サウンドピーツのイヤホンおすすめ人気比較ランキング!【TRUEFREEも】

他のワイヤレスイヤホンと比べてコスパが良く、大人気のサウンドピーツ。以前までは音質があまり良くなく、評判も高くありませんでした。しかし、最近では音質が格段に向上し、デザインや付け心地もアップしたと話題になっています。サウンドピーツは様々な種類が販売されているため、正直どれを買えばいいのか迷ってしまいますね。そこで、今回はおすすめのサウンドピーツを厳選してご紹介。購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

サウンドピーツの特徴

コスパ最強のワイヤレスイヤホン

サウンドピーツ最大の魅力はコスパの良さです。ワイヤレスイヤホンの相場は6,000円から1万円程度。音質にこだわると1万円を超えてしまいます。しかし、サウンドピーツはほとんどが5000円以下。音質も1万円相当のイヤホンとほぼ同じレベルです。

デザイン性が高く若者に人気

コスパの良さ以外で人気となっている理由として、デザイン性の高さが挙げられます。スタイリッシュで洗練されたデザインは、どんな服装にも合わせやすいと若者から人気を集めました。ファッションの一部としても活躍するでしょう。

サウンドピーツ人気シリーズ

TRUEFREE

高音質と低遅延でストレスのない音楽体験

人間工学に基づいて設計されたイヤーフックのデザインにより、耳へのフィット感がずば抜けて良い完全ワイヤレスイヤホン。防水機能も付いているため、運動の際にも活躍します。シンプルながらも存在感のあるデザイン性の高さも人気です。

安定動作と高速転送が特徴的なチップセットを使用しているため、どのような環境下でも高音質と低遅延を保ちます。また、一回フル充電で4時間連続再生が可能。これらの機能がついて3000円台というコスパの良さから、サウンドピーツ屈指の人気シリーズとなりました。

TRUEAIR

デザイン性が高く持ち運びに便利

他のシリーズにはない超小型・超軽量のデザインが人気のTRUEAIRシリーズ。イヤホンは近未来的でスタイリッシュなデザインが魅力的であり、重量約34gという持ち運びやすさも人気です。インナーイヤータイプで1日装着しても疲れないという点も嬉しいですね。

音質は12.4mmの大口径ドライバーを採用することで、低音から高音までバランスよく表現します。Apple社の人気ワイヤレスイヤホンAirPodsとデザインが似ていますが、価格はAirPodsの4分の1ほど。予算に限りがある方や初心者の方にもおすすめのシリーズです。

TRUECAPSULE

クリアな通話で会議にも最適

マイクの性能が高いカナル型完全ワイヤレスイヤホン。初代のTRUECAPSULEとその後継機であるTRUECAPSULE2が販売されています。初代シリーズは音漏れしにくく、遮音性の高さが人気でした。音質も5000円以下にしては良質であり、評価の高いワイヤレスイヤホンです。

グレードアップした後継機として発売されたTRUECAPSULE2は、発売当初から注目されていました。チップセットや再生時間、防水レベルなど基本機能が大幅にアップデートされています。また、マイクの性能が非常に高く、オンライン会議などのビジネスシーンにも最適です。

サウンドピーツの選び方

種類で選ぶ

完全ワイヤレスなら煩わしいケーブルがない

サウンドピーツの多くは、イヤホン同士をつなぐケーブルがない完全ワイヤレスイヤホンです。何もつけていないような感覚で、ストレスなく自由に音楽を聴くことができます。専用のケースに入れながらイヤホンを充電するため、持ち歩きやすく便利という点は大きなメリット。デザイン性が高くスマートなため、年代性別を問わず人気が出ています。

左右一体型なら片方だけ無くす心配がない

サウンドピーツではスポーツイヤホンとして販売されている左右一体型イヤホン。イヤホンを装着しないときは首にかけて持ち運べるため、落として紛失する心配はありません。左右のイヤホンをケーブルで接続しているので、遅延が少なく安定感があります。ケーブルに音量調節をするリモコンやマイクがついているため、使い勝手の良さが大きな魅力。初心者にもおすすめです。

イヤホンの形状で選ぶ

カナル型なら密閉性が高く音が漏れにくい

イヤホンの形状は2種類あり、カナル型とインナーイヤー型に分けられます。カナル型は装着部に樹脂製の柔らかいイヤーピースが付いています。耳栓のような形状のため密閉性が高く、音漏れの少なさが大きな特徴です。また、長時間使用すると耳に違和感を覚える場合もあるので注意が必要。音漏れを気にする方はカナル型がおすすめです。

インナーイヤー型なら耳への負担が小さく痛くなりにくい

インナーイヤー型は耳の耳介といわれる部分にイヤホンをひっかけて装着します。カナル型と違い密閉性が低いため、音漏れしやすく落としやすいという点には注意が必要。しかし、耳への負担が小さく長時間装着しても痛くなりにくいという点は大きなメリットです。外の音も聞こえやすいため、安全性が気になる方はインナーイヤー型のイヤホンを選ぶとよいでしょう。

コーデックで選ぶ

コーデックはBluetoothタイプの規格のこと

コーデックとはBluetoothタイプの規格で、音声を圧縮する方式のこと。SBCやAACといったコーデックが標準的であり、LDACやaptXなどハイレゾ相当の高音質再生が可能なコーデックもあります。大半のBluetoothイヤホンは標準的なコーデックを採用していますが、中には高音質コーデックに対応するBluetoothイヤホンも販売されています。音質にこだわりたい方は対応コーデックも確認しましょう。

接続する機器と同じコーデックか確認が必要

接続する機器と同じコーデックに対応可能かはチェックが必要です。例えば、ハイレゾ相当の高音質再生が可能なLDACに対応するイヤホンを購入した場合。接続するデバイスがLDACに対応していなければ、せっかくのコーデックが無駄になってしまいます。より良い音質で音楽を楽しみたい方は、接続するデバイスと購入を検討しているイヤホン、両方のコーデックを必ず確認しましょう。

再生時間で選ぶ

サウンドピーツの最長は40時間再生

完全ワイヤレスイヤホンはケースに入れて充電しながら持ち運びます。外で充電する時間がない場合、再生時間は非常に重要です。サウンドピーツの再生時間の最長は40時間再生。約2日間はバッテリー切れを起こさず音楽を楽しむことができます。外出する時間が長い方や、旅行先に持っていきたい方は再生時間の長さも選ぶ際のポイントとなります。

最短でもほぼすべてのシリーズが20時間再生

サウンドピーツはほぼ全シリーズが20時間以上再生できます。1日中外出する際もバッテリー切れを起こす心配はありません。しかし、これらの時間は専用のケースで充電しながら使用した際の合計時間であり、連続して20時間以上再生できるわけではありません。音楽を聴きながら仕事をする方などは、イヤホン単体の連続再生時間もチェックしましょう。

サウンドピーツの口コミ

安くて品質が良い

念願のワイヤレスイヤホン!
ずっと欲しくてたまらなかった
3本目のトランペット買わなきゃいけないからお高いのはおねだりできなかったけど、安くてめっちゃいいやつ
サウンドピーツのイヤホン

モバイルバッテリー機能付きでコスパが良い

iPhoneSEの難点はイヤホンジャックが喪失している点ですね…。なので、今日からワイヤレスイヤホンデビューです。こだわりがある訳でもないのですが、サウンドピーツtrueshift2っていうコスパの良いワイヤレスイヤホンです。モバイルバッテリー機能も付いてます。

完全ワイヤレスで音質も最高

最近のイヤホン Soundpeats truengine 3SE 完全ワイアレスイヤフォン で快適です。音も最高!
#soundpeats #soundpeatstruengine3se #サウンドピーツ #完全ワイヤレスイヤホン

デザインはシンプルでずっとつけても痛くない

やっと!出会えた

無くすかもと思って
安くてコスパ重視で探してたら良いの見つけた


使い方もデザインもシンプルで、
小さくてフィットするから、落とす心配なし


音質も良いし、
軽いからずっとつけてても全然痛くない


Tomoと出かける時は
片耳ずつでシェアできるし、お気に入り

これで有線イヤホンの
無駄な絡まりから解放される

おすすめ&人気のサウンドピーツランキング

高音質でおすすめのサウンドピーツ

サウンドピーツ-Q30 HD (5,164円)

重厚な低音とクリアな中高音が魅力

低音と中高音のバランスが優れている左右一体型イヤホン。形状はカナル型イヤホンのため、密閉性が高く音漏れしにくいという特徴があります。連続再生時間は14時間というロングバッテリーであり、コスパの良いイヤホンです。

コーデックはハイレゾ相当の高音質再生が可能なaptXに対応。さらに、高性能な10mm大型ダイナミックドライバーを搭載することで、更なる高音質化を実現しました。音質にこだわる方におすすめです。

サウンドピーツ-Sonic (7,325円)

低音強めで有線接続と同等音質のワイヤレスイヤホン

パワフルで迫力のあるサウンドが持ち味の完全ワイヤレスイヤホン。コーデックはaptXに対応しており、有線接続と同等の音質を誇ります。6mm径のダイナミックドライバーを搭載しているため、キレのある重低音が楽しめますよ。

省電力性能に優れており、イヤホン本体は15時間の連続再生が可能に。充電ケース使用時には最長35時間という再生時間が魅力です。外出先で音楽を聞くことが多い方や、アウトドアなどにおすすめですね。

サウンドピーツ-Truengine 3SE (8,150円)

低・中・高音域のバランスの良さが魅力

複数のドライバーを搭載することでバランス良くクリアな音表現を可能にした完全ワイヤレスイヤホン。カナル型を採用し密閉感を高め、よりリズム感に溢れたサウンドを届けます。あらゆるジャンルの音楽に適したイヤホンですね。

さらに、最新のBluetooth5.0を採用し、音飛びとノイズを大幅に改善しました。高音質・低遅延のAACとaptXコーデックの両方に対応しており、接続の安定性と音質を両立させています。ワイヤレスイヤホン初心者の方にもおすすめです。

サウンドピーツ-M-ENGINE (6,343円)

安定した接続と高音質を誇る

サウンドピーツの中でも性能が高い左右一体型イヤホン。大容量240mAhバッテリーにより、約18時間もの長時間再生が可能です。旅行やアウトドアなど、長時間の利用でも電池切れの心配がありません。

左右一体型イヤホンの特徴でもある遅延の少なさや、安定した接続が大きな魅力です。IPX6防水なので少々の水濡れなら問題ありません。スポーツ中や雨の日の外出時も安心して音楽を楽しむことができます。

サウンドピーツ-Truebuds (7,533円)

聴き疲れしない高音質を実現

大容量バッテリーと小型化の両立を実現した完全ワイヤレスイヤホン。耳が痛くなりにくいインナーイヤー型を採用し、聴き疲れしない高音質イヤホンに仕上がりました。長時間音楽を聴くことが多い方におすすめです。

直径14.4mmのダイナミック型ドライバーを搭載しているため、広い帯域を余裕をもって再生することが可能になりました。パワフルな低音域や繊細な中音域、クリアな高音域のすべてを楽しめます。音楽に没入できるイヤホンといえますね。

コスパでおすすめのサウンドピーツ

サウンドピーツ-TrueFree+ (3,980円)

片耳利用可能な防水機能付きイヤホン

あらゆる便利機能が付きながら5000円以下という、コスパの良い完全ワイヤレスイヤホン。防水機能が付いているため、ランニングなどでも活躍します。AACコーデックに対応し、高音域までクリアな音質で再生が可能です。

充電せずに連続4時間再生が可能であり、充電ケースとセットで最大35時間まで再生できます。また、左右それぞれで再生可能な片耳モードを搭載。機能性の高いイヤホンを探している方や、初心者の方にもおすすめです。

サウンドピーツ-TrueAir (4,990円)

大容量バッテリーとノイズキャンセリング機能が魅力

14.2㎜バイオセルロースドライバーを搭載し、高品位なサウンドを楽しめる完全ワイヤレスイヤホン。大容量バッテリーにより、イヤホン本体は5時間の連続再生が可能です。手軽に長時間音楽を楽しめるイヤホンですね。

ノイズキャンセリング機能を強化している点も大きな魅力。騒音下でもクリアで高品質なハンズフリー通話が可能です。移動中の電話会議や出先でのオンライン会議など、あらゆるビジネスシーンにも適しています。

サウンドピーツ-TrueFree2 (3,980円)

快適なフィット感と高音質なオーディオ体験

人間工学に基づいてデザインされた特製のイヤーフックが付き、快適なフィット感が体験できるイヤホン。耳にしっかりフィットし、歩いても首を傾けても落ちません。イヤホンを落としてしまう心配がないので、トレーニングなどでも活躍するでしょう。

6mm小型ドライバーユニットが搭載されており、全音域をバランスよく再現します。最新のBluetooth5.0を採用しているため、音飛びや途切れを最小限に抑えました。特に強いこだわりがない方は、TrueFree2を買っておけば間違いないでしょう。

サウンドピーツ-TrueCapsule (4,290円)

クリアな音質と長い再生時間

高い遮音性とクリアな音質を誇るカナル型ワイヤレスイヤホン。タッチセンサー機能が付いていて、スムーズな操作性を実現しました。内臓マイクの性能が高いため、外出先でよく電話をする方などに最適です。

イヤホン単体では4時間、充電ケースを利用すれば約24時間の連続再生が可能。大容量バッテリー搭載により実現した長い再生時間は大きな魅力です。持ち運び用のケースが付いており、小さいバッグにもしっかり収納できます。

低音再現でおすすめのサウンドピーツ

サウンドピーツ-Truengine (8,980円)

複数のドライバー搭載で広がりのある音表現

広がりのある音表現が魅力の完全ワイヤレスイヤホン。高域用ドライバーを搭載することにより、低音と高音を正確に振り分けて響かせることが可能となりました。体に響くような低音が好きな方におすすめです。

複雑なペアリング操作をする必要がなく、蓋を開けたら自動でペアリングする手軽さも大きな魅力。ケースに戻せば自動的にイヤホンの電源がOFFになり、切り忘れで電力を無駄にする心配もありません。利便性を求める方に最適です。

サウンドピーツ-TrueCapsule2 (8,000円)

最大40時間再生を誇るカナル型ワイヤレスイヤホン

防水機能を強化し、あらゆるシーンで活躍するカナル型ワイヤレスイヤホン。ランニングだけでなく、お風呂や強い雨でも安心して使用できます。aptXコーデックに対応していて、音質の良さも大きな魅力です。

また、片側4.7gの小型軽量なイヤホンながら長時間再生を実現しました。イヤホン本体が満充電の状態で最大8時間、充電ケースと合わせて最大約40時間の再生が可能です。外出先で音楽を聴く機会が多い方におすすめですよ。

サウンドピーツ-Q30+ (5,618円)

迫力や質感あふれる低音重視の左右一体型イヤホン

高性能10mmダイナミックドライバーを搭載し、力強い低音表現を可能にした左右一体型イヤホン。カナル型を採用し密閉性を高めているため、ダイレクトに重厚な低音を響かせます。サウンドピーツの中で最も低音を重視したイヤホンです。

完全防水、防汗機能も付いているという点が大きな魅力です。トレーニングやランニングでたくさんの汗をかいているときや、出先での急な雨にも耐えられます。あらゆるシーンで活躍するイヤホンといえるでしょう。

サウンドピーツ-ForcePro (6,952円)

きめ細かい音質が魅力のスポーツ向きイヤホン

左右それぞれに高音域強化ドライバーと低音域強化ドライバーを搭載したネックバンド型イヤホン。首に固定できるため安定感があり、持ち運びやすく落としにくいというメリットがあります。機能性を重視している方におすすめです。

複数のドライバーを組み合わせることにより、三音域がバランス良く、きめ細かく再現されます。最大で22時間の連続再生が可能という点も大きな魅力ですね。音質も機能性も妥協したくないという方に最適です。

まとめ

好みに合った機能付きのサウンドピーツがおすすめ

サウンドピーツはシリーズによって機能が異なるため、自分の好みに合った機能を探すことがおすすめです。イヤホンを使うシーンによって、どのシリーズが適しているのかをポイントに選ぶとよいでしょう。サウンドピーツの購入を考えている方はぜひ参考にしてみてください。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

コメントを残す

*