おすすめのヘルメットインナー人気比較ランキング!【キャップタイプも】

自転車やバイクなどでの通勤通学や、お仕事でヘルメットを着用する方も多いのではないでしょうか。万が一の際に衝撃から頭部を守ってくれるヘルメットですが、汗や頭皮の脂など衛生面が気になりますよね。そんな時におすすめなのがヘルメットインナーです。ヘルメットインナーを利用すれば、お手入れが大変なヘルメットを衛生的に使用できますよ。そこで今回は、おすすめのヘルメットインナーをランキング形式でご紹介します。熱中症や防寒対策に最適な素材や選び方についても詳しく解説するので、購入を検討している方はぜひ参考にしてみてくださいね。

ヘルメットインナーの特徴

ヘルメットを衛生的に着用できる

頭部に帽子型のものを着用、もしくはヘルメット内部に装着することでヘルメットを衛生的に使用できるアイテムです。ヘルメットインナーには吸汗速乾効果の高いものが多く、快適にヘルメットを着用することが可能。汗がヘルメットに直接付着しないので衛生的です。

熱中症や冬の寒さ対策にも

ヘルメットには夏物や冬物という概念はなく、基本的にオールシーズン同じものを着用することになります。夏場はヘルメット内の熱気を逃がす冷却効果の高いものを選ぶことで熱中症対策に。冬場は耳まで覆うことができるニット帽型を使用することで、寒さを軽減するなど季節にあわせて使い分けることもできます。

ヘルメットインナーの種類

水泳帽型

様々なヘルメットに合わせやすい主流タイプ

頭部にピタッと密着させて使用するタイプです。形状に一切の無駄がないのでヘルメットの種類を問わず合わせやすいですよ。ヘルメットのインナーキャップとしてだけじゃなく、キャップなど帽子のインナーとしてもおすすめです。

肌に密着させているからこそ、肌触りが良いアイテムが多いタイプです。水泳帽型を選ぶときは吸汗速乾効果や消臭効果にも注目して選びましょう。これらが優れたモデルを選べば、長時間の着用や汗をかいた時も快適ですよ。

ニット帽型

耳を覆い隠せるので寒さ対策にも

外出時に着用するものだからこそ、機能性だけじゃなく見た目も気になりますよね。ニット帽型はヘルメットを脱いだ時もおしゃれ。サイズが小さ過ぎると水泳帽型と見た目があまり変わらないので、商品説明や着用している写真をしっかりチェックしましょう。

他の種類と比べて一番の違いは耳まですっぽり覆う形状であること。冬場の自転車やバイクなど、冷たい風から耳を守ってくれます。スキーやスノボなど、ウィンタースポーツでヘルメットを着用する際にもおすすめです。

キャップ型

つばが付いているので雨や紫外線対策に

キャップ型は主に自転車用のヘルメットのインナーとして使用するタイプで、サイクルキャップという名称が一般的です。他の種類と比べてデザイン性の高いアイテムが多いのが特徴。クラシックなものからキャラクターものまで、幅広いラインナップからお気に入りの1つを選ぶことができます。

優れたデザイン性も魅力ですが、キャップ型を選ぶ最大のメリットはつばがついていることです。まぶしい日差しや紫外線、雨などから目元をガード。後ろ向きに着用すれば首元の日焼け対策にも効果があり、とても実用的なヘルメットインナーです。

汗取りパッド型

締め付け感が無く長時間の利用でも痛くなりにくい

頭部に着用する帽子型と異なり、汗取りパッド型はヘルメットに装着するタイプです。帽子型のようなピタッとした締め付け感が苦手という方におすすめ。長時間のヘルメット装着でも頭部が痛くなりにくいのも大きなポイントです。

ヘルメットに装着しているので、ヘルメットを脱いだ時に荷物にならないのも魅力です。着脱可能で洗濯もOK。汗取りパッド型の多くは蒸れを防止する機能がありませんが、一部では蒸れ防止に効果のあるモデルも。汗取りパッド型を選ぶときは、蒸れ防止効果があるかとどうかも注目しましょう。

使い捨て型

防災用などの共用ヘルメットにおすすめ

職場や学校の防災ヘルメットなど不特定多数の人が共用する場合、全員分のヘルメットインナーを用意したり各自に準備させるのは現実的ではありませんね。かといって何もしなければお手入れが大変。使い捨て型ならお手入れ不要で、衛生的にヘルメットを着用することができますよ。

使い捨て型は主に紙製と不織布製の2種類に分類されます。紙製はコスト面に優れていますが、使用感やフィット感では不織布製の方が高くおすすめ。ヘルメットの利用頻度や着用時間によって最適な素材を選ぶと良いでしょう。

ヘルメットインナーの選び方

機能で選ぶ

吸汗速乾タイプなら暑い日でも快適

夏の暑い日はもちろん、汗をかきにくい冬の寒い日さえもヘルメット内は熱気がこもってしまいます。汗で濡れたままにしていると、体温が急激に下がりやすく風邪をひいてしまう危険も。信号待ちなどで止まるたび、ヘルメットを外してタオルで汗を拭くのも面倒ですよね。吸汗速乾効果の高いヘルメットインナーなら汗をしっかり吸着し、すぐに乾くのでヘルメット内はサラッと快適な状態が続きますよ。

冷却機能は夏場の熱中症リスクを軽減

炎天下での自転車やバイクでの移動や、冷房の使えない工事現場や避難所など、ヘルメットを着用することで熱中症になるリスクが高まります。熱中症を防止するためには通気性や蒸れ対策はもちろん、接触冷感素材を使用したヘルメットインナーを選ぶと良いでしょう。肌に触れた時にひんやりと冷却効果があるので、夏場も快適に涼しさを感じることができます。

フィット感で選ぶ

自分の頭にフィットしたサイズを

サイズが小さ過ぎるヘルメットインナーは、締め付けが気になるだけじゃなく血流の悪化や、通気性が悪くなってしまうので熱中症リスクが高まる危険性も。大き過ぎる場合、ヘルメットで固定するので風で飛んでしまうことはありませんが、ヘルメット内がゴワゴワしてしまいます。ヘルメットインナーは一般的な帽子のようにサイズを調整することができないので、機能面だけじゃなくサイズもしっかりチェックしましょう。

ヘルメット貼り付けタイプなら締め付け感が無い

ヘルメットインナーの締め付け感や、頭のサイズが合うか不安な方はヘルメットに貼り付けるタイプのヘルメットインナーがおすすめです。他のタイプと異なり、ヘルメットに直接貼り付けることで帽子型のような締め付け感を解消。着脱も可能なので洗濯や交換も簡単です。ヘルメットを脱いだ時に荷物にならないのも魅力ですね。

お手入れのしやすさで選ぶ

機能を損なわず繰り返し洗濯できるタイプがおすすめ

消臭機能などを備えた一部のインナーは、洗濯を繰り返すうちに機能が失われてしまうケースがあります。又、素材的に洗濯機に対応しているかも気になりますね。毎回毎回お手入れのたびに手洗いするのはとても大変です。繰り返しの洗濯でもへたってしまわないか、機能を損なってしまわないか商品説明をしっかりチェックしましょう。

使い捨て型なら取り換えるだけでお手入れ不要

職場や学校の防災ヘルメットなど、大人数が使うヘルメットに使用するなら使い捨て型を選ぶと良いでしょう。使い捨て型なら1人分のコストを抑えられるだけじゃなく、インナーを取り換えるだけなのでお手入れが必要ありません。普段は電車で移動してバイクに乗るのは週末だけであったり、ヘルメットの利用頻度が少ない方にもおすすめです。

ヘルメットインナーのおすすめブランド・メーカー

Shinobu Riders(シノブライダース)

おしゃれで機能的なヘルメットインナーキャップ専門店

ヘルメットインナーキャップを専門にしている国内メーカーです。デザイン性に優れたヘルメットインナーは機能性素材のCOOL MAXを使用し、汗をしっかり吸着して外部に逃がすので夏場の使用に最適。汗は風を受けて寒さの原因にもなるので、冬場の防寒対策にもおすすめです。

RS TAICHI(アールエスタイチ)

ライダーの目線で機能性とデザイン性を追求

かつてバイクレースのトップライダーとして活躍した吉村太一氏が、引退直後の1975年に創業した国内企業です。機能性とデザイン性を追求したヘルメットインナーは、汗のべたつき汚れやヘアスタイルの乱れを軽減。全てのアイテムにライダーならではのこだわりを感じることができます。

コミネ

費用対効果の高さと安全性を重視

1947年の創業以来、時代の変化に合わせながらライダーの専用ウエアを製造販売してきた国内企業です。機能性や費用対効果はもちろん、ライダーの安全を一番に重視。ヘルメットインナーはおしゃれなデザイン性に優れたものから、首元や顔全体を紫外線からカバーするものまで幅広く揃えています。

ROCKBROS

自転車用品の豊富なラインナップが魅力

国内を拠点として、ロードバイクやマウンテンバイク、クロスバイクなどの自転車用品や、部品を開発販売する企業です。おしゃれで機能性に優れたアイテムの多さが魅力。ヘルメットインナーも豊富なバリエーションの中から選ぶことができます。

おすすめ&人気のヘルメットインナーランキング

水泳帽型でおすすめのヘルメットインナー

Shinobu Riders-ヘルメットインナーキャップ 黒2枚組 SR-001 (1,695円)

COOL MAX素材を採用したお得な2枚組

機能性素材のCOOL MAXを採用したヘルメットインナーです。汗をしっかり吸収し、外部に逃がして蒸散。サラッとすぐに乾くので、夏は涼しく冬は暖かいですよ。毎日の通勤通学や、長時間のヘルメット着用でも快適です。

頭部の汗や蒸れ、べたつき解消に効果あるので、ヘアスタイルの乱れも軽減してくれます。衛生的にヘルメットを使用できてニオイや汚れも防止。機能性の高いアイテムがこの価格で2枚組というのも、ヘルメットを着用する頻度が高い方には嬉しいポイントですね。

RS TAICHI-ヘルメットインナーキャップ 黒2枚組 RSC115 (1,837円)

速乾性と通気性に優れたお得な2枚セット

肌触りの良さと、伸縮性の高さが特徴的な速乾素材のMICRO QUBICを採用したヘルメットインナーです。優れた速乾性と通気性のおかげで汗のべたつきを抑制。サラッとすぐに乾くので、長時間のヘルメット着用でも快適に過ごすことができます。

抗菌や防臭加工が施されており、ヘルメット内をいつも快適で清潔に保つことができます。汗をかいてもすぐに乾くのでヘアスタイルの乱れを軽減。毎日の通勤通学などのヘビロテにピッタリな、お得な2枚セットのヘルメットインナーです。

TARO WORKS-ヘルメットインナーキャップ 2枚セット  (1,000円)

首元の日焼け対策に効果的なカバー付き2枚セット

後頭部と首筋を紫外線からしっかりガードするカバーが付いたヘルメットインナーです。頭部には通気性と速乾性に優れたメッシュ素材を使用し、発汗による熱やべたつきを解消。ストレッチ素材を使用したカバーは、夏場の熱中症や日焼け対策にばっちりです。

冷却効果が高く、消臭や抗菌性能にも優れているので、長時間のヘルメットを着用した炎天下の作業にも最適です。首元のカバーは冬の寒さ対策にも効果的。1枚単位で購入することができますが、2枚セットが断然お得ですよ。

ニット帽型でおすすめのヘルメットインナー

Shinobu Riders-ヘルメットインナーキャップ 2枚組 SR-018 (2,082円)

冬の寒さにもCOOL MAXが効果抜群

耳元まですっぽり覆うことができるニット帽型のヘルメットインナーです。冬の防寒対策に効果があるのはもちろん、吸汗速乾素材のCOOL MAXを使用しているので夏場の使用にも最適。ドライで快適な使用感が魅力です。

ヘルメットを着用していると、暑くない日でも知らず知らずのうちに汗をかきます。その汗が風にさらされることが冬の寒さの原因に。COOL MAXはその原因となる汗をしっかりと吸い上げ、外部に蒸散するので夏は涼しく、冬は暖かく過ごすことができますよ。

コミネ-サマーニットキャップ AK-094 (1,254円)

ストリートに溶け込むおしゃれなニット帽型

一般的なインナーキャップより余裕があるCOOL MAX素材のヘルメットインナーです。ストリートに溶け込む自然なニット帽スタイルが特徴的。デザインがおしゃれなので、ヘルメットを脱いで街中を歩いても違和感がありません。

冷却効果と蒸散効果が高いので、汗を素早く吸収し外部に逃がします。後頭部までしっかりカバーすることで、ヘルメットライナーへの汗の付着や汚れを防止。抗菌防臭加工が施されているのでヘルメットを清潔に保つことができますよ。

キャップ型でおすすめのヘルメットインナー

ROCKBROS-サイクルキャップ (1,160円)

バリエーション豊富なキャップ型

後頭部付近のゴム部分でサイズの調整が可能なキャップ型ヘルメットインナーです。汗をかきやすいおでこの部分には、吸収性の高い生地を使用し汗をしっかり吸収。通気性が高いのでヘルメット内の蒸れ対策に効果的です。

つばの付いたキャップ型なのでホコリや紫外線、雨から目元をガード。後ろ向きにかぶることで、首元の日焼けや冬場の寒さ対策にも効果的です。7種類のバラエティ豊かなラインナップの中から、お好みのデザインを選ぶことができますよ。

R250-サイクルキャップ 輪行パンダ (3,080円)

かわいいパンダデザインのヘルメットインナー

キャップの側面やつばの裏など、細部までパンダがデザインされた可愛い見た目のヘルメットインナーです。伸縮性の高い素材を使用したフリーサイズでフィット感ばっちり。ヘルメットの下にかぶるのはもちろん、ヘルメットを脱いでもおしゃれです。

つば付きのインナーキャップなので、晴天時には日差しや紫外線から顔を保護してくれます。雨天時に着用すれば雨が直接目に入るのを防止。キャップを後ろ向きにかぶれば首元の日焼け対策や防寒対策にも効果的ですよ。

汗取りパッド型でおすすめのヘルメットインナー

Shinobu Riders-ヘルメットインナー SR-067 (1,990円)

COOL MAX素材を使用したヘルメット貼り付け型

取り外し自由なマジックテープ式のヘルメット貼り付け型インナーキャップです。吸水速乾性に優れたCOOL MAX素材が、汗をしっかり吸い上げ素早く外部に蒸散。これによりヘルメット内の蒸れや汗のべたつき、ニオイを解消してくれます。

帽子型のようにかぶる必要が無いので締め付け感がありません。かんたんに取り外せて洗濯もOK。汗をかいた時や洗濯直後でもすぐに乾くので、ドライで快適な着け心地をずっとキープしてくれます。毎日の通勤通学におすすめです。

ダムトラックス-ヘルメット用クールインナーパッド (674円)

クールインナーパッドで夏でも快適

クーラーの冷却原理と同様の気化冷却システムを用いたヘルメットインナーです。表面にゴルフボールのようなディンプル加工の特殊編みメッシュ生地を採用。これにより気化を助長し冷却効果を持続させるので、夏のヘルメット着用も快適です。

パッドが水分を冷却効果に変換するので、使用前に濡らしておけばさらに強力な冷却効果を得ることができます。繰り返しの洗濯にも耐えられる高吸水性特殊繊維を使用。洗濯しても冷却効果を損なうことなく、衛生的に使用することができます。

ブレイン-爽快くんメット BR-537 (1,530円)

保冷剤を入れることでひんやりをキープ

クッション性と速乾性に優れたダブルラッセルを採用したヘルメットインナーです。水に濡らした本体をヘルメットに取り付け、気化熱効果で夏場でもひんやり。着脱可能な垂れが付いているので、後頭部から首元部分を紫外線からしっかり守ってくれます。

垂れのポケットには保冷剤を入れることが可能。炎天下でのヘルメット着用時も涼しく感じることができるので熱中症対策に効果的です。現場で作業している方や、夏場に長時間のツーリングをされる方におすすめです。

使い捨て型でおすすめのヘルメットインナー

セーフラン-使い捨てペーパーインナーキャップ 紙製 50枚 (3,475円)

大人数のヘルメット共用に最適

職場や学校など、不特定多数が使用する防災ヘルメット用におすすめのヘルメットインナーです。紙素材を使用したコスパの高い50枚組の使い捨て型。ヘルメットを来客へ貸し出しする際などにとても便利です。

衛生的な使い捨て型なので、ヘルメット内を清潔に保つことができます。もちろん面倒なお手入れは不要。不織布製と比べると耐久性や質感に見劣りしますが、とにかくコストを抑えたい方におすすめのアイテムです。

トーヨーセフティー-カミーボ No.76 3枚入 (400円)

汗をしっかり吸収する不織布製のインナーキャップ

誰の頭にもフィットしやすい不織布製のヘルメットインナーです。汗をたくさん吸収してもべたつかず、さっぱりとした肌触りが特徴的。工場見学の際など、ヘルメットの使用頻度があまり多くない方におすすめです。

紙製のヘルメットインナーと比べるとコストがかかりますが、フィット感に優れています。帽子型のような耐久性はありませんが、水ですすいで陰干しすれば数回は使うことが可能。コストやお手入れのバランスに優れたアイテムです。

まとめ

一年中使うならニット帽型のヘルメットインナーがおすすめ

ヘルメットインナーと一口に言っても、帽子として使えるものから使い捨てタイプまで種類は様々です。バイクや自転車での通勤通学など、一年中使用するなら夏も冬も効果的なニット帽型がおすすめ。炎天下の現場作業など、シーズンによっては首元まで保護する冷却効果の高いタイプを選ぶのも良いでしょう。使用環境や頻度に合わせて、最適なヘルメットインナーを選んでくださいね。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

コメントを残す

*