おすすめのハンディスキャナ人気比較ランキング!【サンワサプライも】

仕事や趣味などで使う書類は、気が付くとどんどん増えてしまった場所を取りますよね。そんな時におすすめしたいのがハンディスキャナです。ハンディスキャナがあれば、書類や本をデジタル化して、パソコンの中に画像データとして整理できますよ。そこで、今回はおすすめのハンディスキャナをランキング形式でご紹介します。また、ハンディスキャナは機種によってWi-Fi機能やOCR機能など、機能性が異なります。使いたいシチュエーションに合ったハンディスキャナを選ぶためのポイントも、詳しく解説しますよ。ぜひ使いやすいハンディスキャナを手に入れて、書類や本を手軽にデジタル化してくださいね。

ハンディスキャナとは?

書類や本をデジタル化された画像に変換する機器

ハンディスキャナとは、手に持って使うタイプのスキャナのこと。書籍や雑誌の上にかざし、滑らせるだけで簡単にデジタル画像へと変換できます。据え置き型のフラットベッドスキャナと違って、小さく軽いため持ち運びも簡単ですよ。また、家に置いておいても場所を取らないのが助かりますね。

ハンディスキャナのメリット

本を破壊せずスキャンできるので自炊に最適

自炊とは、持っている本や漫画を読み取ってデータ化することです。一般的な据え置き型のスキャナは、本体に書籍をセットしなければなりません。その際、本や書籍は厚みがあるため、ばらさないときちんとセットできないのが難点でした。その点、ハンディスキャナなら分厚い本でも手動で読み取れるので、書籍を破壊せずに自炊できます。実物の本とデジタル画像、両方を手軽に手に入れられるのが助かりますね。

ハンディスキャナのデメリット

小型であるため対応サイズや精度には限界がある

ハンディスキャナはあくまで携帯性に優れた機器なので、基本的に小型です。そのため、どうしても据え置き型のスキャナに比べると、読み取れる大きさに限界があります。また、精度もフラットベッドスキャナのほうが高いため、より高画質でスキャンしたい場合にはあまり向いていません。ですが、持ち運びのしやすさは抜群なので、自宅以外で気軽にスキャンしたい方には最適ですよ。

ハンディスキャナの種類

接続型

パソコンに接続して使う

スキャンする際に、パソコンと繋ぐ必要があります。読み込んだ画像をすぐにパソコン上で確認できるので、編集しやすいのが魅力。スキャナと一緒にパソコンを持ち歩くことが多い方にとっては、使いやすいタイプといえますね。

パソコンに繋げて使うので、USBから給電できます。電力を充電や電池で補っているタイプと違って、バッテリー切れを心配しなくて良いのが助かりますね。出先で使いたい時、急に充電が切れてしまっては元も子もありません。接続型ならパソコンから給電できるので、いつでも使えるという安心感があります。

単体型

パソコンに接続しなくても使える

パソコンに接続しなくてもスキャンできるので、持ち歩く際にパソコンを持って行く必要がありません。パソコンの分だけ、荷物を減らせますよ。必然的に、パソコンとハンディスキャナを接続するケーブルも不要になるため、配線というストレスからも解放されます。

単体型の充電方法は、乾電池式と充電式の2種類あります。乾電池式は、万が一電池が切れてしまっても、コンビニなどで手軽に入手できるのが強み。充電式は、充電さえすれば繰り返し使えるので、乾電池式のようなコストがかからないというメリットがあります。自分の用途に合わせて、どちらがより魅力的か選びましょう。

ハンディスキャナの選び方

解像度で選ぶ

文字や画像を取り込みたいなら300dpiあれば十分

解像度とは画像の密度のことで、dpiという単位で表記されます。これは、1インチの中にどれくらいのドットが入っているかという意味。つまり、300dpiとは1インチの中に300ドット入っているということです。文字やグラフなど、それほど精密ではない画像なら300dpiあれば十分識別可能ですよ。基本的に、解像度が高くなるほどハンディスキャナの価格も上がります。高解像度でなくても良いなら、コストパフォーマンスの観点からも300dpiを選ぶのがおすすめですよ。

カラー写真を取り込みたいなら1200dpiぐらい必要

ハンディスキャナはそもそも手動で読み取るため、高い精度が必要な表現には向いていません。ですが、雑誌などをスキャンする際、映っているカラー写真も綺麗に取り込みたくなりますよね。書籍や雑誌などをできるだけ高画質でスキャンしたいなら、解像度は1200dpi以上がおすすめです。それだけあれば仕上がりも綺麗なので、満足のいく自炊ができますよ。

機能性で選ぶ

Wi-Fi接続可能ならデータを素早くやり取りできる

Wi-FiやBluetoothなどの無線機能が付いていれば、パソコンを介さずにスマホやタブレットでスキャンした画像を確認できます。いちいち機器をケーブルで繋ぐ必要がないため、ケーブルを持ち歩かなくて良いのが助かりますね。その分、荷物を減らせるので、外出先での使用が多い方におすすめです。また、スキャンしたデータをメールに添付して他の人に送ることも可能。データのやり取りを素早く行いたい方にぴったりですよ。

スキャンしたい素材に合わせて解像度を変えられれば見やすい

読み取りたい資料に合わせて、解像度を変更できると便利です。たとえば、ただ文字を読めるようにスキャンしたい場合と、漫画をなるべく綺麗に読み取りたい場合では、最適な解像度が異なります。文字を識別したいだけなら、300dpiあれば十分。カラー写真ほどでなくても、イラストなどある程度綺麗にスキャンしたいなら、900dpi以上は必要となってきます。スキャンする素材によって解像度を変えられれば、より最適な表現ができますよ。読み込みたい素材の幅が広い方は、解像度を変更できるタイプがおすすめです。

液晶ディスプレイ付きならその場でデータを確認できる

ハンディスキャナには、本体に液晶ディスプレイが付いているタイプもあります。液晶ディスプレイでスキャンした画像を、その場ですぐに確認することが可能。そのため、スキャンミスがあってもすぐ気付けます。パソコンやスマホをいちいち見なくてすむのは助かりますね。早い段階でミスに気付ければ、スキャンし直しなども素早く行えるので、結果的に作業時間の短縮に繋がりますよ。

OCR機能搭載ならテキストデータにできる

OCR機能とは、スキャンした画像に書かれている文字を識別し、テキストデータ化することです。テキストデータ化することによって、簡単に文章をコピーしたり貼り付けたりできるようになります。仕事上でよくハンディスキャナを利用するなら、OCR機能付きがおすすめ。資料の画像を添付するだけでなく、読み取った画像に書かれていた文章も扱えれば、より作業がしやすいですよ。

用紙サイズで選ぶ

A3からA4サイズに対応していれば仕事の資料をスキャンしやすい

仕事の資料などの書類をスキャンしたいなら、ビジネスシーンで良く使われるA3やA4サイズの用紙に対応している機種がおすすめ。ただ対応しているだけでなく、スキャンしやすいかも重要です。たとえば、スキャンする時に時間がかかったり、小型すぎるあまり作業がしにくかったりしては意味がありません。使いにくいタイプは、それだけ作業時のストレスが大きいからです。主にA3からA4の書類ばかり読み取るなら、ストレスなく使用できるタイプを選びましょう。

メモや名刺を管理したいなら対応サイズが小さくても十分役立つ

名刺やちょっとしたメモを管理したいだけなら、対応サイズが小さくても十分活用できます。対応サイズが小さい分、よりリーズナブルな機種が多いですよ。元々ハンディスキャナは安価なのが特徴ですが、さらに安く手に入れられます。たくさん名刺をもらう機会の多い、営業職のビジネスマンにはぴったりです。対応サイズが小さい分、さらに小型化できるので、外出先でも手軽に名刺の管理ができますよ。

ハンディスキャナのおすすめブランド・メーカー

サンワサプライ

高性能なタイプからペン型まで幅広く展開

ハンディスキャナの種類が豊富なことで有名なサンワサプライ。特に、シートフィードスキャナとしても使える2wayタイプは、スキャンしたい素材に合わせて2通りの読み込み方ができるので便利です。他にもペン型のスキャナなど、他社では販売していないような形状も展開しています。豊富な種類の中から選びたいなら、サンワサプライがおすすめですよ。

アイリスオーヤマ

カラーバリエーションが豊富で人気

アイリスオーヤマは、複数の色を展開していることで人気です。ハンディスキャナの外観は、ほとんどが黒や白といった定番カラーのみ。せっかく持ち歩くのですから、持っていて気分が上がるカラーもほしいですよね。アイリスオーヤマなら、他ではあまり見かけないレッドも販売しているので、自分の好みにあった色を探しやすいですよ。

ミヨシ

有線タイプから無線タイプまで販売

有線タイプから無線タイプまで、幅広く展開していることで有名なミヨシ。無線機能を使うか迷っている方は、選択肢が広がりますよ。また、機種にもよりますが、比較的安価で購入できるのも高ポイント。低予算で、ある程度の機能を持ったハンディスキャナを購入したい方におすすめです。

InLight(インライト)

単体で使えるため持ち運びやすい

 

 

 

 

InLightは単体型のスキャナを販売しています。パソコンなしで読み込めるため、頻繁に持ち運びたい方におすすめ。重さも200gというコンパクト設計です。鞄の中に入れておいても、負担にならない軽量さが助かりますね。

おすすめ&人気のハンディスキャナランキング

高性能でおすすめのハンディスキャナ

サンワサプライ-ポータブルハンディスキャナ (21,780円)

ダブルローラー搭載でぶれない

本体にダブルローラーを搭載しているので、ぶれにくいのが特徴です。シングルローラーのハンディスキャナはぶれやすく、上手く読み取れないことも。ダブルローラーなら安定感もあり、読み取りやすいですよ。紙の上をしっかりと動かせれば、スキャン時のストレスも軽減します。

Windowsなら、PaperPortという専用付属ソフトも使えます。このソフトを使えば、スキャンしたデータをいちいちパソコンやmicroSDに保存しなくても、直接WordやExcelに張り付けられますよ。使い方は、ハンディスキャナとパソコンを付属のUSBケーブルで繋ぐだけ。企画書を作っている際にちょっとしたグラフやイラストを添付したい時も、ハンディスキャナでなぞるだけですぐに貼り付けられます。よりスピーディに仕事をしたい方におすすめです。

InLight-ハンディスキャナー (12,491円)

1050dpiという高解像度を実現

 

 

最高1050dpiという高い解像度で読み取れるのが強み。900dpiまで対応のハンディスキャナが多い中、ワンランク上の美しさを実現しています。また、デッドエンドが2mmしかないのも助かりますね。書籍の端から端までしっかりとスキャンできますよ。

大きな液晶ディスプレイが付いています。スキャンしたデータをすぐに確認できるのが高ポイントですね。万が一スキャンを失敗してもすぐに気付けるので、素早くやり直せます。結果を確認するためにいちいちパソコンを見るのは面倒ですよ。業務をスムーズに行いたい方に最適です。

Aidodo-ハンディスキャナー (8,314円)

解像度を選べるので便利

解像度を3種類の中から選べます。主に文章しか読み取らないなら300dpiで十分。ちょっとしたイラストやグラフをスキャンしたいなら、600dpiが便利です。また、900dpiで読み取れば、カラー写真も綺麗にデジタル化できますよ。

PDFとJPEGの2種類から、保存形式を選べます。つまり、解像度と合わせて6通りのスキャンが可能。スキャンしたい原稿や使い道に合わせて、適宜変えられるのが助かりますね。ビジネスシーンからプライベートまで、様々なシチュエーションで活躍しますよ。

ZINT-ハンディスキャナ (8,352円)

便利な乾電池式

乾電池で動くため、充電する必要がありません。購入してすぐに使い始められるのが助かりますね。単三形アルカリ電池を2本しか使わないため、どこでも購入しやすいのも魅力。出先で万が一電池が切れてしまっても、コンビニなどですぐに調達できますよ。

かなり小型な作りなので、楽に持ち運びできます。長さが25.5cmしかないため、鞄の中に入れて持ち歩いても負担がかかりません。外出先で使う際、あまりかさばると荷物になって不便ですよね。頻繁に持ち運ぶ用に、コンパクトなサイズのハンディスキャナをお探しの方におすすめです。

CABIN-ポータブルハンディスキャナー (10,355円)

便利な省エネ機能付き

オートパワーオフという便利な省エネ機能付きです。しばらく使わないと自動的に電源が落ちるので、無駄な電力を消費しません。作業中に電話がかかってきても、そのままハンディスキャナを放っておけば自動的にオフになるので使い勝手が良いですね。

1インチのカラー液晶ディスプレイが付いています。スキャンしたデータをその場で素早く確認できるので、スキャンミスにもすぐ気付けますよ。失敗に後から気付くと、再び機器を準備してスキャンし直さなければならないというストレスがかかります。スキャン時に余計な負担をかけたくないなら、液晶ディスプレイ付きがおすすめ。

コンパクトサイズでおすすめのハンディスキャナ

KING JIM-マウス型スキャナ (10,540円)

珍しいマウス型のハンディスキャナ

マウス型をしているため、スキャナとして使わない時は普通のマウスとして利用できます。ハンディスキャナは細長い形をしていることが多いので、珍しい形状といえますね。マウス型だけあって、片手ですっぽりと覆えるほどコンパクトなのが魅力。携帯性に優れていますよ。

スキャンした画像を編集できます。四角く切り取ったり、不要な部分を削除したりすることも可能。さらに、色や明るさの調整もできるので、見やすいようにコントロールできます。また、よくあるPDFやJPEGだけでなく、PNGやBMPで保存できるのも高ポイントですね。幅広い使い方ができるハンディスキャナをお探しの方におすすめです。

サンワサプライ-ペンスキャナー (22,980円)

握りやすいペン型

ペン型をしているため、通常のハンディスキャナよりも持ちやすいのが特徴です。持ち手がラバー素材でできているので、より握りやすくなっていますよ。どの部分で読み取っているのかわかりやすいように、先端には目印となるマーク付き。持ちやすさを重視したい方に最適です。

仕事上、多言語でやり取りすることの多いビジネスパーソンにおすすめです。スキャンしたデータをそのまますぐに訳せるので、業務をスムーズに行えますよ。英語や中国語はもちろんのこと、普段あまり耳にしないような多数の言語にも対応しています。また、スキャンしたテキストをそのまま入力できるデータ入力機能を搭載しているのも魅力。これ1台あれば、慣れない言語も簡単に入力できますね。

アイリスオーヤマ-ハンディスキャナー (9,238円)

カラーバリエーションが豊富

カラーバリエーションが豊富なので、自分の好みに合った色を選べます。ハンディスキャナはブラックやホワイトといったいわゆる定番色の展開が多め。この機種は、定番のブラックはもちろんのこと、他社ではあまり見かけないレッドやブルーまであります。他の人と被りにくいのが高ポイントですね。

重さが約147gと、非常に軽いのが特徴。軽量なので、持ち歩いても手が疲れません。また、高さが2.5cmしかないため、スリムで持ちやすいのも魅力です。鞄の中に入れておいても、持ち物が圧迫されませんよ。外出先でスキャンすることの多い、ビジネスパーソンにおすすめです。

リーズナブルでおすすめのハンディスキャナ

アイリスオーヤマ-ハンディスキャナー (1,710円)

携帯性とコストパフォーマンスの両立

幅が約9.1cmと非常に小ささです。ちょうど片手で覆えるほどのサイズなので、携帯性が他社の機種と比べて非常に優れています。また、コンパクトであるだけでなく、リーズナブルなのも魅力。初めてハンディスキャナを購入する方でも、気軽に導入できますよ。

名刺用スキャン台も付いています。小さなサイズも相まって、名刺やちょっとしたメモを管理しやすいのが高ポイント。解像度は300dpiのみですが、文字を読み取るだけなら十分な性能です。多くの名刺をきちんと整理したい方におすすめですよ。

ケンコー・トキナー-ハンディスキャン (2,460円)

片手サイズなので置き場所に困らない

 

 

 

 

 

本体が約9.1cmと、片手で楽に持てる大きさです。とても小さいため持ち歩くのはもちろんのこと、部屋に置いておいても邪魔になりません。引き出しの中に入れても場所を取らないのが助かりますね。オフィスの机に1つ入れておけば、いざという時に重宝しますよ。

小さくて安価な機種ですが、機能性は十分です。ピクチャーダイレクトモードが搭載されているため、スキャンした画像をWordやExcelに直接貼り付けられます。添付したい場所にカーソルを合わせてスキャンするだけなので、機械が苦手な方でも簡単に操作できますよ。

Yablam-ポータブルドキュメントスキャナー (8,084円)

900dpiに対応しているスキャナとしてはリーズナブル

最大900dpiの高解像度に対応しているにもかかわらず、比較的リーズナブルです。解像度を3段階の中から選べるので、読み取りたい原稿の種類に応じて変えられるのが助かりますね。小さな文字で書いたメモからカラー写真まで、幅広くスキャンできます。

対応サイズの幅が広いのが特徴です。名刺ぐらいの小さいサイズはもちろんのこと、新聞やA4の書類まで読み取れます。そのため、ご家族でそれぞれスキャンしたい原稿がある時も、これ1台あればまかなえますよ。複数人で使いたい方におすすめです。

アイスキャン-ハンディスキャナー (4,600円)

安価なのに高性能

ハンディスキャナの中では高い解像度である900dpi対応なのに、リーズナブルなのが魅力です。また、解像度を300dpiに下げれば素早く読み取ることも可能。高性能な機種を低予算で購入したい方におすすめですよ。

OCR機能を搭載しているため、スキャンした画像をテキストデータとして扱えます。また、専用ソフトのピクチャダイレクト機能を使えば、直接読み取ったデータを貼り付けることも可能。安価でありながら多機能なため、ビジネスシーンで大いに活躍できます。

ミヨシ-モバイルハンディスキャナー (6,860円)

A4サイズまでしっかり対応

リーズナブルですが、業務で頻繁に使うA4サイズにしっかりと対応しています。仕事上で使うなら、主な書類の大きさであるA4に対応しているのとしていないのとでは使い勝手が違いますよ。仕事の資料をデジタルデータ化し、わかりやすく管理できます。

解像度は600dpiと300dpiに対応しています。文章やちょっとしたグラフなどをスキャンするには十分な性能ですよ。また、単四乾電池3本で動くのも魅力。どこにでも売っているタイプの乾電池なので、外で電池が切れてしまってもすぐに購入できます。性能と価格のバランスが良い機種を探している方におすすめです。

まとめ

使用環境に適したハンディスキャナがおすすめ

ハンディスキャナを上手く使いこなしたいなら、使用環境に適したハンディスキャナがおすすめです。文字を識別したいだけなら解像度は低くても十分役立ちますが、雑誌などカラー写真をスキャンしたいなら、ある程度の高解像度が必要。また、どのくらいの大きさの用紙を読み取りたいかによっても変わってきます。名刺サイズをスキャンしたいだけなら対応サイズが小さくても問題ありません。一方、仕事で使うことが多いなら、ビジネスシーンでよく使うA4サイズに対応している機種が望ましいです。使い道によって最適な機種は異なるので、自分の目的と照らし合わせて選ぶようにしましょう。今回はおすすめのハンディスキャナをランキング形式でご紹介しました。ぜひ自分に合ったハンディスキャナを手に入れて、資料や書類をデジタル画像でわかりやすく整理してくださいね。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

コメントを残す

*