力を入れずにしっかりと握ることが可能。てこの原理を利用して、手首のスナップをきかせて粉を掻き出すことができます。指先に負担もかかりにくいため、手早く掃除できますよ。

柄がくびれているものは軽い力で握れて便利

細かい部品が多いコーヒーミルは、掃除するときも手の動きを細かくコントロールすることが大切です。そのため、柄がつるつるしているタイプはずっと握っていると疲れてしまい、効率が悪くなってしまうことも。柄がくびれていて、手に握ったときにときにフィットしやすいものを選べば、軽い力でもコントロールしやすく便利ですよ。

セット品で選ぶ

ミルとセットになっているものならデザインが統一されインテリア性抜群

コーヒーミルはデザイン性が高いものも多く、カフェ風インテリアとして見せる収納を考えている方もいるのではないでしょうか。コーヒーミルとブラシがセットになっているものは、統一されたデザインでインテリアとしても抜群。出しっぱなしにしていても悪目立ちしません。すぐに使えるところに一緒にセットしておけるので、さっとお手入れできるのも嬉しいですね。

複数のブラシがセットになっているものなら掃除場所で使い分けでき便利

ミルブラシにはさまざまな種類があり、得手不得手がはっきりと分かれています。複数のブラシがセットになっているものがあれば、長所と短所をうまく使い分けて掃除することが可能。広い範囲の掃除に適しているものや、細かい刃の隙間に入り込んで粉を掻き出すものなど、ミルの部品にあわせてミルブラシを使い分けるとより丁寧に細かく掃除することができますよ。

ミルブラシのおすすめブランド・メーカー

Kalita(カリタ)

ナチュラルなデザインでインテリアとのなじみも抜群

Kalitaはコーヒーや紅茶などの嗜好品に関する機械や器具の製作及び輸入を行っている日本の企業です。Kalitaの特徴はデザイン性の高さにあります。そのままキッチンに置いても見栄えがするので、インテリアと喧嘩しません。ミルブラシもその例に漏れず、ナチュラルなデザインが特徴。カフェ風のインテリアでキッチンを統一したい方におすすめです。

上町珈琲

天然毛を使用ししっかりとしたハリとしなりで隅々まで掃除できる

上島珈琲は、創業60年の老舗珈琲店です。上島珈琲のミルブラシは、絵筆のような細いタイプからチークブラシのような太いタイプのものまで取り揃えており、使い分けできるところが特徴。天然毛使用でしっかりとしたハリとしなりを実現、ミルの細かい隙間までしっかり掃除することができますよ。

青芳

シンプルなデザインと機能も兼ね揃えたバランスのよさが魅力

青芳は、おしゃれなキッチン雑貨やテーブルウェアを取り扱う日本の会社です。青芳の特徴はシンプルなデザインと機能性の高さにあります。使い手を選ばないシンプルなミルブラシは長めのハンドルで握りやすさを実現。少しの力でらくらく粉を掻き出せますよ。

REDECKER(レデッカー)

熟練の職人によるハンドメイドで品質のよさは折り紙付き

ドイツの老舗ブラシメーカーであるREDECKERのミルブラシは、なんといっても品質の良さが特徴です。熟練の職人の手によって丁寧に作られたミルブラシはまさに一生もの。使ううちに手になじみ、愛着が沸いてきます。長年使ってエイジングを楽しみたい一品ですよ。

おすすめ&人気のミルブラシランキング

毛先の形状でおすすめのミルブラシ

青芳-コーヒーグラインダーブラシ(1,650円)

6cmもの長めの毛先でコーヒーの粉をしっかりと掻き出せる

約6cmの長めの毛先が特徴のミルブラシです。豚毛製の細い毛先がミルの隙間まで入り込み、手の届きにくいところでも簡単にお手入れできます。ブラシは程よい硬さで、粉を掻き出すときに余計な力が加わりにくいのも魅力的。

また、水洗いができるタイプのミルブラシなので、いつでも清潔に使用することもできます。木製のシンプルな柄は天然木を使用しており高級感も抜群。柄の先端には穴が開いているため、紐を通して吊るして収納することも可能です。おしゃれなミルブラシが欲しいという方におすすめですよ。

上島珈琲-職人さんのミルブラシ 馬毛(792円)

丈夫な馬毛100%の日本製で安心して使える

馬毛100%でできた日本製のミルブラシです。ブラシ部分はコシがあり、しっかりとした掃き心地を実現。たわしのような固めの毛で、ミルの金属部分にも負けない丈夫さを誇ります。日本の職人の手で丁寧に作られており、ブラシの毛の抜けもほとんどなく安心して使用できますよ。

毛先は2cmと短めなので、ミルの奥の方までは届かないことがデメリット。しかし、広範囲をざっくりと掃除するのには適しているので、使い分け用としてひとつあると重宝するでしょう。国産にこだわりたい方や、丈夫なブラシを探している方におすすめです。

上島珈琲-職人さんのミルブラシ 豚毛細タイプ(1,650円)

柔らかで弾力のある豚毛製で汎用性高く利用できる

絵筆のような形をした豚毛100%のミルブラシです。柔らかく弾力がある毛先は、1本1本が極細なのでマシンの隅までしっかりと掃除が可能。繊細な部分も傷つけずに手入れができますよ。安心の日本製なのも嬉しいですね。

毛先は3cm程の長さで短めですが柄は20cmの長さがあるので持ちやすく、力加減がしやすいのも特徴。平筆型なので、広範囲をざっと掻き出すことも、細かい部品の隙間に添わせるように掃除することも可能です。汎用性が高いので、使い手を選ばないミルブラシといえるでしょう。

Kalita-ミル用クリーニングブラシ(165円)

広範囲をさっと掃除したいときに便利

広範囲を掃除するのに便利な刷毛タイプのミルブラシです。長さは約12cmと短めではありますが、コシのある短めの毛先がしっかりとコーヒーの粉を掻き出してくれます。ミルの奥にはやや届きにくいため、毛先の長いタイプのミルブラシと併用するとより丁寧に掃除ができるでしょう。

毛先が短いため、構造が複雑なミルの掃除がしにくいことがデメリット。しかし、シンプルな構造の電動ミルでは抜群の効率の良さを誇ります。リーズナブルな価格帯も魅力的。お試しでミルブラシを使ってみたいという方や、お手入れをさっと簡単に終わらせたいという方にもおすすめです。

REDECKER-コーヒーエスプレッソマシーンブラシ(1,540円)

長さ6cmの毛先で掃除しやすくエイジングも楽しめる逸品

オイル仕上げの天然木と豚毛を使ったミルブラシです。約6cmある長い毛先で、コーヒーマシンやミルの隅に付着したコーヒー粉も逃さず掻き出すことが可能。 静電気で張り付いた粉もコシのある毛先でしっかりと掃除できますよ。

色はキッチンになじみやすいナチュラルとダークブラウンの2種類。柄にレザー紐がついているので、吊るして収納が可能です。天然木を使用した柄は使い込むほどにエイジングするため、長く愛用したいという方にはピッタリですよ。美味しいコーヒーが飲めるだけではなく、道具を育てる楽しみが増えるのも嬉しいですね。

安吉-コーヒーミルブラシ(890円)

長い毛先と持ちやすい柄で汎用性高く使用できる

毛先が6cmと長めのミルブラシです。コーヒーマシンの奥まで入り込み、細かい粉もしっかり掃除できます。刷毛には程よいしなりとコシのある繊維樹脂を採用。丈夫でへたりにくく、広い範囲をざっとお手入れするのに重宝するでしょう。手に入れやすい価格帯も嬉しいですね。

柄にはくびれがあるので握りやすく、負担がかかりにくいのも魅力的です。優しく掃除したい場合などでも力加減を細かく調整でき、傷つきやすいアルミ製のミルの手入れにもぴったり。マシンを傷つけずにミル表面の細かい粉を払い落とすのにも便利です。感覚的に掃除できるため、ミルブラシ初心者にもおすすめですよ。

握りやすさでおすすめのミルブラシ

上町珈琲-ミルブラシ 先細毛タイプ(682円)

くぼんだ柄の形で手にフィットしやすい

柄の部分がくぼんでおり、手の形にフィットしやすいのが特徴のミルブラシです。毛先が細く、毛束もチークブラシほどの量なので、広範囲をざっと掃除するときに便利。静電気も起きにくく、コーヒーの微粉をさっととりはらうのにちょうどいい大きさです。

木製の柄はシンプルでデザイン性もあるため、ミルと並べて置いておいても生活感がでにくいのもポイント。リーズナブルな価格帯で手に取りやすいのも魅力的です。余計な力を使わずに手軽に広い範囲をざっと掃除したいという方におすすめですよ。

青芳-コーヒーミルブラシ(646円)

約19cmの長めのサイズで力を入れずに掃除できる

約19cmと長めのサイズが特徴のミルブラシです。長めに設計された柄は持ちやすく、余計な力を入れなくてもコーヒーの粉を掻き出せます。平たい形のブラシは横にして使えば広い範囲を、縦にして溝に添わせるように使えば部品の隅までしっかりと掃除でき便利。

ポリプロピレンでできたブラシは丈夫でハリがあるのが特徴。静電気が起こりやすいのがデメリットではありますが、毛先がよれにくく、効率よく手軽にお手入れできます。抜け毛の心配がないのも嬉しいですね。気軽にさっとお手入れしたいという方や、ミルブラシ初心者の方にもおすすめですよ。

REDECKER-エスプレッソブラシ(2,200円)

角度のついた柄で歯ブラシのように使用できる

角度のついた柄が特徴的なミルブラシです。短く固いナイロン製の毛先でエスプレッソのような細かい粉をしっかり掻き出すことが可能。丈夫なので気軽にガシガシと使えます。マシンの隅にこびりついたコーヒーの粉も綺麗に落せますよ。

柄に角度がついているので、歯ブラシのように使えるのも嬉しいポイント。手に余計な負担をかけず掃除できます。レザー紐付きなので、ミルのレバーにひっかけて収納可能です。見た目もナチュラルで高級感があり、インテリア性も抜群。ミルのお手入れも楽しくなりそうですね。

上町珈琲-ミルブラシ 豚毛太タイプ(1,012円)

26cmの柄で持ちやすく少ない力でも効率よくお手入れできる

毛束が多く、ホウキのような形をしたミルブラシです。柄の長さは26cmあり、握りやすいのが特徴。てこの原理でスナップをきかせて掃除できるので、手に負担がかかりにくく、少ない力でお手入れが可能ですよ。

豚毛100%の毛先はやや長めの3.5cm。少し長めなのでしなやかに動き、細かなミルの隙間でも掃除しやすいのも嬉しいポイント。小さなホウキのようにさっと感覚的に使えます。広い範囲を掃除するのにもぴったりなので、お手入れに時間をかけたくない方にもおすすめですよ。

Diguo-エスプレッソ用ミルブラシ(515円)

指が引っ掛かりやすく鉛筆を持つように使える

ころんとした形がかわいらしいミルブラシです。木でできたハンドルには丸みを帯びた突起があり、指が引っ掛かりやすく持ちやすいのが特徴。鉛筆を持つような感覚で掃除ができます。柄の長さも19cmと短すぎず、扱いやすいのが魅力ですよ。

豚毛を使用しているので、コシがありながらも柔らかい履き心地を実現。リーズナブルな価格帯で手に取りやすいので、お試しでミルブラシを使う方にもおすすめです。ナチュラルなデザインなので、インテリアを問わずどんなキッチンにもなじみやすいですよ。

セット品でおすすめのミルブラシ

BagTu-コーヒーグラインダークリーンブラシセット(2,479円)

大きさが異なるふたつのミルブラシがセットになり便利

太さの違うふたつの種類がセットになったミルブラシです。太いミルブラシは直径2cmの毛先で広範囲をざっと掃除するのに便利。細いミルブラシは約1cmほどの直径のブラシでミルの部品の細部に入り込み、コーヒーの粉を掻き出します。

どちらのブラシも手になじみのよいウッドハンドルを採用。無垢材を使用しているため滑らかで握りやすく、使いやすいのが特徴です。ミルの掃除したい場所によって使い分けができるため、細かく丁寧に掃除したい方におすすめですよ。

Tigre Amore-クリーニングブラシ4本セット(3,990円)

4種類のバラエティーに富んだブラシがセットに

種類の違うブラシが4本セットになったバラエティー豊かなミルブラシです。毛先が固いタイプと柔らかいタイプ、毛束が細いものから幅広のものまでさまざまな種類があり、掃除したい箇所に応じて使い分けが可能。細かい箇所まで丁寧に掃除ができます。

コーヒーミルはもちろんのこと、パソコンのキーボードや車のダッシュボードの掃除、家電のホコリ取りなど様々な用途で使用できる万能タイプ。ミル以外にも使える場所が多く、ひとつ揃っていると重宝するでしょう。細かい場所まで丁寧に掃除をしたい方や汎用性の高いミルブラシを探している方におすすめですよ。

BagTu-コーヒークリーニングブラシツールセット(1,199円)

細かい粉でもしっかり掻き出せるためエスプレッソマシンにおすすめのセット

ふたつの種類のミルブラシと、ラテアート用のステンシルペンがセットになったタイプです。ミルブラシはミルの金属部分にも負けない丈夫なナイロン製。丸い形の毛先が効率よくコーヒーの粉を掻き出します。

細い毛先でコーヒーの粉をしっかり捉えるため、エスプレッソのような細かく固くなりやすい粉でもしっかり掃除可能。シンプルでスタイリッシュなデザインでキッチンと馴染みやすいのも魅力的です。ステンシルペンもついているので、エスプレッソマシンでラテアートを楽しみたい方にもおすすめですよ。

Kalita-コーヒーミルK-2ミルブラシセット(11,572円)

統一感のあるデザインで贅沢なコーヒータイムを楽しめる

ナチュラルな見た目が印象的なカリタのミルブラシと、ミルのセットです。ミルブラシは程よくしなる毛足と不揃いな毛先が特徴で、ミルの細かい隙間にもしっかりと入り込み粉を掻き出すことが可能。ミルの奥まで丁寧に掃除ができますよ。

ミルは使えば使うほど味の出る純銅製。レトロなデザインでカフェ風のインテリアとの相性抜群です。天然木を利用したミルブラシとデザインが統一されており、キッチンに一緒に置いておくだけでおしゃれな雰囲気に。こだわりのあるコーヒータイムを楽しみたい方におすすめです。

まとめ

気軽にミルを手入れしたいなら毛先の長いタイプのミルブラシがおすすめ

ミルのお手入れはしなければならないと思いながらも面倒くさく感じてしまう方も多いのではないでしょうか。毛先の長いタイプのミルブラシなら、思い立ったタイミングでさっと掃くだけで大まかな手入れができますよ。部品を分解し、細かいミルブラシで丁寧に手入れをすることも大切ですが、日常的に手間暇かけずに使えるミルブラシがあれば、その後のメンテナンスの手間もぐんと減るでしょう。今回はおすすめのミルブラシをランキング形式でご紹介しました。お気に入りのミルブラシを手に入れて、素敵なコーヒータイムを楽しんでくださいね。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

コメントを残す

*