おすすめのゴムまな板人気比較ランキング!【削り方も】

誰もが調理時に野菜や果物などを切る際、まな板を使いますよね。まな板にも色んなものがありますが、近年人気を博しているのがゴムまな板です。ゴムまな板と聞いてもどんなものかピンとこないという方も多いでしょう。そこで今回は、おすすめのゴムまな板についてランキング形式で紹介していきます。どんな種類があり、どんなタイプが自分に合っているのか気になるという方は、是非参考にしてみてくださいね。

ゴムまな板とは?

エラストマー素材で出来た弾力性が高いまな板

ゴムまな板はエラストマー樹脂というゴムで作られており、普通のまな板に近い見た目になっています。ゴム製なだけあり、プラスチックや木製のまな板と比べて弾力性があるのが特徴。プラスチックや木製のまな板だと、どうしても使い続けていく内に傷や汚れが目立ってきます。そこからバイ菌が入ってカビを発生させることもあるでしょう。ゴムまな板だと、それらの悩みも大きく軽減できます。

専用のまな板削りで削れば長く愛用できる

安価なプラスチック製まな板だと、傷んだら漂白したり買い替えたりするのが一般的。木製の場合は、カンナやヤスリを使うことである程度再生出来ますよね。ゴムまな板にも専用のまな板削りというものが存在します。これを使うことにより、古くなった面を再生させることが可能になります。大事にメンテナンスしてあげれば、長いこと愛用できることでしょう。

ゴムまな板のメリット

まな板に臭いや傷が残りにくい

ゴムまな板は肉や魚などを切っても、その臭いが移りにくいという性質を持っています。生臭さが抑えられるので、他の食材へのニオイ移りも気になりにくくなりますよ。また、ゴムまな板は自己修復能力が高いのも魅力的。もしまな板本体に傷が付いてしまっても、小さい傷であれば、弾力によってある程度傷を再生してくれますよ。

包丁への負荷が軽減されるので刃こぼれしにくい

ゴムまな板は弾力があるため、包丁を使う時の衝撃を軽減してくれます。刃当たりも優しくなるので、長時間調理をし続けていても手首に負担が掛かりません。そういった理由から、ゴムまな板はプロの調理師の方々にも非常に高い人気を誇ります。もちろん包丁の方への負担も軽くなるので、刃こぼれを起こしにくくなるのも嬉しいですね。

水切れがよくて漂白剤も使えるので手入れも簡単

ゴムまな板はほとんど水を通しません。野菜や果物の汁気や肉汁も、水でサッと流せばすぐにきれいに落とせます。中に水が浸透しないので、立て掛けておくだけで水切れも出来ます。たまには漂白剤で徹底的に除菌したいということもあるでしょう。もちろんゴムまな板も漂白剤が使えますので、いつでも清潔な状態を保つことが出来ますよ。

ゴムまな板のデメリット

熱に弱く直接火に触れると変色や変形の可能性がある

ゴムまな板は高熱に弱いという難点があります。コンロのすぐ近く使用していると、熱で変色や変形を起こしてしまう恐れがあります。出来るだけ直火が当たりにくい場所で使用するようにしましょう。保管場所もコンロから離しておくのがおすすめです。また、コンロから下ろしたばかりの熱々の鍋やフライパンをまな板に直接置くのも厳禁ですよ。

他のタイプのまな板に比べると重量は重め

ゴムまな板は密度が高い分、どうしても重くなってしまいがちです。一般家庭用の標準サイズでも、ゴムまな板の場合は1kg近くになる重さです。特に普段軽いプラスチック製まな板やまな板シートを使っている方だと、極端に重く感じることでしょう。使う頻度が多いまな板だからこそ、その重量の重さが負担に感じてしまう可能性もあります。その代わり安定性は抜群。多少のことではずれる心配はありません。

ゴムまな板の種類

穴なしタイプ

穴が開いていないので立て掛けて収納したい方におすすめ

本体に穴が開いていないタイプなので、基本的にはまな板スタンドなどに立てて収納することになります。ゴムまな板は熱に弱いので、まな板スタンドの置き場所には注意が必要ですよ。ゴムまな板は、普通のまな板に比べて厚みの種類が非常に豊富。そのため、スタンドはまな板の厚みに応じたタイプを選ぶようにしましょう。

まな板をシンクに渡して使用するとき、気になるのが食材の落下ですよね。穴無しタイプは穴が開いていないので、そこから細かい食材が落下することがありません。普段、シンクにまな板を渡して使用することが多い方は、穴なしタイプの方がおすすめですよ。

穴あきタイプ

フックなどに引っ掛けて収納したい方におすすめ

穴あきタイプは、まな板本体に一部分だけ穴が開けられており、その部分をフックに引っ掛けて収納できるようになっています。引っ掛けて収納することで、接地面に水が溜まることを防いでくれます。まな板が更に水切れしやすくなるだけでなく、より衛生的に使えるようになりますよ。

穴あきタイプは、キッチンにあまり収納スペースがない方にもおすすめです。壁面を有効活用出来るようになるため、使用しない時に邪魔になりません。ただし、ゴムまな板自体が重い場合は、フックの耐荷重量に耐えられずに落下してしまう可能性もあります。十分な耐荷重性を持ったフックを使用するようにしましょう。

ゴムまな板の選び方

本体サイズで選ぶ

キッチンの広さに合う使いやすいサイズを選ぶのがおすすめ

いくらまな板が素晴らしくても、作業スペースが十分に確保できなければ、その性能を十分に発揮できません。ゴムまな板は大小色々なサイズが揃っています。形も一般的な長方形のものから円形のものまで様々。調理時に確保できる作業スペースがどれくらいあるのか考慮して、最も使い勝手の良いサイズを選ぶのがポイントですよ。

厚みが1cm以下のものなら大きいサイズでも扱いやすい

ゴムまな板を使っていたいけれど、重さが気になるという方も少なくないでしょう。確かに通常サイズであれば、重くて普段遣いがしにくく感じることもあり得ます。しかし、ゴムまな板の中には薄さを抑えることによって軽く仕上げたタイプもあります。厚みが1cm以下の薄手タイプであれば、女性でも扱いやすい重さで、苦にならないでしょう。

耐熱温度の高さで選ぶ

耐熱温度が130度以上のものなら熱湯消毒も可能

ゴムまな板の中でも耐熱温度が130度以上のものであれば、熱湯をかけても変色や変形することがありません。もちろん熱湯にも耐えられるため、熱湯消毒をすることも可能です。ゴムまな板は傷がつきにくいので傷口に付着する菌はある程度抑えられますが、表面に付いている菌は落とせません。定期的に消毒をすることで、より清潔に使い続けられるようになりますよ。

熱い料理をそのまま乗せて切ることも可能

卵焼きやローストビーフのように、出来たての熱い料理をカットする必要があることもありますよね。耐熱温度が高いタイプであれば、ホカホカの料理を乗せて切ることも可能です。耐熱温度の高さは、そのまま使いやすさに比例してきます。ゴムまな板を長く愛用していくつもりであれば、最初から出来るだけ耐熱温度が高めのものを選ぶのがおすすめですよ。

付加機能で選ぶ

自宅に食洗機があるなら食洗機に対応しているタイプがおすすめ

普段から食洗機を使用している場合、まな板も食洗機で一緒に洗えたら便利ですよね。手間も省けて家事の時間短縮にも繋がります。食洗機で洗うことを前提としているのなら、食洗機対応と表記されているタイプがおすすめです。サイズによっては食洗機に入りきれないこともありますので、必ず内寸サイズに合うかどうかあらかじめ確認しておきましょう。

抗菌加工が施されているものなら清潔が保てる

色んな食材を切るまな板の表面は、一見きれいに見えても目に見えない雑菌が付着していることがあります。そのまま食材を切れば、菌が体の中に入り込んでしまう可能性もありますよね。抗菌加工が施されているタイプなら、雑菌がまな板に残りにくくなり、清潔を保てるようになりますよ。食中毒予防にも繋がるので、より安心して使えるようになりますね。

ゴムまな板のおすすめブランド・メーカー

アサヒ

色々なサイズのゴムまな板から選べるメーカー

アサヒは初めてゴムまな板を製造したメーカーです。一般家庭用でもSサイズからLLサイズまで揃っているので、キッチンの広さや用途に合わせて選べますよ。また、業務用の特大サイズまで取り扱っているので、プロの調理師や料理人の方にもおすすめです。

テクノ月星

高性能でリーズナブルなゴムまな板が魅力的

テクノ月星は、リーズナブルで高性能なゴムまな板を取り扱っているメーカーです。サイズ展開も豊富で、抗菌タイプや穴あきタイプなど種類も様々。珍しいD型のゴムまな板もあり、作業スペースを有効活用したい方におすすめです。

HASEGAWA(長谷川工業)

軽量なゴムまな板を探している方におすすめ

長谷川工業は、従来ネックであったゴムまな板の重さを抑えた商品を製造しています。芯に木材を使用しており、従来品に比べると約半分の重さになっています。しっかりとした厚みがあり、なおかつ軽いゴムまな板を探している方に最適ですよ。

ビタクラフト

デザイン性の高いゴムまな板が魅力的なメーカー

まるでカッティングシートのような、おしゃれなゴムまな板をお探しの方には、ビタクラフトがおすすめ。カラフルでデザイン性が高いので、お料理も楽しくなること間違いありません。

おすすめ&人気のゴムまな板ランキング

穴なしタイプでおすすめのゴムまな板

アサヒ-カラーゴムシェフカラーまな板 (7,370円)

熱湯消毒も可能でカラーバリエーションが豊富なゴムまな板

おしゃれなスモーキーカラーで、全部で4色から選べるのも魅力的ですね。好みやインテリアに合わせてあげれば、統一感も生まれることでしょう。ゴムっぽさがあまり感じられないので、キッチンの見栄えが気になる方にもおすすめです。

耐熱性が高く、熱湯消毒をしても変色したり変形したりすることがありません。食中毒が気になるシーズンでも、しっかり熱湯消毒が可能ですよ。15mmとそれなりの厚みもあるので、安定感も抜群。耐久性とデザイン性のバランスの良いアイテムです。

マツムラカメラ-抗菌エラストマーまな板 (3,280円)

コーナー部分が丸いので当たっても痛くなりにくいゴムまな板

ベーシックなデザインのゴムまな板を探している方におすすめのまな板です。エラストマー樹脂という合成ゴムを配合したまな板で、滑りにくく汚れにくくなっています。安心感の高い日本製なのも魅力的ですよね。

コーナー部分が丸くカーブを描いているのも嬉しいポイント。調理中にうっかり当たっても痛くありません。もちろん刃当たりが良いので本体に傷もつきにくくなっています。プラスチック製や木製のまな板に比べて滑りにくいというのもゴムならではですね。

テクノ月星-エラストマーカッティングボード D型 (2,992円)

珍しいD型で狭いキッチンでも使いやすい

円形のまな板も人気ですが、どうしても手前側のスペースがもったいないですよね。こちらはそんなマイナス点をD型にすることで解決したゴムまな板です。手前側が切り落とされているため、狭いスペースでも自分の手元に引き寄せて使うことが出来ますよ。

D型はスペースが確保できるというだけでなく、立て掛けやすいというメリットもあります。接地面が出来るので、食洗機などにもスッキリ入れられますよ。130度までの耐熱性もあるので、熱湯消毒も可能。食器乾燥機にだって掛けられるゴムまな板です。

長谷川工業-ラバーラマット (7,722円)

単体利用はもちろん手持ちのまな板の上に敷いて使用することも可能

厚さ5mmと8mmの非常に薄いラバーマットタイプのまな板です。これ単体で使うことはもちろんのこと、既にお持ちのまな板の上に乗せて使用することも出来ます。重ねて使ってもゴム製なので滑りにくく、安定感を保ちつつ刃当たり良く使えます。

この薄さですので、自分の好みの大きさにカットして使用することだって出来ます。また、ゴムまな板以外の使い方だって出来るのが凄い点です。適度な大きさにカットした後、食器類の下敷きマットとしても使えるので、アイデア次第で色んな用途に使えること間違いなしですよ。

ヨシカワ-抗菌エラストマーまな板 ライト (2,323円)

使いやすいサイズで抗菌剤が入っているので衛生的

こちらは縦が35cm、横が20.5cmと非常に使いやすい一般的な家庭向けのサイズのゴムまな板です。小さめのシンクであれば渡して使用することも出来ます。厚みは約13mmとなっており、ほとんどのまな板スタンドに対応しているサイズと言えるでしょう。

ちょっとした汚れなら水でサッと流すだけで簡単に落とせます。もちろん、水切れも抜群ですので乾きもスピーディ。無機系抗菌剤を使用していますので、菌が繁殖しにくいのも嬉しいポイントですね。いつでも清潔に使いたい方におすすめですよ。

穴あきタイプでおすすめのゴムまな板

COCOCORO-まな板ミドル (13,232円)

コーナーに穴が開いているので切る時に邪魔になりにくい

コココロのゴムまな板にはクラシックというネーミングのものも有名です。それを更に軽量化したのがこちら。厚みを従来の13mmから8mmまで薄くしたことにより、約40%も軽くなったタイプになります。漂白剤も使えるので、汚れや雑菌が気になる時には漂白剤できれいにすることも出来ますよ。

多くの場合、穴はサイド中央部分に開けられていますが、こちらはあえてコーナーに配置されています。そうすることにより、調理時の食材の落下を防ぎやすくなっています。また、まな板の上で切ったものをそのまま鍋やフライパンに入れたい時にも大変便利。角の穴に指を通すだけで、手首への負担も減らせ、スムーズに食材を移せます。

ビタクラフト-抗菌まな板 (6,600円)

コロンとしたフォルムが可愛らしくカラーバリエーションの豊富なゴムまな板

コーナー部分を大胆に丸くしたことで、コロンとしたフォルムに仕上がっているのが、こちらのゴムまな板です。パステル調の4色展開で、ふんわり優しい印象を与えてくれますよ。厚さはわずか0.6cmと非常に薄いため、軽くて扱いやすいのも魅力的ですね。

特殊な抗菌剤が練り込まれているため、99%以上の抗菌力を誇ります。しかも抗菌作用は半永久的に持続しますので、いつでも安心して使用できますよ。耐熱性も高く130度まで耐えられます。食洗機にも対応しているので食器と一緒に丸洗いすることも可能ですよ。

テクノ月星-クリーンスター (4,923円)

130度まで耐えられ食洗機にも使えるまな板

まな板を生食材用と肉用で使い分けているという方も多いですよね。しかし、複数枚使い分けるのは大変です。こちらのゴムまな板は表と裏にイラストで野菜用と肉魚用のマークが施されているため、1枚で使い分けが簡単。衛生管理もグッと楽になることでしょう。

130度まで耐えられるので、定期的に熱湯消毒を行うことも可能です。クレンザーや漂白剤も使えるため、食中毒が気になる季節も安心ですよ。食洗機も使用可能。コンパクトで小さいサイズですので、殆どの食洗機の中に入れて洗うことが出来ます。

高性能でおすすめのゴムまな板

長谷川工業-抗菌性ラバーラ・かるがる (8,811円)

目板を合成ゴムでコーティングしてあるので軽くて刃当たり抜群

まな板はある程度厚みがあった方が使いやすいという方も少なくないですよね。しかし、分厚いゴムまな板だとかなりの重さになってしまいます。その点こちらは中に木製の芯を入れることによって厚みを出しつつ、重さを抑えた仕様になっています。

従来の同じ厚さ2cm程度のゴムまな板に比べて、約半分の重さですよ。木製の芯が入ったことにより、たわみや反りも起こりにくいのも魅力的。木製まな板の良いところを取り入れつつ、更に使いやすく長持ちしやすいように作られたゴムまな板と言えるでしょう。

つうはん本舗-丸い抗菌まな板パルト (7,211円)

本体に直接銀イオンなどの抗菌剤を練り込んであるので菌がほとんど繁殖しない

真っ白で清潔感溢れるD型のゴムまな板で、表面だけでなく本体そのものが抗菌剤で出来ています。プラスチック製まな板に比べ、抗菌レベルは段違い。半永久的に抗菌効果が維持されます。有料ですが10年目安で新品同様に再生加工してもらえるのも嬉しいですね。

完全に円形でなく、一部に真っ直ぐになっているため、立て掛けて収納することも可能です。小さな食材であれば、食器に小分けすることなくクルクル回して切ることも出来ますよ。こちらはMサイズですが、ワンサイズ大きなLサイズから選ぶことも可能です。

アサヒ-業務用ゴムソフトまな板 (6,880円)

軽くて薄いのでステンレス流し台の上で使用したい方にもおすすめ

長さ60cmとかなり長めのゴムまな板で、業務用の大きなものが欲しい方におすすめです。一般的なまな板の約2倍の長さがあり、大きな肉や魚をさばくのにも大変便利ですよ。プロの料理人だけでなく、ご家庭でも思いっきり料理をしたい方に最適ですね。

かなりの大きさではありますが、本体の厚みはわずか8mmしかありません。そのため、本来であれば相当な重みになるところを抑えてあります。薄くて取り扱いやすいので、普段のお手入れもしやすいことでしょう。130度まで耐えられるので煮沸消毒も可能です。

アサヒ-クッキンカット 家庭用 (4,752円)

衛生証明を取得しておりあらゆる食材をカットするのが楽しくなるまな板

ゴムまな板の中でも特に人気の高いのがこちらのクッキンカットです。優しい刃当たりで、まな板本体を傷つけにくいだけでなく、食材が滑りにくいので安定して切ることが出来ますよ。見た目も木製のまな板に似せて作られているので、どんなキッチンにも合いますね。

十分な耐久性があるので、たわむことなく使えるのも魅力的。100度まで耐えられるので熱湯消毒も可能です。サイズもMから3Lまで全部で4種類から選べます。安心の国内衛生証明を取得しているので、非常に衛生的に使い続けられることでしょう。

ゴムまな板の削り方

専用のまな板削りで削る

ゴムまな板も長く使い続けているとどうしても細かい傷が出来てきます。そんな時には専用のまな板削りを使えばすぐにきれいに再生します。使い方はいたって簡単。まな板削りを水に濡らして、まな板表面を軽く撫でるように削るだけです。頻度も年に1度程度で大丈夫ですよ。それだけでツルンとした表面になり、まるで新品のように生まれ変わります。

まとめ

手入れがしやすいゴムまな板がおすすめ

ゴムまな板は大切に使い続ければ、かなりの年月愛用し続けることが可能です。ポイントはいかに普段の手入れが楽に行えるかどうかでしょう。やはり耐熱温度が高く抗菌性のあるタイプがおすすめですよ。今回はおすすめのゴムまな板について詳しく解説してきました。是非、長く愛用できるお気に入りの一枚を見つけてみてくださいね。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

コメントを残す

*