おすすめのネットワークオーディオプレイヤー人気比較ランキング!【Denonも】

近年、配信サービスの普及により音楽はもっと身近な存在になりました。しかし、サブスク解禁されていないアーティストの音源など、まだまだCDは手放せないコンテンツです。そんな時におすすめなのがネットワークオーディオプレイヤーです。ネットワークオーディオプレイヤーを使えば、音楽配信サービスやHDDに録りためていた音源を気軽に楽しむことができますよ。そこで今回は、おすすめのネットワークオーディオプレイヤーをランキング形式でご紹介します。ネットワークオーディオプレイヤーの種類や選び方についても詳しく解説するので、購入を検討している方はぜひ参考にしてみてくださいね。

ネットワークオーディオプレイヤーとは?

PCやNASなど同一ネットワーク上にある音楽ファイルを再生できる機器

PCやNAS(ネットワークハードディスク)などに音楽ファイルを保存されている方も多いでしょう。ネットワークオーディオプレイヤーとは、それら同一のネットワーク上にある音楽ファイルを自由に再生することができる機器です。従来のようにCDの入れ替えや、音楽ファイルを移動する必要がありません。

ネットワークオーディオプレイヤーの特徴

スマホでリモート操作や管理ができる

気軽に音楽を聴くことができるネットワークオーディオプレイヤーですが、いちいちパソコンを立ち上げてライブラリ管理するのは面倒ですよね。スマホアプリ対応モデルならリモートで操作や管理が可能。ソファなどに座ったまま、お気に入りの曲を探すことができますよ。

ネットワークオーディオプレイヤーの種類

アンプ内蔵型

別でアンプを用意する必要が無く設置が楽ちん

プレイヤーから送られる電気信号はとても小さく、スピーカーから音を出すためには電気信号を増幅させるアンプが必要です。アンプ内蔵型のネットワークオーディオプレイヤーは、接続する機器が少なくてすむので設置や移動がとてもかんたん。アンプのためにスペースをとられることが無いのも魅力ですね。

アンプ内蔵型を選ぶ際は、内蔵されているアンプの種類を確認しましょう。音量やバランス調整を行うプリアンプを内蔵したモデルには別途パワーアンプが必要です。あまり多くはありませんが、スピーカーに繋ぐだけで音を出すことができるプリメインアンプ内蔵型も存在。また、ヘッドホンで快適な音楽が楽しめるヘッドホンアンプ内蔵型もあります。

アンプ非内蔵型

自分好みに音をカスタマイズしたい上級者向け

音にこだわる方にはアンプ非内蔵型がおすすめ。プレイヤー内にアンプが内蔵されていないので、スピーカーから音を出すために別でアンプを用意する必要があります。お気に入りのアンプと繋げて、自分好みの音楽を楽しむと良いでしょう。

アンプ非内蔵型で音をカスマイズする場合は、繋げるアンプの種類にも注目。スピーカーで音楽を楽しむためには音の調整などを行うプリアンプと、電気信号を増幅させるパワーアンプの2つの機器が必要になります。これらの作業をまとめて実行するプリメインアンプという複合型の機器もありますが、分離、独立している方がより繊細な調整を行うことができます。

ネットワークオーディオプレイヤーの選び方

入力方法で選ぶ

ワイヤレス対応モデルなら機器周りがすっきり

LANケーブルを接続してネットワークへアクセスするモデルが主流ですが、近年ではWi-FiやBluetoothに対応したモデルが増えてきました。プレイヤーへ入力するのにケーブルが不要なので機器周りがすっきり。有線と比べると音質が劣化する傾向にありますが、無線の届く範囲ならどこからでもアクセスが可能です。

USB対応モデルなら幅広い機器に直接接続できる

ネットワークオーディオプレイヤーへの入力方法は、LANケーブルやWi-Fiなどの無線での入力の他にUSBポートによる入力方法もあります。USBに対応しているモデルなら、USBメモリや外付けHDDなどの幅広い機器へ直接接続することが可能。いちいちネットワーク上に音楽ファイルを移動する必要が無いのでとても便利ですよ。

出力方式で選ぶ

赤と白の端子で接続する従来のRCAアナログ音声出力

ネットワークオーディオプレイヤーの出力方法として、赤と白の端子を使って接続するRCAアナログ音声出力が主流となっています。従来からある出力方式なのでなじみがあり、色分けされているので接続もわかりやすいですね。家電量販店の他、ホームセンターなどでもケーブルを購入することができます。

業務用規格のXLRバランス出力はノイズに強い

高級プレイヤーなどの一部の機器には、業務用規格のXLRバランス出力を備えているモデルもあります。この出力方式はノイズに強い傾向があり、特に長いケーブルで機器へ接続する際に効果を発揮。通常のRCAアナログ音声出力と比べてどちらの音質が良いとは一概に言えませんが、クリアな音質にこだわるならXLRバランス出力を選ぶと良いでしょう。

機能性で選ぶ

対応ファイルやフォーマットをチェック

ネットワークオーディオプレイヤーを選ぶときは、対応している音楽ファイルのフォーマットを確認しましょう。一般的な形式はWAV、WMA、MP3、AAC、DSD、FLAC、ALA、AIFFなど。FLACはハイレゾ音源に多い形式なので、ハイレゾで音楽を楽しむならFLACに対応したモデルを選ぶと良いでしょう。

音質にこだわるなら24bit/192kHzは必要

デジタル音声の音質は、量子化ビット数(bit)とサンプリング周波数(kHz)で表現されます。ビット数が大きいほど細かい音まで再現し、周波数が大きいほど高い音域を再現。CD音源は16bit/周波数44.1kHz。ハイレゾ音源は24bit/周波数96kHz~192kHzが主流となっています。多くのネットワークオーディオプレイヤーは24bit/192kHzに対応していますが、より音質にこだわるならこの数字をチェックしましょう。

ネットワークオーディオプレイヤーのおすすめブランド・メーカー

YAMAHA(ヤマハ)

5万円以下で高品質なモデルが手に入る

楽器から音響機器まで幅広く製造販売する国内メーカーです。YAMAHAのネットワークオーディオプレイヤーは音抜けが良く、透明感のあるサウンドが特徴。5万円以下で購入できるリーズナブルな価格帯も魅力ですね。

SONY(ソニー)

革新的な発想で音響機器業界を牽引

世界初のウォークマンを開発した他、音響機器以外にもゲーム機やテレビなど幅広く展開する国内メーカーです。革新的なアイディアはネットワークオーディオプレイヤーでも健在。価格帯は高めですが、音質に優れた使い勝手の良いモデルを購入することができます。

Marantz

優れた音質と快適な操作性が魅力の海外ブランド

1953年に創設されたアメリカ合衆国を拠点とする音響機器ブランドです。ミドルレンジの価格帯でありながらも上位機種に迫るほどの音質が魅力。AirPlay 2に対応するなど機能的にも優れたネットワークオーディオプレイヤーを手に入れることができます。

DENON(デノン)

コスパに優れた機器を提供する国内メーカー

日本のAV機器企業、株式会社ディーアンドエムホールディングスの音響機器のブランドのひとつです。コスパに優れたハイエンドモデルを多数販売。CDプレイヤーを搭載したモデルなど、豊富なラインナップからお気に入りの1台を見つけることができますよ。

おすすめ&人気のネットワークオーディオプレイヤーランキング

リーズナブルでおすすめのネットワークオーディオプレイヤー

YAMAHA-ネットワークプレーヤー NP-S303 (29,800円)

リーズナブルで多機能な低価格モデル

ハイレゾ音源を本来のクオリティのまま、ネットワーク経由で再生可能なプレイヤーです。リッピングした音楽CDも音質を下げずに再生が可能。リーズナブルでありながらUSBメモリに対応しているのも嬉しいポイントですね。

SpotifyやDeezer HiFi、radikoなどのストリーミング再生やインターネットラジオにも対応しています。さらにWi-Fiはもちろん、Bluetoothによるオーディオ送受信機能も搭載。スマホなどで専用アプリを使ってのワイヤレス操作がとても快適です。

Olasonic-ネットワークオーディオプレーヤー NANO-NP1 (30,300円)

シンプルな操作性が魅力のコンパクトモデル

名前のNANOの通り、とてもコンパクトなネットワークオーディオプレイヤーです。機能を増やすよりも高音質にこだわり、本体操作は入力セレクターのみでとてもシンプル。専用アプリ、ナノコントローラーだけじゃなく、汎用アプリでも操作することができます。

高い音質が支持されているTI社製Burr-Brownブランドのア・シンクロナス・レートコンバーターを採用。ジッターフリーとアップサンプリングによる高音質設計になっています。大きさはCDジャケット約3枚分のコンパクトサイズなので、設置スペースをとられないのが良いですね。

DENON-AVサラウンドレシーバー AVR-X1600H (42,750円)

最大出力175Wのプリメインアンプ内蔵型

最新機能Dolby Atmos Height Virtualizerや、eARCなどを多数搭載した7.2ch AVサラウンドレシーバーです。音質を最優先したシンプル&ストレートな信号経路のプリアンプと、7chのディスクリートパワーアンプを搭載。最大出力175Wで臨場感豊かな音を楽しむことができます。

スマホやPCなどからのBluetooth接続、AirPlay 2に対応。ワイヤレスで音楽を楽しめる他にUSBメモリに保存したハイレゾ音源の再生も可能です。Amazon MusicやSpotifyなどの音楽ストリーミングサービスや、インターネットラジオも楽しむことができる最新機能満載のアンプ内蔵型プレイヤーです。

DENON-ネットワークCDレシーバー RCD-N10 (45,000円)

CDやFM/AMラジオも聴けるコンポタイプ

世界で初めてAirPlay 2に対応したオールインワンネットワークコンポです。専用アプリで様々な音源を自由自在にコントロールすることが可能。洗練されたミニマルデザインでありながらも65W+65Wのハイパワーアンプを搭載しており、澄み切ったクリアなサウンドを楽しむことができますよ。

CDプレイヤーを搭載しているのでCD-RやCD-RWに保存したMP3、WMAファイルの再生ができます。Bluetooth接続やAirPlay 2によるワイヤレスでの音楽再生や、USB入力からのハイレゾ音源の再生も可能。音楽ストリーミングサービスやインターネットラジオはもちろん、FM/AMラジオチューナーを搭載しているのでラジオも楽しむことができます。

DENON-ネットワークオーディオプレーヤー DNP-800NE (45,000円)

ヘッドホンアンプを内蔵した次世代モデル

HEOS機能を搭載した次世代型ネットワークオーディオプレーヤーです。Wi-Fiによるホームネットワークを活用し、スマホやタブレットなどでリモート操作が可能。Amazon MusicやSpotifyなどの音楽ストリーミングサービスや、インターネットラジオなども再生することができます。

HEOSアプリやリモコンでボリュームを調節できる可変アナログ出力を装備しています。操作を間違って大きな音が出ないように、音量の上限設定が可能。3段階のゲイン切り替えが可能なヘッドホンアンプを内蔵し、ヘッドホンでも快適な音量で音楽を楽しむことができますよ。

アンプ内蔵型でおすすめのネットワークオーディオプレイヤー

YAMAHA-ネットワークレシーバー R-N303 (33,390円)

プリメインアンプ内蔵なので手軽に高音質再生が可能

CD/Blu-ray Discプレーヤーやテレビ、ゲーム機、パソコンなどのデジタル音声を接続して手軽に高音質再生ができるネットワークレシーバーです。最大24bit/192kHzに対応した光/同軸デジタル音声入力端子を各1系統装備。アナログ入力端子も装備しており、本格的なHiFiプリメインアンプとしての機能も持ち合わせています。

Wi-Fi接続やBluetoothでの送受信機能により、スマホなどに保存した音楽を完全無線で楽しむことができます。Spotifyなどの音楽配信サービス、radikoやインターネットラジオ機能も搭載。専用アプリを使えばスマホなどで快適にリモート操作することができますよ。

YAMAHA-ワイヤレスストリーミングアンプ WXA-50 (43,363円)

縦置きに対応したスタイリッシュなコンポタイプ

ハイレゾ音源やさまざまな音楽コンテンツを快適に楽しめる、アンプ内蔵型ネットワークオーディオコンポです。パソコンやNASに保存した音源をネットワーク経由で再生できる他に、スマホの音楽をBluetoothやAirPlayを使って再生が可能。USBポートを搭載しているので、USBメモリ内のハイレゾ音源の再生もできますよ。

本体は縦置きにも対応したスタイリッシュなメタルデザイン。コンパクトでありながらも音楽配信サービスやインターネットラジオ機能も搭載しています。内蔵しているステレオデジタルアンプは最大出力115W/ch。お手持ちのスピーカーを繋ぐだけで高音質なサウンドを快適に楽しむことができます。

Panasonic-CDステレオシステム SC-PMX150 (61,930円)

手軽に音楽が楽しめるスピーカー付属のコンポタイプ

ハイレゾ音源を手軽に楽しむことができるCDステレオシステムです。付属のスピーカーを繋ぐだけで高音質な音楽を楽しむことができるシンプル設計。別途アンプなど他の機器へ接続する必要が無く、ネットワークオーディオプレイヤーのお試しにおすすめです。

サウンドジャンプリンク機能に対応したディーガと組み合わせれば、ハイレゾ音源の購入、再生がPCレスで操作することができます。Bluetoothによるワイヤレス再生はもちろん、AirPlayやWi-Fiを利用した高音質なワイヤレス再生も可能。CDやUSBメモリ、Spotifyなど幅広い音源に対応したネットワークオーディオプレイヤーです。

アンプ非内蔵型でおすすめのネットワークオーディオプレイヤー

Marantz-ネットワークオーディオプレーヤー NA6006 (53,008円)

Siriによるボイスコントロールで操作らくらく

AirPlay 2に対応したHi-Fiネットワークオーディオプレーヤーです。Apple Musicの再生はもちろん、複数のAirPlay 2対応機器によるマルチルーム再生が可能。Siriに対応しているので、ボイスコントロールでApple MusicやiPhoneのライブラリ内から選曲することもできます。

Amazon MusicやSpotifyなどの音楽ストリーミングサービスに対応。専用アプリを使えばセットアップや操作も快適です。インターネットラジオやBluetooth接続、USBメモリなど幅広い入力方法で音楽を楽しむことができますよ。

ONKYO-ネットワークオーディオプレーヤー NS-6130 (69,900円)

ハイレゾ音源をワイヤレスで手軽に楽しめる

外付けUSB HDDや、ハイレゾ音源配信サイトで購入したハイレゾ音源を手軽に楽しむことができるネットワークオーディオプレイヤーです。旭化成エレクトロニクス社製の高性能DACを採用することで32bit/384kHzに対応。WAV/FLACの24bit/192kHzファイルの再生や、DSDの11.2MHzまでのネイティブ再生も可能です。

Wi-FiやAirPlayにも対応しているので劣化の少ない高音質な音楽再生が可能です。スマホやパソコンのアプリを使ってかんたん操作で音楽を楽しめるGoogle Castや、インターネットラジオradiko、TuneInに対応。様々な楽曲を完全ワイヤレスで楽しめますよ。

Pioneer-ネットワークオーディオプレーヤー N-30AE(S) (73,015円)

3.5インチ大型液晶搭載で視認性と操作性が抜群

PCレスでハイレゾ音源の購入とダウンロードが可能なネットワークオーディオプレイヤーです。PCに保存している音楽ファイルを外付けHDDに書き込むことも可能。USB端子を搭載しているのでUSBメモリに保存した音源の再生もできます。

他の家電製品と電波干渉が起きにくい5GHzを使用することができるデュアルバンドWI-Fiに対応。Spotifyなどのストリーミング配信やインターネットラジオの受信も快適です。本体正面の3.5インチ大型液晶はアルバムアートを大きく鮮やかに表示し、優れた操作性を実現します。

DENON-ネットワークオーディオプレーヤー DNP-2500NE (114,800円)

高音質再生が可能なDENONのハイエンドモデル

DENONのHi-Fiオーディオ技術の集大成と言うべきネットワークオーディオプレーヤーです。5.6MHzのDSDや24bit/192kHzのハイレゾ音源の再生が可能。CDでは再現しきれない高解像度で臨場感あるサウンドを楽しむことができます。

ダンピングファクターを4段階で調整、3段階のゲイン切り替えが可能なヘッドホンアンプを搭載。ヘッドホンの種類によって変化する音質傾向を、自分好みの音質に調整することが可能です。Spotify Connect機能に対応しており、4,000万曲以上の音楽ライブラリーから充実のプレイリストを高音質で再生することができます。

Cambridge Audio-ネットワークオーディオプレーヤー CXN BLK (127,900円)

ギャップレス再生でシームレスな音楽体験を

音質最優先の設計思想により生み出された次世代型ネットワークオーディオプレイヤーです。デジタル音源をかんたんに、優れた音質で再生することが可能。インターネットラジオやPodcastも楽しむことができます。

USBメモリの音楽再生はもちろん、AirPlayやBluetoothにも対応しているので、幅広い端末とのワイヤレス再生ができます。WAV、MP3、AAC、DSD、FLAC、ALAC、AIFFなど、あらゆる高音質ハイレゾ音源の再生が可能。ギャップレス再生に対応しているので曲間の継ぎ目が無く、シームレスな音楽体験ができますよ。

TEAC-ネットワークプレーヤー NT-505 (144,945円)

繊細な音を堪能できるコンパクトモデル

A4サイズのコンパクトな本体に、TEACの最新デジタルオーディオ技術とネットワーク技術を詰め込んだネットワークプレーヤーです。最新フラッグシップのDACは最大DSD24.5MHz、PCM32bit/768kHzに対応。可聴域を超えた音まで処理する繊細なハイレゾ音源を楽しむことができます。

LANケーブルでホームネットワークに接続し、パソコンやNASに保存した音楽ファイルを再生することができます。インターネット経由でSpotifyをはじめとしたストリーミングサービスを利用することも可能。本体正面に搭載されたUSBポートは、USBメモリ内のハイレゾ音源を再生することができてとても便利です。

SONY-HDDオーディオプレーヤーシステム HAP-Z1ES (170,702円)

1TBのHDD搭載で待ち時間や音切れの心配無し

DSDや最大32bit/192kHzのハイレゾ音源はもちろん、圧縮音源も高音質で再生することができるHDDオーディオプレーヤーです。圧縮されたことで失われてしまった情報をオリジナルに近づける高音質化技術を搭載。ハイレゾ音源だけじゃなく、CDやMP3などの圧縮音源も高音質で楽しむことができます。

他の機器には無い珍しい特徴として、プレイヤーに1TBのHDDを内蔵しています。PCに自動転送ソフトをインストールすれば、ネットワーク上の音源を自動コピーすることが可能。本体に音源をコピーすることで再生までの待ち時間や音切れの心配も無く、快適に音楽を聴くことができますよ。

まとめ

利用環境に適したネットワークオーディオプレイヤーがおすすめ

手軽にネットワークオーディオプレイヤーを利用するなら、スピーカーが付属したコンポタイプがおすすめです。既にアンプやスピーカーなど、オーディオシステムを利用しているならアンプ非内蔵型を選ぶのも良いでしょう。設置場所やルーターとの距離など、利用環境や目的に適したプレイヤーを選んで快適な音楽ライフを過ごしてくださいね。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

コメントを残す

*