おすすめのオーディオ用USBケーブル人気比較ランキング!【 Type-C端子型も】

音楽を聴く時は、より綺麗なサウンドを楽しみたいですよね。そんな時におすすめなのがオーディオ用USBケーブルです。オーディオ用USBケーブルならデータに干渉するノイズを軽減できるので、より透明感のある音楽を楽しめますよ。そこで、今回はおすすめのオーディオ用USBケーブルをランキング形式でご紹介します。また、オーディオ用USBケーブルは使う機器によって端子の形状も様々。音質を良くする工夫もそれぞれ異なるので、どのケーブルが自分の好みに合うのかはポイントを押さえなければなりません。ぜひお気に入りのケーブルを見つけて、クリアな音質を満喫してくださいね。

オーディオ用USBケーブルの特徴

ノイズを抑えることによってよりクリアな音を楽しめる

オーディオ用USBケーブルとは、パソコンやスマホといった端末と、オーディオ機器を繋ぐケーブルのことです。オーディオ用に適したケーブルなら、パソコンなどから発生するノイズの影響を軽減できるので、音質が良くなりますよ。サウンドにこだわるなら、オーディオ機器だけでなくケーブルにも注目しましょう。

ケーブルを高品質にするだけでなく他の機器とのバランスが大事

オーディオ用USBケーブルだけを高品質にしても、周辺機器のグレードが低ければあまり大きな効果はありません。オーディオ用USBケーブルはあくまで音を伝えるものなので、伝えた先のオーディオ機器やヘッドホンの性能が低いとせっかくの高音質も表現しきれないからです。音質にこだわるなら、まずはオーディオ機器やヘッドホンを見直したほうが効果的ですよ。オーディオ用USBケーブルは、周辺機器とのバランスを考えて購入しましょう。

オーディオ用USBケーブルの種類

USB Type-A端子型

パソコンと接続する時に使う

パソコンとオーディオ機器を接続する際に使うケーブルです。繰り返し抜き差ししても壊れにくい、頑丈さが魅力。また、現在もっとも普及しているタイプのため、種類も豊富です。そのため、よりクリアなサウンドを追求した高品質なケーブルが多数発売されています。販売数が多いので、自分の好みに合ったケーブルを探しやすいですよ。

古くから使われている端子のため、サイズが大きいのが難点です。そのため、スマホやタブレットなど小型化が進んでいる機械にはあまり使われていません。これから徐々に数は減っていくかもしれませんが、現状ではもっとも大きな市場のため今すぐ使いたい方はUSB Type-Aを選択しましょう。選択肢が多い分、自分の使用目的などと照らし合わせやすいですよ。

micro USB Type-B端子型

スマホやポータブル機器と接続する時に使う

Androidが搭載されたスマホやタブレットと接続したい時に使うケーブルです。USB Type-Aと比べて小さいのが特徴。コンパクトなので、なるべくサイズを小さくしたいスマホやタブレットによく搭載されています。小さい分、耐久性はそれほど高くありません。差し込む際は、無理な力を込めないように注意しましょう。

オーディオ機器の中には、micro B端子が搭載されているポータブルアンプなどもあります。Android機種に限りますが、スマホとポータブルアンプを直接ケーブルで接続することも可能。わざわざ変換する必要がないため接続が楽ですし、より鮮やかなサウンドを楽しめますよ。

USB Type-C端子型

コンパクトな最新ケーブル

USB Type-C端子を搭載したスマホやMacBookと接続する際に使う、高品質な最新ケーブルです。最大の特徴は転送速度の上限が高いこと。USB Type-Aやmicro USB Type-Bの2倍以上あるため、効率的にデータを送れます。現在はまだ対応しているケーブルが少ないですが、徐々に市場を拡大しているため今後ますます増えてくるでしょう。

USB Type-Aの欠点である大きさを克服しています。コンパクトサイズなため、なるべく小型化したいスマホには最適な形状といえますね。また、上下や左右の区別がないのも魅力。どの向きでも差し込めるため、接続しやすいですよ。USB Type-Cに対応している機器を持っているなら、わざわざ変換せずにそのまま使いましょう。

オーディオ用USBケーブルの選び方

長さで選ぶ

パソコンとオーディオ機器を接続するなら配線しやすいように1m以上

ケーブルがあまり短すぎると配線しにくいため、パソコンとオーディオ機器を接続するなら1m以上の長さがおすすめです。基本的にオーディオ用USBケーブルは長ければ長いほどノイズが乗りやすくなります。そのため、ノイズを軽減したいなら短くするべきなのですが、配線の都合上極限まで短くすることは難しいですよね。家具の置き場などにもよってきますので、あくまで配線しづらくならないような無理のない範囲で短くしましょう。

スマホとオーディオ機器を接続するなら置き場所を選ばないので1m以下で十分

スマホはパソコンと違って置き場所を選ばないため、オーディオ機器のすぐ近くに設置することも可能です。そのため、パソコンと接続する時と違って、1m以下でも十分ゆとりがあります。スマホを落とさず安定して置ける場所に設置した上で、オーディオ機器との距離を確認してください。長くなるほどノイズが乗りやすくなるだけでなく、値段も上がります。なるべく安価にすませるためにも、スマホと接続する際は、1m以下を目安にしましょう。

音質で選ぶ

シールド構造がしっかりしていればノイズが乗りにくい

ノイズをなるべく防ぎたいなら、シールド構造がしっかりしているケーブルがおすすめです。シールドとは、ケーブルの周囲を覆っている保護材のこと。このシールドの構造がしっかりしていれば、外部からノイズが入りにくくなります。3重にすることで効率的にノイズを抑制するケーブルや、密度の高い特殊な構造になっているものなど、種類も様々。ただ、フラットケーブルには注意してください。フラットケーブルは物理的な厚みが薄くなってしまうため、より高い効果を期待するなら避けたほうが良いでしょう。どうしてもフラットケーブルが良いなら、特殊な加工が施されているタイプを選ぶと良いですよ。

ハイレゾ対応しているケーブルならより高音質を楽しめる

 

ハイレゾ音源を聴くなら、ハイレゾ対応しているケーブルを選びましょう。ハイレゾ音源とは、一般的なCDよりも情報量を増やし表現力の幅を広げた音楽のことです。ハイレゾ音源は、それを伝えるケーブルもハイレゾ対応していなければ、すべてのデータを伝えきれません。既にハイレゾ対応している機器を持っているなら、その性能を存分に引き出すためにも、ハイレゾ対応のケーブル利用がおすすめ。もちろん、オーディオ機器側もハイレゾ対応していることが必要なので、ケーブルを購入する前に必ず機器側の仕様を確認してくださいね。

金メッキ加工された端子なら長期間使用しても音質が劣化しない

通常ニッケルメッキ加工されていることが多いオーディオ用USBケーブルですが、中には金メッキ加工されているタイプもあります。金メッキで加工することによって端子が錆びにくくなり、伝達する信号の劣化を防げますよ。金メッキ加工された端子なら、長期間使い続けても高い音質を保てるのが魅力。ただ、金は金属の中でも柔らかい性質を持っているため、繰り返し抜き差しすると表面が荒れてしまう可能性があります。頻繁に抜き差ししないようなオーディオ機器との接続に向いているといえますね。何度も抜き差しするなら、ロジウム加工がおすすめ。基本的に金メッキ加工より値段は上がりますが、その分丈夫です。

OCF値が高ければノイズを極限まで減らせる

ノイズを限りなく減らして高音質を楽しみたいなら、OCF値の高いケーブルがおすすめです。OCFとは無酸素銅のこと。これは酸化物を含まない純度の高い銅を表していて、データをスムーズに送れるのが特徴です。一般的なオーディオ用USBケーブルは、データの伝送中にどうしても取りこぼしが発生してしまい、すべての情報を伝えきるのは困難でした。OCF値が高いほどデータを失わずに送れますよ。また、ノイズの干渉も受けにくいのが魅力です。より高い音質にこだわるなら、OCF値の高いケーブルを選びましょう。

オーディオ用USBケーブルのおすすめブランド・メーカー

エレコム

リーズナブルで人気

エレコムは、オーディオ用USBケーブルの中でも特にリーズナブルな価格設定で人気です。安価だからといって性能が低いといったこともありません。ハイレゾ対応までしているケーブルを、低予算で揃えたい時におすすめですよ。

フルテック

ケーブル長さの種類が豊富

様々な長さのケーブルを販売していることで有名なフルテック。需要の多い1m以上に関して、1.2mや1.8mと複数展開しています。微妙な距離にも対応できるのが助かりますね。また、5mといった長めのケーブルも販売しています。設置環境からケーブルの長さが限られる方は、選択肢が広がるフルテック製のケーブルがおすすめです。

エイム電子

ノイズコントロール性が高い

ノイズコントロール性が高いことで人気なエイム電子。特に需要の高いTypeA-Bのケーブルは、グレートの異なる3種類を展開しています。もっとも価格が安いタイプでもしっかりとノイズを軽減してくれるので、クリアな音質を求めている方におすすめですよ。

オヤイデ電気

まだ種類の少ないUSB Type-C端子対応型を販売

オヤイデ電気は、まだあまり数の多くないUSB Type-Cに対応したケーブルを販売しています。Type-CtoBだけでなく、Type-CtoCまで幅広く展開。変換コネクターを使わずにダイレクトに接続できるので、配線のわずらわしさをなくしたい方におすすめです。

おすすめ&人気のオーディオ用USBケーブルランキング

リーズナブルでおすすめのオーディオ用USBケーブル

エレコム-USB AUDIOケーブル (1,355円)

圧倒的コストパフォーマンスの高さ

USB A-Bタイプのケーブルです。最大の特徴は、そのリーズナブルさ。1000円代で購入できるにもかかわらず、ハイレゾ対応までしています。安いからといって、低品質というわけではありません。低予算で、より音質を高くできる設備を整えられますよ。

低価格ながら、音質を良くするための工夫が随所に施されています。まず、注目していただきたいのは金メッキ加工された端子。信号の劣化を防げるので、よりクリアな音を聴けます。また、ケーブル内部に特殊な加工をすることで、ノイズを軽減することも可能。オーディオUSBを使ったことがない方も低価格で試せるため、気軽に導入しやすいです。

サエク-オーディオグレードUSBケーブル (9,460円)

高性能だが比較的リーズナブル

PC-Triple C導体が使われています。PC-Triple C導体の大きな特徴は、独自の鋳造方法で不純物を限りなく除去した高純度の無酸素銅でできていること。これにより、より深みのある音を表現できるようになっています。ボーカルはさらに生々しく聴こえ、ギターの張りも感じられますよ。

絶縁体には、非誘導率の低いフッ素樹脂が使われています。これによって、データを伝える際に悪影響が出ません。また、アルミ箔シールドと編組の2重シールド構造となっているのが特徴。しっかりとノイズを抑えられるので、他のケーブルで満足できない時は試してみてください。

フルテック-オーディオ用USBケーブル (8,520円)

3層のシールド構造でノイズを軽減

最大の特徴は、3層にもなったシールド構造です。きめ細かい層でできているため、ノイズを徹底的に遮断することが可能。ノイズをしっかりと抑制することで音の解像度が上がり、耳に心地よいサウンドを表現できます。よりクリアな音質を聴きたい方のおすすめですよ。

差し込み端子は、24金メッキ処理されています。そのため、長期間愛用しても劣化しません。長く使い続けても、安定した音質を保持できるのが嬉しいですね。長く使えるため、端子が錆びた場合にその都度買い換えるよりも、結果的にコストパフォーマンスが高いですよ。

オーディオクエスト-USBケーブル (8,700円)

特殊な溶接方法で高品質を実現

導体には、シルバーコーティングがなされた単線が採用されています。また、ケーブルを冷間溶接という特殊な技法で接続しているのが特徴。冷間溶接とは、ハンダを使わない接続方法のこと。これにより、デジタル信号が乱れにくくなっています。

オーディオクエストは、複数のグレードのケーブルを販売しています。このケーブルは中ぐらいの価格帯に位置し、性能と価格のバランスに優れているのが魅力。ロックやJポップなどをキレのある力強いサウンドで楽しみたい方に、特におすすめです。

エイム電子-PCオーディオUSBケーブル (9,680円)

信号の特性を壊さない独自の構造

エイム電子から販売されている複数のグレードの中で、もっともリーズナブルなケーブルです。安価でありながらも、ハイレベルなサウンドを実感できるのが魅力。データ伝送時に信号の特性を壊さないような、独自の構造が強みです。

最大の特徴は、フラット形状のケーブルにもかかわらず、ノイズの影響を受けにくいことです。高性能のアルミシールドと高密度銅編組シールドを施すことによって、高いノイズコントロール性を有しています。フラットケーブルは比較的ノイズの影響を受けやすいというデメリットがありましたが、それを克服。高音質なフラットケーブルをお探しの方におすすめです。

高品質でおすすめのオーディオ用USBケーブル

エイム電子-オーディオUSBケーブル (38,703円)

高価だがその分ハイクオリティ

エイム電子が販売しているUSB A-Bタイプの中で、もっともクオリティの高いケーブルです。信号が伝わるラインと電源ラインの間に、2重のパルシャットと4重のシールドが施されているのが特徴。これにより、データがノイズの影響を受けません。

最大の強みは、パルシャットの高性能さです。このパルシャットは、ケーブルが自ら発生してしまうノイズも、電源から伝わってくるノイズも取り除けます。また、不要なノイズは除去しつつも、音圧が下がらないのが魅力。クリアな音質で、より力強い音楽を楽しみたい方におすすめです。

オヤイデ電気-オーディオグレードUSBケーブル (18,560円)

特別仕様のコネクター

オヤイデ電気オリジナルのコネクターが特徴です。まず1層目を高い導電率の純銀、2層目を高強度のロジウムによって仕上げています。金メッキ加工は音質が劣化しないという強みがありますが、その分強度が弱いのが難点でした。このケーブルは2種類の加工をすることによって、高い音質と強度の両立に成功しています。

信号と電源が走る線を、特殊なシールドで完全に分けています。このシールドは、100パーセントという高い防御率が強み。その上で、アルミフォイルシールディングが施されているため、ノイズを極限まで軽減できますよ。これにより、音の再現性がかなり高くなっています。

Zonotone-USBケーブル (10,605円)

超高純度銅を使っているためレベルが高い

不純物を100万分の1レベルまで除去した超高純度の銅で作られているのが特徴。これにより、信号データをロスなく伝達できます。ダイナミックさとスピード感を兼ね備えたサウンドを表現できるのが嬉しいですね。

信号ラインのメイン導体は、AWG-26で作られています。AWG-26は、一般的なUSBケーブルよりも太いのが特徴。ケーブルを太くすることによって、より豊かな情報量を伝達できます。情報量が増えることで、さらに深みと迫力のある音を再現できますよ。躍動感あるサウンドをお求めの方におすすめです。

フルテック-USBケーブル (24,526円)

メイン導体が究極の銅銀合金線材

メイン導体が、アルファOCC素材に純銀を混ぜた究極の銅銀合金線材でできています。これにより、さらに解像度の上がったサウンドを満喫できますよ。高音が鮮やかに聴こえるだけでなく、低音にも効果があるのが強みです。

絶縁体には、特殊な高密度ポリエチレンが使われています。また、シールドが3層もの綿密な構造となっているのもポイントが高いですね。効率的にノイズを抑制できるので、明瞭なサウンドを楽しめます。より鮮やかな音質を探している方におすすめですよ。

オーディオクエスト-USBケーブル (25,712円)

立体感のあるサウンド

導体がシルバーコーティングされているのが特徴。音の情報量が多いため、立体感のあるサウンドを表現できます。上位機種の中では比較的リーズナブルなため、価格と品質を両立できるのも高ポイント。グレードの高いケーブルを、あまり予算をかけずに購入できます。

カーボンをベースにした3層構造が魅力です。ノイズを効果的に抑制できるので、音質がクリアになったことを実感できます。よりなめらかなサウンドを体感できるのが嬉しいですね。透明感のある、きめ細やかな音を求めている方におすすめです。

micro USB Type-B対応でおすすめのオーディオ用USBケーブル

エレコム-USB AUDIOケーブル (1,170円)

貴重なmicro B-micro Bケーブル

micro B端子同士を接続できるケーブルです。つまりAndroidのスマホや音楽プレーヤーから、micro B端子を搭載したポータブルアンプなどを繋ぐことができます。micro B端子同士を接続できるケーブルは数が少ないため、非常に貴重です。

ハイレゾ対応もしているのが特徴です。USB A-Bタイプと違って選択肢が少ない中でも、しっかりと高音質を選べるのは助かりますね。スマホやポータブルアンプなどは、どちらも持ち運びしやすいのが魅力。スタジオなど、自宅以外でクオリティの高いサウンドが必要な方におすすめですよ。

エレコム-USB AUDIOケーブル (1,381円)

リーズナブルなmicro B端子対応ケーブル

USB A端子からUSB micro B端子を繋げられるケーブルの中でも、かなり安価なタイプです。USB A端子を持つパソコンなどから、micro B端子を持つポータブルアンプなどと接続することが可能ですよ。リーズナブルでありながらも、端子が金メッキ加工されているなど音質へのこだわりが高いです。

高純度のOFC99.95パーセントコードで作られています。そのため、データを歪めることなく伝送できますよ。また、シールド効果が高いのも強み。ケーブルの内部にある編組線のカバー率を上げることによって、外から入ってくるノイズを効率的に防いでいます。低予算で音響設備を充実させたい方におすすめ。

USB Type-C対応でおすすめのオーディオ用USBケーブル

オヤイデ電気-オーディオケーブル (4,180円)

USB Type-Cに対応したケーブル

USB Type-C to Bタイプのケーブルです。USB Type-C端子は、DJでよく利用されているMacBookにも搭載されています。そのため、今まではオーディオ機器と接続する際に変換しなければなりませんでした。USB Type-C端子に対応しているケーブルを使えば、接続のストレスを感じずにすみます。クラブなどで使う時に便利ですよ。

耐久性に優れているのが特徴です。実際に抜き差しした時の耐久性や荷重耐久性など、厳しい試験をパスしているので安心して使えますよ。また、低温状態で48時間以上放置した時のケーブルの状態など、過酷な環境での使用にも耐えうるか事前に確認されています。様々なシチュエーションでの使用が想定される方におすすめです。

オヤイデ電気-オーディオケーブル (6,050円)

USB Type-C同士をダイレクトに接続

USB Type-C端子同士を、直接接続できるのが魅力。最近はUSB Type-C端子を搭載したオーディオ機器も増えています。ダイレクトに接続できれば、わざわざUSB変換アダプターを使う必要はありません。接続時のわずらわしさがなくなりますよ。

コンパクトサイズなUSB Type-C端子に合わせて、細めのケーブルです。細くても、低い音から高い音までしっかり表現できる点が高ポイントですね。場所を取らないフラットケーブルでも、音域幅の広いサウンドを聴きたい方におすすめです。

まとめ

ノイズを軽減できるオーディオ用USBケーブルがおすすめ

よりクリアな音質の音楽を聴きたいなら、ノイズを軽減できるオーディオ用USBケーブルがおすすめです。ノイズを効果的に抑制できれば、より美しいサウンドを楽しめますよ。そのためにも、必要以上に長いケーブルを使うのは控えましょう。ケーブルは長いほどノイズが乗りやすいので、できるだけ短いケーブルが望ましいです。また、シールド構造やOCF値の高さも重要。購入する前に、ノイズをしっかりコントロールできる作りになっているか確認してくださいね。他にも、ハイレゾ対応のオーディオ機器をお持ちなら、ケーブルもハイレゾ対応したものを選んだほうが、より高音質な音楽を聴けますよ。今回はおすすめのオーディオ用USBケーブルをランキング形式でご紹介しました。ぜひ自分の好みにあった音を出せるオーディオ用USBケーブルを手に入れて、より臨場感あふれる音楽を満喫してくださいね。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

コメントを残す

*